« 秘宝館 | トップページ | 詳細不明 »

続・秘宝館

こんにちは。

昨日はこの前の日曜日に行われた伊勢屋酒造さんの蔵開きの裏側(?)をご紹介しましたが、今日は表側(?)の紹介です。

蔵開きにいらっしゃったみなさん、これに気付きましたか?

130217_123637_2伊勢屋さんの入り口に置いてある大きな窯。

大泥棒・石川五右衛門はこういうので釜茹でになったのだろうか・・・。

そんな想像をしてちょっと身震いをしました。

昔はこれでお湯をわかして、この上でお米を蒸していたんじゃないか、と、夫が申しております。

この古い釜、ワタクシが横に立つと肩ぐらいまで高さがあるんです。深さ1m30~40cmかな?

だから、近づかないと中が見えない。

で、近づいて中を見てみると・・・

130217_123707今は、メダカと金魚のお家。有効活用されてますね~。

かなり広いお家です。

ここからうちに養子にきたメダカ君もいるんですよ。

この日は朝の冷え込みが厳しかったので薄氷が張っています。

めだかも金魚も冬の間は水底に沈んで浮かんできません。

今年はいつまでも寒いね。

暖かい春が待ち遠しいですね。

そして・・・

130217_123608古い窯の横には、対照的な真新しい杉の木の樽。

この日のために(?)社長さんの奥様が植えた寄せ植えが、見学者のみなさんをお出迎え。

寒い中、健気に花を咲かせています。

ほんと、暖かい春が待ち遠しいですね~。

でも、日本酒造りに冬の寒さは欠かせません。

だから・・・

だからきっと・・・

今年のお酒は美味しいぞ~!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 秘宝館 | トップページ | 詳細不明 »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/56805138

この記事へのトラックバック一覧です: 続・秘宝館:

« 秘宝館 | トップページ | 詳細不明 »