« いろんな仕事があるもんだ | トップページ | 歯が命 »

シバタの「シバ」

こんにちは。

先日電話で初めて話をする人に、

「シバタさんはどういう字をお書きますか?」と聞かれました。





え?

柴田という名前になって十数年経ちますが、電話でそういうの聞かれたことってあまりなかった・・・。





シバタといえば「柴田」が一番メジャーじゃないですか?

他には・・・「芝田」?





「えっと~、難しい方の”柴”です」

ここでワタクシが言う「難しい」とは「画数が多い」ということだったのですが・・・


「う~ん・・・難しい方の・・・?」

「あっ!柴田理恵さんの”柴田”です」

「シバタリエさん?・・・ああ、ああ、柴田理恵さん!」

「ええ、上が”比べる”みたいな字の・・・」

「はい、はい、わかります」





急に訊ねられたのでとっさに浮かばなくてドギマギしましたが、

後で考えてみて

「柴犬の柴」ってのはどうだろうと思いました。





ワタクシより柴田歴が長い夫にこのことを話すと

「ボクは柴田恭兵の柴って言うけどね」。





う~ん、一昔前ならそれもありだけど、今の若い人に柴田恭兵はびみょ~。

老若男女が知っている、今一番メジャーな柴田さんはやっぱり柴田理恵さんじゃないでしょうか?

柴犬とどっちがメジャーかな?





P6270372「”紫(むらさき)”の下が糸じゃなくて木」っていうのもいいかもしれないけれど

「紫田」と間違えて書かれることはよくあって

癪に障るのでこれはやめておこう。




で、そもそも柴って何よ?って話になると思うのですが、

榊(サカキ)みたいな、

榊よりちょっと葉っぱが小さくてギザギザしていて

神棚や仏壇にあげたりする木のようです。

地域性もあって使わない地域もあるかもしれません。



まあ、地味な木ですが

柴田家のご先祖様の家の近くにはきっと柴の木がたくさん生えていたんでしょうね~。


にほんブログ村

|

« いろんな仕事があるもんだ | トップページ | 歯が命 »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/63835951

この記事へのトラックバック一覧です: シバタの「シバ」:

« いろんな仕事があるもんだ | トップページ | 歯が命 »