« 水の泡 | トップページ | 「祝婚歌」 »

ヤマタノオロチ

140120_090403こんにちは。

某お伊勢参りツアーになぜか添乗員として参加して帰ってきた夫が、ワタクシに唐突に尋ねました。

「ヤマタノオロチって、頭がいくつあるか知ってる?」

”ヤマタノオロチ”?

あ~あ、スサノオノミコトが退治したのしないのっていう大蛇?神話の世界のお話ね。

あ~あ、頭がいくつかあったんだっけ?

”八つの頭”だから”ヤマタ”かな?

でも、八つはちょっと多すぎじゃないかい?

「三つくらいじゃないの?」

頭が三つあって、ガーガー言っている恐竜のようなものが思い浮かんだのでそう答えてみました。

「う~ん、ボクは八つだと思ってたんだけど」

「えっ!八つもあったら大賑わいじゃない?」

「うん、大賑わいなんだけど、八つに分かれてるからヤマタだと思ってた」

う~ん、ワタクシのこれまでの人生の中で、

ヤマタノオロチの形状について思いをめぐらせてみることは一度もなかったな。

一つの胴体から頭が八つ生えた蛇を想像してみた。

で、八つって横一列?

だと、すっごい幅広。

前後四つずつで二列。

だと、後ろの列は前が見えづらくてちょっと不公平。

外向きに放射線状に八つ。

だと、どっちが前かわからなくて、進む方向でもめる。

いやいや、そんなにはないでしょう。八つの頭で一度にガーガー言われたらたまったもんじゃない。

「それがさ、バスガイドさんは九つって言ってたの。八つの股(また)だから頭は九つなのかな~?」

えーっ!!九つでガーガー?ないない、絶対ない。

「でも、バスガイドさんの言うことなら間違いないんじゃない?ちゃんとマニュアルがあって話してるんだろうし」

で、調べてみたら・・・

八つの頭でした。

具体的な絵はでてこなかったので、どんな風に並んでいるかはわかりませんが、”八岐大蛇”で”ヤマタノオロチ”。夫の説が正しいようです。

バスガイドさん、残念!

そのガイドさんは今日もどこかで”ヤマタノオロチ、頭九つ説”を吹聴しているんだろうか。

ああ、伝説が塗り替えられようとしている・・・。

ちなみに、尻尾も八本だそうです。

なんだか、かさばる怪獣だね~。

ん?”怪獣”?

あ~あ、ワタクシの頭に浮かんだ、”頭が三つでガーガー言ってる恐竜のような物”はキングギドラだ!

惜しいっ。残念~!(?)

ちなみにキングギドラの尻尾は二本だそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 水の泡 | トップページ | 「祝婚歌」 »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/58979344

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマタノオロチ:

« 水の泡 | トップページ | 「祝婚歌」 »