« 絶対ビオラ | トップページ | 柴犬の子犬 »

本当のことをお話しましょう。

131209_160415こんにちは。

麹ブームの昨今、甘酒界でもやっぱり注目されるのが米麹の甘酒。

そんなブームに乗っかろうと、柴田屋酒店内の甘酒カフェ「ゆふ」でも「全麹の甘酒」や米麹の甘酒で作る「甘酒アイス」など新メニューを登場させ、米麹路線を強化しておりますが・・・、

申し訳ございませんっ!

本当のことを申し上げれば、ワタクシのお薦めは麹の甘酒ではなくて「酒粕の甘酒」。

酒粕の甘酒というと田原あたりの方々は「きょとん?」とされますが、甘酒って麹の甘酒だけじゃないんですよ。

ワタクシが子供の頃から親しんでいるのは酒粕の甘酒。

だから逆に、田原に来て初めて麹の甘酒と聞いてワタクシは「きょとん?」としてしまいましたよ。

甘酒カフェだって、当初から「酒粕の甘酒ありき」で計画は進められ、

最上級の純米大吟醸の酒粕を使い、

色んな風味の酒粕の甘酒を考え出し、

で、ちょっとバリエーションもつけなければということで麹の甘酒として「古代の赤甘酒」一品だけをメニューに加えたのです。

麹の甘酒というのは麹の力で甘さを出します。

だから麹の甘酒を作るのは麹菌の仕事。

今ひとつ、自分で作っているという実感が無いんです。

それにひきかえ、酒粕の甘酒は自分でいろいろと味を工夫して作っています。

なんか、愛着が湧くんですよね~。

だし、やっぱり子供の頃から慣れ親しんだ飲み物だしね~。

おいしい酒粕で作ると、これまたとってもおいしいんですよね~。

でも、酒粕って人によって好き嫌いがあるんです。

だからお客様に「お薦めは?」と尋ねられたときにちょっと怯んじゃうんですよね。

本当においしいと思っているのは酒粕の甘酒なのに・・・。

本当に飲んでほしいのは酒粕の甘酒なのに・・・。

でも、もう時代に媚びへつらうのはやめよう。

ワタクシは敢えてここに反旗を翻そう。

お口に合わなかったらごめんなさい。

でも、ワタクシは自分に正直に生きるのだ。

本日ここに宣言します。

「甘酒カフェゆふのお薦めは酒粕の甘酒です!」

って、大げさな・・・。

お客様も好きに選ぶと思うしぃ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 絶対ビオラ | トップページ | 柴犬の子犬 »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/58726705

この記事へのトラックバック一覧です: 本当のことをお話しましょう。:

« 絶対ビオラ | トップページ | 柴犬の子犬 »