我が家の庭

不作とは限らない

こんにちは。

一時よりは少し落ち着いてきた感じもしますが

野菜の高値が続いております。






厳しい寒さで野菜の生育が遅いというのもあるようですが

植えたばかりの苗が根を張る前の秋口に台風に襲撃されたために

根っこが育たず、養分を十分に吸収できないというのも

収穫量が少ない原因のひとつであるようです。






P2210807野菜ではないけれど、うちの菜の花もきっとそうなんだろうな。

今年は不作です。

あ、キャベツもブロッコリーも白菜もアブラナ科で、菜の花と仲間でしたっけ?





背が低くて茎はひょろひょろで、

葉っぱの色も悪い。

いつもなら年末には咲く花も

今月に入ってやっとちらほら咲き始めました。

これから暖かくなったら少しは大きくなるのかな~?






植物達にとって、「しっかりと根を張る」というのはとっても大事なことなんですね。

あ、人間にとってもそうですね。






そんな我が家の菜の花ですが

実はそれなりに活躍の場はありまして






P2210808柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」のテーブルの

小さな一輪挿しに挿すには丁度いい大きさ(小ささ?)。






いいですね~。

菜の花の黄色はやっぱり「春の色」ですね。

不作なんて言ってごめんなさい。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内決着

Pc290465こんにちは。

昨日、うだうだ言っていた柴田屋酒店の入り口横の花壇の

むき出しになっているグラジオラスの球根ですが、







今日、掘り出してみました。


この年末の忙しいときに、のんきに庭いじりしてる暇があるかいっ!!

と思っていたのですが、

よく考えたら、

とりあえず掘り出して保管すればいいだけのことだと気付きまして。






Pc290468三つか四つだと思っていたら

大小いろいろ出てきました。



お豆くらいの小さなのもは「木子」と言って

これも別に植えて育てれば何年か後には立派な球根になるそうです。






さらに調べてみたら、

グラジオラスは新しい球根が古い球根の上にできる習性があるようで

むき出しになるのはきわめて普通のことのようです。




掘り起こさずに植えっぱなしでもいいみたいだけど、

土の中は一緒に植わっているナルコユリの地下茎とゴチャゴチャになているので

まあ、ここでちょっと整理しておくのがいいかと思われます。




古い球根かもしれませんが、下のほうに埋もれていたのは掘り出さずそのまま埋めておきました。

運が良ければ来年芽が出てくるかも。


作業時間はほんの数分。

やってみればわけのないことでした。

来年に持ち越すはずの懸案事項が意外に早期決着。

スッキリ気分で新年を迎えられそうです。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末の悩み

こんにちは。

寒いこの季節は咲く花の種類も限られています。

我が家の庭も秋に植えたパンジーが少し育ったくらいで殺風景です。






それでもいくつかならんだ植木鉢にたまには水をやらなければと

寒風吹きすさぶ今日の午後、表で水遣りをしていましたら・・・






Pc280464あれ?

柴田屋酒店の入り口横の花壇の土の中から

小さなタマネギのようなニンニクのような・・・・・・球根?

地面から顔を出しております。

っていうかむき出しになっているっていうか。






これはもしや、グラジオラス?

植えてもいないのに勝手に生えてきたグラジオラスの球根かも。

地面から飛び出すほど球根が育っているのかしら?

だったら、植え替えたほうがいいのかしら?






早速「グラジオラスの育て方」を調べてみましたら、



「秋に葉っぱが枯れかかって少し緑が残るくらいの頃に一旦球根を掘り起こし

春になったらまた植える。

寒くなってから掘り起こすと球根が崩れてしまうことがある」






ってことはなんですかい?

もう手遅れってことですかい?

葉っぱも思いっきり枯れるまでそのままにしてたし。






これは触らないほうがいいのかしら?

去年だって、その前だってほったらかしだったけど、

ちゃんと花が咲いたもの。





でも、球根むき出しのままってのも可愛そう。

「寒さに弱い」とか書いてあるし。


でも、去年も一昨年もそのままでちゃんと越冬したんだし。






でも、去年も一昨年も球根むき出しではなかったし。






でも、掘り起こしたら崩れちゃうかもしれないし・・・。

悩むな~。





うん、とりあえず、

結論を出すのは来年に持ち越そう。

だって、今日も北風が冷たいもの。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長くてシマシマの

Pc060286こんにちは。

ご近所の仲良し猫の福ちゃんのお母さん(人間)から

何年も前にもらった「キリンドリカ」。






なかなか上手に育ちません。

「ぶつ切りにして挿しておけばたくさん出てくるよ」というので

それにもトライしてみましたが、なぜかヒョロヒョロ。

柴田屋酒店の入り口横の一番日当たりの良い所に置いてるんですよ。






ネットで育て方を調べたら水はほとんどやらなくてよいというので

お水の量は極力ひかえ、液肥を与えたりして。

なにがいけないんだろう・・・。


この前、お店に来た福ちゃんのお母さんがこれを見まして

「なんで~?」

はい、すみません。

でも、ワタクシとしましても「なんで~?」なんです。



「ネットで調べたら、あまりお水をやっちゃいけないって書いてあったからあげないようにしてるんですよ」

「うっそ~、たっぷりあげてるよ~」

「へ?」






今の世の中、情報が多すぎて何を信じていいのかわかりませんが、

信じていた情報が正しいとは限らないのです。

ここは福ちゃんのお母さんを信じてたっぷりお水をあげてみようか、

でも、この寒い季節にあげていいものなのだろうか・・・?







Pc060282そんなことを考えていたら

福ちゃんのお母さんから大きな鉢をいただきました。

「他にも同じようなのが二鉢あるからあげる」と。





正しく育てればこうなるそうです。

なんですか、この違いは。





水か・・・。

確かにうちのはしわしわで干からびてるようにも見える。

じゃあ、ネットの情報はなんだったのか?





あれ?

そういえば似てるな。

ピンと長くてシマシマの・・・







P8300510「福ちゃんのしっぽ」。

福ちゃんのお母さんはこういうの育てるのが上手なんだね。






「しっぽはアタチのチャームポイントだからニャ!」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり気分屋

こんにちは。

一昨日、柴田屋酒店前のハンギングフラワーの中の

名前を知らない花が一斉に咲いたと書きましたが、

今日見てびっくり!






Pb300250一斉に閉じている!

もう枯れた?






いやいや、それまで毎日見ていたのはこの状態だった。

花が終わって枯れているようには見えないので

また開くということだと思いますが・・・、






あの日は確か暖かで天気が良かった。

これはひょっとして天気の良い日のみ開く花だということでしょうか?

それとも、ある気温を上回ると開く?

じゃあ、これからどんどん寒くなったら開かないってことになるし

この時期に植えたんだからやっぱり冬から春にかけて咲く花だと思うし・・・。






今日はそんなに寒くはないし、雨も降らないけれど

朝からどんよりと曇っています。






ってことは、お日様が出ているときに開く花?






ってことは、夜は閉じてる?

夜は気にして見たことなかったな。

昼は開いて夜は閉じる花はありますよね。

滅多に開かない花なのかな?






Pb280246もしかして、

「うん、気分が乗らないとちょっとムリ~」






かなり気分屋さんの花かな?

でも、閉じているときの「おちょぼ口感」も結構カワイイ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレ系のコレ

こんにちは。

今日は久しぶりのぽかぽか陽気。

小春日和ですね~。






うちが里親になってお世話している柴田屋酒店前のハンギングフラワーも一斉に花がさきはじめました。

寄せ植えで数種類の花の苗が植わっていて、

花の苗は用意してもらえるので名前のわからない花もあります。






葉っぱの感じを見ても何系の種類の花なのかよくわからない。

どんな花が咲くのかな?

いつさくのかな?

と、楽しみにしていた花が咲いているのを今日初めて見ました。






Pb280246あ~あ、こういう花なんだ!

これはもしかしたら”あれ系”の花かもしれないな~・・・






って、その”あれ”の名前もよくわからない・・・。

品種改良されて新しい花がドンドン増えていますからね。





花の名前をたくさん知っているのも「女性の品格」らしいです。

がんばろっ。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひきこもごも

Pb090181こんにちは。

10月の二度の台風の襲撃にもなんと持ちこたえてくれた

発芽間もない小さな菜の花の芽なんですが、

持ちこたえたのは菜の花の芽だけじゃなくて雑草の芽も。






ああ、そういえば、毎年このプランターには菜の花と一緒に雑草が生えてくるんだった・・・。

去年も時々抜いてはいたのですが

なかなか根治はできないもんですね。






今年はまた、この雑草と菜の花の発芽時期が見事に重なったみたいで

ちょっと油断していたら菜の花を取り囲んでびっしりと生えてきています。





なるべく菜の花を抜かないようにかき分けて抜こうとするのですが

菜の花だってまだか弱い小さな芽。

どうしても雑草にからまって抜けてきちゃうのね。





でも、もっと大きくなると雑草の根も張ってくるので抜きづらくなると思うんです。

いまのうちに根気よく慎重に作業を重ねるしかありません。






あ!

ひょっとして「根気」ってこういうことから生まれた言葉なのなか?


などと、ひとつお利口になったような気がしている傍らで

ひとついいもの見つけました。






Pb090178去年、苗をもらって鉢に植えたのですがちゃんと育たず、あまりぱっとしなかったガーデンシクラメンがあったのですが、

先日、この植木鉢にとっても小さなシクラメンの葉っぱが出ているのを見つけました。






去年植えた球根からではなく、植木鉢の隅っこから二箇所生えてきているので

分かれてできた新しい球根から生えているのかもしれません。






去年はあまり花は咲かなかったけれど

その分地下では栄養が蓄えられていたのかな?







あまりにも小さいし、ガーデンシクラメンは育てたことがないのでどうしていいのかわからないけれど

とりあえず肥料をあげて見守ってみようと思います。







植物達はみんな力強いな~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もったいないから

Pa120045こんにちは。

田原の街なかの街路灯にかかっているハンギングフラワー

賑わいづくり実行委員会が設置しているのですが、

お花のお世話はそれぞれのプランターに里親さんがいて、その里親さんがお世話をしています。





柴田屋酒店前のはもちろんうちが里親。

5月から半年間、なんとか枯らさずにお世話ができてホッとしています。






でも、明日は冬の花に植え替えなんですよね~。

まだ咲いてるのにもったいないな。

冬が越せそうなのもあるし・・・






Pa120046ということで、

捨てられちゃう前に植木鉢をばらして、

ちゃっかり移植をさせていただきました。





「アメリカンブルー」。

青い小さな花が咲きます。

好きなのよ、この花。

前にもうちにあったけど、多分、越冬するのよ。






Pa140075あと、

なんていう花か知らなかったけれど

調べてみたら「アラマンダ」という南国の花でした。

掘り起こしてみると丈夫そうな根っこがでてきたので期待できそう。

ツル性できれいな鮮やかなピンク色の大きな花が咲きます。






どちらも植え替え時期じゃないのでちゃんと根付いてくれるかどうかはわかりませんが、

半年で終わらせるのももったいないし

まあ、「だめもと」で・・・。






今まで寄せ植えで窮屈だったのが

これからはのびのびと暮らせるのよ。

寒さに負けずに育っておくれ~!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマとネコ

Pa090037こんにちは。

2、3ヶ月前だったでしょうか?

柴田屋酒店の入り口横の花壇に見慣れぬ植物が生えてきていまして、

雑草ではないような気配。

抜いてしまうのはちょっともったいない気がして、そのまま生やして様子を見ている今日この頃なのですが・・・、





昨日、ホームセンターの園芸コーナーをぶらぶらしておりましたら、


お~~~~っ!?





Pa080033これ、これ!

これじゃな~い?





なに?

なんて名前の植物?

「シマトネコ」?




違った、「シマトネリコ」。





何語かと思ったら「トネリコ」というのは「戸に塗る」という意味で、日本語のようです。

昔はトネリコにつく虫から出る分泌液を敷居に塗って戸のすべりをよくしたんですって。

沖縄などの暖かい地方の植物なので「島・トネリコ」ということでしょうか?

屋外で育てるととっても大きな木になるそうです。






どれくらい大きくなるのか見てみたい気もしますが

一応、柴田屋酒店は土蔵っぽい和風のデザインの建物なので、

店の前に亜熱帯の植物というのもどうかと思いまして・・・。






鉢植えで屋内で観葉植物として育てればいいみたい。

さっそく植え替えてみようと思っています。

本当は植え替え時期じゃないので若干心配ですが、

来年までおいてもっと大きくなると根っこごとほり起こすのが大変になるから。







ということで、

そのうち柴田屋酒店の店の前から「シマトネリコ」はいなくなりますが、

「シマシマのネコ」は相変わらず遊びに来ると思います。

P8300520


「誰のこと言ってるニャ?

冬は寒いから来ニャいよ」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来るものは拒まず。

こんにちは。

先日、ご近所の仲良し猫の福ちゃんと福ちゃんの家の横で遊んでいたら

福ちゃんのお母さんが出てきて

「この花って、お宅にある?」

と言って一つの植木鉢を指差しました。

(注:”福ちゃんのお母さん”は人間です)






その植木鉢がそこにあるのはちょっと前から知っていました。

ツル性の植物があんどん仕立てになっていて、

まだ花は咲いていなかったけれど全体の雰囲気からクレマチスではないかと思っていました。

福ちゃんのお母さんに言われて改めて見てみるとピンク色の小さな花が咲いています。



Pa070030「あ、うちにはないですよ。かわいい花が咲いたんですね」

「そう?そこらへんから芽が出てたのを植え替えてみたんだけど、お宅からタネが飛んできたのかと思ったら違うんだ」

「あら、そこらへんか出てきたのをこんなにきれいに育てたんですか?

ワタクシはまたどこかで買ったかもらったかしたのだと思ってた」

「ううん、なんて花か名前もわからないの。そう、お宅のじゃなかったんだ・・・」

そう言って去っていきました。





数日後、また福ちゃんと遊んでいることろにあらわれた福ちゃんのお母さんが

「これ、あげる。まだつぼみがついてるから咲くと思うよ」

とその植木鉢を指差します。

「えっ!せっかくこんなにきれいに育てたのにいいんですか?」

「うん、うちはまたなにかもらえるから」


確かに、福ちゃんちのご親戚で園芸関係のお仕事の方がいらっしゃるみたいで

福ちゃんちの周りには季節ごとにいろんな植木鉢が並んでいます。






「じゃ、じゃあ、遠慮なくいただきますぅ」

ということで、現在柴田屋酒店の前に。





なんて花なのかと調べてみましたら、

これもクレマチスでした。

ワタクシの知っているクレマチスは紫や白で

もっと大きくて平べったく広がった花が咲くのですが、

こういうタイプのクレマチスもあったんですね。

可憐でかわいい花、とっても気に入ってます。

上手にやれば越冬するみたいだから、チャレンジしてみます。

福ちゃんのお母さんみたいに上手に育てられるかな?





それにしてもうちって、

どうもご近所の人には

「よくわからない花は大体あそこのうちから種が飛んできたもの」

とか

「よくわからない花はあそこのうちにあげておけば適当に育てるだろう」

とか思われているような気がする・・・






もしかして、

うちってこの近所では

「お花の便利屋さん」?





Pa030021



「ちゃんと育ててるか時々チェックしに来るからニャ!」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧