柴田屋酒店から

潜入!甘酒工場

こんにちは。

先週お知らせしたとおり

昨日は豊橋の伊勢屋商店の恒例行事「酒蔵開放」。

酒蔵の見学会でございます。





寒い中、たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。





この伊勢屋酒蔵開放は、

一昨年までは振る舞いの豚汁・五平餅・甘酒が好評だったのですが

去年からは甘酒のみとさせていただいております。




それを楽しみに来てくださって

「五平餅と豚汁がなくて残念!」という来場者の方のお声が届いていないわけではありませんが

最近は年々来場者の方が増えておりまして

そちらまで手が回らない状態。






でも、振る舞い無しというのも申し訳ないので

せめて一番簡単に作れる甘酒だけでも楽しんでいただければということになりました。

純米大吟醸「酛々(もともと)」の酒粕の甘酒です。


で、一昨年までは裏方で大活躍していた「厨房部隊」は解散して配置換え。

みんな、表舞台へと飛び立っていきまして、

ワタクシ一人が厨房に居残りで甘酒を作ることになりました。


といっても何百杯の甘酒。

うちの甘酒カフェ「ゆふ」で作るのとはわけが違います。

ということで「ひとり甘酒工場」の一日工場長に就任。






大きな鍋で黙々と甘酒を作り続け

気が付いたら終わっていた、って感じ。






P2180804大きな「はそり鍋」もあっというまにからっぽ。





酛々の酒粕のおいしさに助けられ、

甘酒は好評だったようでよかったです。

工場長、一安心。




あ、今年はあれですかね?

先日のNHKのあさイチの酒粕特集の影響でしょうか?

販売していた酒粕もあっという間に売り切れていましたよ。






ま、とにかく、

寒いこの季節ですから

やっぱり温かい甘酒の振る舞いは喜ばれますよね。

来年の酒蔵開放もがんばって作りま~す!

(↑すでに、勝手に決めている)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も伊勢屋蔵開き!

こんにちは。

長々と続いた「ディズニー旅日記2018」も一応完結しましたので

今日はまじめに、酒屋の仕事。






P2150792豊橋の酒蔵「伊勢屋商店」の酒蔵開放が今年も行われます。

日時は2月18日(日)、午前10時から正午までです。






入場料は大人が300円で、子供さんは無料です。

大人の方だけきき猪口が付いてきますので、

それでお酒の試飲をしていただけます。






酒蔵の中の見学の他には

毎年大人気の当日限定のお酒の販売や

おつまみの販売もあります。






ワタクシもまた、振る舞いの甘酒作りに腕をふるいますよ~!






駐車場はございませんので、

公共交通機関でお越しください。

豊橋駅から歩くと10分くらいかな?


その他、詳しくはこちら→★

みなさんお誘い合わせの上お越しくださいませ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時休業とスタンプラリ~!

こんにちは。

本日1月29日(月)は、

柴田屋酒店、甘酒カフェ「ゆふ」ともに臨時休業をさせていただいております。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


P1260548さて、

田原市内の加盟店で共通で使えるポイントカード「たまぽカード」の

「Wチャンス・スタンプラリー」がまたまた始まりましたよ~!





詳しくは各ご家庭に配布されている「たまぽスタイル」をご覧ください。

(加盟店の店頭にも置いてあります)






P1260549甘酒カフェ「ゆふ」で使える「たまくーぽん」も載っていますので

誌面の中のページもチェックしてくださいね!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あさイチ」で紹介されました?

こんにちは。

今日のNHK「あさイチ」は酒粕特集でした。





でも、朝刊のテレビ欄を見て気が付いたのが8時半ごろだったので

もう番組が始まって15分くらい経っていて

慌てて録画をしましたが

もう「酒粕活用レシピ」みたいなのになっていたので

ま、番組ホームページで見ればいっか?




ということで、午後、スーパーに買い物に行ったら酒粕は売り切れていました。

いえ、買いませんけどね。

気になったもので。



なぜなら、



P1160523柴田屋酒店でも酒粕は売っているから~!






うちのは、田原産減農薬栽培コシヒカリで仕込んだ

田原の銘酒、純米大吟醸「優」の酒粕です。



純米大吟醸の酒粕はスーパーで売っている板粕みたいにギューギューに搾っていません。

ふんわりと柔らかなので

前もってお湯に浸けてふやかしたりしなくても

ほろっと崩れてそのままお料理に使えます。




それに田原産の減農薬栽培のコシヒカリなので味が良い!






それなのに、1kg:571円(税別)というお手ごろ価格なのは蔵元直送ゆえ。


ちなみに、

300g入り:171円と

熟成粕1kg:400円もあります。

(どちらも税別)

地方発送もうけたまわります。






美容にも健康にも良い、

とNHKでもいっている酒粕を

みなさん、たくさん召し上がってくださ~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「酒蔵を知る会」

こんにちは。

雨が止んで、また強風が吹き荒れております。

また寒くなるみたいですね。





こんなときは、春のイベントの話題で

せめて気持ちだけでも温まろうではありませんか!






P1090501ということで、

恒例「東三河の酒蔵を知る会」のご案内。






毎年春と秋に開催されますが、

今度の第12回は春、3月18日の日曜日です。

新酒が出揃う季節です。






P1090503今回は特別参加の3蔵を加えて6蔵が参加。

会場はホテルアソシア豊橋。

初めての会場です。

豊橋駅を降りてコンコースから外に出ずに行けます。






今回もご入場のチケットはすべて前売りで、

お一人様、5000円(税込み)です。



3月8日(木)まで販売の予定ですが、

それ以前でも定員(200名)になり次第販売を終了させていただきますので

お早めにお買い求めくださいませ。

詳しくはこちら→★

柴田屋酒店でも販売しております。






酒蔵を知る会も年に2回あると、

その3ヶ月くらい前から準備や告知があって

なんか、一年中やってるような気になりますが

まあ、楽しいイベントだからいっか~!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くれぐれも・・・

こんにちは。

元日に売り出した蓬莱泉「新春初しぼり・戊戌」は全予約販売。

(本年度の販売は終了しております)

昨年11月に新聞にチラシを入れましたので

それを見てご予約くださった方も多数いらっしゃいました。






ご予約時にお引取りの予定の日にちをおうかがいするのですが

予定の日にちを過ぎても引き取りにいらっしゃらないお客様がお一人ありました。






うかがっていた電話番号に何度も電話をしましたがお留守。

これはどうしたものか

お正月に搾りたてのお酒を飲むのを楽しみに予約してくださったのではないのか

まさかドタキャンとかしないだろうか

と悩んでおりましたが

昨日、やっと電話がつながりました。






で、先方がおっしゃるには

「3日に取りにいったんだけど、お店が閉まっていた」と。





そ、そんなはずは・・・






「あの~、取りにいらしたというのは、ガソリンスタンドの隣の・・・?」

「ええ、そうです」

「あ、それは違います。うちじゃありません」

「えっ!ごめんなさい!!」







この近所の別の酒屋さんと勘違いされたようで、はい、すみません、

って、うちが謝ることでもないけれど

謝ってもらうことでもないし、

だれが悪いわけでもない、ある種のアクシデント?

2、3日過ぎたからといって急にお酒の味が変わるわけでもありませんが

搾りたてのお酒を新年早々に飲むのを楽しみにしてくださっていたのにと思うとこちらも非常に残念です。






この逆のパターンもたまにあるんですよ。

よその酒屋さんに予約したお酒を間違えて柴田屋酒店に取りにきてしまうというパターン。

みなさん、そういうのくれぐれもお間違えのないように。






P1060489_2あ、そうそう。

今日から「たまぽカード」の「ラッキー抽選」というのが始まりました。(1月14日まで)

1080円のお買い上げごとにたまぽの機械が自動で抽選を行います。

1等はなんと1000ポイントがあたります!

そうでなくても、結構な高確率であたりが出ます。






でも、たまぽカードの加盟店でないとこの抽選はやってませんので、

こちらも、くれぐれもお間違えのないように!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当だってば~!

あけましておめでとうございます。

みなさま、良いお正月をお過ごしですか?






ワタクシのお正月は~


P1010477すっかり恒例となりました「蓬莱泉・新春初しぼり」の引取りのために

朝から設楽町の関谷醸造に向かうという大仕事からスタート。



元旦に搾った縁起の良いお酒を

その日のうちに皆様のお手元にお届けするためです。






年末に寒波が来ましたので積雪も心配されましたが

ほとんど雪は解けておりまして道路の凍結もなかったし

渋滞にもはまらなかったので

その辺は順調に行けたのですが・・・






酒蔵の方で機械のトラブルがありまして

出庫が予定よりかなり遅れました。






向こうについてから随分待ちました。






P1010478以前にも入ったことのある会議室みたいな所で待たせてもらえたので

廊下に展示してある

ありがたい北川民次の名作を

再び拝ませていただきましたけれども、


それだけでは間が持たないので

「売店見に行こうよ~」と夫を誘い

本社工場の横の関谷醸造さんの売店をひやかしたりして時間をつぶし、






P1010486あーだこーだしているとやっと工場からお酒が出てきました。





(写真は、売店の前の門松。蓬莱泉の酒樽で作ってあるのね)





そのため、柴田屋酒店では午後2時に販売を開始する予定でしたが

到着が2時を少し回ってしまいまして

少々お待ちいただいたお客様や

出直して来ていただいたお客様もいらっしゃいまして

大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。






それでですね、

ご購入いただいたお客様の中に

「本当は元旦に搾ってないって話し聞いたけど?」

みたいなことをおっしゃる方があったのですが






と~んでもありません!!!






まあ、ワタクシ達はお酒を搾っているところまでは見に行きませんが

工場の出口から出てきた瓶詰めされたばかりのお酒が倉庫に運ばれる

その倉庫の出入り口で待ち構えていて

倉庫に搬入される前のできたてのお酒を受け取って

すっ飛んで帰ってきたのですから!






P1010487通常なら酒蔵の倉庫から卸業者に渡り

更に小売の酒屋さんに配達するという物流のルートを

ショートカットしたからできるこの早業なのであります。



なのに、だれよ、そんな変なウワサ流してるのっ!

ワタクシはこの目でちゃんと見てきたんですからねーっ!




(※蓬莱泉「新春初しぼり・戊戌」は予約販売とさせていただいております。

現在販売しているのは事前にご予約いだたいた方の分のみです)






ということで、

ドタバタと慌しくスタートしたワタクシの平成30年ではありますが

あとはできればマイペースでいきたいなっ。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船上のハッピーニューイヤー

こんにちは。

先日来店されたお客様、

720mlの地酒を2本お買い上げいただきました。






Pc270461この地方にお住まいの方ではないのですが

仕事で船で田原にやってきて

この後、アメリカに向けて出港されるそうです。

この2本のお酒は船で飲むお屠蘇用かな?






「あ、じゃあ、年越しは海の上ですか?

新年は日付変更線上を行ったり来たりとか?」

「ええ、そんな感じです」






まあ、仕事で船を進めているのだから、

目的地に向かって直行するわけで

のんびり洋上を行ったり来たりはしないと思いますが・・・。






「へえ~、海の上での初日の出、いいですね~」と申し上げると

「そうでもないですよ」と苦笑いされていまいした。

まあ、お仕事ですからね。

ハワイにバカンスに行くのとはわけが違う。





「でも、大丈夫。

柴田屋酒店も年末年始はお休みありません。

お仕事してるのはアナタだけじゃありませんよ~!」






心の中でつぶやきましたけれども。






ということで

年末年始の柴田屋酒店の営業のご案内です。

年内は無休です。

31日(日)も営業します。

営業時間は通常通り午前9時~午後8時。


元日は午後2時~午後5時

2日は午前9時~午後5時で

3日からは通常営業に戻ります。






また、併設されています甘酒カフェ「ゆふ」も

年内は無休で31日(日)まで営業いたします。

新年は元日と2日はお休みをさせていただき

3日より通常営業です。

営業時間は午前10時~午後1時 と 午後3時30分~午後5時30分まで。





みなさまのお越しをお待ちしておりま~す!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今だけ

Pc210366こんにちは。

柴田屋酒店が企画販売する、

田原産減農薬栽培コシヒカリ100%で仕込んだお酒

田原の銘酒、純米大吟醸「優」の酒粕が入荷しました。

搾りたてですよ~。






新酒のい~い香りがします。

この新酒のいい香りは今だけです。

この箱の中に頭を突っ込みたい衝動にかられますが、

そんなことはしませんよ、多分。



酒粕も日本酒と同じで時間をおくと熟成し、味も香りも変化します。

ワタクシはどちらかというと熟成して旨味がでた酒粕の方が好きですが、

この新酒のフレッシュな香りはなんともいえません。






Pc210367早速袋詰めして店頭にも並べました。

フレッシュな香りの酒粕を楽しみたいという方は、お早めにどうぞ!





で、当然酒粕ができあがったということはお酒もできあがったわけですが

こちらはまだ入荷しておりません。






味を落ち着かせるために少し時間をおいて出荷されるからです。

でも、年内に入荷の予定ですので

来週には来るということですね。

楽しみです。






Pc150300720ml、1700円(税別)

1.8L 、3600円(税別)






柴田屋酒店の他には

道の駅、あかばねロコステーションでも販売しております。

※「めっくんはうす」は改装中の為、現在販売は休止しています。

酒粕もここ数年めっくんハウスで販売してもらっていますが、

こちらも売り場の関係で改装工事中は販売を休止しています。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い夜だから

こんにちは。

毎日寒いです。

長期予報ではこの冬は寒くなるということなので

これはまだまだ序の口でしょうか?




Pc160301_2最近の我が家の晩酌は熱燗(あつかん)。

熱燗飲めば、

温かいんだから~。

(懐かしい・・・)






吟醸酒みたいな高いお酒は燗には不向きです。

本醸造とか、ちょっと奮発して純米酒あたりがお薦め。

お手ごろ価格で懐も暖かい・・・かも?






Pc160302酒器も入荷しました。

冷酒ならば、最近はワイングラスで・・・とか言いますが、

熱燗はやっぱりお猪口と徳利がよろしいのではないかと思いまして。






熱燗を徳利と小さなお猪口で飲むというのが海外の方には珍しいようで

お土産に買っていかれる方もいらっしゃいます。



日本酒そのものだけでなく

「日本酒の飲み方」というのもこれまた日本文化の一部なのだということに

海外の方に言われて初めて気付きました。






ワタクシ達でも熱燗というとおじ様方が飲んでいるイメージがあって、

熱燗で日本酒を飲む若い方は案外少ないのではないかと思いますが、

飲んでみるとなかなか良いのですよ。






寒い夜にはお猪口と徳利で熱燗、

ぜひお試しくださいませ。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧