甘酒カフェ ゆふ

「桜甘酒」

こんにちは。

柴田屋酒店内にある本格甘酒専門店・甘酒カフェ「ゆふ」の

期間限定メニュー「かわり甘酒」に

今年も「桜甘酒」が登場しました~!


P3190060が、

残念ながら「桜色」ではありません。

桜の葉の塩漬け、

「桜餅」を包むアレで味付けをしてます。


だから、桜色じゃなくても

桜の香りと甘じょっぱさが、「春」を感じさせてくれます。


今年は桜の開花も早くて

東海地方でもそろそろ咲き始めるのではないかということで

甘酒カフェ「ゆふ」でも慌てて「桜甘酒」を始めました。


一応桜が散った後もGW前くらいまではやっているつもりですが、(日にちは未定)

お早めにお越しください!


それにしても、

田原市内の桜の名所のひとつである滝頭公園は

毎年4月の第一日曜日が「桜まつり」と決まっているようです。


今年は・・・


4月7日。


完璧に「葉桜まつり」ですね。

でもまあ、(天気が良ければ)外を歩くのには気持ちのいい季節だと思いますので

みなさん、お誘い合わせの上お出かけください。

ちなみに、柴田屋酒店も桜まつりに協賛しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

甘酒男子

こんにちは。

柴田屋酒店内にある本格甘酒専門店・甘酒カフェ「ゆふ」のお客様は

圧倒的に女性の割合が高いです。






昨今、甘酒の美容効果は注目を集めており、

甘酒は「意識高い系女子の飲み物」の代表格となっております。






と言っても、男性のお客様もゼロではないです。

男性の場合、奥さんや彼女さんといらっしゃる場合が多いですが、

お一人でふらっと入っていらっしゃる方もあります。






P2020506中には「自分でも作ってみる!」と米麹や酒かすを買っていかれる方もあります。






そういう方って草食系かと思いきや

案外、「あら、その風貌で甘酒?」みたいな方だったりします。





最近はお料理好きの男性も多いので

甘酒も作っちゃうんでしょうね。





ええ、甘酒を飲むのに「見た目」は関係ないですから。

でも、たくさん飲むとお肌がきれいになっちゃうかもしれませんよ~!





うちの店は、外観は一応酒屋だし、

カフェの雰囲気もそんなにキャピキャピしてないし、

キャピキャピした店員もおりませんので





甘酒男子のみなさん、

安心してご来店くださいね!






そんな甘酒カフェ「ゆふ」の営業時間は・・・

午前10時から午後1時と

午後3時半から午後5時半、

日曜日は定休日です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブレコーダー

P2010499こんにちは。

田原市内の加盟店でお買い物をするとポイントがもらえる

「たまぽカード」。






そのたまぽカードの恒例の

「Wチャンス スタンプラリー」が今日から始まりました。





詳しくは、本日の新聞の折込の

「たまぽスタイル」をご覧ください。





今回の抽選で当たる「W賞」の賞品は、

ドライブレコーダーと空気清浄機。






P2010497ほ~っ!

トレンド掴んでますね~。

欲しいですよね、ドライブレコーダー。





でも、ドライブレコーダーもらって車に付けて

これが活躍するときって・・・・・・







いやいや、そんなこと、あってはならないですよね。

なんだか物騒な世の中だな~。

空気清浄機の方がなんかほっこりした感じでたまぽカードには合っているな。

え?

ほっこり・・・ほこり?

ほこりをとってくれるのが空気清浄機じゃないの?






な~んてこと言いながら・・・、

とにかく、応募しないと当たりませんので。






P2010505柴田屋酒店では

「たまぽスタイル」持参で甘酒カフェ「ゆふ」をご利用のお客様に

ポイント2倍を進呈しております。

ご来店の際は、「たまぽスタイル」をお忘れのないように!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「十周年」

P1160289こんにちは。

柴田屋酒店内にある本格甘酒専門店、甘酒カフェ「ゆふ」は

おかげ様で本日開店十周年を迎えることができました。





この十年間の間にご来店いただいたすべてのお客様と


甘酒カフェ「ゆふ」の甘酒の原料である

おいしいお米を作ってくださる農家さん、

米麹・酒粕を造ってくださる酒蔵さん






その他、各方面で「ゆふ」を支えてくださっているみなさまに

心より感謝申し上げます。



これからもみなさんに喜んでいただけるおいしい甘酒が作れるように

精一杯努力してまいります。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

専門店におまかせください!

こんにちは。

最近テレビで甘酒の特集をやっていました。



Pc120125麹の甘酒と酒粕の甘酒のそれぞれの健康効果などが紹介されまして、

甘酒業界、にわかに活気付いているようです。






今週はスーパーの甘酒・酒粕・米麹コーナーの前で足をとめる人をよく見かけました。





みなさん、迷いますよね。

甘酒も酒粕も米麹もいろいろあってどれを選んだらいいんだろう・・・?

甘酒を自分で作るっていってもうまく作れるのかな?





そんなときは、柴田屋酒店にお任せください!

柴田屋酒店では甘酒も酒粕も米麹も販売しております。





さらに、

柴田屋酒店の中には手作り甘酒が飲める

本格甘酒専門店、甘酒カフェ「ゆふ」があります。





甘酒のことならなんでもご相談に乗りま~す!






テレビの説明はザックリしてるのよね。

間違ったこと言ってる場合もあるし。

「スーパーでも手に入ります」とかいうけど

スーパーではいろいろ説明してくれないし。





そんなときはどうぞお気軽に柴田屋酒店にお越しください。





あ、耳寄り情報がひとつ。

田原産減農薬栽培コシヒカリで造る

田原の銘酒、純米大吟醸「優」の

しぼりたての酒粕が入荷しました。





Pc140126毎年、蔵元から届いたばかりの「優」の酒粕を

試食するのがワタクシの楽しみですが

今年のが、これまたおいしいっ!





おいしい酒粕の甘酒を作るコツは

やっぱりおいしい酒粕を使うこと。

「優」の酒粕なら間違いありません!





美肌効果もあるわよ~ん。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始める理由

こんにちは。

一昨日のこのブログ

「明日書きます」と言ったのに

昨日は時流に乗ろうと「PayPay」ネタに走ってしまったので

今日書きます。






「甘酒愛」について。






甘酒カフェ「ゆふ」がオープンした10年前は

今みたいな甘酒ブームでも日本酒ブームでもなく

こんな時代が来るとは思わずにワタクシは甘酒カフェを始めました。






スーパーでもドラッグストアでもホームセンターでも安くお酒が買える時代、

酒屋さんというのは「敷居の高い店」なわけです。






なんとか気軽にお店に入ってきて欲しい。

そのためにはなにかここに来る動機付けが必要ではないか。

スーパーにもドラッグストアにもホームセンターにもない、

ここにしかないなにかが必要なんじゃないか。






その時あったのが「酒粕」でした。

田原産コシヒカリで造った純米大吟醸「優」の酒粕。


これがおいしくってね~。

いつも冬になるとおやつ時に甘酒を作って飲んでたんです。






で、こんなおいしいものを自分達だけで飲んで楽しんでいるって手はないぞ!

って話しになりまして

お店で売ったらどう?ということになり、

10年前の店舗の建て替えの時に店内に甘酒カフェ「ゆふ」をオープンしたんです。





そう、きっかけは「酒粕の甘酒」。





その後予期せぬ甘酒ブームが起こりまして、

甘酒を飲みに来てくださるお客様も増えまして

ありがたい限りでございます。






ただ、ワタクシの中にはちょっと悶々とした消化不良な部分があるんです。






ブームになっているのは「麹の甘酒」。

人気が麹の甘酒に集中するあまり

酒粕の甘酒の売れ行きがイマイチ。






麹の甘酒の大ブームで酒粕の甘酒はどこかに押しやられてしまってるんですね。






麹の甘酒をおいしいと言ってもらえるのはうれしいんですけど

酒粕の甘酒だっておいしい(と自分では思っている)。

こんなおいしいものを飲まずにみんな帰っちゃうの?

もったいない!


う~む・・・・・・






今月22日の10周年を迎えるにあたり

ここで初心に返って甘酒カフェのメニューを見なおしてみました。

そして見えてきたのが・・・






酒粕か麹、どちらかひとつを選ばなければいけないというから

お客様はついつい話題の麹の方を選んでしまうのでは?





「酒粕ってあまり馴染みがないけど

ちょっとくらいなら飲んでみたい気もする~」

っていう方、結構いるんじゃないかな?






Pb270071ということで、

「麹の甘酒人気」の勢いを借りて

酒粕の甘酒を売り込もうということで

この「のみくらべセット」を思いついた次第でございます。





ワタクシとしましてもどちらも10年、共に歩んできた大切な甘酒。

どちらかひとつじゃなくて

両方のおいしさを味わってもらいたいんです。

一度に両方飲んでもらえると思うとワクワクするな~!





で、この新メニュー「のみくらべセット」(500円、税込)なんですが

実はまだ始まっていません。

12月10日(月)から始まります。





カミング・スーン!

お楽しみに!!


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「甘酒のみくらべセット」

こんにちは。

柴田屋酒店内に併設されている本格甘酒専門店・甘酒カフェ「ゆふ」、

実は今月の22日で開店10周年を迎えます。






10年か~。






長かったような、あっという間だったような・・・.

なんだかんだ言いながら、おかげ様で10周年でございます。

ありがとうございます。






それでですね、

10周年記念の新メニューというのが間もなく登場します。






「甘酒のみくらべセット」(500円、税込)





何を飲みくらべるかと言うと

「麹の甘酒」と

「酒粕の甘酒」。






Pb270071二つの甘酒がお盆にのって一度に出てきます。





それと、

「季節のフレーバー」か

「ミルク」のいずれかをお選びいただきます。

これが小さな器に入って付いてきます。






まず、「麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」を飲みくらべ

半分くらい飲んだところに

付いてきた「季節のフレーバー」か「ミルク」を

それぞれの甘酒に加えて召し上がっていただきます。


すると・・・


わ~ぉ!

なんとも欲張りな

4種類の甘酒の味が一度に楽しめる、

画期的なシステムになっております。






なんでこういうメニューを思いついたかというのは

また話が長くなりますので

明日にでも書かせていただきますが



まあ、一言で言うと・・・



「愛」

でしょうか?






「甘酒愛」

ですね。






この新メニュー「のみくらべセット」は

12月10日(月)から始まります。

みなさんお誘い合わせの上ご来店くださいませ。



尚、甘酒カフェゆふの営業時間は

・午前10時~午後1時

・午後3時30分~午後5時30分

の二部制です。






柴田屋酒店とは異なりますのでよろしくお願いいたします。

日曜日は定休日です。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふるさとーク!」

こんにちは。

まず、柴田屋酒店内にあります甘酒カフェ「ゆふ」から営業時間のご案内です。



甘酒カフェ「ゆふ」の営業時間は

・午前10時~午後1時

・午後3時30分~午後5時30分

の二部制です。





柴田屋酒店とは異なりますのでよろしくお願いいたします。

尚、日曜日は定休日です。






Pb280084ということで、

昨日、東海テレビの「ニュースOne」という夕方の番組の

「ふるさとーク!」というコーナーで

柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」を紹介していただきました。






ワタクシも生電話で出演。

ワタクシの知り合いにはあまり知らせていなかったので

「なんで教えてくれなかったの!?」

と、後から言われましたが、






すみません、意外にシャイなもので

こっそり出たかった・・・

って、だったらそんな番組に出なきゃいいだろうって話ですが

甘酒カフェのことをみなさんに知ってもらいたかったので。






以前に「写真を投稿してテレビに出してもらえたけど

電話はかかってこなかった」ということを書きましたが

その後、東海テレビさんからお電話をいただきまして

今回の出演の運びとなりました。

物はためしで送ってみるものですよ、みなさん。






Pb280089昨日紹介された動画や画像はみんなこちらで写して送ったもので

あと、スタジオで試飲してもらう甘酒は郵送して

細かいことは電話で話しをして・・・、

ということで、テレビ局の方とは全く顔を合わせることはなかったのですが

今は「データのやりとり」というのがウェブ上で簡単にできるので

全く便利な世の中です。






昨日の夕方、放送の二時間前くらいまでいろんなやりとりがあったんですよ。

ほんの5分くらいのコーナーですが

たくさんの時間が費やされているのだということがわかりました。





で、

生電話でワタクシがお話しした時間はほんの2、3分だったと思うのですが

ここにいたるまでにテレビ局の担当者の方とは

もっともっとたくさん甘酒や日本酒のお話しをしていまして

自分としてはすっごい「出し切った感」を感じています。

ああいう方はやっぱり聞き上手ですね。






Pb280075スタジオで出てきた瓶入りの甘酒は

うちから送ったそのままの姿で

(焼酎の空き瓶とはちみつの空き瓶に詰めました)

ワタクシの書いた説明のメモ書きもそのまま貼ってあったのがおもしろかったです。






あれを見て瓶入りで購入できるのかと思われた方もあるようですが

そういう販売とか地方発送はしておりません。

今回は例外で名古屋までお送りしましたが

基本的には田原に来ないと飲めない甘酒です。






ということで

東海テレビさんには大変お世話になり、ありがとうございました。

うちの甘酒がテレビで紹介してもらえてとってもうれしかったです。




「ふるさとーク」ではいろんな情報を募集されているようですので

みなさんも耳寄り情報がありましたら

ぜひ応募してみてください!


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見られないので

こんにちは。

以前にこのブログでご案内しました

「たはら街ぶらツアー」というのが本日開催されました。






ツアー参加者でもないのにどうして開催されたことを知っているのかというと

ツアーの訪問先のひとつが

柴田屋酒店の甘酒カフェ「ゆふ」だったから。






一応、行き先は行ってみてのお楽しみの「ミステリーツアー」だったので

内緒にしていましたが、

案内のパンフレットにも「飲む美容液」と書かれていたので

みえみえ感、ありました?






はい、ツアー御一行様には当店にお立ち寄りいただいて

手作り甘酒を召し上がっていただきました。






このツアーは厚生労働省委託事業の「実践型地域雇用創造事業」というのの一環で実施された体験型モニターツアーで

地域資源を活用した観光地域づくりを目的に実験的に行われた

今回一度限りのツアーです。





ミステリーツアーのため

参加者のみなさんは

意図せず「成り行き上」甘酒を飲みに来てしまったわけなんですが、

そういう今までご縁のなかった方々にも甘酒を知っていただくいい機会をいただいたと

ツアー主催者の田原市地域雇用創造協議会さんには大変感謝しております。






今日は地元のケーブルテレビの「ティーズ」さんの同行取材もありました。

「ティーズHOTステーション」とう番組で流していただけるそうですが、

これは一日に何回か流れる番組なのかな?





一応初回は11月15日(木)10時からだそうですが

うちのお店の映像が流れるかどうかはわかりません。






もし流れたとしても

うちではティーズは見られません。

契約してないので。






もし写っているのをご覧になった方は

「ティーズ見たよ~」と声をかけていただければ幸いです。







Pb100294「多分自分で写してるひまはないから写してね~」

と、夫に頼んで写してもらった写真は、

なぜか、隠し撮り風でした。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車でもOK

こんにちは。




「”自転車”・・・とは言わないんですよね?」





「ふふっ、いいですよ、”自転車”です。

”ロードバイク”です」





「あ~あ、”ロードバイク”!」






尖がったヘルメットにぴったりした専用のスーツ姿。

競輪選手みたいないでたち。

なんというのか、”本格的”な感じ。





若い女性の方で、豊橋からお一人でいらっしゃったそうです。

蔵王山の頂上まで行ってこられたとか。

ご自宅から往復で走行距離は60キロくらいになるそうです。






Pb030243時々こういう方、いらっしゃるんです。

自転車・・・じゃなくて、ロードバイクで乗り付けて、

店の脇に自転車・・・じゃなくて、ロードバイクを停めて

甘酒を飲んでいかれる方が。





豊橋のロードバイクのお仲間が

以前、うちで甘酒を飲んでいってくださったそうで、

その方に聞いていらしたそうです。





「蔵王山の下りが寒くって身体が冷えたから温まろうと思って。

甘酒なら栄養補給もできるし」





おおっ!スポーツマンはやっぱりそういうこと考えるんですね。

そうです。甘酒は栄養満点です!



それにしても、

スポーツをしている人って、どうしてみんな爽やかなんでしょうね。

もう、見るからにわかりますよね、スポーツマンって。



身体を動かすから酸素をたくさん吸ってるし、

ストレスも発散できるから

心身ともに健康ってことでしょうか?





なかなかスポーツをする暇もないけれど、

ワタクシもそういうの目指したいな~。





でも、とりあえずは、

めざせ、「本格自転車愛好者の給水所」!





ロードバイク、マウンテンバイク、ママチャリ、三輪車・・・。

車種(?)は問いません。

甘酒カフェ「ゆふ」は皆様のご来店をお待ちしておりま~す。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧