« めおこしの雨 | トップページ | どうしよう。 »

犬の耳

こんにちは。

先日、パスタ屋さんに行きまして

スパゲッティとピザを注文したのですが

食べきれないピザが一切れ残ってしまいました。






P3110648すると、それを見たお店の人が

「では、お持ち帰りの用意をさせていただきますね」と言って

一切れ残ったピザをアルミホイルで包んで紙の袋に入れて渡してくださいました。



前にも別のパスタ屋さんで

残したパンを同じように紙袋に入れて持たせてもらったことがあります。

食品ロスをなくそうとする外食産業全体の最近の流れなのでしょうか?






こういうお持ち帰り用の袋はアメリカなんかでは「doggy bag(ドギーバッグ)」という

カッコ良さげな名前が付いているそうで、

日本でも最近は「ドギーバッグ」という呼び名が広く用いられているようです。

直訳すると「犬の袋」?






「残った食べ物はもったいないから持ち帰って

うちのワンちゃんにあげるわ~」

という意味合いだとか。


でも、それはあくまでも建て前で、

もって帰って自分達で食べることが多いとか。

その辺は日本でもアメリカでも同じかもしれない、クックック・・・。






しかし、これにも諸説ありまして

持ち手の無い縦長の紙袋の場合

袋の上部の口を折りたたみます。

そしてそれが開いてこないようにさらに角を三角に折ると






おやおやっ?






P3120020ワンコのお耳みた~い!






というカワイイ説もあるそうですよ。






ま、今回のような場合、

ピザ一切れのために紙袋とアルミホイルを使うのもどうかと思ってしまい、

だったら「マイ・ドギーバッグ」を持ち歩けばいいじゃんって

自問自答しておりますが、

う~む・・・・・・。



ちなみに、

我が家にワンコはいないので

持って帰ったピザは翌朝ワタクシがおいしくいただきました~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« めおこしの雨 | トップページ | どうしよう。 »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬の耳:

« めおこしの雨 | トップページ | どうしよう。 »