« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

やっぱり寒い

こんにちは。

昨日は午後から名古屋の知人がイチゴ狩りにやってくるのにお付き合いしました。ワタクシのイチゴ狩りも今年度初めて。

行きつけのイチゴ園「たべりん王国」はばっちり予約済み。

外は寒風吹きすさぶお天気でしたが、ハウスの中はポッカポカの春。冬の寒さを忘れ、無心にイチゴにかぶりつきました。

110130_151737 その後、国道42号沿いに伊良湖方面へ。去年も一度訪れた若見の菜の花畑で記念撮影。

一面の菜の花畑にますます春の気分は高まりますが、やっぱり寒い。すぐに車にもどり、さらに西へ。

そしてたどり着いた伊良湖の道の駅”クリスタルポルト”ではお買い物タイム。

なぜかここには沖縄物産のお店があります。沖縄食びいきのワタクシ達夫婦はレトルトの”そーき肉”とインスタントの沖縄そばを購入。これで明日の夕食は”そーきそば”に決定。

で、一気に南国ムードが漂いましたが、外に出るとやっぱり寒い。

じゃあ、ここらで温かな飲み物で暖をとろうと喫茶店を探している途中に、最近できたジェラート屋さんを思いついてしまいました。

110130_162511 せっかくここまで来たのだからと、イチゴで冷えたお腹のことも忘れ、ジェラートを堪能。

帰りは知人を豊橋駅まで送る途中に”豊橋カレーうどん”を食べました。さすがにこれは温まりますね~。

でも、外に出るとやっぱり寒い。

結局なにを食べても昨日は寒かったということです。

そして、今日も・・・やっぱり寒い。早くホントの春が来るといいですね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花活用法

110129_113205 こんにちは。

柴田屋酒店では菜の花のタネを差し上げています。酒屋さんっぽく、一合升に入れてみたりして。

菜の花のタネの蒔き時は10月頃で、今から蒔いてもいつ咲くかはわからないのでもう片付けてもいいのだけれど、なんとなく出しっぱなし状態です。

先日いらしたお客様はこれを見て、

「このタネはこういう活動をしているところで配っているのですか?」とおっしゃるので、

「いえいえ、うちで咲かせた菜の花から採ったのを勝手に配ってるだけです。プランターでちょこっと育てるんです。今年もそこにありますけどね。」と、店の外を指さすと、

そのお客様は「えっ!」といって店の入り口にかけ寄り、菜の花のプランターを珍しそうに眺め、「へぇ~、すごいですね~」と、しきりに感心。

いや、多分そんなにすごくはないと思うんですけど・・・。タダのもんだし・・・。

こんなことでそんなに感心してもらえるなら、なにかこれを有効に活用できないものかとちょっと思ったりします。

たとえば、伊達直人さんのお陰で世間のチャリティー意識も高まりつつある昨今。金額は設定しないで、菜の花のタネを持っていく代わりに募金箱に小銭を入れてもらう”菜の花募金”なんてね。

といっても、募金箱がいっぱいになるほど菜の花のタネもないし、そんなにお客様も来ないんですが・・・。たとえばですよ、たとえば。

なにか、そういう広がりがあれば楽しいかな~と考えています。

ステキな活用法を思いつかれた方、ご一報ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めんぼ

こんにちは。

3日程前のこと。朝、鏡で自分の顔を見て、「おや~、これって”めんぼ”?」。心の中でつぶやく自分の言葉をすぐさま打ち消しました。

”めんぼ”

この言葉はこの町では通じない。

ワタクシが田原に来て初めてこの言葉を口にした時、夫は最上級のキョトン顔をしました。

「チャッチャン、チャチャチャチャチャン チャチャチャチャチャンッ、ウーーーッ・・・」

「それは”マンボ”」

「あ~ぁ、天気予報の・・・」

「それは”ヤン坊”」

「そいじゃ、弟の・・・」

「”マー坊”。見て区別つくんかいっ!」

そんなやり取りがあったかどうかは別として、”めんぼ”という言葉は愛知県全域でつかわれているわけではないことを、この時初めて知りました。

”ものもらい”のことです。瞼の縁っこにポツッとできるやつ。

ものもらいは、地方によっていろんな言い方があり、めんぼが方言であることは知っていました。でも、田原では通じないなんて・・・。

「じゃあ、ものもらいのことをなんて言うのだ!」と夫に詰め寄ると、「ものもらいは、”ものもらい”だ」とのこと。確かに。それなら間違えないですね。

でも、めんぼで育っている身にとっては、ものもらいと言う響きはなんだか臨場感がないというか現実味が薄いというか・・・。

多分、”目イボ”ということが詰まって”めんぼ”になったんでしょうね。なんか、ポチッとコロッとできて、邪魔くさい感じはめんぼのほうがすると思うんですよ。

そんなことを熱く語るワタクシですが、実は生まれてこの方、めんぼができたことはないんです。

人生初のめんぼかと思われた瞼の腫れも、それ以上悪化することなく、緩やかに回復に向かっているように思われます。よかったです。

だから・・・、

110128_140752 それは”めん棒”。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お礼

110125_145833 こんにちは。

やっ、やられた~っ!

大事に育てている芽キャベツの葉っぱが、何者かにむしり取られてギザギザに。

数日前から気配はあったんです。ある朝、芽キャベツのてっぺんのど真ん中にこげ茶色の塊が乗っているのを発見。

えっ!こんな季節にイモムシ?と思い。棒でつついてみたら、それは虫ではなく、ポロっと崩れ落ちました。

こっ、これはもしや”鳥のお礼”?

「ごちそうさまで~す。おいしくいただいたので、こんなに立派なお礼が出せました~。」・・・って、誰が食べていいって言ったのよーーーっ!!!

うぅぅぅっ・・・、なんてふてぶてしい。

その時点ですでに外側の葉っぱの縁が少し削れているのが確認できましたが、”お礼”を水で洗い流し、なんとか気を取り直したのでした。

しかし、今回はさらに派手に喰いちぎってくれたじゃないの。しかも、お礼の方もあちこちにべっとり。そりゃ、あれだけ食べれば、さぞかしお礼もたくさん出たことでしょう。

こんなに大きなお礼ができるのはカラスかと思いましたが、ヒヨドリというのがキャベツ好きらしいです。だから、ヒヨドリかな?何年か前にもブロッコリーの葉っぱが被害に遭ったことがありました。

110125_145900 なにも対策をねらなかったワタクシも不覚でした。今はこんな状態(→)。気休め程度でしょうか。

今年はブルーベリーも豊作の予定なので、ホームセンターに行く機会があれば、防鳥ネットを買ってみようかと思っています。

ま、芽キャベツだから、葉っぱ食べられても平気。大事な芽の部分はその下に隠れてるもんね~。

だから、お礼はいらんよ、お礼は。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清き一票

110126_153316_2 こんにちは。

今度の日曜が投票日の田原市市議会議員選挙。

田舎町の選挙はとにかく賑やか。ちょっとしたお祭りです。選挙、選挙で毎日が過ぎていきます。

街角に貼られる立候補者のポスターの中には知った人の顔もちらほら。誰も知り合いのいなかったよそ者のワタクシも、ここの暮らしが長くなったもんだな~と実感。

あまりに爽やか過ぎるポスターの知人の笑顔はちょっと笑えるので、あまり見ないようにしています。ニヤニヤして変な人だと思われるといけないでしょ?

午後、買い物に出かけようと玄関先に出ると、すぐそこの交差点に人だかりが。こちらは知事選の某立候補者が来ているようです。

若くてイケメンのこの候補者。女性票がかなり集まるのではないかとワタクシは読んでいます。将来の愛知県知事!?この機会にちょっとお顔を拝見しておかなければ、今度いつお会いできるかわかりません。

ミーハー根性をむき出しにして、交差点に向かって自転車を走らせました。

しかし、横断歩道に差し掛かるころにハタと気付きました。候補者をとりまくこの集団は、ひょっとして町内会のお歴々!?この中に突入していくのはちょっと勇気がいる。でも、もう引き返せない・・・。

やむなく、帽子を目深にかぶり人込みの中を走りぬけようと、ペダルを漕ぐ脚に力を入れました。

すると、前方に見たことのある笑顔。ああ、あの某市議会議員候補のお方がポスターのような笑顔をこちらに投げかけてくださっています。

「どうも、どうも」と会釈をするワタクシの視界の片隅に、イケメン候補者と思われる後姿が~~~、すぐにフレームアウト!あ~ぁ・・・。

泣いて笑っても後少し。ワタクシの清き一票の行方は何処へ!?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚のすゝめ

110123_121617 こんにちは。

昨日結婚の話題がでたついでに、もうひとつ結婚のお話し。

今どきは、ワタクシの知人の中でもアラフォーもしくはそれ以上の年齢の独身者は珍しくなく、事情はそれぞれで結婚する気があったりなかったり。

少し前にはそんな彼女らを揶揄する”負け犬”とか”負け組”なんて言葉が流行ったりしました。

でも、人間的に優れているから結婚でるわけでもないし、結婚したから幸せになれるってものでもなく、「あの人と一緒になったばかりに・・・!」な~んてパターンだってあったりするのだから、ワタクシは一概に彼女らに何が何でも結婚しろというつもりはありません。

幸せの形は人それぞれ。

そもそも、彼女らが負けているといたら、既婚者であるワタクシは勝っているんだろうか・・・?う~ん、勝ってる気はしないんですけど・・・。

ワタクシだって結婚するまでは負け犬だったわけだし、結婚して家庭に入った身には、自由な生活を送っている彼女達が羨ましくなるときもあります。

でも、ワタクシが師事している生け花の先生は、そんなワタクシを励ますようなことをおっしゃってくださいます。

師曰く、「既婚者と未婚者、同じように生け花を教えても既婚者の方が上達が速い」。

日々家事に追われ、子供や夫、またその家族に始終気をつかって生活している既婚者は、限られた時間にひとつのことに打ち込む姿勢が未婚者のそれとは違うと先生はおっしゃいます。

仕事に縛られるのとはまた違う、人生のしがらみの中で、「なんだ、こんちくしょーっ!」というパワーが生け花に向けられると。

そういった意味ではワタクシの生け花の上達具合はどうなのか・・・というのは、この場では伏せさせていただきますが、「結婚するとそういういいこともあるよ~」ということだけ、ご紹介させていただきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花嫁

110123_130513 こんにちは。

「私のためにみんなが集まってくれたことがとってもうれしいです。私の人生でもうこんなことはないと思うから。」

輝くばかりの笑顔で招待客に語りかけた花嫁の素直な言葉に、ワタクシも大きく頷きました。

昨日は結婚披露パーティにご招待いただいて、夫婦で出席。幸せそうな新郎新婦の姿というのは何度見てもいいものです。

ワタクシは自分が結婚するときは、一応花嫁さんの恰好はしたかったけど、あまり盛大な披露宴をするような柄でもないから、親族に集まってもらうくらいで地味目に済まそうと考えていました。

ところが、夫が「今まで払ってきたご祝儀を回収しなければっ!」というので、友人や職場の人にも多少集まってもらって、”やや地味目”の結婚披露宴となりました。

でも、結果としては、昨日の花嫁さん同様、みんなが来てくれたことにとっても感激しました。

学校時代の友人と職場の同僚・上司、それに親戚のおじさん・おばさん・いとこ達が自分のために一堂に会するということ、他ではありえないことです。これはいわば、私的オールスターが勢揃いという状況。しかもみんなワタクシのためにそんなおめかしまでして・・・。

もし、自分のお葬式にやっぱりこういった親しい人たちが集まってくれたとしても、普通に歳をとって死んだとしたら、このメンバーのうちの半分位はすでにお空の上の人。

やっぱり、このメンバーはこの日限定。みんなに来てもらって、本当に心の底からうれしかった。

昨日は、晴れやかな花嫁の笑顔とは対照的に寂しげなご両親の後ろ姿が心に残りました。

間もなく海の向こうに渡り、新しい生活をスタートする彼女。彼女が遠く離れていってしまう淋しさは、ワタクシ達よりも何倍も大きいはず。

ご両親をはじめ、みんなに淋しい思いをさせて旅立っていく花嫁!絶対に、すっっっごく幸せにならなければ許しませんよっ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薦めしたいのはやまやまですが・・・、

110122_160855_2 こんにちは。

最近入荷した純米大吟醸”酛元(もともと)の活性にごり”。毎年この季節だけの限定品です。

樽の中で発酵途中の日本酒の上澄みをそっとくみ取り瓶詰めしたものなので、瓶詰めしてしばらくは麹菌も生きているし、炭酸ガスも発生中です。

おいしいんだな~、これが。ぴーちゃんのお薦めランキング現在第一位です。

田原市内のあちこちで菜の花が咲き始めたせいか、今週は「渥美線に乗ってふらっときてみた」というお客様が続きました。

それじゃあ、お土産に地酒でもと、わざわざ足を運んでくださったお客様にこの貴重な活性にごりをお薦めしたいのはやまやまなんですが・・・。

この活性にごりは微発泡。瓶の中で炭酸ガスが発生しています。そ~~~っと動かして、そ~~~と蓋を開けないと・・・

ドッカァァァーーーーーンッッ!!!

と、お酒が噴き出す場合があるそうです。

あ、ちょっとオーバーだったかな。とにかく、そっと扱わないと吹きこぼれたりするそうです。

だから、車で遠距離の場合もですが、電車にゴトゴト揺られて帰るお客様にはお薦めできない商品なんです。

じゃあ、お腹に入れちゃえば、持ってかれるかな?

な~んて話になるかもしれませんが、そうすると今度はそのお客様が渥美線に揺られて酔いがまわり、電車の中でドッカァーーン!な~んてことになると怖いですよね。

だから、遠方からお越しの方にはお薦めできませんので、あしからず。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和撫子への道

110121_143832_2 こんにちは。

近々、お祝いの宴席に出席する予定がありまして、近所の結納屋さんで祝儀袋を買ってきました。

今どきの祝儀袋っていろいろとステキなのがあって、選ぶのも一苦労。でも、楽しい。

そこの結納屋さんは、お願いすると祝儀袋に名前を書いてくれるんです。本職だから(?)、それはそれは達筆で書いてくださるんです。

毛筆書きが苦手な現代人には大変ありがたいサービスです。

今日も「名前、書きましょうか?」と聞いてくださいましたが、ご丁重にお断りしました。

「そうですよね。本当は自分で書いた方が心がこもってますもんね~」とおっしゃってくださいましたが、ワタクシがお断りをした理由はそれだけではないんです。

”修行のため”・・・、かっこい~い!?

ワタクシも酒屋の嫁。贈答品ののしにお客様の名前を書かなければならないことがしばしばあります。なかなか自分の思うようには書けないもどかしい日々をすごしておりますが、やっぱりこれも慣れ。

恥ずかしがっていないで、とにかくたくさん数をこなして慣れることが大事なのではないかと思っているのです。

書いて、書いて、書きまくるのだーっ!

それにしても、字のキレイな女性っていうのはステキですよね。書いた人の顔を知らなくても、なんだか知的な美人を想像してしまう。

才色兼備の大和撫子。まさに、女性の品格を感じます。

目指せ、大和撫子!がんばるぞ~!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいでよ!田原!

110120_140727 こんにちは。

少し前になりますが、冷蔵庫の中にブロッコリーをふたつ見つけました。

と言っても、ふたつ買ってきて入れたのはワタクシで、冷蔵庫の中でブロッコリーが育って株別れしたわけではありませんが。)

この、ブロッコリーが”ふたつ”、またはそれ以上冷蔵庫に入っているという景色に、ワタクシ、とっても春を感じてしまったんです。

これまさに、田原の一般家庭の春の冷蔵庫の中の景色なんですよね。ねっ、ねっ!田原の主婦のみなさん、そうじゃないですか?

「ああ、冷蔵庫にブロッコリーをふたつ入れる季節になったんだな~。季節は巡っているんだな~」と感傷に浸ったりする。って、変ですか?

で、そのブロッコリーを食べたら、ちょっと育ち過ぎてて青臭くて美味しくなかった。これまさに、田原の春の味なんですね。

「うん、春はそこまできてるぞっ!」

都会で生活されてる方には理解しにくい状況かもしれませんが、育ち過ぎて市場に出せないブロッコリーが2、3個袋に入れられ産直で安く売られているということです。

ワタクシもこういうことで春を感じるほど、田原の生活にも馴染んできたってことかな?

今日、”甘酒カフェ ゆふ”にいらっしゃったお客様は、関西から豊橋に転勤で引っ越していらっしゃって、そのまま定年を迎えたというご夫婦でした。

渥美線沿線の新興住宅地にお住まいですが、あまり田原まで足を伸ばしたことがなかったとのこと。

今日電車で来てみたら駅の近くにもいろんなお店があって、大手スーパーでは手に入らない地元ならではの生鮮食品などの品揃えがとても興味く、田原再発見!だったそうです。

豊橋のお隣なのに今までノーマークだったんですね・・・。田原は小さな町だけに、いろんな物が一か所に凝縮されてて、結構便利なんですよ~。

よその人には知られていな田原の魅力、まだまだいっぱいあるはず。

またのご来店、お待ちしておりま~す!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪中見舞い

こんにちは。

ワタクシが生まれてから結構な年月が流れ(遠回しな言い方ですね)、結構いろんな物を見たり聞いたりしてきたつもりでいますが、まだまだ世の中には知らないことがたくさんあるんだと、今日また思いました。

”雪中見舞”ののしを付けて欲しいというお客様がありました。

”雪中見舞い”?

恥ずかしながら、初めて耳にしました。雪国に暮らしている方ならご存知なんでしょうか?多分、先日の雪でなんらかの被害を受けた方に贈られるんでしょうね。

110119_160424そう言われてみれば、あってもおかしくはありません。

病気の時のお見舞いや寒中見舞い、暑中見舞いなどの季節のお見舞いは一般的ですが、火事があれば火事見舞いや近火見舞い、お葬式などには淋見舞い、陣中見舞いに楽屋見舞い・・・。

あらら、お見舞いばっかし!

今日のお客様の場合はビールを贈られたのでが、これ、日本酒の場合はどういう銘柄が相応しいんでしょうね。

火事のお見舞いの時は当店では”白雪”というお酒をよく使います。「雪が降り積もって火が消える、火を鎮める」みたいなイメージでしょうか。

でも、雪中見舞いの場合は相手の方は「もう雪がこりごり!」という状態でしょうから、”白雪”はNGですね。

何か温かそうな名前のお酒?春とか花とか桜とか?でも、災難に遭っている人にあまり賑々しい名前の物もよくないのかな?

う~ん・・・、勉強しておきま~す。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回 東三河の酒蔵を知る会 

110118_153518 こんにちは。

手前味噌ではありますが、去年第1回を開催し大好評を博した”東三河の酒蔵を知る会”。

「ぜひこれからも続けてください!!」という皆様の熱~いご要望にお応えして、第2回の開催が決定いたしました!!

日時:3月20日(日) 午後5時~7時

場所:名豊ビル7階ホール

入場料:3000円(前売り券のみ) ※冷酒グラス・おつまみ付き

内容といたしましては、東三河の4つの蔵元が参加。各蔵の杜氏さんも参加です。

めったに買えない”あの幻の名酒”や、去年ワタクシも飲んで感動した”品評会出品酒”など、各蔵自慢の名酒の数々を自由に試飲していただけます。

日本酒が当たる大抽選会に加え、今年は東三河の珍味コーナーもお楽しみのひとつにくわわりました。

はっきり言って、3000円で損はない!

そして、そして、年に一度、この日だけのスペシャル企画に花を添えるべく、なんと、なんとっ!会場の受付係に・・・

あの”ぴーちゃん”がーーーっ!!

あ、失礼しました。えへへっ。

く~っ!これがなかったら、ワタクシも入場券買っておいしいお酒をたらふくのむんだけどな~。

入場券は柴田屋酒店でも販売しております。販売期間は3月11日まですが、定員250名なので、なくなり次第終了となります。お早めにどうぞ。

お問合せは・・・豊橋小売酒販青年会事務局(TEL0532-46-4086 土日祝日休み)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残っててよかった

110117_094224 こんにちは。

常春の街といわれる田原にも、冬将軍到来。

雪の朝が静かなのは、雪が音を吸収するからだと聞いたことがあります。

外の静かさに目を覚まし、「雪だるまを作って店の入り口に置いたらカワイイな。」などと、寝床の中でうつらうつらしながら考えていましたが、いざ起きてカーテンを開けると、積雪は1~2cm。がっかり。

昨日はそんな雪の中、夫がワタクシの大好きな”めひび”を買いに伊勢まで行ってくれました。

あ、違った。たまるカードの日帰り旅行の添乗員として”お伊勢さん初詣ツアー”に行くというので、それじゃあと、めひびのお土産をリクエストしたのでした。

「こんな天気でも行くの~?」というワタクシの心配をよそに、「名港トリトンの辺りは雪で真っ白だったけど、伊勢は快晴。道も空いてて予定より早く着いた。」というメールが届いたのはお昼前のことでした。

伊勢湾フェリーを使わずに陸路で往復。せっかくフェリーがあるのにね。

午後になって電話がかかってきました。

「東名阪も伊勢湾岸も止まっちゃってフェリーで帰るから、予定より早く帰る。」

よかったね~っ!伊勢湾フェリーが廃止になってなくて。こういう時に役に立つんだもん。フェリーがなかったら、車中一泊になってたかもよ。伊勢湾フェリー、バンザ~イ!!

でも、添乗員は急な行程変更の対応に大わらわ。めひびは買えたものの、赤福餅を買う時間はなかったようです。

おまけに、大荒れの海のせいで船酔い。お疲れまさでした。

でも・・・、真夜中に帰ってくるのとどっちが良かったかしらっ?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一喜一憂

こんにちは。

昨日、ブログの記事の下書きを終え、さあ更新しようとしたその時、配達から帰って来た夫がワタクシに向かって言いました。

「コレもらったけど、いる?」

そのさしだされた手には、ワタクシが欲しいと思っていた、いえ、それ以上にすばらしい卓上カレンダーがありました。

110115_155135”JINRO CALENDER”

しっかりとした厚紙の台紙に上質の紙、場所をとらない大きさと形。日付ごとに仕切られ、余白部分も十分にある。

完璧だ・・・。

なんという運命の悪戯。ワタクシが探しまわっても見つけられず、仕方なしに代わりの物を買い、そのことをブログネタにまでしようとしたその瞬間に、ソレはワタクシの腕の中に舞い込んできました。

やったーっ!!

でも・・・、今書いたこの記事はどうなる?書き直さなくちゃいけない?

いや、とりあえず、これはこれで更新しよう。ふふっ、明日のブログネタもできちゃったもんね~!

でも・・・、せっかく元日に探しまわって買った百均カレンダーはどうなる?あの苦労は無駄だったってこと。一年の始まりの日を、無駄なことに費やしてしまったなんて。

110115_163105 おっ!裏側にはステキな写真も。ますますイイね~。

揺れ動くワタクシの心。

できれば、来年のカレンダーは今年のうちにいただきたいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卓上カレンダー

110114_160425 こんにちは。

不景気だとは言うものの、年末になると、なんだかんだともらえるのがカレンダー。

でも、そんなに沢山はいらないんですよね。

結局使わずに捨てる羽目になるので、「無駄だな~」と思うのですが、この無駄を全部排除してしまうとカレンダー屋さんが潰れちゃうので、やっぱりもらっとかなきゃいけないんでしょうか?

でも、沢山もらうのに欲しい物がない・・・。

ワタクシが欲しいのは、卓上カレンダー。店で使うのです。邪魔にならない大きさで、いろいろ書き込めるのがいいんです。

去年、一昨年と同じ形のものを百均で買って使っていました。沢山もらうのに、わざわざ買ってるんです。105円ですけどね。

去年の大みそかになって、思い出しました。「カレンダーを買い忘れた!」。

まあいいや。年が明けたら安くなるかもしれないし・・・って、百均に値下げはないです。とにかく、年が明けてから買おうと思ったんです。

で、元日に出かけたショッピングセンターの中にある百均に行ったけど、卓上カレンダーは売り切れ!案外みんな買ってるのね。

110114_160335 百均と文房具屋さんを渡り歩いて、4軒目の百均でなんとか納得のいくものをみつけました。でも、欲しい形のものでなかったので、自分で改造(→)。

会社勤めしているときも、やっぱり職場で欲しいのは卓上カレンダーだったな~。

もらえない年は自分で手作りしちゃったもんね。一月は鏡餅、二月は節分、3月はお雛様・・・とイラストも自分で描いたりして。

今年もそうすればよかったかな?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうひとつの理由

110113_160744 こんにちは。

時々、イベントや会合など、大勢の人が集まる場所で甘酒を出してもらえないかとのご依頼をいただきます。

当店にお声をかけていただけるのは、大変ありがたいことです。甘酒カフェのことも皆さんに覚えてもらえるようになったんだなと、うれしくもなります。

でも、「”甘酒カフェゆふ”は四畳半程のスペースに四人掛けのテーブルが二つの小さなカフェです。生憎、器も調理器具も調理設備も大人数に対応できるようにはなっていませんので。」

というのが、お断りする”第一の理由”ですが・・・。

当店は”甘酒屋”ではなくて、”甘酒カフェ”。

なぜ、酒屋の隅で甘酒カフェを始めたかというと、酒屋に来て欲しいからです。

酒粕の甘酒は、日本酒を製造するうえで出てくる副産物ともいえます。また、米と米麹の甘酒も日本酒の醸造と切っても切り離せない深い繋がりがあります。

酒屋の片隅でそんな酒屋のウンチクに耳を傾け、キレイなお酒の瓶を眺めながら甘酒を飲んでいただいて、お酒のすばらしさを再発見してほしい。そんな願いが込められているんです。

甘酒カフェゆふの甘酒は、この柴田屋酒店のこの空間にしか存在しないもの。門外不出、いえ、店外不出の甘酒なんです。

こんな器はどうかしら?

こんなBGMはどうかしら?

こんなふうに甘酒を説明したらわかりやすいかな?

こんなサービスをしたら喜んでもらえるかな?

そんふうに悩みながら、これからも甘酒を提供していきたいと思っています。”頑固な性格”(←夫談)なもんですから・・・、すみません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音もなく

110112_143510 こんにちは。

田原は田舎ですが、柴田屋酒店があるのは一応市街地の旧国道沿い(現:県道)です。

その旧国道はそれなりに交通量も多く、夏などは道路側の部屋で窓を開けていると、テレビの音はかなりボリュームを上げなければ聞こえません。

だから、去年、電気自動車の試乗会に行った時には感激しました。なんて静かに走るんでしょ~!?こんな自動車ばかりになれば、町なかもずっと静かになるわ~。

ところが、最近急速に広がったハイブリッド車。これが、電気で走っている時はエンジン音がしないので、歩行者が車に気付かないことがあるそうです。危険なので電気で動いている時も音がでるようにするんですって。

え~っ!せっかく騒音が少なくなると思ったのに~。でも、そうですよね。確かにそれは危険です。仕方ないです。

ならばせめて、騒音の源になるようなエンジン音ではなくて、楽しいきれいな音色にしてほしい。

例えば・・・、

小鳥のさえずりとか、鈴の音とか、ワタクシの場合、子猫の鳴き声ならすぐに反応するけどな。携帯電話の着メロみたいに好きな曲を選んで流すっていうのもおもしろいかも。但し、ボリュームは控えめにねっ。

あっ、いいこと思いついた。お祭りのおみこしの音なんてどうですか?後ろから「ワッショイ、ピッピッ!ワッショイ、ピッピッ!」って近づいてきたら、「おっ、どかなきゃっ。」って気になるし、楽しくなるでしょ?

あ~、でも、お葬式なんかの時は、ちょっと向かないかな~。

こういう車がいろんな音を出しながら何台も町なかを走ると、かなり賑やかですよね。これって、どうよ???

でも、人工的にエンジン音を付けるっていうのも、かなり抵抗あるけどね・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒を・・・!?

110111_160010 こんにちは。

日本酒を入れてみました。昨夜のお風呂に。

わりと乾燥肌なんです。

入浴とスキンケアを一度に済ませられるような、安くて良い入浴剤のようなものがないかと考えていました。

酒粕とかお茶をお風呂に入れてもいいみたいですが、浴槽や風呂釜が汚れたり色が着いたりしないかとか、残り湯を洗濯に使うのにどうかと考えて、踏み切れずにいました。

そうだ、日本酒!うちには売るほどあるぞ~!

日本酒はお肌にいいんですよ。日本酒の化粧品だってあるくらいだから。それに、日本酒なら、お風呂の汚れ&残り湯洗濯の問題はクリアです。

ほんとなら日本酒をドボドボとお風呂に入れて酒風呂にすれば、体もぽかぽか温まるそうですが、毎日一升瓶をお風呂に空けるわけにもいかない。”酒風呂の素”みたいなのも売られていますが、毎日入れるとなると、そう安くない・・・。

で、とりあえず日本酒を少しお風呂に入れてみました。1カップ(200cc)くらいかな。

お酒のいい香りが浴室に漂い、気のせいかもしれないけれど、微妙にお肌がスベスベするような気がします。もう少しお酒の量をふやせば効果もアップするかも。

ふふっ、悪くない感じ。今夜も入れてみよ~。

ここ数日の厳しい寒さで、メダカの池は毎朝氷が張っています。今朝は結構氷が厚かったので、”お湯注入”。メダカ君、ちょっとは温まったかい?春が待ち遠しいね~。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症対策

110110_134140 こんにちは。

今年は11倍らしいですよ。大学受験の倍率じゃないです。スギ花粉の飛散予測です。

花粉の飛散が少なかった去年と比べてということなので、平均と比べるとどれくらいのものかはわかりませんが、とにかく今年は多いみたい。

ちょっと前までは10倍って言ってたのに・・・。まあ、10倍も11倍も変わらないような気はしますが、更に増えたことで焦りは募ってます。

ワタクシは軽度の花粉症。そんなに酷くはないので、花粉予想が”非常に多い”という日に症状がでるくらい。

だから、去年は症状が出たことが1日か2日あったかな?ってくらいなんですが、今年は11倍。

ってことはですよ、今年は11日から22日(細かい?)は出ると予測されるわけですよ。

・・・いやだ!鼻水グジュグジュの、目カユカユ・・・。思い出すのもいやだーーーっ!!

で、思い立って、花粉症に良いと言われているカルピス社の乳酸菌”L-92乳酸菌”を飲み始めました。

こう言うのはね、症状が出る前に始めなきゃだめ。前に花粉が多かった年に、辛さに堪りかねて買って飲んだことがあったんでけど、急には効かないんですよね。

ホントは昨年末ごろに始めようと思ってたんです。でも、今は薬局で売ってないのかな?何軒か薬局を捜してもなかったので、通販で購入。先週末から飲み始めました。

こういうサプリメントの効果には個人差があるので半信半疑の部分もあるのですが、信じる者は救われる・・・。「効く!」と信じて飲まなければ、効くものも効かないのだっ!!

もし、効果があるようなら、またご報告します。もし、その後話題にでなければ、「ああ、効果がなかったんだな~」と思ってください。

お楽しみに。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福袋をもらう

こんにちは。

元日、ワタクシの姉一家は、ショッピングセンターに福袋を買いに行ったそうです。元日って初詣かショッピングセンター以外はあまり行くところってないですよね。

110101_164324 (ちなみに、ワタクシは豊橋の南ジャスに”ミラクルひかる”を見に行ってしまいました。)

次の日、名古屋で姉一家と会ったのですが、どうした風の吹きまわしか、姉はワタクシにも福袋を買ってくれたとのこと。ただし、その日は持ってくるのを忘れたので、「後から送るね」と言っていたのが、今日、届きました。

まあまあ着られそうな衣類や、使えそうな手袋などの小物が入っていました。もらい物なので、文句はありません。

もらっといてこう言うのもなんですが、ワタクシ、自分では福袋は買わないんです。なぜ、世間の人はあんなに福袋に燃えるのかわからないんです。

福袋に3000円払って欲しくもない物を手に入れてしまうより、自分の欲しい物を3000円出して買った方が得じゃないですか?

いわゆるケチなんです。そして面倒くさがり。無駄な物は買いたくないんです。いらないものはタダでもいらない。処分するのが面倒。

良い物が入っていた時のことより、いらないものが入っていた時のことを想定してしまうんですね。

これまでに2,3回、買ったことはありますが、あまり気に入るものは入ってなかった。使いもしないけど、新品では捨てるに捨てられず、まだとってあったりする。

そして一番いやなのは、他人の福袋には良い物が入っているように見えること・・・。

でも、せっかっく姉がワタクシのために買ってくれたというので、今回はありがたくいただいておくことにしました。そもそも、この福袋がいくらだったか知らないので、得したのかなんなのかよくわからないし・・・。

福袋は自分で買った方が、よりお得感を得られるということが、今回わかりましたよ、おねえちゃん。

おおっ!いいこと思いついた。酒屋の福袋なんてどう?来年は売り出してみようかな?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体験談募集中!

110107_122010 こんにちは。

今日のMJ(日経流通新聞)のトップ記事は日本酒の話題。

日本酒ブーム到来!とまではいかないものの、大小いろんな日本酒の酒蔵が、日本酒復権を目指して、あの手この手で反撃に出てきたという内容です。頼もしいゾッ!頑張れ!

でも、日本酒ブームが来る前に、降ってわいたように酒粕ブームが来てしまいました。

普段、酒粕を食べない人たちが酒粕を食べるようになって、お酒の味にも親しみを感じてもらえるようになるんじゃないかと期待をしています。ここから日本酒ブームに火が付くってこともあるかな?

今日、酒粕を買っていかれた方は、お通じの改善が目的とのこと。そういう悩みをお持ちの方、結構多いですよね。

しかし、そういう悩みのないワタクシ、「酒粕はお通じにいいらしいんですよ~」というセールストークに今一つ説得力がないかも・・・。

酒粕には悪玉コレステロールを下げる働きもあるらしいのですが、ワタクシは善玉コレステロールが多すぎて健康診断でひっかかるという、面倒な体質。だから、これも自分で試してみることができません。

酒粕を試されたみなさん、その後いかがでしょうか?

薬じゃないので、今日飲んで明日効果がでるというものでもないかもしれませんが、そろそろなんらかの変化が出てくるころではないでしょうか。

体験談、募集しています。

そして、もし効果があらわれたのなら、日本酒も飲んでね。日本酒を作らないと酒粕も作れないから。でも、安いお酒では酒粕ができないんですよ。ちょっと高めのお酒ね。

う~む・・・、そうなると、やっぱり来ますね、日本酒ブームが。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

骨太家族

110106_152535 こんにちは。

ワタクシには高校生の甥っ子がおります。ワタクシの姉の息子です。

学校のクラブ活動とコンビニで友人とたむろするということに青春のほとんどを費やしている彼のまわりにも、そろそろ大学進学の文字が見え隠れ。

お正月に姉一家と会った時のこと。

甥っ子の学校の先輩で”なぎなた日本一”という人がいて、その特技がかわれて某有名大学の推薦が決まったとか。また、他にも”書道日本一”で同じくその大学に入る人がいるそうです。

「へぇ~、日本一っていうのはすごいね~。そこまで極めれば大学にも入れてもらえるんだ~。」

と、感心していると、姉が、「”骨密度クラス一”じゃ、だめかな~。」

最近、甥っ子の学校で骨密度を計ったところ、甥っ子の骨密度はクラスで一番高かったのだそうです。

「えっ!すごいじゃん、それ。」と、ワタクシ。この子にもそんな特技(?)があったとは。

「わからん。日本一なら入れるかもしれない。」と、甥っ子。

甥っ子よ、よ~く聞きなさい。日本一骨密度が高くても、大学に推薦はしてもらえません。黙ってお勉強しなさい。

しかし、骨密度か・・・。

そういえば、ワタクシも過去に2回、骨密度を計ったことがありますが、結構いい数値でした。これは遺伝的なものもあるのかしら・・・。

今どきの子がキレやすいのは、偏った食生活でのカルシウム不足によるイライラが原因なのかと思ったりもしますが、そういった意味では甥っ子にその心配はなさそう。

気が小さいくせにマイペースな甥っ子の性格は、B型ゆえのものかと思っていましたが、そっか、骨密度クラス一か・・・。

「始業式いつ?」と訊ねたら、「ん?7日くらい。」と答えておりました。”くらい”っていつやねん、”くらい”って。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒ぜんざい

110105_161635 こんにちは。

先日、”甘酒カフェゆふ”にいらしたお客様。テーブルの隅に立ててあるこの札を指差して質問されました。

「これは、甘酒とぜんざいのセットでこのお値段ですか?それとも、甘酒かぜんざいのどちらかでこのお値段ということですか?」

このお客様の瞳がきらきらと輝いているのは、きっと前者の”甘酒とぜんざいのセット”を期待されているから。

そうですよね。これがセットだったら、お値打ちですよね。しかし・・・、

あ~、期待をさせてしまって大変申し訳ない!これはそういうことじゃないんです。

「申し訳ありません。これはですね、甘酒のぜんざい、甘酒味のぜんざいなんです。」

日本語って難しいですね。甘酒とぜんざいの間に”と”が入るか、”か”が入るか、”の”が入るのか、一文字の違いで意味が全然違ってくるんですね。

それなのに、ワタクシはその一文字を省いてしまった・・・。上から”の”を書き足そうかしら・・・。

で、そのお客様は納得されて、甘酒ぜんざいを召し上がられました。

でも、お客様、よく考えてみてください。甘酒を飲みながらぜんざいを食べる。

くどくないですか?

というわけで、”甘酒カフェゆふ”では、ほんのり甘い甘酒をお楽しみいただけます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お達者で

110103_150900 こんにちは。

ワタクシ、この歳になっても、まだお年玉をもらっています。

くれるのは、夫の母方の祖母。90歳近いけれど、まだまだ元気です。手作りの封筒の中には、それぞれに違った”有難いお言葉”が書いてあるメッセージカードも同封されています。

ワタクシだけでなく、柴田家の人々は義父を筆頭にみんながもらえるのです。いえ、柴田家だけでなく、おばあちゃんから見て子供・孫・ひ孫及び、その配偶者みんなにお年玉が配られているようです。

と言っても、キツネの襟巻をして、プードルを抱いて、黒真珠のネックレスなんかした”資産家の老女”じゃないんですよ。(どんな例えやねんっ!)

普通のちっちゃいかわいいおばあちゃんです。コツコツ貯めた年金の中から毎年みんなにお年玉をくれるので、ワタクシどもも大変恐縮しております。

こちらからあげなきゃいけないくらいだと思いますが、お年玉は目上の人から目下の人にあげるものだそうです。

「遺産分けのつもりかね~。好きなように使ってくれれば、それでいいんだけどね~。」と義母も苦笑いしておりますが、そういった意味では、ワタクシがおばあちゃんの遺産を相続できる権利はないので、更に恐縮です。

昨日書いたとおり、おばあちゃんっ子だったワタクシ。夫と結婚し、「そうだ!夫のおばあちゃんってことは、ワタクシにとってもおばあちゃん。また、ワタクシにおばあちゃんができたんだ!!」と気付いた時、心の奥の方がなんだかほんわかするのを感じました。

夫が子供の頃、家業に忙しい柴田家の大人達に代わって、ことあるごとに孫の世話にかけつけてくれたのがおばあちゃんだったそうで、柴田家一同、大変恩義のある、大事な人物です。

激動の時代を生きてきたおばあちゃんの老後の生活が穏やかな日々であることが、みんなの願い。いつまでもお元気で、長生きしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレの神様

110103_161628 あけましておめでとうございます。

今年第一回めの”ぴーちゃんの店番日記”は、新春にふさわしく、昨年末の話題から・・・(?)。

普段テレビの音楽番組を見るとか、ラジオを聴くとかしないので、今どきのヒット曲には疎いワタクシですが、たまたまカーラジオから流れるのを聴いて、とても気に入っていました。

だから、大みそかの紅白で聴けるのを楽しみにしていたんです。”トイレの神様”です。

ずるいね、あの歌。ああいうやり方は。

父母ではなく、おじいちゃんでもなく、おばあちゃん。おばあちゃんを出されると、人って弱くないですか?ワタクシがおばあちゃんっ子だったからですか?とにかく泣ける曲だ~。

ワタクシの同居していた祖母はワタクシが小6の時に亡くなったので、植村花菜さんちの場合とは違い、孫の反抗期も大人になった姿も見ずに逝ってしまいました。

だから、ほんとに甘えるだけ甘え、世話をかけるだけかけて、何一つお返しができないままです。

ワタクシはどんな孫だったかな?

ワタクシの大人になった今の姿を見たら、おばあちゃん、なんて思うかな?

そんなことを考えると、かわいがってくれたおばあちゃんに胸を張れるような大人になっていない自分を、今さらながら恥ずかしく思います。

いろんな人の世話になり、他人に迷惑をかけながら大人になったのに、ひとりで一人前になったつもりでいい気になっている。そんな自分のおごった気持ちを子供のころに引き戻してくれるのが、ワタクシにとってのおばあちゃんの存在です。

でも、多分、おばあちゃんは、ワタクシがそんなに立派な大人になるようなことは期待していなかったと思うから、今頃、笑っているんだろうな~。

時々は、おばあちゃんのことを思い出しながら、今年もぼちぼちやっていこうと思います。こんなワタクシですが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »