« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

怪談

130731_131000こんにちは。

お盆が近くなると生け花のお稽古でよく花材になる”ハスの実”。

まあ~、正直~、

キモい。

あのきれいなハスの花の中にはこんなキモい実が隠れているのです。

でも、キモい分想像力はかき立てられます。

この前のお稽古で、このハスの実を使ってワタクシが生けた作品のタイトルは”怪談”。

”ゲゲゲの鬼太郎”に出てくる妖怪とか、洋物なら”トイ・ストーリー”の”リトル・グリーン・メン”って感じ?

ワタクシの隣で先に仕上がったMちゃんの作品のタイトルは”あの世”。

やっぱりそうなるよね~。

「”あの世”じゃあんまりだから”極楽浄土”とかにしたら?」と、先生にダメだしされてました。

ワタクシはダメだしされなかったので、”あの世”よりはイケてるタイトルかと思ったのですが、もしかしたら、先生は開いた口がふさがらなくて黙っていただけかもしれません。

そんなキモがられているハスの実ですが、お釈迦様がお座りになっている台座がハスの花。

お釈迦様にゆかりのあるありがた~い花ということでお盆になると登場するわけですね。

ということは、お釈迦様は、このハスの実のブツブツの上に腰を下ろされていることになります。

お尻、ゴツゴツしないんだろうか?

素朴な愚問。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミング

130730_153140こんにちは。

田原はメロンやスイカの産地なので、夏の間は大体もらいもののメロンかスイカが家にあります。

自分では買わない。もらえるまで待つ。

今年はこれまで、じつにいいタイミングでメロンとスイカが順番に我が家にやってきています。

今、熟成中のメロン。

こういってはなんですが、もらいものにしては上等なメロン。

網目も細かいし、つるが右側と左側で太さが違うでしょ?

これ、実が栄養を十分吸っているというおいしいメロンの証。わ~い、楽しみ~。

メロンは底を押さえると軟らかく、甘い臭いがプンプンして、「これ以上置いたら腐りますよ~」ってくらいが食べ頃なのだそうです。

昨日くらいからいい匂いがしてきて、底も軟らかくなってきました。

どうせなら、「もうこれ以上おいしくはなれませんっ!」ってくらいまで熟成させて、ベストの状態のメロンを食べたい。

メロンのおいしさを十分に堪能するには、食べるタイミングが重要です。

あと一日か・・・二日?三日くらい先でもいいかもしれない。

しかしですね、ここに来てスイカを2個もらうという番狂わせが・・・。

例年、お盆頃になると他にもいろいろもらうし、後に続くスイカのことを考えると、早くこのメロンを片付けた方がいいかもしれない。

でも、どうせならベストの状態のメロンを食べたい。

ううっ、どうしたらいいの?

いっそ、あの”林先生”に聞いてみたらどうだろう。

「じゃあ、いつ食べるの?」

答えはやっぱり”あれ”かな~?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かき氷ブーム

こんにちは。

最近はかき氷がブームなのだそうです。

何時間待ちの行列のできるお店や1000円もする高額なかき氷もあるのだとか。

このブームに弾みをつけたのが、かき氷が大好きな女優の蒼井優さん。

全国のかき氷を食べ歩き、かき氷の本まで出していて、それがまたよく売れているそうです。

100731_114039ふ~む・・・

”かき氷”と”蒼井優”

なにか、柴田屋酒店との因縁めいたものを感じる。

柴田屋酒店内にある甘酒カフェ”ゆふ”の人気メニュー、”甘酒氷”。

お好きな甘酒がかき氷で食べられるんですよ。

蒼井優チャンにも食べて欲しいな~。

130729_160934そして、柴田屋酒店が企画販売する、田原産コシヒカリで仕込んだ田原の地酒は、彼女と同じ名前で純米大吟醸”優”。

偶然とはいえ、キュートな彼女と同じ名前で光栄です。

優チャン、お酒はイケるほうなんだろうか?

こちらとしては、優チャンにうちの優のイメージカールになってもらってもいいと思っていますが、お支払いするギャラがありませんので、ボランティアでお願いします。(?)

とにかく、そんなわけで”かき氷”、”蒼井優”と聞くと、非常に親近感を抱いてしまいます。

しかも彼女がかき氷ブームの火付け役となると、幸運の女神に見えてきます。

可愛い女神様だ~。

ちなみにうちの甘酒カフェの店名”ゆふ”ですが、実は”ゆう”と読みます。

蒼井優の”優”、純米大吟醸”優”と同じ”ゆう”です。

案外知られていないので、この場をおかりしてお知らせさせていただきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待てよ、ピョン吉~!

こんにちは。

田原は田舎ですが、柴田屋酒店は一応田原の街なかにあります。

田んぼや畑や雑木林のようなものは近くにありません。

従って、ワタクシは田原に来てからカエルというものをあまり見たことがありませんでした。

130727_130920_2ところが、今年は家の敷地内でアマガエルをよく見かけます。

オタマジャクシが生息するようなところもないと思うんだけど、どこからやってくるんだろう。

今日も昼過ぎ、玄関にアマガエルがはりついていました。

ちょっと前にブルベリーで見かけ、昨日の朝はピーマンのところで見かけたけれど、同じカエルなのかしら?

しかし、何のためにこんなところに・・・。

言っておくが、そこは危険だ。

130727_131031玄関のもう片方の扉をいっぱいに開けたら、キミはぺったんこの”平面ガエル”になってしまうんだぞ。

ピョン吉君、直ちにそこから移動しなさいっ!

と、言ってわかる相手ではない。

こうなったら実力行使だ。

でも、ワタクシ、カマキリやクワガタ系のドライタイプの昆虫は触れるけれど、ちょっとしっとり系の爬虫類やイモムシ類は触れないのであります。

長い棒、長い棒・・・、

130727_131159あった!

ほれっ、ピョン吉、ほれっ、あっち行け~。

はっ!この横にはメダカの樽があります。

そういえば、庭のメダカの水槽に遊びに来ていたトノサマガエルにメダカが全滅させられたという話を聞いたことがあります。

まずい、メダカから遠ざけなければ。

そっち行っちゃだめ!

待てよピョン吉~!

炎天下のコンクリートの上に放り出すのも可哀想なので、昨日いたピーマンの鉢の足下の日陰まで誘導しました。

いいかい、前の道路にも出ちゃだめだよ。車に轢かれたら”平面ガエル”だからね。

ここはカエルにとってそんなに住みよい所とも思えないけれど、まあそれなりに仲良くやっていこうじゃないか、ピョン吉。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの力、ネットの力

130726_160407こんにちは。

今週に入って、「このブログを見て」と知らない方から連絡をいただくということが2回ありました。

詳しいことは書けませんが、それらはまったく異なる種類の事柄です。

ひとつはワタクシの生活に関係してくること、もうひとつはあまり関係してこないであろうこと。

どちらもまだお話は完結していませんが、どちらも叶えばうれしいこと。

でも、どちらも今ワタクシが頑張ってみてもどうにもならない次元のことなので、ただ、良い知らせを待つしかありません。

”果報は寝て待て”で、とりあえず静観の構え。

っていうか、どうしようもないんだ、じっと待つしか。

前者はもし叶わなくても、またこの先にも巡ってくるかもしれないことなので、まあ、だめでもそんなにがっかりしないのですが、

後者は・・・、う~ん、この機会になんとか叶うといいな~。

でも、ワタクシにはどうにもできないこと。

でも、他人事ながらこのブログを通して巡ってきた千載一遇のチャンス。

”念じれば通ず”

どうか、どうか叶いますように!

それにしても、インターネットってやっぱりすごいですね~。

ちっぽけなワタクシのブログでも、こんなふうにいろいろと繋げてくれるんだもんな。

恐るべし、ネットの力。

侮るなかれ、ブログの力。

可能性は無限大なのだっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日の柴田屋酒店前

130725_160458こんにちは。

今日のお昼前、柴田屋酒店の前で乗用車同士の接触事故がありました。

そんなに大きな事故ではありませんでしたが、一方のドライバーさんが身体の痛みを訴えておられまして、もう一方のドライバーさんが迅速に119番通報及び110番通報されました。

ほどなく救急車、パトカー、そしてなぜかレスキューまで到着。

柴田屋酒店前、一時騒然としたムードに。

事故現場に出て行った夫は、なぜか行ったきり戻らず・・・。

警察も救急も到着した今、キミに事故現場での仕事はないはずだぞ。

昼からも用事が立て込んでいるんだから、早く仕事に戻りなさ~い!

店でひとりでバタバタしていたら、所用でで田原市外に出かけている義父から電話が・・・。

「うちの前に救急車来とるっていうけど、なんかあったか?」

は?どこから電話してきてるの?

地獄耳・・・いや、千里眼?

なぜ遠くにいながら、家の前の出来事を知っているのか・・・。

「うちの前で車同士の接触事故があったけど、そんなに大きな事故じゃないから大丈夫ですよ。うちに来た救急車じゃないですよ」

「ああ、そうか。うちじゃなかったか」

「で、なんでこのこと知ってるんですか?」

「ん?〇〇から電話があった。アンタんちの前に救急車が来とるって」

はは~っ、さすがっ!

田原に何十年も暮らしているだけあって、すっごい情報網持ってますね~。

田原のごく一部地域に限れば、この情報網の情報収集能力はインターネットを超えてますからね~。

ということで、こんなにすごい情報網を持っていないご近所の方にお知らせします。

ご心配いただいているかもしれませんが、救急車を呼んだのはうちではありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酸っぱいは成功のもと

130724_160502こんにちは。

我が家のブラックベリー、今が収穫の最盛期です。

そのまま食べても美味しいけれど、収穫した実のほとんどはジャムにします。

このブラックベリー摘み、美味しい実を摘むには少々経験が必要です。

よ~く熟してないと、かなり酸っぱいからです。

赤みが残っているのや触ってみて硬いのはまだダメ。

全体が真っ黒で、触るとちょっと軟らかく、ひっぱるとポロッと取れる。

こうなるともう完璧。甘酸っぱい、美味しい完熟ブラックベリーです。

ただ、時間がなくてあまり吟味できずに収穫してしまうこともあるのですが、ジャムにしてしまえば砂糖で甘くなるので、そんなに気にせずにガンガン収穫しています。

昨日ブラックベリーの収穫をしていたら、たまたま通りがかった知り合いの人が興味を示しまして、ブラックベリー談義がはじまりました。

「せっかくだから食べてみて、もしかしたら酸っぱいかもしれないけど」

摘み立てのブラックベリーを洗って、その場で試食会の始まり始まり。

ところが・・・

「酸っぱーーーーっ!」

「あら、ごめんなさい。酸っぱいのが当たっちゃったのね。じゃあ、これ、もうひとつ食べてみて」

「いらない、いらない。酸っぱくて涙かでてきた~」

あらま、そりゃ、申し訳ないことをした。

ワタクシの見立てが悪かったということで、ブラックベリーが悪いわけじゃないのよ。

そうか、ジャムにしてしまうとわからないけれど、結構酸っぱいのもあるのね。

その人が帰ってから、確認の為にまだちょっと赤みが残っている未熟の実を食べてみました。

完熟よりは酸っぱいけど、そこまでではない。

別のを食べてみよう。

う~ん、これもそこまで言うほど酸っぱくはない。

どれ、もうひとつ。

う~ん・・・。

結局、そこまで大騒ぎするほどの未熟ブラックベリーには行き当たりませんでした。

<結論>

その人は酸っぱい食べ物に弱い。

または、

ワタクシが酸っぱい食べ物に強い、

というか、

”鈍い”。

味覚って人それぞれなんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコール

こんにちは。

この前、家の二台のテレビが同時に調子が悪くなったお話をしましたが、

その後、メーカーの人が直しに来てくれて、どこをどうな直したのかよくわかりませんが、二千いくらかを払って修理完了。

リコールの対象ではないようですが、なんだか納得いかないな~。

130723_132549_2先週、我が家の洗濯機の底から水が漏れているのを発見。

排水溝の詰まりや排水ホースの漏れではなく、洗濯機の底から漏れているものと思われます。

電器屋さんに連絡すると見に来てくれて

「この機種はもしかしたらリコールの対象になっているかもしれない」。

早速メーカーに確認をとってくれて、今度はめでたくリコールが判明しました。

やった~!!(注:大喜びすることではありません)

実は、この洗濯機も前出のテレビもこの電器屋さんで買ったものではなく、別の電器屋さんで買ったものです。

どちらも個人経営の町の電器屋さんなのですが、昔から我が家がお世話になていた電器屋さんが少し前にお店を閉めてしまいまして、それ以来、何かあると以前から知っている今の電器屋さんにお世話になるようになりました。

前の電器屋さんが今でもあったら、この症状が出る前にリコールの連絡が来たのでしょうが、そんな事情でワタクシ達はこのリコールを知らずにいたというわけです。

まあ、家電量販店等でも頼めばちゃんと対応してくれるのだろうけど、家の事情などがよくわかっている町の電器屋さんというのはいつでも見に来てくれて大変頼りになる存在。

やっぱりいてくれないと困るよね~。

ありがとう、町の電器屋さん!

がんばれ、町の電器屋さん!

これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議員の品格

130722_153614こんにちは。

予想通りに自民圧勝で幕を閉じた参院選。

政治の話はさておきまして、選挙といえば当選者の選挙事務所での”万歳三唱”というのがつき物です。

その万歳三唱のシーンを見ていていつも思うのですが・・・、

万歳三唱って、する側と受ける側があると思うんですよね。

選挙で言えば当選者の為に事務所に集まった支持者等の関係者が万歳三唱をする側、当選者はその万歳を受ける側。

多分、心得のある当選者ならば、万歳三唱の間家族と一緒に頭を下げてその”栄誉を受けている”のではないかと思うわけです。

ところが最近の方(?)、一緒に万歳しちゃってますよね、ご自分の為に。

ま、当選が本当にうれしくて、感極まってわれを忘れ万歳をして喜んでいる姿は微笑ましくもあります。

人情味のある感情豊かなおおらかな人柄であれば、民衆の代弁者としてもその持ち味を発揮してくださるのかもしれません。

でもその反面、ワタクシはこういう立場の人はいつもクールであってほしいと思うのです。

当選して浮かれている場合ではないのです。

本当の勝負はこれからです。

感情に流されず、常に冷静に広い視野で物事を判断する人格者であってほしいと思うのです。

自分の為にしてくれている万歳に自分で参加するというのは、冷静に考えるとおかしいのです。

まあ、このことで当選者の良し悪しを比べているワタクシの判断が冷静であるとはいえないかもしれませんが、ワタクシは政治家ではないので、そんなに冷静でなくてもいいという勝手な言い分です。

だから勝手ながら、万歳三唱に頭を下げる当選者を見ると、万歳三唱の作法をちゃんと知っている、議員としての品格のある人だなとワタクシは思ってしまうのです。

ただ、これは当選してみないとわかりません。

それが投票する前にわかるといいのにね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一国一城の主

130720_170602こんにちは。

例えば、職場の元同僚が会社とは全く繋がりのない遠いところで暮らしている人と知り合い結婚して、その相手がたまたま自分の知っている人だと知ったら・・・

かなり驚きますよね。

ワタクシ達夫婦には、そういう知人がおります。

ワタクシが以前働いていた職場の男性が、夫の大学時代の同級生だったんです。

まだ結婚する前のこと、夫と何かの話をしていて

「大学の同級生で〇〇ってやつがいてさ~」

あれ?

そんなによくある名前の人ではないんですね。そういえば、夫と同じ大学の出身だった。そういえば、同じくらいの歳だ。

家はどこどこで、こんな体格で、こんな感じで・・・BINGO!

結構キャラが濃い彼だったので、ワタクシは彼の物まねまでして見せた記憶があります。

卒業後も年賀状のやり取りだけは続いていたようです。

翌年のお正月に年賀状兼”結婚しましたハガキ”を送りました。

ワタクシのコメントもひとこと書いたんだっけな。

驚いただろうな~。

想像するとかなり楽しい。

その後、電話で一度話したことがありましたが相変わらずの感じでした。

そんな彼が何年か前、脱サラをしてお店を持ったと年賀状にありました。

この前名古屋に行ったときにそのお店の近くを通ったので、ちょっと外から覗いてみたのですが、来客中で忙しそうだったので寄らずにきてしまいました。

十数年ぶりに会うチャンスだったのですが残念です。

でも、これだけの腐れ縁があるのだから、またそのうち会うこともあるでしょう。

お店の奥にちらりと見えた彼は頭にやや白いものが見えましたが、やっぱり相変わらずの感じでした。

今でも、あのキャラでやってるのかな?

一国一城の主だから、ちょっと大人になっているかもしれない。

今度会って話をするのが楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”〇〇ダ珈琲店”

130718_130455こんにちは。

昨日行った名古屋の展示会の会場は名古屋の某老舗ホテルでした。

実はワタクシは以前このすぐ近の会社に勤めていたことがありまして、駅からホテルまでの道すがら、大変懐かしい思い出にひたりながら辺りを見回しておりました。

そのホテルのすぐ隣のビルに東海地方を拠点にしつつも、ここ数年関東や関西へと勢力を拡大しつつある某有名珈琲店がありました。

会社の帰りに時々同僚とここに来て、この珈琲店の看板メニュー、甘い温かいパンのうえにソフトクリームが乗った”あれ”を食べたものでした。

「あ~っ!まだあった!そうそう、ワタクシ、ここの”コ〇ダ”で初めて”シ■ノワール”食べたんだ」

その頃と少しも変わらない佇まいで、その珈琲店はまだそこに存在していました。

なんだか、あの頃にタイムスリップしたみたい。

もちろん黒地にオレンジで店名が書かれた看板、独特の書体も昔のまま・・・

むっ?昔の?昔のままっ?

違う、こうじゃなかった。とても似てるけど、こうじゃなかった。

その看板の文字は・・・

”オカダ珈琲店”

えーーーーーーっ!

そんなにしっかりと看板の文字を読んだことはなかったけど、”オカダ”じゃなかったと思うな~。

はなわの歌で、佐賀にできた牛丼屋は「オレンジ~の看板だけど~、名前は”吉田屋”」ってのがあるけど、そういうこと?

ワタクシはまんまと騙されていたのでしょうか?

本家”コ〇ダ珈琲店”さんに起こられないのかしら?

でも、その頃食べたそのお店の”シ■ノワール”は間違いなくあの味でした。

後でネットで調べてみたら、このお店に行ったことがある人のブログがあって、お店の人に聞いてみたら、元はコ〇ダのチェーン店だったけれど、現在は独立。でも、コーヒーは引き続き本家の方から仕入れているということが書いてありました。

まあ、円満に独立されたということでしょうね。よかった。

びっくりしたな、も~。

<にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村p>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべてよし

130718_130455こんにちは。

今日は仕入先の問屋さんの展示会にご招待いただいて、”名古屋出張”。

いろんなお酒や飲料、調味料、おつまみ等のメーカーさんが出展していて、自由に試飲&試食をさせていただけます。

が、やっぱりメインは酒類。

たっくさんの会社があって一日では回りきれないけれど、力の限り(?)試飲をさせていただきました。

ビールに始まり、ワイン、焼酎、もちろん日本酒。

こういうのって、ワタクシ、すっごく困るんですよね~。

だって、

だってワタクシ・・・

何を飲んでもおいしいタイプだから~!イヤッホ~イ!!

うん、いいよ、いいよ。

みんな、おいしかった~!

ごめんね、仕事で行ってるのに、楽しくって。

でも、楽しいだけじゃなくて、製造者のお話を聞くというのはやっぱり勉強になります。

いろいろとためになるお話も聞けました。

ほんの短い時間でしたが、たまにはこういう場所に見聞を広めに行くのもいいことですね。

ということで、会場内で写真が取れなかったのは、試飲で忙しかったのと、後半はちょっと酔っ払っていたから?

とても有意義な出張でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーモ

130717_153535こんにちは。

春にタネを蒔いた”ほうき草”が立派に育ちました。

去年よりはふっくら育ってほしいと大きな植木鉢にしたら、ちゃんとふっくらと育ってくれました。

でも、やっぱり鉢植えだと限度があるようで、やや面長なふっくら加減。

まあ、それでも緑が涼しげだからよしとしよう。

秋にショッキングピンクに紅葉するのも楽しみです。

が、実は今年はこれだけではないのでした。

130717_155840店の入り口の横にもうじゃうじゃと生えているのでした。

去年のタネが飛んで勝手に生えてきました。

地植えとなるとこうも違うもんなんですね。

みんな丸々してます。

中央の一段背の高いのを大きく育てようと思ったのですが、ちょっと目を離した隙にみんな大きく育ってました。

みんな立派な”スーモ”です。

130717_155817狭いスペースにぎゅうぎゅうに詰まっていて、若干暑苦しいぞ、キミ達。

この場所は、秋になるとかなり西風がキツイけれど、大丈夫か?

まあ、この場所を選んでキミ達の意思で生えてきたのだからね。

健闘を祈る!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒税法違反

こんにちは。

今年の四月に初めて金山寺味噌作りにチャレンジしました。

見よう見まねで適当に作りまして、なんだかんだ紆余曲折がありまして、案の定、思ったようにはできなかったけれどそれなりに金山寺味噌っぽくはなりました。

まあ、作った責任上自分で処理しなければと、ちびちびと食べている次第であります。

食べ飽きたというわけではありませんが、残りわずかとなりながらひと月ほど食べない時期がありまして、最近また食べ始めたのですが・・・、

どうも、におうんです。

腐敗臭じゃないですよ。

ん~、これは~、気のせいかもしれないけれど・・・

お酒の香り?

金山寺味噌には麹菌が使われます。

お酒造りにも麹菌は使われますが、麹菌はアルコール発酵はしません。

アルコール発酵するのは”酵母菌”です。

ならば、なぜ?

まず考えられるのは・・・

我が家の冷蔵庫にはいつも酒粕が入っているということ。

酒粕は加熱処理してないのでお酒の酵母菌は生きているんですね。

コイツの仕業だ~。

しかも、冷蔵庫で低温発酵とは、吟醸造りじゃあないですか?

いい仕事してますね~。

とか言ってる場合ではない。

こっ、これはもしや密造酒?

130716_160302お酒を造る(=アルコール発酵させる)のには”酒類製造免許”が必要です。

これは酒税法で定められています。

免許無しでお酒を造ると酒税法違反。

販売する、しないに関わらず、お酒を造るには免許が必要です。

(お酒を販売するにもまた”酒類販売免許”が必要です)

「家で飲むだけならいいだろ~」と思われるかもしれませんが、それもダメ。

何人たりともお上のお許しなしでお酒を造ることはできないのですっ!

でも、知らないうちにできちゃったんだもんね~。仕方ないよね~。

まあ、お酒の匂いも気のせいかもしれないしね。

あっ、そうだ、きっと気のせいだ。

そうそう、気のせい、気のせい・・・

は、はは・・・

ははは・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たわしの革命児

こんにちは。

奥さん、キッチンの”スポンジたわし”、いつも何をお使いですか?

ワタクシはいつもコレ!

130715_090741_2

”キクロンたわし”

正確には”キクロンA”というらしいです。

”たわしの革命児”というキャッチコピーもついてます。

毎日使うキッチンのスポンジたわしは、やっぱり消耗品。

年に何度かは買い替えの時期がやってきます。

ワタクシは昔からキクロン派だったのですが、一時期、より良いスポンジたわしを求めていろいろ試してみたりしました。

ちょっと高いのならもっと長持ちするだろうか、

いっそ安いのを買って頻繁に替えたほうがいいんじゃないか、

三層になってるのはどうだろう、

色やデザインを重視してみようかな、etc・・・

一通りいろんなタイプのを試しました。

そして、やっぱり”キクロンたわし”だと気付きました。

大きさ、形、泡立ち、水切れ、硬さ、軟らかさ、耐久性。

どれをとってもキクロンたわしにかなうものはありません。

あ、色はもうちょっとかわいい感じにしてもらってもいいかな?

知ってますか?

キクロンたわしは、ナイロンの不織布とスポンジを貼りあわせたスポンジたわしの第一号、スポンジたわしの元祖なんです。

まさに”たわしの革命児”。

そして現在まで品質を落とすことなく、スポンジたわしの王道を歩み続けているのです。

昔から変わらぬちょっとレトロなパッケージは、その自信の表れなのだ~!

キクロンAの前にスポンジたわし無し

キクロンAの後にスポンジたわし無し

ワタクシはこれからもキクロンたわしを使い続けることでしょう。

でも、もうちょっとかわいい色があるとうれしい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たくて、おいしくて、身体にいい食べ物

こんにちは。

暑いです。

こうも暑いと体調が心配になります。

毎日ニュースで「今日全国で〇〇人が熱中症で救急搬送されました」というのを聞くと、それだけで倒れそうになります。(?)

暑い日中、柴田屋酒店内にある甘酒カフェ”ゆふ”にも涼を求めてお客様がいらっしゃいます。

100731_114039数ある甘酒メニューのなかでもやっぱり夏の一番人気は”甘酒氷”!

一番っていうか、最近甘酒氷しか出てないな~。

現在、当店は甘酒氷屋になっております。

氷じゃなくても、冷たい”冷やし甘酒”っていうのもおいしいですよ~。

でも、この暑い時期に甘酒っていうのは実はとってもいいんです。

特に、麹の甘酒などは”飲む点滴”と言われるほど栄養価が高いんです。

食事ができない時に病院で栄養としての点滴を打ちますよね?あれと同じ栄養素が甘酒には含まれているんです。

さらに、当店の甘酒は加熱処理してないので酵素がた~~~~~っぷり。その中の消化酵素は消化吸収を助けてくれるんです。

だから、夏バテで食事が摂れないときなどは麹の甘酒をお薦めします。

また夏バテ予防にも甘酒をお薦めします。

そんな甘酒をカキ氷にしたのが”甘酒氷”です。

もちろん身体にいいだけじゃなくて、冷たくておいしい!

食欲がないときでもこれなら食べやすいですよね。

夏は甘酒。

夏こそ甘酒。

みなさまのご来店、お待ちしておりま~す!

尚、甘酒カフェの営業時間は

・午前10時~午後1時

・午後3時半から午後5時半

と、ちょっと変な二部制になっておりますのでよろしくお願いしたします。

(日曜日は柴田屋酒店同様、定休日です)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉ざされた世界で起きていたこと

130712_153128こんにちは。

酷暑の中、涼しげなメダカの樽ですが、実は水面下にはワタクシ達の知らない世界があるんです。

春から夏にかけての繁殖期のメダカの食欲というのは凄まじいものがありまして、自分で産んだ卵を自分で食べてしまう。

卵だけでなく、孵ったばかりの赤ちゃんメダカも餌だと思って食べてしまうんです。

だから、樽の中で赤ちゃんメダカを見つけるとすぐにすくって、小さなバケツに保護し、ある程度大きくなってから大人メダカの樽に戻すようにしているんです。

今年も5月頃、最初の赤ちゃんメダカ一匹を保護しまして、それから2、3週間してからまた一匹を保護しました。

その後、しばらく赤ちゃんメダカを見つけらなくて、その二匹だけの生活がバケツの中では繰り広げられていたのです。

バケツにはボウフラが湧かないように網がかけられているので、彼らには外敵というものが存在しません。

赤ちゃんメダカの兄弟二匹、さぞかし穏やかな生活を送っているんだろうと思っていたんです。

餌はやらなくても藻などを食べて生きているようですが、そろそろ大人の餌を食べさせてみようと久しぶりに網をどかして中を見てみると・・・

おお~、育っている。

水面に近いところに一匹、水底の方に一回り小さいのが一匹、仲良く水入らずで生活しているようです。(っていっても、水の中にいるんだけどね)

餌を浮かべてやると水面近くにいたお兄ちゃんの方が近づいてきて、パクッ!

どうだ~い?初めて食べる餌のお味は。

弟クンも食べに上がっておいで~。

ところが、弟クン、”餌をもらう”ということ、”上からご飯が降ってくる”ということが理解できないのか、ちっとも上がってきません。

まあ、下にいてもそのうち餌が落ちていくから問題はないのだけれど、ちょっとつまらないな~。

そんな状況が何度か続いたある日、ついに弟クンも水面近くに上がってきました。

ふふ~ん、ついに気付いたね。そうだよ、ご飯は上から降って来るものなんだよ。

ところが・・・

先に上がって食べていたお兄ちゃん、パクパクと餌を食べ始めた弟クンを見るやいなや、弟クンに猛タックル!?

それでも食べようとする弟クンに更に連続タックル。

餌を食べる弟クンが気に入らないようで、弟クンを追い掛け回しています。

自分より一回り大きなお兄ちゃんにタックルされたのでは、弟クン、手も足もでません。(っていっても、メダカには手も足もないですけどね)

結局、バケツの縁に身を寄せて、お兄ちゃんが美味しそうにご飯を食べるのをじっと見つめておりました。

ショック!

メダカの兄弟が仲良く暮らしているとばっかり思っていたのに、こんな力関係ができてしまっていたなんて・・・。

弟クン、なんてかわいそうな。

産まれたからずーっと、お兄ちゃんの暴力を恐れながら逃げ場もなく水の底でじっとうずくまっていたのね。

ごめんね、早く気付いてあげられあなくて。

本当はもうちょっと大きくなってから大人の樽に移すつもりでしたが、急遽予定を早めて数日前に移してみました。

二匹とも、最初は大きな大人メダカにびっくりしているようでしたが、すぐに馴染んで元気にしています。

競い合うように餌を食べますが、喧嘩もいじめもありません。

弟クン、今はいつも上の方に浮いていて、餌をあげると一番に飛んできます。(っていっても、泳いでくるんですけどね)

大きな大人メダカに混じって、パクパク餌を食べています。よかったね~。

閉ざされた世界が、こんなふうに悪を生み出すものだとは・・・。

なんか人間社会でも聞くような話ですよね。

ひょっとすると、これは人間社会の縮図でしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも、まだ飲む

130707_145519_2こんにちは。

南信州日帰り旅行記・第4話。昨日の続きです。

養命酒・駒ヶ根工場の周りは”健康の森”と名づけられ、美しい木立の間を縫うように流れる小川沿いには散策コースも設けられています。

その一角にかつての酒蔵を移築&改築した白壁の記念館があり、そこを通り抜けたところに”カフェ~ヒーリングテラス~”があります。

130707_143554”健康な森”には似つかわしくない酒臭い一行も、ここでティータイム。

雨上がり森の中でのマイナスイオンをいっぱい浴びながら、”体にやさしい、こだわりスイーツ”の数々をいただきました、

が、

こんなことで不健康な今日一日が帳消しになると思ったら、大間違いだぞーっ!

その後、この日帰り旅行のためにいろいろと地元の情報を教えてくださった宮田村の酒屋さんにご挨拶に立ち寄り、地酒&ワインを購入。

酒臭い一行は更に車中で飲むためのアルコールを購入し、帰路に就きました。

(まだ飲むんかいっ!!)

130711_133137気がつけば、ドライバーだった夫は飲めなかった分、行く先々でアルコールを購入しておりました。

ビール、ワイン、日本酒、ハーブのお酒・・・すごい量だ~。

家に帰ってから早速ビールを飲むといいだしまして、

ワタクシは、昼間に飲んだのでそんなに飲みたくなかった

けれど、

一人で晩酌も気の毒なので、一緒に飲んであげました。えへっ!

おしまい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲んで飲んで飲んで食べて、また飲む

こんにちは。

南信州日帰り旅行記・第3話、昨日の続きです。

あじわい工房で食事をしている間に外は土砂降りに。お土産売り場で少しの間時間を潰し、雨が上がるのを待って次の目的地に移動しました。

130707_134211”養命酒・駒ヶ根工場”

テレビCMで見たことあるあるっ!

そう、養命酒も一応お酒。ここはお酒の工場なのです。

日曜日で工場の生産はお休みでしたが、工場見学コースは大変充実しておりました。

案内のビデオを上映するための大きなお部屋がありまして、その上映を待つ間、お部屋の外でまたいろいろと試飲をさせてもらえました。

養命酒は以前は酒屋さんでも売られていましたが、大人の事情で今は販売しておりません。

その代わり酒屋さんでは”ハーブの恵み”というのを販売しています。

養命酒は14種類の生薬、ハーブの恵みは13種類のハーブが溶け込んでいるのだそうです。

130710_161921_2柴田屋酒店でもハーブの恵みは販売していますが、ワタクシは飲んだことがなかったのです。

今回、そのハーブの恵みを初めて試飲させていただきました。

炭酸で割ったのとかレモンを入れたのとかいろいろアレンジされたメニューがあって好きなものを選べるのですが、基本の味を確認したかったのでワタクシはロックをお願いしました。

甘くてなにやら不思議なハーブの味。でも、爽やかで飲みやすいです。

養命酒よりは薬っぽくないので、食前酒なんかにもいいじゃないでしょうか。

お薬ではないので養命酒のように効能は謳えませんが、なにやら”恵み”はあるようです。

ということで、お腹がふくれた上においしいリキュールなどいただいたりしたものだから、飲んだくれのみなさんには睡魔が襲ってきた模様。

ほんの10分間のビデオ上映の間に爆睡する輩も・・・。

全くこの人達ゃあ、幸せだね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲んで飲んで飲んで、食べて

こんにちは。

南信州日帰り旅行記、昨日の続きです。

昼食はマルス蒸留所の近くにある”南信州ビールあじわい工房”で。

実は、マルス蒸留所がある宮田村と田原市とは友好都市。

そのため、夫は十数年前、商工会青年部で宮田村を訪れたことがあるんです。

で、今回宮田村に行くことになって、その時に知り合った宮田村の酒屋さんと十数年ぶりに連絡をとりまして、”地元で評判のいいお店”ということでこの”あじわい工房”を教えてもらったのです。

130707_120811さすが、地元の酒屋さんお薦めのお店、

二千いくらかのコース料理だったのですが、素材も味付けもボリュームもお店の雰囲気も満点!

写真は桜肉のカルパッチョ。

地元の食材を使ったおいしいお料理のオンパレードでした。

さらに、ビールがおいしい!

それもそもはず、ここで出される”南信州ビール”を作っているのは、ワタクシ達がさっきまでいたマルス蒸留所なのだから。

南信州ビールの工場は、マルス蒸留所の敷地内にあるんです。

工場直送のできたてビールが飲めるんです~。

って言っても。さっきその工場の横でできたてビールを試飲してきたばかりなんです~。

なんだねぇ、この集団は。朝、美合PAを出発したときからビール飲んでますからね。

途中何回トイレ休憩したと思ってるのよ。

(注:ワタクシはマルスの試飲より前にアルコールは口にしていません。)

そんな”うわばみ集団”の旅はまだまだつづくのであった。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲んで飲んで飲んで

130707_105257_2こんにちは。

昨日は豊橋小売酒販組合青年会の日帰り研修旅行・・・かな?

南信州のお酒造りの現場を見に行ってきました。

大好きな長野の旅、イヤッホ~イ!!

天気予報は晴れ、最高気温も32℃のはずでしたが、雨が降ったり時々晴れ間が見えたりの変わりやすい”山のお天気”、思ったよりも涼しくてラッキーでした。

美しい山々に囲まれる信州の旅はやっぱりステキだ~!

最初に訪れたのは宮田村にある本坊酒造・信州マルス蒸留所。マルスウイスキーの工場です。

ワタクシ、ウイスキー工場見学は初めて。

130707_105602最初に案内されたのは貯蔵庫。

一歩足を踏み入れたとたんにウイスキーのいい香り!

あまりウイスキーって馴染みがないのですが、こうして改めて香りを嗅ぐとステキな香りですね~。

大きな樽が所狭しと積み上げられています。

蒸留されたウイスキーは5年間貯蔵されるんですって。

5年の歳月を経てやっとお酒ができあがるんですね。

お金ではなくて時間を掛ける、なんとも贅沢なお酒です。

工場見学が一通り終わるとお楽しみの試飲コーナーが待っておりました。

わ~い!ウイスキーの他に梅酒や地ビールも!

130707_111235梅酒の水割り、おいしかったな~。

きっと、割ってあるお水もおいしいんですよね。とてもさっぱりと爽やかな味がしました。

もうちょっと飲んでもよかったんだけど、まだこの先があるので、ふふふ・・・

ちゃんと先のことを考えて行動するって、ワタクシも大人になったものだわ~。

<つづく>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日の悩み

こんにちは。

田原ではここ数日、湿った強風が吹き続けています。

雨は降りそうで降らないけれど、洗濯物は外に干しても湿ったまま。

まったくも~っ!

130706_153241今年は大豊作の我が家のプチトマトですが、風に煽られて鉢が倒れてしまいます。

倒れないように鉢の足下を固定したら、今度は支柱が傾きます。

お隣との境に置いてあるので、お隣の敷地に倒れこむし、せっかく生っている実もポロポロと落ちてしまう。

ぼやいていたら、夫が鉢に穴を開けて針金で支柱を補強してくれました。

これでなんとか持ちこたえそう。

でも、実は豊作のあまり、実の重さで傾きやすくなっているという贅沢な悩みなのでした。

フォッ、フォッ、フォッ!

130706_153333そして、もうひとつの悩み。

この前の日曜日の七夕イベントで飾り付けした笹飾り、強風で短冊が飛んでいってしまいます。

大体毎年、この時期の大風で飛んでいくんですけどね。

今年は曜日の関係でイベントが一週間前だったので、設置が七夕当日までのロングラン。

短冊だけじゃなくて枝や葉っぱも飛んでいって、”スケルトン状態”です。

せっかく自分が書いた短冊を見に来てくれて、見つけられなかったのでは気の毒なので、外れたものもなるべく拾って付けなおすようにはしているんですよ~。

今朝、店に来た近所の飲食店さんにもこの笹飾りがあって、やはり同じことをおっしゃってました。

こちらはあと一日、なんとか頑張れっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再燃、醤油麹熱

こんにちは。

なんか今日のこのブログのタイトル、中国語みたいですね。

タイトルは本文を書く前に決めるときと書き終わってから決めるときとありますが、今日は書く前から決めてました。

頭の中で考えていただけだったので、実際に文字にしてみたら中国語みたいで驚きました。

と、話はいきなりそれましたが・・・

昨夜は豚のひき肉を醤油麹で肉味噌風に味付けしてみました。(画像は撮り忘れました)

この肉味噌風、久しぶりに作ったのですがやっぱりおいし~い!

ワタクシ、醤油麹メニューのなかでこれが一番好きかも~。

ナスを縦に二つに切ってフライパンで焼いたのにかけて食べました。

大根やこんにゃく、お豆腐などに乗せてもおいしいのですが、昨日のお茄子が焼いたらトゥルントゥルンになって、これまた非常においしかったんです。

まだ残っているので、今度はいり卵と一緒にご飯に乗せて”そぼろ丼”にしてみようと思います。

きっとおいしいだろうな~。

130705_143216塩麹よりも消費ペースが速いので、いつも大量に仕込みます。

でも、夏は早くできるからいいですね。

夏のスタミナ料理の味付けなんかにも活用できます。!

いいぞっ、醤油麹!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己満足

130704_160533こんにちは。

いつも行くスーパーのレジの横の荷物を詰める台(?)のひとつに募金箱が置いてあります。

交通遺児のための募金だったと思います。

交通遺児は経済的な理由で進学を諦めざるをえないことが多いと聞きます。

今の世の中、そんなに勉強しなくてもどこかしらの大学には入れるもんですが、本当に勉強がしたいと思っていても家庭の事情で進学できない子もいるですね。

学歴がすべてではないけれど、学歴がななければ就けない職業というのもあって、哀しいかな、やっぱりお金がなければ叶えられない夢も世の中にはあるわけです。

そんな子達に少しでも力になれれば・・・

ということで、いつもこの募金箱には募金をすることにしています。

と、偉そうなことを書いていますが、実際はそんなに立派じゃないんです。

お財布の中の小銭、それも一円玉や五円玉を入れることにしています。

力になっているんだかいないんだかわからない自己満足の世界。

お恥ずかしいかぎりです。

それも、その募金箱が置いてある台に人がいない時だけ。

わざわざ遠くから募金箱に入れに行くのがちょっと恥ずかしいんですよ。

お金を入れると「ボットンッ!!」と大きな音がするんです。

音の出ない紙のお金をいれればいいのかもしれないけどね・・・。

だから、あまり人がいないときにさりげなく募金箱に近づいて、なるべく音が立たないように入れる。

なんで、そこまでするんでしょうか?

数円の募金なのに。

先日、レジを終えると、例のその台が空いていました。

「おっ!今日はいける」とカートを押してそこに近づこうとすると、それを阻むように初老の男性が買い物籠を片手にワタクシの横を強引にすり抜け、その台のところに立ちました。

いやっ、なに、この人。感じ悪ぅ~!

少々ムッとしてその男性を見ていると・・・

「ボトッ、ボトボトッ」

募金しておりました。

ワタクシがいつも入れるより重いお金の音。数も多いぞっ。

その後、こちらに背を向けてきびきびと買い物袋に品物を詰める姿はちょっとぶっきらぼうで、照れ隠しのようにも見えました。

ワタクシだけじゃないのね。

ふふふ。

ひとりで微笑みました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”ウケる”ギフト

こんにちは。

お中元シーズン到来。

今日は、柴田屋酒店の超お薦めギフトセットのご紹介です。

田原産コシヒカリを100%使用した田原の銘酒、純米大吟醸”優”

今や”幻の焼酎”と言っても過言ではない、田原産サツマイモで造った焼酎”亀若”。

130703_161004_2この二つを惜しげもなく(?)セットにしてしまいました!

ど~よ、ど~よ?豪華でしょ?

よそでは決して買えない”柴田屋酒店オリジナル”。

喜ばれますよ~

というか、

確実に

ウケる。

”田原臭”プンプンの究極の田原の地酒セットですからね~。

ウケ狙いのアナタにお薦めします。

130703_162309この2本セット(¥3515)の他に、東三河の酒屋さんが造る地酒・純米大吟醸元”酛々”も加えた3本セット(¥5295)もございます。

数量超限定ですので、売り切れの際はご容赦ください。

尚、亀若のバラ売りは今期は終了しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の二人

130702_160049こんにちは。

小学校の5年生か6年生の時だったと思います。

夏休みが終わって二学期が始まったばかりのころ、ホームルームか何かで夏休みの思い出を発表する時間がありました。

みんな順番に「〇〇に旅行に行った」とか「△△をして遊んだ」などと発表をしていきました。

その中でとっても驚いたことがありました。

同じクラスのM君とSさん、同じ日、同時刻に富士山に登って、頂上でばったり会ったというではありませんか。

エーーーーッ!!!

あの、あの日本一高くて日本一有名な山、富士山に

わざわざ愛知県から出かけていって、

その頂上でクラスメートにばったり会う!?

なんという偶然。世の中にはこんなすごい偶然があるんだ~。

まだ人生経験の浅かったワタクシには、その偶然が発生する確立は天文学的な数字のように思われ、ただただ感心したのでした。

う~む、M君とSさん、一見つながりのないように思える二人だが、この二人は何かとてもすごい力によって引き寄せられているに違いない。

なんてったって、霊験あらたかな富士山の頂上でばったり出会うのだから・・・。

あの二人はそれぞれにこの物凄い偶然をどう思っているんだろう?

それ以来、ワタクシが二人を見る目は少し変わっていました。

それから十数年の月日が流れたある日、ワタクシの家の近所に住んでいたSさんはお嫁に行きました。

そのSさんが嫁いだ相手というのが、

なんと・・・

M君

ではありませんでした。

ざんね~んっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取材合戦

130630_113406こんにちは。

昨日は梅雨時にしてはまあまあのお天気で、七夕イベント”星に願いを”が賑々しく開催されました。

今年もたくさんのちびっ子が短冊に願い事を書いて集まってくれました。

中には浴衣を着て来てくれた女の子もいたんですよね~。

やっぱり女の子は浴衣を着るのも楽しみのひとつ。

このイベントへの期待感の表れのようで、主催者としては非常にうれしいっ!

130701_155212_2で、非常にうれしいのは主催者だけでなくて、会場に取材に来てくださった新聞各社のパパラッチ(?)のみなさん。

浴衣の子に群がる群がる・・・。

かくして、浴衣女子はパパラッチの格好の餌食となり、今朝の朝刊の紙面を飾ってくれました。

(写真は朝日新聞)

そっか~、浴衣を着ていけば新聞に載せてもらえたんだ~。来年はそうしよ~。

(おいおい!)

そんなワタクシの願い事は今年もコレ!

130630_120105みんなの願い事が書かれた笹飾りは、7月7日まで田原の街なかの商店の店先などに飾られます。

見に来てくださいね~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »