ぴーちゃんのひとりごと

めしどろぼ

こんにちは。

昔、ワタクシの祖母の妹が岐阜県高山市に住んでいました。

ワタクシ達は「高山のおばあちゃん」と呼んでいました。





祖母は確か7人兄弟だったと思うのですが

ワタクシが顔を覚えているのは高山のおばあちゃんだけなので

兄弟姉妹の中でも二人は特に中が良くて

よく連絡を取り合っていたのだと思います。






ワタクシ達が住んでいた場所から高山は遠かったので

そんなに頻繁に行き来はしなかったのですが、

一度か二度うちに泊まりに来たこともあったし

祖母が一人で高山まで遊びに行くこともあったと思います。






P9140863_2そんなときに必ず祖母や高山のおばあちゃんがお土産に買ってきてくれたのが

「めしどろぼ漬け」。






飛騨地方の有名なお漬物のようです。

子供にはやや渋いお土産のようにも思えますが

この漬物がワタクシは大好きでした。



赤カブが入っていて、古漬けのような酸っぱい味がします。

この酸味は多分身体にいいといわれる植物性乳酸菌の発酵の為ではないかと思われますが

子供の頃のワタクシがそんなことを考えて食事をしているはずもなく

ただおいしかったのです。






「めしどろぼ」という名前は

漬物があまりにもおいしくて

ご飯を盗んでまでも食べたいということだと思いますが

そのネーミングには子供ながら納得しておりました。






今でもスーパーなどで見つけると時々買ってしまいます。

やっぱりおいしいです。





ちなみに、このめしどろぼ漬けはいつも「三嶋豆」いう豆菓子とセットでやってきました。



大豆を砂糖でコーティングした素朴なお菓子で

銀色の楕円形の筒状の入れ物に入っていました。

飛騨地方の有名なお菓子のようです。

あれもおいしくって大好きでした。






大人になってから飛騨方面に旅行に行ったときに三嶋豆を見つけて

懐かしくて買ったことがありますが

なかなか他の地方では手に入りません。

飛騨の物産展とかあれば買えるのかな?






そして先日、久しぶりにめしどろぼ漬けを買って

初めて気付きました。






P9140864ず~っと「めしどろぼう」だと思っていたのですが

実は「めしどろぼ」だったのですね。





何十年かけて気付いてんねんっ!



高山のおばあちゃんに会ったのは

祖母のお葬式の時が最後でした。






その頃うちで飼っていた猫は激しい人見知りで

家族以外の人には決して懐かなかったのですが

高山のおばあちゃんにだけはよく懐いて

自分からおばあちゃんの膝に上がって丸くなっていたのを覚えています。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりのまる子

こんにちは。

30年近く前ということになりますか。






いわゆる「いじられキャラ」の友達がおりまして、

からかうとむきになって怒るのがおもしろくて

いつもそのコをからかって楽しんでいたんです。






ある日、そのコがワタクシのことを「ちびまる子ちゃん」に似ていると言い出しました。




まだテレビアニメの「ちびまる子ちゃん」が始まる前で

ワタクシは「ちびまる子ちゃん」を知らなかったのですが

頼んでもいないのに「ちびまる子ちゃん」の単行本を持ってきてワタクシに貸してくれました。






なんでも、彼女をからかって楽しんでいるワタクシの性格が「まるちゃん」そっくりなのだとか。






と言われて貸してもらった単行本はとてもおもしろく読んだのですが、

「まるちゃん」のどんなところがワタクシに似ていたのかは自分では今ひとつわかりませんでした。




その頃ちょうどあんな「おかっぱ頭」だったからじゃないの?


それからすぐに「ちびまる子ちゃん」がテレビアニメになりました。

彼女は先見の明があったんですね。

多分、第1回の放送はワタクシも見ていたんじゃないかと思います。






でも、ワタクシに言わせれば、

彼女のおっとりしていて天然で人懐っこくて、

そのくせちょっと抜け目ないところがあって

ずるしてうまいことやろうとするのだけれど

いつもちょっと残念な結果に終わり、

結局ワタクシに笑われるという

なんとも憎めない性格・・・・・・







って、それって「まるちゃん」じゃん!



そういえば、彼女の髪型もちょうどあんなふうな「おかっぱ頭」だった。






要するにあれですね、

「まるちゃん」はどこにでもいる本当に普通の女の子なんですね。






他の漫画みたいに

夢や魔法や冒険みたいなキラキラしたものはでてこないけど

まるちゃんのすることは誰もが子供の頃に思い当たるところがあって

思わず「イヒヒッ・・・」って笑っちゃう日常の中のおもしろさ。






誰もがみんな「まるちゃん」で

みんなのとなりには必ず「まるちゃん」がいる。






P8280779作者のさくらももこさんはお星様になって遠くに逝ってしまったけれど、

「まるちゃん」はこれからもず~っと

みんなのとなりにいてくれるんでしょうね。





合掌。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

号泣

P8220765こんにちは。

さっき買い物に行くのに車に乗りましたら

ラジオから植村花菜の「トイレの神様」が流れてきました。






(写真は自宅のトイレの扉です。

トイレの中を写すのもどうかと思って。

あ、トイレットペーパーを写せばよかったかな?

トイレの「紙様」・・・なんちゃってぇ~)





おおっ、久しぶり。

曲はもう後半にさしかかっておりました。

しまった!もう2、3分早く動き出していたら最初から聴けたのに。






おばあちゃんっ子のワタクシには「沁みる歌」です。

ワタクシの中で「泣ける歌」の三本の指に入ります。



え?あと二曲はって?

え~っと、え~っと・・・、

う~~~~ん・・・・・・。

ま、またそれは次の機会に・・・。






そんなわけで、

車を運転しながら涙が溢れてきまして、





はい、視界がぼやけて危ないですね。







だから、運転中はこの曲を流さないでっ!

ってわけにもいきません。






そっか、車をどこかに停めて聴けばよかったんだ。





少ししてスーパーの駐車場に到着したので

曲が終わるまで車の中で聴いていました。

やっぱりいい曲だな。






この前のお盆に10年ぶりくらいに会ったワタクシの叔母が

歳をとって体がとても小さくなって、

「おばあちゃんに似てきたな」と思ったことなどを思い出しました。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういう関係

こんにちは。

さっき、「12-1」になっているところを奥のテレビでちらっと見ました。

その後どうなっているんでしょうか?

第100回全国高校野球選手権記念大会の決勝です。






P8210763秋田の金足農業の快進撃が話題になっております今大会、

103年ぶりの決勝進出に秋田県は盛り上がっているようですね。






そんな金足農業に勝たしてあげたい気持ちもありますが、

ワタクシは大阪桐蔭も応援してるんですよ。






というのも、

大阪桐蔭高校とはちょっとご縁がありまして・・・






実は16年前、

新婚旅行に一緒に行ったんです!(?)






行き先はオーストラリアだったんですけどね、

修学旅行だったんでしょうね。

空港、ホテル、行く先々に

なぜか大阪桐蔭高校の制服姿の生徒さんが大勢ワーワーといらっしゃいまして。






「大阪桐蔭高校って聞いたことあるよね?

甲子園に出るとこ?」

などと言いながらそれを見ておりました。






そんな関係から、

大阪桐蔭高校が甲子園に出てくると

「ああ、あの時の!」と懐かしさを感じてしまいます。






史上初、二度目の春夏連覇がかかる試合だそうですが、

あ~、そろそろ勝負がつくころでしょうか?






どちらもチームも悔いのないよう

力いっぱい闘ってください!!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世が世なら・・・

こんにちは。

まずはお知らせ。

柴田屋酒店と店内に併設されている甘酒カフェ「ゆふ」は

8月14日(火)は臨時休業をさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。






さて、

お盆なのでご先祖様のお話し。



ワタクシの父方の祖父のルーツはとある山奥の村にあるのですが

祖父の代で名古屋に出てきたため

そんなに山奥の親戚の方々とはお付き合いはなくすごしてきたのですが・・・






先日、その山奥の村に住む祖父の実家と同じ苗字の人が新聞に載っているのを見つけました。

そこに書いてある内容が、

子供の頃に聞かされた祖父の田舎の話となんとなく近いものがありました。






「もしかしたら親戚かもしれない」

と思い、

「でも、田舎だからみんな同じ苗字だし、みんな親戚みたいなものかもしれない」

とも思ったのですが



顔の感じが、

そしてなにより、

頭の形が見覚えのある形で

ワタクシの実家の親戚にゴロゴロいそうな頭の形で、

もしかしたらワタクシも丸刈りにしたらこの形になるかもしれないと思えるふしもあり

DNAの繋がりを非常に感じてしまいまして、





親戚筋に電話して確認しましたところ

やはり遠い親戚だということが確認できました。






そしてさらに、

祖父の実家は士族だったという事実が判明。

「士族」、元武家ですね。






あの山奥、どこをどう探しても「与作」しか出てこないと思い

自分のルーツなど知ろうともせず生きてきましたが、

あの山奥に「武家」?






P8130709その辺の時代のことが新聞にも書いてあったのですが

うちのルーツが武家?

ってことはなに、世が世なら、ワタクシは「武家の娘」?






やっぱりね~(?)






(↑画像は、

なんとなく「武家の娘っぽいもの」を探したらこうなりましたが

ちょっと違ったかな?)





ま、与作の娘の方が気が楽で

ワタクシには向いてる気もしますけど、

まさか新聞で自分のルーツを知ることになるとは思わなかった。

びっくりでした。






でも、それとは別のルーツには

もちろん与作がいるとは思います、はい。



お盆だからといって遠い山奥のお墓にお参りにはいけませんが、

武家のご先祖様も、与作のご先祖様も

どうぞみんなを見守ってください。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギネス記録

こんにちは。

昨日の朝、たまたま夏の高校野球の開会式をテレビで見ておりました。

記念すべき第100回大会だそうで盛り上がりを見せているようです。






暑いだろうな~、選手も、観客も、関係者も。

想像しただけで汗が噴出しそう。

そんなことを考えながら見ていましたら・・・






入場行進が終わり選手達が勢ぞろいしたところで

「ここで、熱中症予防のために水分を摂りましょ~」とアナウンスが流れ・・・


P8060693あれ、そんなん持って行進してたの?

整列している選手達も

グランドの端の方にいるブラスバンドや合唱団の生徒達も

ゴソゴソと水の入った小さなペットボトルをとりだして一斉に水を飲み始めました。







なるほど、今年のこの異常な暑さ、

そうでもしないとね~。

いっそ、みんなで水を一斉に飲むギネス記録とか申請したらどうでしょう?






このまま地球温暖化が進み

夏が今年のような恐ろしい暑さになってくると

夏の高校野球も考えないといけないですね。



昼の暑い時間帯は試合はしないで

早朝とナイターでやるとか、

ドームの野球場でやるとか?






もちろん野球だけでなく屋外のスポーツはみんなそうですけどね。






甲子園といえば「汗と涙」がつき物かもしれませんが

汗はかきすぎると命取りですからね。

早めの対策が必要と思われます。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スタンド・バイ・ミー」

こんにちは。

「スタンド・バイ・ミー」という映画を思い出してしまったのは

多分、ワタクシだけではないのでは?






「スタンド・バイ・ミー」

森に死体を見に行こうと四人の少年が小さな旅に出るお話しです。

同名の主題歌の美しく切ないメロディーが映画の趣をさらに深いものにしていました。






タイの洞窟で13人の少年が行方不明になったという事件。


全員無事発見されたということで一安心しましたが

救出は難航しているようで

少年達の帰りを待ちわびるご家族のもとへ彼らが一日も早く帰れること祈るばかりです。






P7050407なんでも少年達の中の一人がお誕生日で

そのお祝いをするためのサプライズで洞窟の中へ入ったとのこと。






そんなステキな仲間同士の友情が

こんな形になってしまったのかと思うと切ないですね。






お父さん、お母さん、

彼らが帰ってきてきても叱らないであげてね。





でも、

こんなに大騒動になってしまって

ちょっと叱られるくらいの方が彼らも気が楽かもしれない。

無事に帰ってきたからこそ叱られもするわけだし。






若さゆえの無謀さと判断の甘さと

冒険心と友情と・・・






久々に思春期だった頃の

不器用で

危なっかしくて

切なくて、

輝いていた日々を思い出してしまった。






「スタンド・バイ・ミー」の曲の間奏の

トランペットの物悲しい音色が

頭の中から離れません。






本当に無事でよかった。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成最後のカレンダー

こんにちは。

いつも年末に昔からのお得意様には柴田屋酒店の店名入りの日めくりをお配りしています。

昨日、いつもその日めくりを注文しているカレンダー屋さんが

来年の日めくりの注文をとりにやってきました。






早いな~。

もう来年の話ですよ。






ワタクシが店に入ったのと入れ違いで

カレンダー屋さんは帰っていったのですが、

残していった書類の中にこんなものが・・・







P7030393「2019年版カレンダーにおける未定日の記載方法についてのお知らせ」






はっ!そっかぁ。

来年の天皇陛下の退位で元号が変わるので、

来年は平成最後のカレンダー。

そして次の元号になって初めてのカレンダー。







元号の他にも「天皇誕生日」が変わったり

「退位の日」、「即位の日」が祝日になったり?

あ、こりゃ、いろいろあるわけね?


そのへんのことがまだ正式に決まっていなくて

カレンダー業界としてはそれで困っていたわけですね?

大変ですね~。

早く決めてあげればいいのにね~。







P7030395全国カレンダー出版協同組合連合会というところでは

その記載方法を統一するそうです。

いろいろ悩んだんだろうな。







ちなみに来年の12月23日は「平成の天皇誕生日」だそうです。

確かに、その通りだ~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知りたくない。

こんにちは。

なんだか最近、どうも世の中に嫌~な空気が充満しているような気がするのはワタクシだけでしょうか?






みんなでどんなにがんばっても

哀しい事故や事件が後を絶たないのは世の常かもしれないけれど

それだけじゃなくて

なにか、こんなんでいいの?と思う出来事が多い気がする。

もしかしたらこれらが原因なんじゃないかと思うのは

「パワハラ、セクハラ、スポーツ界の不祥事」。






法律に触れてはいなくって

ワタクシ達部外者にはおおよそ関係のないような出来事ばかりなのですが

それでもニュースとしては取上げないわけにはいかない・・・わけですか?






やれ、やったのやってないの、

やれ、責任とるのとらないの、

辞任はするけどやってない・・・





って、どっちやねんっっっ!!






で、また、テレビやネットの中の人達がそれに対する持論を展開し

世論を先導するわけですよ。






そんなの当事者にしかわからないって!



いろいろニュースになってるこういう話題で

スカッと片付いた話題は一つもなくないですか?

辞めたとしても後味が悪かったりして。






もうこの手の話題はうんざり。

そろそろ終わりにしてほしいです。

そんな話は聞きたくない。

知りたくないの。






P6190281「宣誓!我々はスポーツマンシップに則り、正々堂々と闘うことを誓います」






”スポーツマンシップ”・・・・・・死語になりませんように。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温かい手の悩み

こんにちは。

子供の頃、「手が冷たい人は心が温かい」なんてこと言いませんでした?






実はワタクシ、昔から手が異様に温かくて

「手が温かい人は心が冷たいんだ~!」などと友達からからかわれ、

手の冷たい女の子に若干憧れておりました。



今でも時々「冬でも手が温かくていいね」などと冷え性の人には言われますが、

実はこれは手から体温がドンドン抜け出している状態で

手が冷たい人以上に身体の冷えは深刻なのだそうです。






それはさておきましても、

手が温かいと時々困ったことがおこります。

例えば・・・






手に持ったチョコレートがすぐ溶ける。

これからの季節、特に溶けやすいです。






もちろん、紙のカップに入ったアイスクリームなども

他人より早く溶けるような気がする。






だから普段はそんなに早食いの方ではありませんが

アイスデザート系の物を手に持って食べるときは異様に早いです。

うかうかしてられません。






寿司職人さんが大抵男性なのは

女性は手が温かいのでお寿司が温まってしまうから

というのを聞いたことがあります。







P6010107実際、男性と女性とでの手の温かさの違いはどうかわかりません。

なんとなく「お母さんの温かい手」みたいなイメージで女性の手は温かいと思われているんでしょうか?






でも、性別を問わず温かい手の人が寿司職人に向いてないというのであれば

ワタクシは完璧に寿司職人にはなれませんね。






でも、いいんです。

自分で握るより、

握ってもらったお寿司を食べるほうがおいしいだろうから。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧