« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

花盗人

120929_113105やあ、みんな!ミッキーだよ!

え~っ!ミッキーに見えないって?

そうなんだよ。ボクはこんなに頑張っているのに案外存在に気づいてもらえないんだ。

どうしてもミッキーだと確認したい人はココ から見てみて。

それが面倒な人は~

普通の花壇だと思ってっ!ホホッ!

さて、今日はひさしぶりにこの花壇にぴーちゃんがやってきたんだ。

それも水の入ったバケツとはさみを持って。

そして、少し辺りをキョロキョロと見回して人の気配を確認した後、花壇に入ってきてガーベラの花をチョキチョキ!

120929_113838

「ぴーちゃん、何するんだよ。せっかくきれい咲いてるじゃないか!」

「大丈夫、”花盗人”っていうのは昔から罪にはならないんだ」

「え~!それは昔のお話。花壇の花を勝手に持っていったら”窃盗”だよ。さっきキョロキョロと人目を気にしながら入ってきじゃないか。あやしいぞ~」

「いや~、そりゃ一応人目は気にするけどね。やっぱこういうのはコソコソしないで堂々とやったほうがいいね。ほら、ワタクシ、賑わい委員。この花壇の関係者。関係者以外は立ち入り禁止。関係者は立ち入りOKなの」

「え~っ、勝手な事言ってる。でも、花はみんなのもの。持っていっちゃダメだよ~」

「うん、でもね、今日の午後、この花は全部引っこ抜かれちゃうんだよ。だからきれいに咲いてる今のうちに切っちゃおうと思ってね」

「うそっ!なんで抜いちゃうの?ボクはどうなるの?」

「心配しなくても大丈夫。今度は冬の花を植えるの。ミッキーはそのまま居てくれていいんだよ」

「あ~、よかった~。それにしてもぴーちゃん、欲張ってたくさん切ったね」

120929_120233「欲張っては余計よ。持って帰ってお店に飾ろうと思って」

「そっか~。じゃあ、そのガーベラたちは柴田屋酒店で第二の人生を送るんだね。寂しいけど、柴田屋酒店でもみんなに喜んでもらってね」

かくして、ミッキー花壇の花たちは柴田屋酒店で幸せな余生を過ごすのでした。

めでたし、めでたし。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年の差婚

こんにちは。

今日、とある取引先の営業の方がその上司と思われる年配の男性を連れて来店されました。

要件を済ませたところで、その上司と思われる男性が切りだしました。

「あの~、仕事のことではないのですが~、こちらは柴田〇〇(義父の名前)さんのお宅ですか?」

「はい、そうです」

「失礼ですが~、〇〇さんの奥様ですか?」

そりゃ全く失礼だよ。

ここにいるのが義父の妻だとしたら、その女性は普通に考えて60歳~70歳前半。

どう考えてもワタクシは60過ぎには見えないでしょう。

「いえ、〇〇は父です」

「あ~、〇〇さんの娘さんですか?」

「いえ、嫁です」

「というと~、〇〇さんの息子さんの?・・・お嫁さん?」

に決まってるじゃん。ワタクシは義父の嫁で妻でもないんだってばっ。

義父の年から考えればわかるでしょっ!

あ、そうか。この人は義父のことを知らないんだ。だったら年齢もわからないもんね。

「それで~、〇〇さんはいらっしゃいますか?」

なんですと?だったら最初からワタクシと義父との間柄を確認する必要ないじゃん。

よくわからないけど店の奥にいた義父を呼びました。

顔を合わせたふたりは・・・

「お~、なんだん!」、「ひさしぶり~!」

知り合いかいっ!

ってことはなに?この男性は義父の年を知らなくて、義父は実年齢よりもかなり若いと思われてるってこと?

更に二人の話に耳を傾けていると・・・

どうやら同級生らしい。

って、同い年じゃん!めちゃめちゃ年知ってるじゃん!

120928_154716_2多分、この男性の頭の中にはバリバリと仕事をしていた若かりし頃の義父がまだいて、柴田屋酒店に行けば義父かその妻が店にいると思いこんでいたんでしょうね。

自分の年齢など棚にあげて。

それとも・・・

今流行りの”年の差婚”をしたとでも思ったのかしら?

世の男性に告ぐ。

年の差婚はそんな高確率で発生しません。

ごくごくごくごく稀なことです。

ただちに甘い夢から目を覚ましなさ~い!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あきらめない

120927_153006こんにちは。

”バーベナ”という種類だと思いますがサントリーで開発された”花手毬(はなてまり)”という品種です。

田原に来る前から小さなプランター三つで育てていて、ワタクシのお嫁入り道具の一つとして田原にやってきた名古屋育ちの花手毬です。

三つのプランターの花の色の内訳は、真っ赤なのが二つとワイン色が一つ。

とても繁殖力の強い花で、地面を這うように伸びていってあちこちで根を生やしながら増えていきます。

鉢植えの場合はそうもいかないので、ちょっと伸びてきたら切り戻してやるとこんもりときれいに花が咲きます。

春から秋にかけて咲くということですが、うっかりすると(?)冬も咲いていることがあります。

120927_152935この花手毬のワイン色のが少し前に急に枯れ始めました。

やられた・・・。

ちょっとひっぱってみると、簡単に土から剥がれてきます。

土の中で植物の根を食い荒らすコガネムシの幼虫に違いありません。

ワタクシの天敵、憎きコガネムシ!!

これまでにも何度も被害を受けましたが、掘り起こしたり殺虫剤を撒いたりして窮地を切り抜けてきました。

でも今回はかなり深刻な状態。

とりあえず殺虫剤は降りかけましたが、緑色だった葉っぱは日に日に色あせ、完全に枯れてしまうのも時間の問題。

あ~あ、十数年大事に育ててきたのに、ついにお別れか。グスン・・・。

それでも、僅かに残った小さな緑色の葉っぱに一縷の望みをかけて毎日水をあげておりましたら・・・。

120927_153027イヤッホ~イ!!!

小さかった緑色の葉っぱが少し大きくなり、枚数も増えています。

葉っぱが育っているということは、根っこも育っているということ。

コガネムシの幼虫の攻撃からなんとか逃げ切ったということです。

見事復活!奇跡の復活!よく頑張った~!

何事も最後まで諦めちゃいけないってことですね。

とっても元気がもらえました。ありがとう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わらない物

120926_150855こんにちは。

夜中にふと昔の写真が見たくなることってないですか?

ワタクシはあります。

デジタルカメラが普及して、アルバムに貼る写真の枚数もずいぶん減ってはきましたが、こんな気分の時に眺めるのは、”パソコンのデータ”ではなく”アルバムの写真”。

膝にずっしりとくるこの重さこそが、積み重ねた人生の重さなのだ!

さて、夜中ではないのですが、昔のことでちょっと確認したいことがありまして、さっき何冊かアルバムを引っ張り出して眺めておりました。

2、3冊ペラペラとめくってお目当ての写真を見つけ出し、時間もないので早くかたづけようとアルバムを閉じた時、

ん?

少し違和感を感じました。

ま、まさか・・・

閉じたアルバムをもう一度広げると

120926_151104あ~~~れ~~~~!

写真が逆さまだ~~~!

20年以上前のアルバム、最後のページから総て前後逆、上下逆さまに写真が貼ってあります。

いや~、20年経っても変わらないな~ワタクシ。

見た目じゃなくて、やることが。

しかも20年以上それに気づいていない・・・・・・。

まったく進歩なしかいっ!

いや、今それに気づいたってことは、多少は進歩しているってこと?

と、いうことにしておこう。

少年老イ易ク学成リ難シ

光陰矢ノ如シ

昔の人はいい事を言う。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常に大事なこと

120925_161759こんにちは。

最近高速道路のサービスエリアのトイレを利用した時、トイレの中で外国人向けにトイレの使い方を絵入りで説明している貼り紙に目が行きました。

ワタクシも初めて日本に来た外国人の方を案内する場合、まず、和式トイレの説明をします。

自然の摂理。これ、非常に大事なことです。

が、そのトイレに貼ってあった説明は・・・

洋式トイレに腰掛ける三つのパターンが絵にしてあります。

ただしく腰掛けている絵には〇印。

前後逆向きに腰掛けている絵と、前後逆向きで更に便座の上に乗ってかがんでいる絵には×印。

「そんなのありかいっ!」と、心の中で突っ込みを入れてみましたが、わざわざ描いてあるってことは実際こうやってしまう外国人がいるということでしょう。

さらに貼り紙を見てみると、説明の文章は中国語とハングル語で書かれています。

「英語よりも中国語と韓国語?中国と韓国からの観光客はそんなに多いんだ~」

と最初は解釈したのですが・・・

ん?

そういえば欧米の人は元から洋式トイレだから説明はいらないんだ。

え?

ってことは中国と韓国の人は何式トイレ?

中国にも韓国にも行ったことないし、中国や韓国の映画やドラマをそんなに見るわけでもない。トイレの便器まで映るシーンはまず見たことがない。

多分、旅行に行っても都会やメジャーな観光地は洋式トイレなんだろうけど、それ以外の所ではどんな便器を使っているんでしょう?

昔は中国のトイレなんかはすごいって話しは聞いたことはあったけど、今もそうなんだろうか・・・。

最近ふつふつと沸いて来た疑問です。

そもそも、洋式トイレとひと口にいっても、細かなところではいろいろとその国の事情で違いがあったりもするし。

非常に大事なことです。

”世界ふしぎ発見!”あたりで、こういう特集を組んでもらえないものでしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級生

120924_165814こんにちは。

去年の夏、久しぶりに高校時代の同級生3人が集まって女子会を開き、

とっても楽しかったので年に一度くらいはこうして集まろうとうことになり、

約束どおり、昨日、第二回の集まりがありました。

今回はメンバーが一人増えて4名で開催されました。

高校を卒業してからも時々集まっていた仲間なので、お互いに結婚式なども呼んだり呼ばれたりしていて配偶者の人となりや家族関係のなどもわかっていて、

会うのは数年ぶりのだけれど一からいろんなことを説明しなくても話は通じるという、とても気心知れた間柄。

すぐに気持ちは女子高生や20代前半のころにタイムスリップ。

見た目はタイムスリップできませんけどね。

でもまあ、時の流れというものは女性を強くするもので、10代、20代の頃とは話しの内容も物事の感じ方も違うわけです。

「ふ~ん、そうかあのころはあんなふうだった〇〇ちゃんも、こんなふうな考え方をするようになったんだ~」と、彼女達の話を聞きながら心の中で過去と現在を繋げるてみたり、

「口には出さないけど、きっと大変だったんだろうな~」と行間を読んでみたりもして。

で、散々他人のことをあれこれ詮索したあげくに思ったことは・・・

「今のワタクシは彼女たちの目にどう映っているんだろう?時の流れの中で自分はどう変わったんだろう?」

次回の議題はこれだな。

でも、同級生っていうのはいいですね。

いつまで経っても同い年。

自分一人だけが歳をとってるわけじゃないとヘンな安堵感を覚えました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この夏の記録

120922_131352こんにちは。

我が家の今年のグリーンカーテン。

お彼岸も過ぎればそろそろ外した方がいいのかしら。

最初は盛り上がったヒョウタンでしたが、なにやらよからぬ病魔に侵されたようで、思ったようには育たず、

そんなときの用心の為にと一緒に植えておいたフウセンカズラが、そら見たことかと見事に成長しております。

120922_131337頼もしいぞ。

そして、かわいいぞ、

風船かずら。

読んで字のごとく、風船のような実がなります。

直径3センチくらいの風船の中に黒字に白のハート型のマークがついた種ができます。

これまた超かわいいです。

”かずら”とは蔓(つる)のことです。

120922_165643風船が風に吹かれてゆらゆらしておりますが、これ、ただかわいく見せる為に風船になっているわけではないということに今年気づきました。

この風船のままポトンと地上に落ちると、そのあと転がるんです。

さらに風が吹くと煽られてコロコロと転げ回ります。

こうやって少しでも遠くに種を運ぼうとしてるんですね。

植物でもいろいろ考えてるんですね。

考えてるっていうか、なんていうのか、自然の仕組みっていうのかな?とにかく、もう、すごいですね。

気が早いけど来年のグリーンカーテン、フウセンカズラは外せないな~。

でも、来年になるとすっかり忘れて、また軽はずみに思いつきで別の物を植えそうなのでここに記しておきます。

来年、ちゃんと思い出せますように。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”とある国”のお話

こんにちは。

ワタクシの知人が、最近”とある国”に長期滞在しております。

彼女は、その”とある国”に行く前から時々このブログを見てくれていたようなんですが、”とある国”に行ってからも引き続きこのブログを見てくれているようです。

そのことを夫に話しましたら・・・

「じゃあさ、”セ〇カ〇ショ島はニッ〇ンのリョー土だ~!”なんてブログに書いちゃいけないよ。向こうから見れなくなっちゃうからさ~」

と、面白半分に脅かすようなことを言います。

(注:〇には適当な文字を当てはめてください)

えっ!?うっそ~。

べ、別に、そんなことは書くつもりはない。

基本的にこのブログには政治的な話題は取り上げないことにしていますから。

とは言いながら、

どんなことを書けば向こうから見られなくなるんだろう、そういう単語を並べれば自動的に撥ねられるということなんだろうか・・・ドキドキ・・・

ということで、ところどころ文章にモザイクがかかった形になっております。すみません。

それにしても、あの問題もどうにかならないものですかね~。

向こうに渡って滞在している人も大変だけど、向こうからこっちに働きに来ている”とある国”の人もいるわけで、田原なんかでもよくそういう若いお嬢さん達を見かけます。

遥々海を越えてやってきて真面目に働いているその人たちが、両国の板挟みで辛い思いをしているのかと思うと気の毒になります。

120921_161415それに、

あの国のお酒だっておいしいんですよ~。

一日も早い問題解決を祈ります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酒蔵の仕込み水の甘酒

こんにちは。

酒蔵というのはみんな、蔵の敷地内やその近くの地下水や湧き水などを使ってお酒を仕込みます。

それらを”仕込み水”と言います。

水源によって当然水の成分や味が違うので、同じお米、同じ酵母、同じ麹を使って仕込んでも、お水によってお酒の味は変わります。

それがその蔵の個性にもなります。

だから、仕込み水を飲むと、なんとなくその蔵のお酒の雰囲気が漂っているのがわかります。

ちなみに、

「天然水仕込み!」などというのを宣伝文句にしている某酒類のテレビCMに対し、夫はいつも「水道水仕込みがあるのかっ!」と突っ込みを入れています。

120920_100933_2それはさておき、

実はこの前の試飲会の時に、福井酒造さんは自分のところの仕込み水を持ってきていて、そのお水で水割りを作っていたんです。

きめ細かなサービスですね~。

で、その時に残った仕込み水を置いていってくれたんです。

好きに使っていい、と。

う~む、この貴重な仕込み水、何に使いましょう。

120920_101124お酒だけじゃなくてその他の飲み物も、もちろんお料理だっておいしいお水で作ればおいしいですよね。

う~む、何に使おう・・・。

ポク、ポク、ポク・・・・・・チ~ン!

そうだ!甘酒に使お~う!!

そんなわけで非常に短期間ではありますが、本日より”甘酒カフェ ゆふ”の酒粕の甘酒は福井酒造さんの仕込み水を使用しておりま~す。

超レアなので、お飲み逃しなく!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋は麹の季節

120919_133257こんにちは。

一度ハマるとなかなか飽きない長期型凝り性のワタクシ。

米麹熱もいまだ冷めやらず、またまた塩麹と醤油麹を仕込んでおります。

この前は、安い白身魚の切り身を買ってきて、醤油麹に一時間程漬けこんで、

ちょっと漬けこむ時間が短すぎたかな~と思いましたが、焼いて食べてみたら・・・

 

 

 

なんということでしょ~!

まるで高級料亭で出てくる焼き魚のように、身がふわっふわで超おいしいではないですかっ!

 

 

 

って、高級料亭に行ったことはないですけどね。

とにかく、想像している”高級料亭の味”くらいおいしかったんですよ。

 

 

 

そんな感じで大量に消費しているので、たくさん作ってこれでしばらく大丈夫と思っても、すぐに次のを仕込まなきゃいけなくなるんです。

しかも、仕込みの量が毎回増えて行く。

もっと大きな容器を買ってこようかな。

ご存知ですか?麹菌が増殖する適温は25度~30度。これ、まさに今の季節の気温。

これから秋に向かって気温が下がってくると米麹や醤油麹作りも時間がかかるようになります。だから今のうちにたっぷり作っておいて冷蔵庫に保管すればいいんです。

しかも、冷蔵庫で長期間熟成されれば、どんどんまろやかにおいしくなっていくのだとか。

やっぱりもっと大きな容器が必要かな。

でも我が家の場合、長期熟成は多分ムリ。

熟成される前に食べてしまうから。

とにかく、大きな容器は買ってこよう。

あ、米麹は柴田屋酒店で買えます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先人の妻

120917_181555こんにちは。

お祭りの法被(はっぴ)です。夫のです。8年か9年前に新しくしたものです。

お祭りの組によって色も柄も違いますが、田原には染物屋さんが一軒しかないので、どの組も同じ染物屋さんで作ってもらうようです。

昔ながらの染物屋さん、昔ながらの製法で作ってくれます。

私たちが普段着るている洋服とは染料も違うようで独特の匂いがします。

この染料には生地を丈夫にするという効果があるようです。

120917_181728_2それが証拠にほら、

白抜きの柄の染められていない白い部分だけが見事に破れています。

強く引っ張ったり、何かに引っかけたわけではなく、法被全体の白い部分があちこち穴が開いたり破れたりし始めています。

染料が入っていないところはすでに劣化が始まっているものと思われます。

先人の知恵ですね。

染料パワー、恐るべしっ!

が、しかし・・・、

だったら、白抜きにせずに別の色を入れるってことをどうして考えてくれなかったのでしょうか。

一年に二日か三日しか着てないのに、もう破れてくるなんて脆すぎる。

こうなってくると裏から当て布をして補修しなければいけません。

誰がすると思ってるんだーっ!

多分、

先人の妻も同じことを思っていたと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野分吹く

120916_212425こんにちは。

夜は雨の予報だったので、雨合羽を持って出かけましたが大きくはずれました。

やや強めの風が煙を払ってくれて、絶好の花火日和。

やっぱり花火はいいね~。

などと、お祭りの余韻にいつまでも浸っていたのですが、回りを見渡せば今日も日常が走り続けています。

もう年賀状の予約、もうボージョレヌーヴォの予約?

いいけど・・・、今日も蒸し暑いよ。ホントに秋はやってくるのかな?

120917_130740_2台風の風は、やはり普通の風とは違いますね。

そんなに強風でもないと思っていたのに、ベランダの日よけがはずれたり、植木鉢がゴロゴロ転がったり、せっかくきれいに咲いていたガーベラがポッキリおれたり・・・。

被害が拡大する前に、花はすべて切って花瓶にさしました。

野分が吹くのだからやっぱり秋なのかな?

ここら辺の人は「田原のお祭りが過ぎると秋が来る」と言いますが本当ですね。

長かったな~、

今年の夏。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サムライロック

120915_114225こんにちは。

午前中、一時イヤ~な雲が出てきたのでハラハラしていましたが、その後はピッカピカの晴天に恵まれた本日、田原祭りの第一日目。

無事、昼山車が柴田屋酒店の前を通過して行きました。

そして、お陰さまで試飲会も無事終了。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

今日の福井酒造さんの有料の試飲は、新企画「こんなお酒の飲み方いかがですか?」(←すみません。今、勝手に名付けました)。

焼酎の水割りや梅酒のソーダ割りなどのカクテルをその場で作って販売。いろんな飲み方を一般の方にも知ってもらおうというもの。

そういう試飲会もありなんですね~。

その中で、ワタクシが今日初めて知ったのは・・・

120915_124421”サムライロック”

その名前を見て、一瞬お侍さんがノリノリで踊ってる姿が頭に浮かびましたが、そういうことではありません。

品行方正な主婦のワタクシは、夜の居酒屋事情にはとんと疎いので全然知らなかったのですが、最近人気の飲み方らしいです。

そして、今日も一番人気でした。

日本酒とライムジュースを5:1で混ぜて氷を入れてかき混ぜる。

これが、ライムジュースだと”ブルー”、レモンジュースだと”イエロー”と呼ばれるのだそうです。

ご存知でした?

う~む、なんとも爽やかそうな。

なるほど、いろいろ考えますね~。

もうちょっと陽が傾いた時間帯だったら、ワタクシも一杯飲んだんだけど・・・。

今度うちでやってみよう。

伝統のあるお祭りとお酒の試飲会というとお決まりの感じがしますが、こういった新しい飲み方、新しい企画は”目からうろこ”。

なんだか新しい一歩を踏み出したような気がします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿疹の原因

こんにちは。

この夏、手の甲に湿疹が出まして、ず~っと悩まされていたんです。

6月頃からだったかな?手の甲の親指の下から手首にかけて少しプチプチとできはじめまして痒いんです。

今年はなぜか妙に腕に汗をかくという傾向がありまして、これはあせもだろうと思っていたんです。

だから小まめに手を洗って、湿疹用の軟膏を塗っていたんです。

でも、そろそろ治ってきたかと思うとぶり返す、治ってはぶり返すの繰り返し。

どうやらあせもではないようです。

なにか食べ物のアレルギーかも・・・。

そういえば時々食べるソーセージ、あれを食べると出ることが多いような気がする。

食品添加物もアレルギーの原因になるっていうから、ああいう加工品に含まれている添加物が原因なのかも。

恐る恐るソーセージを食べて注意深く経過を観察するも、どうもソーセージに関係なく湿疹は出たり引いたり。

う~~~ん、一体何が原因なんだ?あまりひどくならないうちに皮膚科に行った方がいいのかしら・・・。

ひと夏悩んだ末、最近やっと「これは?」と思うものに突き当りました。

120914_150918”お風呂掃除用のゴム手袋”

安い普通のゴム手袋です。

内側はすべりがいいようにふわふわが付いています。

パッと見はきれいで、カビが生えてるとか何かが住んでいる(?)というような気配はないのですが、これに間違いありません。

この前も、そして今日も、このゴム手袋をはめて数時間してから「ぶわっ~!」と湿疹が出たんです。

多分、汗で濡れたのをそのままにしたので、目に見えない雑菌が繁殖したんでしょうね。

120912_155322悩み続けた原因がやっとわかったスッキリ感と、この痒みから解放される安堵感。

これで明日の田原祭りも試飲会も思いっきり楽しめるぞーーーっ!!(?)

みなさんのお越しをおまちしておりま~す!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れミッキー

こんにちは。

この夏はなぜかピーマンをたくさんいだたきました。

それらのピーマンの多くに見られる特徴が・・・大きい。

というか

120912_152904長~~~~~い。

一番右側が我が家で採れた中くらいのサイズのピーマンです。比べてみると2~3倍の長さ。

一個(というか一本?)を刻んだだけでもかなりのボリューム。

こんなに長くて大きなピーマンはスーパーじゃ見かけないけど、こんなにたくさんもらうってことは、こういう長い大きなピーマンが今流行りなのかな?

と、義母の前で呟いたら

「ううん。これはいつも同じ所からもらうの」

あ、なるほど。

120913_153212しかし、栄養がいいとこうなるんですかね~。

うちの鉢植えのピーマンも数は生るけど、こんなに大きくはならないな。

とはいえ、我が家の食卓は、この鉢植えひとつでピーマンの供給は十分満たされるのですが、義母の冷蔵庫の中にあまりにもたくさんのピーマンが詰まっていたので、消費拡大の為にその何分の一かをもらってきたのでした。

ふ~む、ピーマン料理か・・・。

ピーマンがメインの料理?

肉詰めにするには長すぎるしな~。

まあ、サイドメニューとして煮るか炒めるかですね。

加熱すれば量もかなり減るし。

そんなことを考えながらピーマンを刻んでおりましたら・・・

120912_084145おっ!

隠れミッキー!?

食べるのがもったいなくなっちゃったっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田原祭りの楽しみ方

120912_155322こんにちは。

今日は張り切って告知のポスターを書きました。

ど~よ、ど~よ~。

また、誤字脱字があれば教えてください。(?)

先週土曜日の記事でざっくりとお知らせしましたが、田原祭りに合わせて開催されます地酒試飲&即売会のもう少し細かな内容と一部訂正のお知らせです。

9月15日土曜日に柴田屋酒店前の仮設テントで開催されます。

雨天時は店内で行いますが、そんな縁起でもないことを考えるのはこの際止めときましょう。

時間は10時から14時となっていますが、14時以降も店内で試飲していただけます。

尚、試飲は無料だと先日お知らせしましたが、蔵元さんが持ってくるお酒の中には一部有料のものがあるそうですのでご了承ください。

もちろん無料で試飲していただけるお酒も多数取り揃えております。

100919_115700当日は、ちょうどお昼頃、柴田屋酒店の前をお祭りの昼山車が通ります。

その山車に着いていくと、その後、セントファーレの前に昼山車が勢揃いするのが見られます。

だから、柴田屋酒店の前で地酒の試飲を楽しみながら昼山車が来るのを待って、昼山車が来たらそれに付いていってください。

そうすると、お囃子の演奏に合わせて踊るからくり人形が楽しめます。

もしくは、セントファーレで昼山車を楽しんだ後、柴田屋酒店で試飲を楽む。

これでお祭り気分も最高潮!?

または、昼山車は見ないけど試飲を楽しむ。

”花より団子”派の方なら、お祭りより酒?

さあ、アナタならどうやって楽しみますか?

ずいぶん偏った楽しみ方ですけどね。

あ、もちろん、”地酒を買って楽しむ”というのもありです。

試飲の他にも、この日限定の企画を考え中です。お楽しみに!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エラー発生!!

こんにちは。

生活のリズムというのはとても大切だなと思うのですが・・・

ワタクシは普段、わりと規則正しい生活を送っております。

いつも同じ時間に起きて、あれして、これして、朝ご飯食べて、あれして、これして、掃除して・・・

朝起きてから店に出勤するまでは、大体毎日同じ家事を分刻みでこなします。

何も考えなくてもワタクシの脳にはそれがプログラミングされていて、自動的に体が動いてくれるわけです。

今日はなんだか朝からこのリズムが乱れて、調子が狂っちゃったんですよね。

そもそも今日は、雨の予報。

こんな日は庭の水やりをする必要がないので、ちょっと時間に余裕があります。ちょっとダラダラペースで支度を進めておりました。

そしたら急に凄まじい雨と雷。

やっぱり水やりはしなくて済んだ

のはよかったのですが・・・

はっ!まずい!新聞、まだ取ってきてない!!

この場合、何がそんなに問題かというと、我が家の郵便受けが非常にボロいということなんです。

さっきまで雨が降っていなかったということは、新聞がビニールに入っていないということ。

そこにこのバケツをひっくり返したような勢いで雨が降ってきたら、新聞がびしょ濡れになって読めなくなるということです。

120911_153709慌てて玄関まで新聞を取りに行きました。

普段ならこんなタイミングで新聞を取りにいったりしないのに・・・。

幸い新聞はまだそんなに濡れてはいなかったのですが、プログラムにエラー発生!?

朝のリズムが大いに狂いました。

「あれ?水やりはしなくてよくって、新聞はもう取りにいって・・・この後何をしたらいいんだ?」

頭の中でいちいち確認をしながらの作業になってしまった。疲れたな~。

あれ?ひょっとして、ワタクシっていつも”いっぱい、いっぱい”なのかな?

貧乏暇なしな自分が哀しい・・・。

とりあえず、郵便受けは早く買い替えよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米トレーサビリティ法をご存知ですか?

こんにちは。

先日、食品衛生責任者再講習会というのに行ってきました。

甘酒カフェを営業するのに保健所の営業許可をとっておりまして、そうすると、事業所に一人食品衛生責任者というのが必要になります。

それが、当店ではワタクシなわけです。

そこで、”米トレーサビリティ法”というののお話しを聞いてきました。

何年か前に米の産地偽装などが問題となったのを受けて設けられた法律ですが、(詳しくはこちら→

簡単に言うと、

お米やお米の加工品を取り扱う業者はその産地や流通の経路や取引の内容を常にきちんと管理・伝達しましょう。

そして、一般消費者にもお米の産地がわかるよう、商品に記載しましょう。

という法律です。

柴田屋酒店の場合、まさにこれ、対象者です。

だって、日本酒も焼酎もみりんもお酢もみ~んなお米を使って造られていますからね。

120910_164313_3去年の講習会でもこのお話しはあったのですが、まあ、業者間の取引はメーカーや問屋さんの方でちゃんと管理してくれてるから、小売店のうちなんかはとくに関係ないな~

と、今年も他人事のように聞いておりました

が、

午後の睡魔と闘っていると、講師の方のお話しのあるフレーズが耳に入ってきました。

「お店のメニューにもちゃんと書いてくださいね~」

あれ?ひょっとして・・・

甘酒って

お米からできてる?

ひょっとしなくても、お米からできてる。

おおっ!大変だっ!

米麹の甘酒も酒粕の甘酒もお米が入ってるじゃないかっ!

まだ適用されたことはないけれど、違反すると罰金が科せられることもある・・・とか?

あわてて、”甘酒カフェ ゆふ”のメニューにも明記した次第でございます。

アブナイ、アブナイ・・・。

それはそうと、”トレーサビリティ”って何?

なんでカタカナにする必要があるんだろうか?

もっとわかりやすい日本語はなかったんだろうか?

舌を噛みそうな名前だ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地酒試飲会@田原祭り

120908_160114こんにちは。

来週末はいよいよ”田原祭り”。

お祭りといったら、やっぱこれでしょう!

お知らせします。

来週末に開催される田原祭りに合わせまして、柴田屋酒店では9月15日(土)に日本酒の試飲&即売会を行います。

(※試飲は無料です)

田原産コシヒカリで造った田原の銘酒、純米大吟醸”優”の酒蔵でもあります豊橋の福井酒造さんの地酒と、

東三河の酒屋さんが造る地酒、純米大吟醸”酛々(もともと)”が試飲できます。

お店の外にテントを立ててそちらで賑々しく(?)開催いたしますので、テントを目印にお越しください。

10時頃から始めてお昼過ぎに人波が途切れたらテントは片付けますが、その後も店内で試飲はしていただけますのでお気軽にお立ち寄りください。

尚、当日お車を運転される方の試飲はできませんのでご了承ください。

(柴田屋酒店は豊橋鉄道渥美線三河田原駅より徒歩5分です。路線バスは田原祭り期間中はルートが変更されますのでご注意ください)

15日(土)はお昼頃、昼山車(からくり山車)が柴田屋酒店の前を通ります。

お祭り見物かたがたおいしい地酒の試飲をお楽しみいただければと思います。

というようなことを、実は去年もやったのですが、ちょっと残念な結果 に終わりまして・・・。

今年はどうかな~。

う~む、こればっかりはなんとも言えませんな~。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近あった良い事

120907_150520こんにちは。

先日スーパーに車で買い物に出かけた時、スーパーの駐車場で助手席の足元に落ちているある小さな物に気づきました。

直径は5ミリくらいで、厚みは2ミリくらいで、透明の樹脂でできていて、真ん中に穴が空いていて・・・

おおーーーっ!

見覚えあるある!

そう、あれは半年前、ここに座っている時に落として、

夜で暗かったので捜さずにいて、

機会があれば捜そうと思っていて

っていうか、

こんな小さな物を車の中で落としたらもう見つけられないと思って半ば諦めていて、

まあ、これがなくても使えるし物だし、

めったに使わない物だから、

そのうち落としたことを忘れていた・・・

120907_150843パールのイヤリングの”シリコンパッド”じゃあ~りませんか!

うわ~~~っ!うれしい~~~っ!!

そうなのよ。なきゃないで使えない物じゃないけど、そりゃ、あった方がずーーーっと使いやすいに決まってるじゃないですか。

そもそもこのイヤリングは結婚前、自分で自分の結婚祝にと大枚はたいて買ったちょっと値が張るパールのネックレスにセットで付いてきた物。

半年間、どこでどうしていたのやら・・・。

そしてどうして今再びワタクシの前に姿を現したのか・・・。

得したというのかなんというのか、思いもよらないでき事で大感激。

”ひょっこり”という言葉はこの日の為に作られた言葉ではないかと思われるくらい”ひょっこりと”出てきてくれました。

”最近あった良い事”の中でも”一番の良い事”でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤモリ

120906_155132こんにちは。

何日か前の晩のこと、

夫がトイレに入ろうとトイレのドアをあけると・・・

「トカゲの赤ちゃんがいる!」

どれどれと見に行くと、確かにタンクの後ろやトイレ用ブラシと壁の隙間を小さなものがちょろちょろしています。

トイレの窓はルーバーになっていて常時網戸がはめてあり、トカゲが入る隙間などありません。一体どこから侵入したんだろう・・・?

「どうする?」

「捕まえて逃がしてあげようか?」

急遽、深夜の大捕り物の始まり始まり~。

お菓子の空き箱を上からかぶせ、下から紙を入れて蓋にするという捕獲方法を発案した夫。

隙間から出てきたトカゲ目がけて「えいっ!」と箱を床に落としました。

どうやら、トカゲは中に入ったようです。

しかし、お菓子の空き箱を引き寄せる時、箱の下から何か三角形の物がはみ出しているのが見えました。

まずい。トカゲの頭っぽい・・・。

あ゛~~~!脳天直撃してしまったのね~。

そっと箱をひっくりかえしてみると、やはりそこには動かないトカゲの赤ちゃん。

ごめんよ~。可愛そうなことをしてしまった。

後日、とある事務所で夫がそんな話をしたところ、

「それ、トカゲじゃなくてヤモリだよ。よくうちの中にいるよ」

と言われたそうです。

いや、家の中によくいないと思う。

だって、ワタクシも夫も今まで見たことなかったんだもん。

でも、そっか~。ヤモリだったんだ。

家を守るから家守(やもり)?縁起のいい生き物なのね。

益々残念。ご冥福をお祈りします。

でも、2、3日前に家の外にヤモリを見つけました。

あのヤモリの連れ合いか兄弟?

ごめんね。キミ達の仲間だったんだね。

この辺に住みついてるんだね。

害虫退治も請け負ってくれるとか。

どうかよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激戦

こんにちは。

このブログの先週一週間を旅日記の連載に費やしたので、先週のワタクシの行動が見えないとお思いの方、

(多分、そんな人はいないと思いますが)

先週、ワタクシはですね・・・

蜂と闘っておりましたーーーっ!!

120905_152558見よ!この激戦の残骸を。

うちの物干し場に、時々アシナガバチが巣を作るんですね。

「最近、よく蜂を見かけるな~」と思っているとどこかに小さなシャワーヘッドみたいなハチの巣ができていて、蜂が2、3匹たかっているというのが通常のパターンなのですが・・・、

先週、やはり蜂が一匹窓の縁にとまっているのを見つけました。

急いで蜂用の殺虫剤を持ってきて蜂にかけたんです。

そしたら、それに触発されたのかもう一匹蜂が現れました。

慌ててそちらの方にも殺虫剤をかけてると、もとの一匹が逃げようとします。

逃がすものかとその蜂を追い掛けて体を後ろに向けると・・・

きゃぁぁぁぁぁぁーーーーっ!

一体どこから出てきたのか、アシナガバチがさらに7、8匹、ワタクシの背後をふわふわと乱舞しております。

狭いベランダで、洗濯物に殺虫剤がかかってもいけないし、蜂を逃がしてもいけないし、蜂に刺されてもいけない。

必死で格闘しましたが、撃ち落とせたのは2匹だけ。あとは捕り逃がしてしまいました。

蜂がいなくなってからよく見てみたのですが、蜂の巣ができている様子はありません。

どうやら、壁際に丸めて立てかけてあったよしずに隠れていたようです。

なんのために?

まあ、あの殺虫剤攻撃に恐れをなしてもうここに寄ってはこないだろう、

と思ったのも束の間。

翌日も

また翌日も

蜂はやってきます。

ここはキミ達にとって安全な場所じゃないということなんだよ。

蜂って学習能力がないのかな?

または、

蜂にはこの戦い、勝算があるのか?

ワタクシ、蜂に舐められている?

連日激戦を繰り返し、使いかけだった殺虫剤2本は空に。自転車でダッシュして買ってきた新たな1本の封を切った辺りで決着が付きました。

ふ~っ。長い戦いだった。

蜂の季節、皆様もご注意を。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名物はこうして作られる

120714_130737こんにちは。

9月に入ったとはいえ、まだまだ夏の暑さが続いています。

”甘酒カフェ ゆふ”の夏の人気メニュー”甘酒氷”もまだまだ波に乗って勢い衰えず。

でも、表の黒板の”夏だ!!”の文字、これはさすがによろしくないのではと思うわけです。

でも、この看板を見て甘酒氷を食べにいらっしゃるお客様もあるので、もうしばらくはこうして宣伝しておきたい。

”秋だ!!甘酒氷”

に書き換えようか・・・。

それもどうだかね・・・。

こんなのどうでしょう

”まだ!!甘酒氷”

なんか未練がましい感じがしますね。

じゃあ・・・

”今だ!!甘酒氷”

お客さんが飛びこんできそうね。

”どうだ!!甘酒氷”

なんで威張ってんねん。

”そうだ、甘酒氷を食べよう”

JRのパクリだね。雰囲気、悪くないけどね。

そうね~、こんなときは無難にこれでいこうかな。

120903_130527

どこが無難やねんっ!!

でも、いいわ~。

前にもこの手は使ったことあるけど、やっぱ、しっくりきますね。

言ったもん勝ち。

名物はこうして作られるのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長島PAの謎

こんにちは。

先週月曜日から続いている”ぴーちゃん旅日記・夏の京都編”(いつのまにこんなタイトルがついたのか・・・?)もいよいよ最終回です。

さて、車を停めていた大津から第二名神に上がるといきなり「亀山-四日市 渋滞19Km」の案内。

夏休み最後の日曜日だったので多少の渋滞は覚悟していましたが、19Kmか~。

来る時は1時間だったところが帰りは2時間かかりました。

渋滞を抜けるともう夕飯時です。

長島のパーキングエリアで食事をすることにしました。

来る時は長島スパーランドに行く車でインターチェンジの出口は左側の車線が渋滞していましたが、この時間は全く渋滞はありません。

パーキングエリアならなおさら空いている、

と思ったら・・・

なぜか結構賑わっている。こんな時間に。

しかも、みんな車から降りて、レジャーシートなんか広げちゃってる家族連れまでいる。

なに?なんなの?

よく見ると、みんな同じ方向を向いている・・・。

あ~~~、わかった~!

もしかしたら、”アレ”かな~?

エリア内のレストランで食事を済ませて外にでてきたのがちょうど8時。

ますます人は増えて、熱気ムンムン。

すると突然、みんなが見つめるその方向から

「ドドーーーンッ!」

 

 

 

やっぱり。

120826_200529花火です。

長島スパーランドの花火をここから見ることができるのです。

ほ~~~っ!みんなよく知ってるね~。

1時間近く前からシートを広げて場所取りまでしてる人がいるんだから、わざわざこれを見る為にここに寄ったんですよね。

毎回こうなんでしょうね。ちゃんと警備員さんまで出てるから。

花火人気、恐るべし。

ワタクシ達もすごーーーっく後ろ髪を引かれましたが、まだまだこの先が長いし、

わざわざここで見なくても、

もうちょっと我慢すれば・・・

120903_163702田原のお祭りの花火が見れるしねっ!

ということで、そそくさと長島を後にしたのでした。

でも、旅の終わりに思いがけないお土産が付いたって感じ。ラッキ~!

そんなこんなで一週間もかけて書き綴ってきた”ぴーちゃんの旅日記・夏の京都編ですが、じつは日帰りだったってこと知ってます?

意味もなく引っ張ってみました。

ま、それだけ内容の濃い一日だったということですな、はっ、はっ、はっ。

お付き合い、ありがとうございました。

<おしまい>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三井寺力餅

こんにちは。

月曜日からのお話し のつづきです。

そういえばうちへのお土産をまだ買っていませんでした。京都土産を売っているような場所に行かなかったからね。

「いつも”おたべ”じゃのうがないから違うものにしようよ。浜大津の駅前に”三井寺力餅”ってのがあったでしょ?」

ああ、そう言われればそんな看板を見たような気がします。

来た時と同じ京阪大津線で再びウエスタンリバー鉄道気分を味わいながら車を停めた浜大津駅に向かいました。

「あっ!あそこだね」

駅の手前で車窓から”三井寺力餅”のお店を確認。電車を降りたら直行です。

120827_092543店内にはいろんな賞状が飾ってありました。三井寺力餅は大津の銘菓のようです。

注文を聞いてからお餅を箱に詰めてくれました。

賞味期限が翌日までだったので、あまりたくさん買うことはできませんでした。

他にもお土産を渡したい人はありましたが、そんなわけで今回はごめんなさい。

で、どんなお餅かというと、櫛に小さなお団子状のお餅が三つさしてあって、きなこをがまぶしてあるというよりは・・・

120827_153600くしゃみ厳禁!

きなこの中にお餅が埋もれていました。

これでもかっ!というくらいに容器にきなこが詰め込まれていて、そこから手探りでお餅を探し出すという”宝探しゲーム方式”のお餅でした。

賞味期限にこだわるだけあって、もちもちした歯応えがなんともグー。美味しかったです。

そして、

「余ったきなこはご飯などにふりかけてお召し上がりください」

という説明書の案内どおり、今日現在、義父母の食卓にはこの残りのきなこが鎮座ましましております。

おもちの賞味期限は短かったけど、まだかなり楽しめそうです。

120826_163636おおーっ!琵琶湖はやっぱり大きいね~。

来る時は京都のことで頭がいっぱいで他の物を見る余裕がなかったけれど、大津もいいところです。

琵琶湖から吹いてくる風が京都の暑さを吹き飛ばしてくれました。

さあ、ここから田原までまた車で3時間・・・

で、帰れるのかな?

<えっ!まだつづく?>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »