« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

無理難題

こんにちは。

甘酒カフェ”ゆふ”のメニューに”甘酒ふろーと”というのがあります。

クリームソーダのように甘酒にバニラアイスを浮かべたものです。

当然、バニラアイスは凍っています。

その他の甘酒ならば冷たいものか温かいものかを選んでいただくことができるのですが、この甘酒ふろーとの場合は甘酒は冷たいもので、その上にバニラアイスを浮かべてお出しすることになります。

が、時々「温かいのでできますか?」というお客様がいらっしゃいます。

「温かいのに乗せると溶けてしまうので・・・」とご説明するとだいだい断念されるのですが、今日のお客様は

「じゃあ、ぬるいのでできますか?」

できないわけじゃないんですよ。

ただ、せっかっくのアイスクリームがすぐに溶けてしまっては申し訳ないような気がワタクシはするだけのことです。

わかりました。アナタの望みを叶えましょ~!

で、初めて作った”甘酒ふろーと・ぬるいバージョン”。

アイスクリームを乗せると急いでお客様に。

「さあ、早くどうぞ、早く!」

ま、急き立てることもないのですが・・・。

ぬるいだけあって(?)そんなにすぐには溶けなかったみたいです。

クリームの溶けたのと甘酒が混ざったところもおいしいしね。

130330_162223甘酒カフェ”ゆふ”の麹の甘酒は、自家製甘酒。

加熱処理していない生の甘酒なので麹が作り出した酵素がたっぷりと含まれています。

そういう意味では熱々の甘酒よりは、冷たいものかぬるいもので飲んでいただくのがベター!

そろそろ気候も良くなってきたので、これからはこの”ぬるい甘酒”を推奨していこうかと思っています。

そう、本当の甘酒は酵素がたっぷりの”元気の源”なのです!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上質の夢

130329_155529こんにちは。

「春眠暁を覚えず」ともうしますが、この頃、みょ~に眠たくて、みょ~によく眠れるんです。

で、夜寝ると必ず夢を見るんです。

といっても、夢を見たと思うのも目が覚めたときにそのことを覚えているかどうかの問題で、実際は毎晩見ているらしいですね。

夢は脳が記憶の整理をしているという説もあるとか。

眠りが浅いときに夢を見るそうなので、案外自分で思っているよりも良く眠ってはいないのかな?

でも、最近よく眠れると思う原因のひとつに”夢見心地が良い”というのがあります、

なんかね、”いい感じの夢”をここのところ毎日見てるんですよ。

すっごく楽しい夢とかすっごく恐ろしい夢なんかだと目が覚めてからもそれを引きずっちゃうことがあるけれど、ちょっとハラハラ、ちょっとワクワク、ちょっとウキウキみたいな軽いタッチなんですね。

「なんとなくテレビをつけたら結構おもしろいドラマをやっていて、ついつい最後まで見ちゃった」って感じ。

だから、毎朝目が覚めたときに「あ、夢か。おもしろかったな~」とちょっと得した気分になっているわけであります。

只で、寝ながら、こんなに楽しくていいのでしょうか?

でも、どうか今夜もいい夢が見られますよ~に!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

500g・400円

こんにちは。

大根をたくさんもらったりすると、時々切り干し大根を作ります。

作るといっても、千切りにして広げて干すだけですけどね。

3日も干すと水分が蒸発して

「えっ!たったこれだけっ?」

ってくらい少なくなります。

でも、その分おいしさも凝縮されるってことですよね。

そして、香りも凝縮されるのかな?

ワタクシ、切り干し大根の香りって大好きなんです。

お日様の臭いがしませんか?

って、お日様の臭いを嗅いだことがありませんが・・・。

ふかふかの干したばかりの布団なんかも”それ系”の臭い。

「今日もお天気で、しあわせだな~」って感じの日向ぼっこの臭いです。

130323_184910この前、産直のお店で買った切り干し大根の大入り袋は超ジャンボサイズ。

500グラムで400円くらいだったかな?

乾かして500グラムってことは、何十キロ分もの生の大根が使われていると思われます。

すっごいお得。

でも、大きすぎて収納するのにすっごい不便。

ギュウギュウに詰めてあるので四角くなってます。

頑張って食べて、早く乾物の棚に入る量に減らしたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑のキャビア

こんにちは。

近年は”コキア”などとおしゃれな名前を付けられて、観光用に夏のゲレンデなんかにいっぱい植えられている”ほうき草”ってご存知ですか?

背丈は小さいもので20cmくらいから、大きなものは5~60cm。

夏は緑色に真ん丸く茂って、秋になるとショッキングピンクに紅葉する一年草です。

昔は枯れた茎をほうきにして使ったのがその名前の由来。

これの実は”とんぶり”といって食用に用いられ、黒くて小さなその形状から”畑のキャビア”と呼ばれています。

以前職場でそのとんぶりが話題になって、一度買って食べてみました。プチプチとした食感は楽しめますがキャビアの味はしませんでした。

というか、なんの味もしませんでした。

建て替え前の我が家の庭には、どこからかタネが飛んできて自生しておりました。

そのまま枯らすと翌年は密集して生えてきますが、間引きしてやると真ん丸く大きく育ってとてもかわいらしい。

風が吹くとゆらゆらと揺れて「ぽよよ~~~ん!」って感じだったので、ワタクシは”ポヨポヨ”と呼んでいました。

そんな我が家のポヨポヨも建て替えとともに絶滅してしまいましたが、去年タネをもらったので蒔いてみました。

今度は地植えはできないので植木鉢で育てることに。

そしたら・・・

130325_131140_2ヒョロヒョロに育ちました。

肥料はいっぱいあげたんだけどね。

ワタクシが思うに、これは根っこが張れる範囲に葉っぱも広がるということではないでしょうか?

根っこが踏ん張れないと、上の重みに耐えられない。

生物の仕組みってよくできていますよね。

だから、今年はもうちょっと大きな植木鉢で育ててみることにしました。

隣に置いてある鉢がそうです。

キャビアは実らせなくてもいいから、真ん丸に茂っておくれよ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美肌酒

130325_133331こんにちは。

先日、お客様が

「酒屋さんにこんなものあげたら失礼かもしれませんが・・・」

とバッグの中から取り出したのは、

ペットボトルになにやら怪しい液体・・・?

実は”コーヒー酒”。

手づくりのコーヒー酒なんですって。

ホワイトリカーに梅の実を入れて梅酒を作るみたいに、ホワイトリカーにコーヒー豆(普通に売られている煎ってあるもの)を漬け込むとコーヒー酒ができるんだそうです。

前回おみえになった時にその話をされて、「今度来る時、持ってきますね」とおっしゃってくださったのでした。

ワタクシもコーヒー好きなので密かに楽しみにしておりました。

フフッ。

全然失礼じゃありません。大歓迎です。

で、自宅に持って帰り、焼酎感覚でお湯割りにしたのですが・・・

苦っ!そして、濃い!

そっか、梅酒だと梅の水分が出るのでアルコール分も薄まるけど、コーヒー豆は乾燥してるから薄まらないのね。ホワイトリカーのアルコール分(35度)がほぼそのまま。

一般的な25度の焼酎のつもりで薄めていました。

気を取り直して、そこへお湯を足して飲んでみると・・・

おお~、よいではないですか~。

コーヒーの香りが鼻の奥まで広がってリラックスできますね~。

そうそう、コーヒーポリフェノールには美肌効果があるってこないだテレビで言ってた。

うっしっし・・・。

お湯割りや水割り以外にも、牛乳割りとかコーラ割りなんかも合いそうな感じがします。

3週間漬け込めばいいそうですので、みなさんもお試しください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヨナラ、みーしゅけ

130324_223354こんにちは。

「みーしゅけ、死んじゃったって」

配達から戻ってきた夫にそれを聞いたのは今月の初め頃だったかしら?

そっか・・・。

夫が時々見せてくれる携帯の中のみーしゅけの姿、最近随分ヨレヨレになってきたとは思っていたけれど、やっぱり・・・。

うちのお得意様のお店に居ついていた野良猫の”みーしゅけ”は、ワタクシが田原に来てまだ人間の友達がいなかったころからの友達でした。

そしてそのころから”おやじ猫”だった。享年19歳だそうです。

一応野良猫なので、みんな勝手に名前を付けていて、そこのお店のご家族の中でも”ピースケ”とか”ミースケ”とか”チャトラン”とかいろいろ呼び名があったようです。

特におばあさんが”みーしゅけ”と呼んでかわいがっていて、夫によくみーしゅけの話をしたそうなので、ワタクシ達も”みーしゅけ”と呼んでいました。

あちこちでご飯をもらっていたようで人懐っこい猫だったのですが、夫はそれまでみーしゅけに触ったことがなく、初対面のワタクシがいきなりみーしゅけを触っていたのにはかなり驚いていました。

そのおかげで夫もみーしゅけが触れるようになり、すっかり仲良しに。

配達でみーしゅけを見かけると、今日みーしゅけはこんなふうだったと、時には携帯の画像付きで話しをしてくれました。

先日配達から戻ってきて、「おばあさんが、みーしゅけがいなくなって寂しいって。携帯の写真をプリントしてあげようかな」と夫。

82枚あった携帯の中のみーしゅけの写真から写りのよいものを選んでプリント。

百均の額に入れると結構すてきな”みーしゅけメモリアルプレート”(?)の出来上がり。

今日、夫はいそいそとそれを持って配達にでかけていきましたが、おばあさんは忙しそうだったので、家族の方に渡してきたそうです。

おばあさん、喜んでくれたかな?

思い出して、また哀しくなっちゃうかな?

お店の馴染みのお客さんたちも、みーしゅけがいなくなって寂しがっているそうです。

でも、みんなにかわいがられて天寿を全うしたみーしゅけは、幸せな猫だったんじゃないかな。

さよなら、みーしゅけ。

ありがとう、みーしゅけ。

これからは空の上からみんなを見守ってね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒の賞味期限

こんにちは。

日本酒の賞味期限ってどれくらいかご存知ですか?

一般的には一年と言われています。これは、瓶詰めした時の味や香りがほぼ変わらずにキープできる期間です。

但し、適切な保管状態で開封されずに保管された場合です。

要冷蔵の物は冷蔵庫で、そうでない物も温度差の少ない冷暗所で保管してください。

じゃあ、一年を過ぎたら飲めないのかというとそうではありません。

保管状態がよければもっと熟成されてまろやかな味わいを楽しむことができます。

130323_160010たとえばこれ、純米大吟醸”酛々(もともと)の火入れ”の裏貼りをご覧ください。

製造年月が”2012年10月”となっています。

酛々の仕込みは年に1回。お米の収穫後に行います。

そして、1月の”活性にごり”と”斗瓶搾り”を皮切りに無ろ過生原酒・生貯・火やおろし・火入れと季節ごとに瓶詰めをして発売しています。

この火入れは去年の1月に出来上がったお酒を10月に瓶詰めしたものです。

法律で定められている日本酒の製造年月の表示は瓶詰めした年月です。

だからこの火入れは日本酒としてできあがってから9ヶ月は蔵元で保管されていたのです。

だから、一年くらいは過ぎてもどうってことないのです。

新酒には新酒独特のフレッシュなおいしさがありますが、一年くらい過ぎたほうがおいしいって話もあります。

ま、これも人それぞれの好みの問題ですが、ワタクシは個人的には時間が経って熟成されたお酒が好き。

時の流れが作り出すおいしさもあるってことです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尊敬

130322_135219こんにちは。

某信用金庫さんにもらった粗品。

”マスクケース”(抗菌)

な~るほど~~~!

すっごいイイもの見つけましたね~。

130322_135257マスク大のプラスチックの箱。

厚さは1センチちょっと位だから、同じマスクでもタイガーマスクは入りません(?)。

スーツケースのようにパカッと開きます。

ワタクシも時々マスクはしますが、一日中着けているわけではありません。

長時間着けているわけでもないので、一度外したら使い捨てというわけにもいかない。

外したマスクを「さあ、どうしましょう?」ってことよくありますよね。

自宅なら、どこか邪魔にならないところに置いておく。店にいるときは折りたたんでエプロンのポケットに。外出先ではやっぱり折りたたんでポリ袋に入れてバッグの中。

再び着けようとして取り出すとマスクはヨレヨレ。

そんな状態で果たしてマスクは衛生的なのか・・・?

そんな疑問をズバリ解決!

世の中にはこういう便利グッズをすぐに考え付く人がいるんですね。

いい意味で”抜け目ない”というか・・・、

尊敬します。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い通りに・・・

130321_133525こんにちは。

柴田屋酒店の入り口の横の花壇に水仙の球根を植えたのは去年の秋のこと。

ホームセンターでたまたま見つけて、思いつきで植えてみたのです。

この場所は店の佇まいにあわせて和風の花壇にしたいと思い、開店直後の5年前に玉砂利を敷き詰めました。

それから椿やつつじの苗木を植えてみたのだけれど、どちらも思い通り育たず未だ志半ばの状態で放置されておりまして。

唯一、建て替え前の我が家の庭から移植したブラックベリーだけが元気に育っていてくれますが、これが思いっきり洋風ときたもんだ~。

木だから難しいのかも。球根ならいくつか植えたうちのひとつやふたつは花を咲かせ、何年かすれば数も増えて群生するようになるのかしら?

だって、そこいらの堤防に行けば春には水仙の花がいっぱい咲いている。

水仙はきっと丈夫で育てやすい植物に違いない。

風に揺れるたくさんの水仙の花々を思い描きながら、秋風吹きすさぶ中、5個の球根をうえたのでした。

そうだ、もしもたくさん花が咲くようになったら、切花にしてお店や家の中にも飾ろう!

そんなワタクシの願いが天に通じたのか、ひと月ほど前、ついに水仙は小さな芽をだしました。

そしてひと月が経ち見事に花を咲かせました!

但し、ちっちゃい。

花がちっちゃいのではなくて・・・

130321_133701_2


茎が短い。

これじゃ切花にはできない。

気付かずに踏んじゃいそうなのでまわりにレンガを置いてガードしました。

そういえば、球根が入っていた袋にそんなようなことが書いてあったような気がするけれど、ここまでちっちゃいとは思ってなかったんですよ。

見本の写真の花の色や雰囲気だけで選んじゃったのね・・・。

なかなか思い通りにはいかないもんですね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男社会

130320_153216こんにちは。

先日、ひとりで店番をしておりましたら、ひとりの男性のお客様がいらっしゃいました。

これまでにも一、二度お見かけしたことのあるお客様でした。

日本酒の棚をじーっとご覧になっていたので、そこに歩み寄って

「何かお探しですか?」

と声をお掛けすると

「ええ、うちで飲むのなんですけどね・・・」。

と、そこへ夫が帰ってきました。

「ああ、いらっしゃいませ!」

「ああ、どうも。」

やっぱり以前来てくださったことのあるお客様のようです。

夫はレジの奥でなにやら作業にかかり、そのお客様は引き続き日本酒の棚を覗き込むようにご覧になっています。

で、その横に立っているワタクシが

「どんなタイプの日本酒がお好みですか?」

とお聞きすると、その方はおもむろに顔を上げ、向き直ってこうおっしゃいました。

「なにかご主人のお薦めのお酒はありますか?」

はっ?

「ご主人」って?だれとお話してらっしゃるんですか?

はぁ~?

「ワタクシの薦める酒が飲めんのかいっっっ!?」

もちろん、そんなことは言いませんでしたよ。

言いたかったけどね。

結局ね、”男社会”なんですよ、お酒の世界って。

女がいると”お酒のことは何も知らずに店番してるパートの主婦”くらいに思われちゃうのね。

ワタクシのことなんか何にも知らないくせに~。

そもそもお酒のことを知らないのなら、こっちから声かけたりしないって。

そもそも男性より女性のほうが味覚は発達してるっていうし。

だから、

絶対、

絶対いつか

見返してやるっ!!!(?)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できたての納屋橋饅頭

130319_160252こんにちは。

先日お店に来た酒蔵の営業さんがチラシを見せてくれたのですが、今週末(3月22日、23日)、名古屋の納屋橋で”日本酒祭り”というイベントがあるのだそうです。

月に1回行われている”なやばし夜イチ”というイベントがあって、その一環のようですが、日本酒祭りは今月のみ開催。

堀川沿いを日本酒を引っかけながらブラブラするなんて粋だわ~。

行ってみたいけど、お休みの日でないので行けないな・・・。超残念っ!

納屋橋って懐かしいんですよね~。

何があるってわけじゃないけれど、なんだかよくあの辺りは通りました。

やっぱ、納屋橋と言えばベタだけど”納屋橋饅頭”。

納屋橋のたもとに納屋橋饅頭の本店があってね(今はもうちょっと西側に移転したそうです)、そこでできたての納屋橋饅頭が買えるんですよ。

それがね、おいしいんです。まだ温かくて、やわらかくて、売店で売ってるのと全然違うんです。

仕事で近くを通ったときは、よく会社に買って帰っておやつに食べたもんです。

そうそう、両口屋の本店が丸の内にありましてね、ここでも出来立ての”千なり”が買えるんですよ。

皮がふわふわでおいしくてね~。売店で買うのとは全然違う!

ときどき営業の人が買ってきてくれて・・・

って、思い出話にどっぷり浸ってしまいましたが、食べ物の話ばかりですね。

なにが言いたいのかというと、納屋橋ですよ。

昔は堀川が臭くってね~。今はどうなんだろう?

でも、なぜか白鳥がいたんです。2羽。

本物じゃないですけどね。

今もいるのかな~?

懐かしいな~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

業界人、集う。

130317_165604こんにちは。

今回は余興として地元豊橋の太鼓の演奏も披露され、お祭りムードムンムン。

昨日はお楽しみの”第4回・東三河の酒蔵を知る会”でした。

といっても、お楽しみなのはワタクシではなく、参加されたお客様。

ワタクシは今年も会場の外で受付係だったので、あまり会場内の様子はわかりませんでしたが、

柴田屋酒店で入場券を買ってくださったお客様の中には、利き酒大会で見事全問正解された方や、お楽しみ抽選会で見事地酒をゲットされた方があって、みなさんちゃんとワタクシのところまで報告に来てくださいましたよ。

みなさん、おめでとうございま~す!

130317_175936というお楽しみイベントですが、実は主催者側のワタクシ達もこういうイベントは結構お楽しみがあるんです。

売り手、造り手として一般消費者のお客様の反応を直に知ることができるというのはもちろんですが、それ以外にもいろいろと情報交換できる場所でもありまして・・・。

うちのような個人経営の商店というのは普段は案外孤独なもんで、業界の情報というのは時々やってくる出入りの問屋さんやメーカーさんから聞くぐらい。

特に田原は田舎だから、頑張って情報収集しなければ時代の波に取り残されてしまうのです。

それが、こういうイベントとなると業界の色んな人が集まっていろんなことを言ってくれる。

耳より情報が満載なんですよ。

昨日もあんな情報やこんな情報、そっ、そんな極秘情報まで!?

有意義な一日でした。

やっぱいいね、こういう会は。

これからも、ず~~~っと続きますように!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”食べる”ということ

130316_164714こんにちは。

昨日の”柴田屋酒店・ワンコイン塩麹教室”の参加者で、お宅に90歳を過ぎたおじいさんがいらっしゃるという主婦の方がありました。

その方曰く、「人間は歳をとると視覚や聴覚が衰えてくるように味覚も衰えてくる」。

だからそのおじいさんもだんだんと味の濃いものを好むようになってきて、薄味の物だと食が進まなくて困っていたのだそうです。

それで、甘味や辛味以外で味を感じることのできる”旨味”に目を付けて、塩麹などの旨味成分の多い食材をお料理に使うようにしたのだそうです。

そうしたらおじいさんも喜んでご飯をたくさん食べてくれるようになったとのこと。

ご飯をおいしいと感じながら食べるということは、脳に刺激が与えられ脳が活性化されることなのだそうです。

「は~、そういう努力をされている主婦の方もいるんだ!」と感心してしまいました。

考えてみれば、味を感じることだけでなく、あごを動かして咀嚼すること、喉を通って胃腸で消化吸収され、その栄養が体中に送られ、etc・・・。

”食べる”ということは、ただ単に栄養を摂取するというだけではなくて身体のいろんな部分を働かせる生命活動です。

生きていくうえでとっても大切なことですよね。

ワタクシも主婦として、家族が喜んでくれるおいしいご飯を作りたいという気持ちや、栄養のバランスのいいものを出さなければという思いはありますが、そこまで深く考えてはいませんでした。

うん、”食べる”ってすばらしい!!

とてもいいお勉強をさせていただきました。

ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もったいない酒粕の使い方

130315_160445こんにちは。

先日、「園芸用の肥料にするから」と酒粕を買われたお客様がありました。

えーーーっ!?もったいな~~~い!

柴田屋酒店の酒粕は、田原産コシヒカリで仕込んだ純米大吟醸”優”の酒粕。

”純米大吟醸”ですよっ!!

甘酒や粕汁などのお料理はもちろんのこと、そのまま食べてもとってもおいしいんですよ。

そっ、それを土に撒くですって?

うわ~っ、それ、もったいないわ~。

純米大吟醸のわりには値段が安いので(1kg/600円)、安っぽく見られているんだろうか・・・?

「だったら、よそでもっと安くて悪い粕かったほうがいいですよ」

と言うわけにもいかないのでお売りしましたが、優の酒かすを園芸の肥料にしちゃうの~?

その方が酒粕を肥料としてどのように使うのかは伺わなかったので、ネットで調べてみました。

確かにそういう使い方もあるようです。

乾燥させて撒く方法や米のとぎ汁などと混ぜて発酵させたのを撒く方法などがあるようです。

ふ~む。確かに”かす”とは名ばかりで酒粕には色んな栄養が一杯。

人間の身体にだっていいんだから、土に撒いて悪いわけがない。

そりゃ、酒粕の肥料で栄養たっっぷりに育った野菜や果物ならおいしいだろうし、草花だって丈夫に育ちきれいに花を咲かせるのでしょう。

もったいないけれど、そこをグッと我慢して”海老で鯛を釣る”というわけですね。

う~む、しかし、あのおいしい”優の酒粕”を口に入れずに土に撒くとは・・・。

今ひとつ踏ん切りがつかない。

(だれもワタクシに踏ん切りをつけろとは言ってませんが)

試してみるかどうかはもうちょっと考えよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盗作

こんにちは。

いつも読んでいるとある出版物に掲載されている四コマ漫画を見ていて時々思うのです。

130314_162701_2「この四コマ漫画の作者の人は”某人気猫ブログ”のファンではないだろうか?」

かくいうワタクシ、その某猫ブログの人気猫”U君”(仮名)の大ファン。一日も欠かさず拝見しております。

この四コマ漫画に時々登場する猫の柄が”U君柄”だというのは偶然の一致だろうか?

それだけじゃなく、この猫が寝ているときの寝息がU君と一緒だったり、U君がやりそうなことをこの猫がやっていたり・・・。

まあ、これはあくまでもワタクシの憶測ですが、

もしこの作者の方がその猫ブログを見ていると仮定すると頷ける部分が時々あるのであります。

ブログには著作権とかはないだろうから、問題はないのかもしれないけれど・・・、

ファンとしては面白くないというか、なんというか・・・、ねえ?

毎日見てると無意識のうちに同じようなことを書いてしまうのかな~。

ま、ワタクシだって色んな人のブログを見て、文章がその人に似てきたり、同じようなことを書いたりしてしまうことは大いにあると思うんで、あまり言えないんですけどね。

でも、個人レベルで書いてるブログとは次元が違うでしょ?

ちょっと気になります。

ま、あくもでもワタクシの憶測だし、

憶測でなかったとしても「この人も同じブログを楽しんでいる」という親近感は大いに感じるんですけどね。

そっか~、おもしろいブログを書くと、こんなふうに真似されちゃうんだ~。

じゃあ、あんまりおもしろいことは書かないようにしよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラコスタ30連泊

こんにちは。

昨日、問屋さんが持ってきたキリンビバレッジのカタログの隅に、すごいことが書いてありました。

「午後の紅茶で”ディズニーシー・ホテルミラコスタ30連泊当たる!”」

はぁ~???

みっ、見間違いかな?落ち着いて、もう一度読んでみよう。

「ディズニーシー」・・・うん、うん。こないだ行ってきたばかりだ。

「ホテルミラコスタ」・・・そう、シーの中にあるホテル。

「ミ・ラ・コ・ス・タ」、間違いない。

で、それが・・・

「30連泊」

「30連泊」

「3」と「0」そして「連泊」

130313_153636_2


!!!!!

ふ~~~っ・・・バタンッ!(←気絶した音)

なななななに~~~っ!?

なんですか?その夢のような話は!

ひと月ディズニーシーに住めるってこと?

非現実的なすばらしすぎる話。

でも、崇拝するミッキー師匠もおっしゃってる(?)

「夢はタダ!」

ちょっと夢を見てみよう。

まず、店(←柴田屋酒店のこと)はどうしよう?

閉めて行くわけにはいかない。お客さんに迷惑がかかる、

仕方ない、ワタクシ一人で行ってくるから、後はよろしく。

ホテル暮らしだから、お部屋の掃除も、お洗濯も、食事の支度もしなくていいのね~。

30日もいるとホテルの従業員の人たちもワタクシの顔をおぼえて声を掛けてくれるだろう。

「おはようございます。ぴーちゃん様」

朝食のためにレストランに行くと黙っていてもコーヒーが出てくる。

あ、この際だから時々はルームサービスなんかも取っちゃおっかな~。

朝一でトイ・ストーリー・マニア!のファストパスを取ったらホテルに戻り、プールでひと泳ぎ。

夜はランドでパレード見ようかな・・・

みたいな。

うっひゃ~っ!楽しすぎるぅ~。

キリンビバレッジさん、いい夢を見させてくれてありがとう。

非現実的だけど・・・

応募しちゃうかも。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉にできない

130312_161328こんにちは。

”デジタルフォトフレーム”なるものを夫が拾ってきました。

デジタル画像が表示できる機械です。

”拾ってきた”などと言うと、遠まわしな意味ありげな言い方をすると思われるかもしれませんが、本当に誰からがいらなくなって捨てたものを拾ってきたのです。

こういうの家電屋さんの店頭なんかでは見よくかけるけど、本当に使ってる人っているんですね。

動かしてみたら動いたので、夫がとりあえず表示させてみた画像がなぜか6年前の柴田屋酒店の新店舗建築中の写真でした。

段々建物ができていく様子や、仮店舗の中の写真が次々と表示されました。

BGMも付けられるというのでインターネットで無料でダウンロードできる適当な曲を入れて流してみると、なんともいい感じです。

建築中の柴田屋酒店と仮店舗の中。

ああ、そうだった、そうだった。

懐かしいな~。

そして、

不便だったな・・・。

嗚呼、この辛い時代があったから今があるのね・・・。

BGMが付くと、なんだか郷愁すら感じてしまいます。

そうだ、BGMはやっぱりあれがいいね。

小田和正の明治安田生命のCMの曲

「ら~ら~ら~、らら~ら~、言葉に~できな~い~」

わ~っ、感動するだろうな~。

あのBGM付きで見たら。

”柴田屋酒店のできるまで”

結婚披露宴のエンドロールかっちゅうねん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの”3.11”

こんにちは。

今日3月11日は、ワタクシの高校時代からの友人の誕生日。

もちろん、二年前の今日も彼女の誕生日でした。

毎年誕生日のお祝いメールを送りあっている彼女に、二年前の今日もメールをしようと思っていました。

午前中はバタバタするので、昼過ぎか夕食後に・・・。

そして訪れた未曾有の大災害。

テレビに映し出されるその被害の大きさに、市井の一個人とはいえ、この様な時に「おめでとう」などどいう言葉を発することははばかられるのではないか思われ、メールは控えることにしました。

ひと月ほどして彼女と電話で話した折に、あの時の欠礼を詫びると、「私も自分の誕生日にあんなことがおきてしまって、とても複雑な心境だった」と。

日本に暮らすひとりの人間として、やはり3月11日は鎮魂の日です。

あの時テレビや新聞を通して目にした惨状は一生忘れることはできないでしょう。

二年が経ち、”復興支援”などと高らかに口にすることはおこがましいような生活を送っているワタクシではありますが、それでもやはり今日は特別な日。

”その時”をむかえる直前には、思わずテレビのスイッチを入れたのでした。

昨日の日曜日は去年同様、避難用の持ち出し袋の期限切れの食品を取り出しました。

賞味期限が一年以上のものってなかなかないんですよね。

まだ新たに入れる物は買ってきてないので、今度買い物にいったら忘れないようにしなければ。

そうだ、今夜、友人にお祝いのメールを送ることも忘れないようにしなければ。

130311_142424我が家で震災の前と今で変わったことのひとつに、”トイレットペーパーを多めに買い置きする”というのがあります。

大事な教訓のひとつです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よからぬ物

130309_163136こんにちは。

今年はいつまでも長い冬が終わらないと思っていたら、ものすごい勢いで春がやってきました。

それに合わせて、大陸の方からよからぬ物が飛んでくるという。

一日の大半は建物の中で過ごすので、窓さえ開けなければそんなに気にすることでもないのかもしれない。

洗濯物はとりあえず家の中。ざらざらするのもイヤだからね。

でも、一歩も外に出ないというわけにもいかないので、外に出るときはちょっとは気をつけたほうがいいのでしょうか?

みなさん、そのへんはどうされてます?

買い物に出かけるので花粉防御の意味も含めてマスクをしてみました。

日差しが強いのでサングラスも。

目の老化も紫外線が影響しているらしく、若いうちからの心がけが大切だとか。

あ、お肌の老化もね。

春は案外紫外線が強いんです。

帽子もかぶろう。

せっかく春が来たというのに、注意しなきゃいけないことばかり。

マスク、帽子、サングラス・・・って・・・、

銀行強盗かっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鼻に目薬

こんにちは。

そんなに重症ではないのですが、若干花粉症です。

なぜかいつも症状は目から来ます。

スギ花粉の季節になると右目がかゆくなり、左目もかゆくなり、やがて鼻もムズムズ。

そして、なぜか目がかゆくなるのは初期の頃だけで鼻の症状のみが残ります。

ワンシーズンの期間限定で目には抗体ができるのでしょうか?

で、鼻がムズムズするといっても、くしゃみを一つか二つすれば30分以内に鼻の症状も治まります。

そんな症状が一日に数回出るだけなので、夜も眠れないとか、どうにも我慢できないというわけではありません。

だから、特に薬を飲むとか病院に行くとかいうこともせずに、これも運命と受け止めて季節が過ぎるのをただじっと待つというのがワタクシの花粉シーズンの過ごし方。

ところが、一昨日、お風呂に入っていたらまた目がかゆくなりました。

擦ってはいけないと思いながら、ついゴシゴシと目を擦ってしまいました。

「いけない。ちょっと擦りすぎたかな?」

と、鏡をみると下まぶたがプクリ。

昨日になっても若干目の周りに違和感が・・・。

「こんなこと初めて。なにか手を打った方がいいのかも・・・」

130308_155752早速、ドラッグストアで目薬を買ってきました。

何を買っていいのかわからないし、次にいつ使うかもわからないので一番安かった298円のを買ってみました。

目薬をさすなんて何年ぶりだろう。

子供の頃、プールから出た後にさしたりしたけど、その他で目薬をさすような事態に遭遇したことがあっただろうか?

ま、軽く見積もっても20年やそこらはさしたことがないってことです。

そしたら、妙によく効いた。

気のせいかもしれないけど、よく効きました。

さらに気のせいかもしれないけど、鼻まですっきりしました。

目と鼻って微妙につながってるから?

まあ、目薬をささなくても目の症状が治まる時期に来たのかもしれないので、単なる気のせいの確率は高いですが。

とにかく安上がりにできているワタクシなのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甘酒ブーム

130307_155248こんにちは。

塩麹がブームになって、柴田屋酒店でも米麹の販売を始めたのですが、

その米麹を買っていかれるお客様用に塩麹の作り方と活用方法をワタクシなりに簡単にまとめたビラ(?)を作り、ご希望の方にさしあげています。

これがなぜだか結構好評で、気を良くして”しょう油麹バージョン”も作成しました。

ほんとに簡単な大したことのないものなんですが、かえってそれがウケたようで

「冷蔵庫に貼っていつもこれを参考にしている」

とまで言ってくださる方もいらっしゃいます。

恐縮です。

さて、その塩麹の次に大ブレークすると言われている今年注目の調味料、なんだかご存知ですか?

なんと、甘酒!麹の甘酒なのだそうです。

甘酒として飲むだけでなく、調味料としてお料理に使うんです。

ふ~~~っ、

やっと時代がワタクシに追いついてきた・・・(?)

やっと甘酒のすばらしさに世間が気付くときが来たのね。

甘酒カフェ”ゆふ”をオープンして早五年。

もちろん”ゆふ”でお出ししている麹の甘酒は自家製です。ワタクシが作っております。

だから、

もったいないけど・・・

教えちゃおっかな~。

130307_155354”おうちでも簡単にできる甘酒の作り方”

米麹があれば家庭用炊飯器で簡単に甘酒ができるんですよ~。

詳しくは店頭で!

ということで準備万端。

だけど、ホントにブレークするのかな?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローズマリーの花

130301_152855こんにちは。

一去年もらった鉢植えのシクラメン。

上手に夏を越せて、きれいに花を咲かせてくれました。

はっきり言って、かなり自慢です。

「今年買ったばかりのシクラメンみたい。素人が栽培したとは思えないな~」

と、あんなことも忘れて自画自賛。

去年も随分永い期間花が咲いていたので、球根の栄養を使い果たしてしまったのではないかと思っていたのですが、マメに肥料をあげたのがよかったのかしらん?

でも、一番の要因はやっぱりこのシクラメンの生命力の強さなんだろうな~。

なんにでも個体差というのはあるもんです。

強いシクラメンに出会えたワタクシはかなりラッキー?

130306_153129こちらはローズマリー。

去年の夏、「植えればすぐに根がつくから」と土から引っこ抜いた根っこ付きのローズマリーをくださった方がありました。

”ローズマリー”

ハーブの一種であることはわかるし、見かけたこともあります。お料理なんかにも入ってるのよね。

”ローズマリー”って名前の響きがとってもステキ。

しかし、ワタクシにこのおしゃれな名前を持つハーブが使いこなせるだろうか・・・。

いささかためらいはありましたが、せっかくいただいたものなので、とりあえず植木鉢に植えてみました。

そして、何も考えずに水をあげていましたら、先月の初め、あの寒さの中で花が咲いているのを発見。

「ローズマリーってこんな花が咲くんだ。しかも、こんな時期に咲くんだ」

意外でした。

これは個体差ではなく、こういう強い植物ということなんでしょうね。

う~ん、シクラメンとちがって眺めているだけのものでもないようだけれど・・・

とりえあず、花はきれいなので眺めておこう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと怖い

130205_164015こんにちは。

以前お知らせしました”第4回・東三河の酒蔵知る会”。

開催日の3月17日がいよいよ迫ってまいりましたので、再度お知らせです。

有料の地酒試飲会です。詳しくはこちら→

入場券はすべて前売りとなっておりますので、事前のご購入をお願いいたします。

入場券がなくなり次第販売は終了いたします。

柴田屋酒店でも販売しておりますが、残りわずかとなっております。お早めにお買い求めください。

さて、「有料の地酒試飲会って何やるの?」という方もおられると思いますので、具体的な内容をちょこっとご紹介。

まず、受付時に入り口で入場券と引き換えに杯をお渡しいたします。

その後、会場内でおつまみを受け取っていただきます。

会場内では各酒蔵がブースを構えて来場者をお待ちしております。

来場者のみなさんは、お好きな酒蔵のブースを自由に行き来していただいて、入り口で受け取った杯にお好きなお酒をついでもらって試飲するという、日本酒好きには夢のようなイベントです。

酒蔵の杜氏さんも来場されますので、お酒に関する色んなお話も聞けます。

他にも利き酒大会や、地酒が当たるお楽しみ抽選会もあります。賞品はもちろん地酒。

結構いい確率でみなさん地酒のお土産を獲得していただけますよ。

入場券は3000円ですが、この内容なら損はないと思いませんか?

もしも、ワタクシが主催者側の人間でなければ、間違いなく参加しますね。

でも・・・

ちょっと怖いな。

そんなにお酒飲まなきゃいけないなんて・・・。

自信ないな。

あ、別に怖いほど飲まなくてもいい?

おいしいお酒をちょっとずつ楽しめばいいのね。

ま、楽しみ方は人それぞれということで、

みなさんも、ふるってご参加くださ~い!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休暇届

130304_161520こんにちは。

いつも週末に甘酒カフェ”ゆふ”に来てくださるお客様がいらっしゃいます。

なにか用事があるとき以外は大体毎週来てくださっているようです。

先月、週末に甘酒カフェをお休みさせていただいたのですが、その前の週末にその方が来てくださったらそのことをお知らせしておかなければいけないと思っていたのです。

ところが、その方が来てくださったにもかかわらず、うっかり翌週のお休みのことを言い忘れてしまいました。

そしたらやっぱりその翌週来てくださったようで、大変申し訳なくも、そのままお帰りいただくことになってしましました。

でも、気を悪くされることもなく、その後もやはり週末には来てさっていて、先週末もご来店いただきました。

で、その方とあれやこれやと世間話をしておりましたら、その方が

「今度北海道行くんですよ~。」

「あら!いいですね」

「あ、そうそう。来週、だから、来週来れません。すみません」

「すみません」って・・・

いえいえ、謝っていただくことでもないし、毎週来なければいけないと決まっているいるわけでもないし、毎週出欠を採っているいわけでもないし・・・。

「いつもごひいきにしていただいている上に、そんなお気遣いをしていただいてすみません」とこちらが謝らなければいけないくらいです。

お得意様に臨時休業のお知らせもしない店に対して、律儀に事前にお休み(?)のお知らせをしてくださるお客様。

ワタクシは幸せ者です。

どうかお気をつけて行ってらしてください。

お土産話、楽しみにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにちは。

長期化すると思われたハトのポースケ君との戸袋の上をめぐる攻防戦でしたが、敵は案外あっさりと身を引いて3日程前からめっきり姿を見せなくなりました。

やった。勝った。

勝利を確信したワタクシが、窓辺に置いてあった夜間ハトを照らす用の懐中電灯を片付けたのは昨日のこと。

130302_133650「どこか他にいい場所を見つけたんだろうけど、いなくなるとなんだか寂しいな。

きっと、人間は酷いことをすると思っただろうな・・・」

いないとわかっていても、ついつい目は戸袋の上にいってしまいます。

そしたら、午後になって・・・

「タダイマ~。ヤッパリ ココデ オセワニ ナリマス」

夫婦で帰ってきました。

えーーーっ!

だめだめっ、ぜっっったいダメ!!!

再び攻撃開始。

でも何度追い払ってもすぐ戻ってきます。

しかも、今回は戻ってくるまでの時間が短くなった。

今朝は、いそいそと小枝を運び込んで二羽で巣作りに勤しんでいる模様。

「ダッテ、モウスグ ウマレソウ ナンダモン」

そうだよね。出産は待ったなしだ。

可愛い子鳩の成長をここで見守るのも悪くないかも・・・。

ふとそんな考えが頭をよぎります。

でも、

いかん、いかんっ!

不衛生だし、近所迷惑だし。

再び攻撃を開始するも、ポースケ君夫婦も諦める気配なし。

う~ん、どうしたものか・・・。

そうだ!アレはどう?

前に庭師さんもらったハトよけ

効果覿面。

どうやら決着はついたようです。

勝った。多分だけど。

ポースケ君夫婦、屋根の上で困った顔をしています。

きっと、人間は酷いことをすると思っているんだろうな・・・。

悪いことしたとは思ってるんだよ。

ごめん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコイン塩麹教室開催日のお知らせ

こんにちは。

柴田屋酒店のワンコイン塩麹教室(詳しくはこちら→)の開催日のお知らせです。

次回は3月15日(金)に開催します。

時間は午後1時30分から約一時間。場所は柴田屋酒店。

受講料はタダ。材料費(容器代込み)として500円いただきます。

塩麹やしょう油麹のお話に・・・、あっ!今回は”アノお話”もしちゃおうかな?

内容盛りだくさんの一時間になりますよ~。

ひょっとすると、一時間では収まりきれないかもしれませんよ~。

参加のお申し込み・お問い合わせは柴田屋酒店(TEL:0531-22-0826)まで。

月曜から土曜の10時から17時30分の間に承ります。

定員となり次第締め切りとさせていただきます。

尚、今後もこれ以外の日程での開催もありますので、15日にご都合の悪い方もお気軽にお問い合わせください。

それはそうと、みなさん塩麹を作るとき、何でかき混ぜていますか?

ワタクシ、今まではスプーンでかき混ぜていたのですが、最近はコレ。

130221_134041フォークです。

パスタなんか食べるときの大きいのね。

狭い容器の中ではスプーンよりフォークのほうが小回りが利いて使いやすいことに最近気付きました。

もうこれで、ブイブイかき回しちゃうもんね。

そうだ、塩麹教室でこの話もしよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »