« 茹でてみた。 | トップページ | いえ、ワタクシはもう・・・ »

猫のしつけ

Pa080366こんにちは。

ワタクシは子供の頃から何匹か猫を飼ったことがありますが、

中でも一番印象に残っているのは、やはり20年間一緒に暮らした雌猫です。


多分、生後二か月になるかならないかくらいの子猫の時にうちにきました。

本当に手のひらに乗るくらい小さくて、まだ上手にご飯すら食べられないような子猫でした。

飼う方としては可愛らしいけれど、今思えば、随分小さい頃に親から離されてかわいそうだったと思います。



それでも彼女はとても賢い子で、人の言うことも良く理解し手のかからない猫でした。

そんなに小さくてもトイレの場所は一度で覚え、粗相などしたことはありませんでした。




なのに・・・



彼女は若い頃に4、5回子供を産んだのですが、その育児中、自分の子供にトイレの仕方を教えようとしなかったんです。

自分はあんなに小さな頃からちゃんと用が足せたのに。



だから、人間が教えました。

上手いですよ~、ワタクシ。

「おっ!もよおしてるな~」と思ったときにタイミングよくトイレに連れて行けば一度で覚えます。

よその家の猫のおトイレをしつけたこともありますから。




では、なぜか?

なぜ、彼女は自分の子供にトイレのしつけをしなかったのか?

ネグレクトではないです。

ちゃんとお乳を与えたり育児してましたから。




ワタクシが考えるに、彼女はあまりに小さい頃に親から離され、自分でトイレの仕方を覚えた。

つまり、トイレの仕方を親から教えてもらった記憶がないからじゃないでしょうか?

人間だってもちろん大人からトイレの仕方を教えてもらうわけですが、

それはが物心がつく前のことで、「教えてもらった」という記憶は残らないと思うんです。




だけど、猫は覚えてるのかな?

そういうことはDNAに組み込まれているもんじゃないのかな?

う~ん、その辺はよくわからないけれど、あんなに身の回りのことにきちんとしていた彼女が自分の子供にトイレのしつけをしないというのは

やっぱり「教え方を知らないから」としか思えない。



猫だって「三つ子の魂百まで」ということなんですかね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 茹でてみた。 | トップページ | いえ、ワタクシはもう・・・ »

猫の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60454580

この記事へのトラックバック一覧です: 猫のしつけ:

« 茹でてみた。 | トップページ | いえ、ワタクシはもう・・・ »