« 地上の星 | トップページ | 無許可 »

模造品

こんにちは。


目を疑った。

某大手雑貨店のカレンダー売り場。

そこには、この世に存在しないはずの来年の「猫めくり」があった。

驚きとともに暗く沈んだワタクシの心の中に一筋の光明が差し込むのを感じた。




でも、なぜ?

引き継いでくれる別の会社が見つかったの?

どういうこと?



その謎はすぐに解けました。




Pb100472_4「ニャ」・・・?

「ニャン!!め〇り」!?




「ニャン」の後ろの二つの「!!」には何かこだわりがあるのだろうか?

いや、こだわりがあるのなら、こんなに他社の製品とそっくりなものは作らないだろう。



大きさもレイアウトもそっくり、日めくりを土台に固定するネジの穴などは大きさや間隔までも寸分違わなかった。




Pb100473_2模造品。

二つ並んだ写真を見ればお分かりかと思いますが、

買いました、その模造品(左)を。

模造品のわりにはいい値段だった。

本家(右)と同等の値段なのは、やはりそこもまねたということ?




違うところといえば、写真の大きさが模造品の方が大きいことと、

掲載されている写真を本家は一般の人が投稿した写真の中から選んでいるのに対し、模造品はプロがそれっぽく写した写真を掲載しているということ。




Pb110475そういう先入観で見るためか、本家の写真がずーっとよく見えます。

それぞれの人の「この一枚!!」っていう思いが込められている気がする。

そっか、だから模造品はタイトルに「!!」を付けて、足りない分をフォローしてるんだ・・・?




でも、本家は消えて模造品が残った。

それだけじゃなく、ワタクシのように本家からスライドしてこの模造品を購入する人は結構いるようです。

やりきれない思いとそれっぽい物を手に入れた安堵感が交錯する。

少し後ろめたさや敗北感も感じる。




それでも、

どちらの日めくりも、

猫は皆、

愛おしい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 地上の星 | トップページ | 無許可 »

猫の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60635042

この記事へのトラックバック一覧です: 模造品:

« 地上の星 | トップページ | 無許可 »