« ラベルが嫌い | トップページ | いくつかの偶然 »

〇〇甘酒

こんにちは。

焼酎は酒税法上では大きく二つに分類されます。

「単式蒸留焼酎」と「連続式蒸留焼酎」です。

違いは蒸留の回数。





単式蒸留焼酎は蒸留を1回だけ行います。

1回だけだと芋とか麦とかの原材料の香りがまだお酒に残っています。

そういう香りを楽しむ芋焼酎や麦焼酎はこちらに属します。





連続式は蒸留を2回(以上?)行います。

こちらには香りは残っていません。

酎ハイにしたり、お湯で割って梅干を入れて飲んだり

梅酒に使うホワイトリカーなどもこの分類です。





以前はこれらの呼び方が少し違っていて

単式蒸留焼酎を「乙類焼酎」、

連続式蒸留焼酎を「甲類焼酎」と呼んでいました。




お酒の分類は酒税法でラベルに表示することが義務付けられていますが

焼酎は以前の名残でまだ「甲類」・「乙類」とラベルに表示されているようです。





Pa080167ただ、乙類焼酎は一般的には「本格焼酎」と表示されるものがほとんどです。

「甲・乙」というと、なんだか甲の方が上質で、乙は甲より劣るというように受け取られかねない。

だから、乙類焼酎は「本格焼酎」と名乗ることを許されています。





ふ~む・・・・・・

そうだ、これ、もらった!!





いえね、最近の甘酒ブーム、

ちょっと歩けばあちらこちらで甘酒を売っているでしょ?

中には「甘いだけ」みたいなのもあるのよ。

初めて飲んだ甘酒がそういうふうだと

「すべての甘酒=甘いだけ」と思われてしまうのよ。





Pa080168わが甘酒カフェ「ゆふ」は甘酒専門店。

これでも、材料や製法には人並み以上にこだわって専門店の名に恥じぬよう真面目に作っているわけですよ。

だけど、十把ひとからげでそういう「甘酒」と一緒にされちゃうのは辛いな・・・。





だから、そう、これもらった!




「本格甘酒」





よくないですか!?

「ん?ちょっと違うのかな?」と思わせてくれませんか?





今日からこれでいきます。

”本格甘酒の店”、甘酒カフェ「ゆふ」。

以後お見知りおきを。


にほんブログ村

|

« ラベルが嫌い | トップページ | いくつかの偶然 »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〇〇甘酒:

« ラベルが嫌い | トップページ | いくつかの偶然 »