« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

人の一生

131028_091056こんにちは。

柿を干してかれこれひと月

ネットで干し柿の作り方を調べると、いろんなことが書いてあります。

2週間位で食べられるとか、30~40日で出来上がるとか。

まあ、人によって作り方もいろいろで、これが正しいという方法もないわけで、結局は自分で判断して食べましょうということです。

色んな方法を見比べ総合的に判断すると、多分、長く干せば干すほど水分が蒸発して硬い干し柿になるということではないかと思われます。

ワタクシ、軟らかい干し柿はあまり好きじゃないので、ひと月くらいが目安かなと当初から考えておりまして、これで一応完成です。

131129_195436ひと月前はあんなに丸々として、つやつやと輝いていた柿が、今はしわしわのごわごわ。見る影もありません。

人の一生を見るようで、なんか哀しい。

そうよ、若い頃は誰だって・・・という湿っぽい話(?)は置いといて。

売ってるのはもうちょっと形も色もきれいな気がするけれど、素人が作ればこんなものなのかしら?

長く干しすぎたかしら?

見た目の違いだけならばいいけれど・・・。

恐る恐る口に運ぶ。

表面は硬めで歯ごたえはそれっぽい。

ん~~~、

これは・・・、

やややっ!

131129_195558なんと、おいしいではありませんか~っ!

柿も人も、見た目じゃないね~。

中はジャムのように軟らかく半熟状態。

もらった柿がいい柿だったのかな?

期待していなかった分余計におしいのかもしれない。

自分で作ったから特においしいのかもしれない。

干し柿なんて、今まで特においしいと思って食べたこととなかったけど、

今まで食べた中で一番おいしく

・・・感じた。

とにかく、初めて作った干し柿は合格点。

やったねっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャコの海岸物語~旅日記・鎌倉編⑤

こんにちは。

月曜日から続いた”ぴーちゃんの旅日記・鎌倉編、いよいよ感動の(?)最終回です。

131124_144531まあ、急に思い立った日帰り旅行なので、鎌倉辺りの海沿いのステキなレストランでのランチは諦めるとして、

それでも鎌倉辺りならおしゃれなカフェなんかもいっぱいあるだろうから、そういった気の利いたカフェでちょっとお茶とスイーツなんかできればと、淡い期待をしていたのです。

が、気の利いたカフェの前はどこも人の列ができていましたし、

同行の男性諸氏はそういったことに興味は無いようなので、

まあ、これも(もしあるとすれば)次回のお楽しみと言うことで、大仏様に別れを告げて岐路に就いたのでした。

131124_152858しかし、ここで今回のお楽しみがひとつ・・・、

”江ノ電”。

海沿いをガタゴトと走る単線電車の景色は、テレビで何度も見たことがあります。

向かいのホームにはなぜかハイカラな車両が来ていましたが、ホントは緑とクリーム色の可愛らしい電車です。

江ノ電も混んでいてあまり外の景色を良く見ることは出来ませんでしたが、やっぱり見たことのある場所がたくさんありました。

どこが江ノ島で茅ヶ崎で湘南なのかもよくわかりませんが、ひとつだけこれならわかるだろうという名所がありました。

エ~ボ~シ~岩が遠くに見える~♪

とサザンオールスターズの歌にも歌われる”烏帽子岩”。

烏帽子の形してるから烏帽子岩。これなら見て分かるはず。

が、見れなかった。

電車が混んでいたからではなく、どうやら江ノ電からは見えなようです。

後から地図を見たら、江ノ電は烏帽子岩のだいぶ手前で海岸から離れていくのね。

まあ、これも次回のお楽しみです。

というわけで、最高の行楽日和の日曜日、久しぶりにどっぷりと行楽してきました。

青空の下、何も考えず、時間に追われず、へらへらと過ごす休日は最高だ~!

<おしまい>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有名ななぞなぞ~旅日記・鎌倉編④

こんにちは。

まだまだ続いてます、ぴーちゃんの旅日記・鎌倉編です。

突然ですが、

問題:

鎌倉の大仏はいつたったでしょう?

答え:

まだたって(立って)ない。座ったまま。

ちなみに、東大寺の大仏様もまだ座ったままです。

と、なぞなぞになるほど有名な(?)鎌倉の大仏様。

鶴岡八幡宮の次は鎌倉駅からバスに乗って大仏様に会いに行きました。

ベタな鎌倉観光をしております。

131124_143924おお~っ!だいぶっつぁ~ん!

やっぱり大きいや~。

写真では何度も見たことがありましたが、これがあの有名な鎌倉の大仏様。

いや~、はじめまして!

今日ここで鎌倉の大仏様とお目にかかるとは、昨日まで、いや、今朝まで思ってもみなかったな。

奈良の大仏様は大仏殿の中に恭しく鎮座ましましておられますが、こちらは屋外でワイルドな感じ。

しかも建物が無い分、すぐそばまで近づけるし、色んな角度から見ることが出来ます。

後ろにまわってみると・・・

131124_144311

おおっ?背中に窓が。

そして、その窓も気軽な感じでパッカリと開いている。

しかも、案外”猫背”。

ふ~ん、なるほどね~。

20円払うと大仏様の下側から中に入れてもらえるそうですが、それはパス。

20円が惜しかったわけではなく、ここもやっぱり混雑していて並ばなければ入れなかったので。

爽やかな秋空の下、大勢の参拝者をご自分のすぐ近くまで招きいれている鎌倉の大仏様は、この青空のように心が広くおおらかなお方とお見受けいたしました。

<旅日記はまだつづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ鎌倉~旅日記・鎌倉編③

こんにちは。

旅日記・鎌倉編続いてます。

逗子から鎌倉に向かう電車はかなり混んでいました。

「関東圏ともなると日曜の昼間から電車はこんなに混んでいるんだ。みんなどこに行くんだろう?」

と思っていたら、ワタクシ達が降りる予定の鎌倉の一つ前の駅でドッと人が降りました。

ひょっとして、みんな鎌倉に遊びに来たの?

この時初めて気付きました。

今は紅葉の季節、観光シーズンだったのね~。

前々日の夜に鎌倉行きが決まったのであれこれ調べる時間も無く、

今まで鎌倉に来ようと思ったこともなかったのであまり予備知識がなかった。

同行したAさんが「鎌倉に来たこと無いの?修学旅行とかで来なかった?」と驚いていましたが、名古屋近辺の小中学校は修学旅行といえば京都・奈良が定番。もちろんワタクシの小学校の修学旅行も京都・奈良でした。

名古屋からならそっちの方が近いのよ。

131124_125043鎌倉駅を降りると、ここもやっぱりすごい人。

とりあえず駅からすぐに行ける鶴岡八幡宮を参拝することになり小町通へと入って行きましたが、さらにここはすごい人。

土産物屋が並ぶ通りを人をかき分けながら進むうちに、また気付きました。

もしかしたら鎌倉って・・・

ちょっとした”京都”?

清水寺の三年坂とか二年坂にそっくり。

そっっっか~!そういうことか~。

海が近くて古寺があってひっそりとしたイメージを抱いていたけれど、関東の人にしてみれば近場の京都なわけですね?

鎌倉のこと、知らなすぎたわ。

131124_132334_2はいはい、鶴岡八幡宮、テレビで見たことあります。

この日はお日柄もよく、結婚式や七五三の為の参拝者の姿もたくさん見かけました。

いや~、めでたい、めでたい。

そして、Aさんのたっての希望で(?)”鳩サブレー”でおなじみの豊島屋の本店へ。

そうそう、神奈川のお土産といえば崎陽軒のシュウマイか鳩サブレー。

久しぶりだわ、鳩サブレー

131127_151741わけもわからず、何も考えずにここまで付いてきたけれど、やっと鎌倉がどういうところか分かってきた。

百聞は一見にしかず。

やっぱり来てみないとわからないもんですね。

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずしのすし~旅日記・鎌倉編②

こんにちは。

旅日記、昨日の続きです。

鎌倉辺りならばきっと海沿いにステキなレストランがあって、そこで海を見ながらおしゃれなフレンチとかイタリアンのランチなんか食べちゃったりして

と、ワタクシならば考えるのですが・・・

今回はあくまでも商店街の視察旅行。

最初はこの視察を発案したAさんと夫と男二人で行くはずのところにワタクシがちゃっかり乗っかったんです。

まあ、Aさんのご意向もあるだろうからランチに関しては自分の意見は主張せず、”おまかせ”で付いていくことにしよう。

前々日に夫が、「昼食は逗子で寿司がいい。逗子は海沿いの町だから魚がおいしいらしい。”逗子”という地名の由来は”寿司”からきているらしい」とのたまいます。

「へぇ~」と、感心してみたものの、後でワクシが少し調べた限りでは別の由来が書いてあったので”寿司説”は眉唾。

それにしても、夫は東京に行けば「築地に寿司を食べに行こう」というし、なにかと寿司寿司というけれど、自分が住んでいるのも十分海沿いの町だということを忘れているのでしょうか?

新鮮な刺身は田原にもあるけれど、海が見えるステキなフレンチレストランは田原にはないのよっ!

などと思いながらも、まあ今回は、おまかせ、おまかせ・・・。

131124_111250逗子の駅前近くには昔ながらの商店街がいくつかありまして、田原のたまるカードのような共通ポイントカードがあって、そのカード組合の方々もなかなか活発に活動しておられるようです。

それらの商店街を見て歩いて、たまたま見つけたポイントカードの加盟店であるお寿司屋さんで昼食をとることにしました。

ワタクシは1000円のランチセットのちらし寿司を注文しましたが、確かにネタは良かった。

昔ながらの店構えの小さなお寿司屋さんでしたが、なかなかやるな~。

やっぱり”逗子の由来は寿司”かもしれない。

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新横浜駅のトイレ~旅日記・鎌倉編①

131124_090559こんにちは。

夫が逗子の商店街の視察に行くことは少し前に決まっていたのですが、ワタクシも同行することが決まったのは二日前の夜。

”逗子”と聞いてもあまりピンとこなかったけれど、

「横浜から逗子に行って、そこからちょっと鎌倉へよって、江ノ電で小田原まで行って新幹線で帰ってくる」

と夫が話しているのを聞いておりまして、

横浜、鎌倉、江ノ電・・・なんかとってもおしゃれなところへ行こうとしていることを嗅ぎつけました。

そうなんです。ワタクシ伊豆半島とか三浦半島は行ったことがなく、それどころかよく考えたら横浜すら新幹線で通過するだけで降りたことはありませんでした。

結構近いからいつでも行けると思ってると、案外行かないもんなんですよね。

131124_092239じゃあ、いつ行くの?

今でしょ~~~っ!

ということで、急遽、ちゃっかり付いていくことになりました。

あっ、富士山、世界文化遺産登録おめでと~っ!

などと言っている間に、新幹線は新横浜に到着。

新横浜駅に初めて降り立ちました。

ま、乗り換えの為だけですけどね。

新横浜駅でトイレに行きましたら、女子トイレはちょっと列が出来ていました。

う~ん、都会はいちいちこうだからな~。

渋々列に並んだのですが、そのとき(ワタクシにとっては)珍しいものを見つけました。

並んでいる列の先頭近くの壁にトイレの見取り図が貼ってありまして、使用中のトイレのところには赤いランプが点灯するようになっています。トイレの利用状況が一目瞭然なんですね。

しかも、トイレの個室ひとつひとつに、”こすもす”とか”すみれ”(だっかなか?)などの花の名前が付いている。

なんとまあ、余計な・・・いやいや、細やかな心遣い。

名前をつけるなら「1、2、3」でも「A、B、C」でも事足りると思うのですが、お花の名前とは・・・。

やっぱ横浜の人はおしゃれだわっ。

と、へんな納得をして、ワタクシは”こすもすの間”を利用させていただきました。

電車の中から横浜らしい港の景色でもみえるかな?と期待したのですが、

ビルの間からランドマークタワーらしき建物の一部がすこし見えたくらいで、あとはよくわかりませんでした。

とりあえずワタクシの初めての横浜の思い出は”お花の名前のついたトイレ”。

う~む、横浜、おっしゃれだわ~!

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるキャラの品格

こんにちは。

先日、姉と電話で話していたら、姉は最近”くまモン”にハマっていると言います。

時々くまモンの動画を見て、ひとり癒されているそうです。

おお~っ!くまモンといえば・・・、

131122_153115最近たまたまYou Tubeで、”ゆるキャラ141体が、ひげダンスでギネスに挑戦”というのを見つけ、ハマりました。

(写真はイメージです)

ゆるキャラ141体が長崎のハウステンボスに集結して、ひげダンスを一斉に5分間踊り続け、それでギネス登録を狙うというものです。

見たことあるようなないようなマイナーなゆるキャラや、「これ”ゆるく”はないでしょ?」というようなキャラ等、”とにかく141体掻き集めた”という感じ。

で、それが一斉に5分間、あの”ひげダンス”の曲に合わせて黙々と踊り続けるという・・・

う・・・・・・っ、ワタクシのツボにジャストミート!

お陰でワタクシは最近いつも頭の中でひげダンスの曲が流れていて、誰もいないとそれにあわせてステップを踏んでいるという状態です。

あ、それはいいのですが、その141体のキャラクターのセンターをくまモンが務めておりまして、お得意の軽やかなステップを披露しておりました。

それを姉に教えてあげたのでした。

が、そんなワタクシ、実は”ふなっしー派”。そのことを姉に話すと・・・

「え~っ!ふなっしー?やだ~、品が無~い」

相変わらず自由な感じで人の発言を否定するね~。

なに?品?

ゆるキャラに”品格”?

「あんなふうだから、天皇陛下には合わせられないんだって~」

どうやら、先日くまモンが天皇皇后両陛下とご対面したのを彼女は誇りに思っているらしい。

「そ、そんなこと・・・」

天皇陛下に会う資格があるかないかは多分公式キャラクターかそうでないかであって、キャラクターの品格の問題ではない。

ふなっしーは船橋市の非公認キャラクターというのが売りだからそれでいいんだ。

と言おうと思いましたが、

絶え間なく浴びせかけられる姉のマシンガントークにワタクシは発言の場を奪われ、

この場をお借りしてワタクシの意見を述べさせていただいた次第です。

姉にも多少は無口なくまモンを見習って欲しいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”早起きキャンペーン”

131121_144503こんにちは。

うちの炊飯器が壊れました。

と言っても、壊れ方がびみょ~。

タイマー予約するための時計が内蔵されていますが、その時計の蓄電池(?)が壊れたみたい。

充電できないのでコンセントを外しておくと時刻が狂ってしまうのです。

コンセントをさしっぱなしにしておけばいいのですが、一応節電のためにこまめにコンセントを抜くことにしておりまして、さしっぱなしはなんだかちょっと罪悪感・・・。

結婚したときに買ったのだから、もう10年以上は使っています。

電化製品も10年が寿命だといいますから、まあ、寿命といえば寿命。

ある日急にご飯が炊けなくなって不便な思いをするならば、ここで買い替えておいた方がいいかもしれない。

10年経てば炊飯器もいろいろ進化してるんだろうな~。

でも、大体こういう家電品って”ご飯を炊く”というように本元の機能じゃない付属の機能の部分から故障していきますね。

だから、あんまりいろんな機能が付いたのは買わないことにしています。

ふ~む、そろそろ買い替えの為の新商品の比較検討にかかろうか・・・。

と思ったら、

今週の”めざましじゃんけん”の賞品はなんと炊飯器!

早起きキャンペーンのおかげで、すでに応募に必要な100ポイントはゲット済み。

よ~し、狙うぞ~!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UV対策

131121_153414こんにちは。

南向きの柴田屋酒店、この季節になるとちょっと困ることが。

夏の間はいいのですが、秋になると陽射しが店内に入るようになります。

特に11月のこの時期は、午後の一時だけなんですが、店のレジカウンターの端っこまで届くようになります。

この隅っこのコーナーは一応”旬の情報コーナー”で、お知らせのパンフレットやその時のお薦めのお酒を置くことになっています。

お知らせのパンフレットはいいのですが、お酒の場合が問題です。

お酒というのは光を嫌います。

光によって品質が変わってしまいます。

だから、日の当たるところにはお酒は置きたくありません。

でも、ここに置きたくはないけれど、どうしてもここに置いてお知らせしなければならないこの時期限定のお酒があります。

じゃんっっっ!

131121_153321きた~っ!”ボージョレ・ヌーヴォー”!!

ボージョレ・ヌーヴォーか来る季節は、ここに日が当たる季節。

皮肉なものよの~。

仕方ないのでダンボールが日よけになっております。断熱効果もあるもんね。

でも、あまりいけてないのので、もうちょっとおしゃれなダンボールにしような~。(?)

あっ、そうか~。すぐに売り切って なくなっちゃえばいいんだ~!

というわけで、みなさん、

”ボージョレ・ヌーヴォー2013”、

大至急買いに来てくださ~い!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足音

こんにちは。

昨日の続きで、この前の中部・北陸実業団駅伝のお話です。

中継所となっていた中部市民館に応援の人が集中した分、そこから少し離れると人通りはまばらです。

ワタクシが柴田屋酒店に移動する間にも3、4人の走者とすれ違いました。

船倉橋西の交差点を選手たちはすごい勢いで曲がってきます。

そうでしょう。だって中継地点まであと100数十メートル。力の限りのラストスパートです。

周りに人がいないので、彼らの地面を蹴る音や息づかいが辺りに響いています。

足音はバタバタ、息づかいはゼーゼー。

テレビの中継や群集の中では絶対に聞こえない音です。

やっぱり長距離走ってこんなに大変なんだ。決して軽やかに走っているわけじゃないいんだ。

「がんばれーっ!」

声をかけずにはいられませんでした。

そして、船倉橋西の交差点を曲がると・・・

131117_112516おっ!結構賑わってる。

ご近所のみさなん、みんな外に出てきて家の前で観戦ですね。

イスまで持ち出してるお宅もあります。

出かけていかなくても自分の家の前までレースが来てくれるんだもんね~。なんだか贅沢ですよね~。

そんなこんなで我が家の前を通過したレースは、2時間ほど後に再びこの近くまで戻り、はなとき通りでゴールです。

ゴール地点はさらにすごい人出で盛り上がってます。

131117_130721


この一体感、なんか、いいわ~。

この駅伝はもうすっかり深まりゆく田原の秋の風物詩ですね。まだ二回目だけど。

選手のみなさん、お疲れ様でした。

お正月のニューイヤー駅伝に見事勝ち進んだみなさん、頑張ってくださいね。

そしてまた来年の秋、田原でお会いしましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体脂肪

こんにちは。

以前、名古屋国際女子マラソン(今は名古屋ウィメンズマラソンかな?)を沿道で観戦したことがありました。

その時、トップ集団の女子のマラソン選手達の華奢なことにとても驚きました。

走るために無駄な贅肉を削ぎ落とし、身体を搾り込んでいるでしょうね。

彼女達に体脂肪ってあるんだろうか?

あんな小さな身体でよく42キロも走り続けられるもんだと感心しました。

先頭集団が通り過ぎ、次々とやってくる後続の選手たちにも声援をおくっていたのですが、

順位が後になるとそれに伴って段々と体脂肪も増えていって身体が重そうな印象が・・・。

マラソンの順位と体脂肪率は比例してるんですね。

(って、一番体脂肪が多いのは、突っ立って沿道で見ているワタクシでした~!)

この前の中部・北陸実業団駅伝もそう。

女子選手ほどの華奢な感じはありませんが、やっぱり鍛え上げられた出場選手達、カッコイイですね~。

脚なんて筋肉が浮かびあがり、まさに”カモシカの脚”。

芸術的な美しさを感じてしまう。

131117_111855さて、(やっと)昨日の続きですが、


選手たちが次々と到着して、たすきが次の走者に渡されていきます。

走り終わった選手たちを見ていると、力を出し切って倒れそうな人、わりと普通にスピードを緩め人垣の向こうにそっと消えていく人、走り終わった後の行動タイプはそれぞれなんですね。

自分が走ってきたコースに向き直って一礼する選手には、応援の人達から思わず拍手が起こりました。

5、6チームのたすきが渡されるのを見たところで、ちょっと場所を変えて柴田屋酒店前がどんな様子か見てみたくなりました。

たすきが渡されるたびに湧き上がる歓声を背に、駅伝のコースを逆走する形でさっき来た道を県道28号に向かって歩き出しました。

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中継

こんにちは。

昨日は田原での開催二回目となった中部・北陸実業団駅伝。

去年はセントファーレで出店をしていたのであまり見られなかったけど、今年はゆっくり見るぞ~っ!

131117_110436なんてったって、家の前の道が駅伝のコースだもんね~。

駅伝の通過予想時刻が近づいてくると、田原萱町交差点付近に応援の人たちが集まってきました。

街がなんだかざわざわとしています。

今年はうちから近い中部市民館が中継所になっていて、そちらの方にも人が流れていきます。

マラソンや駅伝などの長距離走を観戦したことのある方はご存知だと思いますが、こうゆ長距離競技を沿道で観戦するのはテレビで見ているのとちょっと違います。

トップアスリート達は物凄い速さで、あっという間に目の前を通過していきます。

もう瞬きしてる間に、くしゃみしてる間にも選手は目の前を通り過ぎていってしまいます。

もしも、もしもくしゃみをしていて見損ねたらどうしよう・・・。

そうだ!中継所でたすきを渡すところなら、くしゃみしてても見られそう。(?)

そうよ、たすきを繋いでこそ駅伝。

その瞬間を目撃するのだっ!

で、とりあえず中部市民館近くにスタンバイ。ここも結構な人出です。

131117_111110おっ!その中に派手な羽織はかまにたすきがけ、スキンヘッドの男性。これはひょっとして、名物応援団長でしょうか?

いいね~。好きだね、こういうの。盛り上がりますね~。

そして、沿道の人ごみを避けるように市民館の周りで黙々とウォーミングアップをする選手と思われる若者達。

緊張感がみなぎっています。

「頑張って!」と声を掛けたいところですが、やっぱり競技に集中することが大事。ここは遠慮しなければ。

レースを先導するパトカーが通過。

さあ、いよいよ駅伝がやってきます!

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんあんあん

131116_160215こんにちは。

今日の柴田屋酒店のおやつはマーガリンとあんこが入った黒糖ロール。

愛知県人が愛する”小倉&ネオ”ってやつですね。

マーガリンだけが入ったのもおいしいけど、あんこ入りはもっとおいしい!

それを食べながら夫が

「なんであんこのことを”小倉”っていうんだ?」

「小倉っていうと普通つぶあんじゃない?」

と答えてはみたけれど、それは答えになっていない。

うん、確かに、なんで小倉?

調べてみました。

諸説あるようですが・・・、

つぶあんというのは小豆をつぶさずに皮が残っているもの。

こしあんは裏ごしして小豆の皮を取り除いたもの。

小豆をつぶすけれど、皮を残した”つぶしあん”というのもあるそうです。

で、小倉あんというのはこのこしあんやつぶしあんに蜜で煮て漬けた大納言あずきを加えたものだそうです。

ど~よ、ど~よ、知ってました?この違い。

で、肝心な小倉の由来は、809年ごろ空海が中国から持ち帰ったあずきが京都の小倉山の近辺で栽培されていたからだそうです。

なるほどね~。

ということは、小倉あんというのは大納言あずきがはいったちょっとハイグレードなあんこということでしょうか?

が、しかし、近年では大納言あずきが入っていないつぶあんを小倉あんと呼ぶこともあるそうです。

近年がいつごろかは分からないけれど、これはちょっとした偽装ですね?

まあ、大納言あずきが入っていてもいなくても、ワタクシはあんこが好きだ~っ!

ちなみに、こしあんよりつぶあんが好きだ~っ!

余計な情報、失礼しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

余計なことを

こんにちは。

夏の猛暑のせいか、今年は我が家のメダカはあまり数が増えませんでした。

増えないどころか減った気がする。

これまた猛暑のせいか、水草のホテイアオイもあまり育たなかった。

それなのに根っこには藻が茂っていて、たまにメダカが藻に絡まって動けなくなっていることがあります。

仕方ないので、ホテイアオイの大部分を捨てました。

131115_150644かなりすっきりした~。

これでメダカ君達ものびのび泳げるぞっ!

と思っていたら・・・

小春日和のある日の午後、このちょこっとだけ残ったホテイアオイの根っこの藻にメダカが乗っかっている。

じっと動かないので具合でも悪いのかと突いてみると、急に動き出して底の方に身を隠しました。

こっ、これは・・・、ひょっとして、藻をベッドにして日向ぼっこしながらお昼寝してたの?

今まで絡まって身動きできないと思っていたあれは、お昼寝してることろだったの?

藻がメダカのベッドになっていたなんて・・・。

あら~、ひょっとして、ワタクシ余計なことをしてしまいましたか?

大事なベッドを始末しちゃって・・・。

ごっめ~ん!

雨上がり、水が少しきれいになったメダカの樽を覗き込んだら、水底から恨めしそうにメダカ君達がワタクシを見上げておりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「青柳ういろう」の都市伝説

131114_131457こんにちは。

今週のお花のお稽古、先生が用意してくださった花材に赤い柳のような枝が入っていました。

この名前を先生に尋ねると、

”レッドウィロー”。

あら、てっきり”〇〇ヤナギ”と返ってくると思っていましたがハイカラな名前。

あ、ひょっとして・・・

”ウィロー”って柳のこと?

師曰く、

「そうだよ、柳のこと。だから”青柳ういろう”は柳、ねっ!」

ダジャレかいっ!

と突っ込みを入れようとしましたが、いやいや、ちょっと待て。

「白・黒・抹茶、あずき・コーヒー・ゆず・さくら」

愛知県人ならだれもが口ずさめる、あのCMソングでお馴染みの”青柳ういろう”。

”大須ういろ”と並ぶ名古屋ういろう会の大御所。(?)

ふ~む・・・

ブリヂストンタイヤは、初代の社長さんが石橋さんという人で、石と橋を英語に訳すとストーン・ブリッヂ。

これをひっくりかしてブリッヂ・ストーン、ブリヂストーン、ブリヂストンとなった

というのは有名な話。

そっか~、”青”はどこから来たのかわからないけれど、”柳”が英語でウィロー(willow)というのにひっかけて”青柳ういろう”になったのか~。

長いこと愛知県に暮らしていて、ワタクシったらそんなことも知らなかったのね。

こりゃひとつ、利口になった。

などと、いたく感心しながら家に帰り、さっそく青柳総本家のホームページを見てみました。

どれどれ、”会社案内”をポチッと

「青柳総本家は明治12年、初代後藤如休が旧尾張藩主徳川慶勝公より”青柳”の屋号を贈られて創業いたしました。」

明治12年、旧尾張藩主様が英語を・・・?

・・・・・・

・・・・・・

やっぱりダジャレかいっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

使命

131113_155848こんにちは。

今朝出勤する時、店に入ろうとしたら少し向こうからおばあさんが二匹の老犬を連れてこちらに歩いてくるのが見えました。

散歩の途中だと思われますが、その老犬の一匹は大きな白い犬でした。

かなり年老いているようで、”よぼよぼ”と言うよりは”ふわふわ”といった感じ。しっかりと足が地面につかないで立っているのもやっとの状態。

前に進もうとする四本の脚も力が入らず、ふわふわと空をかいているようにも見える、ちょっと痛々しい状態。

店の前で思わず歩をゆるめてその老犬の姿を注視してしまいました。

ワタクシが以前飼っていた猫は20歳まで生きたので、年老いた犬や猫を見るとそれを思い出し、愛おしくてたまらないんですね。

お~お~、キミも長い間ご主人と暮らしてきたんだね。

野生の動物であれば自分で餌を捕らえられない状態になれば生きていけないわけで、こんなよぼよぼでいるということはありえない、これは人間に飼われている動物だからこその姿なのであります。

人間が愛情を注いで世話をしているからこうして生きているわけです。

人間の愛情をしっかりと受け止めて年老いたペットたちの穏やかな表情は、なんとも味があり愛おしいのです。

そこにはやっぱり飼い主との長い年月が刻まれているのです。

かわいいな~。

とてもゆっくりと進んでいくその一行の様子を店に入ってからもそっと見ていたら、店の入り口を通り過ぎたあたりで老犬はへたりこんでしまいました。

だよね~。

あの様子でそんなに遠くから歩いてきたとは思えないから、多分ご近所なんだろうけど・・・。

おばあさんが手で数回犬のお尻のあたりを小突くと、犬は再び重い腰をあげて立ち上がり、またふわふわと歩き始めました。

多分、

長い年月続けてきて、どちらも”使命”だと思ってるんだろうな。

散歩に連れて行くのが使命。

散歩に付いて行くのが使命。

いつまでもこんな穏やかな日々が続きますよに。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナ2本位の

こんにちは。

いつも米麹を買いにいらっしゃるお客様で、80歳くらいと思われる年配の女性がいらっしゃいます。

いつも赤い電動アシスト自転車で来店される元気なおばあちゃまです。

いつもこの方はご自分で甘酒を作られるそうです。それを健康の為に毎日ヨーグルトに混ぜて食べていらっしゃるのだそうです。

これを食べるようになって体調に変化が表れたそうです。

それまではどちらかというと腸が弱い方で、いつもお腹が緩かったらしいんです。

それが、これを食べ始めてから「バナナ2本位のいい感じのが出る」のだと。

ほほ~っ、乳酸菌+酵素たっぷりで、腸内環境が整ったってわけですね。

健康な身体の基本はやっぱり腸内環境ですよ。

それを聞いて、ワタクシもこの頃毎日ヨーグルト&甘酒を食すようにしています。

131112_133030

ちゃんと自宅で自分の為に甘酒を作ります。

それにヨーグルト(これも市販のヨーグルトを種にして自分で作ります)に黒ゴマ・きなこなんか混ぜたりします。

今日も作りました。

器に全部の材料を入れたのですが、甘酒は美味しいのでちょっと味見(?)をしたくなりました。

最後に甘酒をスプーンでもう一杯すくって口に入れたら・・・

げーーーっ!!!しょっぱ~い!?

131112_133015塩麹でした・・・。

そうだった。

作り置きしてある塩麹の量が減ってきたので、小さなタッパーに入れ替えたんだった。

そうだった。

甘酒と塩麹、見た目そっくりだった。

いくら塩麹が美味しいといっても、飲むほど摂取したら塩分の摂り過ぎです。

みなさん、気をつけましょうね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けないで

こんにちは。

行ってきましたよ、B-1グランプリin豊川。

雨も混雑も覚悟の上で出かけましたが、豊川に着いたときには予想どおりの雨と混雑。

でも、こんなことには負けないのだっ!世紀の祭典B-1なのだっ!

一時はどうなることかと思った雨も混雑も、時間の経過とともにおさまってきて、ちゃんと楽しんで食べられました~!

131110_114051一応食べたものを記載させていただきます。

え~っと、食べた順番に

大曲納豆汁、久慈まめぶ汁、本荘ハムフライ、日生カキオコ、なみえ焼きそば、南魚沼きりざい丼

以上6品。(全部一人で食べたんじゃありませんよ)

事前の予習で、「行列が長いから美味しいというけでわない」というのを学習していましたので、そんなに並ばなくてもいいのを食べました。

でも、み~んなおいしくて大満足しましたよ。

131110_135157カキオコを食べ終えた時点で投票の締め切り時間が迫ってきていたので、最初の4品を比べて投票させてもらいましたが、ほんとにどれもおいしくて甲乙つけがたかったです。

どれに投票したかはヒ・ミ・ツ!

ワタクシの投票の対象外になりまりましたが、グランプリに輝いたなみえ焼きそばも食べることができてよかったです。

なみえ焼きそばの勝因は、うどんのように太い麺にソースがドロッと絡まった感じが味噌煮込みうどんとか伊勢うどんっぽくて、東海地方の人々には親しみやすかったというところじゃないかな?

あとやっぱり、「がんばれ福島!がんばれ東北!」というみんなの思い?

負けないで、よくぞここまで。本当におめでとうございます!

いや~、やっぱり楽しかったわ、B-1。

雨にも負けず行ってよかった。

豊川のみなさん、ありがとうございました。

きっとB-1グランプリin豊川を訪れたみんなが豊川のことを大好きになったと思いますよ。

お疲れ様でした!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきらめるのはまだ早い

131109_162101こんにちは。

米麹を買いにいらっしゃるお客様から、塩麹や醤油麹の作り方についてご相談をいただくことがよくあります。

その中でもよくあるのが、「醤油麹は芯が残って上手くできない」というもの。

ワタクシもそういうご質問を受けてからはたと気付いたのですが、確かに塩麹よりも醤油麹の方がお米の粒が崩れずに丸いまま残っています。

ワタクシは芯が残って食べづらいと思うほど硬く仕上がったことはないので、そんなに気にしていなかったのですが、はい、確かにそうです。

そもそも米麹は蒸したお米に麹菌を繁殖させたものです。生のお米じゃないので食べても大丈夫ですよ。

な~んて、のんきなこと言ってますが、もしかしたらワタクシは気にしないタイプなだけで、同じ状態でも気になる人は気になるのかもしれない。

でも、だからと言って醤油麹作りに失敗したということではないんですよ。

あきらめるのはまだ早い!

ということで、その解決策を調べてみました。

まず、最初に試してみてほしいのは、もうちょっとそのまま置いて様子を見るということ。

一般的には1週間~2週間常温で保存するとされていますが、いろんな事情で発酵が遅くなるということは考えられます。

温度や時間がたりなくて、これから軟らかくなるというときに冷蔵庫に入れてしまうと硬いままです。

で、それでもだめな場合、手っ取り早い方法は

ミキサーやブレンダーで直接で粒を砕くという方法。

ねっ、簡単でしょ?

もう一つ、ちょっと手間ですが少し温めてみるという方法もあります。

55度から60度位で数時間置いてみるということです。

直接火に欠けると高温になってしまうので、湯せんがいいでしょう。

これは甘酒の作り方と同じです。

この温度なら酵素が活発に働いてお米の粒を分解してくれるはず。

でも、60度以上では酵素は破壊されてしまうので十分気をつけてください。

直接火にかけると高温になってしまうので、湯せんがいいでしょう。

また、この方法の場合麹菌は死んでしまうのでその分雑菌が繁殖しやすくなります。

長期の保存はできないので、冷蔵庫で保存してお早めにお召し上がりください。

もしもそれでもだめだったら、それは何らかの理由で麹菌が死んでしまったか、力が無くなってしまったということが考えられます。残念!

結局、なぜ塩麹よりも醤油麹の方が芯が残りやすいのかというのは、ワタクシが調べた限りではわかりませんでした。

でも、これらの方法は塩麹に芯が残った場合でも使えますのでみなさん、お試しくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦略

131108_155401こんにちは。

いよいよ迫ってきた”B-1グランプリ in 豊川”。

ちょっと遠いけど田原も同じ東三河。いやがうえにも盛り上がっちゃっているのであります。

昨日、来店されたお客様、田原の銘酒・純米大吟醸”優”の”五年古酒”をお買い求めになりました。

普通、吟醸酒は冷やして飲んでいただくのがお薦めの飲み方なのですが、この五年古酒の場合はそうではなくて、常温かぬる燗で召し上がっていただくのをお薦めしています。

このお客様が五年古酒を選んだのはそこがポイントだったようです。

「B-1グランプリに持っていって、B-1グルメを食べながら日本酒を飲みたい。冷やしては飲めないので、常温で飲んでおいしいお酒を」とのこと。

なるほど!そういう楽しみ方もあるんですね~。

現地でもお土産用に地酒を売っているようですが、最初にお土産売り場に直行していては出遅れてしまうというわけなんでしょうか?準備万端ですね~。

131108_164105ところがですね、そのお客様、前売りで販売している料理の購入の専用チケット”たべりんくうポン券”をまだ買っていないのだそうです。

「しまったな~」としきりに悔しがっておられます。

「先週の時点では、まだ市役所で売ってるって聞きましたけど」とワタクシの知っている情報をお伝えしたのですが、

「市役所にも行ったけど、もうなかった」とのこと。

「でも、当日現地でも売ってるっていうし」

「当日だと、かなり並ばなきゃいけないでしょ」

あ、そうなんだ~。知らなかった。まあ、お気の毒に・・・。

うちはもう買ってあるんですけどね、うふっ!

今年で8回目となるB-1グランプリ、来場者数は年々右肩上がりで去年は61万人だそうです。

毎回栄誉あるゴールドグランプリをめざしてまちおこし団体が熱き戦いをくりひろげるわけですが、それを食べるための来場者の熱き戦いも同時にくりひろげられているわけです。

どのくらい混むのかな~?

抜かりないようしっかり予習して・・・いざ決戦っ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢日記・「SPEC」編

こんにちは。

今朝見ていた夢・・・

131107_161236ワタクシは子供の頃に住んでいた家に似たようなところに住んでいます。

お隣の家は昨日引越しをして、空き家になっている

はずだった。

窓のカーテンは外されていたので、うちとの間の小道から背伸びをすると塀越しに家の中が見えました。

すると、すっかり引越しが済んでガランとした家の中に布団が敷かれて人が寝ています。

ここの家のおじいさんのようです。身体の具合が悪いから、新居が片付いてから移動するんだろうか?

でも、なんかおかしい・・・。

それから2、3日経って再びお隣を覗き込むと、やはり同じようにおじいさんが寝ています。

人の出入りする気配もありません。

ま、まさか・・・。

夫にそれを話すと夫もそれには気付いていたようです。

「変だねよね」、「うん、変だ」

「でも~、まさかねぇ~」、「うん、まさかそんなことは、ねえ~」

「ははっ」、「ははは・・・」

「・・・」、「・・・」

「腐敗臭・・・ってさ、何日くらいしたらしてくるもんなのかな?」

「季節によるんだろうけど、2、3日じゃしないんじゃないの?」

「じゃあ、あと2、3日様子を見て、そうしたら警察に通報しよう」

「えっ?だめだよ。だって明後日からディズニーランドに行くんだもん。ほら、パスポート券に新幹線の券はもう準備したけど、泊まりの準備はこれからだし」

と、ワタクシが手に持ったパスポート券と新幹線のチケットを夫に見せているところで目覚ましが鳴り目を覚ましました。

ディズニー旅行、近所の引越し、死体遺棄(?)・・・

夢は寝ている間に脳が記憶を整理する作業だという説があるらしいですが、確かにワタクシが考えていた事柄が夢に反映されている。

でも、死体遺棄事件かも!?という一大事に直面してもディズニー旅行のことを考えているワタクシって一体・・・?

夢って、本当の自分が出てる気がする。

えっと、ワタクシの日常が死体遺棄事件とどう関係しているかというと・・・

多分これは、この前テレビで「劇場版SPEC」を見たからじゃないかな?

ちょっとワタクシには刺激が強すぎたかも。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうこれ以上は・・・

131106_155926こんにちは。

このブログに載せる写真はいつも携帯で写しています。

記事を書くのはパソコンで書きます。

画像のデータはマイクロSDカードでやり取りします。

”マイクロ”というだけあって、超ちっちゃいです。

あまりにちっちゃいので至近距離で写したら、ぼやけました。安い携帯なもんで・・・。

131106_160016あまりにちっちゃいので、パソコンに読み込ませるときはマイクロSDアダプターというのに差し込んで、それをさらにパソコンに挿入して読み込ませます。

おっ!こっちもちっちゃいけれど、ぼやけずに写っていますね。

ぼやけないぎりぎりの至近距離。

文明の進化ってすごいな~。

ワタクシが結婚前に会社勤めをしていたころは、まだフロッピーディスクがあった。

よかったな~、あの頃は。

だって、ちっちゃくなりすぎだよ~。

131106_160146_2店番しながらブログを書いてて、マイクロSDカードを取り出しているときにお客さんが入ってきたりして、慌てて床に落としたら見失っちゃうんじゃないかといつも心配しております。

床じゃなくても、机の上でも心配。

くしゃみしたら飛んでっちゃうんじゃないかと心配。

お願いだから、これ以上ちっちゃくならないでくださいっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人身売買

131105_154403こんにちは。

夫はよく道端に落ちているものを拾います。

どこの誰がどんな経緯でここに落としたのかわからないものを、よく触る気がすると思うのだけれど、

そういえば、義父もよくわけのわからないものを拾ってきては喜んでいるので、これはDNAの仕業で仕方のないことかもしれませんが、

汚いのでやめてください。(誰と話してる?)

今日も「これ、店の前に落ちてたんだけど」と夫が拾得物をワタクシに見せにきました。

スーパーのレシートでした。

「いい?見てよ」

夫がそれを指し示しながら読み上げました。

「”ボイルミニホタテ、△△円”

”ハマチの刺身、□□円”

”大根1/2、☆☆円 ”

最後、

”○田○弘、100円”」

実際は○の部分も漢字です。どう考えても個人名。

最近は”○○さんちの△△”みたいな商品が売られていることは時々ありますが、フルネームの商品名って見たことないです。

スーパーで100円で売られてる”○田○弘”って・・・

えーーーっ!ひょっとして、人身売買!!??

んなわけない、安すぎる・・・(?)

ネットで調べてみたらなにか手がかりがあるかもと”○田○弘”で検索してみたら、同姓同名の方はたくさんおられましたが、それらしい人はでてきません。

う~む、100円、100円で売られている”○田○弘”って一体・・・、

”果物売り場のパイナップルの横で売られているちょっと情けない感じのおじさん・○田○弘の図”を想像してみる。プフフ・・・、おもしろい。

でも、ワタクシなら買わない。クックック・・・。

あ、そうだ!

あそこのスーパーは地元の農家さんが直接持ち込む農産物のコーナーもあって、そのコーナーの商品は農家の人の個人名で商品を管理しているのかもしれない。

電話帳で”○田○弘”を調べてみたら・・・

いた。田原市にお住まいの”○田○弘”さん。

やだ~、びっくりしたな~。

でも、笑った!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清須会議

131104_160252こんにちは。

三谷幸喜監督作品”清須会議”がもうすぐ公開されるらしい。

気になる。

三谷作品は好きで、ドラマも映画も結構見ています。

清須市とういのはワタクシが育ったところの近く。

その清須市がこんなにあのメジャーな監督の作品の舞台になるなんて、うれし~っ!

この映画のことを知ったのは、テレビのCMでした。

「へ~、清須で誰と誰が話し合ったんだ?」と夫。

「そりゃ、とりあえず織田信長はいたんじゃないの?清洲城なら。

”清洲城信長・鬼ころし”ってくらいだから、”鬼ころし”でも飲みながら話し合ったんでしょ」

そうではなかった。

信長が本能寺の変で死んでしまって、「さあ大変だ。これからどうしよう?」とみんなで集まって相談したのが清須会議らしいです。

そして、どうやら清洲城信長・鬼ころしを飲んで話し合ったわけでもないようです。

なぜなら、清洲城信長・鬼ころしの清洲櫻醸造が創業したのは嘉永6年10月(1853年)だから。

実は、”鬼ころし”が付く銘柄のお酒は全国にたくさんあって、

東海地方では清洲城信長・鬼ころしのコマーシャルをよく見聞きするので、他の鬼ころしを見て「なんだパクリだ~」と思われる方が時々いらっしゃいますが、

元祖は飛騨の老田酒造店だとワタクシは聞いております。

他でまねされるほどおいしいお酒ということですね。

どちらの”鬼ころ”(←鬼ころしの略。一字しか略されてないけど)もワタクシは飲んだことがありませんが・・・。

元祖鬼ころと比べると清洲櫻の鬼ころはお手ごろ価格の庶民派のお酒。

でも、「値段のわりにおいしい」と某東三河の酒蔵の杜氏さんがおっしゃっておりました。

前は柴田屋酒店でも置いていたけれど、今は扱っておりません。

しかし、この映画のお陰で”庶民の味方”清洲城信長鬼ころしにチャンス到来?

がんばれ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

舞台裏

こんにちは。

今日は、まちなか賑わいづくり実行委員会主催”第8回まちなか市民音楽祭”。

もうすっかり秋の恒例イベントでございます。

131102_144605これまではセントファーレのセンターコートで開催していましたが、今年はすぐ横の中央公園が会場です。

開放感があって、こっちのがずっといいわ~。

気候がいいから、いつまでもここで音楽を聴きながらまったりしていたい気分です。

先月デビューしたばかりの田原市のご当地アイドル”La 花ノたみ”のみなさんも特別参加。

元気でニコニコしてて、とっても可愛らしいですね~。

これから田原市のPR頑張ってくださいね~。

これから寒くなるので、早く屋外イベント用の冬の衣装が作ってもらえるといいですね~。

131102_145031彼女らがデビュー曲を熱唱している間、舞台下からは”フラワーシャワー”が撒かれるという演出もあって、辺りにはお花のいい香りが立ち込めておりました。

この花が柴田屋酒店の冷蔵庫で数日保管されていたというのは、ここだけの話(?)。

今回の司会はFM豊橋でもお馴染みの高井綾子さんが初登板。

実は高井さんとは、ワタクシが田原に来て間もない頃、高井さんがFM豊橋でお仕事を始める前からの知り合い。

といっても、もう数年お会いしてなかったので、久々の再会となりました。

131102_145308ワタクシより先に、朝一で高井さんに会ってきた夫は

「高井さん、ちょっと変わった!イメチェンした!」と言っておりましたが、会ってお話したらやっぱり昔のまま。ほんわかとしたステキな女性でした。

そんなこんなで、今年の音楽祭はワタクシ的にはいろいろと変化があってフレッシュな音楽祭となりました。

進化し続ける”まちなか市民音楽祭”なのだっ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”醍醐味”の語源

131101_163847こんにちは。

甘酒カフェ”ゆふ”には”みるく甘酒”というメニューがあります。

読んで字のごとく”ミルク入りの甘酒”です。

たまに、「え~っ、甘酒にミルク?そんなのいらないっ」って感じに気持ち悪がられるお客様がいらっしゃいます。

ちょっとゲテモノメニューっぽい印象を抱かれたのでしょうか。

こんなに美味しいのに、お気の毒に・・・。

平安の昔、牛乳を精製したチーズのようなヨーグルトのような食品があったのだそうです。

精製の過程は五段階あり、段階が上がるごとに上質で美味になるとされてました。

その最後の五段階目の最上級に上質で美味のものを”醍醐(だいご)”と呼んだそうです。

で、その醍醐に甘酒を入れて飲んだらすっっっっっごく美味しいことを誰かが発見して、平安貴族の間で醍醐に甘酒を入れて飲むのが流行したそうです。

そこから、物事の最高のおもしろさや深い味わいを”醍醐味(だいごみ)”というようになった、

という説があります。

だから言ってるじゃないですか、お気の毒に。

ミルク入りの甘酒は、最上級よりさらに上に位置する美味しさなんですよ~!

まあ、気持ち悪いと思うならば、無理に飲めとは言いませんよ。

でも、あの美味しさを知らずに生きていかなきゃいけないなんて・・・

もったいない・・・(←エーチャン風)

131101_163920ああ、そうそう、

ちょっと寒くなったのでやや時期はずれではありますが・・・

”田原名物”(?)甘酒アイスも原材料は甘酒とミルクだけ。

こちらも醍醐味、楽しんでいただけます!

ぜひ、食べにいらしてくださ~い。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »