« ゼロの焦点 | トップページ | あまざけ奉行 »

酒粕の素揚げ

こんにちは。

先日、テレビの奥様向け情報番組で酒粕特集が組まれておりました。

(そういうの、朝、新聞のテレビ欄で見つけると、必ず録画予約しちゃうのね)

その中で、酒粕メニューを出している居酒屋さんというのが登場して、何種類か紹介されたメニューのなかに”酒粕の素揚げ”というのがあったのです。

酒粕をそのまま油に入れて揚げるだけ。

「チーズみたいでおいし~い!」とレポーターの方もおっしゃってました。

そうでなくても酒粕ってそのまま食べるとチーズっぽいんですが、こんがり揚がった姿がなんともおいしそう。

そして、揚げるだけという簡単な料理方法にそそられ作ってみることに。

我が家の冷蔵庫の中に”古~い板粕(板状の酒粕)”が眠っていたので、それをなんとか活用できないものかと考えているところだったのです。

あの~、気持ち悪がられる方もあるかもしれませんが、酒粕は古くなっても、カビが生えたり変な味になっていない限りは、ワタクシ、平気で食べちゃいます。腐ってませんから。

むしろ、保管状態がよければ、熟成されて、こっちの方がおいしかったりします。

120217_211301適当に油を温め、適当に酒粕を放り込んだらちょっと焦げました。

でも、おいし~い!

(うっ、画像を見ていたら、また食べたくなった・・・)

夕飯のおかずにするつもりでしたが、どう考えてもこれはお酒の肴に最適。急きょ、メニューを変更して、そのあとの晩酌時に再登場させました。

これならば、酒粕の発酵パワーを十分チャージできます。

みなさんも、ぜひお試しください!

しかし・・・、

柴田屋酒店で現在販売中なのは、純米大吟醸”優”の新しい酒粕。

”古~い板粕”は販売しておりませんので、あしからず。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« ゼロの焦点 | トップページ | あまざけ奉行 »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/54015378

この記事へのトラックバック一覧です: 酒粕の素揚げ:

« ゼロの焦点 | トップページ | あまざけ奉行 »