« 収穫 | トップページ | 特急しなの »

珍名

121005_155830こんにちは。

昨日新しく入荷した焼酎、”亀寿の明かり”。

”キジュ ノ アカリ”?

最近の焼酎は凝った名前を付けます。

”大河の一滴”・・・タイガノイッテキ

”静寂の時”・・・セイジャクノトキ

”魔界への誘い”・・・マカイヘノイザナイ

etc・・・

大体、こういう凝った名前の場合、ラベルの隅っこにふりがながふってあったり、ローマ字で表記してあったりするものです。

でも、この”亀寿の明り”はどこにもそれらが見当たりません。

商品名の右側に添えられたキャッチコピーの漢字やラベルの裏貼りの酒蔵の名前にまでふりがながふってあるのにです。

121005_155850蔵元の”有限会社 佐多宗二商店(さたそうじしょうてん)”のホームページを見てみましたが、”亀寿の明り”は出ていませんでした。

なんとまあ、売る気がないのかしら・・・?

酒屋が自分のところの商品の読み方がわからないんじゃ恥ずかしい。これはなんとか調べなければっ。

そうだ、”亀寿”で検索したら何か手掛かりが見つかるかもしれない。

その結果、

多分、”カメジュ”。

戦国時代、波乱の人生を生きた島津家のお姫様の名前のようです。

それなら鹿児島とのゆかりもあるだろうし、焼酎の名前になるのも納得できます。

そういえば、”天璋院篤姫”っていう焼酎もありました。

じゃあ、そのうち亀寿さんも大河ドラマの主役かな?

そうなったらこの焼酎も売れるな。

と、ふりがながないばかりに、ここまで話が広がる・・・。

これって、佐多宗二商店の”ふりがなふらない作戦”にまんまと乗せられたってことでしょうか?

なかなかやるな~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 収穫 | トップページ | 特急しなの »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/55818859

この記事へのトラックバック一覧です: 珍名:

« 収穫 | トップページ | 特急しなの »