« 盗作 | トップページ | ”食べる”ということ »

もったいない酒粕の使い方

130315_160445こんにちは。

先日、「園芸用の肥料にするから」と酒粕を買われたお客様がありました。

えーーーっ!?もったいな~~~い!

柴田屋酒店の酒粕は、田原産コシヒカリで仕込んだ純米大吟醸”優”の酒粕。

”純米大吟醸”ですよっ!!

甘酒や粕汁などのお料理はもちろんのこと、そのまま食べてもとってもおいしいんですよ。

そっ、それを土に撒くですって?

うわ~っ、それ、もったいないわ~。

純米大吟醸のわりには値段が安いので(1kg/600円)、安っぽく見られているんだろうか・・・?

「だったら、よそでもっと安くて悪い粕かったほうがいいですよ」

と言うわけにもいかないのでお売りしましたが、優の酒かすを園芸の肥料にしちゃうの~?

その方が酒粕を肥料としてどのように使うのかは伺わなかったので、ネットで調べてみました。

確かにそういう使い方もあるようです。

乾燥させて撒く方法や米のとぎ汁などと混ぜて発酵させたのを撒く方法などがあるようです。

ふ~む。確かに”かす”とは名ばかりで酒粕には色んな栄養が一杯。

人間の身体にだっていいんだから、土に撒いて悪いわけがない。

そりゃ、酒粕の肥料で栄養たっっぷりに育った野菜や果物ならおいしいだろうし、草花だって丈夫に育ちきれいに花を咲かせるのでしょう。

もったいないけれど、そこをグッと我慢して”海老で鯛を釣る”というわけですね。

う~む、しかし、あのおいしい”優の酒粕”を口に入れずに土に撒くとは・・・。

今ひとつ踏ん切りがつかない。

(だれもワタクシに踏ん切りをつけろとは言ってませんが)

試してみるかどうかはもうちょっと考えよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 盗作 | トップページ | ”食べる”ということ »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/56959758

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない酒粕の使い方:

« 盗作 | トップページ | ”食べる”ということ »