« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

ミイラ取りがミイラになる

こんにちは。

ワンコイン塩麹教室を開催するにあたり、それなりに麹の知識を身につけなければと昨年末、麹のことをいろいろとお勉強をしました。

お勉強といっても麹について疑問に思っていることをネットで調べてみる程度のことですが、知れば知るほど疑問って湧いてくるから不思議です。

インターネットの情報というのもどこの誰が書いているのかよくわからないものもあるし、麹のプロと思える人でも間違った知識を紹介していたりするのですべて鵜呑みにするのは危険。

一時はそれらの情報が頭の中でこんがらがっておりましたが、なんとか塩麹教室の開催までに整理がつき、麹とは何かをそれなりにお話できるようになった・・・つもり。

他人に教えるために始めた麹のお勉強ですが、知れば知るほど麹のすばらしさがわかってきて、今ワタクシはすっかり麹の虜。

「ミイラ取りがミイラになった」とはこういうことを言うのね。

130131_164346この前の中日新聞のサンデー版は麹の特集でした。

ふむふむ、

うんうん、

そうそう、そうだね。

さすが、中日新聞。まるで、柴田屋酒店ワンコイン塩麹教室の授業内容を凝縮させたような記事だね。

なんだか、パクられた気分だ~。

もっと前にこの特集があれば、あんなに苦労してお勉強しなくてもよかったのに・・・。

でも、理科の勉強は嫌いだったけど、自分の生活にこんなふうに役立つと思うと、お勉強も結構楽しいもんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

”その時”

こんにちは。

先週末の朝、外でなにやらガーガーと工事の音がするので、どこでなんの工事が始まったのかと思ったら、

130126_153057_2柴田屋酒店のすぐ横で歩道の電柱を引っこ抜く工事をしていました。

そして、新たに横の駐車場の敷地内に新しい電柱が設置されました。

移設の理由は、多分、通行人の邪魔になるから。

赤いコーンが元の電柱のあった場所です。

駐車場のフェンスと電柱の距離が人が通ろうかどうしようか迷うような微妙な距離。

電柱が立っていた場所はもとはこの駐車場の敷地内だったんです。

県道の拡幅工事のためにその場所が県に買収され、駐車場のフェンスの場所をずらしたために電柱が敷地の外にはじき出され、こんな微妙な距離が生じてしまいました。

130126_100328ちょっと前まで、ここはアスファルトも敷いてなくってところどころ地面がむき出しの無法地帯。

ワタクシはどんなお花畑にしようか楽しみにしていたのに・・・。

砂利や砂が周りのアスファルトの上に散らばって、時々自転車ですべって転んだりする人があるので、この無法地帯に突如行政のメスが入ったということのようです。

ま、仕方ないですね。

新しい電柱が立ってわかったこと。

130126_153124_3ここは”海抜2.5m”。

最悪10mくらいの津波が来るらしいから、”その時”はまず避難です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンフルーツの味

こんにちは。

先日、義父がどこかでドラゴンフルーツをもらってきまして、今日のお昼いただいたんです。

”ドラゴンフルーツ”とはよく名づけたもので、ドラゴンのように細長いわけではありませんが、なんとなくドラゴンの雰囲気が漂っているからたいしたもんだ(?)。

食べたことないけど、どんな味なんだろう・・・。

外観の鮮やかなピンク色からして、いかにも南国のフルーツって感じ。

切ってみるとそのピンク色の皮の果肉と接している部分はもっと鮮やか。それに対して果肉の部分は真っ白。そして、その中に黒い小さなタネが”ごま塩ご飯”のように散りばめられています。

なんてカラフルできれいな果物!

高まる期待。

まず、義父が一口食べました。

「どう?」

「味がない」

「味がないって?」

続いて夫が

「ほんと、味がない」

「味がないって・・・?」

義母とワタクシが同時にパクリ。

「ほんとだ」

「味がない」

おいしいとかまずいとかいうことじゃなくて、”味がない”。

小さなタネのプチプチとした食感は悪くはないけど、特に味はしない。

びみょ~に甘いような気がするけれど、それ以外は、苦くもすっぱくもありません。

多分、季節はずれのメロンがおいしくないみたいに、このドラゴンフルーツも時期じゃないってことなんだと思いますが・・・

ドラゴンフルーツってどういう味がするんでしょうか?

あの見た目のインパクトとのギャップに堪えられない・・・。

130129_152938

やっぱ、冬のみかんはおいしいね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こりゃ、うまい!

130127_132209こんにちは。

昨日のお昼はちょっと素敵な女子会がありまして、とってもゴージャスなフレンチのコースをごちそうになりました。

「うう・・・っ、もうだめ。これ以上は食べられない~っ!」

と、げっぷげっぷ言いながら家に帰りましたが、夜になればあんなに食べたのが嘘のようにお腹がすいてくるのはなぜでしょう?

130110_155012「何食べに行く~?」と、夫は”どんぶり街道”のパンフレットを広げております。

丼っていうと、揚げ物やコッテリした味付けでボリュームのあるのが多いですよね~。

昼に(ワタクシだけ)あんなにご馳走を食べて、夜またガッツリと丼というのはかなりヘヴィ。

どこか近場であっさりとした丼が食べられるお店はあるかな・・・?

おっ!めん処”はないち”さんの”赤羽根しらす丼”。これなら油っけもなくて胃にやさしそう・・・

130127_190446わ~、地元産のしらすがてんこ盛り~!

ミニ丼にしたけど、しらすがてんこ盛り~!

しらす、おいしい~!

かなり掻き分けないと御飯がでてこないよ~!

スーパーなんかじゃ、しらすも結構高いから、家でだってここまで思い切って盛り付けられない・・・。

トッピングされてるのは何の卵かな?

数の子みたいなコリコリ食感と、ふんわりとしたしらすの食感が絶妙。

添えられた大根おろしはゆずの香り?さっぱりしてます。

御飯にはゴマと海苔がまぶしてあって、これまたワタクシ好み。

しょう油をかけてもいいそうですが、しらすの塩気だけで十分イケます。

こりゃ~いい。いいもの見つけた!

ということで、昨日は昼も夜も美味しいものを食べて、グルメな一日でした。

今日からはまた粗食でいこう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワンコイン塩麹教室

130126_155405こんにちは。

最近は”ワンコインランチ”のように”ワンコイン〇〇”というのをよく見かけます。

硬貨一枚(主に500円硬貨)のお手ごろ価格の商品やサービスは庶民の味方なのだ!

そういわれてみれば、これもワンコインだった。

柴田屋酒店の”手づくり塩麹教室”。費用は500円ポッキリの”ワンコイン~”!

受講料はいただきません。

なぜなら講師のワタクシが”タダ働き”をするから。

泣かせるね~。

塩麹の材料(米麹・塩・水)と容器代でほぼ500円。

だから500円を持ってきていただければOKです。

塩麹作りといっても、塩麹は一日でできるものではありません。

教室では仕込みだけしていただいて、それを持って帰って各ご家庭で仕上げていただきます。

「な~んだそれだけ?」と思ったでしょ?でしょ、でしょ?

違うんです。

仕込み作業の前後には、塩麹を作るときの注意点や塩麹を使いこなすコツ、しょう油麹や興味深い麹のお話など、内容は盛りだくさん。

みなさん、麹の世界に洗脳されて帰っていくのよ~。

「自分で塩麹を作ってみたけれど、これでいいの?」

「塩麹っていまひとつ上手く使いこなせない・・・」

そんなアナタの不安をワタクシが拭い去ってあげましょ~。

さあ、怖がらずにいらっしゃ~い!

所要時間は約一時間。

開催日時は参加者がある程度集まったら相談の上決定します。

塩麹作りの経験のある方もない方も歓迎。

グループでのお申し込み、大歓迎です。

お申し込みお問い合わせは

柴田屋酒店(TEL:0531-22ー0826)まで。

※月曜から土曜の10時から17時半の間に承ります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聞こえない何か

こんにちは。

人間よりもはるかに聴覚が発達した犬は、遠くから聞こえる飼い主の運転する車の音で飼い主が帰ってくるのがわかるそうです。

「いつもうちのご主人様はあそこの角を曲がるときにはこんなふうにタイヤの音がして、家の近くでこんなふうにブレーキを踏んで・・・」というようなことをちゃんと覚えているのだそうです。

結婚して柴田屋酒店に来たばかりの頃、義母が「お父さん(義父)のオートバイの音がしたけど」と店の奥から出てきたことがありました。

まさか義母が犬並みの聴力を持っているとは思えませんが・・・。

未知の土地でのなにもかも新しい生活。

店の中のことですら何一つわからなかったワタクシは、外の物音に注意を払うなどということまで気が回らず、それに対してオートバイの音まで聞き分けている義母は、まるで仙人か超能力者のように思えたのでした。

そして10年の歳月が流れ・・・、

130125_155737こうして店のレジの奥でパソコンに向かいながら何度となく自動ドアの開く音を聞いているうちになんとなくわかるようになったんです。

一日のうちで柴田屋酒店に出入りする回数が多いのは義父と夫。

この二人が入ってくるのが、背を向けていてもドアが開く前にわかるんです。

まあ、経験上、外に出て行って帰ってきそうな時間というのがわかって来たというのもあるとは思いますが、どうもそれだけじゃないような気がする・・・。

”気配”とでもいいましょうか?

無意識に”聞こえない何か”を感じ取っているという気が自分ではするのです。

ついにワタクシも”仙人の域”に達したのでしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”月姫サイダー”

130124_160148こんにちは。

甘酒専門カフェ”ゆふ”は柴田屋酒店の一角にあります。

その壁には”月姫サイダー”の古びた看板。

よく甘酒を飲みに来られたお客様に尋ねられます。

「月姫サイダーってなんですか?こういうサイダーが本当にあるんですか?」

柴田屋酒店の土蔵を壊すときに出てきた木製看板の中のひとつ。

レトロチックで店の雰囲気に合うかと思い、甘酒カフェに飾ってみました。

詳しいことはわかりませんが、昔、豊橋の辺りで作っていたサイダーのようです。多分、今はもうありません。もちろん、甘酒カフェのメニューにもありません。

昔は柴田屋酒店でも販売していたのだと思います。

130124_160045「標商録登・・・」

うそうそ。右から読んでくださいね~。

いつの時代かわかりませんが、横書きを右から読む時代ですよ。

丸い月に腰掛けるお姫様マークの”月姫印”の月姫サイダー、登録商標なんですね。

”MARUTA&Co”は社名でしょうね。

ちょっと竹久夢二の美人画風のお姫様。

このマークが当時イケてたかどうかはわかりませんが、今はかなりイケてる。

この看板があるかないかで、店内の雰囲気もかなり違ってきます。

文字通り、甘酒カフェゆふの”看板娘”です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テレビの真実

こんにちは。

ちょっと前に、テレビで「シールは酢を塗るときれいに剥がれる」というのをやっていました。

値札などのシールが上手に剥がせないときは、上から酢を塗り数分置くと酢の酸がシールの接着剤を溶かしてくれて、きれいにシールが剥がせるのだそうです。

ほ~っ!お酢で剥がせる?しかも簡単!

早速やってみました。

130104_133612

うそつき。

紙の部分が酢の水分でふやけて剥がれただけで、接着剤の部分は剥がせなかった。

値札じゃなくて結構丈夫なシールだったからだと思いますが・・・

なんか、損した。

また別の日のテレビで

「セーターの毛玉は食器洗い用のスポンジできれいに取れる」

というのをやっていました。

130121_140853食器洗い用のスポンジの硬い方で毛玉のできたセーターを撫でると、毛玉だけきれいに取れるんですと。

ホントに~?

と半信半疑でやってみると・・・

ホントだ~!きれいに取れる~!

なんでもやってみるもんだね~。

但し、毛玉取り器と違って、取った毛玉や繊維が多少周りに散らばりますので、新聞などを広げた上でやったほうがいいと思います。

あと、あまり高級なお洋服などの場合は、様子を見ながらやってくださいね。

なっか、すっごい得した気分。

って、うちに毛玉取り器はありますけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的な意見ですが・・・

こんにちは。

今年もイチゴ狩りのシーズンがやってきました。

なので・・・

130120_111042今年も行ってきましたイチゴ狩り。

いつも行く田原市内のイチゴ園です。

今年は新しい品種のイチゴでしたが、名前を忘れました。

”〇〇ほのか”と言われた気がしたので後で調べたら”さがほのか”というのにヒットしたので、多分それだと思います。

粒がすっっっごく大きくてジューシーでした

が、

ワタクシ実は、粒の大きいイチゴってあまり好きではない。

いえ、好きではないということ語弊があるかも。イチゴ狩りの場合は好ましくないとでも申しましょうか。

あくまでも個人的な意見なんですが・・・、

130120_111029イチゴ狩りの場合、よく熟したおいしそうなイチゴを自分で選んで食べるわけですが、目で見ただけで味の判断をするというのはなかなか難しい。

食べてみて初めて当たりはずれがわかるわけです。

「おいしそうなイチゴ~!」と思ってとったイチゴがおいしくなかったということも多々あるわけです。

でも、やはりイチゴ狩りのマナーとして自分で吟味して摘んだイチゴは、たとえそれがおいしくなくても責任を持て食べてあげなければいけないと思うわけです。

でも、イチゴばっかりそんなにたくさん食べられるものでもない。

おいしくないイチゴが大きかった場合、それでお腹がいっぱいになり、おいしいイチゴを思う存分食べられなかったとしたら、すっごく損したと思いませんか!?

その被害(?)を少なくするために、「しまった~」と思うイチゴはなるべく小さい方がいい。

つまり、イチゴ狩りのイチゴはなるべく小さな粒の品種のものにして欲しいと思うわけであります。

と、あくまでも個人的な意見ですが

イチゴ園さん、どうかよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の中身

130121_150712こんにちは。

おっ!お年玉つき年賀はがきの当選番号の発表だ~。

どれどれ、1等だと何がもらえるの?

”旅行”

あ、いいね~。どこに連れてってもらえるんだろう?

”ノートパソコン・デジカメ・プリンターのセット”

パソコンは買ったばっかりだけど、デジカメは古いから新しいのが欲しいとこなの。そしてプリンター!今、家のプリンター壊れてるの~。これいいかな~。でもパソコンはいらないな。

”液晶テレビ”

テレビはまだいらない。

”快適家電セット”

ほっほ~。なにがもらえるのかな?なんだか良さげ。

そっかホームページで調べれば、詳しいことが載ってるね。

快適家電セットは、”オーブンレンジ・掃除機・フットマッサージャーのセット”!?

いいじゃ~ん、フットマッサージャー。

ワタクシ足がむくみやすいのよ。いいな~。

でも、オーブンレンジと掃除機は今のところいらないな。

で、最後が

”デジタル一眼カメラ”

こっちもデジカメか~。こっちのが良いカメラってことね。どっちがいいかな?でも安くてもプリンター付きは捨てがたい。

「以上5点の中から1点」か~。

う~ん、迷うな~。どれにしようかな。

って、当たってから考えればいいのか。

その前にまず番号をチェックしましょ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚の饅頭

130119_135058こんにちは。

一昨年の商工会女性部の忘年会のくじ引きで当てた白いシクラメン。

上手く夏を越せたようで、秋に植え替えをしたらたくさん葉っぱが出てきました。

”豚の饅頭”という和名を持ちますが、シクラメンの英名”sow bread”(雌豚のパン:シクラメンの球根が豚の餌になったことから命名)の和訳なのだそうです。

シクラメンというと冬の花というイメージがありますが、原産地は地中海沿岸でお日様が大好きなのだそうです。

だから、日中は日当たりの良い窓辺で、夜は暖房のきいているリビングで大事に育てているんです。

でも、葉っぱばかりが妙にニョキニョキとよく育つ。

これじゃ、葉っぱに栄養がいってしまって、花が育たないんじゃないかしら

と心配していたら・・・

130119_135127おっ!

葉っぱをかき分けてみると、出てる出てる。

白いつぼみがいっぱい!!

早く大きくなって、雪のような白いお花を咲かせておくれ~。

しかし・・・

昨日、大きく育った葉っぱの陰から申し訳なさそうにひょっこりと顔を出したのは・・・

130119_135254ピンクのつぼみ。

あれ~~~~???

よく見てみると、その他の小さなつぼみもほんのりとピンク色。

白だとばっかり思ってたけど、そういえば、白はその前の年にもらったのだったかも・・・。

白を期待されていたから、出るに出られなくなっていたのかな?

ごめん、ごめん。白じゃなきゃいけないわけじゃないのよ。

何色でもいいから、きれいなお花を咲かせておくれ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒再発見

130118_155712こんにちは。

今年も恒例の伊勢屋酒造の蔵開きが2月17日(日)に行われます。

(詳しくはこちら→★)

今年はなんと第10回!

10回目といえばアニバーサリーじゃないですか!?

とっいても、特に記念のなにかがあるわけでもありませんが・・・

酒蔵内の見学の他、お酒の試飲あり、当日限定酒の販売あり、甘酒・豚汁・酒米五平餅の振る舞いありと、今年も賑々しく開催いたしますので、みなさんお誘い合わせの上お越しくださ~い!

時間は午前10時から正午までですが、甘酒・豚汁・五平餅はなくなり次第終了となりますので、お早めにお越しください。

もちろん、ワタクシも炊き出し班で参加します!

てなことを言っておりましたら、こっちも蔵開きだ~。

130118_155749去年もあったから、今年は第2回目なのかな?

”三河の酒紀行”

名鉄電車さんの主催のウォーキング&蔵見学イベントです。

(詳しくは名鉄さんのホームページでどうぞ)

去年はワタクシも福井酒造さんの回に参加したけれど、今年は土曜日だから行けないな・・・。

でも、伊勢屋さんのとかぶらなくてよかったです。

「百聞は一見にしかず」といいますが、こういったイベントで酒造りの現場を見てもらうことでまた新たなお酒の楽しみ方を見つけてもらうことができるのではないでしょうか?

蔵見学で日本酒再発見!?

たくさんのご参加お待ちしております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗅覚

こんにちは。

五年前の今頃は家と店の建て替えで大わらわでした。

住み慣れた我が家を離れ、店も自宅も仮住まいという不自由な生活を送っていました。

特に自宅は築50年程の空き家に少々手を加えて仮住まいとしておりまして、なんともスリリングな毎日でした。

長い間空き家で密閉された空間だったせいか、その古い家は独特の臭いがありまして、その臭いがワタクシにはとても不快でした。

見たくなければ見なければいい。聞きたくなければ耳をふさげばいい。

でも、嗅ぎたくなくて息を止めたら・・・・・・

死んでしまいます。

早く新居が完成してそこから脱出する日を指折り数えておりました。

丁度その頃、生け花を習い始めました。

「なんでもいいから、うちにある花瓶を持ってらっしゃい」

事前に先生に言われ最初のお稽古に持っていったのは、ちょっと前に陶器市で買った安い花瓶。

もちろんまだ花を上手く生けられるはずなどなく、先生の生けるのを見ているだけ。

その時、先生が手際よくその花瓶に生けてくださった花が数本の”ストック”でした。

130117_152041家に持って帰り、玄関の下駄箱の上に同じように生けてみますが、先生のようには上手くいきません。

それでもモノクロ感漂う古い家の中に色鮮やかに咲き誇るストックの花は、まさに”掃き溜めに鶴”。

薄暗い家の中がパーっと明るくなるのを感じました。

そして、ストックの甘い香りが辺りに拡がり、長い間ワタクシの鼻についていたあのいやな臭いを一瞬にして忘れさせてくれたのでした。

「嗅覚というのは、五感の中でも人の精神の状態を左右する非常に重要な感覚である」  byぴーちゃん

”ストック”の名前の由来は、長くまっすぐに伸びた茎がスキーのストックに似ているからだと、一昨日のNHKのお昼の番組で言っていました。 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤味噌LOVE

130116_164417こんにちは。

赤味噌大好きな愛知県人。

赤味噌料理の代表といえば、”味噌煮込み”と”どて煮”。

どっちもおいしい。

赤味噌、最高~っ!!

先日、夕食に味噌煮込みうどんを作るため、鶏肉を買いにお肉屋さんに行きました。

「今晩(のおかず)、何?」と聞かれるので

「味噌煮込み」と答えました。

すると、「何を煮込むの?」

(何を煮込むって・・・、うどんに決まってるじゃん)

「”煮味噌(にみそ)”みたいなもの?」

ワタクシが”煮味噌”なる料理を知ったのは田原に来てから。

この地方の郷土料理なのでしょうか?

義母が作ってくれたものしか知りませんが、いろんな野菜などを赤味噌で煮込んだものでおいしいです。

が、この”煮味噌”というネーミング、ワタクシはどうも納得がいかない。

それをいうなら”味噌煮”じゃないの?

それはさておき、

「ううん、うどん。味噌煮込みうどん」と答えると

「味噌煮込みうどんって何入れるの?白菜に~、人参に~大根に~・・・」

(ぎょえっ!違う違う!味噌煮込みに人参や大根は入れないでしょ~)

「ううん、白菜は入れるけど、あとはネギとしいたけとあげくらいかな?」

「ふ~ん」

(同じ赤味噌文化圏に住んでいながら、なぜ味噌煮込みうどんを知らないの?

あの赤味噌の濃い~い味こそが太くて淡白なうどんの味にぴったりなのに。

このおいしさを知らないとは、なんと気の毒な・・・)

夫は、初めてワタクシが味噌煮込みうどんを食卓に出したときはたいそう驚いたそうです。

でも、尾張地方では多分、普通に頻繁に食卓に上がります。

そして、我が家の場合どて煮も普通に食卓に上がります。

やっぱり、赤味噌最高~っ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大は小を兼ねない

130115_155720こんにちは。

甘酒カフェ”ゆふ”のテーブルの上には、いつも小さな一輪挿しの花を飾ることにしています。

それらのお花は我が家の庭で調達してくるか、生け花で使った花の残り。

この白い小菊も我が家で咲いていた菊の最後の一輪です。

冬は花が少なくなるのですが、毎年秋にパンジーの苗をたくさんもらうので、冬場はパンジーが飾られることが多いです。

130115_153300去年の秋にもらったパンジー、とても良い苗だったみたいで、とっても大きな花が咲きます。

赤、黄色、紫、オレンジといろんな色のをもらいました。

これから暖かくなってくると、もっと育ってたくさんの花を咲かせることでしょう。

楽しみ。

でもこのパンジー、花が大きすぎてあの小さな一輪挿しにいけるにはちょっと不向き。

お正月で生け花のお稽古もお休みだったので、一輪挿しにいける適当な花がありません。

ええいっ、仕方ない。

「大は小を兼ねる」ということであのパンジーにご登場いただくとしよう。

って・・・

130115_155739でかっ!

やっぱり思ったとおりにでかっ!!

すごい自己主張の強い一輪挿し。

”一輪”の意味ないし・・・。

今年の秋は、どんなにたくさんパンジーの苗をもらったとしても、一輪挿し用に小さな花の咲くビオラの苗を買うことにしよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動を再び

こんにちは。

昨秋、結婚披露宴によばれて松本へ楽しい一人旅に行ったお話は以前書きましたが、

その時、松本で新婦に色々とお世話になりまして、帰ってきてから「これは、なにかお礼をしなければいけない・・・」と考えまして、

「そうだ!披露宴で写した写真でオリジナルラベルを作って日本酒を贈ろう」と思いつきました。

が、

この秋はなぜだかとってもハードスケジュールで疲れがたまっておりまして、

こういう”創作活動”はやはり心にゆとりがあるときでないとできないという面倒くさい性分のワタクシ、

このお正月にやっと仕上げました。

Photo_2ほっ、ほっ、ほっ!

どお、ど~お~?

自分ではそれなりに満足しておりますのよ。

うん、いいね~。

あの感動がよみがえるね。

新婦、とってもきれいよ~。

と、いつまでも眺めていたかったのですが、そういうわけにもいかないので、眺めるのはそこそこにして新婦に送りました。

芸術家が自分の作品を手放すときって、こんな感じなのかな。(大きく出た~)

受け取った新婦も大変喜んでくれまして、

ま、「うれしくない」とは言えないとは思いますが、

多分、本当にとても喜んでくれていたと思います。

新郎、とっても日本酒好きと伺っております。

もうお二人で飲んでくれたかな?

二本のうち一本はすぐ飲んで、もう一本は五年後か十年後の結婚記念日までとっておいたらどうかと提案してみました。

「とりあえず、五年後を目指す」とこのと。

新郎、それまで飲まずに我慢できるかが問題ですが・・・。

とにかく、末永くお幸せに!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかって欲しい

130112_114647こんにちは。

店の入り口の甘酒の黒板を書き替えました。

そういえば、秋から書き替えてなかった・・・。

今回はですね、どういうところに工夫を凝らしたかというと、「温まっていってください」という部分です。

時々、うちの店に甘酒を買いにいらっしゃる方があるんです。

けれども、うちはあくまでも甘酒カフェでして、ここで飲んでいっていただくのみなんです。

甘酒カフェ”ゆふ”の甘酒は”店外不出”。

雨が降ろうと槍が降ろうと、ここでしか飲めないのだっ!!

(今のところね。将来的には何かの事情で気が変わるかも知れない)

130112_114629だから、ほら、どこにも甘酒を販売しているとは書いてないでしょ?

”御休み処”の旗だって出てるし。

でも、甘酒を買いにいらっしゃる方にその旨をお話しするとがっかりされるんです。

お店に入ってきてもらえるのはうれしいのだけえど、がっかりされるのも申し訳ないので、なんとか事前にそれがわかってもらえないかな~と、今回はこういうものにしてみました。

「ここで、温まっていってください!」というわけです。

と、こんなに力んでみても、多分、甘酒を買いに来る人は今後もいるだろうな~。

間違って来ちゃった人、ごめんなさいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お尻が・・・

130111_142802こんにちは。

最近のトイレ(便器)、いろいろと機能的になっておりますね。

柴田屋酒店のおトイレは便座と便器が一体化していて、人の動きを感知して用を足した後、自動で水が流れるようになっております。

希望してそういうトイレを設置したわけではなく、設計士さんが良かれと思ってそういうのを指定してくださったものです。

方や自宅のトイレ、こちらはいろいろ事情がありまして便座は後付け。だから水を流すのは手動。

その代わりといってはなんですが、便座の前に立つとふたが自動で開きます。

建て替えた最初の頃は、この二つが混同して、店のトイレでじっとふたが開くのを待っていたり、自宅のトイレで流さずに出てきそうになったりしておりました。

最近はすっかり慣れてそんなこともなくなりました。

ところが今日、店のトイレに入りましたら、普段は開いている便器のふたがたまたま閉じていたんです。

ふたが閉じている便器の前に立つと、ワタクシ、条件反射で便器に背を向けるんですね。

それが自宅のトイレならば、そのまま腰を下ろせば自動でふたが開いて、温かい便座がワタクシのお尻を受け止めてくれるわけです。

だから、何の疑いもなくそのまま腰を下ろしました。

「ひゃ~~~~っ!冷た~~~い!!」

冷え冷えの便座の上にお尻を着けて、一瞬にしてお尻中の熱を奪われてしまいました。

ただ冷たいものの上に座ったということだけじゃなく、当然そこは温かいものと思い込んで座ったことによる現実とのギャップの大きさが非常に衝撃的で・・・

なんだか、便利すぎる世の中の落とし穴にはまったような気になりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”どんぶり太郎”

130110_155012こんにちは。

今、見ていて思わず生唾ゴックンしてしまいました。

壮観だな~。

今年の”渥美半島どんぶり街道”は43店舗が参加しているようです。

渥美半島の食材を使った各店自慢のどんぶりが43種類ということです。

渥美半島の食材と言ってもお肉あり、魚介類あり、野菜あり・・・。

田原って本当に食材には恵まれてますよね。

それに和洋中、あっ!カレーもある。すごいバリエーションだ~。

みんなおいしそう。見てて飽きないですね、これは。

うう・・・、生唾が止まらない・・・。

でもワタクシ、地元に住んでいながらあまりどんぶり街道のお店に行かないんですよ。

でも、なんか今年はみょ~にそそられる。

食べに行っちゃおうかな~。

130110_155142そして、みょ~に気になるこの”ゆるキャラ”はナニ?

今までありましたっけ?

この流れで行くと、そのうちこのゆるキャラの名前の募集が始まるのでしょうか?

そうだな~・・・

”どんぶり太郎”

おそまつ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隙間風の進入を阻止せよ!

こんにちは。

新しい家はバリアフリーで、どこまで行ってもフラット。

それはいいのだけれど、そうするとどうしてもこうなるらしい。

130108_204223_2


ドアの下に隙間が・・・。

まあ、完璧に密閉された部屋というのもなんだか怖いけれど、冬の寒い時期はお部屋を暖めても廊下の冷気がドアの下の隙間から入ってきて、足下がスースーするんですよね。

で、この隙間に新聞のチラシを詰め込んでみたりして・・・。

でも、それだと人が出入りするたびにずれるし、ビジュアル的にかなりイケてない。

なんとか良い対策方法はないものか・・・。

そうだ!

130108_204916

じゃじゃ~ん!

どう?

古いタオルを縦にクルクルと巻いて、数箇所を紐で留めてみました。

紐を可愛くリボン結びにしてみたかったけれど、ちょっと長さが足りませんでした。

ドアの下に当ててみると~

130108_204946なんとジャストサイズ!!

完璧だね。

まあ、ビジュアル的にイケてるかどうかは置いとくとして、新聞のチラシを突っ込むよりはかなりグレードアップ。

これでこの冬はちょっと暖かく過ごせそう。節電にもなります。

みなさんも、どうぞお試しを!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒で酔う?

こんにちは。

昨晩、ワタクシのいとこからメールが来まして、その内容というのが・・・

130108_154631「甘酒がどうしても飲みたくなって、さっき買ってきた酒粕でいつも通りの甘酒を作って飲みました。

すぐにマグカップ1杯を飲んだのだけれど、普通にお酒を飲んで酔った時みたいに顔が赤くなり、脈がドクンドクン、目玉も真っ赤。

今まで甘酒や粕汁を飲んでもなんともなかったのに、今日はどうして酔っ払い状態になったのでしょうか?

火にかけたからアルコール分は飛んでると思ったのにどうして?

教えてくださ~い!」

「今日はどうして?」って・・・

知らんがな、そんなこと。

う~ん、彼女はお酒にそんなに強いわけではないけれど、全然飲めないわけでもない。

スーパーなどで売られている板状の酒粕には7~8%のアルコール分が含まれているようです。

それをどれくらいに薄めたのかはわかりませんが、何倍かの水に溶かした時点で、アルコール分は1~2%?

更にそれを加熱します。

アルコールは沸点が約80℃。

沸点が100℃の水よりも低いので、火にかけて水がぶくぶくと煮立つよりも先にアルコールは気化して甘酒から抜けていきます。

これも何分火にかけたのかはわかりませんが、多分、甘酒のアルコール度数は1%未満になっているものと思われます。

これを1リットルも2リットルも飲んだっていうのならそれなりのアルコールの摂取量になるかもしれないけど、マグカップ1杯でしょ~。

法律で定められているアルコール飲料というのは、アルコール度数が1%以上のもの。

十分に加熱されてアルコール度数が1%未満であれば酒粕の甘酒はアルコール飲料ではありません。

それにほら、お料理にだって日本酒やワイン入れるでしょ?

でも、酔っ払う人いないでしょ?

「甘酒に酔ったんじゃないんじゃない?」と返事を返すと

「そういえば、甘酒を作る前に酒粕を食べて味見してた。それが効いたのかも・・・」とのこと。

なぜ、甘酒を作る前に酒粕の味見が必要だったのか・・・?

「だって、おいしいんだもん」

あ~あ、そうえば、ワタクシもいつも甘酒を作るときは酒粕の”味見”をします。

だって、おいしいんだも~ん!

「次回作る時は、味見を控えてみま~す!」

って、やっぱり味見はするわけね。

ほどほどにどうぞ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待

こんにちは。

しばらく最高気温が5℃、6℃という日が続いたので、今日は随分と暖かく感じます。

いつもは寒さのため外から帰ってくると家の中に駆け込んでいましたが、久しぶりに家の前でキョロキョロと近所を眺める余裕も。

すると、見慣れぬものが・・・。

去年取り壊して今は空き地となったご近所の敷地の隅に草が生えているように見えます。

どうもあの雰囲気からいくと”あれ”ではないかしら?

いつの間にあんなに育って?

どれどれ、見に行ってみよう。

130107_145441おお~っ!やっぱり菜の花だ~。

蕾が結構育ってる。

しかも、なんだか茎が太くて、葉っぱも大きくて、まだまだ育ちそう。

地植えだから、栄養はバッチリなのね。

密かに”ひとり菜の花プロジェクト”を決行しているワタクシですが、ここタネを蒔いた記憶はありません。

(他に蒔いた記憶はあるけどね。よその土地に)

ってことは、多分、この菜の花は去年のうちの菜の花のタネが飛んでいって芽を出したと考えられます。

ふっふっふっ・・・、いい傾向だ~。

こうして菜の花がドンドン増えて、町中が菜の花畑になればいいのにね。

おもいっきり春を感じた一日なのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えた年賀状

こんにちは。

今朝、ワタクシの姉から電話がありまして・・・

「今年年賀状、送ってくれてるよね~?」

「うん、送ったよ」

「まだ来てない」

「うそっ!?25日に出したから、元日に届くはずだけど」

「それがさ~、ほら、よく年賀状の配達のアルバイトがちゃんと配らないでどこかに捨てちゃったとかってのがあるじゃん。

今年この辺でのそういうことがあったって、郵便局の人が謝りに来たの。

で、そういえば、ぴーちゃんとこから今年来てないねって話になってさ」

130105_155034あらま!

ほとんどの年賀状の配達をする人は、アルバイトであるなしにかかわらず、お正月の寒い中、真面目に配達をしてくださっているんだと思いますが、そういう残念な話も時々聞きますね~。

そういわれると、今年は姉のところからの年賀状もうちに届いていません。

アノ人は大体いつも出すのが遅いから元日には届かないけれど、4日や5日には届いていていいはず。

「そういえば、うちにもお宅から来てないよ」

「あ~あ、それはね、

まだ出してないから」

”まだ出してない”って、今日の時点で出さなくていつ出すつもりやねん。

「来たら出そうと思ってたの。ほら、ワタシ、年末は忙しいでしょ?」

「ワタクシだって年末は忙しい!けど、出したよ」

「だから~、来たら出そうと思ってたのに来ないから、どうしたのかな~と思って」

だったら、来る前にだせよ。毎年来ることわかってんだから。

兄弟姉妹っていうのは、大体性格は正反対ですよね。うちはその典型。

まったく、年が変わってもアノ人の性格だけは変わらないらしい・・・。

それはさておき、

以前、ワタクシも必ず年賀状をくれる友達から来なかったので、その友達に確認したところ出していると言われました。

郵便局にそう言ってみましたが、あちらとしても対処のしようがないようで、結局わからず仕舞い。

こういう場合は諦めるしかないようです。

でも、折角の年賀状、あの人にどうしても見てほしいからまた出しなおそう!という方、

大丈夫ですよ~。

年賀はがきの販売期間は1月11日(金)まで。

もちろん、柴田屋酒店でも販売していま~す!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”お気に入り”はどこに?

130104_155405こんにちは。

去年、自宅のパソコンを買い換えました。

新しいのは画面も大きいし、電源を入れればすぐに立ち上がるし、音も静か。

前に使っていた古~いのと比べるとかなりのグレードアップです。

ところが、ちょっと前に我が家に”iPad”がやってきまして

最初はああだこうだ言っていましたが、やっぱりあると便利なわけで、ちょっとした調べ物というとこっちを使っちゃうのであります。

文明の利器は偉大だ~!

暮れも押し迫った先月30日。

そろそろおせちの準備にとりかかろうと、食材を取り出したしたその時。

あっちゃ~。しまった~!

ワタクシがおせち料理を作るときにいつも参考にしているお料理のサイトのレシピがあるんですが、それが前のパソコンの”お気に入り”に入っていたことを思い出しました。

えーーーーっ!この忙しい時に・・・。

なんていうサイトだったっけな~?

何年も前に適当に検索してて見つけたサイトだし、年に一度しか見ないので、どんな名前のサイトだったか覚えていません。

こうなると文明の利器も無力に等しい・・・。

「急を要する!」と夫を急き立て、物置で埃をかぶりかけていた古いパソコンにもう一度お目覚めいただくこととなりました。

古いパソコン、まだ捨ててなくてよかった。

お蔭で、なんとか我が家のおせち料理も新年に間に合いました。

ちょっと前の文明の利器も、結構偉大だったんだ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいくて、かわいくて

130102_162047こんにちは。

先月行われたまちの寺子屋の”手づくり塩麹教室”

あの時に仕込んだ塩麹、そろそろ食べ頃になってきているはず。

参加者のみなさんには「よかったら出来上がった塩麹を見せに来てくださいね~」とお願いしておいたのですが、どうかしら?みんな上手くできたからしら?

そしたら、先月末にひとり見せに来てくださった方がありました。

といっても・・・

「なんかドロドロになっちゃって、失敗しちゃったみたいなんですぅ」

容器の中を覗き込んでみましたが、ワタクシが作る塩麹と同じように見えます。

「あ、そんなことないですよ。こういうものですよ」

指で少しつまむとお米の粒は簡単に潰れて芯も残っていません。なめてみても変な味はしない。おいしい塩麹の味です。

「大丈夫ですよ。ちゃんとできてますよ」

「あ~、よかった~。最初にここで仕込んだときと全然違った感じになっちゃったから」

塩麹というものを見たことがなかったんですね。ははは。

「もう、この塩麹がかわいくてかわいくて、一日一回って言われたけど、二回も三回もかき混ぜてるんです」

おおっ!そこまで入れ込んでいるとは。

「大丈夫です。混ぜれば混ぜるほど甘みが増すっていいますから。でも、雑菌が入らないように、清潔なスプーンでかき混ぜてくださいね」

きっと愛情いっぱいの美味しいし塩麹ができあがること間違いなし!?

楽しみですね。

今後も時々このような塩麹教室を開催できたらと考えておりますので、お気軽にお問い合わせください。(※グループでのお申し込み歓迎)

☆お問い合わせ先:柴田屋酒店 TEL0531ー22-0826

☆お問い合わせ時間:日曜を除く10時~17時 (←営業時間とは異なります)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤川宿

新年明けましておめでとうございます。

昨日の元日、みなさまはどのようにお過ごしだったでしょうか?

お正月って行くところがないんですよね。どこ行っても混んでるし。

「寝正月にするか~」と言ってみても、うちの場合お正月休みは元日の一日だけ。

家でゴロゴロと過ごしたところで一日限り。ゴロゴロしている日曜日にと変わらないわけであります。

どこか近場でいいところはないものかしら?

そうだ!先月岡崎にオープンした道の駅”藤川宿”に行ってみよ~。

130101_130152って、みんな思ったのね。

ここもやっぱり混んでるし・・・。

軽食コーナーでは、この地域で栽培される”むらさき麦”を使った”むらさき麦とろ御飯”っていうのが食べられるということだったので行ってみたのですが、入り口にはすでに行列が・・・。

そんなに待たずに中に入ることはできたけれど、お目当てのむらさき麦とろ御飯は限定26食。すでに完売。

130101_131940仕方ないので”むらさき麦カレー”を注文。

ご飯にむらさき麦が混ざっているのかと思ったら、カレールーのほうにむらさき麦の粉が使われているみたいで、

いたって普通においしい”食堂のカレー”でした。

食後は大好きな産直コーナーへ。

家の冷蔵庫には入りきらないほどもらい物の野菜があるのに、なぜかどうしても来てしまう主婦の哀しい性。

ま、今日のところは野菜は買わずに見るだけとしておこう。

130102_095327その代わり、岡崎の八丁味噌の老舗”カクキュー”の金山時味噌をゲット。

良さげだ~。

麹博士を目指すワタクシ、今年はぜひ金山時味噌作りにチャレンジしてみたいと思っているのです。

一年の計は元旦にあり。

とりあえずこれを買ってお勉強するのだ(?)。

ということで、それなりに幸先の良い一年のスタートとなった・・・ような気がする?

こんなワタクシですが本年もよろしくお願いいたします。

で、最後にお知らせです。

”甘酒カフェゆふ”は明日1月3日(木)はお休みをさせていただきます。

柴田屋酒店は通常営業しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »