« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

黒い犬、白い猫

120229_152947こんにちは。

4年に一度の2月29日。みなさん、エンジョイしてますかーっ!

さて、

ワタクシはあまり見かけたことがないのですが、いつも夕方になると、この近くを飼い主んさんに連れられて散歩する黒い大きな犬がいるのだそうです。

昨日の夕方、夫がご近所に徒歩で配達に出かけた帰り、そのわんちゃんが向こうからやってきたそうです。

なにげなく、そのわんこを眺めていると、わんこの少し後ろを白いにゃんこがちょろちょろしているのに気づきました。

時々駐車してある車の下に潜り込んだり、物陰に隠れたりするのだそうですが、どうみてもその動きは、黒いわんことその飼い主さんを追っているように見える。

「その白い猫が、後を付いてきているように見えるのですが・・・」

と飼い主さんに話しかけてみると

「あの猫は、うちの猫じゃないんだけどこの犬に懐いていて、散歩に出かけると付いてくるんです。人間には全く懐かないんですけどね」

とのこと。

え~っ!なんてかわいいシチュエーション!

そのにゃんこは、そのわんこのことが大好きなんだ~。なんでなんだろう~。

え~っ、え~っ、え~~~っ!!

不思議ですよね、動物の感情って。

「人間の何歳程度の知能がある」なんてふうに動物の知能を例えたりすることはありますが、感情っていうのは人間と比べてどんなふうなんでしょうね~。

物を言わないからわからないだけで、本当は人間なんかよりよっぽど感情が豊かで、情が深いのかもしれない。

大きな黒い犬と、小さな白い猫・・・、メルヘンの世界~!

今度、見に行こう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの甘酒

120228_160837こんにちは。

少し前のことですが・・・

職場の懇親会の幹事さんということで、柴田屋酒店に飲み物の注文に来店された二十代男性の御一行様。

その中のお一人が”甘酒カフェ ゆふ”にとても関心を示されまして、

「オレ、甘酒大好きなんっすよ。今度来ますね」

妙に人懐っこいキャラで、ニコニコと笑いながらそうおしゃるので、ワタクシをからかっているようにも思われ、

(大体、こういう人は来ないんだよね~)

と、心の中でつぶやきながら、お相手をしておりました。

「ホントっすよ。絶対来ますから!」

そう言いながら店を立ち去られるその方を

(今どきの若者には珍しい、絵に書いたような八方美人だな~)

と、思いながらお見送りしたのでした。

そしたら、ホントに来た!

3,4週間後に

彼女を連れて。

(はは~~~ん、女の子の喜びそうなカフェを見つけたんで、ご機嫌だったんだな~。むふふ、彼女連れだと、こないだとキャラが違うぞ~)

メニューを見ながら、”酒粕の甘酒”と”米麹の甘酒”のご説明をすると、彼女の方はキョトン?

彼はというと

「え!オレ、酒粕の甘酒しか知らねーし」。

でも、酒粕の甘酒を知っているあたり、甘酒好きというのは本当だったのね。

北海道のご出身だそうで、あちらは石狩鍋など酒粕の需要が多い地域だからかな?

かたや彼女は田原生まれの田原育ち。

「田原の神社やお祭りで配るのは米麹の甘酒なんですよ~」とお話しすると、

「え!アタシ、それしか知らない」

どうやら、お二人の思っている甘酒は別の物だったんですね。

よかったですね、どちらか一方しかなくて、「何これ?こんなの甘酒じゃない!」な~んてことにならなくって。

こんなふうに甘酒カフェゆふでは、どなた様にもお楽しみいただけるいろんな甘酒をご用意しておりますので、楽しいデートにもご利用くださいね~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しいイチゴの選び方

120226_122137こんにちは。

昨日は本年度第一回めのイチゴ狩り。

田原市内のお馴染みのイチゴ園にGO!

外は寒風吹きすさんでおりましたが、イチゴハウスの中はポカポカで、春の気配がムンムン。

「イチゴは形の悪い方がゆっくりと時間を掛けて熟すので甘い」

というのを聞いたのは、去年、イチゴ狩りの季節が済んでしまってからのこと。

今回はぜひ、その事実を確認しなければと意気込んでおりました。

すると、同行した友人が

「ヘタのまわりに割れ目ができてるイチゴは甘い。実の中に糖分が収まりきれないで弾けているから」

との新たな情報を仕入れてきておりました。

ということは・・・

「形が悪くて、ヘタのまわりに割れ目ができているイチゴはかなりおいしい!」

ということ。

さらに、以前に聞いたことがある、

「ヘタが反り返ってるのがよく熟している」

という情報も取り入れて・・・。

じゃあ、たとえば、これなんてどう?

120226_121957_6

おおっ!確かに美味~!

甘さの乗り方がちょっと違って、なんだかイイ感じだわ~。

今までは形のいい、キレイなイチゴにばかり目がいってたけど、これからはその考えは改めましょう。

イチゴ狩りもなかなか奥が深いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕ライフ

120223_185943こんにちは。

冷蔵庫の中で眠ってる粕漬け。

そんなに沢山の量でもないし、そんなに頻繁に食べてるわけでもなく、時々思い出してチビチビ食べております。

最近、「酒粕、酒粕」と世間が騒がしいので、また久しぶりに思い出し、食べてみました。

さあ、この酒粕の中から、一体何がでてくるのでしょうか?

それは、去年の夏に仕込んだ・・・

120223_190144


”メロンの粕漬け”

去年は仕込みの途中で紆余曲折ありまして、結構苦労して仕込んだのよ。

でも、ちゃんと漬かってくれてありがとう!

時間が経つにつれて、味もしっかりしてきています。

浅漬けのころもおいしかったけど、やっぱりよ~く漬かったのは甘くておいし~!!

漬かっているメロンの量がだいぶ減ってきて酒粕の部分が多くなりました。

今日は、サバをいただいたので、その酒粕を再利用してサバを粕漬けにしてみようと思います。

こちらは、数日漬けこめば食べ頃。

朝は酒粕入り味噌汁。

昼は酒粕の甘酒(甘酒カフェの前日の残り)。

夜は粕漬け。

ブームに乗って”酒粕ライフ”を堪能しております。

っていうか、ブームが来る前から酒粕ライフだった・・・。

多分、ブームが去っても酒粕ライフだと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きくな~れ!

120224_160619こんにちは。

よくわからない画像だと思いますが、中央に薄っすらと黒っぽく写っているのが去年生まれた我が家のメダカです。

メダカは夏の間にはグングン成長しますが、寒い冬の間はほとんど成長しないようです。

だから、秋になってから生まれると小さいままひと冬過ごします。

多分、このメダカは秋の遅い時期に生まれたコだと思いますが、体調は2センチもないくらい。今いる我が家のメダカの中では一番のおチビさん。

そして、なぜかいつも水面近くに浮いています。

まだ身体が小さいからあまり深くもぐれないのでしょうか?

メダカは大抵、冬の間は水の底の方に沈んでじっとしています。餌もあまり食べません。このコよりほんの2,3ミリ身体が大きいメダカもいますが、滅多に水面近くに姿を見せることはありません。

どうやら、このコは泳ぎがあまり得意ではないようです。

標準よりも身体の発育が遅れているのか、もしかしたら、どこかに少し先天的な障害があるということではないかと思います。

でも、ワタクシがメダカの樽を覗き込むと、いつもこのコだけが浮かんでいます。

パタパタとむなびれを揺らす姿がかわいいので、いつもそっとこのコだけに餌をあげます。

「お兄ちゃん達には内緒だよ」

身体も口も小さいのだから、小さな粒を選んで食べればいいのに、必ず大きな粒に喰い付いて、苦労して食べています。

どうやら、大きくなる気は人一倍、あ、メダカ一倍あるようです。

さあ、春です。

仲間たちがみんな浮かんできて活発に泳ぎ始めるけど、負けないように泳ぐんだよ。

そして、負けないように大きくなってね。

でも、大きくなったら他のと区別がつかなくなっちゃうかな?

とにかく、頑張れ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕寒天

120223_163131こんにちは。

お菓子系はお酒のつまみになるような物しか置いていない柴田屋酒店に、なぜか甘いお菓子が登場。

その名も”酒粕寒天”。

なんと、あの”酒屋さんが造る東三河の地酒”純米大吟醸・酛々の酒粕が入っているのです。

もちろん、豊橋小売酒販組合青年会が企画したもの。

ワタクシも田原に来てから知ったのですが、東三河って、なぜか寒天作ってる会社が多いのね。

あの昔ながらの、一口サイズに四角く切ってある、甘い寒天のお菓子。

甘ったるくて、ワタクシは自分で買って食べようとは思わないのですが・・・。

120222_160041まあ、折角だから味見をしようと、一袋開封してみましたよ。

よく見かけるのみたいに砂糖はまぶしてないんだ~。

代わりに、お上品にオブラートにくるまってます。

食べてみると、ほんわかと酒粕の味。

あ、案外いいね。そんなに甘くないから、結構食べれそう。

120223_162727

ねっ?

だから、

一人で全部食べつくす前に、買いに来てね~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタンハイドレートって・・・

120222_155638こんにちは。

最近よく、田原市外の人に訊かれます。

「あの”メタンハイドレート”ってどうなの?」

あの、次世代資源として実用化を期待されている”メタンハイドレート”のことです。

渥美半島沖で掘削試験が始まるというニュースが最近流れたばかり。

「どうなの?」って・・・・・・、どうなの?

渥美半島の70~80キロ沖でやってるらしいですよ、ニュースによると。

その掘削船っていうのも静岡から出航したみたい。

まあ、まさか赤羽根漁港あたりから掘削船が出るとは思ってなかったけどね。

だから、田原の海岸に行っても掘削作業は見れないと思います、多分。

どうやら、特に田原がメタンハイドレート景気で賑わうわけではなさそうですよ、みなさん。

まあ、”渥美半島”の知名度は多少上ったみたいだから、よしとしましょう。

ちなみに、メタンハイドレートについて調べてみようと”めたん”まで入力したら・・・

120222_163844”メタンハイグレード”って検索してる人がたくさんいることがわかりました~!

確かにハイグレードな感じだよねっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕は〇〇の香り

120220_113735こんにちは。

幸せだな~。

至福の時とはまさにこのこと。

いつまでもこうしていたい・・・。

酒粕のたくさん入った袋に頭を突っ込んで・・・。

田原産コシヒカリを100%使用した田原の銘酒、純米大吟醸”優(ゆう)”の酒粕です。

この味と香りが、インターネットではお伝えできないのがとっても残念です。

昨日も販売用に袋に小分けにしておりまして、とっても幸せな気分になったんですね。

え?酔っ払ってるんじゃないかって?

とんでもない!

あ、確かにつまみ食いはしてましたけどね。だって、おいしいんだも~ん!

でも、幸せな気分になるのは、そうじゃなくて、とってもいい香りに包まれるからです。

”優”は純米大吟醸。吟醸酒です。

吟醸酒には”吟醸香”という特有の香りがします。

よく”フルーティな香り”と表現されますが、具体的には”リンゴのような香り”と言われています。

でも、昔、ケーキ屋さんでアルバイトをしたことがあるワタクシには、”懐かしいケーキ屋さんの匂い”という感じです。

とにかく、甘~い、いい香り。幸せな香りです。

この香りには精神安定作用があるのかも?

あ、また匂いを嗅ぎたくなってきたので、ちょっと行ってきます。

あ、柴田屋酒店で好評発売中です!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまざけ奉行

120219_121121こんにちは。

昨日は、毎年恒例の某酒蔵の蔵開放のお手伝いに行ってきました。酒蔵の見学会です。

大体毎年、朝、ワタクシがその酒蔵の敷地内にある調理場に行くと、酒蔵の社長さんご家族がもめています。

朝から何をもめているのかというと、この日、見学者に振る舞う酒粕の甘酒の味付けについてです。

どうやら、”甘~い甘酒好きの社長さんVSそうでもない奥さん&息子さん”という形で意見が二分するようです。

ここ1、2年は、ワタクシも甘酒カフェを営む”甘酒のプロ”と認識していただいているようで、ワタクシが登場すると「柴田さん、これでいいか、ちょっと味見してよ」って感じで最後の味の調整を委ねられたりしたのですが、今年は味付け全般を任されました。

酒粕は既にお湯に溶いてあって、その横には砂糖の袋が山積み。あとは味付けをするばかりの状態です。

ありゃりゃ!こりゃ、責任重大だ~。

蔵見学には何百人もの見学者が来場されるので、普段甘酒カフェで造る甘酒とはケタ違いの量。

恐る恐る味見をしながら砂糖と塩を加えていきました。

味見をしすぎて、途中で味がわからなくなってきましたが、某酒蔵さんのおいしい酒粕のお陰もあって、なんとかそれなりの甘酒も完成。

見学者のみなさんにも好評だったようで一安心。

後で、残っている砂糖の袋を見た奥さんが

「そうでしょ~。やっぱりお砂糖はそれくらいの量よね。主人がもっといるって言うから、こんなに買ってきたのよ~」

うん、やっぱり今年も、事前にもめてはいたのね。

まあ、これで”奥さん&息子さん側”に軍配があがった形にはなりましたが、あくまで好みの問題ですから、なにが正しいということでもありません。

どうか社長、気を落とされないように。

さて、来年の蔵開放の甘酒の味はどうなるんでしょうね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕の素揚げ

こんにちは。

先日、テレビの奥様向け情報番組で酒粕特集が組まれておりました。

(そういうの、朝、新聞のテレビ欄で見つけると、必ず録画予約しちゃうのね)

その中で、酒粕メニューを出している居酒屋さんというのが登場して、何種類か紹介されたメニューのなかに”酒粕の素揚げ”というのがあったのです。

酒粕をそのまま油に入れて揚げるだけ。

「チーズみたいでおいし~い!」とレポーターの方もおっしゃってました。

そうでなくても酒粕ってそのまま食べるとチーズっぽいんですが、こんがり揚がった姿がなんともおいしそう。

そして、揚げるだけという簡単な料理方法にそそられ作ってみることに。

我が家の冷蔵庫の中に”古~い板粕(板状の酒粕)”が眠っていたので、それをなんとか活用できないものかと考えているところだったのです。

あの~、気持ち悪がられる方もあるかもしれませんが、酒粕は古くなっても、カビが生えたり変な味になっていない限りは、ワタクシ、平気で食べちゃいます。腐ってませんから。

むしろ、保管状態がよければ、熟成されて、こっちの方がおいしかったりします。

120217_211301適当に油を温め、適当に酒粕を放り込んだらちょっと焦げました。

でも、おいし~い!

(うっ、画像を見ていたら、また食べたくなった・・・)

夕飯のおかずにするつもりでしたが、どう考えてもこれはお酒の肴に最適。急きょ、メニューを変更して、そのあとの晩酌時に再登場させました。

これならば、酒粕の発酵パワーを十分チャージできます。

みなさんも、ぜひお試しください!

しかし・・・、

柴田屋酒店で現在販売中なのは、純米大吟醸”優”の新しい酒粕。

”古~い板粕”は販売しておりませんので、あしからず。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの焦点

こんにちは。

先日、夫にくっついて、用ものないのに家電量販店に行きました。

アナログ人間のワタクシにとって、電子レンジや洗濯機でも壊れないかぎり、自分では決して足を踏み入れることなどない、全く興味のない種類のお店です。

ちょっと気が向いたので店内をブラブラしてみたんです。

キッチンタイマーのコーナーにさしかかると、我が家のキッチンタイマーが壊れかけていることを思い出しました。

これも、10年程前に夫に連れられて、用もないのに秋葉原に行った時に買ったもので、手で回してセットするもの。掘り出し物コーナーで100円くらいだったと思います。

そてが、時間が来ても鳴らないんですよね、最近。

で、折角家電量販店に行ったのになんですが、今度も手で回すのにしました。

デジタル表示の最新式のがいろいろあったけど、そんなに使うわけじゃないし、大体、電池を交換するのが面倒臭いいってくらいの人間ですから。

今回は掘り出し物コーナーじゃないから、100円ではなかったけれど、これで十分と思ったのです。

120216_143151_2ところが・・・、

この写真、タイマーがかかっていない状態。

よ~~~く見てください。

赤い印、”0”を指してないですよね。

「”0”のところでブザーが鳴って、そこからさらに目盛りが進むんだ~」と思ったでしょ。

ワタクシもそう思いたかった・・・。

しかし、じっくり観察してたら、ブザーが鳴ったのはこの位置だったんです。

やられたーーーっ!!

どうやら、電池は使わなくていいけど、頭を使わなければいけないタイマーのようです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当たり年

120216_160523こんにちは。

今日も寒いです。

午後、それもお昼を過ぎてだいぶ経ってから、やっとお日様が出てきました。久しぶりの太陽。やっぱり日射しがあると暖かいです。

さて、そんな厳しい寒さの今年の冬ですが、この寒さもそんなに悪いことばかりでもないのです。

なぜなら・・・

”寒い冬は日本酒造りに適している”からです。

ずばり!今年は日本酒の当たり年!?

120216_155540_2そして、今まさに新酒のシーズン到来。

この前の”活性にごり”に続いて入荷しました、酒屋さんが造る東三河の地酒、純米大吟醸・酛々(もともと)の”斗瓶搾り”!

え~、”斗瓶(とびん)搾り”というのはですね、機械でギューッと搾るんじゃなくて、もろみごと袋に入れて吊り下げて、ポタポタとお酒が滴り落ちるのを一斗瓶に集めるという気の長~い、手間暇のかかる作業です。

なぜ、そんな面倒なことをするかというと・・・

”その方が美味しい”からです。

と言いながら、ワタクシ、酛々の新酒の味見、まだしてないな~。

でも、今度の日曜日に飲めるかな?

なぜなら・・・

伊勢屋酒造・酒蔵開放”があって、そこで試飲ができるから!

あ~、そういえば、ワタクシはお客さんじゃなかった。お手伝いね。

当日、ワタクシは”酒米の五平餅”造ってると思いま~す。みなさん、食べに来てくださいね。

(入場無料、試飲も無料、五平餅も無料ですが、数に限りはあります)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かかとちゃんソックス

こんにちは。

もう2月の半ばだというのに、真冬並みの寒さが続いています。

夜、寝る前にお風呂でゆっくり温まっても、布団に入るとすぐに足が冷えてしまって眠れない、なんてことありませんか?

ワタクシはありません。(えっ!?)

そう、この冬は、そんなことは一度もないのです。

それは多分、これのお陰。

120215_092744かかとちゃんソックス

本来は温めるのが目的ではなく、足の角質ケアの為の物です。

生地にチタンコーティングが施されていて、これが保温&保湿効果を発揮するのだとか。

他社製品でこれと同じような材質のかかとの部分だけを覆うタイプの物は持っていたのですが、それだとつま先が冷たくなる事が時々あったのです。

でも、このソックスタイプにしたら、もう、足先までぽっかぽか!

逆に、ちょっと暖かい日は暑くて脱ぎたくなるくらいです。

角質ケアの面では、これを履くようになってスベスベになったというわけではありませんが、朝起きると、しっとりとしていて、効果は実感できます。

最初の頃は布団の中でゴワゴワとして、ちょっと違和感がありましたが、今は全然気になりません。

うちでお洗濯もできるので衛生的。

夜中の足の冷えでお困りのアナタ!一度お試しくださ~い。

って、なんか通販みたいですが、柴田屋酒店では販売しておりません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春先のメリークリスマス

120214_160509こんにちは。

昨年末のこのブログで、柴田屋酒店の店内のBGMに、”インターネットラジオ”というのを利用しているということを書きました。

クリスマスが過ぎてもクリスマスソングが流れているのですが、多分、アメリカではクリスマスとお正月を一緒にお祝いしてしまうからではないかということも。

月日が流れるのは速いもので、あれからはや、ひと月半が過ぎました。

まだ流れています。

クリスマスソングが。

さっきも、”ジングルベル”が流れてました。

一体どういうことなんでしょう?

去年はこんなことはなかったと思います。

「著作権が切れてる曲を流して、安く上げてるんじゃないの?」と夫。

著作権が切れてる曲は他にもたくさんあると思うんですが・・・。

楽しかったクリスマスの余韻に、いつまでも浸っていたい、とか・・・?

文句を言おうにも、どこに電話をしていいのかわからないし、

電話をしたとしても、日本語が通じる相手ではないと思うし、

そもそも、タダだから、文句は言えない。

いやなら聴かなきゃいいんです、はい。

と、こんなことをブログネタにしたのは、こんな時期に柴田屋酒店でクリスマスソングが流れている言い訳をしたかったから。

変に思われたらどうしよう、なんて。

や~ね、日本人って。こういうとこ、きっちりしすぎ。

もっと、大らかに生きたいもんです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並行複発酵

120213_160554こんにちは。

最近、発酵食品がなにかと話題になっているようで、発酵食品が健康や美容へ与える効果なども、よくマスコミで取り上げられています。

そう、みんな、やっと気づいたのね、発酵パワーのすばらしさを。

そんな中でも、発酵食品の代表格として”甘酒”や”酒粕”が脚光をあびている様子。

ついに、我が”甘酒カフェ・ゆふ”に時代の流れが追い付いて来たようだね。ふっふっふ・・・。

それはさておき、発酵パワーがそんなに素晴らしいとうことは、発酵食品だけでなく発酵飲料というのも無視できない存在です。

そう、”お酒”。

お酒はみんな”アルコール発酵”しているのです。

酒粕だって、日本酒と一緒に造られる、いわば日本酒の兄弟のような存在。成分だってそう大きく違うわけではありません、多分。

日本酒の製造過程では、お米のデンプンを麹が糖に変える発酵と、その糖を酵母がアルコールに変える発酵、この二つの発酵が同時に行われています。

これを”並行複発酵”と言い、世界的にみると非常に珍しいお酒の製造方法です。

う~む、こういう複雑な発酵には、きっと他のお酒や発酵食品にはない、すごいパワーが潜んでいるのではないかと、ワタクシは睨んでいるのです。

科学的根拠はないけどね。

勘よ、女の勘!

昔から”酒は百薬の長”というのも、まんざらウソではないかも。

ただし、量が過ぎるといろんな臓器に負担がかかるので逆効果。

あくまでも”ほどほどのお酒”で、楽しく元気に過ごしましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の給食

120211_160030こんにちは。

寒い寒いと文句ばかり言っていますが、よく考えると今年の冬は風邪らしい風邪もひかずに過ごしています。

先週末の旅行でも、人込みでインフルエンザを拾ってくるのではないかとビクビクしていましたが、今現在発症していないので、なんとか逃げ切れたようです。

そうか、どうやら今年の冬は風邪をひかずに済みそう・・・。

いやいや、それは甘いっ!

そうだ、ワタクシは年末と春先、油断したころに風邪をひきやすいのでした。

思えば、あれは十五の春。

中学を卒業する数日前に風邪をひいたのです。熱を出し、1日か2日、学校を休みました。

卒業式の前の日、体調はほぼ快復。

卒業式の練習もあまりできなかったし、友達と学校で過ごせる時間もあとわずか。

そして、今日は”最後の給食”。

ここはビシッと登校して、中学生活の有終の美(?)を飾らなければっ!!

しかし、微熱が少し残っていたんですね。

翌日は寒い体育館で卒業式。そのすぐ後には、公立高校の入試を控えていたんです。

風邪をこじらせて、入試に差し支えてはいけないので、もう一日休むように親から言われ、泣く泣く学校を休んだのです。

ああ、一生の不覚。

運動会も、遠足も、修学旅行も、学習発表会も、イベント事は休んだことはなかったのに、最後の給食を食べ逃すとはっ!

高校や大学では給食なんてあるはずないから、これが本当に”人生で最後の給食”だったのに・・・。

みんな、どんなふうに最後の給食を食べたんだろう。

何か特別な事をしたりしたのかな?

そんなみんなの楽しい思い出のシーンに、ワタクシがいないなんて・・・。グスン。

まあ、よく考えると、

給食なんて、あまり好きではなかったんですけどね。

”春は名のみの風の寒さや~”

まだまだ寒い日が続いています。

どちら様も体調管理に気をつけて、最後の給食を食べ損ねるなんてことのないようにご注意ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プチトマトのヘタ

こんにちは。

主婦のみなさん、生のプチトマトを食卓に出す時、プチトマトの”ヘタ”ってどうしていますか?

外で食事をすると、大体ヘタが付いたまま出てきますよね。

その方が彩りがきれいだからだとは思いますが、あれって、食べにくくないですか?

当然ヘタは食べないわけで、プチトマトを食べる時はヘタを取り除かなければいけない。

そのために持っていた箸やフォークを一旦置かなければいけなくなる。

だから、自分で調理する時は、ワタクシは”あらかじめヘタを取る派”。その方が親切だと思っています。

120210_135927_2そんなことを考えたのは、プチトマトをたくさんいただいたから。

当然、このプチトマト達のヘタをワタクシは全部取り除くわけです。

それにしても、この大量のプチトマト、どうやって食べましょう。

きれいでおいしいプチトマトは、いつもお料理に華を添える存在ですが、主役になることってあまりない。一度にプチトマトをたくさん消費するにはどんな料理があるかしら・・・。

そしたら、さっき来た夕刊に載ってました。

メタボの改善に有効な成分がトマトにはあるんですと。

次に来るのは”トマトダイエット”!?

がんばって、トマト食~べよっと。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイテク化

120209_154349こんにちは。

柴田屋酒店の事務所で使っているコピー機が新しくなりました。

これまでのものは、コピーするだけのシンプル機能(?)でした。

ワタクシが来たときからあるから、少なくとも10年は使ったのだと思いますが、紙詰まりを頻繁におこすようになりました。

今度のはすごい!・・・らしい。

今までできなかった縮小機能がついた!

あ、それほどすごくない?いままでのがしょぼかったってことね。

で、ファックスとしても使えるし、スキャナーとして読み込んでパソコンに転送もできる・・・らしい。

そうすると、このブログに載せる画像も写真に撮らなくてもコピーして使うことができる・・・らしい。

へへへっ、機械音痴のワタクシ、こういった機器のチョイスは柴田屋酒店のOA担当の夫にお任せなのです。

普段、柴田屋酒店でそんなにコピーを使うこともないので、今のところは試しに数枚コピーをとっただけなのですが、こんなにいろんな機能があると言うことは、いろんな可能性が見えてくる。

う~ん、加速するハイテク化の波!

え~っと、あとは、使う人をハイテク化すればいいんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒横丁放浪記

120208_154639_2こんにちは。

東京・人形町に”甘酒横丁”という一角があるということを知ったのは、結構最近。

明治の初めにこの横丁の入り口に甘酒屋さんがあったことからこの名前が付いたのだとか。

甘酒カフェを始めてからというもの、やっぱり”甘酒”という言葉に敏感になってしまうのは致し方ないこと。

テレビで甘酒横丁の話題が取り上げられていると、ついつい見入ってしまいます。

たとえ、それが甘酒の話題ではなくても・・・。

玉ひで”という鶏料理屋さんの親子丼は絶品で、いつでも行列ができているとテレビが教えてくれます。

親子丼は作り方も簡単で、安上がりでおいしい。ワタクシも家でよく作ります。

でも、厳選された鶏肉に、ふわっふわの玉子。家庭では出せないプロの味。一度は食べてみたいものです。

で、行ってきました。昨日書いた天野屋さんの後に。

11時半のオープン前から、やはり店の外には長蛇の列。

ワタクシ達も45分くらい並んだかな?12時頃には着席出来ました。

おおーーーっ!なるほど~!!

歯応えのあるのと柔らかなのと、鶏肉は2種類入っています。つゆはお醤油の味がしっかりしますが、甘からず、辛からず。つゆの量も多すぎず、少なすぎず。まさに絶妙のバランス。

そして、とろ~り&ふわっふわの卵。ははーっ、玉ねぎなんて入れないのね。

う~む、表の行列は伊達じゃない。並ぶにはわけがあるってことです。

その後、これまた行列ができるので有名なたい焼き屋さんに向かいましたが、なぜかお休みで、がっかり。

予定を変更して、その先の人形焼き屋さんで人形焼きを買って帰りました。こちらも甘さ控えめの餡と昔ながらの製法で作られた皮の香ばしさがとっても美味しかったです。

人形焼きも本場だからね!

こんなグルメな東京の休日を過ごしましたが、みんな食べつくしてしまって画像がありません。

あ、夫が買った”酒悦”の福神漬が、まだ冷蔵庫にあったけど、ま、いっか?

知りたい方は→こちらでどうぞ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒万歳!!

120205_104305こんにちは。

念願叶って、行ってきました!

ぜひ行ってみたいと思っていたこの場所。

東京、神田明神の前の老舗麹屋さん、”天野屋さん”へ。

パッと見、ビルの谷間のとっても小さな古いお店。ここのどこで麹を作ってるの?って感じですが、それもそもはず。麹を作っているのは地下に掘られた麹室。

外気温の影響を受けない地下で麹を造っているんですね。

ま、工場見学はできないので、ワタクシもテレビで聞いた話なんですけどね。

120205_100508_2お店の横には甘味処もあって、甘酒やその他の和スイーツもいただけます。

でも、もちろん注文したのは”甘酒”。この地下で造られた米麹の甘酒です。

おいしかったですよ~。

甘さ控えめでクセのないお上品な味でした。

そうなのよ、こういうやさしい甘さの甘酒を全国の甘酒屋さんも造って欲しいと思うわけ。

世間には、喉がイガイガするほどの甘ったる~い甘酒って多いでしょ?それで敬遠されちゃったりするんですよね。

一緒にいった友人は持ち帰り用の甘酒の素も買ってましたが、ワタクシは家に帰れば売るほど甘酒があるので止めておきました。残念・・・。

でも、代わりに米麹をゲット!

これで赤甘酒造ったらおいしいぞ~。

「百聞は一見にしかず」

いえ、

「百聞は”一飲”にしかず」。

お勉強させていただきました~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしもディズニーランドのスズメだったら

120203_164944やあ、みんな!

ボク、スズメの”チュン太”。

千葉県浦安市の”舞浜”っていうところに住んでるんだ。

舞浜には、ボクの仲間のスズメ達だけじゃなく、ハトやカモやカラスや、いろんな鳥が住んでるんだ。

時々、暴れん坊のカラスにいじめられることもあるけど、大体はみんな仲良く暮らしてるよ。

えっ?どうしてみんな仲良しかって?

だって、ここには食べ物がいっぱいあるんだ。食べ物の捕り合いで喧嘩する必要がないんだよ。

どうして、食べ物がいっぱいあるかって言うと~、

120203_142503この巨大なネズミ、”ミッキー”のおかげなのさ。

彼は、人間程の背丈があって、人間の言葉を話す。

彼は、人間たちの間では人気者なんだ。

人間たちは、みんな彼に会うために、舞浜にやってくる。

そんな人間たちが、ここで買ったおいしいお菓子やご馳走をボク達におすそわけしてくれるってわけさ。

ボクの大好物はポップコーン。

キャラメルやチョコレート、イチゴにカレー。いろんな味のポップコーンがあって、その日の気分で食べ分けてるよ。

でも、最近ちょっと食べすぎてメタボ気味だから、カロリー控えめの塩味かブラックペッパー味で我慢してる。

先週は”ぴーちゃん”とかいう人間が来たよ。

120203_135302ダイエッターのボクの目の前で、こんなにおいしそうな物を食べてた。

でも、ぴーちゃん、かなりケチだよ。

あんな大きなお菓子をボク達に一口もくれずに、全部たいらげちゃったんだ。

ふふん!ダイエッターはボクだけじゃないってこと、忘れちゃいませんか?

頭に来たから、この日ばかりはメープル味のポップコーンをやけ食いしてやった。おかげで一週間続けたダイエットが台無しさ!

そんなわけで、ここを”夢の国”だと思ってるのは人間だけじゃない。ボク達トリの仲間にとっても夢の国なんだ。

ここで暮らしてるボク達はとってもハッピーなのさ!

そういえば、ミッキーの友達の”ドナルド”っていう巨大アヒルがいる。

彼がポップコーンを食べてるところを見たことないけど、どうしてアヒルがあんなに大きくなっちゃったのかな?

今度会ったら、彼にもダイエットを勧めてあげよ~っと。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

後ろの正面

こんにちは。

ひまわりはお日様に向かって咲くと言いますが、お日様に向かって咲く花はひまわりばかりではないようです。

120202_153218_2柴田屋酒店の菜の花も、お日様の方を向いています。

生け花の習い初めに、まず、”花の正面”というのを習いました。

どんな花、どんな枝も、お日様に向かって伸びていく。だから、ぐる~っとひと回り眺めてみると、「こちら側にお日様がありました」という位置がわかるはず。

それがその花の正面。その花の一番美しい角度。

我が家の菜の花も、この法則にのっとってお日様の方に向かって咲こうとしています。

少し前に、ちょっといじわるをして、プランターの向きを前後逆にしてみたんです。花がみんな北側を向いた状態です。

そしたら・・・

120118_153448やった!真っすぐになった!

このまま真っすぐ育ってくれたら、切り花にしても活けやすいと思ったのですが、それも束の間。

その後、やっぱり南側に頭を傾げて、一枚目の画像が今の状態。

なんでそんなにお日様の方を向きたいの?

紫外線は女の敵。ワタクシなんて、常日頃からお日様を避けて、日蔭の生活(?)を送っているのに。

お日様に顔を向けるなんて、ああ、恐ろしい、恐ろしい・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢屋酒造・酒蔵開放

こんにちは。

まずは、”甘酒カフェ ゆふ”から臨時休業のお知らせ。

まことに勝手ながら、”甘酒カフェ ゆふ”は、下記のとおりお休みさせていただきます。

2月3日(金)、4日(土)・・・臨時休業

2月5日(日)・・・定休日

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

尚、柴田屋酒店は通常営業しております。(日曜定休日)

さて、最近、日本酒関係のイベントのお知らせが続き、「そうか、これは酒屋さんのブログなんだ!」とようやく気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、

そうです。これは実は酒屋さんのブログです。

そして、世はまさに今、”新酒の季節”!

今日もお知らせしちゃいましょう!!

120131_164115恒例、”伊勢屋酒造・酒蔵開放”

酒屋さんが造る東三河の地酒”酛々”や”公楽”でお馴染の伊勢屋酒造さんの酒蔵見学会が来る2月19日(日)午前10時から正午まで開催されます。

甘酒や豚汁でのおもてなしや抽選会、また、当日のみ限定で販売される日本酒など、お楽しみもいろいろ。

みなさんお誘い合わせのうえお越しください。

(詳しくは→こちら

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みします

120130_165032こんにちは。

まことに勝手ながら、”甘酒カフェ ゆふ”は、下記のとおりお休みさせていただきます。

2月3日(金)、4日(土)・・・臨時休業

2月5日(日)・・・定休日

(「おっ!」と思ったアナタ、かなりの”ぴーちゃんツウですね。そうです。その通りですよ)

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

尚、柴田屋酒店は通常営業しております。(日曜定休日)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大発明!

120201_133512こんにちは。

お酢やしょう油、ドレッシングなどを開封する時、キャップを開けると、大抵は輪っかが付いていて、それをそーっと引っ張ると口が開いて、そこから注ぐようになっていますよね。

それが、知ってます?最近買ったドレッシングは違ったんです。

キャップを開けると丸く平らに封がされていて、引っ張る所がありません。ラベルをよく見たら「カチッと音がするまでキャップを右にまわしてください」。

そのとおり、ギュッとキャップをひねると「カチッ!」と音が。

キャップを逆にまわして取り外し見てみると、丸く穴が空いています。

どうやら穴を塞いでいた部分はキャップの側にはめ込まれたみたい。キャップの内側にドレッシングが付いています。

おおーーーっ!これはすばらしい!

だってですよ。

120201_133542従来のやり方のって、これ(→)が出るのが厄介じゃないですか?

特に、ドレッシング!

席に着いて、食べるばっかりになって、ドレッシングを開けたらこれがゴミとして出現。

ドレッシングが付いてるから、テーブルに置いといて変な所を汚すのも嫌なので、席を立って捨てに行かなきゃいけない。

ちょっと煩わしい存在なんです。

このキャップが普及すれば、こんな面倒も解消。

その為に考え出されたんですよね~。考えた人、偉いっ!

これから、こういった液体調味料のキャップの開封はみんなこうなっていくのでしょうか?

大いに期待しちゃうもんねっ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »