« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

電車でGO!

120130_165130こんにちは。

日本酒好きで、ウォーキング好きなワタクシみたいな人のために、名古屋鉄道さんがこんなイベントを企画してくださいました。

”名鉄沿線、三河の酒蔵を旅する 「三河の酒紀行」”

名鉄電車で酒蔵の近くの駅まできてもらって、駅から酒蔵まで3Km程度の道程を散策してもらって、酒蔵の見学や試飲などをして、また電車で帰ってもらうといイベント。

そうですよね。車で行ったら、ドライバーさんは試飲できないですからね。

でも、あんまり飲みすぎると、歩いて駅まで戻ってこれないって話もありますが・・・、

多分、そんなに酔うほど試飲させてはもらえないと思います。

なぜなら、タダだから。

今度の土曜日、2月4日の丸石醸造さん(岡崎市)を皮切りに、2月18日(土)の山崎合資さん(西尾市)、3月4日(日)の福井酒造さん(豊橋市)と、三つの酒蔵で開催されます。

120131_155728このうち二つのコースを制覇してスタンプを集め、応募すると、抽選で美味しい地酒のプレゼントもあるそうです。

(参加方法等、詳しくは→こちら

う~む、なんていい企画なんだ!

電車で酒蔵ね。

新酒の季節だしね。

これで日本酒好きが増えるといいな。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動発熱システム

120130_154455_2こんにちは。

冬の柴田屋酒店、ほとんど暖房を入れることがありません。

なぜなら・・・

でっかい冷蔵庫があるから。

冷蔵庫は庫内は冷たいのですが、その上部からはかなりの熱を発しています。その熱を外に逃がすように壁側に換気扇が取り付けてあるんです。

だから、冬以外は換気扇を回して熱を屋外に送りだしています。

120130_154510冬場は、この熱をなんとか店内に取り込めないかと夫が工夫をこらして、冷蔵庫の上部の隙間に、こちら側に向けて風を送る小さなファンを取り付けました。

そのお陰も多少あるようで、店内の温度はある程度の暖かさを保っています。

日中なら15、6度。多少厚着をしていればそんなに寒くはありません。

で、どうしても寒い時は・・・

”動く!”

そう、寒い人は自分で発熱するというシステムを採用しております。

でも、今週はこの冬最強の寒波がやってくるらしいです。

だから、そんな時は・・・

”すっごく、激しく動く!!”

ですので、ここ2、3日の内に柴田屋酒店に来店される方は、激しい運動をしてからお越しください。

もし、アナタが柴田屋酒店にやってきて、店内に暖房が入っていたら・・・

ヤッタ~!アナタはかなりの強運の持ち主です!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけまつけたい

120128_160446こんにちは。

普段、音楽をあまり聴かないワタクシ。

”最近のヒット曲”に触れるのはテレビのCMか、日曜日に車で出かけた時のカーラジオのFM放送。それもそんなに長時間ではなくせいぜい1、2時間。

最近、日曜日の車の中で、その1、2時間の間に必ず流れてくる曲があります。

きゃりーぱみゅぱみゅの”つけまつける”という曲。

ワタクシが週に一度1、2時間聴くラジオから、毎回流れてくるということは、1つの放送局で一日に何度も流しているということ。よっぽどヒットしてるんだね~。

でも、ヒットの理由はなんとなくわかります。

きゃりーぱみゅぱみゅの声も、曲のアレンジも、とってもカワイイ!

しかも、同じフレーズを何度も繰り返す。

インパクトがあって、すぐに覚えられて、頭の中をこのフレーズがグルグルとまわっちゃうんですね。

あ、ご存知ない方のためにご説明しますと、”つけま”とは”つけまつげ”のことのようです。

そんなに若い女の子はみんなつけまつげを付けてるのかな?あまり見かけないのは、自分のまわりにそういう年頃の女の子がいないから?

あれで、目がぱっちりとして見えるのかな?

ワタクシがそういう年代の頃はつけまつげなんて流行ってなかったし。

でも、売ってるのを見たことはあるから付けてる人もいたんだ。

若い子が付けてた?

いや~、見たことないな~。

そもそも、あれって、若い子が付けるものなのかな?

どうやって付けるんだろう。気になる・・・。

う~む、一生に一度くらい付けてもみてもいいかも。

あ、笑ったな。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”損はさせない有料試飲会”

120127_160638こんにちは。

いや~、待たせちゃったね~。

今年も開催します、”東三河の酒蔵を知る会”。

ちょっと真面目そうな日本酒の会だと思われるかもしれませんが、わかりやすく言うならば”有料試飲会”です。

もっとわかりやすく言うならば、”損はさせない有料試飲会”。

だって、だって、東三河の酒蔵が勢ぞろいで、

更に今年はそれ以外にも特別参加の酒蔵があって

各蔵の杜氏さんも参加して

それらの酒蔵の美味しいお酒を試飲し放題で、

美味しいおつまみも付いてて、

美味しい日本酒が当たる大抽選会もあって

そして、そして・・・・・・

会場にはぴーちゃんもいる!!

あ、これ、去年も使ったオチですね。はい、失礼しました。

日程は3月18日(日)、午後5時~7時。豊橋駅前の名豊ビル本館7階ホール。(参加酒蔵等、詳しくは→こちら

入場券(¥3000)はすべて前売りです。当日販売はありません。また、入場券の販売は、定員250名になり次第終了いたしますので、お早めにどうぞ。

柴田屋酒店でも販売しておりますが、その他の販売店については豊橋小売酒販組合(TEL0532-46-4086)にお問い合わせください。

とにかく、年に一度の”東三河の酒蔵の祭典”。みなさんぜひ参加してください!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご報告

こんにちは。120121_184735_2

例の塩麹造り
が完了しましたのでご報告させていただきます。

といっても、これまでに塩麹や塩麹料理を食べたことがなかったので、これで出来上がっているのか、この味でいいのかはよくわかりません。

冬場は仕込んで約10日間放置すればいいということだったので、とりあえず10日が過ぎたということです。

完成初日はカキと白菜のお吸い物に入れてみました。白麹とお酒で味付け。

なるほど!まろやかなお味でカキの出汁の美味しさが際立ちます。甘味も感じます。

いいね、いいね~。

120123_191809次の日は、おからの煮ものに入れてみました。

お醤油の代わりに塩麹をいれようと思いましたが、あまりに色が白かったのでちょっとだけお醤油も入れました。

お砂糖は控えめにしましたが、塩麹のまろやかさのおかげか、十分甘味も感じました。

うん、これも優しいお味。いいですね~。

昨日は、おでんの味付けに使いました。

これまた、色が着かないのがちょっと寂しかったので、お醤油を少々足してしまいました。へへっ。

そして、今日は・・・

もちろん”おでん”。昨日の残り。

ただし、昨日とは多少違うところがあります!

昨日より味が染みてる。

成り行きまかせかいっ!へへへっ。

そして、明日は、

さらに味が染みた”おでん”。ははは・・・。

でも、シンプルな味付けっていいですね。素材の美味しさが引き立つ感じ。

次は塩麹鍋に挑戦しようと思ってます。

でも、とりあえずその前に、おでんを片付けないと。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方発送、致しかねます。

120125_155522_2こんにちは。

今年もいよいよ始まりました。

東三河の酒屋さんが造る地酒・純米大吟醸”酛々(もともと)”の今年度第一弾、”活性にごり”が入荷しました。

活性にごりは、お酒を搾る前に、樽の中でまだ発酵途中のお酒をすくって瓶詰めします。

だから、酵母菌も麹菌もまだまだ元気。発酵途中に発生する炭酸ガスもまだまだ健在。

120125_155421瓶を揺すると、ガスが浮かんできます。スパークリングワインのガスと同じです。

これ、激しく揺するとガスの圧力でふたが吹き飛ぶ恐れがあります。だから、そ~っと、そ~っと扱ってください。

その為、残念ながら、地方発送は致しかねます。

また、間違っても自転車で買いに来たりしないようにしてください。残念な結果になることは間違いありません。

そして、そ~っと、そ~っと置いておくと、やがて白い物質が沈殿してきます。この”にごりの素”、これは酒粕です。

お酒を搾る前の樽からすくったので、酒粕もまだ混じったまま。

だから、活性にごりは”酒粕入り日本酒”(?)。

酒粕の美味しさも栄養もそのまま残ってるんです。

身体に良い日本酒(?)、純米大吟醸・酛々の活性にごり。

数量は超限定です。お早めにどうぞ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメ出しされる

120123_132016こんにちは。

ちょっと前に枝の剪定をした我が家のブルーベリーの木、2本。

今年もたくさん花が咲いて、たくさん実がなるようにするためには、今、思い切ってバッサバッサと枝を落とすこと。

枝や葉っぱが密集し過ぎると、風が通りにくく、病気の原因にもなります。

古い枝をたくさん残して木を大きくするよりも、木が健康で栄養が行き渡りやすい状態を作ってあげるほうが大きくて美味しい実が採れるからです。

と、言っても、植木の剪定なんてド素人ワタクシ。いろいろ調べて適当にやっております。

それでもなんとか育っていてくれる我が家のブルーベリーちゃん、なんてキミ達はお利口さんなの!

でも、そんなワタクシにも、実はブルーベリーの指導をしてくださる心強い味方がいるのでした。

ブルーベリー博士”です。

しかし、博士は神出鬼没。いつも忘れたころにふらっとワタクシの前に登場するのでした。

(多分、家人に訊けば、博士のお宅を知っているとは思いますが)

昨日も、突然現れました。

柴田屋酒店に来店された老人会の集団の中に紛れ込んで(?)いたのです。

店から出ると、たまたまブルーベリーのところにいたワタクシに歩み寄り、いきなり指導が始まりました。

ダメ出しされました。

すっごい思い切って切ったつもりだったのに、まだ足りなかったみたい。もっと切らないとドンドン大きくなって倒れてしまうとのこと。

そして、切る場所はこっちに枝が延びて欲しいと思う芽の上で切るようにとのこと。

120123_132716ふむふむ、な~るほど。

またまた勉強になりました。

さっそく、言われたとおりに切ってみました。微妙な違いわかります?

「博士、これでいいですか?」と訊こうと振りかえると、もうそこには博士の姿はありませんでした。

博士、今度はいつ来てくれるのかな?

まだまだ未熟なワタクシに、またダメ出し、お願いしますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹んでお知らせいたします。

こんにちは。

あんなに「買え買え買え買え」とテレビや新聞で宣伝をしたのだから、最後まで責任を全うしてほしいと思うのです。

”お年玉付き年賀はがき”。

昨日が抽選日だったって知ってます?

昔は1月15日の成人の日が当選番号の抽選日と決まっていたのに、成人の日がハッピーマンデーになったからでしょうか?1月15日じゃないんですね、今。

それも、毎年日にちが違う。

一月の第四日曜日ってことなのかしら?

120123_134132で、今日の朝刊の片隅にこっそりと載っております。

これは、新聞社が新聞の記事として載せたということですね。

まあ、宝くじも同じように新聞の片隅に当選番号が載るわけですが、あれは「当てたい!」と思う人がわざわざその為に買うのだから、ちょっと性質が違うと思うのです。

こうひっそりとやってると、ついつい見落とす人もいると思うのです。

もっと、ぱ~っと、「結果発表~!!」みたいに盛り上げれば、お年玉年賀状の娯楽性が消費者に伝わって、いいんじゃないの?

売りっ放しじゃなくてアフターケアみたいなのもあっていいんじゃないの?ほら、もう民間企業なんだからっ。

柴田屋酒店でも年賀はがきを販売しておりましたので、謹んでここにお知らせされていただきます。

(さらに更に詳しくは→こちら

それにしても・・・

う~ん、迷うな。

何もらおうかな。

もし当たってら。

(ワタクシも、まだ見てないのでした)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの人は今

120121_160750こんにちは。

今日、吉本新喜劇を見ながらお昼ご飯を食べていて、なぜだか急に頭に浮かんだ顔がありました。

「あの人、しばらく見てないけど、何て名前だっけ?

台湾か香港出身の男の人で、メガネかけてて、ひょろっとしてて、片言の日本語話して、”電波少年”に出てた・・・、」

答えが浮かばないうちに、もうひとつ顔が浮かんできました。なんという集中力の無さ。

「あの女の子、何て名前だっけ?台湾の出身で、ウッチャンナンチャンの番組に出てて、キャイーンの天野君と三人組で歌出して・・・。

”ブラックビスケッツ”だ!曲は”タイミング”。千秋の”ポケットビスケッツ”に対抗して出したんだ。

アーッ!”タイミング”のサビまで頭に浮かんでるのに名前が出て来ないーっ!!

中国系の名前。そう、”〇〇・〇ー”みたいな。苗字は”リー”それとも”チャン”?」

その時、テレビCMで画面に映し出された”vivi”の文字。

「なんという”タイミング”!そうだ、思い出した。

”ビビアン・スー”だ。

うは~っ、すっきりした~。

けど、それで、メガネかけててひょろっとして、電波少年に出てた、松本明子と一緒に、えーっとぉ・・・。

ダメ。全く浮かばない。

人の名前が思い出せないというのは老化現象?。その人に関することはいくらでも思い出せるのに、なぜ、名前が浮かばないんだ。このままワタクシの脳味噌は硬化していくのかしら・・・。

う~~~~~ん・・・。

あ、”〇〇・〇ー”みたいなのじゃない気がしてきた。

う~~~~~ん・・・。

あーーーっ!!思い出した!

やったぁ。すっきり~」

思い出せるか出せないかじゃなくて、思い出そうとすることが大切らしいですよ。日頃からの”脳トレ”が大切ですね!

ん?

まだすっきりしてない人がいる?

じゃあ~、

答えは→こちら

(注:ちゃんと考えてから答え合わせをしましょう)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦仲

120120_155837こんにちは。

なぜかわからないのですが、「夫婦仲がいい」とよく言われます。

ふたりで車庫から出てきただけで、近所の人に「まあ、いつも一緒で仲がいいわね~」などと声を掛けられたりします。

仲がいいから一緒に車で出かけたわけではなく、配達の荷物が多いと積み下ろしに時間がかかるので、アシスタントとして付いて行くというだけのことで、仕事なんですが・・・。

大体、私用で外出する時にふたりでエプロンしてかないでしょ、普通。

名古屋から田原に嫁いできたワタクシ、結婚当初はまったく土地勘がなかったので、連れて行ってもらわないと何処にも行けなかった。

そして、田原に知り合いが一人もいなかったので、いろんなところに退屈しのぎに付いて行った。

それらのことが仲良し夫婦と思われている要因と考えられます。

って、何も真剣に分析することもないのですが・・・。

逆に、じゃあ世間にはそんなに仲の悪い夫婦が多いの?とワタクシは思ったりします。

日頃、喧嘩ばかりしているご夫婦もあるようですが、喧嘩するのってかなりのエネルギーがいりませんか?

「ヘタに喧嘩を売って、エネルギーを使って、結局自爆するようなことになるなら、多少腹が立っていても穏便に済ませておいた方が身のため」

日頃からそんなふうに思っている

と思います。

夫は。(?)

もうすぐ10年。いろいろと学習したみたいねっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”こうじ現場”から

こんにちは。

いつもご飯を食べながら見ているNHKのお昼の番組”ひるブラ”。

毎回全国各地からの生中継で、ローカル色豊かな話題が取り上げられるのですが、今日は、今、ワタクシが一番気になっているホットな場所からの中継でした。

東京の”神田明神”

の前の麹屋さん、天野屋さんの”こうじ現場”からの中継でした!

ちょっと前にネット検索で見つけて、すっごい気になっていて、今度東京に行ったら絶対に寄ってみようと決めてたお店です。

昔、神田明神界隈には、この天野屋さんの他にもたくさんの麹屋さんがあり、地下に麹室を掘ってそこで米麹を造っていたそうな。

この麹の聖地、米麹の甘酒の聖地とも言えるこの場所に、甘酒カフェを営むこのワタクシが行かずしてなんとしよう。

これで、予習はバッチリね!

折からの塩麹ブームを受けて、番組では塩麹料理のレシピなども紹介されました。

120116_132825現在、塩麹造りにチャレンジしているワタクシにとって、なんとタイムリーな話題。

ありがとう、NHKさん!

受信料払っててよかったよ~。

かくして、今週末には仕上がる予定の塩麹の出来がますます楽しみになり、キリンのように首を長が~くして完成を待つワタクシなのでした。

ワクワク、ワクワク・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーマーケットの法則

こんにちは。

スーパーマーケットの売り場の配置というのは、大体どのお店も似ています。

まず、入り口近くに野菜や果物。壁に沿って奥に進むと、突き当たりは魚と肉。そこまで行く途中にお豆腐屋や漬けもの。

突きあたりを壁に沿って引き返すと総菜や乳製品、冷凍食品。出口近くになるとパンや生菓子。店舗の中央は乾物や調味料、その他の物。

スーパーを普段から利用している人は、自然とこの”スーパーの法則”が頭に入っているもんです。

ところが、普段スーパーに行かない人は、この法則がわかってないんですね。

夫と外出した先で、「スーパーに寄ってあれを買っていこう」と立ち寄った場合、夫はなんの当てもなくグングンと奥に入って行ってしまう。

「ちょっとちょっと、そっちじゃないって!」

見なくてもなんとなく場所がわかってしまうこちらとしては、なんともまどろっこしいというか、面倒臭いというか、”黙ってワタクシに付いてらっしゃいオーラ”を発しないといけないわけです。

野菜があって、肉があって・・・という並び順には、どんな理由や意図があるのか知りませんが、買う方としても効率がいい、ありがたい”お約束”。

「サッサと買い物済ませて帰るわよ~」という主婦には大助かりなのです。

120118_155906_2さて、じゃあ、うちのお店、柴田屋酒店の場合はどうなのかと考えますと・・・。

スーパーとは、売り場の面積も扱う商品の数も販売の形式も全く違うので、比べる対象にはなりませんが、お客様が見やすい、そして、お客様に楽しんでいただける売り場を作っていかなければいけないなと、たまには真面目に考えるのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳶色の瞳

120117_161024こんにちは。

以前、インドネシアからの交換留学生ジェーンが我が家に滞在した時のこと。

ジェーンはワタクシの瞳の色が茶色い事を指摘して、

「インドネシアでは茶色の瞳がキュートなの。若い女の子の間では茶色のカラーコンタクトレンズを入れるのが流行りなの」

と話してくれました。

あ~、なるほど。ああいう暑い国の人は瞳の色が真っ黒だから、ちょっと茶色っぽいのが”外人っぽい”ってことなのかしら?

白色人種ならば、瞳の色が茶色の他にも青とか緑とかあって、美人の条件には瞳の色も含まれるのだと聞いたことがあります。

確かにブルーやグリーンのキレイな瞳のガイジンさんと面と向かうと、思わずじーっと瞳を覗き込んでしまうことがあります。

ワタクシの瞳の色は日本人ではどちらかというと薄い方のようです。普段そんなこと意識はしていませんでしたが、他人に指摘されたことが何度かあり、言われて初めて気付いたのでした。

それでも日本人同士で瞳の色をああだこうだと話し合う機会もあまりなく、特に茶色い瞳の色が自慢でもコンプレックスでもなく生きてきました。

それが突然「キュートだ!」と言われました。

そりゃ、悪い気はしませんよ~。

ジェーン、長い間埋もれていたワタクシのチャームポイントを、よく発掘してくれましたね。ありがとう!

インドネシア限定だけど。(?)

AKB48の姉妹グループのJKT48というのがインドネシアで結成されたとか。

若くてキュートな彼女たちも、やはり鳶色の瞳に憧れてカラーコンタクトを入れたりしているんでしょうか?

ふふっ、ふふふふふっ・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若さの泉

120116_160736_2こんにちは。

休日の昨日は、我が家の草花の剪定作業。

春が来る前に古くなった枝葉を落としておかないと。

が、

モサモサしてたのが急になくなって、なんだか寂しい。

決して切りすぎたわけではないのですが、寒々しくなっちゃったなと眺めていたら、見落としていたひと鉢があったことに気付きました。

120116_160847_3なんていう名前ですか?これ。よく花屋さんで見かけますけど、買ったことはないんです。

去年の春か初夏の頃だったと思います。

花の苗の会社で働いている人で、時々、「お願いだから貰って~」って感じで花をくださる方がいるんです。

例によって「ごめんね~。もらってくれる~?」って感じで置いていったんです。確かに、ちょっと育ち過ぎて売り物にならない感じでした。

折角だから、伸びすぎたところを刈り込んで、少し大きめの植木鉢に植え替えて、店の前に並べたんです。

思えば、それからずーーーーーっと咲いてる。

夏の終わり頃、もう一回刈り込んだ記憶がありますが、とにかくずーーーーーっと咲いてます。

涼しげな青だから夏の花だと思っていて、去年は秋も暖かかったからまだ咲いてるんだと思っていましたが、今だその勢いは衰えることなく美しく咲き続けています。

恐るべし、名前も知らぬ花よっ!

あ、名前知らないのはワタクシだけかしら?

そうですね~、もし、この花に名前をつけるとしたら・・・

”若さの泉”(←なんかのパクリだっ!)

その美しさが衰えることなく咲き続ける不老不死の花、なんちゃって~。

あー、あやかりたい、あやかりたい、あやかりたい・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒でポッカポカ

こんにちは。

寒い毎日が続いておりますが、最近は”温活”というのがちょっとしたブームらしいです。

”温泉活動”ではありません。

冷え症や低体温の人が多い現代、「美容と健康のために身体をもっと温めよう」という活動です。

ま、温泉に入るのも温活のひとつかもしれません。

そしたら、そしたら~、甘酒飲むのも温活じゃないですかぁ?甘酒飲むとポッカポカに温まるもんねっ!

夏の間は、「甘酒は本当は夏の飲み物。江戸時代の人は夏バテ予防に甘酒を飲んでたんです」というようなこと申してきましたが、やっぱり冬は甘酒ですよ。なんてったって温まるもの。しかも栄養満点。

要するに夏も冬も甘酒なんです。

今日、初めてこのブログをご覧になった方、なぜワタクシがこんなに甘酒を熱く語っているのかと思われたかもしれません。

では、ご説明いたしましょう。

柴田屋酒店には甘酒カフェが併設されておりまして、柴田屋酒店の店内で甘酒を召し上がっていただけるのです。

それもタダの甘酒ではない!

有料なんです!

あ、そういうことじゃなくて、えーっと・・・、

いろんな甘酒が飲める世界初(?)の甘酒専門のカフェなんです!!

さあ、甘酒好き、あつまれ~っ!

え~、逆に言えば、甘酒系の飲み物しかメニューにはありませんので、甘酒が嫌いな方はいらっしゃらにない方がよろしいかと思います。

ま、甘酒嫌いさんも、うちの甘酒を飲んだら甘酒好きになっちゃうかもしれないけどね。ふふっ。

120114_155716_2などと、ちょっと挑発的な態度にでたのは、久しぶりに今日、表の黒板を書きなおしたから。

(なんのこっちゃねんっ!)

そんなわけで、温活中のみなさん、ご来店、お待ちしてま~す!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年やり残したこと

120113_151816こんにちは。

「枯れ木も山の賑わい」と申しますが、

お店の前に、あまり枯れたような植木鉢を置いておくのもよくないので、手入れをしなくちゃいけないな~と、去年から思っていましたが。

12月に入ると、いろいろとしなければいけないことが他にもたくさんあったし、寒いし、寒いし、寒いし・・・。

そんなこんなで、来年になったらやろうと思っていた庭の植物達の手入れを、やっと最近ボチボチと始めております。

120113_152102「冬来りなば春遠からじ」と申しますが、

あんな枯れちゃったかのような草花でも、ほらっ!中の方では、ちゃんと新しい芽が育っていて、密かに春の訪れをまっているんですよ。

植物って偉いね~。

これは”だるま菊”という種類の菊です。菊は多年草なので株を残しておけば何年でも花を咲かせます。

120113_152647_6かわいい新芽にテンションが上がって、思いきりジョキジョキ。

お~っ、すっきり!

”新春”って言うくらいだから、もう春なんですよね。

なんだか、これで、ワタクシの平成24年がやっと動き出した気がするなっ。

と言っても、まだ去年やり残したことを片付けてる状態ですが・・・。

そして、この片付け仕事はまだまだ続くのであった。

そして、去年やり残したことはこの他にもたくさんあるのであった。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麹中毒

120112_155605こんにちは。

最近、”塩麹”という言葉をよく目にします。

麹は日本酒造りでも、甘酒造りでも使われているので”麹”といいう文字には自然と目が行きます。

でも、「ふ~ん」くらいでそんなに関心は持っていなかったのですが、2、3日前に新聞で取り上げられているのを目にしました。そしてその後、ニフティの”検索急上昇”にあがっているのを見たものだから、さあ大変。

急に気になりだしました。

基本、ミーハーだからね。

造り方を調べてみたら、乾燥米麹と塩と水を混ぜ合わせ、常温で時々かき混ぜながら数日置けばできるとか。

なんだ、米麹の甘酒を作る手間に比べれば、超簡単だ。

使い道は、野菜や肉や魚を粕漬けのように漬けこんでもいいし、塩やしょう油の代わりの味付けとして使ってもいいとか。

しかも、冷蔵庫で半年くらいは保存できるとか。

同じ米麹を使うのに、造るのも保管するのも結構温度管理が大変な甘酒とは大違いです。

塩味の発酵調味料か・・・。

米麹の甘酒だって、発酵の力で造り出されたからやさいしい甘さ。しかも体にもよくて、お料理の味付けにも使われています。

その塩味版ってこと?

なんだか、よさげ~。

さぞかしまろやかな塩味なんだろうな~。そりゃ、美味しいに決まってるよ~。

発酵食品好きのワタクシのツボにハマらないわけがないのであります。

早速米麹を買ってきて造ってみようと思ったら、昨日いったスーパーでは米麹は売り切れ。みんな、塩麹造りを始めたのかな?

出来上がった塩麹も売られていましたが、やっぱりこういうのは自分で造らなきゃ気が済まない性質なのであります。

今日は別のスーパーで買えたので、今晩早速仕込んでみようと思っています。

楽しみだな~。ちゃんとできるかな~。

ちゃんとできたら、また後日ご報告させていただく・・・かも。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒猫ミミの旅

120111_135414こんにちは。

小学校の時、初めて飼った猫が”ミミ”という黒猫でした。

初めて接する小さくてフワフワのその生き物が、幼心に可愛くて可愛くて仕方なく、引っ掻かれようが噛みつかれようが、いつも傍に寄り添っていました。

そんなミミが、ある日突然いなくなりました。

雌猫なので普段からそんなに遠くに出掛けることはなく、夜にはちゃんと帰ってくるのが常でした。

ワタクシと姉は何日も家のまわりを捜しまわりましたが、ミミは見つかりませんでした。

それもそのはず。

実は、ミミは捨てられたのです。

ミミが外でノミを拾ってきまして、祖母がそれに異常に反応したのです。

「布団にノミがいる」といって夜もよく眠れなくなってしまったのです。

ミミが祖母の布団でだけ寝ていたわけではなく、他の家族は誰ひとりノミの被害に遭っていなのですが、なんだかモゾモゾして寝ていられないと言いだしました。

戦中戦後のノミだシラミだという時代を生きてきた祖母にとって、ノミの存在というのはとても不快なものだったのでしょう。

当時もペットのノミとりシャンプーのような物は売られており、それらを試してみましたが、現代のものと比べると気休め程度のものだったようです。

母が泣く泣くミミを捨てにいったのは、うちから車で10分程いったところにあるショッピングセンターの近くでした。

1年か2年が過ぎたころだったと思います。

最初は、必ず帰ってくると信じていたワタクシ達も、もうその望みは叶わないのだと悟り始めたころでした。

突然、ミミが帰ってきました。

母がそのショッピングセンターに買い物に行って、偶然ごみ捨て場でゴミをあさっているミミを見つけ、連れ帰ってきたのです。

ワタクシが学校から帰ると、ミミは久しぶりにお腹いっぱいご飯をもらったところでした。

ワタクシはランドセルを背負ったまま、少し痩せたミミを抱きしめてワーワーと泣きました。

ミミはちゃんとワタクシを覚えていて、以前いつもそうしていたように、ワタクシの鼻の頭をぺろぺろと舐めました。

それから、何事もなかったかのように、以前と変わらないミミの穏やかな生活は何年か続きましたが、その長旅の影響が肉体的にも精神的にもあったのか、そんなに長生きはせずに天国に旅立って行きました。

ミミがあの時、本当は捨てられたんだと言う話を聞いたのは、祖母が亡くなってからのことです。

その後、何匹か猫を飼いましたが、ミミは歴代の猫の中で唯一”旅に出た伝説の猫”として後輩猫達の尊敬を集めました。(?)

今日の”ねこめくり”の黒猫のまんまるで吸い込まれそうな目を見ていたら、久しぶりにミミのことを思い出しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他人じゃないのに

120110_160055こんにちは。

田原産コシヒカリで造ったお酒、純米大吟醸”優”。

今、柴田屋酒店には二つの優が存在します。

この前入荷したばかりの新酒の優(生酒)と、五年前に仕込んで、ちょっと前に古酒として新たに販売を開始した五年古酒の優です。

いろんな銘柄の日本酒を飲み比べるというのも楽しいですが、同じ銘柄で新旧のお酒を飲み比べるというのも、これまた楽しいものです。

古酒の保管方法というのにも2種類ありまして、

冷蔵庫のような温度変化のほとんどない所で低温で保管する方法と、土蔵のように日の当たらない場所で外気の急激な温度変化は受けないものの、季節の移り変わりによる緩やかな温度の上がり下がりのある状態で保管された場合。

この二つを比べると、前者の方が味や香りや色の変化が少ないです。

後者の方は、知らずに飲むと驚きます。

そして、「これでいいのだろうか・・・」と思いながら飲み続けると、「これはこれでありかも・・・」となり、そのうち「たまにはこういうのもいいよね」とクセになったりします。

優の五年古酒は、ズバリ!後者です。柴田屋酒店の土蔵で5年間眠っておりました。

いい味、出してますよ~。ふふふっ・・・。

これ、売る方もちょっと勇気がいります。

「なんだ、こんな古い酒を売り付けてっ!」などと怒られないように、売る前にいろいろと前置きをしなければいけません。

だから、こうやってブログでもクドクドと説明しております。

そんな、”親戚のようであり、まったく他人のようでもある”新旧の優の飲み比べ、一度お試しあれ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”フライングゲット”について考える

120109_160703_3こんにちは。

今朝、夫が突然言いました。

「フライングゲットとジャンピングキャッチはどう違うんだ?」

フライングゲットは去年大ヒットしたAKB48の曲。ジャンピングキャッチは野球などのスポーツで高く打ち上げたボールをジャンプして捕ること。

「やっぱり!?」

実は、年末の歌番組などでこの曲を聞くたびにワタクシも同じ疑問を抱いていたのです。

「飛びながら捕るだから、ジャンピングキャッチと一緒なんじゃないの?」

「でも、jumpとgetの動詞が並ぶのはおかしい」

そんなことを話し合いましたが、結論はでませんでした。

その後ワタクシが店に出勤すると、一足先に出勤していた夫が言いました。

「わかった!”フライングする”のフライングだよ」

そんな想定はとっくにしていました。なんてったってワタクシは高校時代陸上部だったのだから。

「でも、フライングしたら失格だよ」

「そうか」、あっさり引き下がる夫。

う~ん・・・、文法的にはおかしくても、口語的には使っちゃうとか?日本語だってそうとこあるじゃん。

天下の秋元康氏ならば、そういう英語も自在に操っちゃうんじゃないの?

もしかしたら、フリスビー犬がフリスビーを飛びながらキャッチすること?

更に疑問は膨らみます。

らちが明かないのでネットで調べました。

和製英語でした。

”先行取得”。コンサートのチケットなどを一般の発売よりも先に入手する。それも、ファンクラブなどの先行発売ではなく、コネや不正な手段でこっそり手に入れると言う意味。

”フライングしてゲットする”ということ。歌詞の中に出てくる”フラゲ”と省略していう言い方もするそうです。

ひょっとして、知らなかったのはワタクシ達夫婦だけ?

「いろいろ考えたのに、そっちかよ~」という感もありますが、昨年から持ち越した疑問が解決できたのでちょっとすっきりしました。

でも、みんな、英語は正しく使おうねっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もマメに

120102_132333こんにちは。

ワタクシ、黒豆が好きです。

中でも、おせちの黒豆は特に好きです。

年に一度しか食べないから特に美味しいのかしら?

おせちの黒豆はいつも自分で煮ます。そこいらのスーパーで売っているおせちの黒豆はコテコテに甘くしてあって美味しくありません。

自画自賛ですが、自分で煮た方がはるかに美味しいです。

今年は特にふっくらと上手にできました。

売っている物は栗が入っていたり、高級料亭のおせちならば金粉がのっていたりしますが、そんなものはない方がいいです。

なぜなら、黒豆が美味しいのだからっ!

お正月でなくても無性に黒豆が食べたくなって、作ってみることがあります。

では、そんなに黒豆が大好きということは、その他の豆類がも大好きなのかと言われると、そうでもないです。

決して嫌いではない。普通に好きです。

120107_152919しかし、そんなワタクシの最近のマイブームはこれ。(→)

”サラダまめ”

いろんな種類のお豆が一度に食べられます。自分ではなかなか作れないですよね。ふっくらと柔らかく煮てあって、これまた美味しいんですよ。

いろんなメーカーのがあって、まだそんなに食べ比べていなけれど、大体どれを買ってもおいしいです。

あっ、でも、これ、ひよこ豆が入ってない。できれば、ひよこ豆も入っててほしいです。

そのまま食べられるので、サラダの上にトッピングしたり、スープに入れたりします。とっても重宝です。

さあ、今年も栄養満点のお豆をいっぱい食べて、元気に過ごすぞー!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本経済の明るい行方

120106_161056_2こんにちは。

今朝のテレビで、株取引の世界には”辰巳天井”という言葉があるというのをやっていました。

辰年と巳年は株価が高くなるということだそうです。

ジンクスかと思いきや、統計をとってみると、辰年の株価は十二支の中でも群を抜い良いのだとか。

単なる偶然かもしれませんが、経済というのも12年周期で動いているということかもしれませんね。

な~んて、とちょっと経済ツウっぽいことを書いてみましたが、実は経済に疎いワタクシ。

どんな小難しい経済の話をされるより、この、迷信に近い干支と株価の関係に妙に信憑性を感じるのでした。

「よっしゃっ!今年の景気はアゲアゲだ~!!」と朝から変に勢い付いておりました。

そしたら、

さっき、日経流通新聞を読んでいたところ・・・。

おっと、これまた経済ツウっぽい言動に思われるかもしれませんが、たまに日経流通新聞の表紙の表と裏をチラ見するだけなんですけどね。

今年のNHKの大河ドラマの”平清盛”。この平清盛が大河ドラマに登場する年は、これまた景気がいという統計がでているんですって!

実は、歴史にも疎いワタクシ。一昨年の福山クンの”龍馬伝”を「なんか、カッコ良さげ~」とミーハー心で見だしてから歴史ものにハマり、その流れで”江”も見て、”平清盛”もどういう人かよくわからないけど、「松ケンなら悪くないな」と更に一年更新する予定はしていたのですが・・・。

そっか~。じゃあ、見るとご利益ありそうだな~。(?)

早速自宅に帰ったら、”平清盛”のDVDの週間予約をしなければいけないと思っておる次第ですが、

こういったことに日本経済の明るい行方を見いだしたら、いけませんか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誤作動の原因

こんにちは。

今日、とあるお店に買い物に行くと、お店のご主人が入口のドアをお店の中から手で開けて迎え入れてくださいました。

最近自動ドアの調子が悪いのだとか。

朝晩はちゃんと動くけれど、昼間になると動かないのだそうです。

120105_155758あらっ!それはどこかで聞いたことのある・・・

というかうちの店でも似たようなことが以前ありました。うちの場合は入り口のチャイムが人がいないのに鳴るとういう現象で、ここのお店とはちょっと違いますが。

でも、そうそう!こういう風の強い晴れた日の昼間、日射しが店の中まで伸びてくる頃によく鳴っていました。

「鳴っていました」ということは、そう、今は鳴らない。改善されたんですね~。

120105_155729なぜだかわからないけど、夫が入り口の玄関マットを内側に20cmくらいずらしてみたら鳴らなくなったんです。

光の反射の具合が変わったせいかと推測しておりますが、科学的根拠は全くありません。

自動ドアの開閉もチャイムも人の気配を感じるセンサーで動いているわけで、これはうちの場合と同じ種類の現象ではないのかと思い、このことをそのご主人に話してみました。

で、ご主人も早速マットをずらしてみたところ・・・

やっぱり自動ドアは動きませんでした。

あ~、残念。そう簡単にいくことばかりでもないのね。

でも、光の反射とかそういうものの影響でセンサーが動いたり動かなかったりということもあるようなので(推測)、まあ、うちの事例も参考にして改善策を検討してくれたまえ、ご主人。

他にもこのような現象でお悩みのお店があるかもしれませんが、うちのように、案外”日射し”がポイントだったりする場合もあるみたいなので(推測)、まあ、参考にしてくれたまえ。おっほん!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100024年後

120102_133115_2こんにちは。

田原市内の加盟店でお買い物をするとポイントがもらえる”たまるカード”。

もちろん、柴田屋酒店も加盟店です。

毎年元日の新聞にたまるカードのチラシが入ります。ま、新年のご挨拶のなんてことないチラシなんですが・・・。

しかし、今年はちょっと違うの、お気づきになりましたか?

120102_133148チラシの左上のこれ→。

”お年玉クーポン”が付いてたんです。

500円以上お買い物をして、このクーポンを出せば、お買い上げ金額分に加えて2012円分のポイントがもらえます。

ど~よ、太っ腹でしょ!

なんで2012円かというと、今年は西暦”2012”年だから。

よかったですね、西暦で。平成だと24円分しかもらえないですからね。

そして、これはあくまでもワタクシの希望的観測ですが・・・、

もしこのクーポンが毎年恒例になったとすると、来年は2013円、再来年は2014円と右肩上がりに金額は増えて行って、西暦100024年とかになったら、100024円分もポイントがもらえるんですよ。

よ~し、長生きするぞ~!

(デーモン小暮閣下か、キミはっ!!)

はい、元日に見落とした方、今からでも遅くないので片付けたチラシ、もう一度出してきてくださ~い。

使用期限は平成24年1月15日(日)。まだ、間に合います。

ちなみに、甘酒カフェゆふでも使えます。(注:日曜日は定休日です)

ちなみに、ワタクシはもう使ってしまいました。

新年早々、得した気分です!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ババンババンバンバン~

こんにちは。

お正月休み真っただ中、みなさんはいろいろと計画がおありですか?

うちは、お正月といっても元日しかお休みがないので、計画を立てるほどのことでもないのですが・・・。

そういえば、去年も一昨年も、元日は当日の思いつきでふらっと出かけていったんだった。

でも、昨年末30日頃、ちょっと有意義なお正月の過ごし方を思いつきました。

「温泉に入って疲れを癒すっ!」

そうですよ。お正月休みっていうのは、ゆっくり疲れを癒すためにあるもんですよ。

田原から蒲郡辺りならすぐに行けて、いっぱい温泉があるんだから、近場でのんびり温泉につかるってのも簡単なんですよ。なぜ、今までこのことに気付かなかったんでしょう。

で、行ってきました。

120101_160400”ラグーナ蒲郡のラグーナの湯”

温泉なんて、何年ぶりかしら。

1000円で入浴できて、タオルも貸してもらえます。

でも、1000円払うんだから思いっきり温泉につからなくっちゃ!

と、意気込んだものの、ぬるいお風呂好きのワタクシには公衆浴場って熱すぎるんです。

露天風呂と大浴場をいったりきたりしてみましたが15~20分でギブアップ。ぽっかぽかにあったまりました。

ほんと久々の温泉。疲れもちょっととれたかな?

「一年の計は元旦にあり」と申しますが。

「時々温泉にくる」っていうの年間計画に組み込もうかと思いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不覚にも、

120102_114756新年明けましておめでとうございます。

よいお正月をお過ごしですか?

さて、人間の気力、精神力というものは、こういうものなのかと思うのですが・・・

年末というのは何かと気ぜわしく、なんだかんだと休む暇もなく動き続けておりました。

それでも、「年末だっ!」というだけでなんとなくテンションが上がって、勢いだけで突っ走っているわけです。

それが、大晦日ともなると、「あ~、今日で楽になる」と、ちょっとホッとするわけですね。

大体毎年、大晦日の晩になって、ぎりぎり滑り込みセーフみたいな形でお正月の飾り付けも済み、おせちも出来上がり、「これで今年の仕事が済んだ!」と思ったとたんにドーーーーーッと疲れがでるわけです。

テレビの前に座って、紅白なんぞ見だしたらもうダメ。もう動けないっ!

一昨日は大あくびを連発しながら、涙目でなんとか紅白を最後まで見届け、”ゆく年くる年”に突入。せめて新年を迎えるまでは起きていようと、重たい瞼を必死に持ち上げていました。

除夜の鐘が鳴り響く神社やお寺の中継が続く11時54分頃、穏やかにまったりとワタクシの2011年が幕を下ろすそうとしています。

「まだ新年まで5分以上ある。そうだ!ちょっとの間、目を閉じていれば、この眠気も飛ぶかもしれない」

そう、ほんの2、3分目を閉じていた

つもりだった・・・。

はっ!と目を覚ましテレビを見ると、相変わらずどこかの神社の中継。

しかし・・・、

テレビの隅に映し出されている時刻は”0:02”。

しまったーーーっ!

新しい年を迎えるその瞬間に、ワタクシは不覚にもうたた寝をしていた!?

まぬけだ。

何の感慨もなく、寝たまま新年を迎えるなんて、大人になって初めてだ。

しかも、今年になって初めてワタクシの中に湧き起こった感情は「しまったーーーっ!」だったなんて・・・。

不覚だ。しまった~~~。

こんな感じで、ワタクシの波乱万丈の(?)一年はスタートしてしまいました。

こんなワタクシですが、本年も柴田屋酒店、甘酒カフェゆふ、そして、”ぴーちゃんの店番日記”共々、よろしくお願いいたします~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »