柴田屋酒店から

注意喚起

こんにちは。

柴田屋酒店の前の歩道にガードレールが付いて二年くらい経つでしょうか。





駐車場の出入りがしにくくなったとお客様からよく言われますが、

このガードレールも法律に則って設置されたもので

お客様にはご理解とご協力をお願いするしかないのが現状でございます。






P4141068で、ガードレールは立派で目に付きやすいので

みなさん気をつけて運転されるのですが

意外に見落としがちなのが、

うちとお隣の敷地の境目にあるコンクリートの「出っ張り」。






二年の間に、ここに車がぶつかったことが2回ありました。






注意喚起の意味で植木鉢を置いておいたら、

車検に出した車を返しに来たきた車のディーラーさんがぶつかって

植木鉢が割れたことがありました。

ぶつけた車はうちの車じゃなくて、ディーラーさんが乗って帰る車ですけど、

ま、車の修理はお手の物だから・・・(?)






あ、車は植木鉢にぶつかっただけで、このでっぱりにぶつかったわけじゃないってこと?






じゃあ、1回だけですね、ここに車がぶつかったのは。

ぶつけたのはうちの家族ですけれども・・・(涙)






まだ、お客様でなくてよかった~。






申し訳ないけれどこういった店舗の駐車場の場合、

「駐車場内の事故は責任を負いかねます」

ということになるわけすが

店側としても注意喚起は怠ってはいけないということで

このたび、こんなものを設置しました。






P4141069ある程度の高さが必要かと思いましていろいろと探した結果、

三角コーンと三角コーンを繋ぐ棒(?)、

あれを真ん中で半分に切ってブロックの穴にさすことに。

例によって「なかなかいい!」と夫は自画自賛しております。

半分に切っただけだけどね。






と、こんな現状でお客様にはご不便をおかけしますが

引き続きご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


尚、柴田屋酒店駐車場は、

店舗の西側の広いところにもありますので

よろしければそちらもご利用ください。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「箱にお入れしますか?」

P4131064こんにちは。

昨日いらっしゃった女性のお客様。

一升瓶の焼酎を一本お買い上げいただきました。






「贈り物ですか?」

「はい」

「(贈答用の)箱にお入れしますか?」

「あ、いえ、主人への誕生日プレゼントなので」



時々いらっしゃいます。

旦那様へのお誕生日プレゼントにお酒を買いにこられる奥様。

こういう場合、あまりあらたまった形で贈るのも気恥ずかしいんでしょうね。

箱に入れることはほとんどありません。






「簡単でいいです、簡単で!」

とおっしゃる奥様の声を無視して

「せっかくだから」

と一升瓶用の白い不織布に入れて

首元にブルーのリボンを結んでお渡ししました。

(↑無料のサービスです)






ブルーのリボンの付いた一升瓶を

ちょっと恥ずかしそうに旦那様に渡している奥様の姿を想像すると

なんとも微笑ましいです。






ワタクシだったらどうするかな~と考えました。



あ、

それはないわ。



リボンとか箱に入れるとかがないんじゃなくて

夫の誕生日にお酒を贈ることが。

ははははは・・・。







逆に、ワタクシの誕生日に夫からお酒を贈られることもないと思います。

そうじゃないですか?

酒屋さんの奥様方。






ちなみに、

憧れる言葉・・・・・・「夫の転勤」。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒いドレスの女

P3180920こんにちは。

昨日は「第12回・東三河の酒蔵を知る会」が賑々しく開催されました。





今回はホテルアソシア豊橋に場所を移しての初めての開催。

豊橋駅から直結した大手のホテルで、

今までの会場とはちょっと雰囲気が違います。




同じフロアに宴会場がいくつかあって

お隣の会場では結婚披露宴がとり行われているという

なんとも優雅な雰囲気ですな~。






ワタクシは例によって受付係でしたので

会場の外のロビーの受付コーナーでみなさんをお出迎えしておりました。






P3180928開場時間の直前の受付は詰めかけた来場者のみなさんで熱気ムンムンなんですが

開場時間にはほとんどの方が入場されまして受付はガランとします。






一段落したところで、

一緒に受付を担当していた女性がお手洗いに行って戻ってきました。






そして彼女がちょっと不気味なことを口にしました・・・。




お手洗いに入ると中のどこかで赤ちゃんの声がした。

そこには四つか五つの個室があったのですが、

その中のひとつから出てきた黒っぽいドレスの女性は赤ちゃんを連れていなかった。

あれ?と思いながら彼女も個室の一つに入った。

やはりどこかで赤ちゃんの声がする。



彼女が出てくるともうその黒いドレスの女性の姿はなく

他に人の気配もありません。

でも、確かにさっき赤ちゃんの声がした。

不審に思いすべてのドアをあけて中をチェックしたけれど

赤ちゃんはどこにもいませんでした。



その話しを聞いたそこにいたワタクシを含めた女性4名の間に

ちょっと張り詰めた空気が流れました。






この緊張感をなんとかしなければ・・・

と思ったワタクシは咄嗟に


「もしかして携帯の着メロじゃな~い?赤ちゃんの泣き声の」






ちょっと吉本新喜劇のギャグっぽいことを口走ってみました。






「あ?あ~あ、そうだ!着メロだ~!!」

「そうそう、着メロ、そうそう!」

「あははっ!」

「あはははは・・・・・・」






予想外にみんなが同調してくれまして、

小心者のワタクシは

「そんなアホなっ!」と突っ込みをいれることもできず、

無理やり謎が解けた形になりましたが、





多分そこにいる誰もが心の中のもやもやを拭い去ることはできていなかったのだろうと思います。



で、その少し後に

受付にいた別の女性がお手洗いに行って戻ってきました。






「あのね、トイレの外のイスのところに

赤ちゃん連れた紺色のドレスの女の人がいた」






やっぱり赤ちゃんいたんだ!

でも、その時、どこにいたの・・・?






多分ですけれども、

そこのお手洗いはトイレの他に着替えができる畳一畳くらいの「着替え室」がありまして

そのお母さんは着替え室に赤ちゃんを置いて用を足していたのではないかということが想像できます。






披露宴の出席者が着替えできるようにそうなってるのね。






良いホテルは高機能でいろんな設備がありまして

みんなそれぞれいろんな使い方をして重宝しているわけですね。



P3180929やれやれ、一件落着!

会の終了後の打ち上げのビール、

おいしくいただくことができました~!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

限定「優の酒粕」

こんにちは。

いよいよ今週末にリニューアルオープンを迎える道の駅「田原めっくんはうす」。






柴田屋酒店が企画販売する田原の銘酒・純米大吟醸「優」の

めっくんはうすでの販売も再開するということは先日書きましたが






実はもうひとつ販売を再開するものがあります。






純米大吟醸「優」の酒粕。

優を搾った粕です。






当然のことながら原料米は優と同じ田原産減農薬栽培コシヒカリ100%。

安全でおいしい田原のお米から造られていて、

優と並ぶ柴田屋酒店の人気商品なんです。






年末に搾ったのですが

3ヶ月経ってだいぶ旨みが出てきました。

これからが食べ頃ですよ~。






P3130900只今、めっくん用の袋詰め作業の真っ最中。

このパッケージですのでよろしくお願いします。






尚、「優の酒粕」は田原めっくんはうすと柴田屋酒店でのみ販売しております。

純米大吟醸「優」同様数量限定ですので、売り切れの際はご容赦ください。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の珍事

こんにちは。

昨夜、夫が

「すごいね~。二日続けてブログがお酒のネタだね~」

と、のたまいます。



失敬だな、キミ。

これは酒屋のブログなんだから

お酒のネタが続くのは当然のことじゃないか。






ま、書いたワタクシも

「あ、お酒ネタが二日続いちゃった!」

と思っていたけれども。






でも、二日続けてお酒のネタが続いたくらいで驚かないでくれたまえ。

だって、今日で三日続けてお酒のネタになるんだぞ~!






ということで、

今日は以前にもお知らせした「東三河の酒蔵を知る会」の再度のご案内です。


P10905013月の18日に豊橋のホテルアソシア豊橋で開催される日本酒の試飲会、

「第12回東三河の酒蔵を知る会」。






前売り券の販売の締め切りが

いよいよ3月8(木)に迫ってきました。



この会の入場券はすべて前売りとさせていただいております。

当日券の販売はありません。

詳しくはこちら→★





尚、締切日以前でも定員になり次第販売は終了させていただきます。

まだ購入されていない方はお早めにお買い求めください。

柴田屋酒店でも販売しております。(日曜定休日)






試飲の他にもきき酒大会やお楽しみ抽選会など内容盛りだくさんです。

みなさんお誘い合わせの上、ぜひお越しください!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入手困難

こんにちは。

「厚岸っていったら、カキで有名っしょ?」

「そだねー」





ところが、

北海道の厚岸(あっけし)はカキだけでなくウイスキーでも有名な町になりつつあるようです。






北海道厚岸町に新しくできた「厚岸蒸留所」から

この度、新しいウイスキーが産声を上げました。






「厚岸・ニューボーン」

詳しくはこちら→★

日本国内もウイスキーブームが続いておりますが

今や「ジャパニーズウイスキー」は海外でも高く評価されていて

この新しいウイスキーも国の内外から大注目されているようです。






今後4回に渡って数量限定でリリースされるシリーズの第一弾で

2月27日に販売を開始したのですが、

各地で売り切れ続出!

たちまち入手困難の人気商品となったようです。






しかし、

そんな幻のウイスキーが、

なんと、






P3010871柴田屋酒店にあった~!!






えへっ。






すみません、そんなこととはつゆ知らず

こっそり持っていました。





ということで、大放出を開始します。

と言っても、

大放出するほどの本数は持っていなくって、

早い者勝ちです。

売り切れの場合はご容赦ください。

地方発送も承ります。






200ml、3300円(税別)

ちっちゃい瓶ですが、アルコール度数60%の原酒です。

郵送をご希望の場合は送料・振り込み手数料等が別途必要となります。


にほんブログ村

<追記>

この記事に登場します「厚岸・ニューボーン 第一弾」は完売いたしました。

ありがとうございました。

(平成30年3月8日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田原初!!

こんにちは。

やっと、やっ~と春らしくなってきました。

梅だの桜だの花も咲き始め春の行楽シーズンのスタートですね。






田原でも「渥美半島菜の花まつり」が開催中で

観光客の方も増えてきているようなので

お土産に最適な田原の地酒のご紹介~!







P2260864柴田屋酒店が企画・販売する田原の銘酒・純米大吟醸「優」(ゆう)というお酒があります。



田原市野田町は知る人ぞ知るおいしいお米の産地。

ここで採れたお米は「野田米」と呼ばれています。




このおいしいお米の存在をもっとたくさんの人に知ってもらいたいということで

今から約20年前に純米大吟醸「優」が誕生しました。

田原産のお米を100%使用して造った初めてのお酒です。






原料米はすべて田原市野田町産の減農薬栽培コシヒカリ。

減農薬栽培のお米は安全で安心で味が良いということでこのお米を選びました。






お米を玄米の半分の重さになるまで削って

ゆっくりと時間をかけて発酵させると

「純米大吟醸」という種類のお酒になります。

「優」もこの「純米大吟醸」です。






酒蔵は豊橋の「福井酒造」。

現在田原市には酒蔵はありませんので

お隣の豊橋市の酒蔵でお願いしています。






すっきりとした爽やかなタイプに仕上げてもらっています。

女性にも好まれる優しいお酒になるようにということで

「優」と名づけられました。






田原の穏やかで優しい春の思い出の一つとして

お土産に持って帰っていただければと思います。






P2260866_2あ、その豊橋の福井酒造さんの蔵開き(蔵見学会)がもうすぐ開催されます。

3月3日(日)です。詳しくはこちら→★






こちらでは「優」の試飲・販売等はありませんが

福井酒造さんのおいしいお酒が楽しめますのでぜひどうぞ!






尚、純米大吟醸「優」は

柴田屋酒店と田原市内の道の駅「あかばねロコステーション」、「田原めっくんはうす」のみで販売しております。

(※田原めっくんはうすは現在改装工事の為休業中で、平成30年3月17日に営業を再開する予定です)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潜入!甘酒工場

こんにちは。

先週お知らせしたとおり

昨日は豊橋の伊勢屋商店の恒例行事「酒蔵開放」。

酒蔵の見学会でございます。





寒い中、たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。





この伊勢屋酒蔵開放は、

一昨年までは振る舞いの豚汁・五平餅・甘酒が好評だったのですが

去年からは甘酒のみとさせていただいております。




それを楽しみに来てくださって

「五平餅と豚汁がなくて残念!」という来場者の方のお声が届いていないわけではありませんが

最近は年々来場者の方が増えておりまして

そちらまで手が回らない状態。






でも、振る舞い無しというのも申し訳ないので

せめて一番簡単に作れる甘酒だけでも楽しんでいただければということになりました。

純米大吟醸「酛々(もともと)」の酒粕の甘酒です。


で、一昨年までは裏方で大活躍していた「厨房部隊」は解散して配置換え。

みんな、表舞台へと飛び立っていきまして、

ワタクシ一人が厨房に居残りで甘酒を作ることになりました。


といっても何百杯の甘酒。

うちの甘酒カフェ「ゆふ」で作るのとはわけが違います。

ということで「ひとり甘酒工場」の一日工場長に就任。






大きな鍋で黙々と甘酒を作り続け

気が付いたら終わっていた、って感じ。






P2180804大きな「はそり鍋」もあっというまにからっぽ。





酛々の酒粕のおいしさに助けられ、

甘酒は好評だったようでよかったです。

工場長、一安心。




あ、今年はあれですかね?

先日のNHKのあさイチの酒粕特集の影響でしょうか?

販売していた酒粕もあっという間に売り切れていましたよ。






ま、とにかく、

寒いこの季節ですから

やっぱり温かい甘酒の振る舞いは喜ばれますよね。

来年の酒蔵開放もがんばって作りま~す!

(↑すでに、勝手に決めている)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も伊勢屋蔵開き!

こんにちは。

長々と続いた「ディズニー旅日記2018」も一応完結しましたので

今日はまじめに、酒屋の仕事。






P2150792豊橋の酒蔵「伊勢屋商店」の酒蔵開放が今年も行われます。

日時は2月18日(日)、午前10時から正午までです。






入場料は大人が300円で、子供さんは無料です。

大人の方だけきき猪口が付いてきますので、

それでお酒の試飲をしていただけます。






酒蔵の中の見学の他には

毎年大人気の当日限定のお酒の販売や

おつまみの販売もあります。






ワタクシもまた、振る舞いの甘酒作りに腕をふるいますよ~!






駐車場はございませんので、

公共交通機関でお越しください。

豊橋駅から歩くと10分くらいかな?


その他、詳しくはこちら→★

みなさんお誘い合わせの上お越しくださいませ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時休業とスタンプラリ~!

こんにちは。

本日1月29日(月)は、

柴田屋酒店、甘酒カフェ「ゆふ」ともに臨時休業をさせていただいております。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


P1260548さて、

田原市内の加盟店で共通で使えるポイントカード「たまぽカード」の

「Wチャンス・スタンプラリー」がまたまた始まりましたよ~!





詳しくは各ご家庭に配布されている「たまぽスタイル」をご覧ください。

(加盟店の店頭にも置いてあります)






P1260549甘酒カフェ「ゆふ」で使える「たまくーぽん」も載っていますので

誌面の中のページもチェックしてくださいね!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧