柴田屋酒店から

「PayPay」使えます。

こんにちは。

今はキャッシュレス時代だそうですね。


「ほ~っ!こんな便利なものがあるんだ」

と感心したのはほんの数日前だったような気がします。


Pc060112最近、柴田屋酒店でも「PayPay」(ペイペイ)が導入されました。






お客様がスマホでうちのバーコードを「ピッ!」とするだけで

お支払い手続きができるのだとか。






「AIRPAY」(エアペイ)は前から取り扱っておりまして

最近カードでのお支払いのお客様も増えてきましたが

いろいろとお店側でも操作があったり、

暗証番号の入力などで若干お時間がかかることがあります。





でも、「PayPay」だとそんな手間もいらないのね。

こりゃあ便利だ!






今、「100億円あげちゃうキャンペーン」というのをやっていて

「PayPay」でお支払いをすると利用金額の20%相当の「PayPayボーナス」が還元されるのだとか。


そのため、

都会のお店じゃ行列ができてるっていうじゃないですか?



あれ?

おかしいな~。

うちでも「PayPay」は使えるのに行列はできていませんけど~。





あ、そっか!

柴田屋酒店でも「PayPay」が使えるようになったというお知らせはしていませんでした。


安売りのビール系飲料は別としても

絶対に値引きしないお酒というのも世の中にはありまして、

これらのお酒も「PayPay」でお得に買えるということですね。






おおっ!いいではないですか~。

このチャンスにおいしいお酒を!

あ、お歳暮にも使えますよ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう1度

こんにちは。

以前お知らせしましたが、再度のご案内です。



Pb170019来年の1月1日(火)に発売される「蓬莱泉 新春初しぼり 2019 己亥」、

柴田屋酒店では予約販売とさせていただいております。

そのご予約の受付の締切日が迫ってまいりました。

来週の月曜日、12月10日です。





毎年元日の朝、というか夜中?

年が明けてすぐのまだ暗いうち、

その年になって初めて搾るお酒を

その日のうちに瓶詰めしまして、

その日のうちに販売をするという

フレッシュでおめでたい純米吟醸酒です。






柴田屋酒店では朝から設楽町にある関谷醸造に向かいまして、

瓶詰めしたてのお酒を昼頃受け取って

午後2時より店頭にてご予約のお客様にお渡しします。

(※お渡しは1月2日以降でも可能です)






元日のその日に関谷醸造まで受け取りにくる酒屋さんは

東三河でもそんなに軒数は多くなくて

元日にこのお酒が飲めるというのは本当にかなりレアなんですよ。






「実は年が明ける前にもう搾って、瓶詰めして用意してある」

という噂がまことしやかに流れておりますが

それはデマです。

だれか見たんかいっ!?






元日に、酒蔵から詰めたてのが出てくのをワタクシは見てますから。

作業が遅れて待たされることだってあるんだから。

そこで時間潰すの、大変なんだから。





そんな関係者の努力の甲斐あってか

毎年ご購入いただいた方には大変好評で

リピーター続出です。

無ろ過しぼりたての濃厚で若々しい旨みは

クセになりますよ~。





まだ予約されていない方、

12月10日(月)までにお申込をお願いいたします。

予約しようかどうしようか迷っている方も

迷っていないで12月10日(月)までに予約してください。





サイズは二種類。

720ml ¥1600(税別)と

1.8L ¥3200(税別)です。






Pc040110「たまぽカード」をお持ちの方は、

お支払いに「500円クーポン」をお使いいただくと

クーポン1枚に付き200円もお得になりますので

ぜひご活用ください。






ということで

ご予約のお申し込みは

柴田屋酒店

TEL:0531-22-0826

FAX:0531-23-2489

まで。

お待ちしておりま~す!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もちろん今夜も

こんにちは。

今週火曜日に東海テレビの「ニュースOne」の「ふるさとーク!」のコーナーで

柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」を紹介していただきました。






放送では主に甘酒カフェ「ゆふ」の話題だったのですが

番組の担当の方との事前の打合せでは

この話題に絞り込むまでいろいろとお話しをさせていただきました。






甘酒のことはもちろん、

日本酒のこと、酒粕のこと、米麹のこと・・・。






まず、当日のスタジオで甘酒の試飲をしてもらうことは決まっておりまして

こちらから郵送したのですが

それと一緒に純米大吟醸「優」の瓶も送ってほしいとのこと。







Pb300104純米大吟醸「優」は柴田屋酒店が企画販売するお酒で

田原市内でのみ販売しております。





ところが数量限定の為、優の今期の販売は終了しておりまして

現在在庫はゼロ。

来月の後半にならないと次の入荷はありません。



そうお話ししましたら

「空瓶があればそれを」とおっしゃるので

甘酒と一緒に優の空瓶を送りました。







優の宣伝もしてもらえるのかな?

と期待しましたが

結局、短い放送時間だったため甘酒の話に終始し

優の方まで話題は及びませんでした。






ま、そんなにあれもこれも欲張っちゃいけないですよね。



放送終了後「空瓶をお返しします」とおっしゃってくださったのですが

高い送料をかけて送り返してもうらようなものでもないので

「そちらで処理してください」

と申し上げたところ

「あ、スタジオに飾れるかな?」とのことでした。






Pb290103で、昨日、「ふるさとーク!」のコーナーを見ておりましたら・・・

(↑いまや見るのが日課になっている)






おおーっ!?

見覚えのあるあの緑色の瓶!!






「優」の瓶だ~っ!

わ~い!本当に飾ってもらえました。

しかもど真ん中のよく写る場所!





まあ、こんなところまでお気遣いいただいて

ありがとうございます~。

空瓶で申し訳ありませ~ん。






(あ、でも、お酒の保存は冷暗所がいいので

照明があたるところには置かないほうがいいです。

空瓶を置いてもらったのが正解です)






うちの優(の瓶)もついにテレビデビュー。

優の晴れ姿、もちろん今夜も見ますからね~!

(18時50分頃からのコーナーです)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何があっても落ちません!

こんにちは。

昨日は毎年恒例の杉玉作りに行ってきました。

今年は豊橋の伊勢屋酒造さんに場所をお借りしました。






Pb180025伊勢屋さんは羽田八幡宮の道を挟んだすぐ北側にあります。

昨日の羽田八幡宮はまだ遅めの七五三に訪れる方があるようで、

時々「ガランガラ~ン」と鳴るお参りの鈴の音を聞きながら杉玉を作りました。






そのお陰もあってか(?)

今年も順調に作業が進みまして

青々とした大きな杉玉が完成~!






Pb190030早速、帰って柴田屋酒店の中に吊り下げましたが

今年の(右)は妙にでっかいな~。

重そう・・・

っていうか、重いです。






お隣(左)にあるのは初代の杉玉。

4年前の作品です。

もうカリッカリのまっ茶っ茶。






Pb190031新しいのが来ると前年のは表に吊るすことになっています。

先週までは一昨年のが吊るしてありましたが

昨日、去年のと架けかえ。

こちらはビミョーに青さが残っています。






それにしてもですね、

この杉玉ってすごいんですよ。






今年のあの台風24号襲撃の時、

家の周りの物は風に飛ばされないように事前に片付けたんですが

地面に置いてある物にばかり気をとられておりまして

上に吊り下げてある杉玉をうっかり仕舞い忘れたんです。






でも、あの暴風の中でも杉玉は無傷で

翌朝は何事もなかったかのようにそこにぶら下がっておりました。






畏るべし杉玉パワー!

何があっても落ちません!!

受験生のみなさ~ん、

よかったら「落ちない杉玉」、拝みに来てくださ~い!

あ、お参り用に鈴も付けた方がいいですか?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初で最後

Pb170019こんにちは。

柴田屋酒店では今年も

蓬莱泉の純米吟醸「新春初しぼり」の

予約の受付を始めました!






毎年おしりに干支の名前のサブタイトル(?)がつきます。

今回は「2019 己亥(つちのとい)」です。






「蓬莱泉新春初しぼり」は

元旦にその年初めて搾ったお酒を生のまま当日に瓶詰め&出荷するという

なんともフレッシュなお酒。






無ろ過しぼりたての濃厚で若々しい旨みは

新年を祝うにふさわしいお酒として

毎年ご好評いただいております。






当店では平成31年元日の朝、蔵元の関谷醸造(設楽町)に向かい

現地で搾りたて、詰めたてのこのお酒を受け取ります。

そして田原に戻り、午後2時より店頭にてお客様にお渡しいたします。






元日のお渡しは午後2時より午後5時まで。

1月2日は午前9時~午後5時。

1月3日からは通常の営業時間(午前9時~午後8時)。


ということで、お客様には元旦に搾ったばかりのお酒を

その日のうちにお召し上がりいただくことができます。

この、「当日飲める」というのがポイントでございますぅ~。






この商品は予約販売となっておりますので

購入希望の方は必ずご予約をお願いいたします。

ご予約の締め切りは12月10日(月)です。

お忘れのないようお願いいたします。



サイズは二種類。

720ml ¥1600(税別)と

1.8L ¥3200(税別)です。



お申込先は柴田屋酒店。

TEL:0531-22-0826(受付時間は午前9時~午後8時、日曜定休)、

FAX:0531-23-2489です。

地方発送も承ります。






ちなみに、明日は日曜日で定休日ですので

本日午後8時を過ぎましたら、

お電話でのお申し込みは来週月曜日午前9時以降にお願いいたします。






尚、田原市内の一部では

本日の朝刊に折り込みチラシが入っておりますので

そちらもご覧ください。





それにしても、

今回はなんと平成最後の新春初搾りですよ。

平成最後の年の一番最初に搾る

最初で最後、いや、最後の年の最初のお酒。





なんかややこしいけれど、

え~い、最後のお正月だから、

おいしい&おめでたいお酒でパーッとお祝いしましょう!!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おどろおどろしい

Pb060269こんにちは。

島田市の大村屋酒造場の純米大吟醸「おんな泣かせ」というお酒が入荷しました。

(720ml 2100円・税別 数量限定)






なんだか色っぽい名前のお酒だな~と、裏側の説明を見てみたら

そいう感じとは逆で、

お酒が苦手な人や普段あまり飲まない人にも飲んでもらえるような

飲みやすい上品なイメージを持ったお酒なのだそうです。



お酒を飲みなれない女性でも

そのおいしさに泣けてしまうという意味だそうです。






大村屋さんには「鬼乙女」(おにおとめ)というお酒もありますが

これもインパクトがあるネーミング。

「鬼」つながりで「鬼ころし」というお酒もありますが

これは大村屋さんだけでなく日本中にたくさんあります。

最初に名づけた人はやっぱりインパクトを狙ったんでしょうね。






Pb060270当店では大村屋さんの「若竹鬼ころし」と

清須櫻酒造の「清須城信長鬼ころし」の

二種類を現在販売しております。






清須櫻のは「値段の割りにおいしい」という業界内(?)での評判をよく耳にします。

実は隠れた銘酒なのだ~。






「鬼」と同様におどろおどろしさで勝負しているお酒は他にもあります。



Pb060271芋焼酎「魔界への誘い」と麦焼酎「閻魔」。

ラベルの文字までおどろおどろしくなっております。





あ、これ、ひょっとして、

ハロウィーン向けだったかな?

ハロウィーンパーティにこういうお酒っていいですよね?

しまった!

もっと前に紹介しておけばよかった。






え~っと・・・来年のハロウィーンにはぜひどうぞ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューキャラ登場

こんにちは。

柴田屋酒店では切手・はがき・収入印紙なども販売しております。






11月1日の発売開始を前に、

予約してあった年賀はがきを郵便局に受け取りに行ってきました。






去年のキャラクター年賀はがきは

定番のディズニーとハローキティ、そして新登場のヌーピーの三種類。






その前にもディズニーの対抗馬として(?)ハローキティはありましたが

やっぱりディズニーに人気は集中しておりまして、

「ディズニー多め」で仕入をしていたのです。






Pa300225ところが、

蓋を開けてみるとスヌーピーに人気は集中。

即完売となりました。



へぇ~、スヌーピーってそんなに人気なんだ・・・。






ディズニー教信者のワタクシはちょっと心外でしたが、

ここはビジネス。

現実を直視しなければ。



今年はディズニーとスヌーピーの二種類ですが同数の仕入れをしました。






しかし、今年の柴田屋酒店の年賀はがきの現在の予約状況では

ディズニーが断然優位にたっております。

たまたまそういことになっているのでしょうか?




で、昨日、郵便局の人に

「やっぱりスヌーピーって人気なんですか?」

と聞いてみましたら、






「去年はスヌーピーは即完売だったんですよ。

戌年でしたからね」




は?

そういうことだったんですか?

ディズニーの方だってプルートとかグーフィーとかの犬キャラが出てたと思うけど。






「今年はまた、みんなディズニーに戻ってきたってことかな~

ディズニーも可愛いけど、スヌーピーのもなかなかかわいいぞっ!」

などと考えながら

手にしたばかりのキャラクター年賀はがき二種をしげしげと眺めておりましたら・・・






あれ?これ誰?






Pa300218ミッキーとミニーの間に「イノシシ」がいる。

こんなディズニーキャラクターあったっけ?






イノシシの出てくるディズニー映画・・・・・・?






よくわからないけど、

「ライオンキング」ならいろんな動物が出てくるからイノシシもいたかもしれない。

そう、いることにしておこう。

アフリカにイノシシがいるかどうかは知らないけど。






そう、名前は「モーリー」。

「猪突猛進」の「モー」から名づけてみました。

(↑やっぱり作ってるし)





「やあ、モーリー!来年はキミの年だね、ホホッ!」

ミッキーの声が聞こえませんか?

あれ?聞こえない?



再来年は子年なのでミッキーの年。

ディズニー年賀はがきも安泰ですね。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも最後

こんにちは。

これも「平成最後」か

と思いながら作りました。

Pa180099年賀はがきの予約受付の案内。






現在、柴田屋酒店では

平成31年用年賀はがきのご予約の受付を行っております。

例年どおりご予約いただいた方には、たまぽポイントを進呈しています。

ご予約受付の締め切りは10月27日(土)です。

(通常、はがきのお買い上げにたまぽポイントはつきません)






Pa180100_2いよいよ「平成最後の年賀はがき」ですね。






ってことは、「平成最後の年賀はがきの予約」。

ってことは、「平成最後の年賀はがきの予約へのたまぽポイント進呈」。

そして、11月1日は「平成最後の年賀はがきの発売日」。






ってことは、

来月は「平成最後のボージョレーヌヴォーの発売」!?






この勢いでは、年末ともなると

平成最後のクリスマス、

平成最後の大晦日、

平成最後のお正月・・・・・・






うわ~っ!忙しくなるな~!(?)






思えば、もう最近は毎日が「平成最後」。

淡々と日常をこなしておりますが

今日は平成最後の「10月18日」ですね。






この前、イタリアから我が家にホームステイに来ていたフランチェスカは

少し日本語を勉強しているので「日」とか「月」という漢字は読めて、

「〇月〇日」という日付はわかるのですが、



ある日、

「どうして日付の前が2018じゃなくて30なの?」と聞いてきました。






そっか、日本文化のことは学校で勉強してよく知っていたけど

日本には元号があるということはまだ知らなかったんだ。






西暦と元号、

二つの数え方があってややこしいでしょ?

ワタクシ達日本人も時々混乱するよ。






でもね、

これが日本なの。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完売しました

こんにちは。

柴田屋酒店が企画販売する

田原の銘酒、純米大吟醸「優」(ゆう)は

田原産減農薬栽培コシヒカリで仕込んだ田原の地酒です。






と、宣伝した後で

こういうお知らせもなんですが・・・

P9290001今期の「優」は完売いたしました。

今年もたくさんの方にお買い上げいただきましてありがとうございました。



先日、今月収穫されたお米を豊橋の福井酒造さんに運びまして、

新酒ができあがってくるのは年末頃。

次回の発売は年末の予定です。



P9290004今期分は田原めっくんはうす、あかばねロコステーションの方も完売しております。

今販売している「優」は柴田屋酒店で販売している

「五年古酒」(720ml 1780円・税別)のみです。



新酒とはまた随分趣が違いまして

琥珀色にたっぷりと熟成しております。

古酒マニアの方、よろしければどうぞ!

こちらも数量限定ですので売り切れの際はご容赦ください。






あと、「優の酒粕」。

こちらはまだまだ好評販売中です。






P9290003純米大吟醸の酒粕でゆるく搾ってありますので

水分をたっぷり含んで柔らかな酒粕です。



「なんだ、ドロドロじゃ~ん!?」とか思われがちですが、

水に長時間ふやかしたりしなくてもすぐに使えます。

そして、何より味がいいのが自慢です!



めっくんはうすと柴田屋酒店で取り扱っておりますが、

こちらも数量限定です。

でも、まだしばらくは売り切れないのではないかと思います。






P9290002そんなわけで、純米大吟醸「優」は今年も早々と完売しまして

うれしいかぎりなんですが

なくなっちゃうと、やっぱり寂しい・・・。

(※写真は空瓶と空き箱です)






「優」を売っていない柴田屋酒店なんて、

マックシェイクを売っていないマクドナルドのよう。





う~ん、ちょっと弱いな。


「優」を売っていない柴田屋酒店なんて、

栗きんとんを売っていない川上屋(岐阜県中津川市)のよう!


うん、季節がら、しっくりきましたね。


とにかく、年末が待ち遠しいです。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変える勇気

こんにちは。

いつも行くスーパーマーケットやドラッグストアなどの大型店舗が

お店の内装を変えることは時々あります。






新しくきれいになったお店に行くのはうれしいけれど、

案外、これまでの慣れたお店の方が使い良かったりします。




あの通路の下から何番目の棚にこの商品はあるとわかっているから

手早く買い物を済ませることができていたのに

それががらっと変わってしまうとしばらくは不便さを感じることも・・・。



多分、お店の人もお客さんに「どこになにがあるのかわからなくなっちゃった~」とか言われると思うので

お店側としても改装して売り場を変えるというのはちょっと勇気がいるのかもしれない。







商品のパッケージやラベルでも同じことが言えて

消費者は案外、色や形で商品を覚えています。

パッケージやラベルが変わるとその商品だと気付かないこともあるかもしれません。

そういうの変えるの、ちょっと勇気がいります。






が、

勇気を振り絞ってラベルを変えた酒蔵が、ここにもあります。







豊橋の「福井酒造さん」。







一部商品のラベルが最近変わったそうです。

新しいラベルはこんな感じ。







P9130856これは、純米吟醸「真」。






四海王の吟醸酒のラベルがこのパターンに統一される・・・のかな?

前はそれぞれの商品名が真ん中に黒でドドーン!と書いてありましたが

今度からは右上に黒地に白抜きでお上品に書いてあります。

見間違えないようにしなければ。







長い歴史の中で守り続けることは努力が、

変えることには勇気がいります。

どちらも応援したいです。

P9130857ちなみに、この商品「真」は「しん」と読みますが

「真(まこと)さん」にプレゼントすると喜ばれると思います。

あ、「真一さん」、「真二さん」、「真太郎さん」にもぜひどうぞ。

※写真は 1.8L、3120円(税別)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧