« マップ活用術 | トップページ | オザケン »

勝手な解釈

こんにちは。

この時期になるといつも思い出す「早春賦」(そうしゅうふ)という唱歌が好きです。

メロディーも好きだけど出だしの歌詞が好きです。





「春は名のみの風の寒さや・・・」





暦の上では春だっていうけど、やっぱり風は冬と同じでまだまだ冷たいじゃないの・・・

という意味だと思います。


だよね~!

立春を過ぎたって雪は降るし、寒いものは寒いっ!

まさにこの季節のことを言っているのではないですか?






大正時代に作られた唱歌だそうですが、

昔の人もやっぱりそう思ってたのね。





昔は今よりもっともっと住環境は厳しくて

冬は長くて辛い季節で、

気持ちだけでも「春だ、春だ!」って盛り上がろうとしていたのが立春だと思うんです。

(↑ワタクシの勝手な解釈です)





でも、そうやって「春だ、春だ!」って言ってみても、やっぱり寒いものは寒いよね~。

あ、本当のこと言っちゃった~!





・・・みたいな意味合いの歌詞?

(↑あくまでも勝手な解釈です)





で、ワタクシは何が言いたいのかというと




「今日も寒いっ!!」





ということです。





P2240478でも、店の前の植木鉢のパンジーの陰から

今シーズン初めて花を咲かせたビオラが「こんにちは~」。

かっわいい!

春の気配ね~。





ま、そう言われてみれば、

風は冷たいけれど日ざしは春っぽい。

春は確実に近づいてきているようです。


にほんブログ村

|

« マップ活用術 | トップページ | オザケン »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/64934193

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手な解釈:

« マップ活用術 | トップページ | オザケン »