« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

お紅茶

こんにちは。

昨日書きましたとおり、断捨離真っ最中のワタクシ。

冷蔵庫の中やら、食品の戸棚の中やらをゴソゴソしておりましたら

いただいた紅茶がたくさん出てきました。






紅茶は決して嫌いではないのですが、

あまり飲まないんですね。

コーヒーは好きなので好んで飲みますし

甘酒は成り行き上(?)飲みます。

そうこうしているうちに紅茶を飲む機会を失っているという状態。

人間、そうも次から次から飲み物を飲めるもんでもない。






じゃあ、この際だから3時のコーヒーはしばらくお休みして

3時に紅茶を飲もうじゃないかということになり

現在毎日紅茶を飲んでいます。






P1310495ここ数日飲んでいるのはバラエティパックの紅茶。

いろんな種類のティーバッグが一種類ずつ入っていまして

毎日違う味を楽しんでいます。





一日目は「バレー・オブ・キングス・セイロン・ペコー」。

「オレンジ・ペコー」のことかな?

ああ、おいしい。

紅茶の香りもいいものですね。

落ち着くわ~!






と、思った次の日は

「セイロン・スパイス・チャイ」。





ムムム・・・・・・。

チャイといえばミルクが入ってて甘いアレだと思っていたのですが

これはちょっと違いました。

ハーブが入っていて漢方薬っぽい味。

良薬口に苦し。

きっと身体にはいいのだろう(?)。






三日目は、「フレグラント・ジャスミン・グリーンティー」。

って、紅茶じゃなくて日本茶や~ん!!

あ、「紅茶」とは書いてなかった「TEA」だから。

これも悪くはないです。





今日は「ローズ・フレンチバニラ」。

なるほど、甘いバニラの香りで「おフランスな感じ」です。






結局、





今のところ普通の紅茶とはまだ出会えてない気がするけど、

何事も経験とうことで・・・(?)






ところで、ティーカップっていうのはあれだそうですね。

カップの持ち手の部分に指を通しちゃいけないんだそうですね。

持ち手を指先で挟んで持つんですってね。







そういわれれば、イギリスの上流階級の貴婦人の「アフタヌーンティー」なんていうと

テーカップを指先で上品につまんで持ち上げている絵が浮かびますね。

まねしてやってみると結構力がいります。

お上品に見えるけど、貴婦人はみんな力持ちなんだな~。








P1310496ん?

あ、わかった。

ワタクシは分厚いマグカップで飲んでるから重いんだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日捨てる

P1300489こんにちは。

毎年年頭に誓うのです。

「今年こそ断捨離をするぞっ!!」






で、大体一週間もすると忘れます。





でも、今年はちょっと違います。

ちょっといいことを思いつきました。




「ちょっとずつ捨てる」






大々的に断捨離しようとするからいけないのです。

大掛かりになるとそれなりの時間も労力もかかる。

なかなかそんな時間もとれない。





「時間のある時にしよう」

「そのうちしよう」

「いつかしよう」

「できたらしよう」






これがいけないのだと気付いたのです。






「とりあえず目に付いた不要な物はすぐ捨てる」

「一日一個は必ず捨てる」






これなら時間はそんなにかからないのです。






食器棚だって冷蔵庫だって洋服ダンスだって洗面台の扉だって、

開けてみるとあるんですよ、

捨てられそうなものが必ず一個は。

「あ、これ、もう10年も使わずにここに入ってる」

みたいなのがわんさかあります。

我が家の場合は、ですが。






で、これを毎日続ければ、一年で最低でも365個。

なにも捨てずに一年過ごすよりもずっといいです。






どんなに小さなものでもいいので捨てます。

これを習慣づければいいわけです。

「捨てる習慣」。






目に見える変化はまだそんなにないけれど

捨てることに慣れてくればもっと大胆にいろんな不要なものが捨てられるようになるのではと期待しています。





物を持たないコンパクトな生活に憧れるのです。

そうなれば、掃除も探し物も楽になる。

時間の無駄もなくなるのです!!






あ、そんなことを言いながら

今日はまだ何も捨てていなかった。

いけない、いけない。

家に帰ったら忘れずに捨てよ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈る言葉

こんにちは。

先日、職場で退職される方の送別会があって

そこでお酒を贈りたいということで

来店されたお客様がありました。






P1180440_2好きな写真や文字が入れられるオリジナルラベルの日本酒をおすすめしまして

3本のうちの1本が「大好き ◯◯さん」の文字の入ったオリジナルラベル。

(写真中央)

おおっ!

これはもらった方は

かなり喜ばれるのではないですか?






こういうラフな感じの送別会なら

箱につける「のし」も一般的な「退職御祝い」とか「御餞別」でなくてもいいのでは?

ということでご提案させていただいて





P1180442「おつかれさまでした」の文字。

こちらはさらにゆるい感じでワタクシの「手書き」。






こういうのは作っているこちらも楽しいです。

ぶっちゃけ、ノリノリです。






後日、ご注文主の方がわざわざお電話をくださいまして

「あのお酒を見て、みんなすっごく盛り上がりました。

ありがとうございました!」と

御礼のお言葉をいただきました。






こちらは仕事でお金を頂戴しておりますし、

さらに楽しくてやらしていただいているので

わざわざ御礼の言葉などいただくのも大変恐縮ですが

そんなに喜んでくださったのだということがわかってうれしかったです。






このオリジナルラベルは柴田屋酒店で制作しておりまして

あまりクオリティーを期待しないでいただきたいのですが

それでもよければご注文は承ります。






オリジナルラベルにできるお酒は

1000円~2000円(税別)程度のお酒が数種類あって

ご予算やお好みによってその中からお選びいだたけます。

ラベル代は別途100円(税別)いただきます。

商品によっては箱代がかかるものもございます。






ラベルの制作にはそんなに時間はかかりませんが

急なご注文には対応できない場合もありますので

前日までにご注文いただけると幸いです。






これから春になると転勤やら退職やらの送別会の機会も増えると思います。

記念の品には「盛り上がることまちがいなし?」の

オリジナルラベルの日本酒をぜひどうぞ!

(地方発送も承ります)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単!カブのサラダ

こんにちは。

最近カブ(蕪)をよくいただきます。






たまに買うこともありますが

そういうときは大体厚揚げと煮ることが多いです。






P1260477たくさんいただいたので新しいメニューにもチャレンジしようと調べまして

「カブとツナのサラダ」というのを作ってみました。





作り方は例によって簡単です。





カブは皮をむいてスライスします。

塩をふって少し置き、しんなりしたら水気を切って

ツナ缶とマヨネーズであえるだけ。






塩をふってしんなりした生のカブの

「とろっと」&「にゅるっと」した食感がなんともいえない。

塩をふっただけでも十分おいしいので、

その段階でつまみ食いして若干量が減ります。



でも、ワタクシはツナも大好きだから

ツナとカブは最強の組み合わせ。

ハマっております。

毎日でも食べたいです。






ところで、

「蕪」という字は「草かんむり」に「無」。

一体何が「無い」のというでしょうか?

こんなにおいしいのに・・・?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃色の理由

P1260475こんにちは。

去年はブログで宣伝しようとはりきって写真を撮ったのに

ブログ記事を書く前に完売してしまって

ただの写真の公開になってしまった

「女神のほほえみ 桃色活性にごり酒」が


今年も入荷しました。






まだあります。

今ならあります。(1月26日5時現在)






ということで、今日はゆっくりと説明しよう。






まず、原料米が「女神のほほえみ」。

最近話題の豊橋産のブランド米です。






これを豊橋の酒蔵、伊勢屋商店さんがお酒にしております。






「活性にごり酒」というのはまだ発酵途中のお酒の上澄みをすくい取ったものです。

アルコール発酵中に発生する二酸化炭素が残っているので微発泡。

少しシュワシュワします。






そして、なんともかわいいピンク色。

これは、着色料が入っているわけでも

イチゴが入っているわけでもなく、

ピンクに色づく酵母が使われているからなんですって!






P1260476すごいですね。

そんなかわいいことをしてくれる酵母があることにびっくりです。

なぜ桃色なの?

緑色になる酵母とか黄色になる酵母はあるのでしょうか?






お味の方は、日本酒度が-50度なのでかなり甘いと思われます。

(ワタクシも飲んだことがないので推測です)






ひなまつりに(大人が)飲むのにいいから

もうちょっと後にご紹介したかったのですが

数量限定の商品です。

それまで残っているかどうかわかりませんので早めにご紹介します。

300ml、1500円(税別)です。





ひなまつりに飲もうと思っている方も、

お買い求めはお早めにどうぞ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しなびたミカンは・・・

こんにちは。

冬の果物の代名詞とも言えるミカン。

「温州みかん」っていうんですか?

いわゆる普通の日本のミカン。

年を越すとだんだんと味が落ちてきますが・・・






P1230459しなびたミカン。

皮がゴツゴツで光沢もなく

「あ~あ~・・・」って感じにしなびたミカン。





これが、意外においしかったりする。

それを楽しめるのは年を越したこの時期です。






水分が抜けた分、甘さが凝縮されるということでしょうか?

野菜なんかでも天日に干すとおいしくなるといいますが、

そんな感じでしょうか?



ミカンを長期間放置すると

腐る場合としなびる場合があります。

しなびさせようとしてしなびてくれるものでもないので

上手にしなびてくれたのは貴重です。

上の写真のミカンもおいしかったです。






最近はミカンの国内での消費量が減っているそうですね。

でも、海外では人気が出てきているのだとか。

そうえいばうちにホームステイに来た外国人の女の子の中でも

「日本のミカンはおいしい!」と言っていた子が何人もいました。








リンゴやメロンは切ったり皮をむいたりして出さなきゃいけないし

切らなくても、皮をむかなくてもいいイチゴだって

洗って器にのせて出さなきゃいけないけど

ミカンはそれぞれ勝手に食べてくれるので

主婦にとっても好都合な果物です。






日本人よ、ミカンに帰れ!!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連続記録

P1240462_2こんにちは。

今年も豊橋の伊勢屋商店さんの「酒蔵開放」があります。






「公楽」や純米大吟醸「酛々」(もともと)でお馴染みの

伊勢屋さんの酒蔵見学会です。






写真が白黒で昭和チックですが

なんとこちらも「平成最後」です!






日時は平成31年2月17日(日)の午前10時から正午まで。

入場料は大人の方はお一人300円(税込)で、

お一人に一個、「公楽特製きき猪口」が付きます。

このお猪口でいろいろとお酒の試飲をしていただけます。

子供さんは無料です。きき猪口は付きません。







この前、甘酒カフェ「ゆふ」に初めて甘酒を飲みに来てくださったお客様に

この酒蔵見学のご案内をしましたら

「はい、知ってます。ここ5、6年は毎年行ってます」

とのこと。



はぁ~っ!そんなに来てくださっている方もあるんだ~!







「ワタクシは毎年あそこに振る舞いの甘酒を作りに行ってるんですよ」

と申し上げると

「あら!どおりでどこかでお見かけした顔だと思った」。






この酒蔵見学会も今回で第16回。

ありがたいことに年々入場者数も増えてきております。

そっか、5回や6回、いや10回以上来てくださっている方もいらっしゃるんでしょうね。






第1回のことは思い出せないんだけど

ワタクシってそのときから甘酒作ってたのかな?

その頃はまだ甘酒カフェはやっていなかったけれど、

やっぱり甘酒は作っていたのかな?






思い出せないほど遠い昔のことなのか

それが思い出せないほどワタクシの記憶力が衰えてきているのか・・・?






とにかく、今年も無心で甘酒を作ります!

どうぞみなさんお誘い合わせの上お越しください。






写真が白黒のコピーで申し訳ありません。

こちらのはカラーできれいです→★

お問い合わせは、愛知県小売酒販青年連合会

TEL:0532-46-4086(午前9時~午後5時、土日祝日休み)。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疑似体験

こんにちは。

この季節になると、スーパーのお菓子売り場にはたくさんのイチゴ味のスイーツが登場します。

寒い日が続いていますが、

そういうのを見ると春の訪れ、感じちゃいます。






P1210457「あまおう」というのに惹かれて買った

森永の「あまおう苺ケーキ」。






「あまおう」といえば高級品種ですよ、イチゴの。

早速食べてみました。






あまおうのクリームがスポンジケーキでサンドされて

さらにチョコレートでコーティング。

おいしくないわけがないじゃないですか!?


やぱり違いますね、イチゴの味が。

ただのイチゴのクリームとは違います。

上品な酸味と甘さ。

おいしいわ、これは。






でもね、

これが「あまおう」の味かと聞かれると

ワタクシはなんとも答えられません。





なぜなら、






ワタクシはイチゴの「あまおう」を食べたことないから。

ははは・・・・・・。

たまに見かけるけど、いいお値段なもので。




よ~し、今年の春はがんばって

本物の「あまおう」も食べるぞーっ!





ここで一句。

< 森永に 「あまおう」の味 教えられ >


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の共演

こんにちは。

東海テレビの「ニュースOne」の「ふるさとーク!」のコーナーのセットに

柴田屋酒店が企画販売する

田原の銘酒・純米大吟醸「優」の瓶を

こっそり(?)置いてもらっているというお話しを以前に書きました






年末に入ってセットの中に「優」の瓶が見当たらなくなりまして

「ああ、やっぱりそんなに長くは飾ってもらえないよね。

でも、少しの期間でも置いてもらえてうれしかった~!」

とワタクシなりに納得していたのですが、






P1090406_2先日また「ふるさとーク!」を見たら

以前と同じ場所に復活しておりました。





ありがとうございま~す!

何かの陰に隠れて見えていなかっただけだったのね。

またひょっこり顔を出しました。






和風のセットなので日本酒の瓶は合いますね。

もう、スタジオの小道具と認識されているのでしょうか?

ええ、ドンドン使っていただいて結構ですよ~。






そんなことを喜んでおりましたら、先週だったでしょうか?

「ふるさとーク」の始まるちょっと前にテレビをつけましたら

先日現役引退を発表したばかりの女子レスリングの吉田沙保里さんがスタジオで生出演。

インタビューの真っ最中でした。







あれ?今日は「ふるさとーク」はやらないのかな?

と思っていましたらコーナーはいつもの時間にちゃんと始まったのですが

この日は特別に吉田さんとアナウンサーの上山さん、新レギュラーの村上佳菜子ちゃんの

三人の女子トークのコーナーになっていました。





でも、セットはいつもの「ふるさとークのセット」。







ということはですね・・・・・・







P1140433やったー!!

あの吉田沙保里さん、村上佳菜子ちゃんと

うちの純米大吟醸「優」の瓶が一緒にテレビに出てる~!






慌てて写しましたとも。

あの「優」の瓶が

ふるさとを離れ名古屋のこんな華々しい場所で活躍させてもらっているとは

なんと光栄なことでしょう。






さあ、次はどんなゲストと共演できるかな?

空瓶1本で、まだまだ楽しめそうです。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そう簡単には~ディズニー旅日記2019冬・その⑬

こんにちは。

足掛け3週間にわたってお送りしているディズニー旅日記。

ゴールは近い・・・かな?






この日は世間は始業式だったり仕事初めだったりするので

空いているだろうと思って行ったのですが

朝のオープン時は空いていたけれど

午後になると徐々に人出は増えてきた感じ。

でも、十分にたくさんのアトラクションやショーを楽しむことができました。






パーク内にあるイタリアンのお店「リストランテ・ディ・カナレット」は人気のお店。

前回、前々回と夕食の予約がすでにいっぱいで取れなかったのですが

今回は早めに予約しておいてよかった。



P1070387ここはパスタもおいしいし、

デザートのデコレーションがいつもおしゃれでステキなんです。

35周年記念メニューをおいしくいただきました。





そうこうするうちに

もう帰りの時間か迫ってきました。





ホテルで荷物を受け取らないといけないので

メディテレーニアンハーバーでの夜のショー「ファンタズミック」を横目に見ながら

パークを後にしました。






でも、そんなに待たずに荷物を受けとれたのでまだちょっと時間には余裕があります。



「そうだ、たまにはホテルの玄関で写真を撮ろう」

ホテルの方にシャッターを押してもらって記念撮影。



でも、新幹線の時間にはまだ早い。

せっかく遠くから来て、そう簡単には帰っちゃおもしろくないでしょ?






P1060276「じゃ、ディズニーリゾートライン(モノレール)で一周しようか?」

35周年のお祝いムードがムンムンのリゾートラインに乗り込みまして

ディズニーリゾートをぐるり一周。







「あ、花火の時間。

ここからならよく見えるかも!」






期待しましたが、

車両の窓枠の陰になったり建物の陰になったりして

あまりよく見えなかった。

昨日のイクスピアリの方がきれいに見えました。

次回はあそこで見よう。






JR舞浜駅のホームで流れるメロディーは35周年のテーマ曲でした。






どこまでも付いてくるな~。

ああ、名残惜しい・・・。






あまりに名残惜しくて

帰ってきてからもこうやって13回も記事を書いてしまいました。

ふふっ、これはこれでワタクシは楽しいです。

「一粒で二度おいしい」みたいな?





ということで、

ディズニー旅日記に長々とお付き合いいただいた方、

ありがとうございました!

一旦終わります。(!?)

<おしまい>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメ止め~ディズニー旅日記2019冬・その⑫

こんにちは。

あれから二週間が過ぎようとしている・・・。

二週間前に行ったディズニーの旅ですが

昨日のことのように思い出されるので

今日も書きますよ~。






やっぱりこの日(1月7日)は空いていまして

一部の人気アトラクションを除けば

どこのアトラクションもそんなに待たずに入れました。






でも、人気の「ビッグバンドビート」の鑑賞券の抽選はまたもやはずれてしまった。

空いてるから今日は見られるかと思ったのに。






P1070381でも、今回一番楽しみにしていたのは

ドッグサイドステージで新しく始まったショー「ハロー、ニューヨーク!」。

ショーが始まる直前にタイミングよく座れました。





タイミング良すぎて

いつもはホットワインを買ってきて飲みながら始まりを待つのですが

その時間がなくてホットワインを飲みそこねました。






P1070364やっぱり歌って踊るミッキーは最高!

カメラのシャッターを押しまくるワタクシです。







でも、こういう時って

必ず前の席に座高の高い人が座るんですよね。

自分も決して低い方ではないと思うのですが・・・。






そして、必ず客席にキャラクター達がおりてきてくれるのもここのショーのお楽しみのひとつ。






近くで見るミッキーは

P1070372頭、でかっ!






でも、近くで見るとさらにカワイイ~!!






至近距離のミッキーを肉眼で見たい気持ちと同時に

このチャンスをカメラに収めたい気持ちが交錯して

心が揺れるんでしょうね。






P1070374_3大抵、ピント定まらず。






でも、大丈夫。

ワタクシの心のカメラでは

ちゃんとシャッターを押して

脳裏に焼き付けましたから。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船乗り~ディズニー旅日記2019冬・その⑪

こんにちは。

随分長く続いているこの旅日記ですが

実は一泊二日の旅なんです。

で、今日も舞台は二日目のディズニーシーです。






P1070292お正月のイベントはすっかり終了していましたが、

この日は1月7日でぎりぎり「松の内」だったので

一応お正月の門松がありました。

これが唯一お正月っぽいものだったかな?






朝はダッシュで人気のアトラクションを2、3コ済ませるんですが、

それが済むとほっとしちゃうんですかね。

まったりしたくなる。

そうするとどうしても乗ってしまうのが

「ベネツィアン・ゴンドラ」。

昨日、隅田川で船に乗ったばかりなのに・・・。






P1070299この日は「ゴンドリエ」が二人ともお姉さんでした。

最近はこういう力仕事の現場にも女性が進出しいて非常にたのもしいです。






あ~、真っ青な空。

すてきな眺め。






その後は、メディテレーニアン・バーバーで35周年のお祝いのショー。

一つの船にミッキーと仲間達が乗ってごあいさつに来てくれます。

10分くらいのちょこっとしたショーです。







P1070332お昼のメインのショーはこの日はお休みで残念だったけど

ミッキ~~~~~!

あけおめ~!!(←死語?)

新年早々、ミッキーに会えてうれしいよ。

お陰で、今年はステキな一年になりそう!







ミッキーに会って一気にテンションが上がりましたが

そうこうしているうちにお昼になりまして

ディズニーシーのお昼といえば

ワタクシ達は「カスバフードコート」でカレーを食べるのが恒例となっており

アラビアンコーストに向かいました。






で、せっかくここまで来たんだから

先に「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」済ませとく?

ということで、またまた上船。






P1070342「人生~は冒険さ 地図はな~いけ~れ~ど~・・・」

感動の名曲とともに世界を旅してきました。






毎年同じことやってると笑われるかもしれませんが

いいんです。

「原点回帰」なんです。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝練~ディズニー旅日記2019冬・その⑩

こんにちは。

ディズニー旅日記2019冬。

物語の舞台はついに「夢の国」に。






P1070278ディズニーシーの朝。

一年で最も日の出時刻の遅い時期ではありますが

東にある分、田原より日の出は早いですね。





よっしゃ~!

今日はお天気が良さそうです。






P1070279朝食を摂るためにホテルのレストランに向かう途中で渡り廊下からパーク内が見えます。

すぐ下の売店のショーウインドウは

開園前のこの時間にお正月のディスプレイから

もうすぐはじまる新しいイベント、「ピクサー・プレイタイム」への入れ換え作業中。





ブルーシートや赤ヘルのスタッフという

普段は見られないディズニーの舞台裏が見られるわけですね。






そう。

「空いているだろう」という理由だけで

数ヶ月前にこの日の予約を入れたわけですが

ここまでは読んでいなかった・・・。





空いてるこの時期はイベントの入れ換え時期でもあって

この日はメインのイベントはなし。

ちょっと寂しい。





でもね、






レストランで朝食を食べていたら

外のステージで1月11日から始まるショーのリハーサルが始まりました。






P1070286_2わ~い!「トイ・ストーリー」のキャラクターが勢ぞろいだ~!


実はこのショーは去年来たときに見たのですが

お客さんが入っていなくても

こんなに朝早くても

テンションはその時と同じ。

フル装備&全力投球で

ホテルの宿泊客にもちゃんと手を振るサービスは忘れませんよ。





少しだけでしたが

見られないと思っていたショーやキャラクターが見られたので

すっごく得した気分。

幸先の良い一日の始まりとなりました。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンボ餃子~ディズニー旅日記2019冬・その⑨

こんにちは。

いつまでつづくのか、

そしていつになったらディズニーにたどり着くのか?

昨日の続きのディズニー旅日記・第9話です。






食べ物に関してはあまり下調べはしていなくて

夕方は早めに舞浜に入ってイクスピアリで食事をするつもりだったのですが

せっかく姪っ子と会ったので「晩御飯も一緒にどう」?

ということになりまして

東京スカイツリー行きのバスに乗りました。






スカイツリーには登らないけどソラマチでちょっとブラブラしながらおいしそうな物を探しました。

みんなおいしそうで何がいいかわかりませんでしたが

まだ午後6時頃だというのに行列ができている「銀座天龍」という中華料理屋さんを見つけまして

これはおいしいに違いない!!

ということでそこへ入店。






P1060258普通の2倍の大きさの餃子が人気のお店のようです。

ニラもニンニクも入っていないんですって。

へ~、へ~っ。





出てきた餃子の大きさにびっくり!

確かに餃子を二つ並べたくらいの大きさ。





ニラもニンニクも入ってない餃子なんて

気の抜けたコーラみたいじゃない?

と思っていましたが

シンプルな中にもお肉のおいしさが楽しめて

なかなかおいしかったです。






P1060257でも、ラーメンもあったのでワタクシは餃子は二つでギブ。

他をひかえてもっと餃子を食べればよかったと後悔しました。

でも、ラーメンはラーメンでおいしかったです。






その後、どこに行くかも知らずに結局一日ワタクシ達に付いてきた姪っ子とはここで別れ、

ワタクシ達は今夜の宿泊場所の舞浜に移動。





ホテルにチェックインする前にイクスピアリに寄りまして

「舞浜地ビール」を一杯ひっかけました。






ほろ酔い気分でイクスピアリを出ようとしたその時・・・






「パーーーン!パパーーーン!」





発砲事件ではありませんよ~。

ちょうどディズニーリゾートの花火が上がる時間でした。





「あっ!花火、花火だっ!!」

外に駆け出し空を見上げると・・・






P1060274おおっ、ナイス・ビューイング~!

来たね~、舞浜、ディズニーリゾート。

花火でお出迎えしてもらえるとはなんとラッキーな!




と言うことで、お待たせしました。

やっとディズニーリゾートにたどり着けました!

長かったな~。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考える人~ディズニー旅日記2019冬・その⑧

こんにちは。

今日も「ディズニー旅日記2019冬」は

昨日の続きの上野です。






P1060247シャンシャンのお尻と感激の(?)初対面を済ませ

お猿さんやらホッキョクグマさんやらを少し見て

動物園を後にしました。






急に呼び出され、どこに行くのか知らずに付いてきた姪っ子は

適当なところで帰るかと思っていたら

帰るタイミングを逃したのか

好きで付いてきてるのかわかりませんが

ずっと付いてきています。






夕方になりましたが、夕食にはまだ早い。

せっかく上野に来たのだから建物だけでも見てみたいというワタクシの希望で

「国立西洋美術館」に向かいました。

確か世界文化遺産になったんだよね?






行ってみると建物もさることながら

それ以外にもアーティスティックなものがありまして

芸術の香りがぷんぷん!?






P1060254ル・コルビュジエという舌を噛みそうな名前の建築家がデザインしたということで

世界遺産に登録されたそうですが

なぜか敷地内には「考える人」を始めロダンの作品が何点かありました。







ル・コルビュジエさんはロダンの作品が好きだったのかな?








P1060252こちらはロダンの「地獄の門」。

よく見ると上の方にちっちゃい「考える人」がくっついていました。

ロダンはよっぽどこの「考える人」が気に入ってたんでしょうか?

でも、「考える人」って一体何をそんなに考えてるんでしょうね~?






う~む・・・・・・





って、今のワタクシは”「考える人」について考える人”?

または「考えさせられてる人」?





P1060253ってことは

「考える人」は人に「考えさせる人」ってことか~!





わかったような、わかっていないようなことで

勝手に納得しているワタクシは・・・






普段からあまり深く物事を「考えない人」?

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生シャンシャン~ディズニー旅日記2019冬・その⑥

P1060229こんにちは。

先週から続いています「ディズニー旅日記」。

週が変わってもまだディズニーには行きません。

東京・上野動物園でパンダ舎観覧の列に並んでおります。





(写真は並んでいる途中で塀越しに見えた

多分「リーリー」と思われるパンダ)






意外に子供が少なかったですね、

パンダ舎に並ぶ列には。

冬休み最後の日だったのでもうみんなあまり出かけないのかな?



そして、

意外に「お一人様」が多かった。

大きなカメラを持った人や

パンダグッズを身に付けた人。

みんな「何度もここに足を運んでます」って感じの人です。



マニアがいるんですね、ここにも。

ディズニーのパークでも最近はお一人様の来園者はよくみかけますが、ディズニーだけの現象じゃないんだ~。






そんなことも観察しながらなんだかんだ4、50分が過ぎ、

いよいよパンダ舎の入り口に近づいてきました。






今年に入ってから昨日まで

入り口を入った最初の屋外の部屋にシャンシャンはいました。

(↑上野動物園のパンダライブカメラで確認)

だから多分、今日もそこ。

あの角を曲がればシャンシャンに会えるんだ!






シャンシャン、何してるかな~?






列の先頭の人達たちはパンダ舎の建物に入る手前からカメラを構えています。

もうあそこからシャンシャンが見えるんだ!






ゆるゆると列は進み、ワタクシ達もパンダ舎の入り口へ・・・。






おお~~~~~っ!

シャンシャ~~~~~ン






・・・・・・か?

あの大きさは、多分。






P1060233シャンシャン、

木の上でまん丸になって

爆睡中。

しかもむこう向き。

微動だにしません。






こういう時、いつも思うんですね。

「ワタクシって、やっぱり持ってないな」



でも、かわいいぞ、丸いお尻が。

背中にしわまで作って一生懸命寝ております。

起こしちゃダメよ。

静かに、静かに!







P1060237_2列の流れにあわせて進みながら

何枚かの写真を写しましたが

どの角度もすべて背中でした。







あ~、よかった、よかった。

あんなに爆睡するほど今日も元気に遊んだんだね。

シャンシャンが元気でよかった!

実物大のシャンシャンが肉眼で確認できてよかった!





ま、期待通りではなかったけれど

予想通りではありましたね。







パンダ舎の出口近くの二つの屋外の運動場にはそれぞれ

お母さんのシンシンと

お父さんのリーリーがおりました。







P1060243こちらは二頭とも起きていて

シンシンお母さんは

「ごめんなさいね~、うちの子、愛想がなくって・・・」

って感じでこっちまで挨拶に出てきてくれました。






いえいえ、いいのよ、

シャンシャンのお尻も可愛かったから。

子育てご苦労様だったね。

元気に育ってよかったね。






いつもライブカメラで見ているよりもパンダ舎の中は狭く感じられ

思っていたより近くでパンダが見られました。



顔は見られなかったけれど

シャンシャンの寝姿からは

その空間に流れるほっこりとした優しい雰囲気を感じることができました。

やっぱりパンダはかわいいな~。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざわつく~ディズニー旅日記2019冬・その⑤

こんにちは。

「ディズニー旅日記なのに、ちっともディズニーが出てこんやないか~い!」

とお思いのアナタ、

大丈夫ですよ、そのうち出てきます。






そんなひんしゅくを買いながら連載中の第5話。

今日も舞台は第一日目の上野です。






ムンク展の会場はやはり混雑していて

中に入るとそのうちに夫とも姪っ子とも離れてしまいまして

どちらも行方知れず。






ま、いいですよね、こういうのも。

自分のペースで見られるから。






「ムンクだけでも見られてよかったな~。

こんなの一生に一度しか見られないかもしれないからな~」






それなりに上野に来た甲斐が会ったと満足しながら会場から出ると

夫はもう出口の外におりまして

「シャンシャンの待ち時間40分だよ」。






えっ!それチャンスじゃ~ん!!

すぐ行こう、すぐ!






なかなか出てこない姪っ子を

メールやワンギリやらでせっついて呼び出し、

上野動物園にダッシュ!






パンダの待ち時間は50分になっていましたが

もうこうなったら行くっきゃないでしょ~。






ゲートをくぐるとすぐにパンダ舎があり

列の最後尾に並びました。







P1060231_2やったーーーっ!

シャンシャンに会えるんだ~!





パンダ舎の塀に沿って並んでいると

その向こうにある何本かの木立の上部が見えました。






あ!この向こうはもうパンダ舎の運動場?

リーリーがいる辺りかな?





いつも上野動物園のパンダライブカメラを見ているワタクシは

パンダ舎の見取り図も頭にインプットされているのであった。





そしてよく見ると・・・



白くてモフモフのものがその枝の間でうごめいていた。







「あれ?パンダじゃない?」






P1060228少し角度が変わると

白と黒のモフモフが現れました。





「あ、パンダ、木に登ってる!ほらあそこ、あそこっ!」






なかなか気付かない姪っ子に

パンダを指差して教えていましたら

その声にワタクシ達の前後にならんでいた人も気付きまして





「あ、パンダ!」「ほんとだ、パンダだ!」





ざわつきましたね~。






すぐうしろの親子連れなんて

パンダをバックに記念撮影して大感激。

超盛り上がっておりましたよ。






よかったねっ、ワタクシのお陰で。






ああ、パンダ・・・。

二十数年ぶり二度目の生パンダ。

シャンシャンでなくてもやっぱりパンダはかわいいな~。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叫び~ディズニー旅日記2019冬・その④

こんにちは。

まだまだ続いております「ディズニー旅日記2019冬」、

一日目の「東京ぶらり旅」の途中です。

昨日の続きです。






上野精養軒でのランチはハヤシソースのオムライスを食べました。






P1060214タマゴはとろとろのふわっふわ。

チキンライスはバターの香りたっぷり。

ハヤシソースにはお肉がゴロゴロの

満足の味でした。






食事の後はいざ出陣!






公園内をぶらぶらしながら

とりあえず今いる場所から一番近い美術館

上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」に向かいました。







P1060222途中、上野動物園の入場ゲート前を通過。

パンダ観覧の待ち時間はこの時「60分」。





うう・・・、微妙な待ち時間。

一時間はちょっときつい。

これからさらに長くなるのかな?

仕方ないのでシャンシャンの看板の写真だけでも写しておこう。





で、上野の森美術館に到着したのですが、






いや~、驚きましたね~。

この日一番のびっくりでした。






フェルメール展の入場チケットの当日券が

なんと、

「2700円」






普通、こういう絵画展の入場料って1000円台じゃないですか?

2700円は破格だ~。






「じゃ、やめよっか?」

あっさりと諦め東京都美術館の「ムンク展」に向かいました。






よかった~。

こっちは1600円。

適正価格だ。

そんなに並ばずに入れそうだし。






館内はやっぱりそれなりに混んでいました。

有名な「叫び」の前には黒山の人だかり。






でも、この「叫び」の前だけは人の流れに乗って歩きながら見るコースの外側に

作品からちょっと離れるものの

立ち止まって見られるコーナーが設けてありまして

ワタクシはそこではゆっくりと鑑賞することができました。






P1060224ちなみに、

あの絵の中央にいる宇宙人みたいな人物は

何かを叫んでいるわけではなくて

「自然を貫く果てしない叫び」におののいて耳を塞いでいるところだそうです。





ちなみに、

この日のワタクシの一番の「叫び」は、



「2700円!!?」でした。






「フェルメール展」は激混みかもしれないと半ば諦めていたけれど

それ以外の理由で諦めるという意外な展開。

でも、「ムンク展」は見られたからよかった。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のチャンス~ディズニー旅日記2019冬・その③

こんにちは。

「ディズニー旅日記」と言いながら、

すみません、まだディズニーには着いていません。

その前の日のお話し。

昨日の続き。

着いたのは東京・上野です。






さて、なぜ上野に来たのか?



「シャンシャン」を見たかったからですよ~。

去年は抽選にもれて見られませんでしたが

今は抽選はなくなって並べば見られるというではないですか。






シャンシャンも2歳くらいになったら中国に連れて行かれちゃうっていうから

見られるのは今回が多分最後のチャンス。

東京に行ったら絶対シャンシャンを見ようと

ワタクシは半年前から決めていたのです。






ところが、






この旅行がいよいよ年明けに迫ってきた昨年末のこと

現在のシャンシャン観覧の待ち時間ってどれくらいなんだろう?

と上野動物園のホームページで調べてみましたら






な、なにーっ!?

「120分」とか「180分」とか書いてあるじゃないですか?






えーーーっ!

みんな2時間も3時間も並んでシャンシャンを見てるの?

そんなに並んでも見られるのはほんの1、2分だし。

その時、シャンシャンはあっち向いて寝てるかもしれないのよ!

ワタクシはディズニーランドでも1時間上は並ばない人なのよ!






う~む・・・・・・・・・

ちょっと、そこまでのガッツはないな。

翌日のために体力は温存しておきたいし。






泣く泣くシャンシャンは諦めまして、

じゃあ、どこに行こうと考えたのですが

楽しみにしていたシャンシャンとのご対面の夢が破れ

心にポッカリと穴が空きました。






「それ以外でどこって言われてもね~・・・」






未練がましく上野公園辺りの地図を眺めておりましたら

上野って美術館がたくさんあるのね。






そういえば、

今、上野で「ムンク展」をやっているとテレビで言っていました。

あの有名な「叫び」が見られるっていうじゃないですか?

これも一生に一度見られるかどうかっていうチャンスじゃな~い?






でも、ムンク、

混んでいそうだな。





な~んて思っていたら

上野で「フェルメール展」もやっている?

いいな~、フェルメール。ステキじゃな~い!

でも、これまた大人気?






東京の美術館ってなんだか混んでいそうなんだけど、

やぱり並ばなきゃ入れないのかな?





う~む・・・・・・






すると、

「ルーベンス展」も上野で開催中との情報をゲット!

ルーベンスって「フランダースの犬」の最終回で

ネロとパトラッシュが見上げていた教会の絵を描いた画家。






おお~っ、こっちも大物。

これでもいいな~!






これだけ上野に大物が揃っているのだから

それなりに人は散らばっていて

行けばどこかには入れるのじゃないかということで

行き先を上野に決定しました。






この時点で上野での訪問先希望順位は

1位、シャンシャン(←大物?)

2位、ムンク

3位、フェルメール

4位、ルーベンス






一応シャンシャンの夢も諦めてはいないのだ。

でもまあ、あまり欲張らずルーベンスが見られれば御の字か・・・。







P1060216とりあえずその前に腹ごしらえです。

有名な「上野精養軒」でランチという

おのぼりさんコースを選択。

精養軒の入り口ではかわいいパンダがお出迎えしてくれました。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大〇〇~ディズニー旅日記2019冬・その②

こんにちは。

昨日から始まりました「ディズニー旅日記2019冬」。

舞台は一日目の東京・隅田川です。






「は~るの~ うら~ら~の~ すぅみぃだ~が~わ~」

の歌詞とは程遠い真冬のお天気ではありますが

隅田川で船に乗るとくれば思わずこの歌が出てきます。

昔の人もこんなふうに隅田川を船で上っていったんですね。






P1060207東京の街を船の上から見るのは初めてです。

おおっ!スカイツリーが見える!!

と、シャッターを押しましたが

そういえば今からスカイツリーの方に向かって行くんだった。





とても穏やかにするすると船は川を上っていきます。

時々船内放送で周りの建物や名所の案内が流れますが・・・、

P1060208おおっ?

これはもしや「築地市場」?

ここはもう案内がなかった。





役目を終えた築地市場は解体工事の真っ最中。

巨大廃墟にも見える・・・。






去年築地に来たときは

まだ築地市場はやっていたのですが

日曜日で閉まっていたので場外市場でお寿司を食べました。

あのマグロがおいしかったな~。






オープン間もない豊洲は混んでいそうなので

今回はパスです。

築地の場外市場は残っているから

またお寿司食べに行くならそっちでもいいな。






P1060211船はたくさんの大きな橋の下をくぐって進みます。

でもその橋の多くはみんな工事中で足場に覆われていて

全貌が見られないのがちょっと残念。

来年の東京オリンピックに向けて

橋のお色直しも急ピッチなわけですね。





そんなこんなでキョロキョロしているうちに船は浅草に到着。





船着場の対岸には・・・






P1060212おお~っ!!

巨大な「金のウ〇チ」!!





あ~、いやいや、失礼!

あれはなんですか?「金の雲」?






アサヒビールさんの本社横のオブジェです。

相変わらすすごい存在感。

いつもお世話になりま~す!

(↑お世話になっているのは、「金色のオブジェに」じゃなくて「アサヒビールさんに」です)






え~っと、アサヒビールさんのお客様相談室によると

あれは「新世紀に向かって飛躍するアサヒビールの燃える心」を表している「聖火台の炎」だそうですが・・・、





「金のウ〇チ」とか言われるのは想定していなかったのでしょうか?

という質問をお客様相談室にしてみたいです。



そんなこんなで40分の船旅はあっという間に終わり

約一年ぶりの浅草に上陸。

お正月の賑わいの余韻を残す浅草の町を横目に

一行は上野に向かいました。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船旅~ディズニー旅日記2019冬・その①

こんにちは。

今年は早々と行ってきました。

恒例の一泊二日のディズニーの旅。

とうことで、「ディズニー旅日記2019冬」

始まり、始まり~!



まず第一日目はこちらも恒例、「東京ぶらり旅」。






午前10時過ぎに東京駅に着きまして

とりあえず東京スカイツリーの展望台に上がるという予定をたてていました。

当日の天候次第ということで事前予約はしませんでした。



前にもスカイツリーの足下まで行ったことはあるのですが

整理券が遅い時間しかなくて断念しました。

今回は時間に余裕があるから大丈夫そう。






しかし、新幹線の車内から眺める空はどんより。

富士山もまったく見られませんでした。

折角ならば晴れた日に行きたいということで今回もスカイツリーは断念。

いきなり予定の変更です。






今回の東京ぶらり旅は最終目的地が上野。

昼食を浅草か上野あたりでとるとして

その前に1、2時間別の場所も見に行きたい。

浅草寺は去年行ったしな~。






そうだ、船!水上バス!

水上バスで川を上って浅草まで行くというのも

「ぶらり感」があっていいではないですか!






調べましたら東京駅の近くでは日の出桟橋から隅田川を上って浅草まで行く水上バスがありました。

いいじゃん、いいじゃん!






ということで

東京駅で合流する予定だった姪っ子に連絡して

日の出桟橋の最寄り駅のJR浜松町駅に待ち合わせ場所を変更してもらいました。






P1060199_2日の出桟橋にはいろんな形の船が泊まっていましたが、

人影は案外まばら。

冬休みも最終日だし、

寒いしね。

(ワタクシ達が乗ったのはこの船ではありません)






でも、タイミングよくそんなに待たずに船に乗れました。

船の中も暖かかった。





P1060206
船が動き出すとすぐにお台場とレインボーブリッジが見えました。

おお、東京~。

40分の船旅のスタートです。






あ、でも、もしかしたら、

明日もたくさん船に乗るような気がする・・・。

だって明日はディズニーシーに行くから。






ま、細かいことは気にせずに、

いざ、出港~!

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二期作

こんにちは。

まずは、柴田屋酒店と甘酒カフェ「ゆふ」から臨時休業のお知らせです。






明後日、1月7日(月)は、勝手ながら臨時休業させていただきます。

1月6日(日)は定休日の為、

二連休となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。






P1050198さて、昨年の秋の暖かな気候のお陰で

11月のうちから咲き出した柴田屋酒店前の菜の花ですが、

その後も順調に咲き続け

最近ではすでに満開を通り過ぎようとしています。






「渥美半島菜の花まつり」がそろそろ始まると思うのだけれど、

その頃にはかなり咲き終わっているかも・・・。






それはちょっと寂しいので

少し暖かくなったら

また種をまきなおしてみようかしら。

春の暖かくなったころにまた咲くかもしれない。






地球温暖化で今や菜の花も二期作の時代でしょうか?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福ちゃんの「初○○」

こんにちは。

おせち料理も片付いたので

今日はスーパーへ平成31年の「初買い物」に。

といっても買う物はもうすっかり通常モード。

いつも通りの納豆とか、牛乳とか・・・。






買い物から帰って車を降りたら

家の中から外を見ていた福ちゃんと「初遭遇」。






ご近所の仲良し猫の福ちゃん、

ワタクシを見つけるとガラス越しにニャーニャーと鳴いたようで

お母さんがドアを開けて福ちゃんを外に出してくれました。






「センセ~、あけましておめでとニャ~!」






P1040188福ちゃんの「初写真」を撮ろうと思いカメラをかえましたが

ハイテンションでワタクシの周りをグルグル回るので

結局こういう「初写真」。

こちらもいつもと同じ感じ。





年末は26日に遊びに来たのが最後でしたが、

その時はワタクシも忙しかったのであまり遊べず

福ちゃんは不完全燃焼だったと思います。





その後年末寒波の襲来で福ちゃんは外出を控えていたようで

今日は久しぶりの再会でした。





この時間にばったり会ったときは遊んでもらえないことを知っている福ちゃん、

ワタクシを「初遊び」に誘うことはしませんでしたが、

顔を近づけると「チュッチュッチュッ!」と熱烈な「鼻キス」で新年のご挨拶。






これはこれは、ご丁寧に。

そうだね、今年も一緒にたくさん遊ぼうねっ!





P1040189


「ところでセンセー、

お年玉はいつもらえるのかニャ?」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変な余裕

新年あけましておめでとうございます。

みなさんどんなお正月をお過ごしですか?






P1010170柴田屋酒店は、今年も元日より蓬莱泉の「新春初しぼり」の販売を開始しました。

もちろん、元日の朝に田原を出まして、設楽町の関谷醸造までお酒を取りに行きましたとも。





去年は機械のトラブルで出荷時間が大幅に遅れたり、

その前にも瓶詰め作業が遅れたり、

最初の頃は道路事情がよくわからなくて渋滞にはまったりと

いろいろとトラブルがあって予定通りにいかないこともありましたが、






今年はそういうトラブルは一切なく

非常にスムーズに行ってくることができました。






片道2時間近くかけて行って

関谷醸造さんでの滞在時間はほんの10分程度。

荷物を積み込むだけで

新年の挨拶もそこそこにとんぼ返りです。






P1010171その間も蔵からはしぼりたて、詰めたてのお酒がゾクゾクと運び出されておりましたよ。



夫などは「ちょっとはトラブルが無いとつまらないね~」などと

変な余裕の発言をしておりましたが・・・、






「一年の計は元旦にあり」、

スムーズに事が運んだというのは非常に結構ではないですか!





ということで、

今年も蓬莱泉新春初しぼりをご購入いただいた方は、

すでにこのおいしいお酒を楽しいんでいただけたことと思います。

(↑ワタクシも元日夜に楽しみ済み)

来年もまたよろしくお願いいたします。

(↑ワタクシも当然来年も買います!)


※蓬莱泉新春初しぼりは柴田屋酒店では予約販売とさせていただいております。

本年度の販売は終了いたしました。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »