« アメリカのカンガルー事情 | トップページ | パピコ愛 »

牛を食べる人

こんにちは。

柴田屋酒店が新装開店するときに商品の棚の値札をすべて書き変えました。

前の値札を見ながら書き変えていたのですが

多分ずーっと前に義母が書いたと思われる値札で

「ビーフィーター」と書いてある一枚の値札がありました。

イギリス産のジンです。





それまで旧店舗では何度も目にしていたのですが

急に「”ビーフィーター”ってどうい意味?」との疑問が湧いてきました。





P7290353ビンをよく見てみると「BEEFEATER」の文字

あ、「BEEF・EATER(ビーフ・イーター:牛を食べる人)」!




で、だれが牛を食べるの?

この絵のおじさん?

イギリスの牧場の人ってこんな格好してるの?





謎が謎を呼びます。

調べてみると

ロンドン塔を守る近衛兵のことで、

イギリスで牛肉がまだ高価な時代に

王室の主催のパーティーなんかで残った牛肉をもらって帰ってたんですって。





どおりで牧場の人には見えないはずだ。

ロンドン塔の近衛兵ということで、ロンドンの象徴のようなイメージがあるのかもしれませんね。




ということで、ひょんなことからロンドン豆知識を身につけてしまいましたが、

そうなると、「”ジャックダニエル”って誰?」、「ジョニーウォーカーは?」・・・





次々と疑問が湧いてきますが

ま、それは、またいつか時間のある時に。


にほんブログ村

|

« アメリカのカンガルー事情 | トップページ | パピコ愛 »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/65594982

この記事へのトラックバック一覧です: 牛を食べる人:

« アメリカのカンガルー事情 | トップページ | パピコ愛 »