« ピーマンは苦いのがいい | トップページ | 女の特権 »

無賃乗車

131010_070945こんにちは。

「この駅舎から渥美線に乗るのは、これが最後かもしれない」

そう思いながらシャッターを押しました。

あと二週間とちょっとで”旧駅舎”になる三河田原駅の駅舎です。

田原に来てからは”通勤”と縁のない生活を送っておりますので、電車やバスなどの公共交通機関を利用するというのは非常に稀です。

そのせいか、たまにバスや電車に乗るとおもしろいことがいっぱいあります。

外の景色をボーッと眺めるのも好きですが、渥美線の場合は座席が長いすで窓を背にして座るようになっているので、必然的に向かい側の座席の人や周りに立っている人たちが視界に入ってきます。

絶好の人間観察の場です。

いつも、何か必ずそこにはドラマがあります。

昨日、ワタクシの前に立っていた女子高生の足になにか小さな黒いものが付いているのに気が付きました。

ひょっとして、蚊?

そういえば、ワタクシがこの座席に腰を下ろしたときに、視界の片隅になにか黒い小さな虫が飛び立つのが見えました。

渥美線の列車にはよく蚊がいるんですよね。

こ、これはどうするべき!?

いきなり黙って女子高生の足を叩くわけにもいかないし、「蚊がとまってますよ」と教えたところで、その女子高生が蚊を振り払うころには蚊はたらふく血を吸った後だろうし・・・。

これは困ったな~。

ワタクシがそんなことを考えている間も、その小さな黒いものは動かずに女子高生の足にとまっています。

う~む、もうこれは手遅れだ。仕方ない。ごめんね、女子高生。

ところが、諦めモードで視線を少しずらしたその一瞬の間に、小さな黒いものはいなくなりました。

えっ!?

どこへ移動したの?

まさか、ワタクシの足に来たなんてことはないでしょうね?

しまった、やっぱり教えてあげなきゃいけなかったんだ。

「明日はわが身」とはこのことか・・・。

見て見ぬふりをしたワタクシにバチがあたったんだ・・・。

そわそわと落ち着かないワタクシを乗せて、列車は走っていきました。

しかし、

10分、15分と時間が流れてもワタクシの足が痒みを感じることはなく、黒いそれがとまっていた女子高生の足が赤く腫れ上がることもありませんでした。

どうやら蚊じゃなかったのね。よかった~!

渥美線にはいつもドラマがある。

というか、渥美線にはよく蚊が乗っている。

おいおい!無賃乗車だぞっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« ピーマンは苦いのがいい | トップページ | 女の特権 »

ぴーちゃんの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/58362903

この記事へのトラックバック一覧です: 無賃乗車:

« ピーマンは苦いのがいい | トップページ | 女の特権 »