« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

なんという偶然

こんにちは。

土砂降り静岡旅日記、第五話。

昨日の続きです。





最後の訪問地はお馴染み「焼津さかなセンター」。

ワタクシはここに来るのは二回目ですが、

今回はぜひ買って帰りたいお目当ての物がありました。





「なまり節」です。





焼津の特産品らしいです。

三枚におろした生の鰹を燻したものだそうです。

鰹節よりも柔らかい、半生タイプの鰹節って感じ。

これまでにも食べたことはありますが、ちょっと前にテレビでやっていてとってもおいしそうだったから。





P4180019結構いいお値段しましたが、

食べてみると食べでがあって、

スライスした新タマネギをトッピングしてポン酢で食べたり、

ツナ感覚でサラダに入れたり、

大根と煮たら良い出汁が出たりと

いろいろ楽しめました。

この日のさかなセンターの人出はまばら。

この天気だからこんなもんかと思っていましたが、

なまり節のお店の人が「地震の影響か、この週末はお客さんさっぱりで・・・」と言っていました。





そんな数少ないお客さんなのに、その中に知り合いを見つけました。

うちのすぐご近所のご一家。

なんという偶然。





こんな天気に、よく焼津まで出かけてきましたね~!

って、それはお互い様だ~!

でも、珍しかったわ~。

ご一家勢ぞろいしていたから。

近所に住んでいても、ご家族が勢ぞろいしているところってなかなか見かけないですからね。





P4170160ということで、焼津さかなセンターでたっぷりと買い物を楽しんで帰路に就きました。

途中で何回か雲の切れ間も見えましたが、やっぱり暴風雨は続き、

車窓から見える遠州灘は今まで見たことが無いような激しい荒波が打ち寄せておりました。





雨の中、酒蔵を見学し、海産物を食べ、水族館を見、荒波を眺め・・・





おお~、すべて水に関係があるじゃないの!

なんとも水づくしの楽しい一日でした。

<おしまい>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りゅうぐうのつかい

こんにちは。

土砂降り静岡旅日記、

昨日の続きですが、いつまで続くんでしょうね?




さて、東海大学海洋科学博物館です。




P4170147知らなかった~。

リュウグウノツカイってこんなに大きい、

っていうか、

こんなに長いんだ~。

知ってました?





この写真じゃよくわからないかもしれませんが、

体長5~6m、大きいもので10mくらいになるらしいですね。

テレビでは見たことあるけど、ウツボくらいの大きさのものだと思っていました。

(ここに展示されていたのは標本です)





こんな長いものが海の中を悠々と泳ぐんですね。

確かに、竜宮城から来てそうですよね~。

「ぼうや~ よい子だ 寝んねしな~ 状態」です。

(↑あれは空を飛んでます)




そして、

「ファインディング・ニモ」でお馴染みカクレクマノミ。





P4170151ニモニモニモニモニモニモ・・・・・・

すっごい数のニモがいました。

こんなにたくさんいるのは初めて見ました。





それにしてもカワイイ。

なんでこんなにカワイイ模様になっちゃったんでしょうね?

「カクレ・クマノミ」って、

そんなに隠れたいならもっと地味な色にしとけばよかったのに・・・。





ということで、予定外でしたが水族館を満喫。

魚達がゆらゆらと水の中を泳ぐ姿を眺めるのは、

気持ちが落ち着いて、癒し効果があるらしいですよ。




うん、確かに癒された~!

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁がなかった

こんにちは。

土砂降り静岡旅日記、昨日の続きの第三話です。





清水で豪華マグロ尽くしのお昼ご飯を堪能した後は

日本平からロープウェイで久能山に渡り、久能山東照宮を参拝・・・





する予定でした。

でも、日本平のロープウェイの乗り場に行くと暴風雨のためにロープウェイは運休になっておりました。





そっか~・・・

日本平には以前一度来たことがあります。

結婚前に夫と来たのですが、

富士山が見えると思って来たのにその時もあまりお天気がよくなくて

富士山はおろかイマイチな眺めしか見ていないという残念な記憶があります。





日本平とは縁がないってことね・・・。

日本平には二回行ったことがあるのに、

日本平からの眺めを知らないワタクシです。





じゃあ、いちご狩りでもしようかということになったのですが

ロープウェイの乗り場の人に聞いたら

この暴風雨ではいちご狩りもやっていない、とのこと。





じゃあ、どないすんねん、ということになりまして・・・

(↑愛知県人に一人大阪人が混じっております)





一行に静岡県にちょっと土地勘のある人がいまして

その人の案内で「東海大学海洋科学博物館」というところに行ってみることになりました。






P4170153_2いわゆる、水族館ですね。

う~む、

なんだか昭和の香りのする建物。

でも、水族館は嫌いじゃないです。




よっしゃ、はりきって行ってみよ~!

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギなしネギトロ

こんにちは。

昨日の続き、土砂降り静岡旅日記の第二話です。






P4170145大村屋酒造さんの蔵見学の後は清水港にあるエスパルスドリームプラザでお昼ご飯。

豪華マグロ尽くしでございます~っ!





いや~、一度にこんなにマグロを食べる機会なんてなかなかありませんよ~。

めばちまぐろにびんちょうまぐろ。

中トロに赤身。

炙りにネギトロ。、

マグロにもいろいろありますね~。






と、ここで、一行の一人があることに気付きました。



「ネギトロにネギが入ってなくない・・・?」





ああ、ホントだ。ネギの味しない。

入れ忘れ?





店員さんに聞いてみました。

すると・・・





「ネギトロのネギは野菜のネギではなくて、”ねぎ取る”のネギなんです。

マグロの身をスプーンなどでねぎ取ることからそう言われるようになりました」





へえ~~~~~、知らなかった!

さすがマグロ専門店のお姉さん、よくご存知で。

勉強させていただきました。





でも、

たとえ邪道だとしても、

ワタクシはネギが入っているネギトロのほうがどちらかというと好きだな。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地域密着型リサイクル

こんにちは。

先週の日曜日のこと、愛知県小売酒販組合青年会の日帰り研修旅行で静岡県に行ってきました。

あの土砂降りの日曜日です。





P4170131まず、島田市にある大村屋酒造さん蔵見学です。

土砂降りだったので屋外の写真は一枚もありませんのであしからず。

(さっき大村屋酒造さんのホームページを見て知りましたが、洒落た外観だったのね)





まず、大村屋さんの倉庫はすごいですよ。

全部冷蔵設備がついています。

倉庫全体が大きな冷蔵庫。

大村屋さんのお酒は瓶詰めされた後もすべて冷蔵庫で保管されます。

だから、蔵見学も超寒かったです。






P4170136お話し上手な杜氏さん(独身・花嫁募集中?)が蔵の中を案内してくださいました。

そのお話の中のひとつなんですが・・・、





大村屋さんのお酒を搾った後の酒粕は、みんなわさび漬けに使われるのだそうです。

な~るほど!さすが静岡。

世の中に流通している静岡県産のわさび漬けの量を考えると

多分、大村屋さんだけでなく静岡県の酒蔵の酒粕はほとんどわさび漬けに使われているんでしょうね。





そして、お米。

お酒造りはまずお米の精米から始まります。

玄米を精米すると当然その削りかすの米ぬかが出ます。

お酒の場合は食用のお米よりもたくさん削るのでたくさん米ぬかが出ます。





お米の外側の方の米ぬかは、お茶畑に肥料として撒かれます。

これまた静岡チックです。

そして、内側に近いほうの米ぬかは味が良いので食用の米粉として使われるのだそうです。





なんと無駄の無い、

そして

なんと地域密着型のリサイクル!

これには感心しました。

やるな~、静岡県。





そんなわけで、「土砂降り静岡の日帰り旅日記」

はじまり、はじまり~!

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認定

P4250038こんにちは。

この度、柴田屋酒店が企画販売する田原の銘酒・純米大吟醸「優」が、

田原市が実施する「渥美半島たはらブランド」というのに認定されました。





「渥美半島たはらブランド」は

田原市で生産、製造、加工されたものや、田原市産の原材料を使用しているものが対象になりますが、

「優」は田原市野田町で栽培された減農薬栽培コシヒカリを使用しておりますので、この対象です。





で、「渥美半島たはらブランド」に認定されると、ふるさと納税の返礼品としても活用していただけるのだとか。

田原市に寄付金をしてくださった方に御礼としてさしあげる品ですね。

田原市をとっても愛してくださっている方へのお返しに使っていただけるなんて、とっても光栄!




でも、田原市は農産物・海産物の宝庫ですから返礼品もグレード高そうですよね~。

並み居るハイグレードな返礼品の中からうちの「優」が選んでもらえるかどうか・・・

ちょっとドキドキです。





ということで、GWも近づいてまいりまして、

帰省のお土産どうしようかな~なんて考えているアナタ!

ほらほらっ、「渥美半島たはらブランド」のおいしい地酒なんてどうですか?




純米大吟醸「優」は、

柴田屋酒店の他にも

道の駅「田原めっくんはうす」と「あかばねロコステーション」で好評発売中です!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご迷惑をおかけします

P3190035ニャッ!

(↑”こんにちは”の意)

柴田屋酒店のご近所に住んでる猫の「福ちゃん」ニャよ。

今日は柴田屋酒店に来るみニャさんにお知らせがあるニャ。





今、柴田屋酒店の前は道路の工事中です。

今日は歩道の縁っこを造る工事をやっているんだって。

それで、歩道の工事がとおせんぼしてるから道路から柴田屋酒店の駐車場に車が入れニャいんだって。

あ、すぐ西側の駐車場も入れニャいよ。





P4230030だから、柴田屋酒店に車で来る人は、萱町交差点のところの中央公園の東側に車数台が駐車できる公共駐車場があるから、そに停めてニャ。

柴田屋酒店まで人間なら徒歩1分位です。

猫は素早く移動するから30秒位で行けちゃうけど、また車にはねられるといけないから道路には飛び出さないニャ。






ということで、柴田屋酒店に来る人達には迷惑かけてごめんニャさい。




P4020015_2ま、アタチはこのことは全然関係ニャいよ。

だって、いつも歩いて来るからニャ。

でも、工事の車が動いている時は恐いから酒屋さんに行けないニャ。

早くいなくならないかニャ~。





ぴーちゃん、今日も工事のおじさんたちが帰ったら一緒に遊ぼうニャ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんニラ玉しりしり

こんにちは。

ひと月ほど前に、我が家にニンジンが大量にあって

「にんじんしりしり」などで大量消費を試みているお話はしましたが、

現在もまだニンジン消費拡大キャンペーンは続行しております。

ええ、そんなに我が家にはニンジンがあるんです。





先日、夕食のメニューが決まらずにスーパーをグルグル回っておりましたら

すぐ後ろにいた人が「あっ!ニラが安い。ニラ買お~」と言っているのが聞こえてきました。





ニラか~。

そうえいばしばらくニラは買ってないな。

そうだ!ニラ玉にしよう!





子供の頃、喫茶店に行くといつも自分で決められず

姉が注文するものを真似して注文しておりました。

大体クリームソーダなんですけどね。

で、緑色と赤色の二色が出てくると大体妹は赤い方がもらえるんです。





という妹気質なので(?)

誰だか知らないけどスーパーでたまたま後ろにいた人の意見を参考にさせていただきました。





ニラ玉も作り方はいろいろありますが、

まあ、面倒くさいので豚肉を入れて塩コショウで味付けでもしておこうと考えまして調理を始めたのですが、

玉子と炒めて塩コショウ?

どこかで聞き覚えのあるこのフレーズ・・・





そうだ!

「にんじんしりしり」と同じだ~。





ということで、急遽、ニラ玉にニンジンを投入することになりました。

ニンジン消費のこのチャンス、逃してなるものか。





入れて見るといいんですよ。

何がいいって、色がいい!





P4160130ニラの緑に玉子の黄色、そしてニンジンの赤。

色のバランスがいいってことは、栄養のバランスもいいに違いない。





名づけて「にんニラ玉しりしり」、

よかったら試してみてくださ~い!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24時間泳ぎます。

こんにちは。

まちなか賑わいづくり実行委員会のこいのぼりイベントですが、

今年は新企画、「泳げ!みんなのこいのぼり」というのをやっています。

地元の園児のみなさんが色を塗ってくれたこいのぼりが、まちなかの商店の店先を元気に泳ぎまわりま~す!(?)





ということで・・・、





P4210026来た来た~っ!

柴田屋酒店にも来ましたよ~。





何ですか、これは?

って、こいのぼりですよ。

筒状に丸めた塗り絵の紙を繋げて、こいのぼりにしてるんです。





風がなくても確実に泳ぎます。

しかも24時間泳ぎ続けます。


こいのぼりが、お団子のようにというか

めざしのように連なって

想像以上のかわいさで、

非常にワタクシのツボにハマっております。





お店の外に置いてたくさんのみなさんに見ていただきたいところですが、

なんせ田原は風の街。

瞬く間にこいのぼりが風で引きちぎられて飛んでいくのは目に見えておりますので

お店の中に展示することになっております。






「こいのぼり見に来た~」と言っていただければ

各お店先着10名様に「ミニこいのぼり」を差し上げます。

買い物もしないのにお店の中に入るのはなんだか気が引けるとお思いかもしれませんが、

どうぞ遠慮なく、お気軽にお立ち寄りくださいませ。






P4210025それにしても大家族ですね。

「崖の上のポニョ」くらい兄弟多くないですか?





みんな仲が良さそうでなによりです。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二時間の距離

こんにちは。

昨日の続きの旅日記ですが、

この旅に出たのは15、6年前です。





二泊目は湯布院で、女性好みのそれなりに小洒落た温泉旅館に泊まりました。

三日目は昼過ぎにはもう帰途に就くので遠出はできません。

半日だけ湯布院の散策です。





湯布院の目玉はなんといっても金鱗湖。

旅行のパンフレットで見た朝霧が立ち込める木立の中に浮かび上がる金鱗湖。

あの金鱗湖を見ずして湯布院に来たと言えるだろうか!


はりきって金鱗湖を目指して出かけたのですが・・・





いわゆる一つの「がっ〇り名所」?

写真とは違ったな~~~。

いえ、15、6年も前の話なので今はまた違うかもしれない。

そう願いたい。





それでも、温泉街から金鱗湖までは美味しそうな物やおしゃれな物のお店が立ち並び、

女子達は大満足。

やっぱり湯布院ってステキなところ。





帰りは大分まで電車で移動。

そこからバスで大分空港に向かいました。






そのころワタクシは名古屋空港(現県営名古屋空港)の近くに住んでおりまして、

友達の彼氏が空港まで車で友達を迎えに来たのに乗っけてもらって

ちゃっかり家まで送ってもらいました。





確か5時過ぎの便で大分空港を発ったと思うのですが7時過ぎには帰宅。

「九州なんて近いもんだな~」と思いながら7時半には家で夕飯を食べておりました。





そんな九州で大きな地震。

テレビのニュースを見るたびにあの雄大な阿蘇の風景が浮かんできます。

あの時はあんなにきれいだったのに・・・。





大自然の中でなんと人間は無力なのだろうと思い知らされますが、

それでもその大自然に負けずに人間は今日まで命を繋げてきました。

どんなに打ちのめされてもみんなで手を取り合えば必ず立ち上がれる、

その力を人間は持っているのだと信じたい。





P4200023飛行機で二時間の距離もなかなか飛んではいけないけれど・・・





がんばって!


ではなくて


がんばろう、熊本!

がんばろう、九州!

<おしまい>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行けばわかる

こんにちは。

昨日の続きです。





その九州旅行の1、2年前に職場の同僚も九州に行っておりました。

新婚だった彼女は夏休みを利用して旦那様と二人で一週間くらいかけて車で九州を周りました。





ワタクシが阿蘇に行く話を彼女にすると

「ホントに~?阿蘇はね、いいよ~~~」

どんな風にいいのかと訊ねると

「行けばわかる。ホントにいいよ~。阿蘇はいいっ!行っといで、行っといで~」





わりとざっくりと物事をとらえるタイプの彼女だったもので具体的な情報は得られませんでしたが、

そっか、そんなにいいんだ~。


と言うことで、九州旅行二日目。

朝から高速バスで移動です。

福岡を発って当日の宿がある由布院に向かったのか、

阿蘇方面に向かったのか、

その辺の記憶が定かではありませんが・・・


はっきりと覚えているのは

一夜明け、すっかり様変わりした福岡の街。





確か、この通りは夕べ通ったはず。

あの時、ぎっしりと立ち並んでいた屋台は塵一つ残さずこつ然と姿を消していました。

良く見れば、そこは都市銀行や大手企業のオフィスがひしめき合うオフィス街のど真ん中。

土曜日の朝なので人通りもそんなにありません。

夕べのあれは夢だったのかとさえ思えてきました。





そこから2時間位バスに乗ったんだっかな?

バスを降りて近くでレンタカーを借りまして、

阿蘇までドライブです。





阿蘇はね、いいですよ~。

わかった~!!

彼女の言いたいこと、よくわかりました。




本州とは明らかに違いますね。

山並みも、生えている木々も。

自然の大きさに圧倒されます。





ほんと~~~に、阿蘇はよかった!

行けばわかる、

行けばわかるんです、けどね・・・・・・





「よかった」と過去形にしてしまいましたが、




「阿蘇はいい!」と胸を張っていえる日が

一日もはやく訪れますように。





P4190021写真は阿蘇山じゃなくて今日の田原の「蔵王山」。

阿蘇山ほどじゃないかもしれないけれど、

これはこれでいい山です。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西へ・・・

こんにちは。

九州へは、

独身の頃に一度だけ行ったことがあります。

女友達と三人の旅。





なぜ九州に行くことになったのかは覚えていないけれど、

ワタクシはあまり西の方に旅をしたことがなかったこと

「湯布院」という言葉の響きがなんだかステキだったこと、

そんな理由だったような気がします。





11月の最終週だったかしら?

週末を利用しての二泊三日の旅。

それぞれが金曜日の午後に半休をとって職場から空港へ。

正確には二泊二日半の旅です。





週末の夕刻の飛行機の中はスーツ姿のビジネスマンがほとんどで、

窓の外を見ながらキャッキャと声をあげるワタクシ達はちょっと浮いていたんだろうな。






福岡に着くともう夜です。

「一蘭」というとんこつラーメンのお店が有名なのだと友達が調べてきてくれたので行ってみました。

座席はすべてカウンター席で、一人ずつしきってあります。

麺の硬さ、つゆの濃さ、こってり加減、トッピングの具など

それぞれの好みに応じてオーダーできるという画期的なシステムにびっくり!

本場のとんこつラーメンを堪能しました。






その後は福岡名物の屋台へ。

多分・・・中州だったと思います。

これも友達が調べてくれた川沿いの評判の屋台。



P418001810人ちょっと座れば満席になる屋台の中、

ワタクシ達以外のお客さんはみな常連のようで

よそ者のワタクシ達は会話に入ることができずちょっと居心地が悪かったけれど

屋台の大将のおすすめで始めて飲んだ蕎麦焼酎は

ほんのりと蕎麦の香りがしておいしかった。

確か「雲海」だったと思う。





屋台を出た後はあてもなく街をブラブラ。

数え切れないほどの屋台が立ち並び街に彩りを添えています。

年末が近かったせいか人通りも多く街はとても賑やか。

福岡のパワーを感じました。





そして散々食べたくせに、たまたま立ち寄った洋菓子屋さんで調子に乗ってデザートのチョコレートを買って、ホテルへ戻りました。





九州に初上陸してまだ数時間しかたっていないけれど、

なんだか妙に濃い~い時間を過ごした気がします。

夜の街の熱気にやられたな~。

<つづく>


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レタスの花

こんにちは。

サニーレタスの苗をもらって、サニーレタス栽培に初挑戦したことは以前書きましたが・・・





なんだかこの冬は野菜のもらいものが多く、

そっちの片付けに精を出していましたら

その間にサニーレタスはグングン育ちまして、

一部はちゃんと我が家の食卓にあがりましたが

一部は採り入れの機会を逃しそのまま育ち続けておりまして、





気が付いたら、

つぼみが出てきているじゃあ~りませんか!

もう抜いてしまおうかとも思ったのですが、

そういえば・・・






キャベツの産地の田原ではキャベツ畑でキャベツが花を咲かせているのはよく見かけます。

ブロッコリーも同様です。

ああ、白菜も見かけます。

あ、大根も。

どちらもアブラナ科なので、菜の花のような花がさきます。





キャベツ・ブロッコリー・白菜は菜の花よりも少し薄い黄色、

大根はちょっと紫がかった白っぽい花が咲きます。






でも、そういえば・・・






レタスの花って見たことないな~。






急に「レタスの花を見てみたい!!」という衝動にかられまして、

もうしばらく抜かずに置いておくことにしました。






サニーレタスとレタスはまた違うのかな?

ネットで調べればすぐにわかることですが、

なんでもネットに頼っていてはいけないのだ!






P4160129サニーレタスの花を見てみたい!という方、

2週間後には見られるんじゃないかな?

いらしてくださ~い!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちご甘酒

こんにちは。

柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」のメニューのひとつに「かわり甘酒」というのがあります。

期間限定で「味がかわる」のと、

普通の甘酒でない「かわった味」

を引っかけて「かわり甘酒」としております。





ベースは酒粕の甘酒で、これに一味足します。

季節感のある素材を加えることが多いです。

ちなみに、今日までは「桜」。





自分ではこの桜味は結構気に入っているのですが

ソメイヨシノはすっかり散っちゃったようなのでいつまでもしがみついているわけにもいかない。





ということで

明日からは、「苺」

安くなってきましたからね。

(↑最重要事項)





P4150128イチゴをジャムにして甘酒に入れます。

毎年この作業をしていて思うのですが・・・




やっぱりイチゴっていいよね~。

味もいいけど、香りもいいし、色もきれい!

思わず試食もすすみます。(?)







ということで、

明日からの甘酒カフェ「ゆふ」の「かわり甘酒」は「苺」です。

ワタクシが試食で完食してしまう前に、ぜひ飲みにいらしてくださ~い!





ーーーーーー

国内屈指のイチゴの産地、熊本で大きな地震がありました。

御見舞い申し上げると共に、

一日も早い復興を心よりお祈りいたします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアな体験してみませんか?

こんにちは。

そういえば最近、あまりこのブログでご案内していなかったので

久々のご案内です。





P4140125もう最近は東三河の地酒の中のビッグネームと言ってもいいほどの人気です。

純米大吟醸「酛々(もともと)」です。





そんな「酛々」の原料のお米、誰が植えてるかご存知ですか?

ビッグな農家さんが植えていると思ったら大間違い。(?)

植えているのは「一般消費者」のみなさんです!






「酛々」の原料となるお米は毎年豊橋市岩崎町の田んぼで栽培されます。

そのお米の田植えを一般消費者のみなさんに手伝っていただいて行っております。

毎年恒例の田植えイベントが、今年も6月5日(日)に開催されます。





現在、参加者を大募集中!

(詳しくはこちら→





ご家族やお友達と賑やかに植えていただいても

お一人様で黙々と植えていただいてもOKです。

奮ってご参加くださいませ。

軽食とお土産に酛々1本が付いています。





アナタの植えたそのお米が、おいし~い人気の地酒になるという

レアな体験してみませんか?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩麹とめかぶワールド

こんにちは。

まずは、柴田屋酒店・塩麹教室お知らせ。





来週の月曜日、4月18日に柴田屋酒店にて塩麹教室が開催されます。

時間は午後1時30分から約1時間。

費用は500円(税込み)。

参加者を募集しております。詳細はこちら→★


お申込・お問い合わせは柴田屋酒店(0531-22-0826)まで

朝9時から午後7時の間で承ります。

尚、3~4人のグループでお申込いただけば

ご都合のいい日にちで単独開催もいたします。





P4120120_2さて、「めかぶ」。

この季節はスーパーでも生のめかぶが鮮魚コーナーに並びます。

めかぶ大好きのワタクシですが、

実はワタクシの好きなめかぶは「乾燥めかぶ」。




生のめかぶを見てもあまりそそられなかったのですが、

この前テレビで昆布の産地の人が

生のめかぶを湯がいて細かく切って、

おろししょうがとしょう油で食べているのがとってもおいしそうで、

そうだ、生のめかぶとも真剣に向き合ってみよう(?)という気になりました。





生のめかぶが出回る季節は短いので

昨日慌てて買ってきました。





P4120121湯がいて細かく切ってしょうがをのせて、

しょう油じゃなくて味ポンでいってみました。





乾燥めかぶの方がやっぱり味が凝縮されていておいしいと思いますが

ネバネバ感はこっちの方がありますね。

これはこれで大変おいしい!




しょう油を足して味を濃くしてご飯にものっけてみたら、またおいしい。





今朝は、少し残っていたのをお味噌汁に入れて楽しみましたが、

ひょっ、ひょっとしてこれは・・・


納豆に入れたらおいしいんじゃない?

ということを後から思いつきました。

まだちょこっと残っているので、明日やってみよ~!





あとですね、めかぶの茎。

あれはどうしたらいいんでしょうか?

量が少しなので、ちょっと持て余しています。

他の野菜なんかと煮ちゃえばいいのかな?

それもおいしそう・・・、ふふっ。





ますます拡がるワタクシの「めかぶワールド」。

やめられませんな~。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラ散ル

P4120119こんにちは。

桜の花が散ると、まるでそれが合図であるかのように山の木々は一斉に新芽を出し始めます。

田原の蔵王山も、毎朝見るたびに色が変わっているような気がする。

春が加速したな、と思っていたのに・・・





なんか、寒くないですか?

昨日、今日。

三寒四温といって春はそういうものなんでしょうけれど。






今朝は迷った末に春のセーターを着たのですが、

なんだかちょっと喉に違和感があるので変に見栄を張って風邪をひいてもいけないと、

昼からは薄手の冬のセーターを引っ張り出して着ています。





そして夕べは、

日曜日に洗って、しまうばっかりになっていた毛布が再登場~。





春はこんなふうに

出したり引っ込めたりするのに時間を費やし、

気が付くと夏になっていて、

結局まだ冬の物が片付いていなかったりする、

ワタクシの日常ではよくあるパターンです。





あと、気温の変化で出たり引っ込んだりするものと言えば、





P4100116ご近所猫の「福ちゃん」。





最近毎日遊びに来ていたのに

昨日は来ませんでした。

多分寒さのせい。





今日は遊びに来てくれるかな?





「寒いのと暑いのは嫌だニャ~」


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛布を洗う

こんにちは。

コインランドリーといえば、独身の洗濯機を持っていない人が利用するものだと思っていましたが・・・






毛布をコインランドリーで洗う人が最近増えているという話を聞きました。





ほ~っ。





ワタクシは洗濯機で洗っておりました。

うちの洗濯機には一応毛布洗いのコースがあります。

毛布を丸めて突っ込むとゴリゴリとやってはくれますが

なんか、全部水に浸かってないんじゃないの?

本当に洗えてるの?

とい疑問は抱いておりました。





しかも、脱水に入ると重い毛布はすごい遠心力で回転するようで

洗濯機がひっくり返るんじゃないかというほど飛び跳ね、床が抜けそう。

いつも必死で洗濯機を押さえます。





干すときも、重い毛布を肩に掛けベランダに運び

必死で物干し竿に掛けますが

重みで毛布のすそが下についたりしたらもう最悪です。

予報に反して曇りがちなお天気だと、一日で乾かないし・・・。






そっか~、クリーニングに出せば高いけど

コインランドリーならそこそこの値段できっちり洗ってくれる。

それにこの重労働から数百円で開放されるなら安いもんだ~!






と、いうことで・・・





コインランドリー初体験!!





P4100111若干緊張しつつ大型の洗濯機に毛布を二枚投入。

800円。

30分で洗いあがります。





タンブラー乾燥禁止の毛布も、20分位でやめておけばそんなに痛まないというのをネットで見ました。

濡れたまま持ち返るのは大変だものね。


こちらも毛布二枚が入れられる大型の乾燥機。

20分で200円。

思ったよりも乾いていました。

少し日に当てれば完璧です。





おお~!二枚で1000円。

一枚500円で洗えた~!





布団をコインランドリーで洗うっていう話も聞いたことがあります。

やるな~、コインランドリー。





おかげでワタクシの暮らしがちょっと進化しました。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双子の国

こんにちは。

今日、お昼ご飯の支度をしておりました。

玉子を二つ割りました。

割ったボウルの中を見てびっくり!

いつの間にが玉子が三つに!?

しかも・・・


P4090110_2ミッキ~~~ィ!!





「やあ、ぴーちゃん!

久しぶりだね。

玉子を二つしか割ってないのに

黄身が三つ入ってるってことは

一つの玉子は双子の玉子だったってことだよっ、ホホッ!」





あっ、そっか~。

久しぶりの双子の玉子。

ハッピーな感じ、いいですね。





双子と言えば・・・





年の夏に我が家にホームステイに来たスイス人の女の子、セリーヌ

彼女は女四人、男一人の五人兄弟で、

彼女はその中で一番年上なのですが、

実はもう一人の女の子と双子の姉妹なんです。

で、三番目は男の子なんですが

その下の二人の女の子がなんとこれまた双子。





一家に二組の双子。

兄弟五人のうち四人が双子。

すごい確率、と思うでしょ?





でも、スイスって双子が結構多いんですって。

セリーヌのように兄弟に二組双子というのはそんなにあることではないようですが、

他の国と比べると双子が生まれる確立は断然高いのだそうです。




ちなみにセリーヌの親戚にも双子の人がいるらしいです。

そういう血統なんでしょうね。





ふ~む、

自分が双子だったらどういう気持ちなのかなと考えることってありませんか?





双子だからって性格が一緒ってことはないけれど

もしもワタクシみたいな人が二人いたら・・・




ちょっと嫌だ。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不信

こんにちは。

この冬我が家に降って沸いた加湿ブームですが、

季節は移ろい只今春の真っ只中。





春の空気の乾燥具合ってどうなんだろう?

いつまで加湿って必要なんだろう?

当然、こういう疑問が湧いてくるわけです。





今日は昨日の雨の湿気がまだ残っているせいか

リビングの湿度計では50度以上ありました。

でも、寝室の湿度計は30度。





寝室はいつも30度前後と湿度が低いので

夫は寝る前になると加湿器を寝室に運び入れ加湿しています。

寝ている間は加湿器は切りますが、朝起きるとやはり30度台。





寝室は、なぜか前日の雨の影響はないようで今日も30度。




・・・?





怪しい。






寝室の湿度計は古いのです。

結婚する前から夫が使っている温度+湿度計。

なにか怪しいぞっ。






P4080103試しに新旧二つの湿度計を同じところ(リビング)に置いてみました。

約二時間経過。





右側の今年買ったばかりの温度+湿度計によれば、

「気温20.3℃

湿度53%」

安いのだけどそれなりの数値を示しております。

そして、

古い温度+湿度計、





P4080106「気温20℃

湿度32%」





・・・・・・





あ~あ、そういうことね~。

はい、わかりました。

ちなみに、その後また寝室に古い温度+湿度計を戻したら

湿度は34%になっていました。





新しい温度+湿度計で寝室を計って見れはよかったと

後で思いました。


そう言われれば、寝る前に寝室に入るとき

「むわ~っ」と湿気が高いのを感じるときがあるのよ。

でも、不快なほど湿っているわけじゃないし、

湿度が低いより、ある程度までなら高いほうが身体には良さそうだから

まあ、いいけど・・・。





毎晩まめに寝室を加湿している夫は、

まだこのことは知りません。

気の毒だから、

今日のこのブログを読むまでは知らせずにおこう。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナは4本

こんにちは。

毎朝、朝食後にバナナをいただきます。

バナナはワタクシの必需品です。





最近はドールの「スウィーティオ」をよく買います。

スウィーティオは一房ごとに袋に入っていますが、

値段は一緒でも入っている本数が袋によって違います。






多分、重さは均一になっていると思いますが、

ワタクシは大体4本入りを買います。





5本や6本入りのだと、朝食後に1本食べるにはちょっと大きいんですね。

4本入りだと1本はもっと大きくなるのですが、

夫と半分ずつ食べるとちょうどいい大きさなんです。





だから、スーパーでバナナを買うときは4本入りの袋を探すわけです。

しかも、バナナは丸々と太っているのがおいしいので

結構時間をかけてそういうのを選び出します。





ところが、先日のスーパーの清算時。

レジを通すためにワタクシの買い物カゴから取り出したバナナを見た店員さんが

「あ、袋が破れていますね。申し訳ありません。他の物と交換してきます」とおっしゃいます。





あら、そんな。

もしかしたらワタクシが手にしたときに袋が破れたのかもしれないし、

どうせ皮を剥いて食べるのだから別に気にしないんだけど・・・。



「わざわざ交換してもらわなくてもいいですよ」と言おうとしたのですが、

ああ、そうか。

きちんとしたスーパーなので、こういう場合の対応マニュアルもあるのだろう。

そんなこと滅多にないことだけれど

万が一異物が混入されていてワタクシが被害者となった場合、

規則に従わなかったと彼女が責任を問われることになっては気の毒。





素早くバナナ売り場に駆け出した店員さんを見送りましたが、

その後、ワタクシの胸の中にひとつの不安が湧き出してきました。





「4本入り・・・」






ワタクシは4本入りのバナナを買いたいのだ。

ふっくらとふくよかに膨らんだおいしそうな4本入りを買うために時間をかけてあの一袋を選び出したのだ。

ふっくら加減は一歩譲るとしても、4本は譲れない。





この気持ち、あの店員さんはわかってくれているだろうか?

どうかこの気持ちが今バナナ売り場にいる店員さんに届きますように!





そして、慌てて戻ってきてくれた店員さんが手にしていたのは・・・






「5本入り」





だめだった。

P4070101そうね、

もし今度こういうことがあったら

勇気を出して

「自分で交換に行ってきます!」と言おう。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買っても~た!

こんにちは。

また買ってしましました

ロッテ・チョコパイのおとぎ話シリーズ「不思議の国のチョコパイ」。

だって、おいしいんだも~ん。

また、入荷してたんだも~ん。

ロッテさん、おいしいチョコパイをありがと~!






でも、そんなにこのチョコパイばっかり食べていわけではないんですよ。

こういうのはたまに食べる方が感激があるのよ。



P4050100だからほら、この前買ったのはまだ食べずにとってあったから、現在我が家にはチョコパイが二箱。





だって、いつ終売になるかわからないでしょ?

急に食べられなくなると哀しいので

常に在庫を持っていようということです。

ちょっとでも長く楽しみたいのよ。






ということで、

この後すぐにこの二箱のうちの一箱が開封されたことは言うまでもありません。

今度は冷蔵庫で冷やして食べました。

冷やしても、お・い・し・いっ!





来週あったら、また買ってきちゃおっかな~!


にほんブログ村

(↑ロッテ・コアラのマーチ風にしてみました~!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こけしちゃん

こんにちは。

昨日の夜、閉店間際のスーパーに行ったら知っている人と会いまして

最初すれ違ったときはお互い気付かなかったのだけれど

通り過ぎてからワタクシが気付き振り返って声をかけましたら、

「あっ、ぴーちゃん、もうお風呂上り?」と言われました。





「お風呂上り?」って・・・





子どもとかある程度の年配の方なら、早い時間にお風呂に入って

お風呂上りに外出っていうのもあるかもしれないけれど、

いい社会人(?)がお風呂上りにあまり外出はしないと思うのだけれど・・・





そんなにワタクシ、さっぱりした顔してたのかしら?

それとも、頭から湯気でも出ていたのかしら?





あっ!





そういえば、前日の日曜日、ストレートパーマをかけたんだった。





ストレートパーマの経験のある方はお分かりと思いますが、

ストレートパーマをかけたてって

髪がツンツンでぺっちゃんこなんですね。





これをワタクシは「こけしちゃん」と呼ぶ。





P4050097自分ではこういうのって鏡を見るとき以外は忘れてますけど、

そうだ、今のワタクシは「こけしちゃん」だった・・・。





どうやら、この「こけしちゃん」ヘアーを

お風呂上りの濡れた髪と思われたようです。





でも、

いい社会人は、

夜、お風呂上りに濡れた髪で

スーパーには来ないんじゃないかと・・・。





「こけしちゃん」卒業までには

まだ1~2週間かかると思います。

もし、街でワタクシを見かけたら気軽に「こけしちゃん!」と声を掛けてください。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気のせいではない。

P4020088こんにちは。

3月20日に挿し木をしたブルーベリー。

挿し木をした時点ですでに芽が出ている状態だったのですが

その新芽が見るたびに大きくなってきています。





大雑把にスーパーのレジ袋に切り取った枝を入れて2ヶ月ちょっと冷蔵庫で保管。

枯れたり萎れたりしていなかったけれど

この枝が生きているかどうかは怪しいと思っていました。





でも、毎日観察していると確実に新芽が育っています。

気のせいではありません。





と言っても、芽が出たからといって根っこがすぐでるものでもありませんし、

根っこがでても植え替えたら枯れちゃった~!とういうのもよくあるパターン。

ブルベリーの小枝クン達、

期待しているから、この先も頑張ってくれたまえ。






そして、





P4040096”ダメもと”で玄関の軒下で越冬に挑戦したパッションフルーツ。

こちらも新芽が出てきました。

気のせいじゃないよ~!






こっちはちゃんと根っこははえてますから、この先順調に育つのを待つばかり。

暖冬だとか言いながら

一月の中旬から二月にかけては結構寒かったでしょ?

ひやひやしていたけれどなんとか乗り切ってくれました。





ということで、

今年も柴田屋酒店のグリーンカーテンはパッションフルーツでいくことが決定いたしました。





けど、

店の前の道路工事、それまでに終わってもらわないと

グリーンカーテンが吊るせません・・・。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらべてみよう!

こんにちは。

「いずれあやめかかきつばた」と言えばどちらも優れていて優劣つけがたいことをいいますが・・・





「アヤメ」と「カキツバタ」の違いってわかりますか?

ワタクシはわかりません。

ここに「ハナショウブ」というのも加わるとさらにややこしい。





花びらの模様とか葉っぱの形とかで区別する方法はあるようですが

今どきは特に

アヤメはアヤメで色んな品種があって

カキツバタはカキツバタで色んな品種があって、

見れば見るほどわからなくなる・・・。





さて、ここで問題!





P4020095この花はなんでしょ~か?





アヤメ

ではなく、





カキツバタ

でもなく、




ということは~

ハナショウブ!

と思うでしょ?





答えは、

「アイリス」

洋物にもいたんですね~、似たようなのが。





と言ってもワタクシ、

アヤメとカキツバタとハナショウブとアイリスの違いもよくわかりませんが、

くれた人が「多分アイリス」と言っていたのでアイリス。

多分ね。






でも、アイリスと他の三種の違いはなんとなくわかるかな?

アイリスの花は他のよりちょっと地味なイメージ。





日本人がアヤメやカキツバタに愛着を感じていろいろ品種改良されているのにくらべて、

西洋ではアイリスはあまりかまってもらえてないんじゃないかと

勝手な推測をしています。





アヤメでもカキツバタでもハナショウブでもいいのですが、

何かこの仲間を店の入り口横の花壇に植えてみたいと思うのですが、

この違いがわからないのでどれにしようか決めかねています。





あ、「育てやすい」というのが一番の決め手かな?

詳しい方がいらっしゃればアドバイスを!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

硬い。

こんにちは。

この前、産直で「明日葉」というのを見つけて買ってみました。

前から時々目にしていたと思うけれど特に興味はそそられなかったのですが

その時あったのは葉が軟らかそうで、中国野菜の「空芯菜」に似ていました。





明日葉って何か健康に良いイメージ。

サプリメントにあったかしら?





青菜はおひたし以外では、ニンニクやベーコンとサッと炒めて塩麹とブラックペッパーで味付けするというのがワタクシの定番。

何かあと一品っていう時に手軽に作れて助かります。

特に空芯菜はクセがなくて、ちょっとトロッとした歯ごたえでおいしいんです。





よ~し、明日葉もこれでいってみよ~!






ということで、作ったのですが・・・





P3300082硬い。

いくら炒めても火が通らない。

空芯菜とは全然違う。

明日葉ってこういうものなのかしら?

それとも、

調理法がいけなかったのかしら?






ただ、産直野菜の場合、

おばあちゃんが自家用に畑で作ってるって言う場合もあって

あまりクオリティーは追求できないんですよね。





もしかしたら本当の明日葉は空芯菜みたいに柔らかい葉っぱなのかもしれない。

もう一度買って試してみようか?

でも、またあの状態だったら厳しいな・・・。





なにか悶々としたものが残る

ワタクシの「明日葉デビュー」でした。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »