« 目がきもい、目が恐い | トップページ | 「絶景」 »

また食べたい。

こんにちは。

先日、所用でひとりで名古屋に出かけたのですが、

その日がたまたま夫の誕生日でした。


デパ地下あたりでおいしそうなケーキを買って帰ろうかと思ったのですが、

名古屋駅から田原の自宅まで、

スムーズにいって1時間半程の電車を乗り継いでの移動です。

生クリームとかフルーツとかできれいに飾られているケーキを買いたいのは山々ですが、

途中で何かあって、自宅についたときには原型を留めていないということも考えられます。





う~む、でも何かケーキっぽいスイーツを買って帰りたいな・・・。

デパ地下をキョロキョロしておりましたら、モロゾフのお店が目に留まりました。





おお~っ!モロゾフのプリン!!

これなら途中で崩れる心配は無い。

だし、もうずーーーっとモロゾフのカスタードプリンは食べていません。

結婚してから一度もないんじゃない?

懐かしいな~。





即決です。





プリンの並べられたショーケースを覗きこむと、定番のカスタードプリンの横に「復刻カスタードプリン」というのを見つけました。

「どう違うんですか?」とお店の人に訊いて見ると

「お砂糖が違います。復刻版は上白糖、普通のものはグラニュー糖を使っています」とのこと。

微妙な違いね。

せっかくだから限定モノっぽいので復刻版にしてみました。





そして、

会計を済ませて商品を受け取るとき、

店員さんに「割れ物ですのでお気をつけてお持ちください」と言われて思い出しました。





はっ!?

しまった!!





モロゾフのプリンってやっぱり今もガラスの器だったのね。

これ、持って帰るのが重いのよ。





そうだった。

結婚してからモロゾフのプリンを食べていないのは

重くて割れやすいガラスの容器に入ったモロゾフのプリンを

田原までの長距離の移動に向いていないからと

敬遠していたからだったかも・・・。






でも、買っちゃったんだから仕方ない。

プリンの入った箱をしっかりと手に持ち、

電車にゴトゴトと揺られながら帰りました。





Pa040160努力の甲斐あって、

20年振りくらいに食べたモロゾフのプリンは

やっぱりとってもおいしかった。





復刻版は白いガラスの容器に入っていました。

もちろんこの容器は捨てていません。

(↑とっておいてどうする?)






今、うちに残っている昔のモロゾフの容器は20年以上前のものです。

20年間、そんなに大切に使ったわけでもないけど割れないんですよね~。

Pa120194並べてみたら、新しい容器は以前のものより少し小さくなっていました。

まあそれは、大人の事情で仕方ないよね。






ちなみ、小さくなっただけでなく軽量化も進んでいるようです。

確かに、この前持って帰るのも昔ほど重くは感じませんでした。

だから、また買ってこよう。


にほんブログ村

|

« 目がきもい、目が恐い | トップページ | 「絶景」 »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/64338894

この記事へのトラックバック一覧です: また食べたい。:

« 目がきもい、目が恐い | トップページ | 「絶景」 »