« 名人への道 | トップページ | 本場のかす汁 »

佐川男子

こんにちは。

小・中学校の同学年でツヨシ君という男の子がいました。

背の順で並ぶといつも前から3番以内に入る小柄な男の子でした。

勉強でもスポーツでも特に目立つこともなく、かといって何か問題を起こすようなこともなく、女子に人気があるわけでもないいたって普通の男の子でした。

ワタクシに残っている唯一の彼の印象は

”ちっちゃな男の子”。

社会人になったある時、会社のビルの裏の通りを歩いていて路上に駐車してある一台の佐川急便のトラックに目がとまりました。

トラックの後ろに書いてあるドライバーの名前、ツヨシ君のフルネームだったからです。

きっと同姓同名だろう。

そんなに珍しい名前でもない。

それに、あんなに小さなツヨシ君が宅配便のドライバーなんてキツイ仕事を選ぶはずがない。

しかし・・・

運転席から飛び降りて荷台の扉を開け、大きな荷物を台車に乗せ、きびきびと運ぶその横顔はまさしくあの”ツヨシ君”でした。

腕も肩もがっしりとした筋肉質なその体型は肉体労働者そのもので、子供のころのちっちゃなツヨシ君とは結びつきません。

”佐川男子”なんて言葉がまだない時代のことですが、ツヨシ君は立派な”佐川男子”に変身していました。

中学を卒業してから彼がどんな人生を歩んできたのかはまったく知りませんが、そっか、ツヨシ君は社会に出てこんな大人になったんだ。

意外でした。

121115_153114柴田屋酒店でお預かりするお荷物は、残念ながらゆうパック。

でも、こちらも”ゆうパック男子”が責任を持って運んでくれます。

あ、どっちかっていうと”ゆうパック女子”の方が多いかな?

女性の社会進出もめざましいものがあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 名人への道 | トップページ | 本場のかす汁 »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/56119123

この記事へのトラックバック一覧です: 佐川男子:

« 名人への道 | トップページ | 本場のかす汁 »