« 斉藤斎藤 | トップページ | 血管年齢 »

「吟」と「吟」

こんにちは。

昨日の「斉藤斎藤」さんの流れで今日も漢字の話題ですが、

なんでも漢字一文字の商品名は商標登録ができないのだとか。

だから、こういうこともあるんでしょうね。




P1150012豊橋の福井酒造の吟醸酒「吟」(写真左)と

設楽町の関谷醸造の純米大吟醸酒「吟」(同右)。

どちらも愛知県産なので間違える方もあるかもしれません。

でも、お値段が随分違います。

間違えようのないくらい違います。

目玉が飛び出しそうになるくらい高額なのが関谷醸造の「吟」です。

でも、福井酒造の「吟」だってお値段相応のおいしさです。

TPOに合わせてお買い求めくださいませ。




吟醸酒の「吟」ということで日本酒にゆかりのある漢字だから、

もしかしたら、他にも「吟」という名前の日本酒はあるかもしれませんね。

でも、関谷醸造の「吟」はラベルの「吟」の字の「今」の部分が左右ひっくり返してあります。

「ん?」と思わせるあたり、うまいな~と思います。




P1150013漢字一文字の名前の日本酒と言えば、

柴田屋酒店が企画販売する田原の銘酒、純米大吟醸「優(ゆう)」も。

これももしかしたら同じ名前のお酒が他にもあるかもしれませんね。




でも、田原産コシヒカリで造ったお酒はうちの「優」だけ。

「世界に一つだけの田原の地酒」です。

ということで、ここに話を持ってきたいが為に漢字の話を始めました。

斉藤斎藤さん、ありがとう。




P1150015_2てなこと言ってたら、今、東の空にまた虹が出てますよ。

よく降りましたね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 斉藤斎藤 | トップページ | 血管年齢 »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60978932

この記事へのトラックバック一覧です: 「吟」と「吟」:

« 斉藤斎藤 | トップページ | 血管年齢 »