« ミカンを贈ろう | トップページ | 水中ショー »

能書き

101216_163353 こんにちは。

「能書きをたれる」と言うとあまり品の良くない言い方でしょうか。意味を調べたら、「能書きを並べたてる」という言い方をすると書いてありました。

どちらにしても、他人に好感を持たれないイメージがする”能書き”という言葉ですが、①”薬の効能書き”が語源だそうです。

それが転じて、②自己の長所や特徴を述べる宣伝の文句の意味に。さらに転じて、③自己の優れた点や知識をひけらかすというような意味に使われるようになったとか。

柴田屋酒店で企画販売する、田原産コシヒカリを100%使用した田原の銘酒”純米大吟醸 優(ゆう)”にも能書きがあります。この場合は②の意味です。

ひけらかしたいのは山々ですが、そのために作ったわけではありません。優の場合は、お客様が帰省のお土産やご進物で遠方に送るためにお買い求めいただくことがよくあります。

その場合に、お酒の説明を書いた紙を入れて欲しいとのご要望が多く、以前は、ずーっと前に中日新聞で紹介してもらった記事をコピーして箱に入れていました。その記事は優の商品コンセプトが上手くまとめられていたからです。さすが新聞記者さん!

でも、月日が流れ、記事の日付も古くなってきました。そして、それより何より、新聞記事に写っている優の瓶を手にしてニッコリほほえんでいるはずのワタクシの写真。コピーにコピーを重ねたあげく、かなり人相の悪い顔に変化して写りこんでいるという、大変不本意な状態に。

これでは、優もワタクシもイメージダウン。もっと爽やかで素朴で品の良い、優とワタクシのイメージ(?)を損なわないものにしなければ!と、能書きを一新。

一昨年の新店舗オープンの後からは、そちらの新しい能書きをお渡しすることにしています。文章の作成も印刷も手作りなので、そんな大した能書きではありませんが・・・。

この能書きが優と一緒に遠い町に旅して行って、これを見た人は田原がどんな所だと想像するのかな?なんて考えると、ちょっと楽しくなります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« ミカンを贈ろう | トップページ | 水中ショー »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/50316949

この記事へのトラックバック一覧です: 能書き:

« ミカンを贈ろう | トップページ | 水中ショー »