« きのこじゃないの | トップページ | 幻の地酒 »

モロゾフのプリンの容器

101028_133718 こんにちは。

これまでのワタクシの人生の中で、これほど長く使い続けている器は他にはないと思います。

モロゾフのプリンのガラスの容器。

食事の時には使わないけれど、ちょっと喉が渇いた時、ちょっと水でも飲もうかなって時に使います。

長く使い続けている最大の理由は”丈夫だから”。かなり分厚いから床に落としたくらいじゃ割れない。プリンが入ってるくらいだから、もちろん耐熱容器。熱湯を注いで割れる心配もありません。

昔、”探偵ナイトスクープ”で「関西のお宅では、必ずモロゾフのプリンの容器をコップに使っている」というのをやっていました。

後日、職場(名古屋市内)で話題になり、「だよね~」と、盛り上がりましたが、三河地方の人はピンと来ない様子。モロゾフのプリンを知らない人が多かったみたい。

容器が重いから、名古屋で買って家まで持って帰ろうと思わないのかな?

もちろん、柴田家にもこの容器はなかったので、これはワタクシの嫁入り道具の一つ。

以前は、晩酌で日本酒をチビチビやる時に小さいほうの容器を使っていたこともありました。”ぐいのみサイズ”でちょうどいいんです。

101028_161955_2 ある時、家に遊びに来たお客さんに日本酒をすすめるのに、いつもの癖で夫がこれを持ちだしました。

「ちゃんと酒器があるのにーっ!」とワタクシがダメだし。それ以来、晩酌には使わないようになりました。

でも、丈夫なこの容器、まだまだ使い道はたくさん。今後とも末長くよろしくおねがいいたします。

ちなみに、柴田屋酒店ではお洒落な酒器も販売しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« きのこじゃないの | トップページ | 幻の地酒 »

柴田屋酒店から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/49869498

この記事へのトラックバック一覧です: モロゾフのプリンの容器:

« きのこじゃないの | トップページ | 幻の地酒 »