« 噂のラッキー・キャット | トップページ | ミス・ブランニュー・デイ »

酒林

こんにちは。

「杉玉(すぎだま)」というのをご存知でしょうか?



酒蔵で新酒が出来上がると、青い杉の葉をまん丸にまとめたものを軒先に吊るしてお知らせするという、

酒造業界の昔からの風習とでも申しましょうか。

この季節、テレビのニュースなんかでご覧になる機会も多いと思います。



小売の酒屋の店先なんかにもそういうの吊るしたら、粋な感じですよね~。

あこがれちゃうけど、アレ、買うと結構いいお値段なんですよ。

ちょっと見栄えのいい大きさになると2~3万円。

なかなか手の出ない代物です。



この前の日曜日、愛知県小売酒販青年連合会でこの杉玉作りの会がありまして、行ってまいりました。

自分で杉玉作るんです!

もちろん持って帰れるのよ。



講師の先生は東春酒造の杜氏さん。

さすがですね。

杜氏ともなるとお酒も造れるし、杉玉も作れるんですね。



Pb230511まず、杉の小枝を数本束ねます。

太い束、細い束、いろんな太さで100束作れと。

ひゃっ、100束!

これが大変だった。

でも、こうやって先に束ねておけば仕上げが簡単なのだそうです。

さらに、その根元と葉先をきれいに切りそろえます。

夫と二人がかりで休憩を挟みながら約4時間。

生真面目な夫婦ですよね、ワタクシ達って。




Pb230516そして、籐で作った芯にその杉の葉の束を差し込んでいきます。

なるべく蜜に差し込んだほうがきれいに出来上がるのですが、

この差し込む力加減が初めての人ではなかなか難しい。




見かねた先生が手伝ってくださいました。

わ~、さすが先生!手馴れたものです。




Pb230522差し込んで丸い形が出来たら、

きれに刈り込んで仕上げます。



わ~、あっと言う間にできちゃった!

先生が全部やってくれたから~。



ということで、先生に仕上げてもらった分、やや達成感を感じられない結果となりましたが、

きれいに出来上がった杉玉を持って帰りました。



純米大吟醸「優」が入荷したら店先に吊るします。

それまでは、まだ出さないもんね。



で、ニュースなんかでは「杉玉」と言っているような気がしますが、

先生のお話では業界では「酒林(さかばやし)」という方が一般的なのだそうです。



ぜひ、ツウを気取って

「おっ、酒林が出てる。新酒が入ったね」

な~んて使ってみてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 噂のラッキー・キャット | トップページ | ミス・ブランニュー・デイ »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60711723

この記事へのトラックバック一覧です: 酒林:

« 噂のラッキー・キャット | トップページ | ミス・ブランニュー・デイ »