« 計画 | トップページ | 看板猫養成チェアー »

憤り

こんにちは。

激しい憤りを覚えました。

全盲の男性が連れた盲導犬が、男性の出勤途中に何者かに刺され怪我をしたというニュース。

訓練された盲導犬なので、刺されても声を出すのを我慢していたと思われ、職場に着いてから男性の同僚が怪我に気付いたのだそうです。



なんという酷いことを!

人間の為に働くことに生涯を捧げる、健気で、賢く、愛らしい盲導犬。

彼らの存在が目の不自由な人たちに、どれほど多くの希望や喜びや安らぎを与えていることでしょう。

P8280156それなのに、

なぜそんな酷いことができるのか・・・?

なぜそこまでできるのか・・・?

そこまで人の心はすさんでしまっているのか・・・?

このニュースを聞いて、愕然としました。

涙が出ました。



盲導犬だけでなく、きっと男性も心に深い傷を負ったことでしょう。

盲導犬の傷がそれほど大したものではなかったということだけが、せめてもの救いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 計画 | トップページ | 看板猫養成チェアー »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/60223092

この記事へのトラックバック一覧です: 憤り:

« 計画 | トップページ | 看板猫養成チェアー »