« 人気のお酒 | トップページ | トイレに〇〇 »

伝説の焼酎

こんにちは。

むか~しむかし、田原の蔵王山の麓に動物たちが仲良く暮らす村がありました。

キツネもタヌキもウサギもカラスもクマも、

み~んなで仲良く暮らしていました。




お腹が空けば近くの森に入って果物や木の実を食べ

近くの小川で水を汲み、

何一つ不自由なく、みんな仲良く暮らしていました。




131014_130607
ところがある年の夏、大変なことが起こりました。

何十日も雨の降らない日がつづき、

そのせいで森の木々がみんな枯れてしまったのです。

動物たちの大切な食べ物がなくなってしまいました。




動物たちは話し合って、小川から水を引いて畑を作ることにしました。

「畑でお芋を作ろう!甘くておいしいサツマイモを作ろう!」






動物たちは力をあわせて一生懸命森を切り拓き、用水を掘って畑を作ろうとするのですが

台風や大雨、竜巻や日照りなどの災害にたびたび見舞われ

なかなか畑を作ることができません。






何年も何年も畑を作り続け、歳をとり、ついには精根尽き果てみんなで畑に倒れこんでしまいました。

「なあ、ワシらはもう何年こんなことをしておるんじゃ?」

「何年経つかの~、もうワシはすっかり歳をとってしまった」

「この頃は腰が痛くて鍬も握れんのじゃ」

「ワシだって、体のあちこちにガタがきておる。ワシらの生きているうちに畑は作れるのかの~」





しかし、そんな話をする動物たちの横で黙々と作業を続ける一匹がいました。

カメです。




「よ~、カメどん、アンタもこっちにきてちぃと休んだらどうじゃ?」

「いやいや、ワシは疲れちゃおらん。まだまだ頑張るよ」

「無理するな~、お互いいい年なんじゃで」

「ほい、カメどん、アンタも昔っからこうしてワシらと働いておるが、一体いくつになった?」

「ワシかん?百じゃ。カメは万年生きるというでな。まだまだひよっ子じゃ」




疲れを知らずきびきびと働くカメの姿を見て、村の動物たちはみんな言いました。




「カメどん、若~っ!」。

「カメ、若~っ!」。

「カメ、若~っ!」。

「亀若!」。




そんな若いカメさんのお陰で

田原の蔵王山の麓ではおいしいサツマイモが採れて

おいしい焼酎ができました・・・とさっ。




P5090174はい、田原蔵王山麓芋焼酎「亀若」

本日より本年度分の販売を開始していま~す!

尚、柴田屋酒店は明日の日曜日は定休日ですので、

今日買えなかった方は月曜日以降にお待ちしております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 人気のお酒 | トップページ | トイレに〇〇 »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/61563722

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の焼酎:

« 人気のお酒 | トップページ | トイレに〇〇 »