ぴーちゃんのひとりごと

「スタンド・バイ・ミー」

こんにちは。

「スタンド・バイ・ミー」という映画を思い出してしまったのは

多分、ワタクシだけではないのでは?






「スタンド・バイ・ミー」

森に死体を見に行こうと四人の少年が小さな旅に出るお話しです。

同名の主題歌の美しく切ないメロディーが映画の趣をさらに深いものにしていました。






タイの洞窟で13人の少年が行方不明になったという事件。


全員無事発見されたということで一安心しましたが

救出は難航しているようで

少年達の帰りを待ちわびるご家族のもとへ彼らが一日も早く帰れること祈るばかりです。






P7050407なんでも少年達の中の一人がお誕生日で

そのお祝いをするためのサプライズで洞窟の中へ入ったとのこと。






そんなステキな仲間同士の友情が

こんな形になってしまったのかと思うと切ないですね。






お父さん、お母さん、

彼らが帰ってきてきても叱らないであげてね。





でも、

こんなに大騒動になってしまって

ちょっと叱られるくらいの方が彼らも気が楽かもしれない。

無事に帰ってきたからこそ叱られもするわけだし。






若さゆえの無謀さと判断の甘さと

冒険心と友情と・・・






久々に思春期だった頃の

不器用で

危なっかしくて

切なくて、

輝いていた日々を思い出してしまった。






「スタンド・バイ・ミー」の曲の間奏の

トランペットの物悲しい音色が

頭の中から離れません。






本当に無事でよかった。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成最後のカレンダー

こんにちは。

いつも年末に昔からのお得意様には柴田屋酒店の店名入りの日めくりをお配りしています。

昨日、いつもその日めくりを注文しているカレンダー屋さんが

来年の日めくりの注文をとりにやってきました。






早いな~。

もう来年の話ですよ。






ワタクシが店に入ったのと入れ違いで

カレンダー屋さんは帰っていったのですが、

残していった書類の中にこんなものが・・・







P7030393「2019年版カレンダーにおける未定日の記載方法についてのお知らせ」






はっ!そっかぁ。

来年の天皇陛下の退位で元号が変わるので、

来年は平成最後のカレンダー。

そして次の元号になって初めてのカレンダー。







元号の他にも「天皇誕生日」が変わったり

「退位の日」、「即位の日」が祝日になったり?

あ、こりゃ、いろいろあるわけね?


そのへんのことがまだ正式に決まっていなくて

カレンダー業界としてはそれで困っていたわけですね?

大変ですね~。

早く決めてあげればいいのにね~。







P7030395全国カレンダー出版協同組合連合会というところでは

その記載方法を統一するそうです。

いろいろ悩んだんだろうな。







ちなみに来年の12月23日は「平成の天皇誕生日」だそうです。

確かに、その通りだ~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知りたくない。

こんにちは。

なんだか最近、どうも世の中に嫌~な空気が充満しているような気がするのはワタクシだけでしょうか?






みんなでどんなにがんばっても

哀しい事故や事件が後を絶たないのは世の常かもしれないけれど

それだけじゃなくて

なにか、こんなんでいいの?と思う出来事が多い気がする。

もしかしたらこれらが原因なんじゃないかと思うのは

「パワハラ、セクハラ、スポーツ界の不祥事」。






法律に触れてはいなくって

ワタクシ達部外者にはおおよそ関係のないような出来事ばかりなのですが

それでもニュースとしては取上げないわけにはいかない・・・わけですか?






やれ、やったのやってないの、

やれ、責任とるのとらないの、

辞任はするけどやってない・・・





って、どっちやねんっっっ!!






で、また、テレビやネットの中の人達がそれに対する持論を展開し

世論を先導するわけですよ。






そんなの当事者にしかわからないって!



いろいろニュースになってるこういう話題で

スカッと片付いた話題は一つもなくないですか?

辞めたとしても後味が悪かったりして。






もうこの手の話題はうんざり。

そろそろ終わりにしてほしいです。

そんな話は聞きたくない。

知りたくないの。






P6190281「宣誓!我々はスポーツマンシップに則り、正々堂々と闘うことを誓います」






”スポーツマンシップ”・・・・・・死語になりませんように。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温かい手の悩み

こんにちは。

子供の頃、「手が冷たい人は心が温かい」なんてこと言いませんでした?






実はワタクシ、昔から手が異様に温かくて

「手が温かい人は心が冷たいんだ~!」などと友達からからかわれ、

手の冷たい女の子に若干憧れておりました。



今でも時々「冬でも手が温かくていいね」などと冷え性の人には言われますが、

実はこれは手から体温がドンドン抜け出している状態で

手が冷たい人以上に身体の冷えは深刻なのだそうです。






それはさておきましても、

手が温かいと時々困ったことがおこります。

例えば・・・






手に持ったチョコレートがすぐ溶ける。

これからの季節、特に溶けやすいです。






もちろん、紙のカップに入ったアイスクリームなども

他人より早く溶けるような気がする。






だから普段はそんなに早食いの方ではありませんが

アイスデザート系の物を手に持って食べるときは異様に早いです。

うかうかしてられません。






寿司職人さんが大抵男性なのは

女性は手が温かいのでお寿司が温まってしまうから

というのを聞いたことがあります。







P6010107実際、男性と女性とでの手の温かさの違いはどうかわかりません。

なんとなく「お母さんの温かい手」みたいなイメージで女性の手は温かいと思われているんでしょうか?






でも、性別を問わず温かい手の人が寿司職人に向いてないというのであれば

ワタクシは完璧に寿司職人にはなれませんね。






でも、いいんです。

自分で握るより、

握ってもらったお寿司を食べるほうがおいしいだろうから。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何のため?

こんにちは。

東海地方も梅雨入りは秒読み段階でしょうか?

ジメジメしたお天気が続きます。

この地方が五月に梅雨入りするとしたら、かなり珍しいんじゃないでしょうか?






早く梅雨に入ったぶん早く明けてほしいけれど

そうすると夏も早くやってきて

そのぶん秋が早く来てくれるとうれしいけれど

なかなか思ったようにはいかなくて

多分、夏が長いんだろうな~。

暑いの嫌いだから、嫌だな~。





でも、ひょっとして秋が早く来たとして~、

冬も早く来る?

一体どこで帳尻を合わせるつもりなのっ!?






って、誰に向かって言っているのか自分でもよく分からないんですけど、

入梅から夏が終わるまでの湿度の高い季節が好きじゃないもんだから、つい・・・(?)






ということで奥さん、

雨の季節の悩みはなんといっても洗濯物ですよね。






夏になれば薄着になるので

室内でも比較的速く乾くのとはいうものの、

なかなか手ごわいヤツがいるんですよ。






P5260079例えば、

デニムパンツのここ。



右側のポケットの中に更にちっちゃいポケットがあるでしょ?

どのデニムパンツも大抵ここにちっちゃいポケットがありますよね?

なんでポケットの中にポケットがあるんですか?

ただでさえ厚地で渇きにくいデニム生地が、

ここは更に重なっていて

ここだけいつまでも乾かないんですけど~っ。






ジーンズパンツは昔、アメリカの鉱山で働いている人が着用していたそうで

このポケットもその頃の名残だとは思いますが、

昔の鉱山で働く人はここに何を入れたんでしょうか?

何かを入れたとしても、

こんなにちっちゃかったら取り出しにくいと思うんですけど~っ。






ああ、古きよきアメリカの名残を否定するようなことを言ってしまった。

湿度の高い季節は好きじゃなもんだから、つい・・・。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美しい五月」

こんにちは。

「雨の日が好き」






そんな繊細なことをいう女性に憧れますが

ワタクシは根が単純なのか晴れの日の方が気分がいいです。






特に、五月の晴れの日はすばらしい。

五月の明るい日差しは紫外線のお肌への影響も非常に気になるところですが、

やっぱり五月の晴れた日は好きです。






いつも五月の晴天の日には「美しい五月」という言葉が浮かんできます。






そんな曲があったかしら?

それとも、どこか外国の詩だったかしら?






調べてみたらシューマンの「美しい五月に」という曲が出てきたので聴いてみましたが

聴いたことのあるような、ないような・・・。

ちょっとこれとは違ったかな?






中学校で英語を習ったとき、

「beautiful」の意味は「美しい」だと習いました。

でも、実際使われている英語では

「beautiful」は「美しい」だけでなく「すばらしい」という意味も含まれているようです。

表面的な美しさを言うのではなく、

内面のすばらしさがあって、そこから出てくる美しさ。

外見だけじゃ「beautiful」じゃないんです。






五月の美しさは、まさに「beautiful」。






P5250070寒い冬を乗り越えて春先に芽吹いた草花がグングン育ち

暑い夏の光を浴びて強く逞しく成長し

やがて実りの秋を迎える。






その夏に向かう途中の勢いや力強さを感じるのが五月の風景の美しさ。

「beautiful」な美しさなのです。







と、そんなカッコいいこといっちゃってますが

ワタクシの場合、夏の暑いのは大の苦手で

なるべく夏は動きたくなくて

今のうちにいろいろと活動しておこうと思っているので

天気がいいと妙に張り切りたくなるわけなんです。






(その活動内容は主に家の片付けだったり、庭の手入れだったりしますが・・・)



「美しい五月」もあと少し。

五月は「忙しい五月」でもあります。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濁点

P5230067こんにちは。

スーパーでアボカドを買ったのですが

スーパーのレシートを見たら「アボガド」となっていました。





ちょっと前まではワタクシも「アボガド」と言っていたので

他人のことは言えませんが、

本当は「アボカド」だと知って

最近は「アボカド」と言うようになりました。






レジの商品の登録時の間違いだとは思いますが、

最近、さらっと「アボカド」と言えるようになった身としては

これは非常にひっかかる問題です。






ワタクシの旧姓は漢字で二文字ですが

ひらがなでも二文字

当然、カタカナでも二文字の名前です。

濁点は付きません。






そんなにない名前なのでよく読み方を間違えられるのですが

濁点を付けて呼ばれる場合もあります。

二文字しかないうちの一文字に濁点を付けられると

それだけで随分印象が変わります。






でも、初対面の人には濁点を付けて呼ばれる場合の方が圧倒的に多く

訂正するのが面倒になって間違ったまま何年も過ぎるということがしばしばありました。






会社に勤めているときのこと、

いつも電話で話をする取引先の事務の女性が会社をお休みされて、

その上司の部長さんからワタクシにじきじきに電話がかかってきました。






あまりその方とはお話しををしたことはなかったのですが

ワタクシの名前は覚えていてくださったようです。






少し話しをして「じゃあ、ファックスで送るからよろしく」と言われ電話を切りました。






しばらくして一枚のファックスが流れてきました。


その部長さんは濁点がついた間違った読み方で名前を覚えていてくださっていたようですが、

その間違った読み方に、そこから推測できる漢字一文字の苗字を当てて宛名を書いてくださったものだから

それを見たワタクシとしては

もはや自分の名前から推測できる苗字の域を越えておりまして・・・






「誰?」



これが自分宛のファックスだと理解できるまでに少しの時間を要しました。






小さな点々ですが

濁点って案外存在感あるのよね。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪いクセ

こんにちは。

体調の関係かなにかよくわからないのですが、

唇が荒れることが時々あります。






ヒリヒリしたり、ガサガサしたり。

口紅なんて塗れたもんじゃない。






P5040025そんな時はいつもこれを使うことにしています。

資生堂の「モアリップ」。

よく効くんです、これが。

寝る前に塗って、翌朝にはよくなってる。





いつごろから使っているのかは忘れましたが、

かなり長いお付き合いです。





ところが、

最近これがあまり効かなくなってきました。





あ~あ、歳のせいね。

若い潤いのある唇は回復力もあるから、

こういうリップクリーム売り場で売ってる安い薬ですぐに治るけど、

歳をとると簡単には治らないんだ。



ガサガサ、ヒリヒリ、辛いです。





そんなある日、ふと思いました。

昔はあんなによく効いたモアリップが

一体いつごろから効かなくなったんだろう?






あれ?

っていうか、今使ってるコレ、

いつ買ったんだろう?






小さなチューブの裏も表も見てみましたが、使用期限の表示がありません。

多分、入っていた箱に書いてあったんでしょう。





それって、もしや・・・!?






一度にそんなに大量に使うものではないので

まだたくさん残っていたのですが

思い切って新しいのを買ってみました。






その結果・・・





めっちゃよく効きました~!

使用期限っていうもの伊達じゃなかったのね。

まだまだワタクシ、回復力あるある~ぅ!







なんだか最近どうも、

すぐに「歳のせい」で済ます「悪いクセ」がついておりますね。

歳のせいで済ませておいて、

その分どこかで手を抜いているのかもしれない・・・。






「心の老化は身体の老化」

気をつけよ~っと。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本一有名な歌

こんにちは。

昨日、お昼を食べに入った飲食店で

3、4歳の男の子が「サザエさん」の主題歌を歌っていました。






「みんなが笑ってるぅ~」

の部分だけを繰り返していましたが

お気に入りのフレーズなんでしょうか?

P3260972ワタクシの子供時代のウン十年前もテレビでサザエさんはやっていて

主題歌はやっぱりこの曲でしたが

今もやっぱりこの曲で

今どきのこんな小さな子でもサザエさんは見てるんですね。






そう思うと、

サザエさんの主題歌は日本中の老若男女の誰もが知っている

もっともメジャーな一曲かもしれない。






そのお店の中にはいろんな年代の男女のお客さんがいましたが

「みんなが笑ってるぅ~」のフレーズだけで

きっと誰もが「サザエさんの曲だ!」と思ったはず。



そうだ、「サザエさんの曲」はきっと「日本一有名な曲」に違いない。




夜、家に帰ってからネットの注目ニュースで

「今日のサザエさんの放送が東芝が提供する最後の放送だった」

というのを知りました。






そっか~、

「東芝の提供でお送りいたしま~す」

はもう見られないんだ・・・。

今日の、

見とけばよかった。





サザエさんが終わるわけではないけれど、

一抹の寂しさを感じますね~。

あ、今は東芝一社の提供ではないので

「ご覧のスポンサーの提供で・・・」でしたっけ?





とにかく、

東芝さん、長い間ありがとう。

また業績が良くなったら

ぜひまたサザエさんのスポンサーに帰ってきてね!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「見守る会」

P3240946こんにちは。

「シャンシャンを見守る会」、今日も活動を続けております。

(上野動物園のライブカメラの映像を見るだけですが・・・)






今日はよく寝ますね。

お昼前からずーっと寝続けているのかな?

木の上でよく落ちないで寝られますね。






起きているときも木登りしていることはよくあります。

シャンシャンは木登りが大好きなんですね。






シンシンやリーリーが木に登っているところは見たことがないので

パンダが木に登るのは子供のうちだけなんでしょうか?






食べ物は笹を食べていればいいわけだから

木に登れなくてもパンダにとっては問題はなさそうですが、

弱い子供のパンダは敵に襲われたときに

木の上に避難するのが安全だからかもしれません。

シャンシャンにとっては遊びの延長の木登りなんでしょうが

生き物の行動ってみんな意味があるんですよね。





でも、シャンシャン、

意味があってもなくても

なにをしていてもかわいいゾッ!!






P3240948って言ってる間に、シャンシャンどこかに消えた!?

掃除の時間だから別の場所に移されたのかも。

人間のこの行動の意味、シャンシャンには理解できないだろうな~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧