« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

少しお休みします。

150523_154640 こんにちは。

いつも「ぴーちゃんの店番日記」をご愛読ありがとうございます。

実はですね、

ワタクシの手に少々不具合が生じまして、少しの間ブログの更新をお休みさせていただこうと思います。




怪我とか、骨折とか、そんなに深刻な状態なわけでもなく、

痛くて動かないわけでもないのですが、

不具合の原因のひとつに「手の使いすぎ」というのがあるらしく、

「手を休める」というのも不具合を改善する方法のひとつなのだそうです。




「手を使うな」と言われても、使わずに生活はできないわけですが、

必要最小限の利用頻度にしようと思うと、

これまでの生活の中から何かを省いていかなければいけないわけです。



ブログを更新することもワタクシにとっては必要事項で、

それを休止することは「断腸の思い」ではありますが、

家事で多少手を抜く工夫をするとしても、仕事ではそうもいかず、

それ以外で手を休ませる方法と考えたときに

ここは思い切ってブログをお休みしてゆっくりと手を休ませて、

また軽やかに再出発ができればと思った次第です。



って、また長々と書いてしまって、これが手の疲れの原因かな~?



ということで、

大変ありがたいことに、急に更新を休むと、時々、すごく心配してくださる方がいらっしゃるので、予めお知らせさせていただきます。




もちろん、ワタクシは元気に柴田屋酒店で通常勤務しております。

甘酒カフェ「ゆふ」も通常通り営業の予定ですので、ぜひ遊びにいらしてください。




このお休みが一週間か、一ヶ月か、はたまた3日と持たないか、

そのへんのところは自分でも全く分かりませんが、

ただ、ブログが書けないとストレスが溜まるんじゃないかと、それだけが心配です。

(やっぱり3日が限度かも・・・?)

本当にワタクシは元気にしておりますので、くれぐれもご心配いただきませんよう。

良くなったらぼちぼちと様子を見ながらまた再会したいと思いますので、またその時はよろしくお願いいたします。

では、また。

(そんなこと言っといて、3日で戻ってきたらごめんね~!)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な友人④

こんにちは。

昨日の続きです。


彼女が滞在したのは、ロサンジェルスに住んでいる知り合いの日本人のお宅だったそうで、仕事で一緒に渡米していたご主人とは別行動。

そのお宅はロサンジェルスでも郊外にあって、海が見える静かな場所だったそうです。



彼女はスマホで写してきたたくさんの写真をワタクシに見せながら、

そこで「ケビン・コスナーに会った話」など、いろいろな話をしてくれました。



150522_155740 (その近くに五つ星の高級ホテルがあって、その敷地内のウォーキングコースでケビン・コスナーらしき人物とすれちがったと言います。

「ほんとかよ~」って感じもしますが、

近くで映画の撮影をやているという裏づけもとれているのだとか。

ケビン・コスナー氏は、彼女がこれまで見たこともないほど物凄い”かっこいいオーラ”を放っていて、目が眩みそうだったそうですが、

残念ながら、彼女が写してきた写真の中にケビン・コスナー氏の写真はありませんでした)



彼女が見せてくれた写真の中には、海の写真がたくさんありました。


「ほら、ここから海が見えるの。太平洋だよ~!」

「海の上を鳥が飛んでるの。すごいでしょ?」

「これは海がきらきらしてきれいだったから写したの」

「この向こうを船が行くの、ねっ、これ、ここ」



たくさんの海の写真を見せながら楽しそうに話をする彼女を見ながら、ワタクシは戸惑いました。

真実を話すべきか、話さざるべきか。



しかし、これからも彼女と長く付き合っていくのであれば、やはりこのことは話しておいたほうがいいだろう。

意を決して、こう告げました。



「そういうのね、田原でも普通に見れる。田原も太平洋に面してるからね」


「えっ?うそ!太平洋なの?」

「うん、実はその海の向こう岸は田原なんだ」

「あら~っ!」


どうやら、彼女はまだ田原がどこにあるかわかっていないらしい。



ということで久しぶりの再会を果たした彼女とワタクシなのですが、

なんでも今年の秋に彼女は東京に引越しをすることになったのだそうです。

なんだかまあ、ふわふわと、どこへ行っちゃうかわからないところ、

相変わらずだね。



「その前にもう一回くらい会えるかな?」

昔と変わらない鼻にかかった甘えた声でワタクシに訊ねてきました。



そうだね、ぜひ会いたいね。

今度は田原で太平洋を見るのもいいかもしれないね。

<おしまい>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な友人③

こんにちは。

連載にするつもりは全くなかったのに、なぜかこうなってしまった・・・

昨日の続きです。



渡米する2、3日前に彼女から「お土産、何がいい?」とメールが来ました。

「何」って言われても・・・、アメリカの物で欲しい物?

「何でもいいよ」と答えたのですが、

「食べ物?それか、使えるの物?ボディソープみたいな。着る物はサイズがあるから難しいかも」と、どうしても、具体的なリクエストが欲しい様子。




せっかくワタクシを喜ばせようとしてくれているのだから、ここは遠慮せずにはっきりとリクエストしておいた方が、彼女も迷わずに済んで楽かもしれない。

化粧品のような物は人によって合う合わないがあって、案外もらっても使わなかったりするけれど、

食べ物ならばワタクシは好き嫌いがないので絶対すぐに食べる。

「じゃあ、食べ物で」

多分、チョコレートかクッキーでも買ってきてくれるだろう。



そして、「ワタクシも来月、浦安の”おとぎの国”に行くから、お土産買ってくるね」。

ついでに予告しておきました。


で、ワタクシもはりきって彼女にお土産を買ってきたのはいいのだけれど、日が経つにつれて、後悔の念がつのってきました。



150518_102127_2 おとぎの国の変なノリで買ってしまった彼女へのお土産は、ミッキーの手の形をした「しゃもじ」とミッキーの靴の形の「しゃもじ立て」。

子供っぽい物を買ってしまった。

おしゃれな彼女は、こんな物をもらうのは迷惑なんじゃないかしら。

ああ、ワタクシも無難に食べ物にすればよかった・・・。



でも、いろいろ言い訳をしながらさし出したワタクシのお土産を見て、彼女はとても喜んでくれました。

「しゃもじ、欲しかったの~!」



彼女はあまり上手に嘘がつけるタイプではないので、多分、本当に喜んでくれていたと思います。

ほっ!よかった。



そして彼女がロサンジェルスでワタクシのために買ってきてくれたお土産は・・・

150519_152326

ロクシタンの「シャワージェル」。

ボディソープみたいなものですね。



「?」

ん~~~~~っと、

せっかくくれたものにけちが付いてはいけないので、黙っていましたが、

確かワタクシ、あの時「食べ物」って答えましたよね?




うれしい。うれしいよ。

もちろん、喜んで使わせていただきます。

でも、

あんなに聞かれたから答えたのに、

あのメールのやり取りはなんだったんだろう・・・?



そして、帰りの電車の中で、もうひとつ疑問が浮かびました。



確か、ロクシタンはフランスのメーカー・・・。



まあ~、いっか。

それが彼女の魅力。(?)

とにかく、お土産ありがとう!

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な友人②

150520_172422 こんにちは。

昨日の不思議な友人の話の続きです。



1月中旬、またその友人からメールが来ました。

「20日からロサンゼルスに3ヶ月行ってくるね」

何しに行くのか聞いてみたら、「仕事が少し、メインはバケーション」とのこと。

う~ん、よくわからないけれど、3ヶ月のバケーション!?

優雅な生活だね~~~、よくわからないけれど。



「お土産買ってくるけど、会えるかな?」というので、

「いいよ、会えるよ。じゃあ、お土産もらいに名古屋まで行くよ」

ということで、3ヶ月後に彼女が帰国してから、久しぶりに彼女と会うことを約束したのでした。



そして約3ヶ月経った4月中旬のある日、再び彼女からメールが来ました。

「帰国しました。今、成田です。お土産買ってきた。予定立ててみてね」



お~、帰国早々空港からメールしてくるほど彼女はワタクシに会いたがっている?

お土産が食べ物だとすると、やはり早く受け取った方がいいかもしれない。

GW近辺は公私共にバタバタしているので、じゃあ、ちょっと落ち着く5月の中旬にしようということで、

先週の日曜日、久しぶりに、よく考えると十数年ぶりに彼女と再開することになりました。

ランチを一緒にすることになり、JR名古屋駅の金の時計のところで待ち合わせ。




約束の時間に到着すると、「少し遅れる」とのメール。

あ~、相変わらずね~。

「金の時計のエスカレーター側にいます」とメールを返しましたが、しばらくしても彼女は来ません。

どうしたのかな~と、振り返るとすぐ後ろに背中合わせに彼女。



捜すやろ、ふつう。

先に着いてることわかってんだから。



ま、ありがちな漫画のような再会。

十数年経っても、彼女は相変わらずってことね。

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な友人

こんにちは。

ずっと前に少しの間同じ職場で働いた友人Aちゃん。

以前は時々一緒に遊んだりしていたのですが、なんとなく会う機会も減って、それでも年賀状だけはやり取りしておりました。



キュートでおしゃれなんだけど、超天然で、放っておくとどこに行くか分からない、いわゆる「不思議ちゃん」系の彼女。

あまりワタクシの友人にはいないタイプなのですが、たま~にワタクシのことを思い出してくれるようで、たま~に連絡があります。



確か前回連絡をくれたのは結婚して田原に来たばかりのころだったので、10年以上前です。

突然「明日、栄でみんなでランチするんだけど、ちょっと出て来ない?」みたいな電話をかけてきました。

「栄(名古屋市)までちょっと出て来ない~?って、Aちゃん、今どこに電話してるかわかってる?」と聞くと

「ん?わかんない?どこ?そこ」



まあ、片道2時間もかければ栄まで行けなくはないのですが、

あいにく田原に来てからは、平日の昼間にランチに出歩いているような優雅な奥様生活はさせていただいていないので、ご丁重にお断りしました。



そんなAちゃんから昨年久しぶりに連絡がありました。



150519_165648 外国の人と結婚したらしく、一時は海外で暮らすようなことが年賀状にかかれていましたが、今は名古屋に戻ってきているようです。

特に何か用事があったわけでも、久しぶりに会おうという誘いの電話でもなく、

元気にしてるとか、新しい仕事を始めるとかの簡単な近況報告をして電話を切りました。



そもそも、年賀状には毎年二言三言のメッセージしか書かれていないので、彼女が今どんな風に暮らしているのかはあまりよく知りません。

十年ぶりのほんの数分の電話での会話で今の彼女の全てがわかるはずもなく、相変わらずの「不思議ちゃん」ぶりです。



でも、彼女は昔からなぜかワタクシのことが大好きなようで、ワタクシも彼女に好かれている自覚は大いにあって、

もともと誰に対しても甘え上手なところがあるので、彼女の友達はみんなそう思っているのかもしれないけれど、

とにかく不思議な友人なのです。




それから時々、彼女から携帯にメールが来るようになりました。

「おはよ~!今日も一日頑張ろうね~」というような内容。

仕方ないので(?)ワタクシも返事を返しておりましたが、

何が言いたいのかさっぱりわからず、やっぱり相変わらずの「不思議ちゃん」。



そんな彼女から届いた今年の年賀状には

「1月20日から3ヶ月ほど、ロサンゼルスに行きます」と書かれていました。

新しい仕事を始めたばかりなのに?

またまた謎の行動であります。

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面倒臭い

150510_133152 こんにちは。

先週植えたばかりのパッションフルーツですが、

やはりパッションフルーツは南国の植物なので、真夏の暑い時期にならないとグングン育ってこないようです。

毎日眺めていても、あまり変化なし。



そういえば、今年の夏はエルニーニョの影響で冷夏になるかもしれないなんて天気予報も言っておりまして、ますます心配。

ちゃんとグリーンカーテンになってくれるかな?



な~んて思っていたら・・・



150517_153337 ポコンッ!



「大丈夫だよ、ボクがいるよ~」

パッションフルーツの横から朝顔が芽を出しました。

あ、去年朝顔も植えたんだっけ?それとも、一昨年の?



「なんか、呼ばれた気がしたから出てきたんだけど?」

いや、呼んでない。呼んでないよ。



もう一つのプランターの方も・・・



150517_153356 「う~ん、よく寝た~。寝てたのに起こされた~!」

これは去年のだ。去年のグリーンカーテンのフウセンカズラだ。

こっちは2つも芽が出ています。



いやいや、起こしてないよ。寝てていいのよ。

今年はね、パッションルーツでグリーンカーテン作るから。



「あんなヤツだめだよ。暑くならないと働かないんだろ?

ヤツ等に任せてられない。

ボク達が先にカーテン作ってやるよ。暑いの寒いの言わないでさっ」



えーっ!

パッションフルーツは1つのプランターに1本ってことになってるんだけど~。

そんなに生えてきたら栄養が足りるかどうか心配。


でも、確かに異国の未知の植物よりも、朝顔やフウセンカズラの方がグッと身近な存在で信頼はできる。

仕方ない。

プランターにもうちょっと大きな札を立てて、「パッションフルーツ栽培中」と書こうかと思っていたけれど、ちょっと見送ろう。



ただ、他人から「これは何?」と聞かれた場合、

説明するのがちょっと面倒臭い。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんの作ったお芋で

こんにちは。

先月、「田原蔵王山麓芋焼酎・亀若」が発売された時に、亀若のお芋を作っている亀若倶楽部のメンバーの方の娘さんで

「お父さんが作ったお芋でできた焼酎だから、みんなにあげて飲んでもらう」

とおっしゃって、亀若をたくさん買ってくださった方がいらっしゃいました。


かわいらしい娘さんですね。


は~、なるほど!

サツマイモ農家でもないかぎり、自分が作ったサツマイモが焼酎になるってことはめったにないですからね。

サツマイモ農家だっとしても、焼酎の原料としてサツマイモを作っている農家ばかりでもないし。


そりゃ、愛着のある特別なお酒。

みんなに飲んでほしいですよね~。



と、この娘さんに共感したアナタにステキなお知らせがあります。



アナタが植えたお米で造った日本酒、飲んでみたくありませんか?



150516_155557 来る6月1日(日)、

豊橋市岩崎町で、酒屋さんが造る東三河の地酒、純米大吟醸「酛々」(もともと)の酒米の田植えをします。

え~っと、お酒が飲めるのは来年ですよ~。

これから田植えをして、秋に稲刈りをして、それからお酒を造ります。

いわば田植えは、お酒造りの最初の一歩です。

これがなければ、純米大吟醸「酛々」もできないわけです。



そんな一大イベント、純米大吟醸「酛々」(もともと)の酒米の田植えの参加者募集してます。

みなさんお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

くわしくはコチラ→



150516_163347 そして、かわいらしい娘さんのおとうさんが作ったサツマイモで仕込んだ焼酎「亀若」、

只今好評発売中!!

地方発送も承ります。

(こちらの芋掘りの参加者は、一般には募集しないと思います、多分)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

ޑ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒カフェ、新サービス!

こんにちは。

最近は誕生日が近づくといろんなお店が誕生日祝いにとクーポン券や割引券などをくれます。

ワタクシがもらったのでも、クリーニング店、ドラッグストア、レストラン、通販ショップetc.

なんか、すごい得した気分。

みんな、こんなにお祝いしてくれてありがと~!って感じです。



さて、柴田屋酒店内の甘酒カフェ「ゆふ」。

うちでもお客様のお誕生日に、なにかささやかなお祝いができないものかと考えておりまして・・・



先日お誕生日を迎えた常連のお客様、

まあ、常連さんだから普段の会話でお誕生日の話題も出てきたわけですが、

そのお誕生日の翌日に甘酒カフェ「ゆふ」に来てくださったんです。



だから~



ご注文の甘酒氷、

いつもは柿の種を二本乗っけるところを~



150510_170856 五本に増量してみました~!!

(誕生日ケーキのローソク風ってわかる?)



まあ、なんてささやかな・・・。(涙)




お客様は本当にうれしいかどうかはわかりませんが、自分としてはこういうの、結構好き。




ですので、お誕生日もしくはその前後にご来店のお客様は遠慮なくお申し出ください。

但し、サービスの内容はメニューによって異なります。

また、このサービスは「自己申告制」になっておりますのでご了承ください。

オーダーをとる時、いちいち「今日誕生日ですか?」、「誕生日いつですか?」って聞くのも変でしょ?



また、甘酒氷にさす柿の種の本数は歳の数とは異なります。

50本も60本も挿してるとかき氷が溶けてきちゃいますからね。



ということで、

うれしいような、そうでもないような、

甘酒カフェ「ゆふ」の新サービス、ぜひご利用くださ~い!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列のできるみたらし団子のお店

こんにちは。

四日市に行ったので、ちょっと前にテレビで見た行列のできるみたらし団子屋さん「夢菓子工房 ことよ」さんに寄ってみました。

なんでもみたらし団子が一日に2000本売れることもあるそうな。



確かに行列ができていました。

大賑わいです。



店に入ると、レジの前には7、8組の先客が並んでいました。

先に注文して精算をしてからお団子を焼いてくれます。

イートインコーナーにはお茶のサービスもあって、焼き立てを食べることができます。

普通のみたらしと海苔が巻いてあるのと2種類あったので、一本ずつ注文しました。



150511_134345_2 ふむふむ、こんがりとした焼き加減が絶妙ですね。

おだんごもやわらかくておいしい。

海苔の方もおいしかったけど、海苔が噛み切れずに苦労しました。



たれは甘くなくてこってり濃厚なタイプ。

ちょっとワタクシには味が濃すぎました。

たくさんお茶を飲んでしまった。



う~ん、みたらし団子といえば、

ワタクシはやっぱり大須のみたらし団子が好きだな~。

「すうおばあちゃん」が焼いていた大須名物「新雀本店のみたらし団子」、しばらく食べてないな~。

あそこのもそんなに甘くはないのだけれど、さらっとしたたれで、お団子の焦げ具合によく合うのよ。

あそこもいつも行列ができていたっけ。

そういえば「すうおばあちゃん」、あのころ既に「かなりのおばあちゃん」だったけど・・・




調べてみたら、今はすうおばあちゃんの息子さんの「しげさん」が受け継いで焼いているそうすです。

よかった、まだあるのね。

久しぶりに食べたくなったな。



150512_153956 「ことよ」さんではこちらも名物の「かりんとう饅頭」を買って帰りました。

こちらも美味でした~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福ちゃんの足跡

150513_105326 こんにちは。

雨上がりの朝、柴田屋酒店の入り口前を点々と横切るニャンコの足跡。



う~む、これはおそらく、「福ちゃん」の足跡だね。



結局、里親さんが見つかったような、見つからないような・・・。

福ちゃんの日常をそんなに把握しているわけではないのでなんとも言えませんが、

なんだかんだでこの辺りに棲みついている様子です。



柴田屋酒店の建物沿いが福ちゃんの移動ルートになっていて、自動ドアが開くので振り返ると「福ちゃん通行中」なことが時々あります。

以前は自動ドアを開けて店の中に入ってきたのですが、義父にどやされるし、ご飯もくれそうにない家だということがわかったみたいで、今では入ってこなくなりました。


150415_152323 でも、外で会うと、やっぱり人懐っこく擦り寄ってきて甘えます。

ほんと、癒されるな~。



でも、店の前は交通量の多い県道。

これまでに、道路を渡ろうとして何匹も猫が轢かれました。

だから、福ちゃん、くれぐれも気をつけて、できれば大きな道は渡らないでね。

あ、「福ちゃん」という名前は、ワタクシが密かに呼んでいる名前です。

どうして、「福ちゃん」かというと・・・



やだ~!密かに呼んでいるんだから、そんなことブログに書けるわけないじゃないですか~!

(だったら自分でふるなっ!)



表向きには、「なんとなく」、「おめでたい感じだから」。

だから、みんなに福を運んでね、福ちゃん!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターフィッシュ

こんにちは。

ジャズドリーム長島に行ったら「ドクターフィッシュ」がいました。



ドクターフィッシュが体験・・・、

いや、人間がドクターフィッシュになるわけじゃないから

ドクターフィッシュの演技?

いや、演技じゃないか。

ドクターだから~

ドクターフィッシュの診察?



とにかくドクターフィッシュがいました。

5分500円、10分800円でドクターフィッシュと触れ合える(?)のです。

ちょうどうちのメダカくらいの黒っぽい小魚が水槽の中にウヨウヨいます。

これが、「ドクターフィッシュ」?



もっと珍しいものかと思っていたけれど、こんなに気軽に触れ合える(?)のね。

すでに、足湯みたいに腰掛けてドクターフィッシュのいる水槽に足をつっこんでいる数人の男女がいます。

ほっほ~、これはぜひともやってみたい。

やるっ!やる、やるっ!



ノリノリのワタクシに対し、小心者の夫はやらないと言います。

じゃあ、ちょっと写真撮ってくれる?とカメラの用意をさせて、靴下を脱ぎ、裾をまくりあげました。



「今ちょうどお一人だけだから、全部集まってきますよ。

最初の30秒はちょっとくすぐったいけど、すぐに慣れますからね~。

声は出しても足は出さないでくださ~い!」

係のお兄さんの名調子にあわせて足を突っ込むと・・・



2014051101

全員集合-っ!!

3秒位で自分の足が見えなくなりました。

動画で撮ってもらえばよかった。

ブーツ履いてるみたいです。


ひゃっはっはっ!!

確かにくすぐった~い!

でも、お兄さんの言ったとおりすぐにそれにも慣れ、その後は泡風呂にでも入っているような感覚です。

1匹くらい噛み付くのがいないかと心配しましたが全然でした。




肌の角質を食べてくれるそうですが、こんな足でもいいのかい?キミ達。

そうかい。みんな、好き嫌いを言わないいい子達なんだね。



8分以上やるとより効果があらわれるということだっので10分コースを選択。

8分頃まで患者さん(?)はワタクシだけで、人気を独り占めできましたが、

どうやらドクターフィッシュは「新し物好き」なようで、

途中から別の患者さんが足を入れたら一気にそっちに移動していきました。

そっちの患者さんの方が若かったからトリアージされたとかそういうことではなくて、

その後も次に入ってきた人に移動していたので、念のため。



終わった後はすぐに靴下を履いてしまったので分からなかったけれど、

家に帰ってお風呂あがりに足の裏を触ってみたら、

すご~い!スベスベ~~~!!!

効果ありです。

お肌にいいだけじゃなく血行もよくなるので週に1、2回通うといいそうですが、あそこまではちょっと通えない。

シミ、しわにも効果ありと書いてあったけど、顔ってことですか?

他人が足を突っ込んだ水槽に顔は突っ込めないな・・・。




150509_131859 よしっ、まず、うちのメダカを訓練しよう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受難

150510_133139 こんにちは。

早々とグリーンカーテンの設置。

今年は、パッションフルーツでいってみます。



なんせ初めてなもので上手く育つかどうかわからないから、実がなるのはそんなに期待していませんが、

葉っぱがよく茂るし、うまくいけば越冬するというのでやってみることにしました。



苗はプランターひとつに一本でいいらしいです。

これを上手にわき目を伸ばしてカーテンに仕立てる。

グングン育つのはかなり暑くなってからのようですが、最初が肝心。



150510_161156 多分、いろんな人に「これはなんだ?」と聞かれるので、苗に付いてた札を挿しておきましたが、ちょっと小さいかな?




さて、パッションフルーツの名前の由来ですが、

「情熱の果実」ではないようです。

以前聞いた話ですが・・・、

パッションフルーツはトケイソウ(時計草)の仲間。

トケイソウはめしべが時計の針のように平べったく三方向に分かれています。

西洋ではそのめしべの形がキリスト様が十字架に架けられた姿に見えたようです。

「キリストの受難」のことを英語で「パッション(passion)」というそうで、パッションフルーツと名づけられたとか。



はい、南国気分一気に吹き飛び、なにやらありがた~い感じになりますね。



さてさて、このパッションフルーツ、「難」なく育ち、ありがた~い木陰を柴田屋酒店に提供してくれるかどうか・・・

乞うご期待!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金比率

150509_154641 こんにちは。

お茶請けによし、お酒のおつまみによし、

「柿ピー」っておいしいですね。

食べだすと止まらなくなります。



ワタクシはどちらかというとピーナッツの方が好きなので、ピーナッツをたくさん食べたいのだけれど、

先にピーナッツをたくさ食べて、最後に柿の種ばっかり残るとちょっとつまらない。

比率的には柿の種の方がたくさん入っているので、

柿の種4、5粒にピーナッツ1粒くらいのペースがいいんじゃないかと思うわけです。

また、これを一度に口に放り込むと味の調和もいいような気がする。

「黄金比率」です。



150509_162554 ちなみに、柴田屋酒店内の甘酒カフェ「ゆふ」の「甘酒氷」には、柿の種が刺さってます。

思いつきでかき氷に柿の種を刺してみたのですが、自分で甘酒氷を作って食べることはないので実はどんな味なのかよく知りません。

でも、柿の種のしょっぱさが甘酒の甘さに良くあっていると、結構好評です。



ちなみに、甘酒氷に使うために買ってくる柿の種の袋にもピーナッツが入っている場合があります。

でも、柿の種したか使わないので、ピーナッツだけ残ります。

それらはどうするのかと言いますと・・・



ふふふ、

ふふふふふ・・・



ちなみに、甘酒カフェ「ゆふ」の甘酒氷は一年中やってます。

今日も、明日も、明後日もやってます。

あ、明後日は日曜日で定休日でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を求めて・・・

150508_151337 こんにちは。

只今、「酵素ジュース」なるものを仕込み中。




細かく切った野菜や果物を1.1倍の重さの砂糖をまぶし漬け込みます。

一日1~2回、素手でかきまぜ、1週間から10日すれば出来上がり。

これを濾して薄めて飲む。

発酵して酵素たっぷりのジュースになるんですと。

しかも、素手でかき混ぜるので自分の皮膚の常在菌も一緒に繁殖して、たっぷりの常在菌を摂取することができる。


酵素とか常在菌とか、分からない方にはチンプンカンプンかと思いますが、説明を始めると長くなるので自分で調べてね。

とにかく美容と健康に良いんだよ。



というか、美容と健康に良さそうなんだよ。

この前の日曜日に仕込んだから、今日で5日目。

まだ飲んでないから効果の程は不明なんだよ。



発酵オタクなもので、最近は「発酵」という文字を見るとなんだか安らぎをおぼえるんですよね。

さらに、「酵素」という文字も癒される。

「はぁ~、世間もやっと正しい食生活、本来あるべき姿に戻ってきているのね~」

みたいな。



でも、ネットなんか見てると

「手作り酵素ジュースの効果なんて怪しいもの。

市販のちゃんとした酵素ジュースの方が優秀だ」

ってなことが書いてあったりしますが、



ワタクシに言わせれば、なんだかんだ加工されてる市販品の効果ってどうなんだろう?

という疑問が・・・。

しかも市販の酵素ジュースにはワタクシの常在菌は入ってないもんね。



とかいいながら、「酵素」の文字に反応してしまっただけで、自分でもどういう効果を期待して、何を求めて作っているのかがイマイチ定かではないのですが、

何か効果があれば、またご報告します。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は、夫が・・・ ②

こんにちは。

確か、去年の秋頃だったと思います。

出先から帰ってきた夫が、近所でグーグルマップのストリートビューのカメラを搭載した車を見たといいます。

写真も撮ってきたと携帯を見せるので見てみると、

確かに「グーグルマップ」と車体に書いてあって、

車のルーフにはサッカーボールのような形のものが乗っかっていて、

カメラレンズらしきものがその中にいくつかはめ込んであるように見えます。



ほ~っ!駅前の新しい道が開通したので早速写しに来たんだね、などと話しておりました。



昨夜、とある寄り合いから帰ってきた夫が、

みんなでグーグルマップのストリートビューを見ていて、自分が写っているのを見つけたといいます。

早速パソコンで見てみると・・・


ハッハッハ!

写ってる、写ってる。

確かに写ってる。

「ストリートビュー用の画像を写しながら走っている車」を携帯で写している怪しい男(?)が写っています。

なんか、「テレビ中継のレポーターの後ろでVサイン出しながら携帯で話ししてる人」みたいな雰囲気漂ってますけど。

そりゃそうだ。向こうこそ、写すために車を走らせてるんですからね。

お互い写しあってたのね。

最近はストリートビューも観光地などの花の見ごろの時期に撮影をしたりしていて、

ストリートビューで観光を楽しんだ気分になれるなんていうのもあるらしいですよ。

そっか~。

来るとわかってたら、沿道でいろんなパフォーマンスができたのにな~。



150507_155910 ちなみに、

柴田屋酒店前をストリートビューで見てみましたが、

店の中でワタクシが店番をしているところは写っていませんでした。

残念!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献酒

150506_154338 こんにちは。

一緒に純米大吟醸「酛々(もともと)」を造っている大切な仲間の一人が、46歳の若さで天国に旅立ちました。

夕べは、お供えに「酛々」を持って、

みんなで「酛々」の法被を着て、

最後のお別れに行ってきました。



一昨日お悔やみにうかがったときに、奥さんが、お棺の中に「酛々」の法被かお祭りの法被を入れようか迷って、お祭りの法被を入れることにしたと話してくれたので、

「酛々」のことをそんな風に思ってくれているのなら、ワタクシ達で着ていこうということになって

(って、言いだしっぺはワタクシなんですが)

ちょっと恥ずかしかったけれど、みんなで法被を着てお別れを言いに行きました。




150506_132322 「酛々」の法被は豊橋小売酒販組合青年会の正装としてイベントの時などに着用するのですが、

こう言ってはなんですが、お酒のプロモーション用に作った安っぽい法被で、

そりゃ、お棺にいれるんだったらお祭りのちゃんとした法被の方がいいとワタクシも思ったし、

奥さんも、ワタクシ達が「酛々」の法被着てお別れに行ったことを喜んでくれていたようなので、よかったです。





前略、

空の上に行ったら、もう、大好きなお酒を好きなだけ飲めますね。

でも、まだ、残された大切な家族やお店を

空の上からしっかり見守るという仕事があるので、

やっぱり、酔っ払うのは業務に支障がない程度にしてくださいね。



そして、時々はワタクシ達のお酒造りも見守ってください。

ワタクシ達は、アナタの大好きなお酒が

もっともっとたくさんの人に愛してもらえるよう

これからも、

アナタの分も、

頑張りますから。

合掌

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローラ

150504_204836こんにちは。

意外に思われるかもしれませんが、実はワタクシ、タレントのローラが大好き。

なぜ好きなんだろうと考えると、

彼女はワタクシの持っていないものをたくさんもっているんじゃないかと思うのです。

顔からはみ出しそうなくらい大きな瞳や、バービー人形のようなほっそりと長い手足がワタクシにないのはもちろんですが・・・、

たとえば、急に話しをふられても、必ず期待を裏切らないおもしろい受け答えをする。

適当にしゃべっているように見えるけれど、これは彼女の頭の回転の速さや、考え方の柔軟さ、センスの良さの表れ。

空気をちゃんと読んでいる。

でも、それを鼻にかけることもなく、自然体で気取りがなく、子供のように天真爛漫、天衣無縫。

パッと出の若手芸人のような「がんばってる感」がありありなのとは全然違うわけです。

彼女はプレッシャーをあまり感じない人なんじゃないかと思うのです。

いわゆる「鈍感力」の強い人ではないかと。




そういう人にあこがれるんです。

ワタクシ、こう見えて結構プレッシャーに弱く、ストレスを感じやすいタイプなんです。




そんな彼女も、表に出ないところではいろんな努力や苦労をしているのかもしれないけれど、

とにかくいつも明るく楽しそうにくテレビの中で輝いているローラのを見るのが好き。

嫌なことを忘れて、スカーッとできるんです。



「うん、がんばる~。オッケー。うふふっ!」

ホント、こういうノリの人に生まれたかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒アイス「西尾の抹茶」味

こんにちは。

すっかりお馴染み・・・かな?



甘酒カフェ「ゆふ」の人気メニュー、「甘酒アイス」の期間限定もの。

今度は~



「抹茶」味!



ただの抹茶じゃなくて~



150502_154702 「西尾の抹茶」味!!



ちょっと奮発しちゃいましたよ。

やっぱりおいしいわ、西尾の抹茶。



甘酒もおいしいけど、抹茶もおいしい。

おいしいもん同士のマリアージュや~。(?)



田原でもお茶は栽培しているから、田原産抹茶もあるかもしれないけど、ちょっと浮気して西尾産です。

ワタクシ、お茶にはこだわっちゃうタイプなのよ。

すっごいいい香りです。日本人でよかった~。



もちろん期間限定。

お食べ逃し(?)なくっ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔話の世界を旅する方法

こんにちは。

まず、甘酒カフェ「ゆふ」臨時休業のお知らせ。

明日5月3日(土)は甘酒カフェ「ゆふ」は臨時休業させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

尚、柴田屋酒店は通常営業しております。(午前9時~午後9時)

また、5月4日は日曜日で、柴田屋酒店、甘酒カフェ「ゆふ」ともに定休日です。

5月5日・6日は通常営業いたします。



150430_085859 さて、ワタクシ最近、包丁砥ぎ器を買いました。

それまでは砥石でシャリシャリと砥いでおりました。



そういう便利なものがあることは知っていたのですが、まあ、せっかく砥石があるんだから、わざわざ買う必要もないと思っていたんです。

でも、やっぱり砥石で包丁を研ぐのはそれなりに時間がかかります。

貧乏暇なしのワタクシ、家事の時間短縮というのは常日頃からの課題であります。




ある時、ホームセンターで包丁砥ぎ器に目が留まりまして、

結構安いんでね。1000円もしなかった。

な~んだ、たった数百円でこれまでの何分の一の時間で包丁が砥げるんだ!



目からウロコ。

即、買いましたとも。

でも、安い包丁砥ぎ器だから、あまり期待はしていなかったんです。

ところが、ちゃんと切れ味ばっちりに砥げてるじゃないですか!

ワタクシはこれまで随分たくさんの時間を無駄にしてきたことを悔やみました。



でも、あまりにあっさりと砥げてしまうので、なんだか味気ない感じもします。

砥石でシャリシャリと包丁を砥いでいると、いつも、昔話にでてくる山姥(やまんば)の話しを思い出すんですよね。



旅人が道に迷い、辿り着いた山の中の一軒家に泊めてもらうことに。

夜中に「シャリシャリ・・・」という音に目を覚ますと、人食い山姥が包丁を砥いでいた・・・、

みたいな。



当然、頭中で「まんが日本昔ばなし」のエンディング曲が流れている。

それがないですね、包丁砥ぎ器には。

だから、

たまには砥石で砥いで、昔話の世界を旅しよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもしろい店

こんにちは。

今日の午前中、20代と思われるカップルのお客様が来店されました。

県外のお知り合いを訪ねるのに手土産に持っていく地酒をお探しとのこと。



まず一本は田原産コシヒカリで仕込んだ田原の銘酒・純米大吟醸「優」を選ばれました。

そして、もう一本を悩んでおられまして・・・、



150501_164932 純米大吟醸「酛々(もともと)」の「活性にごり」が気になるご様子。

確かに美味しいです。

ワタクシも超オススメです。

(写真は酛々の「無濾過生原酒」です)



しかし・・・

「活性にごり」、長距離の移送が心配なんですよね。

発酵途中の日本酒の上澄みをすくって瓶詰めしたのが「活性にごり」。

瓶内にアルコール発酵時に発生する炭酸ガスが充満していて、ゴトゴト揺すったり、急激な温度変化を与えたりすると栓が爆ぜる恐れがあるんです。



そのことをご説明して、遠方へのお土産にはお薦めしないことをお話しし、お客様も一旦諦められたようなんです。

でも、ワタクシが「今が飲み頃」とか「最後の一本」とか言っちゃったもんだから、ますます気になっちゃったんでしょうね。

「爆ぜてもいいから、どうしても持っていきたい」と。



で、なんとか爆ぜないように運ぶ方法はないかといろいろと検討した結果、一度栓を開けてガスを抜いてから持っていったらいいのではないかという結論に達しました。

お土産にもらう方にとってはイマイチな策かもしれませんが、一応、一件落着。

大丈夫、ガスは抜けてもおいしさは抜けません。


お帰り際に女性の方が男性の方に向かって

「おもしろかったから、また来ようね」

とおっしゃってくださいました。



150501_155938 あら!?

ほんの何気ないやりとりだったと自分では思っていたのです。

でも、「おもしろかった」と・・・。

まあ、こういう対面販売でないと聞けない、専門店ならではの話ってありますもんね。



大変光栄です。

とても感じのいいお二人で、ワタクシもいろいろお話させていただけてとても楽しかったです。

またぜひ、お二人で仲良くお越しください。

(無事に運べたかどうかも聞きたいし)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »