« 産直は最先端 | トップページ | 小さな願い »

わたしの彼は左きき

131214_155227こんにちは。

いつもパソコンに向かう時は、文字を入力する以外は右手をマウスに添えて画面を覗き込むという姿勢をとっています。

右の肩・肘・骨盤を右側の後方に引いた状態。

ある時ふと、これがいけないんじゃないかと思いまして・・・。

腰痛や肩凝りの原因は、意外な日常の癖の中に潜んでいたりするといいます。

一日の中で何時間もこの姿勢をとっているわけではありませんが、ワタクシの場合じっと同じ場所にいることは少なくて、そのじっとしている少ない時間の中で夜床に就いている姿勢の次に長いのがこの姿勢です。

もしかしたらこれが腰痛の原因かもしれないとちょっと疑ってみております。

131214_160444で、マウスを左側に持ってきて、左手で操作するようにしてみました。

ややっ!やっぱり慣れないからやりづらい・・・。

でも、一週間もするとちょっと慣れてきました。

う~ん、「何か」が変わるような気がする・・・?

「最近どうしてマウスが左側に来てるかと思ったら、そうだったのか」

最初はその都度右側に戻していたのですが、こっちも慣れてくると戻すことを忘れがちに。

夫が使うときにいちいち戻さなければいけなくて、面倒くさがっています。

そりゃ~、すまないね~。

でも、ワタクシだって使うときにいちいち左に移すという面倒な作業をしているんですよ、アナタひとりの為に。

そういう夫だって、もともとは左ききだったのです。

幼少期に右ききに直されて現在に至っているのですが、何かの拍子に左ききがでることがありまして、傍から見るとなんとも起用に両手を使っていることがあります。

手はなるべく左右平等に使ったほうが脳にはいいと言います。

どうよ、この際眠っている左ききの本能を呼び覚ましてみれば?

何かが変わってくるかもしれないぞ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 産直は最先端 | トップページ | 小さな願い »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/58754844

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの彼は左きき:

« 産直は最先端 | トップページ | 小さな願い »