« 「はんにゃ」が田原にやってくる! | トップページ | バターしょう油味 »

「直木」って誰?

P6200372こんにちは。

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの小説「火花」が芥川賞の候補になったということで大変話題になっておりますね。

お笑い芸人さんが芥川賞候補とは前代未聞ですが、世の中には多才な人がいるもんだと感心してしまいます。





さて、芥川賞と同時に発表されるのが「直木賞」。

この二つの賞はいつもニュースで大きく取り上げられるので、本を読まない人でも賞の名前は知っていますよね。




でも・・・、

こんなこと、考えたことありませんか?





「直木」って・・・・・・誰?





「芥川」はわかりますよ。

「芥川龍之介」。

教科書にも載ってるから。





ってことは~、「直木」も作家の名前?

「ナオキ」なんて苗字っぽくないけど、もしかしたら下の名前とか・・・?





調べてみたら苗字でした。

苗字っぽくないけど。

でも、下の名前はもっと「下の名前」っぽくありませんでした。





「三十五」






「直木・三十五」

「ナオキ・サンジュウゴ」





知らない。



なんでも、31歳の時には「直木三十一」で、

年齢に合わせて毎年名前(ペンネーム)をかえて

35歳以降は「直木三十五」で落ち着いたらしいです。

かなり個性的な方だったのでしょうか?






みなさん、読んだことありますか?

直木三十五さんの作品。





ワタクシはない。

知らないのはワタクシだけ?





でも芥川龍之介と肩を並べるくらいの作家ということなんでしょうね。




ま、とにかく、

両賞の発表が楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 「はんにゃ」が田原にやってくる! | トップページ | バターしょう油味 »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/61769516

この記事へのトラックバック一覧です: 「直木」って誰?:

« 「はんにゃ」が田原にやってくる! | トップページ | バターしょう油味 »