« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

猪木

131231_155359こんにちは。

歳をとればとるほど月日の流れを速く感じるとはよくいいますが、確かにそうだと思う今日この頃。

一年なんてあっという間に過ぎていきます。

年末なので今年一年を振り返ろうと思うのですが、う~ん、あっという間で思い出せない・・・。

月日の流れが速いだけじゃなくて、忘れ去るのもあっという間?

でも大丈夫。

なんてったってワタクシには「ブログ」があるから。

他人様に見て欲しくて書いているブログではありますが、これはやはりワタクシ個人の日記。

ワタクシの日常の記録なのです。

これを見れば一年だって二年だって振り返ることができるのだ~!

そうだった、この時はこんなことがあったんだ。

そういえば、あの時は自分はこんなことを考えていたんだ。

と、いろんな記憶がよみがえります。

そう、いろんな記憶を忘れ去ってしまったわけではないんです。

「思い出せないだけ」

は、ははは、は・・・は・・・。

これからはますますブログで思い出させてもらう機会が増えてくるのかしら?

やっぱりブログ、続けなきゃね。

そんなこのブログも来年で五年になります。

なぜ、こんなに続いたのかと言えば・・・

ブログを読んでくださる方があるから。

今年もこのブログを読んでくださったみなさんに、心よりお礼を申し上げます。

え~、最後に、

来年のワタクシのモットーを発表したいと思います。

「元気があればなんでもできる!」

最近、妙に気に入っているんですよ、この言葉が。

確かにそう、その通りなんですよ。

とにかく元気。元気にいきましょ~!

では、みなまさ、良いお年を。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック企業

こんにちは。

最近、このブログのアクセス記録で「柴田屋酒店 ブラック」という検索ワードが何回ありました。

まあ、全国津々浦々に「柴田屋酒店」はあると思いますが、うちの店で「ブラック」と聞いて思い当たるのは・・・

131230_154733「ブラックニッカ」とか、缶コーヒーの「ブラック」とか?

「ブラックサンダー」は置いてないし・・・。

あっ!そっかそっか~

今、「ブラック」と言えば・・・

「ブラック企業」だ~っ!

いや~、やっぱわかるぅ?

な~んて、ブラックジョークを飛ばしながら・・・、

はい、ブラック企業・柴田屋酒店の年末年始の営業のお知らせです。

年内は休まず営業。

って、あと一日ですけどね。

新年は2日より通常営業しております。

「甘酒カフェゆふ」は元日と3日にお休みをさせていただきます。

って、

やだ~、やっぱ「ブラック企業」じゃ~ん!

ちなみに、

年賀はがきも売ってますから、郵便局が閉まってても大丈夫ですよ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブちゃん

131228_155050_2こんにちは。

演歌を聴く趣味はないけれど、サブちゃんの歌はなぜか聴いてしまいます。

人を惹きつける力があるのだ。

お腹の底から湧き出し、天高く昇っていくようなあの歌声は、いやなものをすべて吹き飛ばしてくれるような神々しさがあるのだ。

物心ついた時から、大晦日の晩はサブちゃんの歌を聞いている気がしていました。

それもそのはず、今年で紅白出場50回だとか。

もはやサブちゃんの歌声は日本人にとって除夜の鐘と同じポジションにあるのです。

一年の最後にあの歌声を聴かないことには歳は暮れていかないのであります。

が、しかし・・・

この50回を区切りにサブちゃんは紅白を勇退されるのだそうです。

う~ん、惜しいな~。

紅白に出ないからといって歌手をやめてしまうわけではないけれど、紅白でなければサブちゃんの歌を聴く機会もないもんね、ワタクシなんかは。

大トリで曲は「まつり」。

そりゃ、盛り上がるだろうな~。

いっそ、メドレーなんかでもよかったんじゃない?

最後の「大晦日のサブちゃん」、楽しませていただきますっ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚悟を決めて

131227_162330こんにちは。

先日ご案内した純米吟醸「奥」の「全量にごり吟醸」

発酵途中のお酒を瓶詰めした活性にごり酒です。

活性にごりには炭酸ガスが含まれていますので、瓶を揺らすと泡がぷかりぷかりと浮いてきます。

そのため、瓶の蓋にはガス抜きの穴が開いています。

でも、活性にごりのおもしろさは、この炭酸の「スパークリング感」。

飲みこむときに喉のところがシュワシュワ~となるんです。

時間が経って熟成されたころに飲むと非常においしいのですが、このシュワシュワ~を楽しむならやはり早い時期に飲まなければ。

入荷してちょっとたったのでそろそろ炭酸も抜けてきているのではないかと夕べ試してみました。

そしたら・・・

131226_213258


噴いた。

活性にごりの栓を開けるコツは、一度に開けてしまわないで、少しずつ緩めては締め、緩めては締めと、根気良く時間をかけて開けること。

でも、噴いた。

どうです?やっかいなお酒でしょう?

じゃなくて、

まだまだ元気に発酵しているようですね。

頼もしいです。

慌てて小皿で噴いたお酒を受けて飲みました。もったいないからね。

(注:栓を開けるときは、噴き出してもいいように流し台でやってね!)

なぜそんな苦労をしてまでこのお酒を飲むのか?

もちろん、

おいしいからです。

近頃はこれをまねたスパークリングの日本酒が人気のようですが、そんな甘っちょろい(?)ものじゃないっ!

覚悟を決めて、どうぞ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お絵かき土鍋」

こんにちは。

鍋の季節です。

昨日の「めざましテレビ」で、「お絵かき土鍋」というのが紹介されていました。

131226_135207_3
一見なんの変哲も無い真っ白な蓋の土鍋と専用のカラーマーカーがセットになっています。

土鍋の産地、三重県四日市市の万古焼きの国産土鍋です。

大きさは9号サイズの他にもいろいろあります。

131226_135241

この土鍋、なんと!蓋に専用のマーカーで絵が描けるんです。

もちろん、絵だけじゃなくて字を書いてもいいんですよ~。

131226_135308

描けたらご自宅のオーブンで20分焼き付けるだけ。

世界にひとつだけの「My土鍋」が完成!!

こういうの、贈り物にもいいかも~。

ということで、えっと・・・

柴田屋酒店は土鍋の販売はしておりませんで、ネット通販等で購入できるようですが、

もしなんでしたら、ワタクシに言っていただければなんとかしますので(?)、よろしければどうぞ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボード・プロテクター

メリークリスマス!!

というわりには、今日もクリスマスとは関係の無い話ですが・・・、

131225_162430事務所のパソコンは、事務処理で使うためのもので数字の入力が圧倒的に多く、

その為、本体はノート型のパソコンですが、キーボードを後付けして使っております。

数字の入力はやっぱりこっちがやりやすいです。

このキーボードの周りには、夫がごちゃごちゃと色んなものを置いていて、パソコンを使うときに邪魔なのですが、なにがなんだか分からないのでそれらのものには触らないようにしています。

131224_110124そのごちゃごちゃはキーボードの周りのみならず、キーボードの上まで進出していることがあります。

先日も・・・

なんだね~、この”棒っきれ”は。

またどこかで拾ってきたんだろうか?

小さな木製の棒が2本、キーボードに乗っています。

いつものことと、大して気にも留めずパソコンに向かっていたのですが、

そういえば数日前、夫が変なキーを押してしまって急に電源が切れたと騒いでいたことを思い出しました。

そういう経験、ワタクシもあります。

手が滑って「Power」とか「Sleep」とかを押しちゃって、急に画面が真っ暗になっちゃうの。

ん?

あ~あ、それか~。

間違ってそこを押さないように、プロテクターを付けたわけね。

ナイスアイデア!

でも、これ以上散らかすとせっかくのプロテクターもずれてしまうので、整理整頓を心がけましょうね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東三河の”ご当地グルメ”

メリークリスマス!!

と始まったわりには、全然クリスマスネタではありませんが・・・、

東三河にお住まいの皆さん、「Hnamaru」という情報マガジン(フリーマガジンって言えばいいのかな?)をご存知ですか?

明日、12月25日に発行されるHnamaruの1月号の「東三河の”ご当地グルメ”を極めよう」というコーナーに甘酒カフェふゆの「古代の赤甘酒」を取り上げていただいております。

131224_160953刷り上った1月号を本日いただきまして、デレデレしながら記事を眺めておるところです。

知られざる古代の赤甘酒の歴史(?)が紹介されていたりして・・・、

いや~、照れるな~。

こんなに立派に載せていただいて、なんだかうちの商品ではないような気にさえなってくる・・・?

どこかで「Hanamaru・1月号」を見かけたら、見てやってくださいね。P.102です。

ちなみに、記事として載せていただいているのでクーポンはついてません。ごめんね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60℃の奇跡

こんにちは。

うだうだ言うとりましたが、「目覚ましじゃんけん」でもゲットできなかったので炊飯器を買いました。

131223_134242まだ、使ってません。明日から使います。

とりあえず、説明書に目を通しました。

そしたらびっくり!

保温の温度が「60℃」

ちょっと奥さん!60℃ですよ、60℃!!

何をそんなに驚いているかというと・・・

60℃って麹の甘酒を発酵させる温度なんです。

お粥のように軟らかく炊いたご飯と米麹をまぜあわせ、60℃で8時間前後保温すると麹の糖化酵素が働いて甘酒ができます。

60℃で8時間・・・簡単なような、そうでないような?

よく、一般のご家庭で甘酒を作る場合の保温の方法として、炊飯器の保温機能を使って保温する方法が紹介されています。

ただ、従来の一般的な炊飯器は保温の設定温度が70℃台。60℃以上だと酵素が破壊されてしまうので甘くなりません。

だから「炊飯器で保温する場合は蓋を閉めないで、濡れたふきんなどをかぶせて保温しましょう」というような説明。

でも、それだと蓋の開け具合だとか室温に左右されるので、上手く作れない場合もあります。

でも、この炊飯器なら60℃だから、蓋を開けておく必要が無い。

甘酒作りにバッチリじゃないですか~!

ただ・・・

甘酒を作っている8時間の間、ご飯は炊けませんけどね。

は、ははは・・・。

70何℃よりも60℃の方がおいしく保温できるのか、

節電の意味で温度を下げてあるのか、

はたまた、「甘酒が作れる炊飯器を開発してください!」という消費者のニーズに応えたのかはわかりませんが、

なんだか、やっと時代がワタクシに追いついてきたなっ。(?)

手づくり甘酒に挑戦したい方に、参考まで。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

I LOVE ”YOU”

こんにちは。

少し前のことですが、柴田屋酒店に東北地方に住む若い女性の方からお電話をいただきました。

柴田屋酒店が企画販売する田原産コシヒカリで造った田原の地酒、純米大吟醸「優(ゆう)」を送ってもらうことはできるかというお問い合わせのお電話でした。

当店、ネット通販のような窓口は設けておりませんが、代金を振り込んでもらえれば地方発送も承ることができるということをお伝えしました。

振込先や郵送先を電話で伝えるのも間違いのもとなので、メールでやりとりするということで電話を切り、後日、再度メールでご注文をいただいて商品を発送しました。

それから数日経ったある日、その女性からまたメールが届きました。

なんと、お礼のメールでした。

なんでもその女性の「彼」はお名前が「優(すぐる)さん」。

彼のお誕生日プレゼントにと純米大吟醸「優」をお買い求めくださったのだそうです。

そして、お誕生日に彼にプレゼントしたとこころとても喜ばれたとのこと。

「どうもありがとうござました~!」とお礼のお言葉をいただきましたが、

まあ、そんな・・・

こちらこそ、「お買い上げいただいてありとうございます」なのに、

そんなに喜んでいただいた上に、お礼のお言葉と、こちらまでうれしくなるようなハッピーなお話しまで聞かせていただいて、

ほんとうに、ほんとうにありがとうございますっ!!

131221_155119間もなくクリスマス。

あの女性は彼とラブラブなクリスマスを過ごすのでしょうか?

いいな~。(?)

ということで、そんなステキなエピソードを持つ純米大吟醸「優」。

縁起物ですよ~。

ラブラブのクリスマスだけでなく、年末年始のご贈答に、帰省のお土産に、

ぜひ、この縁起のいいお酒(?)「優」をどうぞっ!

あっ、ケース・バイ・ケースで「すぐる」とか「まさる」とか読み方を変えていただいてもかまいませんので。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏ん切り

131220_151544こんにちは。

今年の秋の台風で植木鉢がふたつ割れました。

ワタクシ的にはそのどちらもが今ひとつパッとしない草花で、惰性で育てている感じだったので、そんなにがっかりもせず、まあ、処分するいいきっかけだったかな?と思っておりました。

で、処分しよう処分しようと思いながらも、なんやかやと忙しかったり、やろうと思うと天気が悪かったりでそのまま放置。

なのですが、そのまま放置ししているその裏側には、まだ枯れてしまったわけではないのに処分してしまうという罪悪感みたいなものも見え隠れしているのであります。

二の足を踏んでいるわけです。

そしたら、

今日、またひとつ割れました。

131220_131615確かに風は強かったけど、いつもと同じくらいの強風だと思ってたのに・・・。

これまた、処分したいと思っていた鉢だったんです。

なんだかね~、ワタクシの愛情を感じなくなって、自虐行為で存在をアピールしているような・・・。

または、踏ん切りの悪いワタクシを誰かが責めている、みたいな?

はいはい、わかりましたよ。

年内には片付けようと思ってたんですぅ。

でも、ここ2、3日は寒そうだし、

日曜日は窓拭きの日だし。

でも、いい加減にやらなきゃな~。

じゃあ、いつやるの?

・・・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メンバー募集

こんにちは。

ちょっと日にちが過ぎてしまいましたが、先週の土曜日のまちなかクリスマスイベント

イベントの開始時間の3時頃、ワタクシが中央公園に様子を見に行くと・・・

人影まばら。

131214_150928_2子供達にお菓子を配るためにスタンバッているサンタさん一行も手持ち無沙汰。

ベンチに腰掛けてまったりと子供達の「出待ち」です。

今年はニャンコとウサギさんの「中身」は女の子。

外から見てもなんとな~くその雰囲気は漂っていて、可愛らしいでしょ?

それにしても人影まばら。

131214_150940_2仕方ないのでサンタさん一行、記念撮影などして時間をつぶす。

カエルさん、若い女の子二人と一緒なので大はしゃぎ?

なんとな~く、それも外からわかるゾッ。

鼻の下がのびてるのもわかるゾッ!

う~ん、それにしてもこの人手で大丈夫だろうか。

などと不安を抱えつつ、ワタクシは柴田屋酒店に戻ったのですが、

この後どっと人がくりだしたみたい。

131216_131107新企画「キーワードを完成させよう!」もたくさんの方が参加してくださったようで、文字が書かれたプレートを捜す人々で街なかはかなりの賑わいだったようです。

ワタクシはお店番だったので分かりませんでしたが・・・。

これもまた、田原の街なかの冬の風物詩になっていくのかな?

みなさん、寒い中ご参加ありがとうございました!

さて、こういうイベントを田原の街なかで繰り広げている「賑わいづくり実行委員会」ですが、こういった活動を一緒にしてくださる「にぎわい委員」を常時大募集しております。

年齢、住所、性別、職業、国籍、学歴、趣味、特技、好きなタレント、嫌いな食べ物・・・すべて問いません。

田原の街なかを元気にしよう!という志のある方、お待ちしておりま~す!

あ、詳しくは、「あつまるタウン田原」まで。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.グッダマイッ

こんにちは。

昨日のお話の続きです。

「G’day mate!!」

多分、いつもわかりやすい英語で書いてくれているであろうべヴさんが、最後に敢えてオーストラリアのスラングを書いたということは、夫はこの言葉を理解しているということを知っているのかもしれない。

夫にそのことを聞いてみると、やはりそうでした。

最初の一週間滞在した別のホストファミリーのお父さんにこの言葉を習ったのだそうです。

高校生だった夫は、2軒目のべヴさんのお宅で覚えたてのオージーイングリッシュを早速披露したようです。

131218_160548_2多分、それがべヴさんファミリーにうけたんでしょう。

そして、それに味をしめて、夫が行く先々で「G’day mate」を連発したことは察しがつきます。

そのことをべヴさんはちゃんとおぼえていてくれて、クリスマスカードに書いてきたんでしょうね。

それから2、3日して、たまたまオーストラリアに住んでいたことがある友人に会いました。

「オーストラリアのスラングのようなもので”グッダイ マイト”って知ってる?」

「ん?あ~あ、”グッダマイッ”?うん、知ってる~」

同じ言葉とは思えないほど軽やかに彼女の口からその言葉は飛び出しました。

さっすが、本場仕込!

”グッダマイッ”かぁ・・・。

そうね、軽く挨拶する感じで言うのね。

さらに、

「年配の男の人がよく使うかな?」

「ふ~ん、”ヘイ、ブラザー!”みたいな感じ?」

「う~ん、ちょっと違うけど・・・、年配の男の人が使う」

「ほぅ、年配の・・・?」

あ、夫はホストファミリーのお父さんに教わったって言ってたもんね。

「女の人は使わないほうがいいよ」

「あらっ、そう?」

「うん、まあ、ジョークで使うならいっかな?」

なるほどね~。

おじ様達が使うちょっと古い言い方を高校生だった夫が話したのがさらにおもしろかったのかもしれない。

夫はそこまで理解して使っていたのでしょうか?

とにかくそんなわけで、タスマニアのホストファミリーの間で夫が「ミスター・グッダマイッ」と呼ばれていたかどうかは知りませんが(?)、

この言葉がホストファミリーと夫の距離を近づけてくれたことは確かなようです。

ワタクシも今度どこかでオーストラリア人とあったら使ってみよう。

もちろん、ジョークとしてです!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッダイ マイト!!

131217_162547こんにちは。

夫が高校時代に短期ホームステイをしたオーストラリア・タスマニア島のホストファミリーから今年もクリスマスカードが届きました。

送り主はホストマザー、べヴさん。

相変わらずクセのある難解な文字。

それでも毎年ながめていればなんとか読めるようになるもんです。

カードいっぱいにちりばめられた彼女の近況報告を順調に読み進めていきました。

が、最後の一文がわからなかった・・・。

「息子夫婦がクリスマスカードに書くように、私も書いてみます。

”&%$# @★☆ж!!”」

なんだろう?

読めない。

文字が崩れているのはいつものことで、前後のつながりで判断すれば大抵はなんとか分かるもんだけれど、わからない・・・。

多分、最後に何か”オチ”をつけているんだと思うけれど、肝心な最後の一文が読めない・・・。

「この最後の一文ってわからなくない?」

夫に話すと、

「ああ、これはね、オーストラリアのスラングで”グッダイ マイト”。

”グッデイ メイト”のこと」

おお~っ!”G’day mate!!”って書いてあるのか~!

そう言われてみれば、そう読めなくも無い。

オーストラリア訛りでは「エイ」を「アイ」と発音すするので「グッダイ マイト」となります。

親しい間柄での軽い挨拶の言葉のようです。

ふ~ん、で、それが何でオチの言葉として使われているんだろう?

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな願い

こんにちは。

休日の朝、目覚まし時計に起こされずに自然に目を覚ます

というのが好き。

起きようか、もうちょっと寝ようかと、布団の中でゴロゴロしているのもいい。

忙しい主婦のプチ贅沢であります。

それが、ここしばらく休日も仕事だったり私用だったりと用事が立て込んでおりまして、朝寝坊とは縁遠い生活を送っておりました。

「朝寝坊をする」というのが、最近の小さな願いでありました。

やっと昨日、実現できました。

やっぱいいわぁ~!

朝寝坊、最高!

131216_145026といいうことで、ぐっすり眠ったせいか快調に一日をスタートさせ、

半日かかって家中のカーテンを洗い、

お風呂の大掃除をし、

溜まっていた古新聞・古雑誌を縛り、

あれやって、これやって・・・

というところで時間切れ。

あっという間に夕方になってしまいました。

物事がチャッチャと片付いて非常に気持ちがいい、とても有意義な一日でした。

とは言うものの、やり残したことはまだまだあります。

年末だからまだあそこもここも掃除しなきゃいけないな~。

しばらくほおっておいたあれも片付けたい。

ああ、あれも。

そういえばあれも・・・。

なんか、やらなければいけないことが底なし沼(?)・・・。

とりあえず、年内の日曜日は大掃除&正月準備態勢です。

来週は晴天の場合は窓拭きしますので、よろしくお願いします、

と、約1名に業務連絡しておきます。

あ、あと、できれば朝寝坊もします。

以上、業務連絡終わり。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしの彼は左きき

131214_155227こんにちは。

いつもパソコンに向かう時は、文字を入力する以外は右手をマウスに添えて画面を覗き込むという姿勢をとっています。

右の肩・肘・骨盤を右側の後方に引いた状態。

ある時ふと、これがいけないんじゃないかと思いまして・・・。

腰痛や肩凝りの原因は、意外な日常の癖の中に潜んでいたりするといいます。

一日の中で何時間もこの姿勢をとっているわけではありませんが、ワタクシの場合じっと同じ場所にいることは少なくて、そのじっとしている少ない時間の中で夜床に就いている姿勢の次に長いのがこの姿勢です。

もしかしたらこれが腰痛の原因かもしれないとちょっと疑ってみております。

131214_160444で、マウスを左側に持ってきて、左手で操作するようにしてみました。

ややっ!やっぱり慣れないからやりづらい・・・。

でも、一週間もするとちょっと慣れてきました。

う~ん、「何か」が変わるような気がする・・・?

「最近どうしてマウスが左側に来てるかと思ったら、そうだったのか」

最初はその都度右側に戻していたのですが、こっちも慣れてくると戻すことを忘れがちに。

夫が使うときにいちいち戻さなければいけなくて、面倒くさがっています。

そりゃ~、すまないね~。

でも、ワタクシだって使うときにいちいち左に移すという面倒な作業をしているんですよ、アナタひとりの為に。

そういう夫だって、もともとは左ききだったのです。

幼少期に右ききに直されて現在に至っているのですが、何かの拍子に左ききがでることがありまして、傍から見るとなんとも起用に両手を使っていることがあります。

手はなるべく左右平等に使ったほうが脳にはいいと言います。

どうよ、この際眠っている左ききの本能を呼び覚ましてみれば?

何かが変わってくるかもしれないぞ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産直は最先端

こんにちは。

近所の産直に行ったらいろんな種類のカリフラワーが出ていました。

ここでカリフラワーを見るのは今シーズン初です。

普通の白いのもあったけど、ちょっと黄色っぽいオレンジがかったのがあったので買ってみました。

131211_182403_2とりあえず、茹でてマヨネーズをつけて食べてみました。

おっ!なんか、ちょっと、白いのよりも味が濃い感じがします。

なかなかイケます。

なぜか人気の面ではブロッコリーに押されがちで、スーパーなどでもたまにしか売られていませんが、カリフラワーもおいしいですよね。

しかしあれですね。

野菜もドンドン新しい品種が登場しているのに、普段買い物に行くような庶民派のスーパーでは、あまりこういうのは売られていない。

やっぱりお値段が張っちゃうからでしょうか?

が、しかし・・・

ふっふっふ。

田舎の産直と侮るなかれ。

どんなに最先端の新品種の野菜だって、作っているのは農家さん。

産直はそんな農家さんと直結しているのだ。

都会の高級なスーパーじゃ、これが何倍もの値段で売られているんだろうな。

ワタクシは100円で買ったけど。

しかも、都会のスーパーのより鮮度がいい。

ふっふっふ。

ただ、その名前がわからないけどね。書いてないから。

ふっふっふ・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の重要課題

こんにちは。

寒さが一段と厳しくなってきました。

冬になると足先が冷えるワタクシです。

人間の身体というのは常に血液が身体のあちこちを循環していて、身体の真ん中をどんなに温めても足先が冷えているとそこで冷やされた冷たい血が身体の中心部に戻ってきて、身体全体の冷えに繋がるという話を聞いたことがあります。

足先の冷え対策はワタクシの冬の重要課題です。

が、今年は今のところまだそんなに冷えを感じていない。

もしかしたらこれのお陰かもしれない。

131210_153036

「五本指ソックス」

ちょっと前に「五本指ソックスは健康にいい」というのを聞いて試してみたのです。

一本一本が包まれているので暖かいというのもあるけれど、一本一本が自由に動くというのもいいのかもしれない。

ただ、難点といえば・・・、

五本全てに指をいれると足先が広がって異様にでっかくみえる。

もともとほっそりとした足じゃないので仕方ないけれど・・・。

さらに、デザイン上、指の部分がデフォルメされていて色が切り替わっているものが多いので余計に目立つんです。

求む、さりげない五本指ソックス。

あっ、あと~

サンタさんにクリスマスプレゼントを入れてもらうには超不向きです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全員参加型イベント

131211_155957こんにちは。

多分、もうすぐこんなふうなチラシが田原市内の(一部地域を除く)新聞に入ると思うのですが、

その前に、どこよりも早くお知らせしちゃうもんね~。

賑わいづくり実行委員会の恒例のクリスマスイベント「サンタがまちにやってくる!!」が、今年も今週末12月14日(土)に開催されます。

「な~んだ、いつものあれね。子供がサンタさんにお菓子もらえるやつ」

って今思ったでしょ?そこの奥さんっ!

それがね、今年は違うの。それだけじゃないのっ。

今年は、大人も子供もみ~んなで楽しめる全員参加型なんです。

「キーワードを完成させよう!」っていう企画があります。

街なかイルミネーションのどこかに一文字ずづ文字が書かれたプレートが6枚取り付けられます。

その6文字を捜し出して抽選応募用紙に記入して、中央広場(雨天時はセントファーレ)に持っていくとステキな賞品が当たるクジがひけます。

そう。大人も子供もみんな一緒になって、街なかをグルグル巡ってもらおうという壮大な企画なのです!

もちろん、サンタさんにお手紙を書いてきてくれたちびっこは、もれなくお菓子がもらえます。

ねっ、ねっ?楽しそうでしょ~?

時間は午後3時から5時まで。

詳しくは今週末の新聞の折込チラシをご覧ください。

今年は大人も子供も街なかに全員集合~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴犬の子犬

こんにちは。

ご近所の奥さんのお知り合いのお宅で、柴犬のミックスの赤ちゃんが8匹産まれたそうです。

131210_131603柴(ミックスだけど)の子犬8匹!?

なんか想像しただけでかわいいな~。

ワタクシ日ごろは猫派を宣言しておりますが、だからと言って犬が嫌いなわけではない。

むしろ好き。

中でも好きなのが柴犬。

目元キリリで耳シャッキーン!しっぽクルンッ!

このコンパクトな感じがいい。かっわいいな~。

でも、8匹はすごいですね。

中型犬ってそんなに一度に産むんでしたっけ?

うちの猫は一度に4、5匹産んでたけど、8匹はすごいな~。

と、他人事なので感心しておりますが、

そこのお宅はもう大変みたいで、里親探しに大わらわ。

ですよね。

まだ産まれたばかりですが、子犬や子猫ってすごい勢いで育ちますからね。

それも、8匹同時。

ということで、柴犬(ミックス)の子犬の里親募集中です。

柴田屋酒店にお声をかけていただければお取次ぎいたしますので、ご希望の方はお申し出ください。

(但し、責任を持って生涯大切に飼ってくださる方に限らせていただきます)

えっ?うちですか?

うちにはもうすでに番犬がいるので・・・

131210_131618

残念~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当のことをお話しましょう。

131209_160415こんにちは。

麹ブームの昨今、甘酒界でもやっぱり注目されるのが米麹の甘酒。

そんなブームに乗っかろうと、柴田屋酒店内の甘酒カフェ「ゆふ」でも「全麹の甘酒」や米麹の甘酒で作る「甘酒アイス」など新メニューを登場させ、米麹路線を強化しておりますが・・・、

申し訳ございませんっ!

本当のことを申し上げれば、ワタクシのお薦めは麹の甘酒ではなくて「酒粕の甘酒」。

酒粕の甘酒というと田原あたりの方々は「きょとん?」とされますが、甘酒って麹の甘酒だけじゃないんですよ。

ワタクシが子供の頃から親しんでいるのは酒粕の甘酒。

だから逆に、田原に来て初めて麹の甘酒と聞いてワタクシは「きょとん?」としてしまいましたよ。

甘酒カフェだって、当初から「酒粕の甘酒ありき」で計画は進められ、

最上級の純米大吟醸の酒粕を使い、

色んな風味の酒粕の甘酒を考え出し、

で、ちょっとバリエーションもつけなければということで麹の甘酒として「古代の赤甘酒」一品だけをメニューに加えたのです。

麹の甘酒というのは麹の力で甘さを出します。

だから麹の甘酒を作るのは麹菌の仕事。

今ひとつ、自分で作っているという実感が無いんです。

それにひきかえ、酒粕の甘酒は自分でいろいろと味を工夫して作っています。

なんか、愛着が湧くんですよね~。

だし、やっぱり子供の頃から慣れ親しんだ飲み物だしね~。

おいしい酒粕で作ると、これまたとってもおいしいんですよね~。

でも、酒粕って人によって好き嫌いがあるんです。

だからお客様に「お薦めは?」と尋ねられたときにちょっと怯んじゃうんですよね。

本当においしいと思っているのは酒粕の甘酒なのに・・・。

本当に飲んでほしいのは酒粕の甘酒なのに・・・。

でも、もう時代に媚びへつらうのはやめよう。

ワタクシは敢えてここに反旗を翻そう。

お口に合わなかったらごめんなさい。

でも、ワタクシは自分に正直に生きるのだ。

本日ここに宣言します。

「甘酒カフェゆふのお薦めは酒粕の甘酒です!」

って、大げさな・・・。

お客様も好きに選ぶと思うしぃ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対ビオラ

131205_131320こんにちは。

やっぱりビオラはこの配色が一番好き。

温暖な渥美半島という土地柄か、花の苗をよくもらいます。

大抵春はサフィニア、秋はパンジーをもらいます。

ここ数年はもらった花ばかり植えていて、自分の植えたい花が植えられずにいました。

131205_131338ここ数年ずっと思っていたことがあります。

「ビオラを植えたい」

パンジーよりも小ぶりでいろんな色や配色があって、こんもりと茂るとカワイイんです。

パンジーは花びらがベロンベロンしていてイマイチかわいくないんです。

今年は絶対ビオラを植えよう。

たとえ、どんなにたくさんパンジーをもらったとしてもビオラを植えよう。

131205_131413そんなことを思っていた今年の10月、運命の出会い。

豊橋まつりでかわいいビオラが一株75円で売られていました。

特価品とは思えない丈夫そうな苗が75円!

そりゃ、買ったさ~。

やった~、やった~!

その翌日、やっぱり来た~。パンジーの苗がどっさり。

まあ、来るとは思っていたんですけどね。

ご近所やお客さんに配っても配りきれない。

仕方ないので空いてる鉢をかき集めてビオラと一緒に植えました。

こんなにバンジーとビオラばっかり植えるつもりはなかったけど、まあ来年の春頃はこれらがもっと育ってきれいなるだろうと、自分では納得しておりました。

そしたら・・・

131207_155915昨日になってまた来たさ~。

今度はビオラさ~。

かわいいよ、ビオラは。

かわいいけど、もういらない。

誰かもらって。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変貌

131206_110850こんにちは。

只今解体真っ只中のご近所さん。

こちらは建て替えずに、別の場所にお引越しされるそうです。

また、この通りから一軒なくなります。

寂しいな。

もうこの通りもワタクシが田原に来たころの面影は全く無いですね。

この十年とちょこっとの間に大変貌を遂げており、ほんの十年とちょこっとの前を知っているワタクシは、田原でも随分昔の人になったような気がします。

が、そんなワタクシの「昔の人度」はまだまだ序の口でした。

いつもお歳暮とお中元を買いに来てくださる男性のお客様。そうですね~、80歳は超えておられるだろうな~。

今日来店されまして、夫を相手に昔のこの通りの話をしておられました。

「そこに〇〇って店があって・・・」

「あ~あ~、ありましたね」

「あっちには△△って店があった」

「え?△△ですか?すみません。ボク知りません」

「ああ、うん、戦時中にあった」

お年寄りは「昔の事」に関してはすごい情報量を持っていらっしゃいますから、かなわないですよね。

そうですよ、町の変貌は今始まったことじゃない。ずーっと変わり続けているんです。

十年前のこの町の記憶ですら薄れかけているワタクシ、こんなことでいいのか・・・。

只今、この通りの十年前の様子をを一生懸命頭の中に映し出しております。

こういうのは、日ごろから脳トレが大事です。

目指せ!田原の生き字引!?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご当地芸人

131205_162558こんにちは。

昨日は年に一度の田原市商工会女性部の懇親会。

ワタクシは過去に2回参加したことがあるのですが、3回目の昨夜はこれまでとちょっと違った企画がありました。

会の中盤に「余興」のコーナーが設けられていまして、特別ゲストの方が大道芸を披露してくださいました。

その特別ゲストさんは地方公務員さんで、素人の大道芸人さんだとか。

が、しかし・・・

何者ですか、この方は?

素人とは思えぬ大道芸。「玄人はだし」ってやつですね。

そして、素人とは思えぬ話芸。笑いのセンスが光ってます。

会場はヤンヤヤンヤの拍手喝采と大爆笑で盛り上がり、「地方公務員を辞めても食っていけるぞ~!」などとの野次まで飛び交っておりました。

確かに、素人にしておくにはもったいない・・・。

でも、地方公務員という本業があるのだから、それはそれで堅実な人生で結構なことです。

そうだ!ご当地アイドルならぬ「ご当地芸人」というのはどうでしょう?

地方公務員としてお給料をもらって大道芸を披露しつつ田原をPRする。

うん、それだっ!それなら文句ないでしょ~。

商工会女性部も予算が少ない中でのやりくりで、その方がボランティアで来てくださるということでお願いしたそうです。

なんとまあ、奇特なお方。

来年はぜひ、「ご当地芸人」としていらしてください!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀はがきと年賀状の違い

こんにちは。

年賀はがきと年賀状の違いってご存知ですか?

年賀はがきとは年賀状用のはがきのこと。

そこに新年の挨拶を書き込んで初めて年賀はがきは年賀状となります。

だから、郵便局で売っているのは「年賀はがき」、」

アナタがポストに投函するのが「年賀状」。

なぜいきなりこんなことを書いたかといいますと、多分、多くの方が忘れているのではないかと思いまして・・・

東三河の郵便局だけなのかな?

131204_160202今年は「年賀葉書早期予約キャンペーン」というのが地味~にありまして、

10月に年賀はがきを50枚以上予約をされた方に「ナンバー抽選券」というのを差し上げました。

50枚ごとに抽選券1枚です。

この抽選日が明日、12月5日(木)です。

ね?忘れてたでしょ~?

東三河特産品が100名に当たるらしいですよ。

当選番号は郵便局の窓口に掲示されるそうです。

引き換え期間は平成26年の1月10日まで、お忘れなく。

131204_162655_2そしてさらに、11月中に年賀はがきを購入された方対象に差し上げた「早く、買って、もらっ得キャンペーン」の応募の締め切りも12月9日(月)と迫ってきています。

こっちも忘れないでくださいね。

ということで、なんでこういうキャンペーンが二つ重なっているのかというと、郵便局は早く年賀状を出して欲しいからではないかと思われます。

そう、年賀状は12月25日(水)までにお出しください。

年賀はがきが早く年賀状になりたがってるよ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発砲事件

こんにちは。

一大事です!

131203_155158尊皇の純米吟醸酒「奥」の「全量にごり吟醸」が入荷しました。

いわゆる「活性にごり酒」というやつです。

まだ発酵途中の樽から汲み取ったお酒で、まだ酵母が生きていています。

アルコール発酵というのはアルコールが作られるのと同時に二酸化炭素が発生します。

だから、瓶の中に入ってもブクブクと泡が浮いてきます。

栓を開けるときに気をつけないと、泡が一気にふき出すことがあります。

と、それはいいのですが

131203_155427瓶の裏貼りを見たらすごいことが書いてありました。

「!注意」というところに・・・

「瓶内自然発砲のため、開栓時にお酒がふき出すことがあります」

自然発砲・・・

発砲!?

いや~、物騒ですね、近頃のお酒は。

瓶の中からピストルの弾が飛び出してくるとは・・・。

んなわけはないっ!

けど、ふふ~ん、これは~、尊皇さんに教えてあげた方がいいのっかな~。

でも、おもしろいからもう少し泳がせておこう。(?)

というわけで、このお酒を持ち歩いても銃刀法違反にはなりませんが、

外で持ち歩いて瓶からお酒がふき出すと周りの人の迷惑になるので

そっと持って帰ってお家で飲んでね。

限定品ですのでお早めに~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のショッキングピンク

こんにちは。

田原は海が近く温暖な気候なので、内陸部に比べて朝晩の冷え込みが緩いようです。

そのせいか、秋の木々の色づき加減もちょっと緩いような気がします。

田原の紅葉ってあまりきれいじゃないのね。

それと関係があるのかどうかわかりませんが・・・

131130_130522楽しみにしていたホウキ草の紅葉、待てど暮らせど気配なし。

台風で傾いても、赤くなるまではと残しておいたのに・・・。

う~ん、気温の関係なのかな~?

以前、家を建て替える前の庭では、それはそれはきれいにショッキングピンクに色づいていたんです。

あれから8年か9年経つから、ここ数年で地球温暖化がかなり加速しているということでしょうか?

12月になるというのに色づく気配がないので、残念ですが抜いてしまうことにしました

ら、あれ?あれれ?

131130_145606最後の一本が、びみょ~に紅葉している!?

他のホウキ草の陰になっていたのに・・・。

非常に中途半端ですが、せっかくなので一本だけ残しました。

非常にびみょ~ですが、非常にきちょ~です。

よかったら見に来てください。

というほどのことでもない。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »