« 福ちゃんのバカ <前編> | トップページ | 噂のラッキー・キャット »

福ちゃんのバカ <後編>

こんにちは。

昨日のお話の続きです。




福ちゃんが逆戻りして走っていったという空き地の奥や周りを少し捜してみましたが、気配はありません。

車にぶつかったと思われる場所の付近に血痕らしきものも見当たりません。

でも、「ドスン!」という大きな音を聞いたと飼い主さん。

外傷が無いとしてもあんな小さな物が車とぶつかったのだから、かなりのダメージは受けているはず。

うちの二匹の死んだ猫たちだって外傷はなかった。

けど、ほとんど即死だった。


福ちゃん、一体どこでどうしているの?

動けなくてどこかでじっとしているんだろうか?

それとも・・・。




だから、あんなに道路に飛び出しちゃダメだって言ったのに。

福ちゃんのバカッ!

なんで言うことを聞かないの?




家に帰り一時間ほどして買い物に出かける時、福ちゃんの飼い主さんがまだ家の外に立っているのが見えました。

まだ帰ってこないんだ・・・。





これまでの、多分一年ちょっとの福ちゃんの人(猫?)生はどんな人生だっただろう。

どれくらい放浪生活を送ったのかは分からないけれど、

流れ着いた先で恋もして、子供も産んで、

やさしい飼い主さんが見つかったのが今年の初夏のこと。

飼い主さんや近所の人たちみんなに可愛がってもらって、

精一杯生きて、精一杯楽しんで、

そんなに悪い人生でもなかったんじゃないだろうか?




多分、猫は時間の概念がないから長生きしたいとか思わないだろうし、

もし、ここで人生が終わったとしても福ちゃんに悔いはないんじゃないだろうか?




でも、

もし福ちゃんがいなくなったら、ワタクシは寂しいよ。

飼い主さんも、ご近所さんも、みんな、みんな寂しいよ。

もっと一緒に遊びたかったよ。




日が暮れて福ちゃんの家に様子を見に行こうかと思ったけれど、

辛い現実を知るのが怖くて、

そのまま沈んだ気持ちで一夜を明かしました。



翌朝、重い空気を身にまとったまま店に出勤すると、

パソコンの前に座っていた夫がこちらに向き直り

ワタクシに告げました。

「福ちゃん、



Pb210506

















帰ってきたって」




「えっ!帰ってきた!?」

「うん」

「怪我は?」

「脚の骨が一本折れてたって」

「それだけ?」

「うん」



もーーーーーっ!

心配させてーーーーー!!

福ちゃんのバカッ!

バカバカバカーーーーーーッ!!!

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 福ちゃんのバカ <前編> | トップページ | 噂のラッキー・キャット »

猫の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60694271

この記事へのトラックバック一覧です: 福ちゃんのバカ <後編>:

« 福ちゃんのバカ <前編> | トップページ | 噂のラッキー・キャット »