甘酒カフェ ゆふ

異色の「甘酒どんぶり」

こんにちは。

柴田屋酒店内にある本格甘酒の店、甘酒カフェ「ゆふ」は

去年に引き続き豊橋鉄道渥美線のスタンプラリーに参加させていただきます!






P9211032今年はですね、去年とはまたちょっと違っておりまして

11月に田原で行われる「全国丼サミットinたはら2018」の開催記念ということで

「どんぶり散歩スタンプラリー」と銘打っております。



スタンプラリーの開催期間は明日、9月22日(土)から11月25日(日)です。

詳しくはこちら→★





ということで、

スタンプが設置されている飲食店は

田原の街なかで丼のメニューを提供しているお店ということになっておりまして

甘酒カフェ「ゆふ」でもこの度、

「甘酒どんぶり」という新メニューが登場しました~!



というのは嘘です。

はい、すみません。

嘘ですよ~、ウソ。


P9211035丼のメニューのないお店は「渥美線沿線おすすめ立ち寄りスポット」ということで

甘酒カフェ「ゆふ」もそちらの部門でパンフレットに紹介していただいております。

一日乗車券(当日の日付に限る)とスランプラリーの台紙を見せていただくと

「甘酒(各種)が50円引き」になるという

なんとも太っ腹で、大盤振る舞いのサービスを提供させていただきます!(?)




みなさん、田原の街なかをお散歩して

おいしい丼を食べて

その後は(前でもいいけど)、さらにおいしい甘酒を飲んで

秋の田原を満喫していただければと思っております。






ただ、

ひとつ残念なことがあるんですけどぉ~、


去年はですね、スタンプ設置店ということで

駅で駅員さんが使うのと同じスタンプが豊橋鉄道さんのほうから配られたんですが

今年はうちではスタンプ押さないので、それがない・・・。




駅員さん気分でスタンプ押すの楽しかったんだけどな~。






あ、「甘酒どんぶり」、

本気で考えようかな?

異色でうけるかも?







ちなみに、甘酒カフェ「ゆふ」の営業時間は

午前10時から午後1時までと

午後3時30分から午後5時30分まで

と短いのでご注意くださいませ。

日曜は定休日です。

尚、10月3日(水)は臨時休業させていただきます。

(柴田屋酒店は通常営業しております)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がっかり名物

P7100279こんにちは。

柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」の

夏の人気メニュー「甘酒氷」。






ふわふわのかき氷に手作り甘酒をかけて召し上がっていただきます。

素朴でさっぱりとした甘さが「売り」。

見た目もシンプルなので、あまりインスタ映えとかしないタイプなんですが

これはこれでいいのだと思っています。






ところがですね・・・






P8300781お店の外にはこの甘酒氷のための氷の旗が出してあります。

小さな子供さんはこれを見ると

赤や黄色や緑の

イチゴやレモンやメロンのかき氷を思い浮かべてしまうようなんですね。






甘酒を飲みにいらっしゃった親御さんに連れられてお店に入ってくる小さな子供さんは

そういう屋台のかき氷みたいなのがあるお店だと思って

ワクワクしながら甘酒カフェに入ってこられるわけです。






で、席に着くなり「レモン~!」とか注文されるわけです。






「ごめんね~。レモンとかはなくって甘酒のかき氷なの~」

とご説明すると、大抵、







ぐずられます。

「いやだぁ~。レモンがい~い~!」






申し訳ない!

そりゃあ、あれを見ればそういう気分になりますよ。

子供なんだから我慢できないんですよ。






うちの甘酒はこだわった材料で手作りで、とっても味はいいのよ、

とか説明してもそんなこと知ったこっちゃない。

赤や黄色のきれいな色のがいいのよ、子供って。

こればかりは仕方ないのであります。



親御さんは親御さんで

甘酒飲む気満々でいらしてますから、

ひと悶着ありながらも

結局は甘酒の中から何か適当なものを注文されることにはなりますが、






せっかく楽しみに入ってきてくれて

さぞやがっかりするんだろうな~。

本当~~~に申し訳ない!






あ、甘酒氷は期間限定で

一応今年は9月の中頃までを予定しています。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バテる」の語源

こんにちは。

今日も暑いです。

夏も終わりのこの季節は、夏バテにならないよう気をつけなければいけません。






そんなことを考えていたら、

急に気になり出しました。






「バテる」の語源。



「バテる」って漢字、見たことないけど、

どう書くの?

「果てる」かな?

「疲れ果てる」の「果てる」。






いや、ちょっと待てよ・・・・・・





「サボる」っていのうは、

語源はフランス語の「sabotage(サボタージュ)」。



「労働争議中の労働者が、機械や製品を壊して経営者に損をさせ

紛争の解決を迫る」てな意味があるそうです。






はは~ん、さては「バテる」もこっち系だな?

「バッテリー切れにになる」みたいな?

そんな仮説をたてて調べてみましたら・・・







「疲れ果てる」が語源だという説と

競馬用語で走っていた馬が疲れて脚がもつれることを「ばたばたになる」と言い、

それが縮まったという二つの説が出てきました。






え~っ、つまんな~い!

「バッテリー切れになる」の方が面白かったのに~っ!






P1160289ということで

この夏、バッテリー切れになる前に

ぜひ甘酒カフェ「ゆふ」に栄養満点のおいしい甘酒を充電しに来てくださ~い!

(※甘酒カフェ「ゆふ」は柴田屋酒店内にあります。詳しくはこちら→


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニャつバテに!

P8160728あ、こんな恰好でごめんニャ。

ご近所のアイドル猫「福ちゃん」だよ。






今日はちょっと涼しいから

久しぶりにセンセーのとこの酒屋さんにお手伝いに来たんニャ。





地面がひんやりして気持ちいいから

思わずゴロゴロしちゃったニャ。






で、ここからが本題ニャ。






今年の夏はホントに暑かったニャ~。

暑さが一段落するこれからの季節、気をつけなければいけないのが

「ニャつバテ」(注:夏バテのこと)。






みんニャ知ってる?

「ニャつバテ」予防には甘酒がいいんニャよ。

甘酒には身体が元気になる栄養がいっぱい入ってるんニャ。






P6070091_2センセーの酒屋さんの中には甘酒カフェ「ゆふ」っていう

甘酒が飲めるカフェがあって、

そこで飲めるセンセーの作る甘酒はおいしくて身体にいいんだニャ。






写真はこの時期おすすめの

「甘酒ヨーグルトシェイク」ニャよ!

爽やかなヨーグルトの酸味が

甘酒のおいしさを引き立ててるニャ。






その他にも本格甘酒のメニューがいろいろあるニャ。

みんな甘酒カフェ「ゆふ」で甘酒を飲んで

元気に秋をむかえようニャッ!






・・・っていう「甘酒カフェのPR」のお手伝いニャ。






でもニャ、実はここだけの話し、

センセーのところの甘酒がホントにおいしくて身体にいいのかどうかは

アタチにはわからないニャ。





だってぇ~、




前にも言ったと思うけど~、






P7210550猫は甘酒飲まないからニャ。






だから、

みんニャ、センセーのところの甘酒を飲んで

自分で確かめてみてニャ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせっかいな店

こんにちは。

昨日、甘酒カフェ「ゆふ」に来店されたお客様、

甘酒のかき氷「甘酒氷」にするか、

甘酒ヨーグルトシェイクにするか

随分迷っておられまして・・・






P7090425「どうしよう~。

ヨーグルトシェイクもおいしそうだけど、かき氷もいいな。

今朝はちょっとお腹がゆるかったけど、やっぱりかき氷にしよう!」






「ええっ!お腹がゆるいんだったらかき氷はやめたほうがよくないですか?」






「え~っ、でもかき氷おいしそう。ヨーグルトシェイクもすごくいいけど、かき氷にしようかな?」



「いやいや、だめですよ、おなかゆるいのにかき氷は。

ますます冷えるから。

まだこの先かき氷を食べる機会もあると思うし」



「そうですか~?

夕べエアコンの設定温度を低くしたら、ちょっとゆるくなって・・・。

でもかき氷食べたい~」







押し問答の末、

かき氷を思いとどまり

ヨーグルトシェイクをご注文いただきましたけれども・・・。





お客様のご要望に応えるのが良い店なのか、

お客様の健康を第一に考えるのが良い店なのか、

店側としてはこういう場合どうしたらいいのでしょうね?






P6070091とりあえず、「ヨーグルトシェイクもとってもおいしかった!」と喜んでいただけたのでよかったです。



ほんとうに毎日暑くて、冷たいものでも飲まないとやってられないですけど、

みなさん、冷やしすぎにはくれぐれもご注意を!






でも、甘酒氷もおいしので、

お腹の調子のいいときにぜひどうぞ!!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「甘酒氷」

こんにちは。

先日、テレビで「アイス総選挙2018」というのを見ておりました。

国民1万人が選ぶアイスランキングベスト30の発表です。






ワタクシが推していた「ジャイアントコーン」や「チョコモナカジャンボ」を2位と3位におさえて

堂々の第1位に輝いたのは・・・






「明治エッセルスーパーカップ・超バニラ」!!






いや~、驚きましたね~。

だってワタクシ、

「明治エッセルスーパーカップ・超バニラ」を食べたことがなかったんですもの!!






なんか~、すごい~、アウェー感?

っていうか疎外感?

2位の発表まであんなに盛り上がっていたのにぃ・・・。


今度、ぜひ買って食べてみたいと思います。







とうことで

いかん、いかん!

うちも負けていられない!


梅雨が明けたと思ったらいきなりこの暑さ。

冷たいスイーツの季節ですよ。

さあさあ、みなさん、涼みに来てください!






P7090425柴田屋酒店内にある本格甘酒の店、甘酒カフェ「ゆふ」に

今年も「甘酒氷」が登場しましたよ~!







「甘酒氷」・・・「あまざけごおり」と読んでください。

ふわっふわのかき氷に甘酒をかけて召し上がっていただく「甘酒のかき氷」です。






数種類ある酒粕の甘酒や麹の甘酒の中から

お好きな甘酒をお選びください。

どれも素朴でさっぱりとした甘さで、くせになるおいしさ。






P7090424甘酒は別容器からご自分でかけてお召し上がりいただきます。






期間限定で9月の中旬頃までの予定。

甘酒カフェ「ゆふ」に来ないと食べられません!

お食べ逃しのないように。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、あの季節か。

こんにちは。

今朝テレビで久しぶりに「八海山のあまさけ」のコマーシャルをみました。







昔は甘酒と言えば冬の飲み物でしたが

ここ数年で「夏になれば冷たい甘酒」というのが定着してきました。





あ、そっか。

そろそろ夏の甘酒の季節になるわけね。

柴田屋酒店の甘酒カフェ「ゆふ」も張り切らなければっ!






ということで、

今朝は張り切って甘酒の旗を外に出そうと思いましたら。






P6220303あらら?

いつもの場所に「ダイオウイカ」が・・・、

じゃなくて、たなばた飾りが!。






あ、そっか。

たなばたも近いから。

まちなか賑わいづくり実行委員会のたなばた飾りの設置も始まったんですね。






P6220304たなばたイベントは6月30日(土)に行われます。

(※詳しくは6月30日の新聞の折り込みチラシで。但し田原市内の一部のみ)



その会場で願い事の短冊を回収しますので

これに短冊が付くのはその後になりますが、

とりあえずたなばた飾りはこの時期にやってきます。






仕方ないので甘酒の旗は

ダイオウイカの向こう側にかけましが、






P6220310なんか、

こっちから見ると甘酒の旗がたなばた飾りと一体化している。





オ、オヌシ、

ダイオウイカの手先だったのかっー!(?)





ということで、

「たなばた」と言えば「冷たい甘酒」

「冷たい甘酒」といえば「たなばた」。






たなばたイベントの際は

ぜひ、柴田屋酒店内の甘酒カフェ「ゆふ」に

冷たい甘酒を飲みにいらしてくださ~い!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費者のニーズ

こんにちは。

ワタクシ、「甘酒カフェ」なるものを切り盛りしている手前

甘酒関連の商品を見かけるとどうしても買ってしまいます。






P5280100今回は森永の「甘酒サンドクッキー」。





森永の甘酒は酒粕と米麹をブレンドした甘酒。

その甘酒をクリームにしてクッキーでサンド。

酒粕入りだからコクがあるし

酒粕特有の華やかないい香りがします。






やっぱり酒粕よね~。






麹の甘酒ブームの昨今、

酒粕の甘酒は本当の甘酒でないかのような扱いをうけております。

でも、酒粕の甘酒だって

日本酒の歴史と共に現代まで受け継がれている立派な甘酒です。

(どちらが美味しと感じるかは個人の好みですけどね)



みんな、酒粕のおいしさやすばらしさを知らずに

麹の甘酒で満足しているなんて

お気の毒~。






森永の甘酒は、

多分この甘酒ブームが起こる前からあったと思うのですが

世間が麹の甘酒で盛り上がっていても

路線変更することはなく「酒粕入り」を守り続けています。







そうなのよ。

酒粕が入っていたほうがおいしいのよ。

森永さんはそれがわかっているのよ。

この辺が、我が甘酒カフェ「ゆふ」と繋がるものがあるのね。






ちなみに、

以前このブログで紹介した

「キットカット」の甘酒味も

「しるこサンド」の甘酒味も

どちらも酒粕の甘酒味でした。





P5280101多分ね、麹の甘酒だけでこういうの作ると

地味~な味になってしまって商品化できないと思うのね。

ねっ、ねっ?味を追求するとやっぱり酒粕なのよ!







消費者が求める商品を世に出すのは生産者の役割かもしれませんが

消費者が知らない美味しいものを世に出すのも生産者の役割。





酒粕の甘酒のおいしさ、

もっと拡がるといいな。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻の「甘夏甘酒」

こんにちは。

某酒蔵の奥様がいつも

「前に飲んだ柴田さんとこの甘夏の甘酒、おいしかったわ~!

ワタシ、酒粕は好きじゃなかったんだけど、アレをのんでから酒粕の甘酒が好きになったのよ」

と、おっしゃってくださいます。






いつも

「ありがとうございま~す!」

と、笑顔で御礼を申し上げるのですが

実は・・・、






「甘夏の甘酒」、ここ数年作っていないんです。

う~ん、なにかな~・・・・・・






柴田屋酒店内に併設されている

甘酒カフェ「ゆふ」では、

酒粕の甘酒のみ「かわり甘酒」というメニューがあります。






これは期間限定のメニューで

いろいろな味の甘酒がお楽しみいただけるというものです。






季節のフルーツを使ったものが多いのですが、

これがですね、結構出すタイミングが難しい。






イチゴなんかのハウス物は年末から今頃まで

比較的長い時期売られていますが

路地物のフルーツは収穫時期が短くて

ぼ~っとしているうちに「旬」が過ぎていくことがしばしばあるわけです。






ああ、そろそろ甘夏の季節ね~。

そろそろやらなきゃね~。

今週は忙しいから来週になったら準備しようかな~。

そうね、来週やろう、来週・・・






とか思っているうちに時期を逃すという

大変ありがちなパターンが数年続きまして

もうすっかり「幻のメニュー」になりつつありましたが・・・






P5110039やりましたーっ!

今年はついに復活!

「甘夏甘酒」、登場しております!






あのね、

ひさしぶりに飲んだら

おいしいわ、やっぱり。






甘夏のさっぱりとした酸味と渋みが

非常に甘酒とよく合います。

なんでやらなかったのかな?

(よく言うわ!)






あのね、甘夏って「夏」って字がついてるのに春のうちから出回って

夏になる頃にはなくなっちゃうでしょ?

これが、いつ出していいのかワタクシが迷う原因でないかと思われます。





夏になたったら出すべきか

夏を待たずして出すべきか?






まあ、うだうだ言わないで

甘夏が出たらすぐに作ればいいんですけどね。

来年も忘れずに作ろ。






あ、「甘夏甘酒」って

「甘」の字が二つついてて四文字熟語っぽくて

語呂もいいな~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全問正解

こんにちは。

夕べのテレビで「米麹の甘酒と酒粕の甘酒の違い」というのをやっていました。

職業柄、その手の番組はついつい見てしまうのであります。






まず、米麹の甘酒と酒粕の甘酒の作り方の違いなどをざっと説明してくれまして、

その後、甘酒の美容や健康の効果に関する問題が4問。

それぞれが米麹か酒粕のどちらの甘酒に期待できる効果なのかというのをあてるクイズです。






ワタクシ、こう見えても一応甘酒専門店、甘酒カフェ「ゆふ」の責任者。

「手作り甘酒」の看板を掲げ、甘酒でお金をいただいている「甘酒のプロ」であります。

甘酒カフェ「ゆふ」のメンツにかけて全問正解しなければっ!!






P4171073と、果敢に(?)チャレンジしましたら、

見事全問正解!!





っていうか、そんなに目新しい内容のクイズ問題でもなかったんですけどね。


あ、でも、

この手の内容で番組が成り立っているということは

まだまだ世の中には甘酒の良さを知らない人がいっぱいいるのね~。

まだまだワタクシのお知らせが足りないのかしら?






その後、甘酒の専門家の先生のお薦めの甘酒レシピが紹介されていましたが

どれも冷たい甘酒で紹介されていました。






そうね、そういう季節ね。

このところちょっと寒かったら温かい甘酒の方がよく出ていましたが

明日から暑くなるみたい。

うちの甘酒カフェでも冷たい甘酒の注文が増えてくるんだろうな。






ちなみに、甘酒カフェ「ゆふ」は本格甘酒の専門店。

米麹の甘酒も酒粕の甘酒もご用意しておりますし

冷たい甘酒も、温かい甘酒も年間通してお召し上がりいただけます。






P1160289暑くても甘酒、寒くても甘酒。

美容にも甘酒、健康にも甘酒。

甘酒って、いい飲み物ですね~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧