« 復興宝くじ | トップページ | 反響 »

収監

110803_153620こんにちは。

夢の中の世界というのは、非現実的なことが極めて普通に起こります。

でも、その中に自分の深層心理が映し出されるというちょっと怖い世界です。

今朝見た夢のお話です。

ワタクシはなぜか無実の罪を着せられ、突然刑務所に収監されてしまいました。

刑務所と言っても、連れて来られたのは広い会議室のようなところ。

その部屋には、同じよう罪状で連れて来られた女性が数十人がひしめきあっていて、とりえあえずそこで、入所手続き(?)や、これからの刑務所での生活の説明を何日かかけて受けるようです。

着の身着のままの状態で突然連れて来られたワタクシ。私物は一切持っておらず、粗末な食事を与えられるのみ。

しかし、その数十人の女性の多くはなんらかの私物を持ち込んでいたり、財布やクレジットカードを持参しており、併設された売店で自由に買い物をしています。

「ああ、ここでもか・・・」

いつも要領が悪いワタクシ、ここにきてもやっぱり上手に生きていけないのね。

他人からはどう見られているかはわかりませんが、案外自分では生きるのがヘタな要領の悪い人間だと日ごろから思っているのでございます。

こんなところで、無一文で、どうやって生きていけばいいのか・・・。

「そうだ、とりあえず、ワタクシがここでこうしていることを夫に知らせなければ」

やっとの思いで手に入れた小さなくしゃくしゃの紙切れに、近くにいた人から借りた鉛筆で、涙ながらに夫への手紙をしたためています。

すると、すぐ後ろにいた数人の人たちの話から、どうやらこの収監期間は2週間だということがわかります。

おっ!2週間すれば出られる?やった~!

そうだ、とりあえず2週間我慢して、出所したら冤罪事件として訴えてやる!ワタクシはなんにも悪い事をしていないのだから、絶対勝てる!!

そうしたら、いくらもらえるんだろう?2週間しかいないから、日数で換算すると大したお金にならないのかな?

そんなことを考えているところで目ざましが鳴り、目を覚ましました。

「変な夢だったな・・・」

夢のあらすじを頭の中で整理しながら考えました。

「あ、そういえば、昨日のブログに”ワタクシはお金には無頓着だ”って書いたっけ・・・」

あれれっ?どうやら、そんなに”無頓着”でもないみた~い!

ここに謹んでお詫びし、訂正させていただきま~す。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« 復興宝くじ | トップページ | 反響 »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/52381162

この記事へのトラックバック一覧です: 収監:

« 復興宝くじ | トップページ | 反響 »