« 秋は麹の季節 | トップページ | ”とある国”のお話 »

酒蔵の仕込み水の甘酒

こんにちは。

酒蔵というのはみんな、蔵の敷地内やその近くの地下水や湧き水などを使ってお酒を仕込みます。

それらを”仕込み水”と言います。

水源によって当然水の成分や味が違うので、同じお米、同じ酵母、同じ麹を使って仕込んでも、お水によってお酒の味は変わります。

それがその蔵の個性にもなります。

だから、仕込み水を飲むと、なんとなくその蔵のお酒の雰囲気が漂っているのがわかります。

ちなみに、

「天然水仕込み!」などというのを宣伝文句にしている某酒類のテレビCMに対し、夫はいつも「水道水仕込みがあるのかっ!」と突っ込みを入れています。

120920_100933_2それはさておき、

実はこの前の試飲会の時に、福井酒造さんは自分のところの仕込み水を持ってきていて、そのお水で水割りを作っていたんです。

きめ細かなサービスですね~。

で、その時に残った仕込み水を置いていってくれたんです。

好きに使っていい、と。

う~む、この貴重な仕込み水、何に使いましょう。

120920_101124お酒だけじゃなくてその他の飲み物も、もちろんお料理だっておいしいお水で作ればおいしいですよね。

う~む、何に使おう・・・。

ポク、ポク、ポク・・・・・・チ~ン!

そうだ!甘酒に使お~う!!

そんなわけで非常に短期間ではありますが、本日より”甘酒カフェ ゆふ”の酒粕の甘酒は福井酒造さんの仕込み水を使用しておりま~す。

超レアなので、お飲み逃しなく!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 秋は麹の季節 | トップページ | ”とある国”のお話 »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒蔵の仕込み水の甘酒:

« 秋は麹の季節 | トップページ | ”とある国”のお話 »