« 贅沢な夢 | トップページ | 伊勢屋酒造・酒蔵見学会 »

似て非なり

P2020039こんにちは。

甘酒コーナーには、生け花のお稽古で使って余った花をよく飾るのですが

今飾ってあるものそうです。

「ロトウザクラ」。





「ロトウ」といえば「路頭に迷う」の「路頭」という漢字しか浮かばなかったけれど・・・

先生に訊いてみたところ、

「ロはわからないけれど、トウは”桃”だと思う。サクラっていうけど、これ桜の枝じゃないもんね」。





家に帰って調べてみたら、「魯桃桜」でした。

「魯」というのはロシアのことだそうです。「露」じゃないの?と思いましたが、昔は「魯」もロシアを表したそうです。

日露戦争に行った軍人が凱旋記念に持ち帰ったと言われているそうです。

やっぱり桜じゃなくて桃だそうです。

なんで桃なのに桜と呼ばれているかは不明です。

桃と桜の見分けが付かない人が名前を付けたのかもしれませんね。


ということで、みなさん、

桜と桃と梅の見分けって付きますか?

ポイントは枝。

日本画の梅の画を思い浮かべてください。

梅は枝が角々しながら上に伸びています。

それに対して、桃は緩やかな曲線で伸びています。

桜はそのどちらでもありません。そして木肌に横線がたくさん入っているのが特徴です。





ちなみに、

梅の枝にとまっているウグイス色の小鳥はウグイスだと思われがちですが、

実はウグイスではなくてメジロの場合が多いそうです。

メジロの方がウグイスよりもウグイス色で、ウグイスはもっと地味な色です。





メジロは「ホーホケキョ」とは鳴きませんが、

ウグイスも最初は発声練習しないと「ホーホケキョ」とは鳴けないようで、「ケキョ、ケキョ」鳴いてるのがなんともカワイイ。


毎日寒いけど、そろそろウグイスの発声練習が聴こえてくる頃かな?

待ち遠しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 贅沢な夢 | トップページ | 伊勢屋酒造・酒蔵見学会 »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/61074532

この記事へのトラックバック一覧です: 似て非なり:

« 贅沢な夢 | トップページ | 伊勢屋酒造・酒蔵見学会 »