« 虚しい努力も | トップページ | 職人技 »

ドナー登録

Pa260415こんにちは。

昨日、骨髄バンクにドナー登録をしました。

直接の知人ではないのですが、身近で骨髄移植が必要な人がいるという話を聞いたので。




会ったことがない人とはいえ、

自分と同年代で、守らなければいけない家族もあり、

命の期限を感じながら今をどんな不安な気持ちで生きているのかと、

また、そのご家族や親しい人たちもどんな思いで見守っているのかと、

そんなことを思うと、

なにか少しでも力になれればと思いまして。





もちろん、ワタクシがドナー登録しても、骨髄移植をするためにはHLAという白血球の型がその人と適合しなければ移植はできません。

型が一致する確立は兄弟姉妹で4分の1、親子ではまれにしか一致せず、

非血縁者間では数百から数万分の1の確率だそうです。

だから、まさに万に一つの確率。

でも、もしその確率がはずれても、

万に一つの確率でワタクシが同じように病気で苦しむどこかの誰かの命を助けることができるかもしれません。




昨日聞いた説明によると骨髄バンクで扱っている(?)のは

骨髄の提供の他に「末梢血幹細胞の提供」というのもあるそうで、

その場合は骨髄採取の時のように全身麻酔をする必要はないそうです。

また、骨髄を提供するか末梢血幹細胞を提供するかはドナーの意思が尊重されるそうです。

提供の意思も最終決定までの過程で何度も確認されますし、

家族の了解など周りの環境が整って初めて移植が実施されるのだそうです。

骨髄バンクの存在は知っていたし、

それがどんなに人の役に立つことかもわかっていたけれど、

ドナー登録となるとよほどのきっかけがなければ踏み出せないものです。

今回のことが、そのきっかけかなと思いまして。




そして、ドナー登録ができるのは54歳まで。

「いつでもできるからそのうちしよう」などど考えていると、案外すぐに「そのうち」は過ぎていってしまうかもしれないことに気付きまして。




もしも、

もしもこのブログを見たことを「きっかけ」と思ってくださって

ドナー登録をされる方があれば、

こんなにうれしいことはありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 虚しい努力も | トップページ | 職人技 »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60552988

この記事へのトラックバック一覧です: ドナー登録:

« 虚しい努力も | トップページ | 職人技 »