« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

書いてはいけない

120430_155633こんにちは。

いろんな人のブログを拝見していると、「こんなこと書いちゃっていいのかな?」と思うことがあります。

「明日から二泊三日で○○に旅行に行きます」

「今から△△に行ってきま~す!」

明日から3日間、このお宅はお留守だってことですよね?

今から△△に行って帰ってくるまで、このお宅はお留守だってことですよね?

防犯上、こういう情報をインターネットに公開するということは、とても無防備だとワタクシは思うのです。

我が家の場合は商売上、余程のことがないかぎり家が無人になるということはありません。

それでも、お店の所在地や電話番号は公表しているわけで、どこでどんな人がこれを見ているかわかりません。

家の中にいる人が少ない時間帯をわざわざ公表するのもどうかと思うわけです。

だからイベントなどの告知以外は、ワタクシや家族が外出するという個人情報を予めブログに書くことはしません。すべて”事後報告”することにしています。

その他、誕生日も結婚記念日も血液型も、とにかく何かに悪用されそうな個人情報はネットには絶対載せません。

(年齢と体重を公表しないのはこれ以外の理由もありますし、ネット以外でも公表はしておりませんが・・・)

だから、「まあ、ぴーちゃん、そこに行くなら予め教えてくれればよかったのに。水臭いじゃないの」と思われる方も、

「なんだかこの人は自分の正体を明かさない腹黒そうな奴だな~」と思われる方もあるかもしれませんが、

それもこれも、個人情報保護のためです。

だから、「明日は□□に行くの!すっごいでしょ~っ!すっごい楽しみなのーーーっ!!」と世界中の人に自慢したい時も、それを伏せて我慢しているわけです。

だって、インターネットってどんな犯罪が潜んでいるかわからなくて怖いんだもんっ!!!

ゴールデンウイーク、みなさん、方々にお出かけかと思いますが、やっぱりこういうことは気を付けた方がいいのではないかとワタクシは思うのであります。

まあ、ワタクシにはゴールデンウイークは関係ないので、公表したくても特にお出かけ情報がありませんが。

イジイジ、イジイジ・・・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩は塩

120428_162220こんにちは。

塩麹はおいしくて身体に良いと盛り上がっておりますが、そのブームの陰でどうも誤解が生じているようで・・・。

「料理に使ってみたけれど、案外しょっぱい。でも、あれって身体にいいんだよね」

はっきり言います。

塩麹だって”塩は塩”。

しょっぱいほど食べて身体にいいわけはありません。

そもそも、

塩麹の良さは麹菌によって作られた旨み成分。

この旨みがあるから、その分塩分は控えめでもおいしいですよ~ということです。

人気が先行して正しい情報が伝わっていない・・・。

これで健康を害する人がいたら大変!

みなさん、この点には十分注意して、塩麹をおいしく、健康にいただきましょう!!

さて、いよいよゴールデンウイーク突入。

でも、柴田屋酒店は通常営業で、みなさまのお越しをお待ちしておりま~す!!

(但、日曜日は定休日です)

Give me GW・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強、勉強、また勉強

120427_160425こんにちは。

当店でも米麹を販売するようになりまして、多分、表の貼り紙を見て来てくださるようになったと思われる”おばあちゃま”のお客様がいらっしゃいます。

初めていらした時には「甘酒を作る」とおっしゃっていたので、「あ~、やっぱり昔の人は自分で甘酒を作るんだな~」と思っておりました。

「いつもお米が硬くなってしまうのだけど」とおっしゃるので、ワタクシが甘酒を作る時の温度のことなどをお話しさせていただきました。

二度目のときには「塩麹も作ってみた」と。

あらっ!おばあちゃま、ちゃんとトレンドを掴んでらっしゃる。

「でも、やっぱりお米が硬いの。どうしてかしら?」

う~む、ワタクシは甘酒も米麹もまだ経験が浅く、とくに失敗したということも今までなかったので、誰にでも簡単にできるものと思っていましたが、なにがいけないんでしょうね?

今日は、「ここ(甘酒カフェ)で出す甘酒は、奥さん自分で作ってるの?」とおしゃるので

「そうです」と答えると、

「ちょっと飲んでみて、うちのと比べてみる」と米麹の甘酒を飲んでいかれました。

いろいろお話をういかがうと、おばあちゃま、ヨーグルトメーカーを持っていて、それで甘酒やヨーグルトを作っているとか。

すご~い!案外”発酵マニア”じゃないですか。

「奥さん、納豆は作ったことある?」

ええっ!納豆!!

そういえば、うちのヨーグルトメーカーの説明書に納豆の作り方は書いてあったけど、そこまでは・・・。

「いいえ、納豆もご自分で作られるんですか?」

「あれね、買ってきたのみたいにうまく糸を引かないの。どうしてからしらね~」

ほ~っ!素晴らしいですね。

こう言ってはなんですが、このお歳で探究心を持たれ、いろいろと新しいことにチャレンジされているとは!

これは負けてはいられません。

つい、「じゃあ、お米が軟らかくならない原因、ワタクシも調べてみますね!」とお約束。

この次までの宿題です。

でもきっと、こうやって知識って身に付けていくものなのでしょう。

頑張って調べる!

けど、その辺のことに詳しい人がいたら教えてくださ~い!

(おーっと!いきなりの手抜きだ~)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢字クイズ

こんにちは。

突然ですが、問題。

すべてお酒の銘柄です。なんと読むでしょ~か!

120426_161147_5120426_161101_4120426_161019120426_160956_2120426_161252_2

では、答えを発表しま~す!

左から、

「たきび」(純米吟醸酒)

「たんたかたん」(しそ焼酎)

「きっちょむ」(麦焼酎)

「かんのこ」(麦焼酎)、

「やまざきかもし」(純米酒)

何問正解しましたか?全部読めた人はかなりの”お酒ツウ”。

120426_164708_2あ、これを入れるの忘れてた。

これがわかれば、アナタはかなり”東三河の地酒ツウ”

って、ふりがなも写っちゃってますけど・・・。

そう、酒屋さんが造る東三河の地酒、純米大吟醸「もともと」です。

じゃあ、最後。

ゴールデンウィークも目前。田原のお土産はこれっ!!

田原産コシヒカリで造ったこのお酒がわかる人は、かなりの”田原の地酒ツウ”(?)

120426_160902

「まさる」

と読んだアナタ、フッ、フッ、フッ・・・、ある程度の年代以上の方ですね。

お父さん、「ゆう」って読むんですよ!覚えてね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

褒められた

こんにちは。

ワタクシのこれまでの人生の中でも、結構自慢に思っている”褒められた経験”なんですが・・・、

ワタクシの実家の近くに巨大ショッピングセンターがありまして、そこにひとりで車で出かけていった時のこと。

駐車場に車を停めて運転席から降りてくると、すぐ横に立っていたそこの駐車場の警備員さんが

「オネエサン、車庫入れ上手いね~」

と、褒めてくれたのです。

まあ、たまたま切り返しなしで一発で駐車できただけのことですが。

でも、毎日そこで仕事をしていて、多分一日に何千台もの車が駐車されるのを見ているはずのそこの警備員さんが、

「これはみごとな車庫入れ!」と褒めてくれたのだから、よっぽど完璧な演技(?)だったのでしょう。

自覚はないけれど、なにか他の人とは違う”パーキングテクニック”をワタクシは持っているのだろか?

と、そこまでうぬぼれるのもどうかと思いますが・・・、

ま、ちょっとした自慢です。

120425_152916昨日は、クリーニング屋さんにクリーニングの引き取りに行くのに、ディズニーリゾートの特大お土産バッグ(有料)を持っていったら

「これ、いいですね~。大きくて沢山入るし、作りもしっかりしてる!いいわね~」

と、えらく褒められました。

ワタクシの中では、”このバッグ=クリーニングの引き取り”というくらい当たり前の行動だったので、ちょっとびっくり。他にこのバッグを持ってくる人っていなんでしょうか?

逆に、「これに使わなくて、他に何に使うんですか?」と聞きたいくらいです。

でも、このお店の人はちょっと年配の方で、このお土産袋に関して、どれほどの知識をもっているのかは分からず、

「これはですね~」と一から説明を始めると、ワタクシもディズニー話についついテンションが上がってしまうおそれがあり、そうなるといつ家に帰れるかわかりません。

ここはニッコリと微笑むだけで終わらせて、物静かな感じの客を装い、クリーニング屋さんを後にしたのでした。

まあ、なんですね。

褒められたのはワタクシでなくて、ディズニーお土産バッグでしたけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UV対策の為の対策

こんにちは。

日射しが強くなってまいりました。

これからの季節、外出時に欠かせないのが”お帽子”でございます。

ワタクシはUV対策のために、つばの広い”マダム風”のお帽子をかぶることにしておりますのよ、オホホホッ。

120424_152026_2ここ数年かぶっていた夏のお帽子がずいぶんくたびれてきたので、新しい物を購入しようと思っておりましたら、ちょうとイイ感じのものを見つけましたの。

ここだけの話、お値段もリーズナブルで、オホッ、オホッ、オホホホホ・・・。

今日は早速新しいお帽子をかぶって、自転車で颯爽とお買い物に出かけましたの。

そうしましたらア~タ!お帽子がゆるくて、風が吹く度に飛んでいきそうになるじゃありませんか。ワタクシ、必死で頭を押さえながらペダルをこいだんですのよ。

大きめのサイズを間違えて買ったわけじゃないんですよ。でも、やっぱりあれかしらね。リーズナブルなお値段だと、いろいろと不備もあるのかしら。

これじゃ、UV対策になりゃしない!

で、帰って来てから、なんとか帽子が飛ばないような対策を考えましたの。

お帽子の内側にギャザーを寄せてゴムを付けるとか、自転車に乗る時だけ大きな輪ゴムをお帽子の外側にはめるとか?

でも、まあ、やっぱりこれですわね。

120424_152318”あごの下にゴム”

これが間違いないですわよね。

どんなに動いても脱げないから、小学校の運動会の赤白帽だってゴムが付いてるわけでしょ?

ちょっとダサいけど、かぶってみたらとっても頭に馴染んで、しっくりときますのよ。

少女時代に帰ったみたい?ウフッ。

マダム道を極めるのも結構大変なんですのよ、オホッ、オホッ、オホホホホ・・・・・・。

ではみなさん、ごきげんよう。

(注:なぜか突然の”マダム路線”へのキャラ変更で戸惑われた方もあると思いますが、明日からは通常キャラに戻ってお送りすると思います。多分)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪行

120423_160740こんにちは。

もう時効だと思うのでカミングアウトしますが、良い子はマネしないでネ!

まだ、独身の頃のことです。

東京に友人が暮らしておりまして、彼女の家に一泊で遊びに出かけたことがありました。

一日目はディズニーランドに遊びに行きまして、二日目は上野の某動物園に。

この時、ワタクシはまだ”生パンダ”を見たことがなく、ぜひ東京に遊びに行ったらパンダを見に行きたいとずーっと思っていたのです。

動物園に着くと、さっそくパンダ舎へ向かおうとするワタクシのはやる気持ちを制するように彼女は言いました。

「待って!まずそこの売店でキャラメル買わなきゃ」

えっ!ホントに買うんですか~?

彼女はお嬢さん育ちで、見た目も立ち居振る舞いもとってもお上品。

ワタクシよりも少し年上で、ワタクシにとっては”才色兼備の憧れのお姉さん”的存在。

でも、そんな彼女の言動はちょっとおてんばで、その見た目とのギャップがなんとも面白く、ワタクシにとってはそこが彼女の最大のチャームポイントです。

そんな彼女から、以前聞いたことはあったんです。

「動物園の猿山のお猿に、こっそりキャラメルを投げるととっても面白いの」

「えっ、”食べ物を与えないでください”って書いてあるでしょ?」

「うん。でも、こっそりあげるの。他の猿にも見つからないように、ちょっと群れから離れたところにいるお猿にあげるの。

そうすると、お猿も方も他の猿に見つからないように口に入れて、とぼけた顔して口だけモグモグと動かすの。それがすっごくおもしろいの。うふふふっ」

こうみえてもワタクシは案外真面目な人間で、動物園でこっそり動物に食べ物を与えるなどという悪行は働いたことだないのであります。

「えっ!ホントに猿にキャラメルあげるの~?」

「いいから、いいから」と、猿山に引っ張って行かれ、キャラメルを手渡されました。

「ほら、あの辺の隅っこに離れているコを狙って・・・」

彼女は回りをキョロキョロと見回し、狙いを定めた猿に向かって「エイッ!」とキャラメルを投げ入れました。

猿は、とととっと忍び寄り、素早い動作でキャラメルを口に。

そして、仲間の群れに若干背を向けるようにして座り、素知らぬ顔で口だけをモグモグ。

ふふふっ、ホントだ。

人間っぽくて、面白い。

「ほらほらっ、やってみて」と促され、ワタクシも「エイッ!」

また、同じ猿が拾って口に入れました。

口の中がキャラメルでいっぱいになって、食べるのに苦労しています。

お猿さん、よかったね~。ひとりだけおいしい物食べれて。

「さっ、私たちも食べよっ」

キャラメルをモグモグと頬張りながら猿山を後にするふたりを、多分そのお猿さんは見えなくなるまで見つめていたことでしょう。

あ、動物園であんな悪行を働いたのは、後にも先にもあの時だけですよ。

だから・・・、

良い子はマネしないでね!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

932年ぶり

120421_162134こんにちは。

いよいよひと月後となりました。

”金環日食”です。

前回、国内で観測されたのは25年前の1987年に沖縄県で。

首都圏で観測されたのは173年前の1839年。

名古屋で観測されたのは932年前の1080年。平安時代です。

ってことはですよ、昭和はもちろん、大正、明治、江戸、安土桃山それから、えっと、えっと・・・・・・

とにかく、ずーっと、ずーっとこの地方に住んでいた人は金環日食が見られなかったのです。

うわ~っ!今の時代に生きててよかった~!

辛いことも多いこの時代だけど、こんな時くらい、「今、生きてて良かった」って思いたいよね。

うわ~っ!おじいちゃん、おばあちゃん、それから、それから・・・・・・

とにかく、大勢のご先祖様、ワタクシだけ金環日食を見ちゃってすみませ~~~ん!

でも、ご先祖様の分もしっかりと見ますからねっ。

が、

問題は

お天気だ。

は、ははは・・・。

これは、だれに頼めばいい?

天照大神?なんか天気良さそうな名前だけど。

晴れの神様ではない?

あ、そういうの頼むのは”てるてる坊主”?

てるてる坊主様、よろしくお願いいたします。

でも、案外ワタクシも晴れ女よ。

昔は、黒い下敷きとかで見たけど、あれはいけないらしいですね。

売り切れる前に金環日食観測グッズ、買いに行こっと。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たんすの中

120420_155724こんにちは。

先日、クリーニング店から割引セールのダイレクトメールが届きました。

この機会に冬物をドッとクリーニングに出して、その勢いで衣替えをしなければと、たんすの引き出しを開けて考えます。

そう、”勢い”。

今年はこの勢いで”あれ”をやってしまおう。

年頭、ワタクシは密かに決意したのです。

「今年の目標は、”断捨離”!!!」

半年ごとに生真面目に出し入れを繰り返している衣類ですが、よ~く考えてみれば出しただけで袖を通していないものが山ほどあります。

冷静に考えてみれば、「何かの時に着るかも・・・」なんていう服は絶対着ない。着た試しがない!

今着る物だけを残して、それ以外の物を全部捨ててしまえば、衣替えの作業もずーっと楽になるんだ。

そう、断捨離でスマート&シンプルな生活を送るのよっ!

が、そんなことを考えるワタクシの脳裏を、もうひとつ、対極的な言葉が横切ります。

”リサイクル”

そうよ!

別に傷んでいるわけでも、着古しているわけでもない洋服。

何かに使えるんじゃないの?古着として寄付をするとか、生地を何かに再利用するとか。

捨てるなんてモッタイナイ、モッタイナイモッタイナイ・・・・・・・・・。

きゃ~っ!一体、ワタクシはどうしたらいいのーーーっ!!

敵はたんすの引き出しの中、いいえ、ワタクシの心の中に潜んでいる・・・。

だれか、この敵をやっつけてくれませんか?

ちなみに、最近断捨離を実行したLさんは、ポットを捨ててしまい、ちょっと不便な生活を送っているそうです。えへへっ!

Lさん、貴重な体験談、ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

癌のお話し

こんにちは。

今日は田原市商工会女性部の総会に出席してきました。

120419_141140今回は市役所から”がん検診を受けましょう”というPRの方が飛入り参加(?)されていて、総会が始まる前に10分間ほどお話しをされました。

なんでもこういう検診で見つかるがんというのは、自覚症状もまだ出ない初期のがん。

完治する(5年間再発しない)確率は90数%。どのがんもほぼ100%完治するのだそうです。

ほ~っ!医学の進歩ってすごいですね~。

といっても、日本人ががんで亡くなる確率は3人に1人。

みんな、がん検診を受けてないってことですね。

よく、人間ドックなんかで「肺に影が・・・」とか言われたくらいで死にそうになっちゃうような気の小さい人もいますが、ここは勇気を持って受診しないといけないんですね。

そうですよ、みなさん!再検査だからって、そんなにビビる必要はないってことです。

むしろ、がん検診でがんが見つかったら「よかった!命拾いした!」と喜んだ方がいいみたい。

田原市では毎年、がんだけでなくいろんな検診を無料で受けられますが、ワタクシなどは忙しいのと面倒臭いの、そして「なんか引っかかったらやだな~」という思いが入り混じって、ついつい敬遠しがち。

でも、こんなことじゃいけない・・・。

だから、今年は自腹を切って一日で済ませられる人間ドックを受診しようと思っておりました。

今日のお話しを聞いて、随分と気が楽になりました。ちょうどいい時に聞けました。

でも、がんは一年で進行します。

一回で安心せずに毎年受けることが大切だそうです。

みなさん、お忘れなく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最愛

こんにちは。

これまでこのブログで、食べ物に関してあれが好きだのこれが好きだの、あれがマイブームだのと散々お話ししてきましたが、

こんなに好きな食べ物のことをまだ書いていない気がしてきました。

もしも「人生の最後に、何が食べたいか」と聞かれたら

ワタクシは迷わずこう答えましょう。

「温かいご飯、

そして・・・

120418_151942

”ふじっ子煮・ごま昆布”」

好きな理由?

”おいしいから”に決まってるじゃないですか。

あ、”ふじっ子”じゃなきゃだめですよ。類似品はだめ。

どんな高級佃煮店のでもだめ。

ま、高級佃煮店の昆布の佃煮はそんなに食べたことはないですけどね。

このおいしさを理解してくれる人物が一人います。

以前、我が家にホームステイに来たインドネシア人のジェーンです。

ジェーンはこのふじっ子煮をとても気に入ってくれて、ぜひインドネシアに持って帰りたい、どこに行けば買えるのかと聞いてきました。

こんな物(ワタクシには最高の物ですが)でよければ、山ほど買って持たせてあげようかと思いましたが、ジェーンは我が家を離れてからもまだ3週間程日本に滞在する予定でしたので、山ほどのふじっ子煮をスーツケースに詰めて3週間も旅をさせるのも気の毒なので、次のホストファミリーの方にそのことを引き継ぎ事項として、しっかりとお願いしておきました。

ちゃんと”ふじっ子煮”を買ってもらえたのかな?

もしよかったら、インドネシアでも販売してあげてください、フジッコさん。

ちなみに、ワタクシは”桃屋の味付ザーサイ”も大好きです。

これもどんな高級中華料理店のザ―サイよりも桃屋のザ―サイです。

理由は・・・

”おいしいから”です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の水

こんにちは。

早速、鎌田實さんのブログ”八ヶ岳山麓日記”を読ませていただきました。

基本ミーハーなので、一昨日のトークショーのことがブログネタになっているのかなと、ちょっと期待したからです。

が、ネタにはなっていませんでした。

大飯原発の再稼働に関して、お医者様の立場からの意見を述べられている記事が目にとまりました。

「なるほどな~」と頷きました。

政府が、あらゆる分野の専門家の意見を隈なく聞いた上で検討するということは不可能かもしれませんが、医療というのは命にかかわる一番大切な分野。

こういう医療現場の意見が国の方針に反映されることを願わずにはいられません。

では、酒屋の現場からの意見はというと・・・、

120417_160903


やっぱり”水”ですよね。飲料水。

パニックだったものあの時は。遠くから買いにみえたお客さんもありました。

災害時に飲料水が必要なのはわかりますが、放射能汚染なんてことは想定してなかったし。

町の酒屋は大手のスーパーやディスカウントストアみたいに常時大量の飲料水を在庫してないんですよ。

だから、もしもの時はどうしたらいいですか?政治家のみなさん。

ワタクシは、災害時に自分で飲む水は売り物とは別にある程度は確保しておりますが、それで足りるんでしょうか・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”笑う”ということ

120415_172237こんにちは。

豊田市に住む友人に誘われて、豊田市のスカイホール豊田で開かれた

「東日本大震災復興支援 いのちのメッセージ ~鎌田實・さだまさし トーク&ライブ~」

というチャリティーイベントに行ってきました。

恥ずかしながら、鎌田實さんという方は「地域医療になにかしら貢献した有名なお医者様」という程度しか存じ上げず、このトークショーも”さだまさしライブの前座”程度に考えておりました。

しかし、鎌田先生のお話しはさださんのライブに負けず劣らず素晴らしかった!そして、為になった!

お話しの中で特に印象に残ったのは”笑う”ということの大切さ。

みなさん、”笑う”ということはすごいことなんですゾッ!

”セロトニン”って聞いたことありますか?

ストレスを解消してくれる脳内物質なのだそうです。

このセロトニンは笑うことによっても増加するんですって。

それによってがん細胞を殺すと言われるナチュラルキラー細胞の働きをよくしたり、自律神経の働きを整えたり、うつ病などを防ぐこともできるとか。

心が元気ってことは、体も元気ってことなんですね。

しかも、そんな簡単なことでその元気が手に入れられるとは

「美しい夕陽を見たり、美しい花をみたり、毎日なにかちょっと感動できる物をみつけましょう」と先生はおっしゃっていましたが、

要は笑えばいいのだから、テレビのお笑い番組を見るとか”トムとジェリー”のDVDを見るとか、そうことでもいいわけでしょ?

簡単、簡単!即実践しなくちゃ。

トーク&ライブが終わり、会場から出てくるとなぜかそこに・・・

120415_191557_3多治見市のマスコットキャラクター”うながっぱ”がっ!

きゃ~っ!初めてみる”生うながっぱ”、テレビで見るよりずっとカワイイじゃ~ん!!

って、もうこれでセロトニンがチャージできたってことね。

ありがとう、うながっぱ!

そして、

ありがとう、誘ってくれたNちゃん!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

”甘酒師”

120414_153313こんにちは。

今日、”甘酒カフェゆふ”で出す米麹の甘酒、”古代の赤甘酒”を作りながら考えました。

ワタクシは甘酒を作っているとは言うけれど、実際は揃えた材料を量って、かき混ぜて、温度を設定したら出来上がりを待つだけ。

途中、時々かき混ぜたり、温度をチェックしたりはするけれど、出来上がりの良し悪しはお米のデンプンを糖にかえるという麹菌の働き次第。

ちゃんとできるかどうかは”一か八か”みたいなところがあります。

まあ、大体はちゃんとおいしく出来てて、失敗したこともないのですが。

えらいぞっ!麹菌。

でも、家庭でも作れる甘酒を他人様に飲ませてお金をいただくのだから、ワタクシが作る甘酒は、一般家庭で作る甘酒よりはおいしくなければいけないと、日々、多少のプレッシャーは感じているのであります。

そう、ワタクシは甘酒のプロでなければいけないと思うのであります。

店で出している以上、麹の甘酒のことも酒粕の甘酒のことも知っていなければいけないと。

たまに、「甘酒のこと、よく知ってますね~!?」と驚かれることがありますが、

あたりまえじゃありませんか!ワタクシは甘酒のプロなのですからっ!!

甘酒に関する知識はそれなりにあって当然なのです。

そもそも、甘酒について詳しい人って世間にあまりいないから、こういう驚かれ方するんですよね。

だから、いつかは「甘酒の事ならこの人に聞け!」くらいの甘酒のプロになりたいな。

そうだ、今日からそんな甘酒のプロを”甘酒師”と呼ぼう。

名刺の肩書に”甘酒師”って付けたりして。

”自称占い師”って人もいるから、言ったもん勝ち?

(おっと、危ない)

とにかく、胸を張って”甘酒師”を名乗れるようにがんばります!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謎が謎を呼ぶ

こんにちは。

あの~、

これは、一般常識的な事で、ワタクシが知らかっただけのことかもしれませんが・・・

みなさんのご家庭のお風呂、”風呂釜掃除”ってされてますか?

風呂釜掃除用の洗浄剤などがよく売られていますが、そういうのを目にするたびに気になっていたんです。

裏側の説明を読んでも、一つ穴とか二つ穴とか循環式とか書いてある。

一つ穴ならどんなお風呂でも対応するってこと?

お風呂の構造ってよくわからないんだけど・・・、

でも、うちのお風呂に風呂釜は存在しないと思う。

今でも旧式のお風呂のお宅には風呂釜があるのかな?

そういえば、昔は”ジャバ”っていうじゃばらの容器に入った風呂釜掃除の洗剤があって、定期的にジャバで風呂釜を洗浄してたっけ。

あれは、風呂釜式だったのかな?

でも、今の家も建て替えて3年半。もしお風呂のどこかに汚れが溜まるのだとしたら、結構溜まっててもおかしくない・・・。

思い悩んだあげく、ネットで調べてみました。

別に思い悩む前に調べればいいんですけど。

今、風呂釜が存在するお風呂というのはめったにないのだそうです。

昔の名残でお風呂を沸かす装置を”風呂釜”と呼んでいるのだそうです。

だから、売られているあれらの洗浄剤は、風呂釜専用でないってこと。

で、

120413_134918やってみました。

洗面器やイスも漬けこむときれいになるということなので、入れてみました。

でも、

お湯が出てくるところは、ポッカリと穴が空いているわけでもないので、そこから湯垢が出てくるわけでもなく、汚れた水が出てくるわけでもなく・・・。

洗面器やイスもそんなに汚れていたわけではないので、特にきれいになったという達成感は得られず。

このやり方できれいになったのかしら?

これって、する必要ってあったのかしら?

謎が謎を呼ぶという結果となりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘くない砂糖

120412_160258こんにちは。

何で読んだり聞いたりした話かは忘れましたが、「ネコは砂糖を甘く感じない」ということを最近知りました。

人間が生命を維持するためにまず必要な栄養素が炭水化物。

生きていくために一番必要な炭水化物を積極的に摂取する為に、人間は炭水化物を多く含む糖分を「甘い」(=「おいしい」)と感じるのだそうです。

な~るほど、だから、疲れている時は甘い物が食べたくなるんだ~。

そして、ケーキやアイスクリームやおまんじゅうがあんなにおいしいのも、そういうわけだったのね!

これは、いわばワタクシが一生懸命生きようとしている証し。

身体が欲しているのだから甘い物がおいしのも仕方ないでしょう。ふっ、ふっ、ふっ。

と、それはいいのですが、

では、ネコはどうかというと、肉食動物です。動物性のタンパク質や脂肪分が必要な栄養素。糖分などの炭水化物は生きていくために必要ではないもの。

だから、炭水化物を多く含む砂糖を甘いとは感じず、人間が砂糖を食べて「甘い。おいしい」という味覚を肉や魚に感じるのだそうです。

な~るほど。

でも、ちょっとがっかり~。

以前うちで飼っていたネコはヨーグルトやプリンや生クリームが大好きで、ワタクシがそれらを食べるときは必ず分けてあげて、

「やっぱり、甘い物はおいしいよね~」と仲良く喜びを共有しているつもりだったのに、ネコはそうじゃなかったんだ・・・。

乳製品や卵製品は動物性のたんぱく質や脂質が含まれているので、喜んで食べたってことかな?

知らなかった・・・。

でも、いいや。おいしそうに食べてたから。ちょっとだけだったし。

ちなみに、ネコは糖分を甘いと感じなくても、摂取すれば腎臓などの臓器に負担がかかったり、肥満の原因になるることは人間と同じだそうです。

人間もネコも糖分の摂りすぎにはご注意を。

はい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕 DE 中華

こんにちは。

身体に良いというので買ってはみたものの、いまひとつ使いこなせず、冷蔵庫の奥で眠ったままの酒粕。

奥さん、もったいない・・・。

そこで今日は、”ぴーちゃん流酒粕活用法”をご紹介!

「甘酒や粕汁はもちろん、毎日のお味噌汁に入れてもおいしいですよ」

というのは以前お話ししまして、

「カレーに入れるとおいしいけど、シチューに入れてみてもおいしかった!」

というお話しもこの前しました。

最近はですね、”中華に酒粕”。

だって・・・

120410_100925_2どうするのよ、この山のようなキャベツ。

酒粕もキャベツも食べなきゃもったいない!

やっぱ、こういうときは回鍋肉よね~。

酒粕ってお味噌とも相性がいいんですね。

だから、回鍋肉に酒粕を入れてみたんです。

お味噌の角が取れてまろやかなお味。

コクがでるので、お味噌の量を減らしても大丈夫。さらにヘルシーです。

だったら、マーボー豆腐なんかにも入れてみたりしたら・・・

これまた、まろやかでおいしい。

もちろん、味噌あえなどの和食でも使えますよ。

あらかじめ酒粕を水などで溶いて常備しておくと(長期保存はできませんが)、調理する時に便利です。

まだまだ拡がる酒粕ワールド。

もっともっと楽しみましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人集団

こんにちは。

先週のこと。

セントファーレから戻ってきた夫が「センターコートにこいのぼり吊るしてきたから、ブログに載せてよ」と、ちょっとドヤ顔。

この季節、吹き抜けになっているセンターコートの天井からこいのぼりを吊り下げることはこれまでも何回かありました。まあ、だら~んと真っすぐにこいのぼりがぶら下がっている状態ですね。

それを、今年は天井の中央から2階のセンターコート沿いの手すりに斜めにロープを張って、それにこいのぼりを固定するという演出(?)が施されました。

前回の会議はワタクシ欠席したので知らなかったのですが、”まちなか賑わいづくり実行委員会”で話し合って決めたようです。

わざわざ見に行くのも面倒だったので、その時は「は~い」と返事だけしておりました。

「今度買いものに行ったら、その時に写してこよう」

そしたら、その後の爆弾低気圧の通過。

最近北側に防風扉が付いて多少改善されたそうですが、やっぱりセンターコートには凄まじい風が吹き荒れたようです。

「こいのぼりが、ロープにぐるぐるに巻きついちゃった!」といって何やら悪戦苦闘しておりました。

で、先週末、買いものに出かけたついでにセンターコートの上を見上げると・・・

120407_151646_2あ~あ、やっぱりぐるぐる巻き。

(2階のテラスより撮影)

全然わからないと思いますが、本当は吹き流しと黒、赤、青のこいのぼりがぶら下がっているんです。

家に帰り夫に話すと、

「うん、そう簡単には直せないんだよね~。へへへ」

だそうです。

どや顔は何処へ・・・。

素人集団でこんなことをやっております。

どなたか、お知恵、お力をお借りできる方があれば、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”レディー”の作り方

120409_154412こんにちは。

少し前のことですが、日曜日の夕方、名古屋駅から豊橋駅行きの電車に乗りました。

いつもこの時間の電車は混んでいて、この日もワタクシは二人掛けの座席の横に立っていました。

すると、ワタクシのすぐ前の座席に座っていた仕事で来日したと思われる50代位の英語を話す白人男性が尋ねてきました。

「この電車は〇〇駅に停まりますか?」

「次が〇〇駅です。15分位かかりますよ」とワタクシは答えました。

その後すぐ、次の停車駅を知らせる車内アナウンスが流れました。

男性は駅名を聴きとることができたようで、軽く頷きながらにっこりとワタクシの方に微笑んできました。「ねっ?」って感じでワタクシも黙って微笑みかえしました。

直後、その男性は急に座席から立ちあがりました。

「あれ、まだ駅に着かないのに・・・、ワタクシの英語が伝わらなかったのかしら?」と、動揺するワタクシに向かって

「さあ、どうぞ」

なんと!席を譲ってくれていたのでした。

まだ、席を譲ってもらうような歳ではないと思うが・・・、

おお~っ!これってひょっとして、”レディーファースト”ってやつ?

欧米では、こうやってジェントルマンはレディーに席を譲るものなのねっ。

「オ~、センキュ~、ジェントルマン!」

あ、”ジェントルマン”は付けなかったかな?

一瞬辺りを見回したんですが、たまたまその周りに立っていたのは男性ばかり。

すぐ横に立っていたのが若干年配の男性(60歳位)で、ホントはこちらに譲るべきだったかもしれませんが、そんなにおじいさんでもないから、ま、いっか。

お言葉に甘えて座らせていただきましたよ。

停車駅を教えてもらったという恩義を感じているせいもあったかもしれませんが、ジェントルマンよね~。

電車が駅に着くと、再びワタクシにむかってにっこりとほほ笑みながら降りて行きました。

その背中を目で追いながら、ワタクシ、思いました。

「レディーは、ジェントルマンによって作られる」

ちなみに、”レディーファースト”というのは和製英語だそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金の増やし方(?)

120407_142717こんにちは。

今年は我が家のベランダのカネノナルキ(金のなる木)がたくさん花を付けました。

ぬふっ、ぬふふふっ・・・。

こりゃ縁起がいい。

正式にはクラッスラとか、和名では花月(カゲツ)とか言うそうですが、英語では”doller plant”(ダラープラント)。葉っぱの形が硬化に似ているからだそうです。

何年も前に挿し木したのを一鉢もらって、その折れた枝を挿したらまた根が付いて二鉢になりました。

そう、この植物は簡単に根が付つくので、ドンドン増やせます。

ドンドン増えるのはいいのですが、我が家の場合、なかなか花が咲かなかったんです。

株もかなり大きくなってきたし、もう花が咲いてもいい頃なのに・・・。

で、扱いも段々と雑になってきて、家を建て替えてからは人目につかないベランダの軒下で栽培。

これが、意外にもよかったんですね~。

1,2年前から少しずつ花が咲くようになって、今年はいっぱい咲いています。

最近知ったのですが、この植物、たくさん花を咲かせるコツは「いかに水をあげないか」なんですって。

多肉植物だから、前からそんなに水はあげてなかったのですが、庭の真ん中の一番日当たりの良い所に置いてあって、その分雨もたくさんかかっていたんです。

それが、ベランダに移してからは軒下なのであまり雨もかからない。多分、それが良かったんですね~。

ふ~む、これはワタクシも運が向いて来たってことですかね、やっぱり。

名前負け、するなよ~!

(ちなみに、「カネノナルキの花が咲いたら金運が良くなる」という話は聞いたことはありません)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

”春の甘酒まつり”

こんにちは。

”甘酒カフェ”などと、ちょっと毛色の違ったものをやっておりますと、いろんな事を質問されることがあります。

昨日も、初めて甘酒カフェに来店されたお客様に聞かれました。

「甘酒って、いつまでやってるの?」

「それがですね、実は・・・、

一年中やってるんです~」

春になると結構その質問をよくされるので、表の黒板も書き直したところだったんです。

120406_153414ど~よ。

「春も夏も秋も冬も、一年中やってるぞっ!!」っていう気合をみなぎらせたつもりなんですけど、伝わらなかったかしらっ?

いっそ、”春の甘酒まつり”って書こうかと思ったんですが、”ヤマザキ春のパンまつり”みたく、白いお皿かなんかプレゼントしないといけなくなるのでやめておきました。

で、表向きにはそんな季節感を漂わせながら、実はお店の中では、オールシーズン温かい甘酒に冷たい甘酒、そしてなんと甘酒氷まで召し上がっていただけるという季節感のなさ(?)。

ワイルドだろぉ?

そして、季節の果物などのフレーバーをお楽しみいただく”かわり甘酒”も期間限定でいろいろと展開しておりますので、お飲み逃しなく!!

甘酒カフェゆふ、一年中”甘酒まつり開催中”。

みなさまのご来店をお待ちしておりま~す!(但し、日曜定休日)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりすぎ

120405_153657こんにちは。

店の前の花がきれいに咲いていたので、リリィさんのところのくうチャンにお届けしたところ、

「ぴ~ちゃんさんが持ってきてくれたお花、電気を消すと花弁が閉じるんですね。閉じたり、開いたり、見ていると面白いです」

と、リリィさんが教えてくれました。

えっ!夜や雨の日は花が閉じているのは知っていましたが、電気の灯りにまで反応するとは知りませんでした。

リリィさん、それ、大・発・見~!?

120405_114743では早速、実験をしてみよ~っ!

今朝、摘んだ全開の一輪を暗い棚の中に置いておきました。

待つこと15分・・・。

120405_120131_2

おっ!ほんとだ。閉じた。

で、このまま明るい所に出しておけば元にもどるのかな?

と、甘酒コーナーのテーブルの上に置いておきましたが、一時間経ってももどりません。

室内じゃ暗いからかな?

強い灯り、強い灯り・・・

そうだ!

120405_155128_3

厨房の流し台に付いてる蛍光灯に当ててみる・・・

変化なし。

やっぱり自然の灯りの方がいいのかしら・・・。

120405_161838


西日が射してきた甘酒コーナーの窓辺・・・、

変化なし。

しかも、ちょっと黄昏てるぞ、お花よ。

夕方になっちゃうと、やっぱり開かないのかな?

で、結論・・・

無茶はいかんね、無茶は。

無理やりっていうのはよくない。

ごめんよ、お花。無理をさせたようだね。

明日の朝に期待してみます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼酎のお話し

こんにちは。

たまには真面目に焼酎のお話しを・・・

焼酎は”甲類と乙類”に大きく分類されていることをご存知ですか?

これは焼酎の味や品質の良し悪しに甲乙付けているわけではありません。

120404_160502まず、甲類。

宝焼酎とか鏡月・真露といった韓国焼酎もこちらの仲間。

これは”連続式蒸留焼酎”とも呼ばれていますが、主に糖蜜等を原料とし、その名の通り蒸留を2回以上行い、これに水を加えたものです。

何度も蒸留を行うためアルコール純度は高くなり、原料本来の風味は失われます。

低コストで大量生産されるため、チューハイのベースやリキュールの原料として使われます。

梅酒などの果実酒を作る場合に使うホワイトリカーも甲類。果物の味と香りを際立たせるためです。

ちなみに、甲類焼酎をお湯で割って、梅干入れて箸で潰し、かき混ぜてから飲むという、居酒屋のオヤジっぽい呑み方が、ワタクシは好きです。冬はこれです。

120404_160708と、ここまで説明すると、あとは想像がつくかもしれませんが、次に乙類焼酎。

これは”単式蒸留焼酎”とも呼ばれ、基本的に1回のみ蒸留します。

芋・麦・米などを原料とし、原料本来の風味や旨みが楽しめます。

”乙”というのがちょっとイメージが良くないので”本格焼酎”と表示されることがほとんどです。

甲類と比べると価格の方も本格的(?)でやや高めのものから、すっごく高いプレミア価格のものも。

また、梅酒などもあえて乙類で漬けて、本格焼酎ならでわの味と香りを楽しむという方法もあるようです。

ひと口に焼酎と言いますが、実はこんなふうに大きく分類されたりもしています。

好みや用途、ご予算等にあわせて、いろいろと使い分けてみてください。

最後に、「焼酎は悪酔いしない」などと言われることがよくありますが、これは”気のせい”で、科学的根拠はないそうです。(人によって向き不向きはあるみたいですが)

安いからといって飲み過ぎないように気をつけましょ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOOKチョコレート

こんにちは。

予報通り、現在台風並みの春の嵐真っただ中です。

東海地方は夕方頃から風雨が強まるというので、いつもより早い時間に買い物にでかけました。

時間に余裕があったので、いつになくゆっくり売り場を見て回りました。

そしたら、いいもの発見!

120403_141348_2”LOOK・東日本代表”

知ってます?不二家ルックチョコレートが日本各地の素材をイメージしたフレーバーを集めての”東西対決”。

この前買ったんですよ、”西日本代表”。

栗きんとん(中部)、ミックスジュース(近畿)、夏みかん(中国・四国)、マンゴー(九州・沖縄)の四つの味が楽しめました。

みかんやマンゴーはありがちだけど、栗きんとんとミックスジュースってのがシブいとこ攻めてきててイイ感じ。

この時は西日本代表しか売られてなかったので「東日本はどんなのがあるのかな?」と話しながら食べました。

「やっぱり北海道は夕張メロンかな?」

「青森のリンゴとか」

「山梨のブドウもいいね」

「山形のさくらんぼもある!フルーツばっかりになっちゃうけど」

「なんか、東日本の方がおいしい物ありそう。いいな~」

そしたら今日、むふっ、むふふふふ・・・。

何の味だと思いますぅ?

あ、自分で答えを確かめたい人は、この先は見ないでくださいよ。

では、発表します!

120403_141405北海道ソフト(北海道)、りんご(東北)、ピーナッツ(関東)、ぶどう(甲信越)

でした~!

ピーナッツか~。

くーっ!そうきたかっ。

でも、半分は当たってたっ。

いいね、いいね~。

あ、まだ食べてないですよ。今夜の食後のデザートにいただきます。

見ただけで異様に盛り上がってしまいました。すみません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなむけ

120402_152850こんにちは。

4月です。新年度のスタートです。

ワタクシの身内にも新しい生活をスタートさせる若者がおおります。

相変わらずの生活を送っているワタクシにとって、新生活をスタートさせる人というのはとっても眩しい存在で、大いに応援したくなります。

と言っても、ひとり田原に嫁いできた今のワタクシには、遠くから時々ちゃちゃを入れるくらいのことしかできませんが・・・。

”期待と不安”でいっぱいだろうな。

ちゃんとやってけるかな?

順風満帆な人生もいいけど、多少は苦労もした方が人間的に大きくなれる。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」って言うからね。

そう、人生の中の苦労の数が同じなら、なるべく若いうちに苦労を消化しといたほうがいい。

もしも転んだ時、若い方が起き上がる力は強い。

転んだことのない人は、起き上がったこともないんだ。

転んだことのある人の方が、強いんだ。

もしも挫けそうな時は、頑張った時のことを思い出してください。

あの時あれだけ頑張ったんだから、今度も頑張れると思えるから。

大人たちは、ああだこうだと心配をするだろうけれど、なぁに、自分達だって似たようなことしてたんだから。

でも、それなりに今、なんとかなってるでしょ?

とにかく、後にも先にもアナタの人生を歩むのはアナタひとりです。

自分の力で切り拓いて、進んでいってください。

そして、いつもそれを支えてくれる人がいることを忘れないでください。

そして、その支えてくれた人達に感謝できる人になってください。

そして、最後に振りかえった時、

「ああ、愉快だった」と思える人生を歩んでください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »