« 謎が謎を呼ぶ | トップページ | ”笑う”ということ »

”甘酒師”

120414_153313こんにちは。

今日、”甘酒カフェゆふ”で出す米麹の甘酒、”古代の赤甘酒”を作りながら考えました。

ワタクシは甘酒を作っているとは言うけれど、実際は揃えた材料を量って、かき混ぜて、温度を設定したら出来上がりを待つだけ。

途中、時々かき混ぜたり、温度をチェックしたりはするけれど、出来上がりの良し悪しはお米のデンプンを糖にかえるという麹菌の働き次第。

ちゃんとできるかどうかは”一か八か”みたいなところがあります。

まあ、大体はちゃんとおいしく出来てて、失敗したこともないのですが。

えらいぞっ!麹菌。

でも、家庭でも作れる甘酒を他人様に飲ませてお金をいただくのだから、ワタクシが作る甘酒は、一般家庭で作る甘酒よりはおいしくなければいけないと、日々、多少のプレッシャーは感じているのであります。

そう、ワタクシは甘酒のプロでなければいけないと思うのであります。

店で出している以上、麹の甘酒のことも酒粕の甘酒のことも知っていなければいけないと。

たまに、「甘酒のこと、よく知ってますね~!?」と驚かれることがありますが、

あたりまえじゃありませんか!ワタクシは甘酒のプロなのですからっ!!

甘酒に関する知識はそれなりにあって当然なのです。

そもそも、甘酒について詳しい人って世間にあまりいないから、こういう驚かれ方するんですよね。

だから、いつかは「甘酒の事ならこの人に聞け!」くらいの甘酒のプロになりたいな。

そうだ、今日からそんな甘酒のプロを”甘酒師”と呼ぼう。

名刺の肩書に”甘酒師”って付けたりして。

”自称占い師”って人もいるから、言ったもん勝ち?

(おっと、危ない)

とにかく、胸を張って”甘酒師”を名乗れるようにがんばります!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

|

« 謎が謎を呼ぶ | トップページ | ”笑う”ということ »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

この考え方というのは、大切ですよね。プロ=お金を頂く。その仕事をしていないといけないのですよね。
その仕事。大切な考えだと思います。  自分にも当てはめて、大切にしたい内容でした。ありがとうございます。

すいません、ひとつ質問なのですが?田原という町は?剣道はできますか?近くで?お稽古が出来るところがありますか?

投稿: 星やん | 2012年4月16日 (月) 09時18分

星やんさん、こんにちは。

星やんさんは、どんなお仕事をされてるんでしょうか?
今度お会いする時に、ゆっくり聞かせてくださいね。

田原の剣道事情については詳しくないのですが
「田原市剣道協会」
http://taharataikyo.web.infoseek.co.jp/kendo/index.html)
というのがあるみたいですよ。

活動場所の体育館は、うちからは近いのですが、
お嬢さんのところからはどうでしょうね?

いい汗ながしてくださ~い!

投稿: ぴーちゃん | 2012年4月16日 (月) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/54469697

この記事へのトラックバック一覧です: ”甘酒師”:

« 謎が謎を呼ぶ | トップページ | ”笑う”ということ »