« 10日は「はんにゃ」と・・・  | トップページ | ついに決着! »

門前の小僧習わぬ経を読む

Pa060393こんにちは。

一昨日は、年に一度の国税局の酒類鑑評会の鑑評委員の大役をおおせつかって名古屋へ行ってきました。

東海四県の日本酒の品評会の審査員です。

今回で4回目。




日本酒の審査なんて、もう本当に光栄・・・

というよりは恐縮といった感じで、

ワタクシなんかの未熟者よりもっと相応しい酒屋さんが愛知県にはいっぱいいるんじゃない???と思うのですが、

10年位前にわりと合格率の低い「愛知県酒類官能士」の試験にたまたま合格してしまったことと、

国税局の方からお酒の組合に要望があったいくつかの条件に近い人物であったということから

何かの間違いでこんなことになってしまっています。

すみません。





でも、今回ですね、「成長の証?」と思える変化がありました。





利き酒の専門家(?)は利き酒をする時、

口にお酒を少し含んで、飲み込まずに「ゾゾゾーッ」って音を立てるんですね。

落語でお蕎麦をすするときなんかに落語家さんが扇子をお箸に見立てて「ゾゾゾーッ」って音を立てるでしょ?

あんな感じの音。





お酒を含んだまま息を吸い込んで空気と混ぜ合わせ、口の中に味と香りを広がらせる為・・・かな?

ワタクシ、それができなかったんです。

息を吸い込んだらお酒が喉の奥に行ってしまってゲホゲホむせちゃいそうで。

上手なやり方、誰も教えてくれないし・・・。





ところが、

今年はなぜか気が付いたらワタクシもゾゾゾーッとやっておりました!

なぜだか自然にできちゃってたんですね~。

驚きです。





「門前の小僧習わぬ経を読む」状態?

微かな成長ですが、長い目で見てくださ~い。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 10日は「はんにゃ」と・・・  | トップページ | ついに決着! »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/62435654

この記事へのトラックバック一覧です: 門前の小僧習わぬ経を読む:

« 10日は「はんにゃ」と・・・  | トップページ | ついに決着! »