« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

マグロでガツン!

こんにちは。

先週末、ちょっと体調不良で病院にかかりまして、これはひょっとして夏バテなのかと考えておりまして・・・

そういえば、前にテレビでマグロには疲労回復に効果のあるナントカという物質が多く含まれているというのをやっていました。

以前、鶏の胸肉にも疲労回復効果があると聞いたことがあったのですが、

マグロ、特にカジキマグロはその何倍もナントカという成分が含まれていて、その効果の程は、よく売られている栄養ドリンクなどのように気休め程度の物とは比べ物にならないほどであるとか。

麹の甘酒も熱バテ予防にはいいというけれど、ここはガツンとマグロで疲労回復物質をチャージして、早く元気にならなければ・・・

そうよっ。こんな時は、マグロよっ!

で、

120731_152128残念ながらカジキマグロは売ってませんでしたが、キハダマグロをゲット!

鶏の胸肉の何倍もナントカ物質が含まれているそうですが、お値段も何倍もしますな。ハッハッハッ・・・(涙)

このマグロを使って今夜のメニューは漬け丼。(このレシピ→、超おすすめです)

そうだっ!

120730_183224これに、マイブームの”おかひじき”をトッピングしてみよ~。

うん、良さげですね~。

すっごい楽しみになってきたーっ!

って、これだけ食欲があるってことは~

ひょっとして、夏バテではないってこと!?

ま、医食同源ともうします。

日頃から身体に良い物はなんでもいただきましょ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒と白の動物といえば?

120730_161007こんにちは。

今日は朝から日射しが強く、抜けるような青空。

午前中はもくもくした雲がたくさん浮かんでいて”ジブリ映画に出てくるような空”で、ちょっとテンションがあがりましたが、今は薄い雲が数枚浮かんでいるだけです。

こういう日射しの強い日によく考えるんですが・・・

黒は熱を吸収しやすく、反対に白は熱を吸収しにくいと言われています。

陽のあたるところで黒い服を着ていると、その部分がすごく暑くなるのでよくわかります。

そういうのって、動物の毛皮はどうなんでしょう?

雪印のチーズのパッケージに描かれている牛、ホルスタインっていうんでしょうか?

ああいう、真っ黒と真っ白の毛がまだらになっている動物っていうのは、どうなんでしょうか?

牛は背中の黒い部分を暑く感じ、白い部分はそれほどは暑く感じないんでしょうか?

120730_153325そうだとすると・・・、

牛A:「やっぱ夏は背中の真ん中が暑いよな~」

牛B:「いや~、夏に暑いのは尻尾の付け根と首のまわりじゃね?」

牛C:「なに言ってんだよ。夏暑いのは左わき腹から太ももにかけてと右前脚の付け根に決まってっだろ~」

と、もめることになります。(?)

牛以外にも、黒猫は白猫より夏は暑く感じるためにイライラしてキレやすくなり、方々で喧嘩を売って歩いているとか(?)

ホントはパンダは冷え症だけれど、冬の寒い時期でも日向ぼっこすることで手足は温かくなり症状は軽減されるし、目の周りの血行は妙にいいのでクマなのに目の下にクマができないとか・・・(?)

しまった!

暑さのあまり、また今日もアホなことを書いてしまった・・・。

でも、

じゃあ、シマウマはどうなんでしょうね、シマウマは。

赤道直下はかなり日射しが強いと思うのだけど・・・?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きになれない。

120728_161705こんにちは。

花はどんな花でもそれぞれに特徴があって美しいと思うのだけれど、”ケイトウ”という花は、どうも好きになれない。

”鶏頭”

読んで字のごとく、そして見たとおり鶏の頭に生えているとさかが名前の由来です。

そもそも、鶏のとさかってど~よ?見て気持ちのいいものなの?

子供の頃、よく祖母が庭の隅にケイトウを育てていたのだけれど、そのころから「なんだかちっとも可愛くない、奇妙な花だ」と思っており、それをわざわざ買ってきて植える祖母の気持ちは全く理解できませんでした。

だから多分、いろんなものに興味を抱いた子供のころでさえ、ケイトウをよく観察するということがなかったのだと思います。

ワタクシは最近知ったのですが、ケイトウの種ってどんなふうにできるかご存知ですか?

あのとさかみたいにひらひらなってる中にできるんじゃないんですよ。

120728_161804ひらひらの下の窄まった部分のざらざら、ブツブツなってるところに種ができるんです。

そして、まるでギッシリと並んだ昆虫の卵から幼虫が這い出すように、ブツブツのひとつひとつから黒い小さな種が出てくるんです。

ううう・・・・・・

キモい。

まるでオカルト映画・・・。

それなに、この時期になるといつも生け花のお稽古で登場するんですよ。

そんなことを知らない先生は、いつもケイトウの種を搾りだし

「ほら、見て、見てこれ。種。これうちで蒔いてみなさいよ、出てくるから。ほらっ」

「い、いえ、うちにはもう蒔く場所ないから・・・」

「え?そうなの?ほら、いっぱい出てくる。ほら、ほらっ」

拷問だ~っ!

生け花で何度も生けてみれば多少は愛着も湧くのではないかと思ったのですが、

やっぱりムリ。

いくら生けても眺めてみても、ど~~~しても好きにはなれないのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きゅうりのぴーちゃん

120727_152639こんにちは。

きゅうりをたくさんいただいて・・・

途方にくれています。

しかも、ジャンボきゅうり。

”ジャンボきゅうり”っていう種類じゃないですよ。多分育ち過ぎて大きくなったきゅうり達です。一番上に斜めに乗せてあるやや小ぶりのが標準サイズです。

きゅうりって、あまり日持ちしないんですよね。一度に大量にいただくと使いきれない。

さあ、アナタならどうするっ!?

あ、そうだ!ワタクシならこうする。

”きゅうりの粕漬け”

今年は初夏の頃摘果メロンを買い損ねて、毎年漬けているメロンの粕漬けを仕込まなかったので、ちょっと寂しいところだったんです。

メロンや瓜の粕漬けっておいしいですよね~。

きゅうりも瓜の仲間だから、今年はきゅうりを粕漬けにしよう!わ~い!

ただし、食べられるのは3ヶ月先。

急いで食べなきゃいけなかったきゅうりが一転。かなり先まで我慢です。

ところで、今日のタイトルは”きゅうりのキューちゃん”にひっかけてあるってわかります?

暑さで思考回路があまり働かないもんで、この程度のことしか思いつきませんでした。

あ、なんだか、きゅうりがウナギに見えてきた。

暑さのせいで、やっぱり思考回路が混乱しているかしら・・・

ああ、このきゅうりが全部ウナギだったらな~。

すごい値段だな~。

どんなに暑くても、案外、そういうこととなると、ちゃんと頭が働いたりする・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロンの食べ頃

120726_154916こんにちは。

田原はメロンの産地なので、毎年うちではお中元にメロンを贈ることになっています。

今週初めに発送したメロンが一昨日届いたようで、名古屋近郊の町に住む叔母からお礼のメールが来ました。

「おいしそうなメロンありがとう。早速今晩頂こうと冷蔵庫にいれました」

えっ!ちょっと待った~。

大体いつも贈るメロンは完熟ではなくて、食べ頃が一週間位先のもの。

届いたらそのまま室温で放置しておけば、そのうち熟してメロンのいい匂いがプンプンしてきます。お尻のところを手で押したら少しへこむ、”腐る一歩手前”くらいになったら食べ頃。

そうしたら、冷蔵庫でよ~く冷やして食べましょう。

と、これまでにも何度も話した記憶があるのだけれど・・・。

いけない。

折角の美味しいメロンを、美味しくなる前に食べようとしている。

慌ててその旨を伝えるメールを叔母に送ったら

「わざわざありがとう。あまりに暑いから、つい冷たい物とか口当たりのいい物とかに目がいって・・・」

とのこと。

なんかぁ~

名古屋の暑さが伝わってきました。

田原も暑いけど、あっちはもっと暑いもんね~。

喜び勇んで冷蔵庫に入れた叔母の気持ちもわかります。

名古屋の暑さならメロンも多少早く熟すかもしれません。

叔父さん、叔母さん、もうちょっとの間我慢してね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大失敗

120725_162841こんにちは。

今日は日射しは少ないものの、じっとりと蒸し暑い”甘酒氷日和”であります。

なのに、なのにワタクシったら、朝から大失敗をしてしまいました。

10時の甘酒カフェ開店とともに小さな子供さん連れのママ友と思われる女性が数名お越しになりました。

このブログを見て甘酒氷を食べに来てくださったとのこと。

ところが・・・

しまったーーーっ!!!

昨日の閉店間際に(当店にしては)大人数のお客様がいらっしゃってバタバタしておりまして、甘酒用のシロップが少ししか残っていなかったのをすっかり忘れておりました。

一応、甘酒用のシロップもワタクシが砂糖を煮詰めて手作りしておりまして、お客様がいらっしゃってから作っていたのでは間に合わないので前もって作って冷やしておかなければいけなかたのを、つい忘れてしまったのです。

あ~~~~~、

も~~~~~、

暑い中、小さな子供さんを連れてわざわざ来てくださったのに、なんという失態!

本当に、本当に申し訳ありませんっ!

わけをお話しすると、足りない人数分は快く他のメニューに切り替えてくださいましたが・・・

あ~~~~~、

も~~~~~、

楽しみに来てくださったのに申し訳なかった。

その後、慌ててシロップを作りました。後の祭りではありますが・・・。

ですので現在はタップンタップンにシロップをご用意してあります。これに懲りずにまたご来店くださませ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチトマトの皮

120724_153518こんにちは。

今年の我が家のプチトマト、なぜか鈴なり。

去年植えた鉢から今年になって勝手に、あ、いえ、自主的に生えてきたのをそのまま育てたのが良かったんでしょうか。(詳しくはこちら

「枝もたわわ」とはまさにこのこと。

軽いノリで毎年テキトーにプチトマトを育てているのですが、こうも立派に育ってくれるとこっちも気合が入っちゃうってもんです。

そもそも、プチトマトをうまく実らせるのって、結構難しいんですよ。

以前、「苗を植えたら、たくさん水をあげなさい」と教えてくれる方がありまて、ジャージャーと水をあげてたんです。

そしたら、折角色付いた実が割れちゃうんですよね。

どうやら、水をたくさんあげたほうがいいのは初めの頃だけで、実が付いてからは水分が多すぎると実が割れちゃうらしい。

なるべく水やりは控えた方が味が凝縮されたおいしいトマトになるって聞いたのは去年のこと。

だから今年は枯れそうで枯れないくらいの水の量にしてたんです。

そうしたら割れずにきれいに色づくし、味も濃くておいしい。

だけど・・・、

皮が硬い。

皮を軟らかくするにはどうしたらいいのかと調べたら、水分が少ないと味は良くなるけど皮は硬くなるんですと。

えっ!そんな~。

じゃあ、一体どうしたら売ってるのみたいな皮が軟らかくて美味しいプチトマトができるの・・・?

それは、皮が硬くならず美味しさもそこそこ詰まってるくらいの水加減を自分で調整するんですと。

えっ、ということは、”永年の経験”、

もしくは・・・

”勘”

で育てるということですね。

あと、肥料をたくさん与えて成長を早くして、皮が硬くならないうちに実を肥えさせるといいそうです。

だから、とりあえず肥料も買ってみましたよ。

ということで、”数年の経験と勘と多少の出費”でプチトマトの皮軟化計画を実行することとなりましたが、今からで間に合うのかな?

上手くいったら、ご報告します。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーモニー食堂

こんにちは。

昨日の午後、国道42号線を東に向かって走っておりました。

あ、もちろん車でです。

豊橋市に入って少し行った辺りの右側にステキな建物を発見!

「”ハーモニー食堂”だ!」

移動式レストラン(?)だったハーモニー食堂さんが、田原を離れ豊橋市内にお店を構えたことは知っていたのですが、ここだったんですね~。

移動式(?)の時も行ってみたいと思いながら、なかなか行けずにいたんです。

一度うちの店にも来てくださったことがあったので、これは素通りするわけにはいかないと車を引き返し、お邪魔してきました。

120722_155011おやつ時だったので、チャイと豆腐のブラウニーをいただきました。

お豆腐と言われればお豆腐だっ!甘さ控えめで甘~いチャイとぴったり。

そして、外観も内装もとってもス・テ・キ!

なんですが、例によって写真は撮り忘れましたのでハーモニー食堂さんのブログでゆっくりとご覧ください。

前に一度お会いしてから多分2年位経っているので、自己紹介させていただきましたら、

「あ~あ!」と覚えていてくださいました。

そして、

「旦那様はギャンブルが好きなんですよね~」

「・・・?」

はて、夫は特に日常で賭け事はしない人なのですが、ごく稀にしかしないギャンブルネタをブログに書いたことあったかしらん?

宝くじ買うくらいはギャンブルって言わないと思うし・・・。

「競馬でしたっけ?」

あ、

もしかして

もしかしてそれは、

それは・・・

田原の別の酒屋さんのこと?

そういう間違えられ方、初めてです。

やっぱり酒屋の息子もそういう”キャラ作り”、必要ですよね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED

120721_164814_2こんにちは。

どこにそんなお金があったのか・・・、

この度、柴田屋酒店の店内の木製看板を照らす照明が総てLEDになりました。

節電対策です。

消費電力が合計で750ワットだったものが、100ワットになったのだそうです。ひょえ~!

明るさの変化はというと・・・、

ビミョーに暗い、かも。

これまでのハロゲンランプは灯りが横にも広がったので、回りのいろんなものが反射して明るかったのですが、LEDだと正面しか照らさないのでその分回りが暗く感じます。

あっちこっちが反射でピカピカしていたのがなくなったので、コントラストがゆる~くなった感じ。

120109_160703これまでのハロゲンランプと

120721_164734_3

LED。

微妙な違い、わかります?

まあ、そのうち慣れれば気にならないでしょう。

商品の品質管理の点でもお酒には光が当たらない方がいいし、LEDは熱も出ないので冷房も控えめで済みます。何より経済的なのだ~。

なんか心なしか冷房がよく効いてるような気がするな~。

(って、もうその気になっている?)

来週はまた暑くなるんですよね。

柴田屋酒店の節電の夏、準備できましたよ~!

それにしても、

もうちょっと安くならないのかしらね。ブツブツブツブツ・・・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

刺激的

こんにちは。

生け花のお稽古ではいつも、まず先生が見つくろってくださったお花を渡されさます。

それを見て、「こんな風に活けよう」と自分でテーマを決めてから活け初めます。

昨日はアレカヤシというヤシの葉っぱが二本、花材に入っていました。

「おっ、夏っぽいね。やっぱり海の感じかな~」

その二本を手に取り、並べてみたり、交差させてみたりするうちに浮かんできました。

”パイレーツ・オブ・カリビアン!”

葉っぱの片側を半分切り落としたら、海賊船のぼろぼろの旗っぽくなるぞ。

もちろん参考にするのは、浦安の某テーマパーク内の「カリブの海賊」。

骸骨がいっぱい転がってたな。

黄色い菊は宝箱に入った金銀財宝のイメージ。

ジャック・スパロウは旗の前に立たせて・・・、

虫食いのある葉っぱを敢えて使って、おどろおどろしさを演出するのだ!

「上手く活ける」ことより、「本物に近づける」ことに熱中してしまった。

120720_162109”パイレーツ・オブ・カリビアン”と言っても多分わかってもらえないだろうと思ったので、先生には”幽霊船”とテーマを告げました。

「お花なんだから、もっときれいなテーマにしなさいよ~!」と笑われたので、「ちょっとやりすぎたかな?」と思いましたが、

葉陰にそっと挿したつぼみばかりのイトギクの枝を、

「じゃあ、こっちの方がいいわね」とゴミ箱行きになるはずの葉っぱばかりの菊の枝と挿し換えてくださいました。

先生も、案外好きなんじゃないですか・・・。

なんだかいつになく刺激的な生け花のお稽古でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫好き、集まれ!

こんにちは。

夏休みなどない柴田屋酒店ですので、どこに出かけるわけでもなく、ワタクシにはまったく関係のない雑誌なんですが・・・、

あれはいいですよね。

親子じゃなくて、師匠と弟子らしいですよ。

「海ーーーっ!」ってのが・・・もう・・・も~う・・・

120719_161045_2かわいすぎるぅっっっ!!!

じゃらんのCMは、ずーっとにゃんこの”にゃらん”のシリーズで、猫好きのワタクシはとっても気に入っていたのですが、今回はこんなにカワイイ弟子まで登場。

傑作です。ハマってます。

今、毎朝見てるテレビで流れるんです。

朝から癒される~。

思わず”じゃらん”を買ってしまいそう。どこにも行かないのに・・・。

120713_170100この後、にゃらんシリーズはこの師匠と弟子で展開されるのでしょうか?とっても楽しみ。

でも、子猫はすぐに大きくなってしまうので、毎回違う子猫で撮影するのかな?

こちら→ではテレビ未公開の映像もたっぷり見れます。

猫好きの方は、ぜひどうぞ!

(リクルートのまわし物か、キミは)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日、空芯菜を買った理由

こんにちは。

”偶然”と言ってしまえばそれまでですが・・・

今日、道の駅に産直野菜を買いに行った時のこと、

野菜売り場であれこれと野菜を見ておりましたら、おばあちゃんと孫娘といった感じの二人連れの楽しそうな会話が耳に入ってきました。娘さんは20歳そこそこの感じ。

二人のやり取りが微笑ましかったので、顔をあげる時にちらりとそちらの方に目をやると・・・

「あらっ!」

その娘さんは知ってる人でした。

「よく会うね~!」

彼女は豊橋に住んでいて、彼女と初めて会ったのも豊橋市内だったのですが、彼女は何かと田原に縁があるようで、これまでにも何回か田原で会ったことがあるんです。

それもたまたま。いつも意外なところでバッタリ。

ワタクシの運命を左右するようなことでないにしても、彼女とは何か”縁”があるような気がする。

そこの野菜売り場にはそのおばあちゃんが空芯菜を卸しているとのこと。

空芯菜って一度もらって食べたことがあったような気がするけど、特にその味は印象に残っておらず、その後時々野菜売り場で見かけても買ったことはありませんでした。

「空芯菜ってどうやって食べるの?」と聞いてみたら

「塩コショウで炒めたり、ほうれん草みたいにおひたしにしてもいいですよ」

(ふ~ん、炒めて塩麹で味付けしたらよさそう。ベーコンなんか入れたりして・・・)

120718_152446よし、買った!

今日あそこで彼女と会わなかったら、これから先もワタクシは空芯菜を買うことはなかったかもしれない。

今日彼女と会ったことでワタクシの運命が変わることはないにしても、今日彼女と会ったことで今夜の我が家の夕飯のおかずが変更されたことは間違いない。

やっぱり彼女とは縁があるのかな?

この次はどんなところで彼女に会えるのか楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比べてみたら

こんにちは。

一度比べてみたかったんです。

既成品の塩麹と自家製の塩麹。

「塩麹なんて簡単だからうちで作った方が安上がりだ~」と豪語しているワタクシですが、自分で作った塩麹の味しかしらないので、これでいいのかどうかは若干怪しかったんです。

120711_184314_2で、大枚はたいて買ってみました。

都こうじの塩麹。

125gで350円くらいだったかな。ちっちゃ。

都こうじは市販の米麹の中でも結構好きなブランドで、以前は都こうじで甘酒を作っていました。

ぺろりと舐めてみると・・・

お~っ!やっぱり都こうじの味だ~。おいしい~。麹の味って、メーカーによって様々なんですよね。

120717_152823かたや自家製塩麹は、柴田屋酒店で販売している米麹でワタクシが作ったもの。これだっておしいんだぞー!

ふたつの味を比べて見ると、都こうじの方が若干甘味が強い。

一日一回かき混ぜて空気に触れさせると甘味が増すというのでそうしたんだけど、まだかき混ぜ足りなかったってことかしら?

さすが都こうじ。プロの味だ~。

この次作る時はもっとかき混ぜなくちゃっ。

で、ワタクシの塩麹メニューの原点、鶏肉の塩麹漬を作ってみました。

同じ量の鶏肉に同量の塩麹を揉みこんで、同じ時間漬けこんで、焼く。

比べてみると・・・

そんなに大きな違いはありません。

そう言われれば、都こうじの方が多少甘味があるな~~~くらいの。

肉の柔らかさも同じように軟らかくて、どちらもおいしいです。

一番大きな違いは入っているお米の量。

断然、自家製の方がお米が多い。米麹が多いってことですね。

市販の物はたくさん水が入れてあるってことかな?

この点では、ちょっと勝ってる気分です。麹菌たっぷりってことですからね。身体にいいんだ。

結論:

ワタクシの作る塩麹は間違っていなかった。

そして、やっぱり塩麹はおいしい。

結局、

ワタクシは”自分で作る派”ですね。

だってその方が安いんだも~ん。たっぷり使えるだも~ん。

それで、十分おいしいんだも~ん!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー・パラダイス in 田原

120715_092212こんにちは。

かねてよりご招待いただいておりました、我がブルーベリー栽培の師”ブルーベリー博士”のブルーベリー園に昨日、お邪魔してきました。

博士に家まで迎えに来ていただいて、田原市内にあるブルーベリー園に到着すると、園の看板娘”キャサリン”(画像)が、ワタクシ達を迎えてくれました。

多分、手作り感溢れる農園だろうと予想はしていましたが、このキャサリンの登場は、ワタクシのツボのど真ん中に入りました。

キャサリンはただ黙って立っているだけではなく、時々「ヴィ~~~ン、ヴィ~~~ン」と音を出して、ブルーベリーの実を食べにくる鳥達からブルーベリーを守るという大事な任務も受けているようです。

博士、どこでこのキャサリンをスカウトしてきたんですか?

すばらしいです。

ちなみに、生垣で隔てられた別の区画には、キャサリンと同じ仕事をしているメアリーが立っていました。

キャサリンと顔立ちが似ているので、多分キャサリンの姉妹たと思います。

120715_092123それはさておき、

博士のブルーベーリー園には約50本のブルーベリーの木が植えられていました。

博士お一人で、何年もかけて育てられたブルーベリー達。

種類も何種類か植えられていて、どの木も実がたわわ。

うちのブルーベリーは今年は不作で、ほんの数えるほどしか実が生っていないのに、さすが博士です。

「一度見においで」とお誘いいただいてお邪魔したのですが・・・、

”見に”おいで・・・ね・・・

って、いやいや、そうですか~。

小さなバケツを渡されて、夫と二人で採るわ、食べるわ、採るわ、食べるわ、食べるわ、食べるわ、食べるわ、食べるわ・・・

あ、そんなに食べたのはワタクシだけですか?

120715_104947で、そんなに食べたのに、さらにお土産に摘んだブルーベリーや同じ敷地内で博士が栽培する野菜や花々をどっさりいただいて帰ってきました。

申し訳ないほど至れり尽くせりで、博士、ありがとうございました。

お礼に、時々はキャサリンの代わりに農園の番をしますので、その時はおっしゃってください。

博士のブルーベリーは早速今日から甘酒メニューに登場しています。

おいしいよっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甘酒のすゝめ

120714_165320こんにちは。

蒸し暑い日が続いていますが、今日は日射しもあってさらに気温は上昇しているものと思われます。

スーパーに買い物に行っても、思い浮かぶ献立は冷ややっこやそうめんなっどあっさりとしたものばかり。

でも、そればっかりというわけにもいかないですよね。これからやってくる夏の暑さに負けない身体づくりには栄養価の高い食品を摂取しなければ・・・。

そんな時は、思い出してください!

「そうだ、米麹の甘酒を飲もう。」

米麹の甘酒は、”飲む点滴”と呼ばれております。

米麹の甘酒には、ブドウ糖をはじめ、天然型吸収ビタミン群、必須アミノ酸などが豊富に含まれ、これらの栄養がいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じであることからなんです。

だから、夏バテで食欲がない時などはぜひ、米麹の甘酒を飲んでみてください。

いや、夏バテになる前に、夏バテ予防にぜひ米麹の甘酒を沢山飲んでください。

米麹の甘酒はスーパーなどでも売られていますし、米麹でご家庭で作ることもできます。

ただ、スーパーで売られている米麹の甘酒の中には砂糖などを加えて甘くしてあるものもあります。それらは栄養価はの面では多少劣ることになると思われます。

米麹の甘酒を購入されるのであれば、原材料が”米・米麹”のみのものをお薦めします。

「ええいっ!なんだかんだと面倒くさいっ!どこかでいい米麹の甘酒は飲めないのっ!?」

と、お思いの方・・・、

120714_130737うちで飲めますよ~。

”甘酒カフェ ゆふ”が夏バテ予防のお手伝いをさせていただきます。

甘酒氷も好評で~す!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蚊に刺されない方法

120713_150749こんにちは。

夏になって憂欝なことのひとつに、”蚊に刺される”というのがあります。

夕方、鉢植えに水なんかやっていると、すぐに蚊が寄ってきますからね。

が、そういえば、今年はまだあまり蚊に刺されていません。

2回か3回あったかな?

それなりに蚊は見かけるのだけれど、なぜだろう・・・。

あ、わかった!

蚊に刺される前に、叩いて退治してるからだ~。

なんとなく気配でわかるようになってきちゃったんですよね。視界の片隅に少しでも黒い物が入れば機敏に反応しちゃうんですよ。

蚊が寄ってきそうな雰囲気とかタイミングもなぜだかわかるし。

田原に来るまでは蚊に刺されることなんて年に一、二度のことだったのに、10年の歳月はワタクシにこんな超能力を植えつけたのです。

で、蚊を見つけたらこちらから手を差し出すんです。

「さあ、ここにお止まり。ほれ、ここだよ、ここ」

止まるか止まらないかのうちは、まだ叩いちゃダメですよ。

完全に止まったと思ったらバシッ!!

で、我が家の場合、この潰された蚊の亡骸をメダカにあげることになっています。

メダカ君達、喜んで食べてくれます。

無駄がないでしょ?・・・なんのこっちゃねん。

きっと、買ってきた餌より、天然物の方がおいしいんでしょうね~。

蚊に刺されない一番いい方法は

「やられる前にやる!!」

ぜひ、お試しください。

但し、かなりの経験と修練が必要です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トイ・ストーリー・マニア!

こんにちは。

普段、あまり映画というのを見ません。

例えばテレビで見てみたかった話題作などを放映していても、テレビの前にぶっ通しで2時間座っている時間的な余裕がないからです。

どうせ見るなら、最初から最後までたっぷりと楽しまなければ気が済まない性分でして。

120712_144812この前の日曜日、テレビで”トイ・ストーリー3”を初めて見ました。

前半だけだけど。

これまで、ディズニーランドに行っても、子供のころから知っているミッキーやドナルドと比べるとこのへんのキャラクターはイマイチ馴染みが薄く、

パレードを見ている時も、”トイ・ストーリー”や”リロ&スティッチ”あたりのフロートは軽く流しておいて、ミッキーのところでテンションMAX!みたいな。

でも、この日はディズニーシーにできるトイ・ストーリーの新しいアトラクションのオープン前日。

仕方ない、ちょっと勉学の為に見てみるとするか、と見始めたら・・・

おもしろかった~っ!

話は単純だし、大人も笑えるブラックジョーク的な物もあるので、半分見ただけでも十分楽しめました。

味をしめて、昨夜もテレビで「トイ・ストリー」を鑑賞。

これも途中の数十分間ですが。

(でも、今度はDVD予約したから、いつか見てみます)

120712_145939登場人物は”3”で学習済みなので、途中からでも大体理解できました。

そっか~。ウッディとバズ・ライトイヤーの関係はこんな風だったのか~。

これで、今度浦安旅行に行く時の予習はバッチリだ~!

日曜日の”トイ・ストリー3”は最後まで見ずにお風呂に入ったワタクシ。

お風呂から出てくると夫が教えてくれました。

「トイ・ストリーね、ハッピーエンドだったよ」

それは・・・

教えてくれなくてもわかる。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面倒なグリーンカーテン

120711_162643こんにちは。

これはお薦めです!!

思い付きで買ったにしては上出来。

柴田屋酒店のひょうたんのグリーンカーテン、ものすごい勢いで成長しております。

一日に、20~30センチはつるが伸びていると思われます。

ワタクシの身長などとうの昔に抜かされ、あっという間にひさしの雨どいに到達。

それ以上高くなってもらう必要はないので先っぽをちょん切ることにしています。

それでも何事もなかったかのように、また、わき芽が次々と伸びてきて雨どいに到達。

今、ワタクシの回りにあるもの総ての中で一番勢いがあるのは、間違いなく、このひょうたんです。

左側のプランターは少し遅れて種を蒔いたのですが、忘れたころに芽が出てきて、やや遅れて成長しております。でも、こちらもここ数日の成長はめざましく、右側に追いつくのも時間の問題かと思われます。

120709_174246ひょうたんはユウガオ科の植物で白い花が咲くということを初めて知ったとこの前書きましたが、ホントに白い花が咲きました。

しかも、夕方に。

さっすが、ユウガオ科。

でも、思ったよりも小さな花で、翌日にはしぼんでしまう可憐で儚い花だということが分かりました。

で、その可憐な花がしぼんでどうなるのかというと・・・

120711_153035す、すでに”ひょうたんっぽく”なっている。

ちなみにこれは、一昨日の夕方咲いた花の今日の姿です。

こっちもすごい勢いで大きくなるんだろうか・・・。

でも、あくまでもこれはグリーンカーテンであって、葉っぱを茂らすのが目的なのですが・・・、

う~ん、こうなると、いろいろとまた・・・

面倒なことに首をつっこみたくなってくる・・・。

ああ、柴田屋酒店のグリーンカーテンの運命やいかにっ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怪談:「真夜中の押入れ」

こんにちは。

夏本番を思わせる梅雨の晴れ間が続きましたが、明日から数日はまた雨の予報。それが過ぎればそろそろ梅雨明けなか?

また、暑い夏。寝苦しい夜がやってきます。

ご存知ですか?真夏の真夜中の押入れ中には、魔物が潜んでいることを・・・。

120710_160532

夜寝る前にどんなに部屋を涼しくしても、夜中にエアコンのタイマーが切れると、いつのまにか汗だくに。寝苦しさに目を覚ます経験は誰でもあることだと思います。

その原因、案外押入れに潜む魔物のせいだったりするんですよ。

昼間は無人で締め切った真夏の部屋は、室温がぐんぐん上昇。その熱は、ふすまを通過して押入れの内部にまで伝わります。

当然、、押入れにしまってある寝具の温度もぐんぐん上昇。

夜になって冷房を入れると室温は下がり涼しくなります。

しかし、

押入れの中で温まった布団の中の熱はそう簡単には冷めません。涼しくなった室内に向かって熱を放出し続けるのです。

その熱は、すやすやと眠っているアナタに容赦なく襲いかかってきます。

きゃぁぁぁぁぁーーーっ!!!

それが”魔物の正体”です。

だから、寝る前にはお部屋を冷やすだけじゃなくて、押し入れやクローゼットの扉を開け放って、こもっている熱を出した方がいいんですって。

見えない魔物退治、今夜もがんばろ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大葉の敵

130620_133019_2こんにちは。

我が家のベランダの大葉(青じそ)畑が台風にコテンパンにやられたのは先月の19日のこと。

しまった~。

他の鉢植えは前もってなるべく風の当たらないところに避難させたり、倒れないように補強したりしたのに、ベランダの片隅の大葉のことまで頭が回りませんでした。

種から育ててやっと生えそろってきたところだったのに、薄くてやわらかな幼い大葉の葉はぼろぼろ。細い茎は根元近くからなぎ倒されています。

炎天下ですくすくと育てると葉がゴワゴワと硬くなるので、毎年、あまり陽の日の当たらないベランダの隅でヒョロヒョロに育てるようにしていたんです。

それが裏目に出てしまった・・・。

全部抜いてしまってタネを蒔きなおそうかと思いましたが、また一からここまで育てるには、結構な時間がかかると思われます。長い道のりだ~。

ホントにダメそうなのは抜くことにして、ちょっとでも望みのありそうなのは残しました。

「このうち何本育ってくれるだろう。今年はあまり大葉の収穫はきたいできなくなっちゃった」

ところが・・・

130709_152703わ~い!みごと復活!!

毎朝の納豆の薬味だけじゃ消費が追い付かなくなってきました。

しまった。”諦めモード”になっていたので、あまり使い道を考えてなかった。

えーっと、去年はどうやって食べたんだっけ・・・、えーっと、えーっと・・・、

とっ、とにかく早くっ、早く食べてしまわなければーっ!!

なぜなら・・・

虫に食べられちゃうから!

一難去ってまた一難?

案外険しい”大葉栽培の道”なのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道人は酒粕の甘酒がお好き?

130707_155219こんにちは。

「甘酒には酒粕の甘酒と米麹の甘酒があるのはご存知ですか?」

”甘酒カフェ ゆふ”に初めていらっしゃったお客様には、まず最初にこのことをお伺いします。

そのお答え次第でメニューのご説明を変えなければいけないからです。

当店は甘酒専門店ですから、いろんな甘酒をご用意しているのであります。

「えっ!なにそれ?甘酒に種類があるの?」

と思ったアナタ、大丈夫です。

半数以上の方がご存じありませんから。

半数以上・・・いえ、7割か8割の方はご存知ないかな。

今日いらした若い男性は、残りの2割か3割の方の方でした。

開口一番、「ここの甘酒は米麹っすか?酒粕っすか?」

むむっ、この若さで、玄人だなっ!

メニューをご説明すると「あ、酒粕、酒粕の方をお願いします」

なんでもこの方のご実家は、おばあ様が一年中、毎日、酒粕の甘酒を作ってくださる酒粕大好きご一家なのだそうです。

「今は寮にいるから酒粕買ってっても調理できないんっすよ」

「まあ、そうなんですか~!ご出身はどちらですか?」

「北海道っす」

「あ~、あちらは酒粕をよく使うんですよね。粕汁とか、石狩鍋とか・・・」

あれっ?この会話、ちょっと前にもしたことがある。”デジャヴュ~”ってやつかしら?

違う。話したのはこんな感じの人じゃなかった。この話をするのはこれで二人目です。

しかも、北海道出身で会社の寮に入っている酒粕の甘酒好きの若い男性のお客様はその前にもいらっしゃいました。だから三人目。

老若男女で一番甘酒を飲まなさそうな若い男性が、そろいもそろって酒粕の甘酒好きということは、北海道の人はよっぽど酒粕の甘酒を飲んでるってことなんだろうな~。

まあ、北海道から田原に働きに来ている若い男性が全員うちの店に来たわけじゃないですけどね。

でも、まあ、そういう傾向はあるってことですよね。

出すかなっ・・・、

”甘酒カフェゆふ・北海道店”

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール券には有効期限があります。

130706_141016こんにちは。

待望の七夕の笹飾りが柴田屋酒店にもやってきました。

笹飾りやら、のぼりやら、ひょうたんのグリーンカーテンやらで、店先が妙に賑わっており、なかなかの光景です。

でも、この写真を写した直後に激しい雨と雷が・・・。七夕飾り、なんとか耐えてくれ~!

さて、

全国の酒類販売店で使える”全酒協のビール共通券”というのを柴田屋酒店でも販売しております。

所謂、”ビール券”というやつです。

130706_164424このビール券、今のは有効期限があることご存知ですか?

多分、偽造が増えたので、それを防止するためだと思うのですが、最近はビール券のデザインは定期的に変わるんですね。

それに伴いビール券の使用の有効期限というのもできました。

「うちは普段ビールは飲まないから、また何かの時に使いましょ」って感じでついつい引き出しの奥かどこかに仕舞い込んで、10年も経った頃にひょっこり出てくるなんてこと、ありがちですよね。

昔は期限がなかったので、10年、20年経っても不足分を現金で支払えばビールと交換してもらえたんです。

でも、今は10年も経ったら使えませんのでご注意ください。

ちなみに、今もっとも期限が迫っているものは2005年(平成17年)発行のもの。来年2013年(平成25年)3月31日に有効期限をむかえます。

「まだ来年だから急がなくても・・・」な~んて思わないでくださいよ。

いいですか、ビールが美味しいのは暑い夏。今度冬が来た頃には、また忘れてますからね~。

できれば、期限が迫らなくても、早めにビールと交換することをおすすめします。ビールの賞味期限も何カ月かありますから、その間に大抵”何かの時”が訪れるでしょう。

「そうえば、うちにもあった!?」と思ったアナタ、さあ、今すぐにチェックしてください!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間失格

130705_160535こんにちは。

自称、アナログ人間のワタクシ、”甘酒カフェゆふ”のメニュー表はもちろん手書き。

手書きの方が温かみがある感じがして好きなんです。

だし、パソコンで打った文字よりインパクトがある。

絶対手書きがいいに決まっているのだ!だれが何と言っても手書きなのだ。アナログ万歳!!

ま、裏を返せば、パソコンでそんなにすごい物が作れないというコンプレックスの表れなのですが・・・。

甘酒カフェの新メニューを考えまして、さあスタートしようということになったのですが、よく考えたらそれと同時にこの新メニューをメニュー表に載せなきゃいけないということに気づきました。

よ~し、この際、メニュー表を作りなおそう。

これは三年半前の甘酒カフェゆふ開業以来初めての事です。

この腕と勘を頼りに、立派にお品書きを書いてやろうじゃないのっ!

裏が白い紙を持ってきて、鉛筆で下書きをしてみました。

「これまでのメニューと同じ大きさの紙にすると行数が増えるから、ちょっとずつずらして間隔を変えて・・・、

あ、これは一言付けたした方がわかりやすい。だったら、これとこれはひと括りにした方が見やすいかな?

これはこっちに持ってきて、これはあっちに持っていく。

あーーーっ!一行抜かした~っ。」

ああだこうだとやっておりまして、気づきました。

「これ、パソコンでやったらスゴイ楽だよね?」

結局・・・

130705_164256パソコンを広げて、

下書きだけはこっちですることになりました。

あ~あ・・・、

アナログ人間、失格。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

待つわ

130701_114126こんにちは。

この前の日曜日は、まちなか賑わいづくり実行委員会主催の七夕イベント”星に願いを”がありました。

お天気が良ければ中央広場で行うはずでしたが、生憎の雨。すぐ横のセントファーレのセンターコートが会場となりました。

でも、そんな雨の中、たくさんの子供たちが願い事を書いた短冊を持って集まってきてくれました。

飾り付けも、子供たちがしてくれたんですよ。

どれどれ、みんな、どんな願い事を書いているのかな?

130701_114141

「ピアノがじょうずになりたいです」

そっか~、この子はピアノを習ってるんだね。

きっと、いつも一生懸命レッスンしてるんだろうね~。

上手になるといいね~。

ん?こっちの子は・・・、

130701_114348_3

「プリキュアの人形が欲しい」

そう、プリキュアが好きなんだ~。もらえるといいね~。

って・・・、

う~んと、それはもしかしたら、サンタさんにお願いすることかな~。

クリスマスにも同じようなことをしたから、なにがなんだかわからなくなっちゃったかな~?

ま、いっか。

130701_114527_2そんなこんなで、イベントも無事終了。

この後、出来上がった笹飾りをご近所の商店などに置いてもらって、町なかを色鮮やかに演出してもらうはずだったのですが、この日は雨。そして、雨に伴う強風。

笹飾りが無残な姿になることは目に見えていたので、急遽、近隣への設置は延期しました。

笹飾りが町なかに飾られるのを楽しみにしてくださっているみなさん、ごめんなさい。

天候を見て、七夕に間に合うように設置しますので、もう少々お待ちくださいね。

多分、柴田屋酒店にも置かせてもらえると思うので、ワタクシも楽しみに待ってま~す!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

断捨離@冷凍庫

こんにちは。

タラタラと断捨離継続中のワタクシ。

出口は未だ見えてきませんが、まあ、そればっかりやっている時間もないので、目についたところから少しずつやることにしております。

先日、テレビを見ておりましたら、収納名人が出てきて”家庭の冷凍庫の収納”というのをやっておりました。

そういえば、うちの冷凍庫、最近なぜだかギュウギュウに物が詰まっていて、使いづらいったらありゃしない。

いらないものを処分してスッキリ整頓すればすれば物の出し入れが楽になるし、家事の効率も良くなる。それで冷凍庫を開けている時間が短縮されれば、節電にも繋がるってこと。

おお~っ!素晴らしいぞ、断捨離!!

そして・・・、

130701_103345_2出るわ出るわ・・・あんなものやこんなもの。

みんな、氷河から掘り起こされたナウマンゾウのようにカッチカチやで、カッチカチ。

そりゃ、冷凍すれば腐らないけど、あまり長期間保存すれば味も食感も損なわれます。

よ~し、ドドーンと捨てるぞ~!

でもうちの場合、一番多かったのは保冷剤。いただき物のスイーツの箱なんかに入ってたやつね。

まあまあ、いつ使うかわからないのに大事に凍らせて、ワタクシったらおバカさん!

緊急時の為にちょっとは必要だけど、別に全部凍らせておくこともないのよ。これも一部は冷凍のまま、一部は常温で保存、残りはいらないっ。

これで、かなりスペースに余裕ができました。

で、収納名人曰く、「冷凍庫の収納のコツは物を立てて入れること」。上から見て一目でわかって、すぐに取り出せるから。

その為にあると便利なのが”ブックエンド”。”本立て”ですね。

130703_152421名人の教えに従い、百均で購入。

さあ、あとはきれいに詰め直すだけ。

あ、でもちょっと汚れも気になるのでこの際庫内の大掃除も実行しよう。

いつ実行できるかはわからないけど・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”コウジ”といえば、

130702_155038こんにちは。

7月ともなると、いつもはのどかな柴田屋酒店も一応お中元商戦本格化。

今日、お中元を買いにいらしたお客様(男性・50歳台前半かな?)、商品の郵送を希望されました。

送り状のお送り先のお名前の欄に記入漏れがあり、夫が、「こちら、下のお名前は・・・?」とうかがうと、

「コウイチです」

「え~っと、”コウ”の字はどうお書きすれば・・・」

「コウジの”コウ”」

え、ええーっ!お客さん、”コウイチのコウ”は”コウジのコウ”ですか?

コウジって誰よ・・・。

あ、仲本工事!?

そんなわけないか。それなら”工事中の工”とか言うよね。あまり人名には使わない字だし。

コウジ、

コウジ、

コウジ・・・・・・

チャンチャカチャンチャン、チャンチャンチャン・・・

体操選手姿で黒ぶち眼鏡の男のが、ワタクシの頭の中を走り回ります。

ダメだっ、仲本工事しか浮かばない!

すると、

「”山本浩二の浩”ですね」

当然のように夫が言いました。

ええーーーっ!なんでわかるのッ!?

仲本工事でなくても、加藤浩次とか今田耕司とか的場浩司とか、世の中にコウジという名前の有名人は数えきれないほといるじゃないの。

なんだ、このふたり。なんだか通じあっている・・・。

ひょっとして、夫は他人の心が読めるのだろうか?

でも、ワタクシの心は全く読めてないゾッ!

しかも、時々空気が読めてないこともあるゾッ!!

よく考えたら、そのお客様はいつもお中元とお歳暮を買いに来てくださる方で、送り先は多分、前回もこの”浩一さん”。

うっすらとその記憶が夫にはあったんでしょうね。

いや~、びっくりしたよ~。

で、今一番の話題のコウジさんはこれかな?130702_155106

柴田屋酒店で好評発売中で~す!→

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »