« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

オオバカモノ

こんにちは。

観葉植物を上手く育てるには何かしらの方法があるようです。

観葉植物の鉢植えだと、大抵ネームプレートの裏側に栽培方法が書いてあったりします。





「夏場は毎日たっぷりと水をやり、冬場は土の表面が乾いたら水をやる」とか、

「冬は日当たりのいい場所で、夏場はレースのカーテン越しの半日陰で」とか。





でも、そういうアドバイスをそれなりに守って育てていてもそんなに上手くは育たないもんです。

観葉植物の多くは熱帯地方の原産の物が多く、

例え室内であっても温帯の日本はあまり居心地がいい場所ではないのかもしれない。





しかし、

P9300133柴田屋酒店の倉庫の横には、「オオバカモノ」と呼ばれる木があります。

本名は「ユッカ」とかいいましたっけ?

またの名を「青年の木」。





最初は鉢植えだったのだと思うのですよ。

ワタクシが柴田家に嫁いで来たときにはすでにここに植えられ、「オオバカモノ」と呼ばれていました。

だからここに立ち続けて15年は過ぎているということです。




霜にあたろうが、雪が降ろうが、何一つ文句を言わずにすくすくと育っているのに

何年かに一度はばっさりと剪定されます。

いえ、剪定なんて気の利いたものじゃない。

「でかくてじゃまだから切ろっ」くらいの?





前回はまた随分短く切られたようですが、

その高さを補うべく葉っぱが密に茂っておりますね。

うん、こういう育ち方なら簡単には切られないわ。





P9300136大きさがよくわからないかもしれないので、

ビールケースと一緒の一枚も載せておこう。





この木を見ていると

人間も小さなことにいちいちこだわってちゃいけないなと、

「鈍感力」って大事だなと、

そんなようなことを感じる今日この頃であります。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の匂い

こんにちは。

子供の頃から猫にまみれて育ちましたので

猫の手触りというのは大好きです。

猫に触れるというのは、ワタクシにとって何よりも良い精神安定剤です。





手触りだけじゃなくて、顔触り(?)も好き。

嫌がる猫をむりやり押さえつけて顔でスリスリするのも好きです。





猫のウ〇チやオ〇ッコはとっても臭いけれど、

猫の体は無臭です。

そのせいか、子供の頃、家で飼っていた猫は外で匂いを付けて帰ってくることがよくありました。

どこかの草むらに隠れて、虫や蛙と遊んでいたんでしょうね。

土の匂いはよくしたような気がします。





P4230032時は流れ、現代の猫。

ご近所の仲良し猫の福ちゃんです。





福ちゃんの場合はよそのお宅の猫なので

外から柴田屋酒店に帰ってくるわけじゃなくて、

自分の家から柴田屋酒店に出かけてきます。

だから、福ちゃんは、福ちゃんの家の匂いをつけてきます。





時は流れても嫌がる猫を押さえつけて顔でスリスリするワタクシの習慣は変わりません。





冬場の福ちゃんはタバコの臭い・・・。

お父さんの吸うタバコの臭いだと思われます。

寒いから家が締め切ってあるのが原因でしょうか?





でも、夏場の福ちゃんは洗濯物のいい匂い。

福ちゃんが家の中のどんなところでお昼寝をしているのかは知りませんが

今流行のアロマの香りの洗剤や柔軟剤の匂いじゃないかと推測できます。





多分、猫はそういう匂いをいい匂いとは思わないのでしょうが

洗濯物のいい匂いのする福ちゃんは、ちょっとカワイイです。


P9270121なんか現代っ子っぽいね、福ちゃん!




「そっかニャ?」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まこ姉さん・リターンズ

こんにちは。

一昨日、メ~テレの「UP!」という番組で「まこ姉さん特集」(?)が放送されるとお話しましたが

実はあの日は事件が多かったせいか、「まこ姉さん特集」は放送されませんでした。


ワタクシも録画予約していたので、後から番組を見てがっかり。

せっかく取材したんだから日を改めて放送されるんだろうけど、

じゃあ、いつやるの?





と思っていたら、





P9280131なぜだかわからないけれど、

「その筋」の方がわざわざうちにお知らせに来てくださったようで

今朝出勤すると、パソコンの横にお知らせのお手紙が。





実は26日にもお知らせをいただいたので、

せっかくだからとあの日のブログの記事にしたのですが、

今日は放送日の変更のご連絡をいただきました。

9月30日(金)の放送予定だそうです。

文末には「よろしくお願いします」と書いてあります。





何を「よろしく」すればいいんだろう・・・?





まさかその方が田原の町中を一軒一軒お知らせしてまわっていらっしゃるわけではないでしょうから

これもまた、「ブログでお知らせしてください」ということだろうと勝手に解釈しまして

今日また記事にさせていただきましたが、

このブログを見て放送日の変更を知る人は果たして何人いるのか・・・?

多分、「町の噂」の方が情報網としては発達しているでしょう。





ニュースや情報番組で緊急性がないネタは、

大きな事件や事故が起こったために放送日時が変更されるということはよくあることのようですね。

予定通り放送されるということは

その日は案外平和な一日だったということになるのかな?





どうか9月30日に大きな事件や事故がおこりませんように。

あ、10月8日もね。





あ、今度も忘れずに録画予約しとかなきゃっ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君の名は

こんにちは。

毎朝掃除をする時に家の2階から見えるのですが、

家の裏のどぶの脇に生えている雑草に最近きれいな花が咲いています。




近くまで見に行けばいいのですが、

そこに行くには家の玄関から建物をぐるっと回って反対側まで行かなければならなくて

家の近くでありながら、ワタクシが滅多に足を踏み入れないエリアなのであります。





朝の掃除の最中にわざわざ行く時間もないし

何かのついでに近くを通るような場所でもないし・・・。





でも、毎朝見るたびに花は数を増やし盛りを迎えようとしています。

そうだ、写真に撮ってパソコンの大きな画面で見てみよう。







P9260117はは~っ、こんな花だったんだ。

見たことあるような、ないような、

その辺の道路脇に生えていそう・・・。




日の当たらない場所だと思うんだけど、

妙に立派に育ってるのね。




どれどれ、ズームでよってみると・・・





P9260118あ~あ!とっても細かい花の集まりなのね。

この葉っぱの形もどこかで見たことあるような、ないような・・・。




こういう、そこら辺に生えてる草って

名前を聞くと「あ~あ、これがあの!?」って草だったりする場合が多いんですけど、

これもそうなのかしら?





季節柄、「秋の七草」辺りがあやしい・・・

と調べてみましたが違ったみたい。





でも多分、ここに咲くこの花をこんなに楽しんでいるのはワタクシだけ。

ワタクシだけの密かな楽しみであります。

名もなき花のままで咲かせておこう。



でも、もし、ご存知の方があれば教えてください。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まこ姉さん

P9170010こんにちは。

田原まつりの萱町・明治組の夜山車(よやま)では、

きれいな衣装を着た可愛らしい女の子達が家々を周り山車の上で踊りを披露してくれます。

彼女らの踊りの後ろに流れる曲はいつも生歌&生演奏。





その生歌&生演奏をもう何十年も続けているのが

知る人ぞ知る「まこ姉さん」。





むかしむかし、柴田屋酒店があるこの萱町地区は田原の花街で、

たくさんの飲み屋さんがあり、たくさんの芸者さんがいたという賑やかな時代があったそうです。

まこ姉さんはその芸者さんの中の一人だったそうです。





時代の流れと共に花街の面影も薄れ、

たくさんいた芸者さんもいつしかいなくなりました。

明治組の夜山車は今もその花街の面影を残す田原の歴史遺産の一つかもしれません。




まこ姉さんは今もお祭りが来ると明治組の夜山車で

自慢の喉と三味線を披露しています。




はい。

「姉さん」と言っても、まこ姉さんが本当に若いお姉さんだったのはウン十年前のことです。

現在は御年九十ウン歳だそうです。

でも現役バリバリです。

こちらも田原の歴史遺産、田原の人間国宝級のお方ですね。





P9170017先だって行われた今年の田原まつりですが

そんなまこ姉さんに名古屋のテレビ局の番組の密着取材があったそうです。

それも二局。





一つはメ~テレの「UP!」

今日の午後6時ごろの放送予定。




オンエアー後にこの記事を見た方、

お知らせが遅くてごめんなさいね。

でも、もう一つありますからね。





東海テレビの「祭人魂」。

10月8日(土)の午前11時25分~11時40分の放送予定です。

(どちらも都合により放送日時が変更される場合があります)






と、知ったかぶりしているワタクシですが、

実はまこ姉さんのお顔はよくわからない。

いつも山車の奥の幕の陰に三味線片手に座っていらっしゃる姿をチラリと拝見するだけで

山車から降りたまこ姉さんを見たことがないんです。






だから、今日のオンエアーはとっても楽しみ。

録画予約、バッチリしましたよ~!


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒板と湿度の関係

こんにちは。

いつもお店の入り口に置いてある甘酒カフェ「ゆふ」のメニューが書いてある黒板。





P8240699時々、「猫の3D看板」になることは以前お話しましたが、

(↑音もでるよ!)

このように福ちゃんのお尻や尻尾で毎日擦られてもなかなかはげないチョークの文字なんですが・・・





今日のお昼頃、雨が激しくなってきたので、お店の看板を中に入れようとしたところ、この文字が薄く消えかけておりました。

雨に濡れたわけでもないし、

福ちゃんのせいならば下のほうだけ薄くなっているはずなんですが、

下の部分だけじゃなく全体的に薄くなっています。

(写真撮っておけばよかった~!)





えーっ!

もしかしたら書き直さなくちゃいけないってこと?

下書きなしで全体にバランス良くこれだけの文字を書くのって結構大変なのよ。

よくわからないけど、湿気で消えちゃったってことでしょうか?





とりあえずお店の中に入れまして、

2、3時間後に見ましたら・・・





P9240111_2見事復活しておりました~!





やだも~、人騒がせな。

湿気の関係?

チョークってそういうものなんですか?

しかも、前よりも文字がはっきりくっきりしているような気がする。





よかった~。

まだまだこのままいけますね、この看板、

誰かさんが消さなければ・・・。





P8250710


「フフフ・・・

そのうちしっぽで消してやるニャ」

(↑最近、ファンが急増中!?)


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去最高の出来

P9230110こんにちは。

先日は、純米大吟醸「優」の原料米の田原産コシヒカリを生産農家の林さんのお宅まで受け取りに行きましたが、

今日はその林さんが田原産コシヒカリを柴田屋酒店まで届けに来てくださいました。





同じ減農薬栽培の田原産コシヒカリですが、

この前のはお酒(優)にするためので

今日のは米麹にするためのです。





お酒は福井酒造さんで造ってもらいますが

米麹は伊勢屋酒造さんで造ってもらいます。





この二つのお米は加工業者が違だけじゃなくて精米歩合が違います。

お米の削り加減です。(「磨く」ともいいます)

玄米を100%としますと

純米大吟醸を仕込む場合は50%の重さになるまで削ります。

米麹にする方は70%です。

(一般的な米麹が70%まで削られているかどうかはわかりません)





これで造ってもらった米麹は、

そのまま米麹として柴田屋酒店で販売したり、

柴田屋酒店内に併設されている甘酒カフェ「ゆふ」で出す麹の甘酒になったりします。





今日、林さんに今年のお米の出来を尋ねましたら

なんと「過去最高の出来」とのこと。





お~っ!

ってことは、お酒の「優」も、米麹も、甘酒カフェ「ゆふ」の麹の甘酒も、

過去最高のおいしさが期待できるということでしょうか?





ということなので、

お酒を造ってくれる酒蔵さんも

米麹造ってくれる酒蔵さんも

過去最高を目指して、よろしくお願いいたしま~す!





そんな過去最高の出来の林さん家の減農薬栽培コシヒカリは

こちらでお買い求めいただけますよ~。→


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天欠勤

P9220109こんにちは。

我が家のメダカがいなくなって

寂しくなったのと同時にちょっと不便を感じる今日この頃です。





夜中に雨が降った翌朝、

表に出てメダカの樽の水を見れば寝ている間に雨がたくさん降ったかどうかがわかります。





水位があまり増えていなければ降雨量はそれほどなかった。

水が溢れるほどになっていればたくさん雨が降ったしるし。

そういう時は植木の水遣りは少なめにします。





それが今はわからなくなってしまいました。

夜に雨が降ったようだからと水遣りを少なめにして

昼過ぎにしおれていることがあるので気をつけなければ。





P8240703こちらすっかりお馴染みのご近所の仲良し猫の福ちゃん。

なぜかうちのメダカにまったく興味を示さなかったな~。

福ちゃんのうちにもメダカがいるけど、全然気にしていないそうです。





猫って普通そういうの、めっちゃ気になるもんじゃないの?





少し涼しくなったので、最近柴田屋酒店登場回数も増えております。

看板猫業務に励みながらも、お楽しみはお向かいの家の屋根の上のハトの観察。





トンボ、セミ、チョウチョウ、ハト、コウモリ・・・

どうやら福ちゃんはフライング系(?)の昆虫や小動物か好みのようです。





あ、今日は雨なので、福ちゃんは出勤していませんのであしからず。





P6250353_2


雨の日は”フライング系”も飛んでこないからニャ。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これまでの経験上

P9210108こんにちは。

ややシーズンオフですが、メロンをいただきました。

メロン農家の方からいただいた田原産メロンです。





「お祭りの頃が食べごろよ」とのことでしたので、お祭りが来たら食べようと思っていましたが、

お祭り当日になってもまだ食べごろのようではなかったので、もう少し置いておくことにしました。





ワタクシがここでいう「食べごろ」とは

メロンのお尻の部分を指で押すと少し柔らかく感じ、

顔を近づけると甘い香りがする状態です。





メロンの直売所などでメロンを買うと、「〇日頃が食べごろです」と書いた紙を入れてくれるところもあるようですが、

ワタクシのこれまでの経験上で言わせていただけば、

この日にちは食べごろよりもやや早いことが多いです。





そこからさらに4、5日~1週間追熟させたほうがおいしい場合が多いです。





メロン農家さんや直売所のプロフェッショナルが言うのだから間違いではないと思うのですが、

絶対そこから数日置いた方がおいしいんです。

ワタクシはメロンのプロフェッショナル以上なのか・・・?





いえ、それはないです。





もしかしたら、これは「食べごろ」の概念の相違ではないでしょうか?





「メロンは腐る一歩手前ぐらいまで熟したほうがおいしい」

結婚して田原に来たばかりのころ、よく夫にそう言われました。

そういうメロンは切って果肉を見てみると、お尻に近い部分にやや透明感があり、切り刻むと崩れそうになるくらい。

これくらいのが甘みが乗っていて最高においしいんです。





でも、そう言われれば、飲食店でデザートに付いてくるメロンはこんなに熟していないな。

でも、絶対もっと熟していたほうがおいしいのに!





要するに「好みの問題」ということでしょうか?




過去に、完熟を目指しすぎてメロンが爆発(?)したことがあります。

何事も経験。

いろんな経験を積んで、自分好みの「食べごろメロン」を育てましょ~!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンセスを救出せよ!

こんにちは。

秘密警察の敏腕刑事ジョージ。

悪の地下組織に誘拐されたプリンセスを救出するために組織のアジトに潜入す。





次々と現れる敵の襲撃をもろともせずアジト内部を突き進み

隠し部屋に監禁されているプリンセスを見つける。





しかし、柱に縛り付けられたプリンセスの足下には時限爆弾が。

そこに表示されているデジタルの数字は、その爆弾が爆発するまでの残りの秒数を表していた。

「60・・・59・・・58・・・57・・・・・・」

死へのカウントダウンはすでに始まっている。





しかし、





よくみると時限爆弾装置から二本の導線がのびている。

赤と青の線。

このどちらかを切れば時限爆弾の爆発は回避できるに違いない。





「30・・・29・・・28・・・27・・・・・・」





赤と青。

二分の一の確率。





「10・・・9・・・8・・・7・・・・・・」


さあ、もしもアナタがジョージだったら

この二本のうちから時限爆弾と繋がる一本を選ぶことができるだろうか。

考えている時間はないのだ。


「5・・・4・・・3・・・2・・・・・・!?」







日本列島を台風16号が横断中。

この地方は夕方から夜にかけて最接近するようだと天気予報が教えてくれます。





午前中はでかけれらないので、

午後のなるべく早い時間に買い物に行こう。

だって今日は「お客様感謝デー」だから。





P9200105昼食を済ませ、とるものもとりあえず買い物に出かけました。

雲行きは非常に怪しいけれど、大丈夫、今の小雨のうちなら多分。





しかし、急いで買い物を済ませショッピングセンターから外に出ようとすると

外は信じられないくらいの暴風雨。

運がいいとか悪いとか人は時々口にするけど、

こういうことよくあるのは、ワタクシだけですか?





ま、降水確率は二分の一よりも高かったからね。





もしもワタクシがジョージだったら、

確実に時限爆弾は止められないだろうな。





P9200107でも、我が家の庭の真っ赤なガーベラ、

台風の風にへし折られる前、

すんでのところで救出できました。

ジョージ、やったぜ~ぃ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説明不足

P9180098こんにちは。

毎年岐阜県から田原まつりの花火を見にくるRちゃん。

ワタクシが結婚前に勤めていた会社の後輩です。




今年も雨の中、はるばる出かけてきてくれました。

お天気にはらはらさせられながらも、大筒みこし、奉納花火大会と見ることができ、とても喜んでくれました。





明けて今朝、我が家の朝食はパンでした。

我が家のトーストは、バターなどを塗った上にベジマイトかジャムを重ね塗りするというのが定番になっておりますが、

現在我が家はバターを切らしておりまして、

バターのかわりにクリームチーズかココナッツオイルを塗って、

その上にベジマイトかブルーベリージャム(自家製)を重ね塗りするということになっております。





ワタクシ達より遅く起きてきたRちゃん。

食事が済んだワタクシは、自分達の使った食器などを片付けながら焼けたトーストをRちゃんのお皿に置き、

現在はこの4種類があるので好きなものを自分で塗るようにとRちゃんに告げて

再び片付けを始めました。





少しして片付けが一段落し、

振り返ってRちゃんのトーストのお皿を見てびっくり!





P9190104あら~、一度に全部のっけちゃったのね~。





そういうことじゃないんだけど、

まあ、そうしなきゃいけないこともないんだけど・・・

一応、その食べ方を説明すると、

パンの上でクリームチーズとブルーベリージャムを混ぜ合わせて

「おいし~い!」と喜んでいました。




う~ん、ワタクシの説明不足だったね。





っていうか、去年も、一昨年も、朝はトーストだったと思うんだけど・・・?

来年は、ちゃんと覚えているといいね~!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜を食べよう!

こんにちは。

頻発する台風のおかげで野菜がハンパなく高いです。

スーパーに行く前に産直に飛び込み、野菜を買いまくり。





少々見かけが悪くてもこの際仕方ないと思っていましたが、

なんのなんの、結構いい野菜がありましたよ。

うれし~!


P9140865_2トマト、ピーマン、ナス、キュウリ、モロヘイヤ。

みんな夏野菜です。

今年最後の収穫ってとこかな?





あれだそうですね。

愛知県は野菜の消費量が全国で最下位なんだそうですね。

なんでだろう?

我が家はこんなに野菜食べてるのに。

愛知県は野菜の生産量は全国で上位じゃなかったっけ?

これは愛知県の郷土食になにか原因があるのでしょうか?

味噌煮込みと手羽先ばかり食べてる・・・というわけじゃないと思うけど。






P9170008台風16号がこの近くまで来るのはもう少し先のようですが、

農産物などにもあまり被害がでなければいいですね。

でも、相変わらずお天気はグズグズ。

野菜の生育への影響も気になりますが、

とりあえず今一番気がかりなのは明日のお天気。

お祭り、ちゃんとできますように!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るい夜

こんにちは。

夕べ、柴田屋酒店前がいつもより明るかったのは

雲間から時々覗く十五夜お月さんのせいだけでなく・・・・・・





P9150872新しい街路灯に、初めて灯りが灯ったから~!!




ええ、あんなに前に街路灯を立てて、昨日初めて点きました。

お祭りが始まるのに合わせて点けてもらえたということでしょうか?




ええ、もっと早く点けてもらってもよかったんですよ~。





道路の工事が始まる前は昔からの街路灯があったんですが

工事が始まりそれも撤去されて、

ホントにこの辺りは暗かったんですよ。

これで、やっと田原の街なかの仲間に入れてもらえた気がします。

うちの玄関の外灯もいらないくらい明るいです。





とは言うものの・・・





ひとつ気がかりなことがあります。

夜間が明るすぎて、我が家の植物達の発育に支障がでるのではないかということ。





街路灯を立てるときに業者の人が、

「要望があれば1本だけ深夜に消すこともできるし、光が行かないように角度を調節することもできますよ」

と言ってくださっていたそうなので、

お願いしてみようかな?





とにかく、柳町通りのみなさん、おめでとうございま~す!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにちは。

夫のお祭りのはっぴを補修中のワタクシ、

いよいよ今週末の田原まつりに向けてミシンがけもラストスパートに入っておりますが

そんなワタクシに悲劇が!?





ミ・・・、





ミ・・・、





ミシン糸がなくなった~~~。





めったにミシンを使わないワタクシにとって

ミシン糸がなくなるというのはこれまでの人生においてほんの数回しか体験したことの無い出来事。

ほぼ「ありえない」に近い状態です。





それが、なぜ今?

よりによってこんな慌てているときに。





田原に手芸屋さんってなくなっちゃたんですよね。

百均に?

あるだろうけど、100円のは糸のクオリティーがどうかな。

ドラッグストアならパンツのゴムとか多少の手芸用品を売ってた気がする。

こっちならもうちょっと高いミシン糸があるかもしれない。





買い物帰りにスーパーの近くのドラッグストアに寄りましたが、なかなか手芸品のコーナーが見つからない。

あると思ってた場所になかったんです。

店内の配置が変わったんですよね。

諦めて帰ろうかと思ったら、そこの店長さんと思しき男性を発見。

この人なら知っているだろう。





訊いてみると・・・

「あるっ!」

「あっ!あります?」

「うん、ある。あるけど~、どこだったかな~」





P9150866結局、二人で店内を探し回ることになりましたが、

最終的には店長さんが見つけてくださいました。

ありがとーっ!!





この店長さんの反応から見て、このお店でミシン糸は滅多に売れないということですね。

みんな、やっぱり百均で買うの?

それとも豊橋の手芸屋さん?




ま、とにかく、なんとかなってよかった。





P9150867ということで、

はっぴの補修が間に合うかどうかは別として(!?)

心配していた台風の影響は(今の予報では)この土日にはまだなさそうだし

今年は”はんにゃ”の金田クンが萱町の花火上げてくれるみたいだし・・・、




いいお祭りになりそうですよ~!!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わけあり

P9140864こんにちは。

柴田屋酒店が企画販売する田原の銘酒・純米大吟醸「優(ゆう)」は、

田原産の減農薬栽培コシヒカリで造ったお酒です。





お米は、田原でもおいしいお米の産地として知られる田原市野田町で栽培されております。

知る人ぞ知る「野田米」です。





今年もその野田米の収穫が済んだと生産農家の林さんから連絡をいただきまして、

今日、夫がお酒を造ってくれる豊橋の福井酒造さんとお米を引き取りに行ってきました。





Sn3r0187_2今年も日本酒の仕込みの季節が始まります。

ワクワクします!





といっても、今日もらってきたお米はまだこれから乾燥させたり、精米したりする作業があります。

実際に優の仕込みに入るのはもうしばらく先で、

新酒が登場するのは今年の終わり頃の予定です。





現在は去年のお米で造った優が好評発売中。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

尚、数量限定ですので在庫がなくなり次第完売とさせていただきます。




そしてですね、

実は去年から優を造ってくれる福井酒造の杜氏さんが変わりました。





王さんです。

なんとびっくり!王さんは中国の北京出身。





なんで中国出身の王さんが福井酒造の杜氏さんになったかというと、

これにはわけがありまして・・・・・・





それは、





腕がいいから!!

決まってるじゃないですか。

異国の地・日本に来て熱心に日本酒造りを学び

日本人に勝るとも劣らない日本酒造りの腕を見込まれて、福井酒造の杜氏さんになったわけであります。





なんか、テレビのドキュメンタリー番組になりそうだな。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレットペーパー

こんにちは。

最近、大型のお店や施設などのトイレを利用すると、

予備に置いてあるトイレットペーパーの側面にマジックでそこの名前が書いてあるのをよく見かけます。





嫌な気分になります。





持ってっちゃう人がいるんですね~。

軽い気持ちで持ってっちゃうのかもしれないけれど、

これは立派な窃盗ですよ。犯罪ですよ。





しかも、そんなに行動範囲が広くないワタクシが複数の場所で目にするということは

そういう人が結構いるということです。

そういう世の中になっちゃったんですかね~。





お店の人が書くのか、清掃員さんが書くのかわかりませんが、

大体ちょっと乱雑な文字で書いてあります。

さぞや頭にきてるんだろうな~。





お店の名前書くと、多少は効果があるんでしょうか?

家に持って帰ってペーパーホルダーにセットしたら見えなくなっちゃうと思うんだけど。


どうせ書くなら、持っていった人が恥ずかしくなるような言葉とか、

恐くなる言葉とか、

呪いの言葉とか(?)、

強烈なメッセージを書いたらどうでしょう?





P9130865たとえば・・・・・・





あ、やめとこ。

いくつも強烈なメッセージは浮かんだけれど、

そんなこと書いたらワタクシの品格が問われるわ。





いついかなる時も、”品位ある行動”を心がけたいものですね。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻のプライド

こんにちは。

今年もお祭りがやってきます。

今度の土日は田原まつりです。





は~~~っ。

やろうやろうと思いながら、360日がすぎてしまったのね・・・。





夫のお祭りの法被(はっぴ)。

毎年お祭り後に洗うたびにあちこち擦り切れて(?)穴があいて、

手芸店でアイロンで接着できる小さいサイズの補修布をあてがって済ませていましたが、

いよいよそれでは追いつかなくなってきて・・・。


夫が言うには、

「みんな当て布をして、ガーガーッとミシンで縫ってあるよ」。


そういえば、前に町内会の役のときに借りてきた町内役専用の法被は

裏から大きな当て布をして、ガーガーッと大胆にミシンで縫ってあった。






ふ~む・・・。





普段ボタン付けくらいしかお裁縫をしないワタクシにとって

まず、ミシンを出すというのが高いハードル。

使い慣れないミシンをセットして縫い始めるまでが時間がかかるのよね。

のんびりやってる時間ないし。





P9120858_2でも、昨日法被を出してきて眺めてみるとやっぱりボロボロ。

これをお祭りで夫に着せるのは妻としてのプライドが許さないのよ。





というわけで、ようやく重い腰を上げて何年かぶりにミシンを出しました。

もっと早く始めればいいのにね。

で、ミシンの取説ないし・・・。





かすかな記憶を手がかりに糸をセット。

糸の調節もそれなりにできた。






当て布は分銅組組員なら毎年もらえる「分銅組手ぬぐい」を半分に切って

背中の部分に二段に分けて貼り付けようと思います。

多分、こういうのが裏地っていうのが粋なんじゃないかと思って。





あのね~、なんていうのかな~。

ワタクシ、田原以外のよそから嫁いできた「よそ者妻」でしょ?

こういう伝統行事なんかの田原限定の作法がわかっていないんじゃないかというコンプレックスがあるんですね。

見よう見まねでやるけれど、これが正しい方法なのかどうかという不安がいつも付きまとうんです。





でも、仕方ないのでとりあえずガーガーッとミシンをかけ始めましたが、

結構時間かかります。

法被って大きいんですね。

どれくらいの密度で縫っていけばいいのかしら?





P9120861初日は予定の十分の一ほど縫ったところで時間切れ。



う~む、このペースでお祭りに間に合うのかしら?

まぁ、間に合わなかったら仮留めで行ってもらお。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通販

こんにちは。

新しい枕カバーが欲しいな~と思っていた時、通販のカタログで見つけた枕カバー。

タオル地で汗をよく吸い、収縮性があるので枕の形にフィットするというもの。

おしゃれなストライプ柄が色違いで十種類ほど並んでいました。





但しそれは、色は選べない。

いくつかあるバリエーションの中から、定期購入で毎月一品ずつ違った色が届けられるというものでした。





試しに一回買ってみることに。

そして届いたのが・・・





P9100857写真だと紺と青に見えるかもしれないけれど、

実際は黒と青。

これっておしゃれ?



ワタクシの長い人生の中で、色の選択で黒と青を組み合わせたことは一度もありません。

要するに、

めっちゃワタクシの趣味に合わないんですけど~。

う~ん、紺と青ならもうちょっと感じいいかもしれない。






しかも寝具でこの暗い色調。

ありえない、ありえない。





ということで、現在この枕カバーは夫が使っております。

(オイオイッ!)




たまたま運悪くこんな色が当たってしまったけれど、

きっと来月はもっとかわいいのが来るに違いないと、また翌月も購入。

しかし届いたのは、茶と緑のストライプ。





気持ちが暗くなるので、写真での公開は控えますが、

ワタクシの長い人生の中で、色の選択で茶色と緑色を組み合わせたことは一度もありません。

ワタクシのピンクの掛け布団カバーとめっちゃ相性悪いわ~。

でも、仕方ないのでこっちは現在ワタクシが使用中。





三度目の正直でもう一枚、

二人で一枚ずつ洗いがえがいるから更にもう一枚と四枚続けて購入しましたが、

ついに納得のいくおしゃれな枕カバーには出会えず。





こういうのってあれですか?

変な柄から送っておいて、「今度は」、「今度こそは」って気にさせて買わせようという作戦ですか?

こういう定期購入モノで気に入った色や柄のものが来たことがないんですけど・・・。





上の写真を見て思ったのですが、

実物と写真は少し色が違って見えるので、カタログのは良く見えるのでしょうか?

何色も並べるからよく見えるのでしょうか?




なんとなく騙されたような気になってるんですけど・・・。

だから、こういう定期購入モノにはもう手を出さないことにしています。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーの内側の紙

P9090852こんにちは。

インスタントコーヒーの蓋を開けると、内側に紙が貼ってありますよね?

開封するまで湿気らないよう密封するために貼ってあると思うのですが、

さて開封後、みなさんはこの紙をどうしてますか?






ワタクシは全部きれ~に剥がさないと気がすまないタイプ。

ビンの外側にちょこっと残っているのも許さないです。





半分だけめくって使い続ける人もいますね。

それはいけないらしいですよ。

蓋がきっちり閉まらないからそこから空気が入るらしいです。





随分前ですが、一番いい方法は紙を剥がさずに小さく穴を開けて、そこからポンポンッと出して使うのがいいと聞いたことがあります。

でも、聞いたことはあってもワタクシは全部剥がさないとどうにも気がすまないタイプ。




だったら完璧に、0.01mだって隙間ができないように紙を取っ払ってやるっ!!

というくらいの勢いで(?)紙を剥がしていたのですが・・・、





人間、長く生きていると角が取れてくるもんですね~。





P9090854急に思い立ちまして

このたび、紙を剥がさずに穴をあける方式を導入してみました。





とってもいいです。

スプーンを使わずに片手でポンポンッと出せるし。


でもね、

今こうして写真で見ているだけでも、紙を剥がしたい衝動が湧き起こってくる・・・。

この穴あけ方式もいつまで続けられるかな?





ちなみに、

インスタントコーヒーのメーカーなどでは

ビンの縁の接着部分と外側のはみ出た部分は残して、ビンの内側だけをきれいに切り取って使うという方法を推奨しているようです。

でもこの方法だと何回も蓋を開け閉めしているうちにはみ出た紙が擦り切れて

ビンの中に紙片が入るんじゃないかな?





紙が擦り切れるのは穴あけ法式も同じですが、侵入口が小さい分被害が少ないのではないかとワタクシは考えます。





じゃあ、やっぱり全部取っ払い法式が最良なのかな?

ああ、剥がしたい・・・。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうだ、かき氷食べよう。

P7140456こんにちは。

柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」の夏の人気メニュー「甘酒氷」。

さっぱりとした甘さの甘酒のかき氷です。





ほぼ毎年の傾向なんですが、

朝晩が少し涼しくなり秋の気配がしてくる8月の下旬は、かき氷の気分もちょっと薄らいでくるんでしょうね。

甘酒氷を注文されるお客様も減ってきます。





ああ、今年はこれで一段落かな~と思っていると、9月に入って再燃。

やっぱり残暑には勝てません。

今年もまだまだ暑いです。





「そうだ、かき氷食べよう」

ってことになるんでしょうね。

今月に入ってから甘酒氷をよくご注文いただきます。





あと、この夏はまだかき氷を食べていなくって

「そうだ、今のうちにかき氷を食べよう」って思いつくのもこの時期かもしれません。





一応、甘酒氷は今月いっぱいやる予定です。

そんなに慌てなくても大丈夫ですよ。





でも、台風も去ってお天気が良くなるこの週末あたりは「かき氷日和」じゃないかな?





あと~、

あえて涼しくなった9月にかき氷を食べて、過ぎていった夏の日を思い出すっていうのもよくないですか?






あ、なんか「こじつけ感」がプンプンしてきました?

とにかく、甘酒カフェ「ゆふ」では今月末まではりきって甘酒氷をやってますので、

みなさま、お食べ逃しなく!!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬか喜び

P9070845こんにちは。

我が家のガーベラは、真っ赤な花が咲きます。


小さな鉢に植わっていて、ちらほらとたまに花咲いていたのですが、

去年あたりは何か病気にかかってしまったようで、葉っぱが白っぽく変色していかにも具合が悪そう。

もうだめになってしまうのかと思いましたが、

ダメもとでホームセンターで買ってきた何にでも効きそうな薬をかけてみたら見事復活。

しかも、去年までよりもたくさん花が咲きはじめました。





P9070849先日も三つ花が咲いていました。

茎が長くて風ですぐに折れてしまうので

台風12号が来る前に切ってお店に飾りました。






結局、この地方には台風12号は来なかったけどね。






で、今朝、

花のなくなったガーベラの鉢を見ていたら、

もう次のつぼみが伸びてきていました。




それが、なんと・・・





P9070844赤くない!?





白?

ちょっと黄色がかってるけど。





ここには一つの株しかなくて違う色が出てくるはずはないのですが、

ひょっとして突然変異で白い花が咲くってことでしょうか?

ヒガンバナでたまにありますよね?





赤い花の株に白い花が咲いて、

こりゃ、紅白で縁起がいいじゃないですか!やった~!!

と、喜んでいたのですが・・・





P9070850先ほど見ましたら、

白いはずのつぼみが、一部ですが若干赤っぽく色づいておりました。






あ~あ、これから色が出てくるところだったのね。

ぬか喜びしてしまったじゃないの。





でも、いいよ。

たくさん咲いてくれればそれだけで十分うれしいんだから。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブーム去る

こんにちは。

世の中に「絶対」ということはそんなに多くは存在しません。





P7140467ご近所の仲良し猫の福ちゃん、

ジャンボエンチョーで買った猫じゃらし(写真右)を、あんなに愛していたのに・・・。





最近、冷めてるんです、その愛が。

マイブームが完璧に去っております。

飽きちゃったってことですね。

あ~あ、遊びすぎたかな、こりゃ?

まだ予備で2本、うちに新品が買ってあるんだけど・・・。





今のブームは、エノコログサ(写真左)。

そこら辺にはえてる草。元祖”猫じゃらし”です。

もうこれで遊ぶ遊ぶ。



思えば、猫のおもちゃとして売られている猫じゃらしのベースとなっているのは、エノコログサですよね。

そりゃ、猫が喜ぶのも無理はないけれど。





エノコログサでも房が長いのやら短いのやらいろいろ種類があって、

福ちゃんはうちの横にはえてるのよりも、福ちゃんチの横にはえてる大きくて張りのあるのがお気に入りのようです。





だったら、そのはえてるところに行って一人で(一匹で)遊べばいいじゃん。





P9030748「え~っ、それじゃあつまらニャいよ~。

センセイと遊ぶのが楽しいんだから。

セイセイのことは、ずーっと大好きニャよっ!!」



って、あくびしながら言うなっ!!





ま、エノコログサも冬にはなくなるから、

そしたら”ジャンボエンチョーじゃらし”に帰ってくるんじゃないかな?



にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっとよく見ましょう

こんにちは。

毎日食べる我が家のヨーグルトは豆乳ヨーグルト。

市販の牛乳のヨーグルト100mlに豆乳1Lを加えてヨーグルトメーカーで作ります。





ヨーグルトメーカーの容器に種のヨーグルトを入れ、

そこに豆乳1Lをドボドボと加えます。





今朝もその作業をしておりましたらあるものが急に目に飛び込んできました。

豆乳の箱に書いてあった注意書き「注ぎ方のポイント」





P9050839あれ?こんなの今まで書いてあったっけ?

「注ぎ口がパックの上側になるようにします」





パックの上側?

って、注ぎ口ってパックの上に付いてるでしょ、普通。






文章の意味がよくわからず、そこに書いてあるイラストをしげしげと眺めてみたら・・・




あ~あ、横に寝かせて注ぐ時に注ぎ口が上に来るってことね。

あっ、そう?

こっちが上?


ワタクシ、ずーっと、注ぎ口をコップの縁に近づけるために下にしてました。

あ~あ、なるほど、上から空気が入るからね。


どおりでいつもドボドボ飛び跳ねると思ってた。

これが普通だと思っていたけれど、

そっか上手な注ぎ方があったんだ!





やってみたら、確かに飛ばずにトポトポと静かに注げます。

知らなかったわ~、

親切にこんな説明が書いてあったとは。


上手に注げるようにわざわざ注ぎ口を少しずらして付けてあるってことですよね。

気付かずにすみません。



みなさん、こういうとこ、ちゃんと読むんですか、普通?

ワタクシ、箱の裏側まできっちり読むタイプじゃないもんですから・・・、へへっ。

これからは箱の裏側もちゃんと読むようにします、時々は。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の一大イベント

P9030757こんにちは。

事務所の蛍光灯がLEDに変わりました。

若干暗くなった気がします。


店を建て替えた時に旧店舗で使っていた蛍光灯を再利用したため

部屋の大きさとサイズが合わず、

壁に対して斜めに蛍光灯がついております。

当然LEDになってもサイズは同じで斜めについております。





LEDだと初期費用は高いですが消費電力は少ないし、寿命も長いのでそれを考えればお得。

ちなみにこれは15年持つそうです。

15年後か~。





・・・・・・





確実に歳とってるな~、ワタクシは。

まあ、みんな平等に時間は流れるので歳をとっているのはワタクシだけではないと思いますが。




でも例えば、この先もっともっと技術が進歩して

LED電球の寿命が何十年にもなったとすると

電球の交換というのは人生の一大イベントになってきますね。





次の電球交換は孫の代なんてことにも?

電球の交換の仕方を知らない人も出てくるかもしれない。





息子:「お父さ~ん、僕の部屋の電気が点かないよ」

父 :「えっ!なんでだ?故障か?待てよ~、これはもしかしたら電球が切れたってことか?」

息子:「電球が切れる?切れてないよ。ちゃんと天井に付いてるよ。切れたら落ちてきちゃうでしょ?」

父 :「そうじゃなくて電球にも寿命があって、寿命を迎えると使えなくなるのさ。新しい電球と交換しなくちゃいけないんだ」

息子:「ふ~ん、その交換ってお父さんにもできるの?電気屋さんがするの?」

父 :「俺はまだやったことないからな~。平成生まれの実家のじいちゃんなら昔換えたことあるぞ。日曜日に来てもらって教えてもらうか?」

母 :「あら、じゃあ、せっかくだからお寿司でもとりましょうか?」

娘 :「やったー!ケーキも、ケーキも食べようよ!」

父 :「仕方ないな~。ボーナスも出たし、豪勢にパーっとやるかっ!」





未来の一般家庭でこのような会話がなされるかどうかは定かではありませんが、

まあ、最長15年位がちょうどいいんじゃないかとワタクシは思います。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでたい名前

こんにちは。

9月に入りましたので、そろそろ敬老の日の贈り物向きの商品のご紹介など。

(価格はすべて税別です)





P9020739まずは、お馴染み伊勢屋さんの黄金コンビ。



大吟醸「延年」(写真左)

720ml ¥2000




純米酒「不老門」(右)

720ml ¥930




どちらも辛口。

”ご長寿っぽい名前”がおススメポイントです。







P9020740続いて、こちらもお馴染み

田原蔵王山麓芋焼酎「亀若」(左)

720ml ¥1389





特別純米酒「若竹」(右)

720ml ¥1150





ずばり「若」の付く名前で若さを強調。

「竹」とか「亀」とかもおめでたい感じでしょ?

「まだまだ若いモンには負けんぞ~!」とおっしゃる若々しいおじいちゃま、おばあちゃまに!





P9020741そして最後、

究極のおめでたい名前

四海王の純米酒「福」

720ml ¥1000





と、名前のみで選んだラインナップですが

この他にも東三河の地酒を中心にいろいろ取り揃えておりますので

お気軽にお立ち寄りくださいませ。





尚、四海王・福とは関係はありませんが、

たま~に看板猫の福ちゃんが入り口でお出迎えするかもしれません。

滞在時間は短いので、出会えたあなたはかなりラッキー!?



P9010736


「拝んでも宝くじは当たらニャいよ」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやもや

こんにちは。

今日、昼食の支度をしているときに菜ばしを手に取った義母が

「菜ばしのひもって邪魔じゃない?」

と聞いてきました。

最近、菜ばしが新しくなったんですね。





中にはひもで繋がってないものもありますが、

昔からの菜ばしってなぜか上の部分に穴を開けてひもを通して2本が離れないように結んでありますよね。

で、そのひもがまた短くて、使いづらいんですよ。





「邪魔です、邪魔です。なんでそれって結んであるのかとずっと思ってました」

「だよねぇ。なんのためなんだろ?」

「ねぇ、穴まで開けてねぇ」

「切っちゃお」

義母、はさみを取り出してばっさり切っておりました。





そっか、邪魔だと思ってたのはやっぱりワタクシだけではなかったんだ。

でも、そんなふうに思われてもまだ、こうしてひもで繋いであるにはなにかわけがあるに違いない。

どこかに引っかけて吊るしておくためとか、

1本がなくならないようにするためとか?

いや、古い日本の伝統の中で長く使われてきた菜ばし、

なにか便利な使い方がこのひもにはあるに違いない。





そうだ、調べてみよう!


理由は主にふたつあるようです。





P9010723ひとつは、

どこかに引っかけて吊るしてすぐに手に取れるようにするため。

すぐに乾くから衛生的。





もうひとつは、

なくさないように。





って、ワタクシが思ったそのまんまやないか~い!!

もうちょっと何か理由がなかったんでしょうか?





あんなに長いものがそう簡単になくならないし、

だったら普通のはしも繋いどいたほうがなくならなくていいと思うし。





もやもや、解決できなかったわ~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »